2011年12月21日水曜日

核闇市場関与の父子起訴

核闇市場関与の父子が起訴された。
 スイス検察当局は、パキスタンの科学者カーン博士が構築した「核の
闇市場」に関与したスイス人技師の父子3人を武器輸出法違反の罪で起訴
した。

起訴
・Friedrich Tinner 74才 父
・Urs Tinner 46才 兄
・Marco Tinner 43才 弟
・遠心分離機に必要な真空技術の専門家
・カーン博士と交流があ
・米国がイタリア沖で貨物船を臨検した際にリビア行きの遠心分離機の
 部品を発見、3人の関与が発覚。
・司法取引に応じ、5年以下の禁錮刑が言い渡される見込み

2000年 Ursは、米CIAにスカウトされた(と主張)。
2003年 伊Taranto港で遠心分離機の部品を押収。
2007年 スイス政府が証拠品の廃棄命令をだす。
    ワシントンからの圧力と偽装説もある。

Kahn Ringと呼ばれる核の闇市場で、核開発名使われる装置を売却した
3人が起訴された。司法取引により、5年の以下の禁錮刑となりそうだ。

CIA関与
・ネットワーク解明のために潜入
・ネットワーク破壊
・ネットワークを利用して工作

が考えられるが、詳細は不明。
検察も「回復できる証拠もあるが、できないもののが多い」と言う。
スイスは、徴兵制度があるから、軍事国家と改めて認識した。

イラン、北朝鮮 小型核兵器の設計図入手か
北核関連施設窓口 南川江貿易
核の闇市場解明 かく乱は米政府
死の商人 ホーコス
中パ関係
北朝鮮 非核でリビア空爆


---核の闇市場関与の父子起訴 スイス検察当局---
2011.12.16 00:39
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111216/mds11121600410000-n1.htm

 スイス検察当局は15日までに、パキスタンの科学者カーン博士が構築した「核の闇市場」に関与したスイス人技師の父子3人を武器輸出法違反の罪で起訴した。
 技師はフリードリッヒ・ティナー氏。核燃料をつくる遠心分離機に必要な真空技術の専門家で、カーン博士と交流があり、闇市場を通じてリビアの核開発に関与したとされている。
 米国が2003年にイタリア沖で貨物船を臨検した際にリビア行きの遠心分離機の部品を発見し、3人の関与が発覚した。3人は現在、行動制限を受けており、司法取引に応じ、5年以下の禁錮刑が言い渡されるとみられる。(共同)

---カーン博士に核技術提供で起訴 スイス人3人を現地当局---
2011年12月15日10時18分
http://www.asahi.com/international/update/1215/TKY201112150118.html

 スイス検察当局は、パキスタンのカーン博士を中心とする「核の闇市場」に核技術を提供したとして、スイス人技術者の親子3人を武器輸出法違反で起訴した。核兵器に使う濃縮ウランを製造する遠心分離器に不可欠な真空状態を作る技術を提供した疑い。
 スイス検察庁が13日付の声明で明らかにした。起訴されたのはウルス・ティンナー(46)とその弟マルコ(43)、父親のフリードリヒ(74)の3被告。被告らはカーン・ネットワークの「技術本部長」として知られ、リビアの核開発に携わったとされる。
 ウルス被告は2004年10月、ドイツ当局が逮捕し、翌05年5月にスイスに引き渡された。マルコ、フリードリヒ両被告も同じ年の9月に逮捕。全員が09年までに保釈されたが、今回、罪を認めるかわりに5年以上の刑はないとする司法取引に応じた。裁判も簡略化する。


---Swiss charge 3 men in nuclear smuggling case---
By FRANK JORDANS, Associated Press
20111214
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jf6wSjVK_6bzo44cg5hga90cdqtA?docId=ae93c8602aa144d7bc230184edde0a69

GENEVA (AP) - Three Swiss engineers - a father and his two sons - have been charged with breaking arms export laws by aiding a Pakistani-led nuclear smuggling ring that supplied Libya's atomic weapons program, prosecutors said Tuesday.

The formal indictment follows almost a decade of politically charged investigation by Swiss authorities that lifted the veil on one of the most successful international intelligence operations to stop nuclear proliferation to rogue states.

Urs Tinner, 46, his brother Marco, 43, and their father Friedrich, 74, are accused of providing technology and know-how to the nuclear smuggling network of Abdul Qadeer Khan, the architect of Pakistan's nuclear weapons program, the federal prosecutors office in Bern said in a statement.

The A.Q. Khan smuggling ring sold key equipment such as centrifuges for uranium enrichment to various countries until its operations were disrupted in 2003.

Prosecutors said the Tinners have agreed to ask for a shortened legal procedure, under which defendants admit the basic charges against them but face no more than five years in prison.

If judges at the Federal Criminal Tribunal agree, politically sensitive aspects of the investigation likely won't be publicly aired as further evidence gathering - and therefore cross-examination - would be excluded in court.

An unidentified fourth defendant who prosecutors said played a subordinate role will be charged in a separate legal proceeding with breaking Swiss arms exports laws.

Prosecutors said in their statement the question of the Tinners' cooperation with the CIA remains unresolved, because the Swiss government has denied a request to open a criminal investigation into the issue.

Lawyers representing the Tinners didn't immediately respond to emails and telephone calls requesting comment.

Urs Tinner, who was released on bail in December 2008 after almost five years in investigative detention, claimed in a 2009 interview with Swiss TV station SF1 that he had tipped off U.S. intelligence about a delivery of centrifuge parts meant for Libya's nuclear weapons program. The shipment was seized at the Italian port of Taranto in 2003, forcing Libya to admit and eventually renounce its efforts to acquire nuclear weapons.

The CIA has declined to comment on the Tinner case. But the agency has said in the past that "the disruption of the A.Q. Khan network was a genuine intelligence success, one in which the CIA played a key role."

A book by U.S. investigative reporters Douglas Frantz and Catherine Collins backs Urs Tinner's claim that he was recruited by the CIA as early as 2000.

In 2007, the Swiss government ordered evidence in the case destroyed, citing national security concerns. The decision prompted outrage in Switzerland and accusations that the government had acted under pressure from Washington.

Prosecutors said they were able to recover copies of some of the files, but others - including all electronic records - have been "definitively lost."

0 コメント: