2011年12月13日火曜日

中国の人権侵害に協力する日本政府

中国の人権侵害に協力する日本政府の報道が増えた。

自民党時代、ヤマハ製無人ヘリL181が、中国企業BVEに売却され、外為法
違反(結果、政府承認済のため無違反)と言われた。この時、BVEは、
「軍事転用は不可能」と発表した。
確認すると、BVEは、ヤマハ製RMAXを改修し、Shark-120(X-Copter)と
改名(?)、Oneseen Skytechを通して、軍事用無人ヘリとして、2010年から
販売した形跡(キャッシュ)がある。流通していたかもしれない。
中国のNRIST製Z3も外観がL181に非常に似ている。

BVE 空中机器人 最新産品
[BITFAS 2011] Oneseen Skytech to Show ‘Shark 120,’ an Unmanned Helicopter for Spraying Pesticide

菅内閣時代、「中国の国内法を尊重し、脱北者を公館外から公館に連れ込ま
ない」と誓約する文書を中国政府に提出。中国での脱北者保護を中止した。

遼寧省は沿岸警備にUAV(無人ヘリ?)を投入し、試験飛行とした。
大連市に無人偵察機管制センターも設置された。
無人ヘリは、Shark-120かもしれない。

中国の人権侵害に協力する日本政府だから、拉致被害者返還の協議も、
建前だけ。北朝鮮政府による拉致に加え、中国政府や日本政府の返還妨害
ばかりが目につく。
現与党は、国内向けと外国向けの発表が大きく異なることが、知られている
から、誰も信用していないだろう。

無人ヘリの開発は進んだようだが、実際の運用は難しいようだ。

Unmanned Air Systems: UAV Design, Development and Deployment

P161 195 World UAS Reference Section.pdf

中朝 韓国を妨害
カダフィ殺害
隠蔽体質の経産省と外局


oneseen skytech - shark 120.wmv


【凄テク!無人ヘリコプター稲作肥料散布】ヤマハRMAX TypeⅡ


Northrop MQ-8 Fire Scout UAV in UAE


---脱北者受け入れ拒否の誓約書提出「絶対あり得ない」 玄葉外相---
2011.12.8 14:31
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111208/plc11120814320013-n1.htm

 玄葉光一郎外相は8日の参院外交防衛委員会で、中国の日本公館に保護を求めた脱北者の扱いをめぐり、日本政府が中国側に「公館外から公館に連れ込まない」とする誓約書を今年初めに提出していたとの一部報道に関連し「脱北者の受け入れを中国から日本が行わないという誓約書を出したことは絶対にあり得ない」と述べた。
 ただ、詳細については「安全やプライバシー(の問題)があるので、具体的事案のさまざまなやりとりを申し上げるのは差し控える」と言葉を濁した。


---脱北者保護、今後も継続 藤村官房長官が強調 「中国に誓約書」報道で---
2011.12.8 12:07
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111208/plc11120812080011-n1.htm

 藤村修官房長官は8日午前の記者会見で、中国の日本公館に保護を求めた北朝鮮からの脱北者の扱いをめぐり、日本政府が中国側に「今後、脱北者を公館外から公館に連れ込まない」と誓約する文書を今年初めに提出していたとする一部報道に関連し、「中国からの脱北者の受け入れを今後、行わないということは全くない」と強調した。文書提出の事実関係については「明らかにすることは控える」と明言を避けた。
 政府は平成18年に制定した北朝鮮人権法に基づき、脱北者問題を「人権侵害問題」として、在外公館などで脱北者を受け入れてきた。藤村氏は「今後も人道的観点から適切に対処する。中国には最も多くの脱北者がいると考えられ、連携が重要だ。中国政府との間でも脱北者問題に適切に対処するべくやりとりを行っている」と述べた。


---「脱北保護せず」政府が中国に誓約文書提出---
2011年12月8日03時02分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111208-OYT1T00063.htm?from=top

 日本政府が今年初め、中国政府の求めに応じ、北朝鮮からの脱出住民(脱北者)の保護について「中国の国内法を尊重し、脱北者を公館外から公館に連れ込まない」と誓約する文書を提出していたことが7日、分かった。
 複数の日本政府関係者が明らかにした。北朝鮮に配慮する中国の圧力に譲歩し、中国での脱北者保護を事実上断念したものだ。
 政府関係者によると、同文書は、中国遼寧省瀋陽の日本総領事館で2008~09年にかけて保護された脱北者5人の日本移送をめぐる交渉で提出された。脱北者を「不法な越境者」とする中国側が出国を認めず、足止めが約2年~2年8か月と長期化。日本側は事態打開のため昨年末、「脱北者を保護すべきでない」とする中国側の主張に「留意する」と口頭で伝えた。
 中国外務省は軟化したが、公安当局が難色を示し、「これまでに脱北者が日本に渡ることを認めた中国側の対応を評価する。今後は公館外からは連れ込まない」との趣旨を文書化するよう迫られた。提出後、保護されていた5人は、5月までに日本への出国が認められた。


---黄海に無人偵察機、中国が脱北者監視か---
2011/12/01 10:40
北京= 崔有植(チェ・ユシク)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/12/01/2011120100865.html

 中朝国境地帯に位置する中国遼寧省の海事当局はこのほど、北朝鮮と向かい合う西海(黄海)北部の違法海上活動を監視する目的で無人偵察機を導入した。
 自国の沿岸の海上パトロールに無人偵察機を配備するケースは少なく、海上の脱北者に対する監視など、別の目的があるのではないかとの憶測を呼んでいる。
 30日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、遼寧省海事当局の話を引用し、無人偵察機が先週、北朝鮮に面する海域や島々に対するパトロールを実施したと報じた。海に面した中国の行政区で無人偵察機が導入されたケースは、遼寧省が初めてだ。
 遼寧省は今回のパトロールを試験飛行と位置づけており、来年から正式に1000万元(約1億2000万円)の予算を編成し、無人偵察機の常時運用に踏み切る方針を明らかにした。これに先立ち、大連市に無人偵察機管制センターも設置された。
 遼寧省は今回の無人偵察機導入について、海域の不正利用防止、沿岸保護に必要な情報収集が目的としている。総延長2200キロの海岸線、15万平方キロに及ぶ管轄水域と506の島々で効果的な監視活動を行う上で、無人偵察機が必要との説明だ。
 これについて、同紙は「中国当局は北朝鮮から突然難民が押し寄せる状況に備え、海岸のパトロール活動の強化を望んできた」とし、無人偵察機が脱北者を監視するために投入された可能性を指摘した。このほか、韓国沿岸に出没する違法操業漁船を取り締まる目的ではないかとの見方もある。中国の違法操業漁船のうち相当数は、丹東など遼寧省の沿岸都市を母港として活動している。
 中国側は、遼寧省が導入した無人偵察機は軍事用ではないと説明した。
 中国社会科学院の李紫薇・海洋遠隔監視研究室長は「数万メートル上空まで上昇し、24時間以上飛行可能な高性能の軍用偵察機ではなく、50メートル以上の物体を識別できるカメラを搭載した民間用だ。軍用無人偵察機は高価なため、こうした用途では投入が難しい」と説明した。
 海上監視用に無人偵察機を使用している国は、世界的に見ても無人ヘリコプターを運用している米国などごく一部に限られる。


---中国内脱北者問題で国連調整官の派遣を要求、国際議員団体が決議採択---
NOVEMBER 16, 2011 03:14
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2011111614398

「北朝鮮自由移住民の人権のための国際議員連盟(IPCNKR)」は14日、国連に対して中国内の脱北者の人権実態を調査するための調整官を派遣するよう要求した。また、北朝鮮に対しては政治犯収容所の存在を認め、閉鎖することを求めた。
 韓国、米国、日本、豪州、ケニアなど世界60ヵ国の国会議員が参加しているIPCNKRは同日、米国ワシントンの議会議事堂で第8回総会を開催し、11項目にわたる共同決議文を採択した。決議文は、中国政府に対して「難民地位に関する条約や国際児童人権条約調印国として脱北の子ども、とくに親のいない子どもの逮捕や北朝鮮への強制送還を中止し、適切な支援と保護を提供すること」を要求した。
 また国連難民高等弁務官室(UNHCR)に対しては、中国内脱北難民の状況を把握し、脱北者を逮捕して北朝鮮に送還する過程での人権侵害例について調査を行う調整官を中国に派遣するよう求めた。さらに、脱北者たちが韓国に向う途中に滞在する第三国に対しては、脱北難民を違法入国容疑で処罰せず、韓国への安全な出国を保障することを要求した。
 同日の総会には、韓国からはハンナラ党の車明進(チャ・ミョンジン)、申志鎬(シン・ジホ)、洪日杓(ホン・イルピョ)、李恩宰(イ・ウンジェ)の4議員と先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)議員が、米国からはIPCNKR共同議長のエド・ロイス下院議員とフランク・ウルフ下院議員、ジェイムス・マクガバン下院議員が出席した。また、日本、カナダ、モンゴル、ネパールの国会議員や欧州議会の議員補佐官も参加した。


---Fire Scout Proves Its Value in Middle East Warzones---
Dubai Air Show >> November 15, 2011
November 14, 2011, 5:04 AM
by David Donald
http://www.ainonline.com/?q=aviation-news/dubai-air-show/2011-11-14/fire-scout-proves-its-value-middle-east-warzones

Northrop Grumman’s MQ-8 Fire Scout rotary-wing unmanned air vehicle is gearing up for a new at-sea deployment in January, sailing aboard the frigate USS Simpson as it moves closer to U.S. Navy operational evaluation next Spring. For the Fire Scout, 2011 has been an eventful year, including combat deployments to two theaters, a combat loss and the Navy’s first unmanned flight using biofuel, undertaken in late September with a JP-5/camelena-based fuel mix.

In August the frigate USS Halyburton completed a seven-month deployment during which it had embarked two MQ-8B Fire Scouts for operations alongside manned Sikorsky MH-60 Seahawks. During the cruise, the Fire Scouts of HSL-42 Det 2 undertook numerous missions, including anti-piracy duties and classified payload trials.

The Halyburton cruise greatly matured the MQ-8 system, leading to the type’s deployment from the vessel during Operation Unified Protector over Libya. The Fire Scouts performed regular ISR/targeting missions, during which one of the aircraft was shot down on June 21 by pro-Ghaddafi forces. Details of the event have not been released, but it has been officially confirmed as a combat loss rather than an operational one.

In May, three MQ-8Bs were deployed to northern Afghanistan to provide ISR coverage, specifically around 300 hours of full-motion video (FMV) surveillance per month. After six months in which the system proved itself to be a valuable force-multiplier, Northrop Grumman received a follow-on $18.65 million contract from Naval Air Systems Command in late September to maintain the detachment for a further year.

Deployment to Afghanistan validated the Fire Scout’s capabilities while operating in an overland role. This has been of great value as Northrop Grumman strives to explain to potential customers the advantages of rotary-wing UAVs for ISR tasks as opposed to fixed-wing. The MQ-8’s ability to use unprepared landing zones and reduced manpower requirements are key attributes.

The Fire Scout is being offered to a number of countries, and opportunities exist in the Middle East, including the United Arab Emirates. Around a year ago, the MQ-8 was demonstrated here, while also undergoing trials of hot-temperature modifications.

Weaponizing the MQ-8B

In terms of ongoing development, Northrop Grumman received a $17 million contract on September 23 to weaponize the MQ-8B with the BAE Systems APKWS laser-guided rocket. This program is a Navy special-interest item for rapid deployment within 18 months. Test firing is likely to commence in mid-2012, leading to delivery by March 2013.

Funding has been approved, but has yet to be allocated, for installation of radar in the form of the Telephonics RDR-1700B maritime search sensor. This was one of the key sensor systems envisioned for the MQ-8 from the outset. “We’ve been trying to get radar on the Fire Scout for years,” remarked Mike Fuqua, Northrop Grumman BD tactical unmanned systems, “so we’re very happy.”

Perhaps the biggest development to the Fire Scout is the migration of the advanced control and avionics system from the Schweizer 333 platform (MQ-8B) to the Bell 407 helicopter (MQ-8C). Last December Northrop Grumman and Bell’s Xworx flew the Fire-X demonstrator (a modified, unmanned Model 407) for the first time. Since then it has been busy on work to validate the adaptation of the Fire Scout system to the larger helicopter. “The aircraft’s flying regularly at Yuma,” added Fuqua, “and we’re eager to get funding.”

The MQ-8C has been developed to meet an urgent operational need from U.S. Special Operations Command, with an anticipated total of 28 air vehicles. It had been expected that all future procurement would switch to the larger platform, but the Navy is “not clear on its requirements yet,” said Fuqua, and may still require the smaller MQ-8B for the Littoral Combat Ship program.


---Unmanned helicopter for military---
Updated : 2010.12.24
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:2PgwEcMdN_QJ:www.gobizkorea.com/blog/ProductView.do%3Fblogid%3Doneseen%26id%3D925684+BVE%E3%80%80oneseen+skytech&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

Item
Aircraft

Detailed Product Description
Utilize an unmanned helicopter for acquiring real time battlefield information.

Installing an EO/IR camera for close observation to a Shark-120, which is an industrial unmanned helicopter developed domestically, real time video information by aerial photography might be acquired around the clock. For the operation, unmanned helicopters are equipped with the functions for full automatic flight and channel flight, including automatic taking off and landing as well as home point returning function by fail safe function.

Model:Shark-120
Operation: According to installed devices, they can be utilized for crop dusting, aerial photography and military unmanned reconnaissance widely.

* Applied field:
Take the information of operational areas with real time.
Confirm and recognize enemy’s location.

Appreciate a bombing damage. (BDA)
Real time battlefield information (IPB) might be analyzed at a rear command post.
The situations of a battlefield might be understood at a main command post.
If necessary, surveillance operations might be taken at 1~2 km height.
Surveillance operations might be held at the post around the clock.
Contact Information
 Company Name  ONESEEN SKYTECH
 Contact Person LEE, CHAN

0 コメント: