2012年1月3日火曜日

イラン ホルムズ海峡封鎖か

イランはホルムズ海峡を封鎖すると言う。
 イラン海軍司令官は、原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡は「完全に
イランの管理下にあり、水を飲むよりたやすく封鎖できる」と述べた。
一方で、現在は封鎖する必要はないとの見方を示した。

ホルムズ海峡
・世界の海上輸送原油の4割が通過。
・イランの原油輸出に制裁が科された場合には、封鎖すると警告。
・ホルムズ海峡と隣接する海域でミサイルの発射実験
 
イランは核燃料棒の独自製造し研究炉で性能テストを始めたようだ。

バーレーン、カタール、UAE、オマーン、イランの原油が輸送する際に、
ホルムズ海峡が使われるようだ。
UAEは、オマーン湾へのパイプラインで、サウジは紅海へのパイプラインで
原油を供給すると言う。

イナゴ集団は、イラン原油制裁でも足を引っ張るようだ。
イスラエル連合軍とイランによる恫喝で、原油高騰が始まる。
原油利権を原発推進派が利用しているように見える。

対イラン包括制裁
イランとの国交断絶か
米国 RQ170墜落認める
イナゴ集団はPIIGSだけでない


Iran War Propaganda


Iran Warns of Closing Strategic Oil Route


---イランが核燃料棒の独自製造に成功、研究炉で性能テストも---
2012年 01月 2日 13:46 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE80100L20120102

 [テヘラン 1日 ロイター] イラン当局は1日、核燃料棒の製造に成功し、研究炉での試験を行ったと発表した。国営テレビによると、同国は原子力発電所の燃料として使用するためのウラン燃料棒の製造に成功。研究炉の炉心に装着し、性能テストも行ったという。報道ではこの成功を工学技術分野での飛躍的進歩だとたたえた。
 イランは、海外からの支援を受けずに独自に原子炉の核燃料サイクルを開発しようとしているが、欧米諸国は核兵器の製造につながるのではないかと懸念している。
 イランの核開発疑惑をめぐっては、オバマ米大統領が先月31日、同国の中央銀行と取引がある各国の金融機関に対して経済制裁を実施する法案に署名している。欧州連合(EU)も同様の制裁を加えることを検討しており、制裁が実施されればイランの石油輸出に打撃を与える可能性がある。
 一方、同国海軍は国営イラン通信(IRNA)に対し、ホルムズ海峡周辺で先月から行っている軍事演習の中で、地対空の中距離ミサイルの発射に成功したと明かした。このミサイルにはレーダーの妨害を受けないようにする装置が搭載されていたという。ただ専門家は、イランは時折、自国の核技術の進歩を誇張し、欧米諸国をけん制することがあると指摘している。


---イラン、ホルムズ海峡周辺でミサイル実験---
2011年12月31日20時0分
http://www.asahi.com/international/update/1231/TKY201112310229.html

 イラン海軍は12月31日、ホルムズ海峡と隣接する海域でミサイルの発射実験を開始した。国営通信が伝えた。年末から続けている軍事演習の一環で、1月2日にかけて地対地、地対艦ミサイルなどを試射するとしている。
 一方、イランのメヘル通信は12月31日、イラン最高安全保障委員会のジャリリ事務局長が、欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表に近く書簡を送り、中断している核協議の再開に応じる意向を伝えると報じた。
 核開発を続けるイランに対し、欧米諸国はさらなる制裁を検討。イランは原油輸送の要衝であるホルムズ海峡の封鎖能力を誇示しつつ、対話姿勢も見せることで、国際社会を揺さぶる狙いとみられる。(テヘラン)


---大半の湾岸石油輸出遮断へ、イランのホルムズ海峡封鎖で-アナリスト---
更新日時: 2011/12/29 08:06 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LWXQVV0D9L3501.html

 12月28日(ブルームバーグ):ペルシャ湾と世界をつなぐホルムズ海峡を封鎖するというイランの脅しが実行に移された場合、ペルシャ湾岸からの石油輸出の大半が遮断されることになる。マナー・エナジー・コンサルティングが指摘した。
 マナー・エナジーのアナリスト、ロビン・ミルズ氏(ロンドン在勤)は28日、電話インタビューで、「制裁によってイランの輸出が妨げられたとしても他の湾岸諸国が補うことができるが、イランがホルムズ海峡を封鎖した場合、ほぼ全ての湾岸石油が遮断されるだろう」と指摘。「アラブ首長国連邦(UAE)はフジャイラにつながるパイプラインを保有しており、輸出分の全てを扱うことができるし、サウジアラビアは石油の一部について紅海に通じるパイプラインを活用できるだろうが、そのほかは途絶するだろう」と分析した。
 米エネルギー省によると、ホルムズ海峡を通過する石油は1日当たり約1550万バレルと世界の消費量の約6分の1に相当する。ニューヨーク原油先物相場は、欧米諸国からの核兵器計画撤廃を求める圧力に反発し石油輸出国機構(OPEC)2位の原油生産国イランがホルムズ海峡を封鎖するとの懸念が強まり、今月16日から7.4%上げている。
 国営イラン通信(IRNA)は27日、イランの原油輸出に対する制裁が発動される場合、ホルムズ海峡を封鎖すると同国のラヒミ第1副大統領が述べたと報じた。また、イラン国営プレスTVによれば、同国海軍のサヤリ最高司令官は、ホルムズ海峡の封鎖は「たやすい」と語ったという。
 一方、AP通信は28日、湾岸諸国はイラン原油の世界市場への供給が減少した場合、それを補う用意があると伝えた。世界最大の原油輸出国サウジアラビアの石油当局者の話を基に報じた。どのように補うかについては言及していない。


---米海軍:ホルムズ海峡封鎖を容認せず、世界にとって重要-報道官---
更新日時: 2011/12/29 06:45 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LWXLQ91A74E901.html

 12月28日(ブルームバーグ):米海軍は、ホルムズ海峡における船舶輸送の遮断を米国は容認しないとの立場を表明した。
 米海軍のレベッカ・レバリッチ報道官は電子メールで、「ホルムズ海峡を物品とサービスが自由に行き来することは、地域と世界の繁栄にとって極めて重要だ」と述べ、「いかなる途絶も容認されない」と付け加えた。


---フランス、イランに国際法順守を呼びかけ ホルムズ海峡封鎖との警告で---
2011年 12月 29日 02:30 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJE7BR01320111228?feedType=RSS&feedName=worldNews

 [パリ 28日 ロイター] フランス外務省のバレロ報道官は28日、イランが、原油輸出に制裁が科された場合はホルムズ海峡を封鎖すると警告したことについて、同国に対し国際法を順守するよう呼びかけた。
 同報道官は定例記者会見で「イラン当局に対し、特に公海上の船舶の航行の自由に関する国際法を順守するよう呼びかける」と述べた。
 そのうえで「ホルムズ海峡は公海上の海峡で、いかなる船籍の船舶も1982年の国連海洋法条約の恩恵を受けることができる」と述べた。


---「水を飲むよりたやすく」ホルムズ海峡の封鎖を示唆 イラン、原油に制裁の場合---
2011.12.28 21:15
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111228/mds11122821150005-n1.htm

 イラン海軍司令官は28日、原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡は「完全にイランの管理下にあり、水を飲むよりたやすく封鎖できる」と述べた。一方で、現在は封鎖する必要はないとの見方を示した。イランの国営プレスTVなどが伝えた。
 ペルシャ湾とアラビア海を結ぶホルムズ海峡は世界の海上輸送原油の4割が通過する要衝。イラン海軍は24日から10日間の予定で、同海峡周辺で大規模な軍事演習を行っている。
 イランのラヒミ第1副大統領は27日、イランの原油輸出に制裁が科された場合には、ホルムズ海峡を封鎖すると警告。イラン産原油に対する制裁の動きを加速している欧米諸国をけん制した。(共同)


---スイス紙、「日本と韓国は米の圧力の中、イラン石油輸入希望」---
2011年 12月 27日(火曜日) 17:50
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=24037:2011-12-27-13-21-12&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

 スイスの新聞が、「複数の国々がアメリカ政府に対し、イラン産原油輸入継続の可能性があるとする、機密のメッセージを伝えてきた」と報じました。
 この新聞によりますと、日本と韓国の政府当局は、アメリカ政府関係者との機密会談においてアメリカに対し、それぞれ自国に対するイラン産原油輸入の特別許可を求めたということです。
 これについては、ギリシャも、EUに照会しており、このためイランの石油に対する禁輸制裁は実行されていません。
 この報告によりますと、イギリス・ロンドンに本拠地を置く、国際石油問題調査研究所は、「イラン南部に位置し、ペルシャ湾とオマーン海とを結ぶホルムズ海峡が完全に閉鎖された場合、世界の産油量の14%に影響が及び、これにより世界市場での原油価格が1バレル当たり175ドルにまで高騰するだろう」と予測しています。
 イラン産原油のおよそ65%は、東アジア諸国に輸出されており、このうちの22%は中国が占めていることから、イラン産原油に対する中国の依存度の大きさが浮き彫りになっています。
 さらに東アジアでは、日本が10%、インドが12%、韓国が10%の割合で、自国の原油需要をイランからの輸入により確保しています。
 しかし、これらの国々以上に、ギリシャが自国の原油需要の30%をイランから輸入していることも見逃せません。
 一部の専門家は、イランと西側諸国の言論上の軋轢がどんなに拡大しても、イランに対する制裁を巡る実効的な決定を下すことは出来ないと見ています


---イラン ホルムズ海峡で大型軍事演習開始---
24.12.2011, 13:37
http://japanese.ruvr.ru/2011/12/24/62811459.html

 イランは24日、ホルムズ海峡東部からアデン湾の水域で大規模な海上軍事演習を開始した。
 コードネーム「ヴェラヤート90」の軍事演習は10日間にわたって行われ、水上艇、潜水艦、無人飛行艇、沿岸砲兵隊が参加する。英BBCラジオの報道では、演習では新型ミサイルや魚雷が用いられる。イランの演習水域に程近い地点には米国の空母「ジョン・ステンニス」が待機している。
 ペルシャ湾とオマーン湾をつなぐホルムズ海峡は戦略的意味が大きい上、世界の石油の4割以上が通過する海上交通路としても重要な位置を占めている。


---原油禁輸「絶対できない」 イラン石油相、EUをけん制---
2011.12.11 22:01
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111211/mds11121122020007-n1.htm

 イランのガセミ石油相は11日、イランの原油輸出に制裁を科すことは世界の原油市場に悪影響を与えるとの見通しを示し、対イラン追加制裁を検討している欧州連合(EU)がイラン産原油の禁輸に踏み切ることは「絶対にできない」と述べた。イランのメディアが伝えた。
 ガセミ氏は「欧州諸国に安定して石油を供給することがイランの方針だ」と指摘。一方で「欧州諸国にかわる市場を見つけることには何の問題もない」とも話し、EUの動きをけん制した。
 EU内では英国、フランス、ドイツが原油禁輸措置を要求しているが、イラン産原油への依存度が高いイタリア、スペイン、ギリシャは反対している。ロイター通信によると、イランは日量260万バレルの原油を輸出している。(共同)

0 コメント: