2012年2月29日水曜日

米財務省 YAKUZAに経済制裁

米財務省がYAKUZAに経済制裁をする。
 米財務省は、薬物密輸や人身売買など国際的な組織犯罪に関与している
として、指定暴力団山口組と篠田建市(通称・司忍)組長、ナンバー2で傘下
の弘道会会長高山清司被告=恐喝罪で起訴=に対し、米国内の資産凍結や
米国民との取引を禁止する制裁を科すと発表した。

The Brothers' Circle Members
・Vasily Alexandrovich:KHRISTOFOROV Passport Russia
・Kamchybek Asanbekovich:KOLBAYEV Passport Kyrgyzstan
・Vladislav Vladimirovich:LEONTYEV Passport Greece,Ghana,Venezuela
・Aleksandr Leonidovich:MANUYLOV Passport Russia
・Gafur Akhmedovich:RAKHIMOV Passport Uzbekistan
・Lazar Gurgenovich:SHAYBAZIAN Passport Uzbekistan
・SHINODA, Kenichi 篠田建市(TSUKASA, Shinobu 司忍):Passport Japan
・TAKAYAMA, Kiyoshi 高山清司:Passport Japan
・Aleksey Alekseyevich:ZAYTSEV Passport Russia,Ghana
・YAMAGUCHI-GUMI:ROKUDAIME YAMAGUCHI-GUMI,
         SIXTH YAMAGUCHI-GUMI) Passport Japan

米財務省が、経済制裁するのは、11の組織犯罪団体。
国境を越えて、武器密売、売春、麻薬、人身売買、詐欺、資金洗浄等の
犯罪を犯した団体を制裁するようだ。
毎年の不法収益は何億ドルと見ているようだ。

以前、振込め詐欺等で搾取した資金が、スイスの金融機関に移動され、
半分だけ日本へ返却になったことがあった。しかし、未だに振込め詐欺等
が発生しており、国外のいずれかへまた移動したと思う。
米財務省が凍結した資金には、日本で詐欺、恐喝等の犯罪被害にあった
人達の資金もあるはず。全て米政府の経費に振り返られるのだろうか。
山口組の門下にデイトレーダもいるとのことだから、株式だけでなく、
為替や貴金属等の投資により、資金洗浄は続いていると思う。

振込め詐欺 偽造判決文作成
IRS UBS顧客情報で脱税者起訴


---米、山口組の資産凍結 経済制裁対象に---
2012年2月24日 10時43分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012022490103605.html?ref=rank

 【ワシントン=竹内洋一】米財務省は23日、薬物密輸や人身売買など国際的な組織犯罪に関与しているとして、指定暴力団山口組と篠田建市(通称・司忍)組長(70)、ナンバー2で傘下の弘道会会長高山清司被告(64)=恐喝罪で起訴=に対し、米国内の資産凍結や米国民との取引を禁止する制裁を科すと発表した。
 オバマ大統領は昨年7月、国境を越えた犯罪組織の資金源を断ち、米国や世界の金融システムを保護するための大統領令に署名。経済制裁の対象として、日本の「YAKUZA」(暴力団)も挙げた。今回は大統領令に基づく初の具体的措置。
 財務省は山口組を「日本や海外で、薬物取引や人身売買、恐喝、売春、詐欺、マネーロンダリング(資金洗浄)を含む犯罪に関わっている」と指摘。年間数十億ドルの違法な収入を得ていると推定した。
 コーエン財務次官(テロ・金融犯罪担当)は記者会見で「日本側と極めて緊密に作業しており、今後も山口組など、さまざまな重要案件で協力していく」と述べた。
 旧ソ連諸国に本拠を置き、欧州や中東、中南米で活動する犯罪組織「ブラザーズ・サークル」の主要構成員ら7人に対しても制裁を科した。
(中日新聞)


---米財務省、山口組に経済制裁 幹部ら9人の資産凍結---
2012.02.24 Fri posted at: 11:06 JST
http://www.cnn.co.jp/business/30005712.html

 (CNN) 米財務省は23日、日本の暴力団「山口組」と旧ソ連圏の数カ国を拠点とする犯罪組織「ブラザーズ・サークル」に対する新たな制裁を発表し、両組織の幹部ら9人の資産凍結を米国の銀行に指示した。
 コーエン財務次官(テロ・金融犯罪担当)は同日の記者会見で、制裁対象となった9人は「米国の金融制度の完全性を脅かす」恐れがあると指摘した。凍結される資産の金額は公表しなかった。
 米国では7月に、「重大な影響力を持つ」国外の犯罪組織も制裁の対象とすることを定めた大統領令が出されており、今回の制裁は同令に基づく初の措置となる。
 制裁対象となる9人のうち、篠田建市組長(70)と高山清司被告(64)の2人は山口組の幹部で、武器および麻薬の闇取引やマネーロンダリングにかかわったとされる。
 残る7人はブラザーズ・サークルのメンバーで、キルギスタン、ウズベキスタン、ロシア、アラブ首長高連邦(UAE)での犯罪にかかわったとしている。


---U.S. Imposes Sanctions on Japan Organized Crime Group---
FEBRUARY 23, 2012, 10:19 P.M. ET
By DAISUKE WAKABAYASHI And JEFF BATER
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970203918304577241844134189560.html

The U.S. government entered the battle against Japanese organized crime, announcing a freeze on American-owned assets controlled by Japan's largest yakuza syndicate, Yamaguchi-gumi, and the group's top two leaders.

The sanctions imposed by U.S. Treasury Department Thursday are the latest blow to Japan's nearly 80,000-strong yakuza gangsters, who face tougher conditions at home from increasingly aggressive enforcement of laws that prevent ordinary citizens from knowingly associating or accepting business from gang members.

David Cohen, the Treasury's undersecretary for terrorism and financial intelligence told reporters in Washington, D.C., that the Yamaguchi-gumi generates billions of dollars annually in illicit proceeds from criminal endeavors such as drug trafficking, human trafficking, extortion, fraud and money laundering. He declined to elaborate, or provide an estimate on the amounts that could be frozen under Thursday's order.

An official in Japan's Foreign Ministry said that the Japanese government was "aware" of the U.S. action, but declined additional comment. Officials at Yamaguchi-gumi were not immediately available for comment.

The sanctions against the Japanese syndicate were the first under an executive order issued by U.S. President Barack Obama last July, which extended financial penalties used to disrupt suspected terror groups to organized crime as well.

In addition to targeting the Yamaguchi-gumi, the Treasury said Thursday that it would take similar action against eight members of The Brothers' Circle, a multiethnic network that includes the leaders of criminal groups in Europe, the Middle East, Africa and Latin America. U.S. banks are expected to immediately freeze the assets of 10 people named in the order.

"They use our financial system, they use our commercial system to both penetrate the markets, to disrupt the markets and to make use of their illicit proceeds," Mr. Cohen said of both groups. "One of our most important roles is to protect the integrity of the U.S. and international financial systems."

In addition to identify the 35,000-member Yamaguchi-gumi, U.S. officials said they would freeze the assets of the two top officials of the group, Kenichi Shinoda and Kiyoshi Takayama.

Mr. Shinoda, who also goes by the alias Shinobu Tsukasa, is the sixth-generation leader, or godfather, of Yamaguchi-gumi. He was released from prison in April after serving a six-year sentence for owning firearms, a violation of Japanese law. Mr. Takayama, who was acting as the de facto leader while Mr. Shinoda was in prison, was arrested in 2010 on extortion charges.

Over the last few years, Japanese police and local governments have stopped the deeply entrenched practice of indulging the influence of yakuza whose crimes range from traditional activities such as protection rackets and loan sharking to white collar crimes such as stock market schemes. Late 2011, the governments of Tokyo and the southern island of Okinawa joined the rest of the country in introducing laws that target the companies that do business with gangsters.

In a rare interview with the Sankei newspaper in October, Mr. Shinoda, one target of Thursday's actions by the U.S. Treasury, said the anti-yakuza laws could ultimately threaten public safety, because organizations such as Yamaguchi-gumi provide a framework to maintain a chivalrous code to many young people.

"If Yamaguchi-gumi were to disband, public order would probably worsen," he said. "I know it may be hard to believe but I am protecting Yamaguchi-gumi in order to lose the violent groups."

In Tokyo, if a person or firm breaks the ordinance, they will be warned first. But if they persist on maintaining ties, they will be threatened with shame by having their names exposes. The public exposure of possible ties to yakuza could threaten its other business relationships. A final measure for repeat offenders is a fine and, possibly, jail.

Last year, Shinsuke Shimada, one of Japan's most successful comedians who hosted a variety of talk shows, resigned abruptly from his management company once his ties to organized crime were revealed, prompting pledges from executives across Japan's entertainment industry-long rumored to be a hotbed of yakuza influence-to crack down on any gangster ties.

The ordinances will likely send yakuza gangsters deeper underground. Since the early 1990s, the yakuza have been stepping back from maintaining a fairly open profile. Many gangsters carried business cards emboldened with their gang affiliation and were registered as members of a "boryokudan," translated literally as "a violent group."

The number of registered yakuza members is on the decline. According to figures from the Japan's National Police Agency, there were 78,600 registered "boryokudan" members in 2010, a decline of 14% since 1991. The same report said Yamaguchi-gumi's membership fell 4% from a year earlier to 34,900 members.
-Jeffrey Sparshott contributed to this article.


---Treasury Imposes Sanctions On Key Members Of The Yakuza And Brothers’ Circle Criminal Organizations---
2/23/2012
http://www.treasury.gov/press-center/press-releases/Pages/tg1430.aspx

WASHINGTON - The U.S. Department of the Treasury today designated seven key members and associates of the Brothers' Circle crime syndicate as well as the largest group within the Japanese Yakuza, the Yamaguchi-gumi, and two Yamaguchi-gumi leaders. These are the first designations by Treasury pursuant to Executive Order (E.O.) 13581, which President Obama issued in 2011 to target and disrupt significant transnational criminal organizations (TCOs).

President Obama identified the Brothers' Circle and the Yakuza as significant TCOs in the Annex to E.O. 13581 (Blocking Property of Transnational Criminal Organizations) of July 24, 2011, and charged the Treasury Department with pursuing additional sanctions against their members and supporters. Drawing on this authority, the Treasury Department today is identifying key members and associates of these transnational organized criminal networks, freezing any assets the designated persons may have within the jurisdiction of the United States and prohibiting any transactions with them by U.S. persons.

"Today's action casts a spotlight on key members of criminal organizations that have engaged in a wide range of serious crimes across the globe," said David S. Cohen, Treasury Under Secretary for Terrorism and Financial Intelligence. "We will continue to work with our international partners to target those who deal in violence, narcotics, money laundering, and the exploitation of women and children. Today's designations are just the first under our new our sanctions authority to target transnational criminal organizations and isolate them from the global financial system."

THE BROTHERS' CIRCLE
The Brothers' Circle (f.k.a. Family of Eleven; f.k.a. The Twenty) is a multi-ethnic criminal group composed of leaders and senior members of several Eurasian criminal groups largely based in countries of the former Soviet Union but operating in Europe, the Middle East, Africa and Latin America. The Brothers' Circle serves as a coordinating body for several criminal networks, mediating disputes between the individual criminal networks and directing member criminal activity globally.

The individuals designated today represent criminal syndicates that operate throughout Eurasia and the Gulf, specifically within Kyrgyzstan, Uzbekistan, Russia and the United Arab Emirates (UAE). They include key Brothers' Circle members Vladislav Leontyev, Vasiliy Khristoforov, Kamchybek Kolbayev and Gafur Rakhimov. Lazar Shaybazyan, Aleksandr Manuylov and Aleksey Zaytsev are designated today based on their support to Vladislav Leontyev. Several of these individuals reside in Dubai, UAE.

Two key Brothers' Circle members, Vladislav Leontyev and Vasiliy Khristoforov, are targeted today for acting for or on behalf of the Brothers' Circle. Both have been involved in criminal activities, including narcotics trafficking, and were involved in a shooting between regional factions within Russian organized criminal networks over an attempt to seize control of a local precious metals enterprise. Leontyev is currently wanted by Russian authorities for illegal transactions involving precious metals and narcotics.

Kamchybek Kolbayev acts for or on behalf of the Brothers' Circle by serving as the Brothers' Circle "overseer" for its Central Asian activities, including narcotics trafficking. In June 2011, President Obama identified Kolbayev as a significant foreign narcotics trafficker under the Foreign Narcotics Kingpin Designation Act. Kolbayev is wanted in Kyrgyzstan for organized crimes and crimes involving the use of weapons/explosives, and organized/transnational crime.

As a key member of the Brothers' Circle, Gafur Rakhimov acts for or on behalf of the Brothers' Circle. Rakhimov is one of the leaders of Uzbek organized crime with a specialty in the organized production of drugs in the countries of Central Asia. He has operated major international drug syndicates involving the trafficking of heroin.

Aleksey Zaytsev, who acts for or on behalf of the Brothers' Circle key member Vladislav Leontyev, is involved in fraud and a variety of other such activities as fraud, including his 2008 participation in a financial pyramid scheme involving the St. Petersburg-based Business Club Rubin.

Lazar Shaybazyan and Aleksandr Manuylov also act for or on behalf of, Brothers' Circle key member Vladislav Leontyev.

The YAKUZA
The Yakuza (a.k.a. Boryokudan; a.k.a. Gokudo) was listed in the Annex to E.O. 13581 for its involvement in serious criminal activities, including weapons trafficking, prostitution, human trafficking, drug trafficking, fraud and money laundering. The Yamaguchi-gumi is the largest and most prominent of the Yakuza's crime families, and is being designated today for acting for or on behalf of the Yakuza. The Yamaguchi-gumi has a pyramid structure with a kumicho ("godfather") at the top. Today's action also imposes sanctions on Kenichi Shinoda, the Yamaguchi-gumi kumicho since August 2005, as well as the Yamaguchi-gumi's wakagashira ("deputy godfather"), Kiyoshi Takayama, both for acting for or on behalf of Yamaguchi-gumi.

As leaders of the Yamaguchi-gumi crime syndicate, both Shinoda and Takayama play key roles in directing the syndicate's policies and settling disputes with other Yakuza syndicates. The Yamaguchi-gumi is involved in criminal endeavors in Japan and abroad, including drug trafficking, human trafficking, extortion, prostitution, fraud and money laundering. The Yamaguchi-gumi is estimated to generate billions of dollars annually in illicit proceeds.

Today's action is designed to protect the integrity of the U.S. financial system, to prevent U.S. financial institutions from being used unwittingly to facilitate the unlawful activities of these groups, and to deny the named individuals and entity access to the U.S. economy.
Identifiers
KHRISTOFOROV, Vasily Alexandrovich (a.k.a. KHRISTOFOROV, Vasiliy; a.k.a. "VASYA"; a.k.a. "VOSKRES"), Murjan 6 Sector, Tower D01-T03.1, Apartment 401, Dubai 39409, United Arab Emirates; DOB 12 Mar 1972; POB Gorky Oblast, Russia; National ID No. 76481815 (United Arab Emirates); Passport 63-7186356 (Russia) (individual) [TCO]
KOLBAYEV, Kamchybek Asanbekovich (a.k.a. KOLBAEV, Kamchibek; a.k.a. KOLBAYEV, Kamchy; a.k.a. KOLBAYEV, Kamchi; a.k.a. KOLBAYEV, Kamchibek; a.k.a. "KAMCHI BISHKEKSKIY"; a.k.a. "KOLYA-BISHKEKSKIY"; a.k.a. "KOLYA-KYRGYZ"), Bahar 1 Sector, C09-T02 Tower, Apartment 3203, Dubai 31672, United Arab Emirates; Volokolamskoye Shosse, House 15/22, Moscow, Russia; DOB 3 Aug 1974; alt. DOB 1 Jan 1973; POB Cholpon-Ata, Kyrgyzstan; citizen Kyrgyzstan; Passport A0832532 (Kyrgyzstan) expires 17 Mar 2009 (individual) [SDNTK] [TCO]

LEONTYEV, Vladislav Vladimirovich (a.k.a. LEONTIEV, Vladislav; a.k.a. LEONTIEV, Vlantislav; a.k.a. LEONTYEV, Vyacheslav; a.k.a. LEONTYEV, Vadim; a.k.a. LEONTYEV, Vadik; a.k.a. "BELOBRYSYY"; a.k.a. "BELYY"), Al-Fattan Building, Dubai, United Arab Emirates; DOB 5 Jul 1971; POB Gorky, Russia; alt. POB Caracas, Venezuela; National ID No. 60229551 (United Arab Emirates); Passport AB4065216 (Greece); alt. Passport H2214925 (Ghana); alt. Passport C1602418 (Venezuela) (individual) [TCO]

MANUYLOV, Aleksandr Leonidovich (a.k.a. MANUILOV, Alexander; a.k.a. MANUYLOV, Alexander; a.k.a. "SASHA SAMARSKIY"); DOB 3 Mar 1962; POB Russia; Passport 3056306 (Russia) (individual) [TCO]

RAKHIMOV, Gafur Akhmedovich (a.k.a. RAKHIMOV, Gofur-Arslonbek; a.k.a. RAKHIMOV, Gafur-Arslanbek Akhmedovich), The Meadows, Villa Number 64, Sheikh Zayed Road, near Emirates Hills, Dubai, United Arab Emirates; DOB 22 Jul 1951; POB Tashkent, Uzbekistan; National ID No. 03101200302034752 (United Arab Emirates); Passport CA1804389 (Uzbekistan); alt. Passport CA1890392 (Uzbekistan) (individual) [TCO]

SHAYBAZIAN, Lazar Gurgenovich (a.k.a. SHAYBAZYAN, Lazar); DOB 1 Apr 1966; Passport CA2485930 (Uzbekistan); alt. Passport CA2179793 (Uzbekistan) (individual) [TCO]

SHINODA, Kenichi (a.k.a. TSUKASA, Shinobu); DOB 25 Jan 1942; POB Oita Kyushu, Japan (individual) [TCO]

TAKAYAMA, Kiyoshi ; DOB 5 Sep 1947; POB Tsushimasi, Aichi Prefecture, Japan (individual) [TCO]

ZAYTSEV, Aleksey Alekseyevich (a.k.a. ZAITSEV, Alexei; a.k.a. ZAYTSEV, Alexey); DOB 7 Sep 1965; POB Leningrad, Russia; National ID No. 74914883 (United Arab Emirates); Passport 63-4604880 (Russia); alt. Passport 4103417473 (Russia); alt. Passport H2029462 (Ghana) (individual) [TCO]

YAMAGUCHI-GUMI (a.k.a. ROKUDAIME YAMAGUCHI-GUMI; a.k.a. SIXTH YAMAGUCHI-GUMI), 4-3-1 Shinohara-honmachi, Nada-Ku, Kobe City, Hyogo, Japan [TCO]

2012年2月28日火曜日

幹細胞によるパーキンソン病治療に効果

幹細胞によるパーキンソン病治療に効果があるようだ。
 京都大再生医科学研究所の高橋淳准教授(神経再生学)らは、ヒトの胚性
幹細胞(ES細胞)から作成した神経細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植
し、症状を改善させるのに世界で初めて成功したと発表した。
iPS細胞から作った神経細胞をサルに移植し、機能させることにも成功して
いる。

京都大再生医科学研究所研究グループ
・ヒトES細胞から42日かけて作った神経細胞をパーキンソン病のカニクイ
 ザル4頭に約1000万個ずつ移植し、1年間観察した。
・3カ月目から手足の震えが収まったり、ほとんど動けなかったサルが
 ゆっくり歩けたりするなど症状が改善。
・効果は1年後も続き、移植細胞がドーパミンを作っていることも確認
 された。
・iPS細胞からつくった神経細胞でも同様にサルで効果を確かめ、2015年度
 にも実際の患者で臨床試験を始めたい。

ES細胞、iPS細胞共にパーキンソン病治療には効果があったようだ。
脳のドーパミン神経細胞が減少し、震えや体のこわばり等が起きる。
薬物投与によるドーパミン神経細胞増加が主流で、難病指定。
患者により、症状が異なるため、腫瘍除去の上、幹細胞最適量も必要と
思う。
昨年には、パーキンソン病や糖尿病、アルツハイマーへの効果との話だった
から、順次、効果があらわれていると言うことかもしれない。

若年性パーキンソン病 異常ミトコンドリア蓄積
iPS細胞 脊髄損傷治療検討へ
ES細胞臨床試験成功


---パーキンソン病治療にES細胞が効果 京大、サルで確認---
2012年2月22日7時13分
http://www.asahi.com/science/update/0221/OSK201202210083.html

 京都大は21日、ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)からつくった神経細胞をパーキンソン病に似せたサルの脳に移植し、治療効果を確かめたと発表した。同様の効果はネズミでは確認されているが、霊長類では初めてという。
 今後、人の患者のiPS細胞からつくった神経細胞でも同様にサルで効果を確かめ、2015年度にも実際の患者で臨床試験を始めたいとしている。
 京大再生医科学研究所の高橋淳准教授らは、パーキンソン病で減ってしまう神経細胞をES細胞からつくり、薬物で人為的にパーキンソン病の症状を起こさせたカニクイザル4匹に移植した。
 当初はほとんど歩けない状態だったのが、徐々に改善。5カ月目ごろから歩き回れるようになり、その状態が12カ月目まで続いた。同様の治療効果は、iPS細胞を使っても期待できるという。成果は米専門誌ステムセルズ電子版で発表した。(鍛治信太郎)


---パーキンソン病、世界初の改善 ヒトES細胞をサル脳に移植---
2012.2.22 06:55
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120222/scn12022206580000-n1.htm

 さまざまな組織などになるヒトの胚性幹細胞(ES細胞)から、神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞を作り、パーキンソン病のサルの脳に移植して歩けるようにしたり手足の震えを改善したりすることに京都大の高橋淳准教授らのチームが世界で初めて成功し、21日発表した。ヒトのES細胞で、霊長類のパーキンソン病の症状を改善させたのは初めて、としている。
 パーキンソン病は、脳のドーパミン神経細胞が減ることで、震えや体のこわばりなどが起こる難病。薬物治療などがあるが、神経細胞の減少を根本的に食い止める方法はなく、再生医療での治療が期待されている。だが移植後に腫瘍ができる可能性もあるため、患者の治療に向け、純化したドーパミン神経細胞を作ることが課題だ。
 チームは、ヒトの受精卵の一部を取り出し、培養してES細胞を作製して分化させ、誘導してドーパミン神経細胞を作った。これを4匹のカニクイザルの脳に移植して観察した。
 すると、3カ月目から手足の震えや動きが改善。移植前にはあまり動けなかった個体が歩けるようになるなど、4匹すべてで改善した。
 これまでに、ES細胞と同じ機能を持つヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ったドーパミン神経細胞がサルの脳内で作用することも分かっている。
【用語解説】ES細胞
 受精卵の一部を取り出して作る胚性幹細胞。さまざまな臓器や神経、血液などに分化する能力があり、事故や病気で失われた組織や細胞の機能を回復する再生医療や、病気の原因解明、新薬開発への応用が研究されている。京都大の山中伸弥教授が開発した、皮膚などから作るiPS細胞は、ES細胞よりも倫理的課題は少ないとされる。


---ES細胞でパーキンソン病のサル改善…京大成功---
2012年2月22日 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120222-OYO1T00175.htm?from=top

 体のあらゆる組織の細胞に変化できる人のES細胞(胚性幹細胞)から神経の細胞をつくり、パーキンソン病のサルの脳に移植してほとんど動けなかった状態から歩き回れるほどにまで症状を改善させることに、京都大再生医科学研究所の高橋淳(じゅん)・准教授らのグループが成功した。霊長類では世界初で、臨床応用に向けて大きな一歩となる成果。米科学誌ステムセルズ(電子版)に発表した。
 パーキンソン病は、脳の神経伝達物質ドーパミンが不足して、手足の震えや歩行困難などの症状を起こす神経難病。
 ES細胞は、受精後約1週間たった受精卵から内側の細胞の一部を取り出して培養してつくる。研究グループは、ES細胞を42日間かけて神経の元になる細胞に変化させ、ドーパミンを分泌する細胞が35%含まれる細胞の塊をつくった。これらをパーキンソン病のカニクイザル4匹の脳に移植し、1年間かけて観察した。
 その結果、6か月後には手足の震えがなくなり、おりにしがみついて一日中動けなかった状態から、時々おりの中を歩き回るまで症状が改善した。脳内を調べたところ、正常な神経細胞ができていた。厚生労働省は、ES細胞や同じように様々な細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)の臨床研究について、体制作りを進めている。研究グループは、すでにiPS細胞でもサルの脳への移植実験を行っており、高橋さんは「さらに安全性を高め、早ければ3年後に臨床研究を開始したい」と話している。


---ES細胞:パーキンソン病のサルの脳、症状改善 京大---
毎日新聞 2012年2月21日 20時52分
http://mainichi.jp/select/science/news/20120222k0000m040074000c.html

 京都大再生医科学研究所の高橋淳准教授(神経再生学)らは21日、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)から作成した神経細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植し、症状を改善させるのに世界で初めて成功したと発表した。米国の専門誌・ステムセルズ電子版に掲載された。
 ラットなどで症状が改善した研究はあるが、霊長類では初めて。同グループは人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った神経細胞をサルに移植し、機能させることにも成功している。3~5年後をめどに、患者から作ったiPS細胞を本人に移植する臨床試験を目指す。
 パーキンソン病は神経細胞が減ることで脳内の神経伝達物質「ドーパミン」が不足し、手足が震えたりする進行性の難病。日本に約14万人の患者がいる。薬で症状を抑えても根本治療にはならず、神経細胞の移植などが期待されている。
 研究グループは、ヒトES細胞から42日かけて作った神経細胞をパーキンソン病のカニクイザル4頭に約1000万個ずつ移植し、1年間観察した。3カ月目から手足の震えが収まったり、ほとんど動けなかったサルがゆっくり歩けたりするなど、症状が改善した。効果は1年後も続き、移植細胞がドーパミンを作っていることも確認された。
 高橋准教授は「純度の高い神経細胞を効率よく作ることが今後の課題」と話している。【榊原雅晴】

2012年2月27日月曜日

イラン 対空爆準備

イランが対空爆準備を行った。
 イランは、核施設などへの空爆を想定した4日間の防空演習を開始した。
イラン軍が統括し、同国指導部の親衛隊的性格を持つ革命防衛隊や警察
などが参加しているという。

イラン南部
・ブシェール原発

イスラエル
・イランの核関連施設を4月から6月の間に攻撃する可能性が高い
・軍事攻撃を実施するには、戦闘機や空中給油機など航空機少なくとも
 100機を動員した「大規模で非常に複雑な作戦」が必要になる。
・イラン攻撃には遠距離の飛行が必要
・ナタンズの地下施設など4カ所に分散した主要核施設を同時に攻撃する
必要がある。

イスラエル軍は、イランの核施設に対して、シリア核施設攻撃のような
小部隊による攻撃は難しいようだ。

4ヶ所への100機以上の同時攻撃は、ゲリラ戦として効果が無く、イラン
も防衛線を確保しているので、互いの損害が考えれば無謀となる。
しかし、無人空爆機を大量に投与すれば、人的損害は少ない上、自国の
防衛に専念できる。
湾岸戦争が「ゲームのようだ」と評されたが、イラク戦争から、「機械に
よる代理戦争」に変わりつつある。
報道のように、イスラエルは行動を起こすのだろうか。

露イスラエル 軍事協力で合意
対イラン情報戦
対シリア対策
イスラエル対策


---核施設への空爆想定し演習 イラン、南部で4日間---
2012.2.21 19:48
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120221/mds12022119490005-n1.htm

 イランは20日、核施設などへの空爆を想定した4日間の防空演習を開始した。イラン軍が統括し、同国指導部の親衛隊的性格を持つ革命防衛隊や警察などが参加しているという。国営イラン通信が伝えた。
 軍事当局は南部の広い範囲で実施するとしているが、演習内容などの詳細は不明。イラン南部には同国初の原子力発電所、ブシェール原発がある。
 核兵器開発疑惑が深まるイランを安全保障上の最大の脅威と位置付けるイスラエルが、イランの核関連施設を4月から6月の間に攻撃する可能性が高いとの見方が浮上しており、それに備える狙いがあるとみられる。(共同)


---イラン攻撃に航空機百機 短期作戦で破壊困難と米紙---
2012.2.21 00:47
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120221/amr12022100480000-n1.htm

 20日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、核兵器開発疑惑が深まるイランに対しイスラエルが軍事攻撃を実施するには、戦闘機や空中給油機など航空機少なくとも100機を動員した「大規模で非常に複雑な作戦」が必要になると報じた。米国防当局者らの分析としている。
 イスラエルは2007年、シリアの原子炉とされる施設を短期間の小規模な作戦で空爆し破壊した。しかしイラン攻撃には遠距離の飛行が必要で、ナタンズの地下施設など4カ所に分散した主要核施設を同時に攻撃する必要がある。
 米国側には、イスラエル軍の能力だけでは作戦遂行は困難で、米軍の関与が求められる展開を危ぶむ声もあるという。(共同)

2012年2月26日日曜日

代理母は売春婦か

究極の選択「お金で買えるもの買えないもの」が面白かった。

斉藤慶子は、多数派の主張を提起。
SHELLYは、思ったよりも保守的。
古田敦也は、染み付いた金銭感覚を気にしておらず、社会問題に疎い。
猪瀬直樹は、遠まわしに回答することが多かった。

早稲田大学のミナは、JORXのアナウンサに似ている。
メイクアップと衣装でクローズアップとフルショットの印象が異なる。
話を聞いているとSlavesのvがほとんど聞こえない。

「代理母は売春婦と同じ」と言う話を聞いて、一瞬、納得したが、
考えると大分異なる。

抜粋(意訳)
Hyatt 「女性が自分の子宮を貸し出すことは、売春のために身体を貸す
    のと似ているように思います。(代理母と売春は、) 女性の体を
    搾取しています。どちらのケースでも体の一部を貸し出してい
    ます。代理母が依頼人に与えるものは大きいと言うが、売春を
    擁護する人だって、売春婦がお客に与えるものは、大きいと言う。
    この二つはとても類似していると思います。セックスは、すばら
    しい行為ですが、お金のためとなったら、それはおとしめられて
    しまいます。実際、代理母は子宮を貸し、売春婦も体の一部を
    貸しています。どちらの場合も女性が貧しい場合は、搾取されて
    終ってしまう。お金を介した代理母契約を禁止することで、それ
    ができます。」

カント的には「人を単なる道具と見なすな」となる。
でも、カント的な統率者がいれば、組織の一部(歯車)として働いて
いる多くの人達がいなくなり、組織を維持できないと思う。

代理母と売春婦の違いは契約でもすぐに違いがわかる。
互いに実名も知らず、弁護士を間に入れ、契約に同意し、約10ヶ月に
渡り、資金を支払って、自身の満足のために売春婦を軟禁すれば、
売春ではなく、人身売買になると思う。

また、受精卵が着床しなかったり、代理母の出産した子供が、正常で
なかった場合、資金提供者は、資金返還を要求したり、子供を引き取ら
ない場合があり、代理母は、売春婦のような満足を与えることはでき
ないと思う。

古代ローマ帝国時代から存在した売春婦と戦後に誕生した代理母の
同一視って、同性差別だと思う。
10年程前に、ヒトの子宮内膜組織を培養、子宮壁を生成、受精卵着床
に成功している。医療倫理が許せば、人口子宮が医療器具となり、こ
の問題での同性差別は、なくなるかもしれない。
生命倫理や人身売買の問題は、さらに発生する可能性が高い。

Hyattは、「道徳を世界で統一すべき」と言う。
・道徳の基準は何か
・表現の自由とは何か
をもっと理解した方が良いと思う。
貧しい印ではなく、豊かな米国で生活しても、社会との接触が希薄だ
から、このような理解ではと思う。
米国式民主主義が根付いた国を数えたことがないのか。

性善説を唱えるなら、会社内部からなぜ個人情報が流出したのか、
経営者として熟慮が必要だろう。

周囲に同調すると言う元野球選手が示すとおり、東電管内の多くの
人は、福一原発の事故は、はるか昔の事故で、玄人の原発作業員が
どこかから湧いて出てくると思っているようだ。日本政府や東電等
も米国同様、高額報酬や日本国籍取得を餌に貧困層や貧困国を利用
して、派遣先「福一原発内」とするかもしれない、

トヨタ関連会社 「派遣切る」で殺人鬼製造か
民間軍事会社 行動規制
共和党 大統領候補の競争始まる
自民党公約 弱者無視を発表
東電福一原発情報検証番組増加
石原一門 金がかかるんだったら殺してしまえ

2012年2月25日土曜日

死魂収集企業

死魂収集企業があるようだ。
死んだ人の魂を集めたり、生きている人を殺して魂を集める企業。
死んだ魂を生贄に使って、農業、製造、教育、医療、流通を行っている
ようだ。
経営者は、自ら実力の無さを隠すために、時代遅れの精神論で、労働者を
追い詰める。懲罰的に追い詰め、死を選択させ、その魂を収集することを
繰り返す。
高度成長期が安定した頃に多発した死魂収集企業。
最近、報道は減ったが、無くなったわけではなさそうだ。
毎年のように行政処分を受け、改善命令を出しても改善できない企業。
都知事選の主張からすれば、多くの人が不要といっているのに、続ける
必要があるのか。

都知事選の政治哲学


---労災認定:「自殺は労災」逆転認定 居酒屋従業員、時間外月140時間--神奈川---
毎日新聞 2012年2月22日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120222ddm041040007000c.html

 居酒屋チェーン運営「ワタミフードサービス」(東京都大田区)の従業員だった森美菜さん(当時26歳)が08年に自殺し、神奈川労働者災害補償保険審査官が長時間労働によるストレスが原因として労災認定していたことが21日、分かった。遺族代理人の弁護士が明らかにした。
 森さんは08年4月に入社し神奈川県横須賀市内の店舗に配属されたが、同年6月に同市内の自宅近くのマンションから飛び降り自殺した。
 決定書によると、深夜の調理担当の森さんは、抑うつ状態となる5月中旬まで1カ月の時間外労働が約140時間に上り、過労で自殺したと認めた。
 遺族は横須賀労働基準監督署に労災申請したが「ストレスが大きかったと言えない」と棄却され、同審査官に不服を申し立てていた。ワタミ広報グループは「内容を把握しておらずコメントを差し控える」と話している。【山下俊輔】


---ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性---
2012年2月21日22時53分
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY201202210654.html

 居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービス(東京)の神奈川県横須賀市の店に勤め、入社2カ月で自殺した女性社員(当時26)について、神奈川労災補償保険審査官が労災適用を認める決定をしたことがわかった。横須賀労働基準監督署が労災を認めず、遺族が審査請求していた。
 決定は14日付。決定書や代理人弁護士によると、女性は2008年4月に入社し、横須賀市内の居酒屋に勤務。連日午前4~6時まで調理業務などに就いたほか、休日も午前7時からの早朝研修会やボランティア活動、リポート執筆が課された。6月12日、女性は自宅近くのマンションから飛び降りて自殺した。
 審査官は、深夜勤務で時間外労働が月100時間を超え、休憩や休日も十分に取れなかったと指摘。不慣れな調理業務に就いていたことにも触れて、「業務による心理的負荷が主因となって精神障害を発病した」と認定し、業務と自殺の因果関係を認めた。
 女性の父親(63)は「過酷な労働条件で、会社に責任があると認められたのはよかった。同じ状態で働いている人を少しでも救ってほしい」と話した。
 親会社の「ワタミ」は「内容を把握していないため、コメントは差し控えさせていただきます」としている。


---自殺のワタミ社員、一転して労災認定---
2012年2月21日20時58分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120221-OYT1T00984.htm

 居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービス(本社・東京都大田区)の女性社員(当時26歳)が2008年に自殺したことについて、神奈川労働者災害補償保険審査官は「(自殺は)業務による心理的負荷が原因」として、遺族の労災申請を認めなかった09年7月の横須賀労働基準監督署の処分を取り消し、労災と認める決定をした。
 決定は14日付。
 決定書によると、女性社員は08年4月に入社し、神奈川県横須賀市の店に配属されて調理を担当。最長で連続7日間の深夜勤務を含む長時間労働や、休日に行われるボランティア研修に参加するうちに精神障害となり、入社から約2か月後の同年6月、自宅近くのマンションで飛び降り自殺した、とした。4~6月の2か月間の時間外労働時間は計約227時間だった。


---ワタミ(株) 本日の一部報道について---
2012.2.21
http://www.watami.co.jp/pdf/120221.pdf

平成24年2月21日
各 位
ワタミ株式会社
本日の一部報道について
本日、一部報道におきまして当社グループが運営する店舗に勤務していた元社員につき労災と認定されたとの報道がありましたが、報道されている勤務状況について当社の認識と異なっておりますので、今回の決定は遺憾であります。
以 上


---神奈川労連 労働相談---
2010.3.1
http://www.kanagawa-rouren.jp/archives/151

就職2カ月で過労自殺 居酒屋チェーン「和民」の26歳女性

異常な長時間労働が原因と両親が労働災害認定を申請
 森美菜さんは26才という若さで08年6月に自殺しました。名古屋から希望に胸を膨らませ「和民」(ワタミ)に就職するために上京した2ヶ月後に…こんな悲惨なことになるとは予期しないことでした。
 亡き美菜さんは京急久里浜店に配属され(1)一週間の座学後、強制的に長時間労働(2)最大7日間連続の勤務(3)研修もまったくないまま、なれない大量の調理業務(4)休日や勤務終了後もレポート書きに追われ、十分な休息時間がとれなかった(5)体調不良を訴えていたにもかかわらず会社はなんら適切な措置をとらなかった(6)さらに朝3時に閉店後も電車が動いていないため帰宅できずお店にいて始発電車で帰ることとなり、過度な疲労と精神的負担が蓄積されました。
 名古屋に住む両親が横須賀労基署に労災を申請。労基署は残業時間100時間を超える労働に従事していたことを認めましたが、業務外と決定しました。その理由は、「心理的負荷評価表」の評価の当てはめかたに、大きな問題があります。美菜さんは一週間の会社の研修が終わり、いきなり交代深夜勤務さらに残業もさせられたことについて、「勤務形態に変化があった」として評価表の1にランク付けされました。そして長時間労働は認めましたが総合評価は「中」であり業務外としました。
 「和民」の働かせ方に大きな問題があります。所定労働時間、労働基準法を無視して「長時間労働」「連続した深夜勤務」の常態化により美菜さんは心身ともに疲労困憊し26歳という短い生命を絶ちました。
 現在、業務上と認めさせるために、両親は労災保険審査官に対し審査請求を行いました。働くもののいのちと健康を守る神奈川センターは両親といっしょに業務上の認定になるよう奮闘しています。3月下旬には結論が出る予定となっています。皆さんのご支援をお願いします。

2012年2月24日金曜日

米機テロ未遂犯 終身刑判決

米機テロ未遂犯が終身刑判決を受けた。
 2009年12月の米デルタ機爆破テロ未遂事件で、下着に仕込んだ爆発物を
機内で爆発させようとしたとして、殺人未遂などの罪に問われたナイジェ
リア人ウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告(25)に対し、米ミシ
ガン州デトロイトの連邦地裁は16日、終身刑を言い渡した。

エドモンズ判事の量刑理由
・自身の行為に疑念や後悔の念を一度も示していない。終身刑は適切な
 刑罰だ

記憶では、テロ犯は富裕層。
だから、爆発物が爆発せず、生き残ったのかもしれない。
判決でも、やはり終身刑となった。
三途の川も金次第と言う言葉もあるが、ムスリムでも同様なのか。

過激宗派が布教
オバマ 米機テロ未遂は許し難いミス


---米機テロ未遂、ナイジェリア人の男に終身刑---
2012年2月17日18時08分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120217-OYT1T00895.htm

 【ニューヨーク=柳沢亨之】米デトロイトの連邦地裁は16日、2009年12月にデトロイトの空港へ着陸しようとした米航空機(乗員・乗客計289人)内で自爆テロを企て、大量破壊兵器使用未遂罪などに問われたナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ被告(25)に終身刑を言い渡した。
 米メディアが伝えた。
 被告はイエメンを拠点とするテロ組織「アラビア半島のアル・カーイダ」の支援を受け、機内に持ち込んだ爆発物の起爆を図ったが失敗した。


---米機爆破未遂で終身刑 ナイジェリア人被告に---
2012.2.17 14:36
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120217/amr12021714400003-n1.htm

 2009年12月の米デルタ機爆破テロ未遂事件で、下着に仕込んだ爆発物を機内で爆発させようとしたとして、殺人未遂などの罪に問われたナイジェリア人ウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告(25)に対し、米ミシガン州デトロイトの連邦地裁は16日、終身刑を言い渡した。AP通信が報じた。
 エドモンズ判事は量刑理由で「自身の行為に疑念や後悔の念を一度も示していない。終身刑は適切な刑罰だ」と述べた。
 法廷では、被告が仕込んだ高性能爆薬と同じ爆発物の破壊力を検証するビデオが流され、被告はアラビア語で「神は偉大なり」と2度叫んだ。被告は当初無罪を主張していたが、昨年10月に起訴事実を認め「(イスラム教の聖典)コーランは、ジハード(聖戦)に参加することがイスラム教徒の義務と説いている」と指摘。イスラム教徒が世界中で不当に扱われていることへの復讐だと主張していた。(共同)

2012年2月23日木曜日

ペイリンvs田中直紀

ペイリンは、英イラク部隊は女王が担当と信じていたようだ。
2008年の大統領選挙の際、副大統領候補としての勉強会の一部だったようだ。

講師   イラク戦争への関与で英国が揺れ始めた時、何をするか
ペイリン 女王と率直な対話をする

議院内閣制と立憲君主制の話。
イギリス連邦は、君主はいるが、議院内閣制だから、
「君主は国政の実権を有さない」と言うこと。
義務教育で教わった気がするが、最近はあまり聞かない。
知っていて当然か。
政治家なのに、政治を知らなければ、関係者から、相手にされないだけで
なく、利用されて周囲が迷惑するだけだ。

米国のペイリンに匹敵するのは、日本の田中直紀しかいないだろう。
田中直紀もそのうち、副総理候補になるかもしれない。

Sarah Palin does NOT RUN
防秘漏洩と内部告発


---Sarah Palin 'believed Queen was in charge of British forces in Iraq'---
By Raf Sanchez, Washington
4:25PM GMT 20 Feb 2012
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/sarah-palin/9094048/Sarah-Palin-believed-Queen-was-in-charge-of-British-forces-in-Iraq.html

Sarah Palin believed that the Queen rather than the prime minister was responsible for the decision to keep British forces in Iraq, according to research done for a new film chronicling her brief political rise.

The former Alaska governor reportedly made the comment during the 2008 presidential campaign as aides to John McCain, the Republican candidate, scrambled to bring his surprise-pick running mate up to speed on foreign affairs.

Her confusion emerged during a coaching session with Steve Schmidt, a top McCain adviser, who asked Mrs Palin what she would do if Britain began to waver in its commitment to the Iraq war.

In one of the many rambling responses that steadily eroded her credibility during the campaign, Mrs Palin reportedly replied that she would "continue to have an open dialogue" with the Queen.

Mrs Palin was plucked out of relative obscurity by John McCain in the hope that her down-at-home populist style would solidify the Republican party’s conservative around his candidacy.

The incident was revealed during research for Game Change, an HBO 'docu-drama' based on a book about the 2008 campaign by two leading American journalists.

While the film is a dramatisation - with the Oscar-nominated actress Julianne Moore playing Mrs Palin - its producers conducted dozens of research interviews and Mr Schmidt confirmed its accuracy in an interview with the Los Angeles Times.

A Palin spokesman said the film - with which Mrs Palin refused to co-operate - "distorted, twisted and invented facts to create a false narrative".

The incident can be added to a long list of policy gaffes made by Mrs Palin during her three months as the Republican vice-presidential candidate.

In an infamous series of interviews with Katie Couric, the CBS News anchor, Mrs Palin was asked about her claim that Alaska's proximity to Russia gave her an insight into foreign affairs.

Her stumbling answer - describing how "[Vladimir] Putin rears his head and comes into the air space of the United States of America" - helped reinforce the impression that she was not ready for high office.

Game Change describes panicked cramming sessions during the campaign, with aides beginning their history tutorial with the Spanish Civil War and carrying through to post-9/11 era.

Mrs Palin was initially enthusiastic, making notes on hundreds of coloured flash cards, but became increasingly sullen and was described by tutors as going into a "catatonic stupor".

Although the 2008 campaign ended in defeat, Mrs Palin’s political fortunes were briefly revived in 2010 with the rise of the grassroots Tea Party movement, but is now most often seen as a pundit on the conservative Fox News cable news channel.

2012年2月22日水曜日

MI5 チャプリンは共産主義支持者ではない

チャプリンは共産主義支持者ではなかったようだ。
 チャールズ・チャプリンを共産主義支持者とみなす証拠はない-。FBI
からの要請を受け、MI5が1952年にチャプリンの素性を調べた結果、FBIの
疑いを否定する見解をまとめていたことが分かった。英国立公文書館が
17日、当時の機密文書を公表した。

MI5
・「チャップリンが共産主義支持者と言える証拠はなく、危険人物ではない。
 彼は赤狩りの犠牲者だ」と結論付けた。
・チャプリンは、南ロンドンのWalworth生まれ、本名 Israel Thornstein
 を証明する出生証明書は見つからなかった。
・スコットランドヤード公安部
 「チャプリンは、仏パリ近郊のFontainebleau生まれ」と主張
・MI6
 「チャプリンは、仏の出生証明書は見つからなかった。」

「ロンドン生まれ」と話していたが、公的機関から本名や
 出生地などを証明する書類は見つからなかった。

FBI
・冷戦時のマッカーシズムによる「赤狩り」で、1923年にチャップリンが
 米共産党へ隠れて寄付したとの報告による。

チャップリンの映画は、反戦映画としてのイメージしかないが、そのため
か、共産主義支持者とレッテルを貼られたようだ。
本当に、赤狩りの犠牲者のようだ。
貧困から脱出するため、米国→英国→スイスと移住し、死亡したが、
その後、墓荒らしにあった。死後も時々話題にあがり、資金集めか。

ビル・クリントン オバマは愛国者ではない


Charlie Chaplin's Limelight theme (original)


---英情報局機密文書 チャプリンは赤狩りの犠牲者---
2012年2月18日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012021802000191.html

 【ロンドン=有賀信彦】喜劇王チャールズ・チャプリンを共産主義支持者とみなす証拠はない-。米連邦捜査局(FBI)からの要請を受け、英情報局保安部(MI5)が一九五二年にチャプリンの素性を調べた結果、FBIの疑いを否定する見解をまとめていたことが分かった。英国立公文書館が十七日、当時の機密文書を公表した。
 第二次大戦後、ソ連との冷戦が始まった米国では、共産党員らを公職などから追放する「赤狩り」の嵐が吹き荒れた。チャプリンも、映画作品が共産主義的だとの批判が高まり、非米活動委員会が召喚命令を出すなど糾弾されていた。
 FBIはさらに確証を得ようと、チャプリンの出身国である英国に協力を依頼。MI5はソ連のスパイだった英国人映画監督からロンドンに滞在していたチャプリンに向けた電報を傍受したが、単に友人として再会したいとの内容だった。
 MI5は他の情報も総合し「共産主義支持者と言える証拠はなく、危険人物ではない。彼は赤狩りの犠牲者だ」と結論付けた。
 調査で一つの謎が浮上した。チャプリンは「ロンドン生まれ」と話していたが、MI5が調べても、公的機関から本名や出生地などを証明する書類は見つからなかったという。
 ただ英BBC放送は「当時はすべての出生が登録されたわけではない」と指摘している。


---MI5 drew a blank on finding Charlie Chaplin birthplace---
17 February 2012 Last updated at 08:54 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/uk-17072165

Newly released files show that an investigation by MI5 failed to determine where the silent film star Charlie Chaplin was born.

The inquiry was requested by the US in 1952 when it was trying to prove Chaplin was a communist sympathiser.

MI5 found that Chaplin, who grew up in London before moving to the US, had left-wing sympathies but nothing more.

At the time, Chaplin had been refused entry back into the US after attending a film premiere in London.

MI5 decided he was not a security risk but could not find his 1889 birth certificate, leading it to speculate he might not have been born in London.

But official Chaplin biographer David Robinson points out that not every birth was registered at that time in British history.

After the row, Chaplin decided not to return to live in the US and instead made his home in Switzerland, where he died in 1977. He filmed his final two movies in London.

He did return to the US to collect an honorary Oscar in 1972 and was also knighted by the UK in 1975.

Ed Hampshire, from the National Archives, said America and the UK were looking for different things in Chaplin's background.

"The American perspective was very much 'has Charlie Chaplin ever been a member of the Communist Party? That's the important thing'," he said.

"For the British it's all about 'is he a security risk or has he ever been a security risk, whether he's a member of the party or not'. They find no proof he's a member of the party and on top of that they find no proof that he's a security risk," added Mr Hampshire.

Chaplin's MI5 files will be free to download from the National Archives online for a month.

The file was opened in 1952, at the height of the McCarthyite witch-hunt during the Cold War, when it was reported he had made a covert donation to the American Communist Party back in 1923 when he was at the height of his fame.

Chaplin had come to London for the premiere of his latest film, Limelight, but was refused entry back into the US.

In 1953 Chaplin denied being a communist but was prevented from returning to his Hollywood home.

Chaplin was reportedly born in Walworth, south London, in April 1889 but MI5 agents apparently scoured the records and could find no trace of his birth certificate either under the name Chaplin or a supposed alias Israel Thornstein.

MI5 concluded: "It would seem that Chaplin was either not born in this country or that his name at birth was other than those mentioned."

Rumours that he may have been born in France were also dismissed by MI5 but when they reported back to the US, the American Secret Service was baffled as to why there was no trace of him.

Coincidentally, Chaplin is believed to have been born four days before Adolf Hitler, whom he parodied in the 1940 film The Great Dictator.


---MI5 files: Was Chaplin really a Frenchman and called Thornstein?---
By Tom Whitehead, Security Editor
12:01AM GMT 17 Feb 2012
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/defence/9086510/MI5-files-Was-Chaplin-really-a-Frenchman-and-called-Thornstein.html

MI5 investigated whether Charlie Chaplin was actually a Frenchman called Israel Thornstein, previously secret files on the Hollywood film star have revealed.

Intelligence officers could find no trace of the actor's birth in Britain despite Chaplin always claiming he was born in London in 1889.

The mystery surrounding his origins emerged when the US authorities asked MI5 to look into the comic actor's background after he left America in 1952 under a cloud of suspicion over his communist links.

But British officers could find no birth certificate and the earliest official record was a passport issued in 1920.

They investigated suggestions he was born in Fontainebleau, near Paris, or nearby Melun, while the Americans claimed his real name was Israel Thornstein and raised the idea he may have been a Russian Jew.

Despite extensive searches, MI5 could find no evidence of any of the claims leaving his true origins a mystery to this day.

However, British intelligence rejected American claims that Chaplin was a high-risk communist, concluding that while he may have been a “sympathiser” he was no more than a “progressive or radical”.

Agents here accepted his name had “been exploited in the interests of communism as one of the victims of 'McCarthyism' - the US anti-communist campaign led by Senator Joe McCarthy - but said he was not a security risk.

It is the first time the files kept by MI5 on Chaplin have been made public and show the extent to which agents went in checking his background.

The star said he was born on April 16 1889 in East Street, Walworth, south London - just four days before the birth of Adolf Hitler, whom he lampooned in his classic 1940 film The Great Dictator.

But after scouring the files at Somerset House in London for his birth certificate, MI5 concluded: "It would seem that Chaplin was either not born in this country or that his name at birth was other than those mentioned."

Scotland Yard's Special Branch added to the intrigue by passing on a tip from a source who claimed the actor was born near Fontainebleau, just south of Paris.

The police memo said: "There may or may not be some truth in this, but in view of the fact that no documentary proof has been obtained that Chaplin was born in the United Kingdom, it may well be that he was in fact born in France."

MI6, Britain's foreign intelligence service, investigated further but found no trace of Chaplin's birth in France either.

John Marriott, then head of MI5's counter-subversion branch, was not convinced that the absence of a birth certificate was a matter of concern for the intelligence services.

He wrote: "It is curious that we can find no record of Chaplin's birth, but I scarcely think that this is of any security significance."

One possible answer to the mystery emerged last year when Chaplin’s family found a letter in a locked drawer suggesting he had been born on a gipsy camp in Smethwick, near Birmingham.

The note was sent to the star in the early 1970s from Jack Hill who said his own aunt was a Gypsy Queen and he had been born in her caravan.

It is known Chaplin’s mother Hannah had the maiden name Hill and descended from travellers.

Having escaped grinding poverty to launch a career in British music-hall, Chaplin moved to the US in 1910 and made a series of hugely successful films in Hollywood in his famous persona of the "Little Tramp".

But in the early 1950s, when Washington was in the grip of McCarthyist paranoia about Soviet infiltration, he was reviled in the US as a communist sympathiser.

There was further controversy about his two marriages to 16-year-old girls, failure to take American citizenship, and claims he fathered an illegitimate child and owed 2 million dollars in back taxes.

Chaplin and his family sailed to Britain in September 1952 to attend the premiere of his new film Limelight.

While they were out of the country, US Attorney General James McGranery announced he would deny the actor a re-entry permit because of his alleged Soviet connections.

Chaplin's MI5 files, released by the National Archives in Kew, west London, show agents here agreed that he had given funds to communist front organisations but that the US could not prove party membership.

And a note sent to the MI5’s East Africa liaison officer ahead of a safari holiday Chaplin took in Kenya in February-March 1958 shows that MI5 were unimpressed by Washington's claims of communist links, which “do not impress us”.

It stated: "We have no substantial information of our own against Chaplin, and we are not satisfied that there are reliable grounds for regarding him as a security risk.

"His name has, of course, been exploited in the interests of communism as one of the victims of 'McCarthyism' ...

"It may be that Chaplin is a communist sympathiser, but on the information before us he would appear to be no more than a 'progressive' or radical."

Files released by The National Archives in 2002 showed that the British Government blocked Chaplin's knighthood for nearly 20 years because of US concern about his colourful private life and political affiliations.

He was eventually knighted in March 1975 and died at his home in Switzerland on Christmas Day 1977, aged 88.

2012年2月21日火曜日

AP1000 2016年運転開始

AP1000が2016年に運転開始する。
 NRCは、南部ジョージア州のボーグル原子力発電所で計画されている
新規原子炉2基の増設を認可した。原発の新設の承認は1978年以来、34年ぶり。

NRC
・建設申請を委員5人による投票
 認可が4人、反対が1人
 反対したのはヤツコNRC委員長

米国
・原発基地64カ所
 運転中の原子炉 計104基。
 国内の電力需要の約18%を補う。
 残りは石炭が43%、天然ガスが25%、その他14%
・計25基の新規原子炉の建設をNRCに申請済み。
・使用済み核燃料の長期保管計画がいまだ作成されていないため原発反対
 運動も続く。

ヤツコは、AP1000の認可は賛成、ボーグル原発増設は反対した。
委員は、AP1000認可、原発増設が多い。
パワハラ疑惑のヤツコが、電力会社に被れたかどうかは不明だが、他の
委員は完全に被れたようだ。

電力会社の魅力
国産原発 輸出へ


---米原子力委が新規原発を認可、委員長は東電事故受け反対---
2012.02.11 Sat posted at: 15:25 JST
http://www.cnn.co.jp/usa/30005575.html

 ニューヨーク(CNNMoney) 米原子力規制委員会(NRC)は9日、南部ジョージア州のボーグル原子力発電所で計画されている新規原子炉2基の増設を認可した。原発の新設の承認は1978年以来、34年ぶり。
 NRCは建設の申請について委員5人による投票を実施、認可が4人、反対が1人の結果となった。反対したのはヤツコNRC委員長で、昨春の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故を受けた安全対策の活用がまだ十分進んでいないことを理由にした。
 ボーグル原発での新規原子炉の建設を主導する電力企業サザン社の首脳は記者会見で、米国のエネルギー政策の前進であるとNRCの認可を歓迎した。
 増設されるのは米ウェスチングハウス社が開発した「AP1000」型の原子炉。2016年と17年の運転開始を目標にしている。
 米国の64カ所にある原発で運転中の原子炉は計104基。国内の電力需要の約18%を賄っている。残りは石炭が43%、天然ガスが25%などとなっている。
 ボーグル原発のほか、国内16カ所にある原発も計25基の新規原子炉の建設をNRCに申請済み。ほとんどは既設の原発内での増設計画だが、2件はフロリダ州とサウスカロライナ州での新規の原発建設を計画している。
 米国内では、原発の安全対策への懸念に加え、使用済み核燃料の長期保管計画がいまだ作成されていないため原発反対運動も続いている。


---米原子力“プチルネサンス” NRC、34年ぶり建設認める---
2012.2.11 05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120211/mcb1202110502009-n1.htm

 米原子力規制委員会(NRC)は9日、米電力会社サザンによる、南部ジョージア州ボーグル原発での原子炉2基の増設の申請を承認した。米国が原子炉の建設申請を認めるのは1978年以来。ただ、NRCのヤツコ委員長が福島第1原発事故を理由に反対票を投じたことから、安全性の強化の是非をめぐる論争に新たな火が点いた。
 承認は5人の委員による採決の結果、4対1の賛成多数で決まった。反対票を投じたヤツコ委員長は採決後に発表した文書で「福島の事故を断じて無視できない」と述べた。
 しかし、米国で原子炉新設が34年ぶりに認可されたことは、同国での“原子力ルネサンス”の始まりを告げるものと言えそう。同国では向こう10年間に原子炉5基が新たに建設される見込み。ただ、ヤツコ委員長の反対で、その幕開けは波乱含みのものとなった。
 新設承認は、部分的なメルトダウン(炉心溶融)に至ったスリーマイル島原発事故の前年の1978年以来34年ぶり。サザンの原子炉増設は、総事業費は140億ドル(約1兆900億円)。東芝傘下の米原子力大手ウェスチングハウス(WH)の新型加圧水型軽水炉(PWR)「AP1000」が採用される。
 NRCはまた、米電力大手スキャナが申請した、南部サウスカロライナ州の既存原発での原子炉2基増設についても近く採決を行う予定。テネシー川流域開発公社(TVA)は、88年に建設を中断した原子炉1基を2014年までに完成させることを計画している。米電力会社プログレス・エナジーのビル・ジョンソン会長兼最高経営責任者(CEO)は9日、今回の採決に先立ちインタビューに答え「電力産業と米国にとって記念すべき日になる」と期待を表明。「原子力ルネサンスについて長年語ってきたが、これはわれわれが有意義な方向へ前進していくことを示す最初の具体的な兆しだ」と述べた。
 NRCのヤツコ委員長は、福島第1原発での爆発やメルトダウンを招いた、電源喪失や地震、津波などの危険に新しい原子炉が対応できるとの拘束力のある取り決めを、サザンとそのパートナーから得られない限り、支持できないと表明。承認について、検査員が修理の必要な箇所を特定している家を買うようなものだと批判した。これに対しサザンなど業界側は、ヤツコ氏の懸念は旧世代の原子炉についてはもっともだが、ボーグル原発で計画されている原子炉については度が過ぎるとの考えだ。


---米が34年ぶりに原発着工へ 委員長は「福島無視できない」と反対---
2012.2.10 20:30
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120210/amr12021020320006-n1.htm

 【ワシントン=柿内公輔】米原子力規制委員会(NRC)は9日、米南部ジョージア州の原発建設計画を認可した。米国の原発着工はスリーマイル島原発事故の前年の1978年以来34年ぶり。原発推進で国産エネルギーの安定供給を図ろうというオバマ政権の決断は、昨年3月の東京電力福島第1原発事故で原発政策の見直しを迫られた各国に影響を与えそうだ。
 NRCの9日の公聴会では、採決で5人の委員のうちヤツコ委員長が、福島事故を教訓にした安全対策が電力会社に必要だと主張。「福島(の事故)が起きなかったかのように、この認可を支持することはできない」と発言して反対する異例の事態となった。
 “既定路線”だった米国の原発建設再開は、福島の事故で雲行きが怪しくなった。オバマ政権はNRCに国内の既存原発を再点検させ、昨年7月のNRCの報告で「米国で同様の事故が発生する可能性は低い」とお墨付きを得て、再開の環境整備を整えてきた。
 大統領選が迫るオバマ大統領としても、政情不安定な中東への原油依存を減らすとともに、原子力産業の活性化で米経済の押し上げも期待できるとの計算も働いたようだ。太陽光など再生可能エネルギーの開発と雇用創出を狙う「グリーン・ニューディール政策」が色あせる中、政権は原発以外にも、天然ガスの開発など国産エネルギーの増産を急いでいる。
 認可されたボーグル原発の3、4号機は、東芝子会社の米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が開発した加圧水型原子炉「AP1000」。テロや自然災害に耐えられる安全性がうたわれ、同じ原子炉を使うサウスカロライナ州の計画も近く承認される見通しだ。
 国内には20基以上の原発計画が持ち上がっている。ただ、米国が原発建設を再開するのは既存原発の老朽化という事情も大きい。自然災害に伴う原子炉の緊急停止などのトラブルが相次いでいるからだ。安全策の強化で業界はコスト高という難問にも直面している。
 建設再開で、議会の一部や市民団体など原発反対派の批判の高まりも予想され、オバマ政権とNRCには、国民に対する丁寧な説明が求められそうだ。

2012年2月20日月曜日

パ北の闇市場

パ北の闇市場が一部明らかになった。
 カシミールの帰属をめぐるインドとの紛争を機に、米国は対パキスタン
武器禁輸を決定した。インドへの対抗上、軍備増強が不可欠なパキスタン
はソ連と接触したものの、ソ連はインドと蜜月関係にあるため交渉は難航
し、安価なソ連型武器を供給する北朝鮮に狙いを定め、国交を結んだ。

パキスタン経緯
1971年 東パキスタン分離独立
1974年 インド初核実験
1980代 カーン博士による核兵器開発
1988年 インド新型ミサイルを開発
1992年 北朝鮮より、射程1300km~1500kmとされるノドンを買付け
    パキスタンが北朝鮮に核開発を指導
    北朝鮮がパキスタンへ核兵器の起爆技術を供与
1998年 パキスタン核実験
1999年 パキスタン政府が、北朝鮮技術者を国外退去
2001年 3月 北朝鮮からパキスタンへのミサイル協力も途絶える

Kahn RingやCIAにはぜんぜん触れておらず、核開発の経緯が明らかに
なっただけ。
CIAとISIの蜜月が、核開発の頃からであれば、Kahn ringが出てくるのは
当分先か。

米スティンガー 中国が製造か
核闇市場関与の父子起訴


---クローズアップ2012:北朝鮮ウラン濃縮 核とミサイル、蜜月の交換 パキスタン・カーン博士、生々しい告白---
毎日新聞 2012年2月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20120211ddm003030109000c.html

 北朝鮮のウラン濃縮活動は、プルトニウムによる核開発凍結の見返りである軽水炉原発の建設開始(97年)直後から「核の闇市場」と連携を取りながら極秘に進められてきた。外貨獲得目的に武器輸出を続けてきた金正日(キムジョンイル)体制の北朝鮮。金正恩(キムジョンウン)新体制となった今、経済危機脱却の糸口をつかむため、「核の闇市場」の主導者となってミサイル輸出ルートを使った核拡散に打って出るか、国際社会の懸念が広がる。【ロンドン会川晴之】
 カーン博士が76年に設立したカーン研究所(KRL)はパキスタンの首都イスラマバード東南東のカフータに所在。ウラン濃縮用の遠心分離機が数千台稼働するパキスタン核開発の中心地であるとともに、北朝鮮産の中距離弾道ミサイル「ノドン(パキスタン名・ガウリ)」の製造工場もある。この場所は、北朝鮮とパキスタンが「核とミサイルを交換」したとされる現場でもある。
 イラン、リビアの秘密核開発が明らかになった2003年、両国に遠心分離機などを供給した「核の闇市場」が摘発され、グループのリーダーだったカーン博士は、自宅軟禁下に置かれた。
 カーン博士が政府に提出した「告白書」などによると、北朝鮮関係者が、KRLに出入りするようになったのは93年ごろ。カーン博士が団長として訪朝、「ノドン」購入に合意し、研究所の南西部の敷地にミサイル組み立て工場の建設が始まった時期に当たる。初期の「P1型」、第2世代の「P2型」など、遠心分離機の製造工場もあり、北朝鮮技術者は、施設内を自由に歩き回れた。
 「96年ごろ、北朝鮮へのミサイル代金支払いが滞った」。カーン博士は「告白書」で、核とミサイルの交換の経緯にも触れる。新旧両型の遠心分離機や関連部品が、その「代償」に贈られ、北朝鮮のミサイルを輸送してきた軍用機に積み込まれ、北朝鮮に戻った。
 「ミサイル代金は現金で支払った」。核の闇市場が摘発された際のムシャラフ・パキスタン大統領は、「核とミサイルの交換」疑惑を重ねて否定する。だが、当時、経済的に苦境に陥っていたパキスタンの外貨準備高は、わずか3週間分の輸出入代金に当たる7億7000万ドルと、底をついていた。米国務省で長年、核不拡散問題を担当した英国際戦略問題研究所(IISS)のフィッツパトリック氏は「ミサイル代金は2億1000万ドル」と指摘するなど、多くの核専門家は、ムシャラフ氏の説明に疑問を投げかける。

◇「闇市場」を仲介、技術を指導
 パキスタンと北朝鮮の交流は1970年代にさかのぼる。カシミールの帰属をめぐるインドとの紛争を機に、米国は対パキスタン武器禁輸を決定した。インドへの対抗上、軍備増強が不可欠なパキスタンはソ連と接触したものの、ソ連はインドと蜜月関係にあるため交渉は難航し、安価なソ連型武器を供給する北朝鮮に狙いを定め、76年には国交を結んだ。
 71年の東パキスタン(現バングラデシュ)分離独立、74年のインド初核実験と、パキスタンの生存を脅かす国難が続き、78年に就任したハク大統領は「借用だろうと、盗み出しても構わない」と核兵器取得に躍起になったほどだ。ハク大統領の政敵だった元大統領のアリ・ブット首相が欧州から呼び戻したカーン博士の力で80年代半ばには核兵器開発(初の核実験は98年)は達成したが、それもつかの間、今度は、インドが88年に新型ミサイルを開発する。インドのミサイルの射程が大幅にパキスタンを上回る「ミサイルギャップ」という事態に直面した。
 2度目の危機を救ったのは、カーン博士だった。外交筋によると、博士は92年ごろ北朝鮮に飛び、射程1300~1500キロとされる「ノドン」の買い付けに成功した。米議会調査局は「カーン博士は十数回、北朝鮮を訪問した」と指摘、ミサイル調達だけでなく、核開発の指導に当たったと分析する。
 ただ、カーン博士自身は、92年と99年の2度しか訪朝していないとパキスタン政府に申告している。「博士の告白には、自己保身を図ろうとしている部分が多い」(外交筋)とされる。博士が北朝鮮で直接、ウラン濃縮に不可欠な六フッ化ウラン(UF6)製造や、遠心分離機の使用法などのほか、核兵器製造の技術指導に当たったかどうか、真相は現在も不明のままだ。
 北朝鮮は、博士が「大変、役だった」と評価する核兵器の起爆技術を供与。99年10月に政権を握ったムシャラフ氏が、北朝鮮技術者を国外退去させるようカーン博士に命じるまで、蜜月関係は続いた。米国の圧力を受け、博士自身も2001年3月にKRL所長を辞任、以後、北朝鮮からパキスタンへのミサイル協力も途絶えたとされる。
 北朝鮮のウラン濃縮活動について、米国の核科学者が10年11月に寧辺(ニョンビョン)を訪問した際、「P2」が約2000台設置されているのを目撃した。ウラン型核兵器の原料となる高濃縮ウランを製造できるため、国連安全保障理事会のほか、米国や日本など6カ国協議参加国が、即時停止を求めている。
==============
■ことば
◇核の闇市場
 パキスタンの「核開発の父」と呼ばれるカーン博士が、80年代後半から展開したネットワーク。ウラン濃縮用の遠心分離機や設計図、部品、核物質などを▽80年代半ばから90年代にかけてイラン▽90年代から2003年までの間にリビア▽90年代半ば以降は北朝鮮--にそれぞれ売り渡した。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点に取引を展開、マレーシアに遠心分離機製造工場を設置し、欧州やアフリカなどの企業に部品を発注して調達した。03年に米英情報当局の通報に基づき貨物船が臨検されて発覚、消滅した。
 カーン博士は、オランダのデルフト工科大学でウラン濃縮に最も重要な要素とされる冶金(やきん)工学を学んだ。英独オランダ合弁のウラン濃縮会社「ウレンコ」の関連会社に75年まで勤務、遠心分離機用の特殊冶金開発に従事していた。その技術を持ち出し、76年、パキスタンに研究所を設立し、核開発を主導した。

2012年2月19日日曜日

イスラエル対策

イスラエル対策が行われたようだ。
 インドの首都ニューデリーとグルジアの首都トビリシで、イスラエル
大使館に関係する車両に爆発物が仕掛けられる事件が2件起きた。ニュー
デリーでは車が爆発し、4人が負傷した。イスラエルのネタニヤフ首相は
両事件を「イランとその代理である(レバノンのイスラム教シーア派民兵
組織)ヒズボラの仕業だ」と指弾したが、イラン政府報道官は関与を否定。
イランの核兵器開発疑惑を巡る両者の緊張関係がさらに高まりそうだ。

ニューデリー
・何者かがイスラエル外交官の車にオートバイで近づき、爆発物を張り
 付け、爆発させた。外交官の妻らが負傷した。

トビリシ
・大使館の現地職員の車の下に仕掛けられた磁石爆弾を発見し、爆発前に
 処理された。

バンコク
・手榴弾らしきものを運んだイラン人の一人が、爆発により、負傷。
 警察が病院で逮捕。
 出入国管理警察が二人目のイラン人を空港で逮捕。
 三人目はクアラルンプールで現地警察に逮捕。
・タイ警察が、車両に仕掛けられた2個の磁石爆弾を爆発前に発見し、
 処理した。一対のラジオの中に3-4ポンドのC4爆薬が見つかった。

ニューデリー、グルジアだけではなく、バンコクでも磁石爆弾を使った
爆破事件があった。ヒズボラが磁石爆弾を作成し、イスラエルに反撃した
可能性がある。爆発は、イスラエル人が移民した国の大使館近くで発生。
その近くには、イスラム教徒も移住している。
最近では、政治組織となったヒズボラが、ハマス、パレスチナ、イスラム
聖戦等に、軍事訓練や爆薬製造、プロパガンダ、戦術等を教育している
とのこと。
工作員とテロリストの判別が難しくなった。

イスラエル 対イラン工作
対イラン情報戦
対シリア対策


Israeli officials targeted: India and Georgia infolive.tv


---暗殺チーム…バンコク爆発事件のイラン人拘束---
2012年2月15日23時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120215-OYT1T00976.htm

 【バンコク=深沢淳一】バンコク中心部の住宅街で14日、イラン人グループが手投げ弾などを爆発させた事件で、タイの治安当局者は15日、「イラン人の3人は暗殺チームで、イスラエルの外交官が標的だった」との見方を示した。3人のうち2人はバンコクで拘束され、AFP通信によると、残る1人も15日にマレーシアの首都クアラルンプールで現地警察に逮捕された。
 13日にはインドとグルジアでイスラエル大使館関係者を爆発物で狙う事件が起きた。ロイター通信などによると、イスラエルは13日の2件と14日のバンコクの事件にはイランの関与があったと主張している。


---イスラエル:インドとグルジアの大使館に爆発物 4人負傷---
毎日新聞 2012年2月14日 9時50分(最終更新 2月14日 10時34分)
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20120214k0000e030119000c.html

 【ニューデリー杉尾直哉、エルサレム花岡洋二、テヘラン鵜塚健】インドの首都ニューデリーとグルジアの首都トビリシで13日、イスラエル大使館に関係する車両に爆発物が仕掛けられる事件が2件起きた。ニューデリーでは車が爆発し、4人が負傷した。イスラエルのネタニヤフ首相は両事件を「イランとその代理である(レバノンのイスラム教シーア派民兵組織)ヒズボラの仕業だ」と指弾したが、イラン政府報道官は関与を否定。イランの核兵器開発疑惑を巡る両者の緊張関係がさらに高まりそうだ。
 AP通信などによるとニューデリーでは、何者かがイスラエル外交官の車にオートバイで近づき、爆発物を張り付け、爆発させた。外交官の妻らが負傷した。トビリシでは、大使館の現地職員の車に仕掛けられた爆発物が、爆発前に処理された。
 イスラエル・メディアによると、事件前日の12日は、ヒズボラのムグニエ司令官が4年前の08年に暗殺された日。またイランでは10年以降、核科学者ばかりを狙った5件の爆弾事件などが相次ぎ、4人が死亡している。イラン政府はいずれの事件にもイスラエルが関与したと批判していることから、イスラエル政府は、在外公館などに報復への警戒を呼びかけていた。


---Delhi car blast: Alarm, alert at McLeodganj's 'diaspora'---
16 Feb, 2012, 04.21AM IST, ET Bureau
http://economictimes.indiatimes.com/news/politics/nation/delhi-car-blast-alarm-alert-at-mcleodganjs-diaspora/articleshow/11906370.cms

NEW DELHI: In the serene, sweet smelling slopes of Dharamkot village, Israelis come and go, sometimes to get over the trauma of losing a dear one in a blast somewhere. But, the peace in this Himalayan village, known as Mini Israel, was interrupted ever since an Israeli embassy car went up in flames in the heart of New Delhi two days ago.

Terror and politics, miles away, has cast its shadow in the village, just 11 km from McLeodganj. An alert has been sounded in the entire district and security forces are keeping a close watch on all hotels in Dharamkot and nearby areas.

The Kangra police has put on an alert all police stations in the area, particularly those of Dharamshala and McLeodganj, to ensure security of the Israeli nationals living in the district. The fear of the security forces is not unfounded.

One can get a whiff of Israel as you step into the village with the Bedeit Habad, the Holy House of Wisdom, right at the entrance. A little further, there may be a head covered with a skull cap sipping tea, Hebrew grafitti, a 'Chabad house' (Jewish community centre), Israeli names or a child, who could pass off for an Israeli or Indian. The village belonged to Gaddi tribe of Himachal and over the years several Israelis are married into this community.

The Israelis generally keep to themselves, living in hotels or rented rooms, feeling at home in this relatively cheap holiday destination. Monday's car blast in the Indian capital has changed a lot in this pine-covered hamlet.

However, due to the heavy snowfall, many Israelis have moved out of Dharamkot. The Kangra District Police chief DS Thakur has said an alert was sounded because a sizeable number of Israeli nationals were visiting this district, particularly McLeodganj and Dharamkot areas.

Those who are there have expressed worries about their safety and suggested that the government taken some steps to beef up security where Israelis were living in significant numbers.

According to police, there are not many Israelis these days but still we have issued instructions to hoteliers that they should inform about Israelis staying in their hotels. Vigil and patrolling has been increased in the areas, where Israeli tourists generally stay.

As many as 20,000 Israelis visited Dharamkot in 2010.


---APNewsBreak: Israel: Thai bombs like India attack---
THANYARAT DOKSONE, Associated Press, TODD PITMAN, Associated Press
Updated 03:58 a.m., Wednesday, February 15, 2012
http://www.timesunion.com/news/article/APNewsBreak-Israel-Thai-bombs-like-India-attack-3310661.php

BANGKOK (AP) - The bombs discovered in a Bangkok house after a series of blasts in the Thai capital were similar to the devices used against Israeli Embassy targets in India and Georgia, the Israeli ambassador said Wednesday.

While the targets of the bombs was not clear, "we can assume from the other experiences that we were the target," Ambassador Itzhak Shoham told The Associated Press.

Thai police found and defused two magnetic bombs that could be stuck on vehicles after Tuesday' blasts, he said.

"They are similar to the ones used in Delhi and in Tbilisi," Shoham said. "From that we can assume that there is the same network of terror."

Israel has accused Iran of waging a covert campaign of state terror.

Shoham said the arrest of two Iranians in the blasts "again leaves not too much room to assume who was behind it."

A bombing of an Israeli diplomatic car in New Delhi on Monday injured four people, including a diplomat's wife. A similar bomb found under a car in Tbilisi, Georgia, on Monday was defused.

Four Thai civilians were wounded in Bangkok in a series of blasts that began when a cache of explosives ignited at a house, apparently by mistake. One explosion blew off the leg of an Iranian who had fled, carrying what looked like grenades.

A day after the blasts in a residential neighborhood, Thai authorities said they were still investigating possible links. Top security agencies called a news conference Wednesday in which authorities admitted to being caught by surprise and said they had little information about who the alleged attackers were and their possible targets.

National Security Council chief Wichean Potephosree said authorities had not determined if there was any link between the explosions in Bangkok and the events in New Delhi and Tbilisi.

"We haven't found any links but we are still investigating," Wichean said. "We admit there was magnetic component, aiming at individuals, but the origin of the magnets still has to be investigated."

When police searched the house, the bomb squad found and defused two explosives, each made of three or four pounds of C-4 explosives inside a pair of radios.

Wichean said that the types of explosives found suggested that individuals were being targeted.

"From the investigation, we found the type of explosives indicated that the prepared targets were individuals," Wichean said. "Based on the equipment and materials we found, they were aimed at individuals and the destruction capacity was not intended for large crowds or big buildings."

The wounded Iranian was in police custody at a Bangkok hospital. Immigration police detained a second Iranian as he tried to board a flight for Malaysia.

Both men were facing four charges, including possession of explosives, attempted murder, attempted murder of a policeman and causing explosions that damaged property, Prewpan said.

Security forces were searching for a third Iranian suspect.

Israel's Channel 10 TV quoted unidentified Thai authorities as saying the captured Iranians confessed to targeting Israeli interests.

There was no comment from Iranian officials in Tehran.

There seemed to be no doubt in the minds of Israeli officials, who blamed Iran and its Lebanese ally, Hezbollah.

"The attempted terrorist attack in Bangkok proves once again that Iran and its proxies continue to perpetrate terror," Defense Minister Ehud Barak said in Singapore. "The recent terror attacks are yet another example of this."


---クローズアップ2012:外相、シリア訪問 軍事権益、保持狙う露---
毎日新聞 2012年2月8日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20120208ddm003030101000c.html

 ロシアのラブロフ外相は7日、シリアを訪れ、反体制派への弾圧を続けるアサド大統領と会談した。ロシアは国連安全保障理事会で4日、事実上アサド政権に退陣を求めた決議案に中国とともに拒否権を発動し、自ら政権の説得工作に乗り出した形だ。「拒否権発動は虐殺の容認に等しい」と欧米から激しい非難を浴びながら決議に抵抗する中露の思惑を探った。【モスクワ田中洋之、北京・工藤哲、カイロ和田浩明】

◇欧米主導「転覆」許さず
 ロシアの拒否権発動は、中東における最大の友好国シリアへの影響力を確保し、外国の介入による「体制転覆」を許さない姿勢を明確にしたものだ。背景には、今春の大統領返り咲きが確実視されるプーチン首相の外交路線があるようだ。

●多額の武器輸出
 シリアとはソ連時代から緊密な関係を維持しており、ロシアの中東外交の拠点となっている。特に軍事交流が盛んで、11年のロシアの対外武器輸出額120億ドルのうち約9億6000万ドルをシリアが占め、「輸出先の上位5カ国の一角」(露戦略技術分析センター)となっている。先月にはロシアの軍用練習機36機を約5億5000万ドルでシリアに売却する新たな契約が発覚し、欧米の批判を浴びた。
 ロシアは地中海に面したシリア西部タルトスに旧ソ連圏以外で唯一の海軍基地を維持し、先月上旬にはロシア海軍の空母艦隊が寄港した。アサド政権が崩壊して親欧米政権が樹立されれば、ロシアがシリアに保有する軍事権益や中東での外交的な影響力を失う恐れがある。
 ロシアが対シリア決議に拒否権を発動した大きな理由は、リビアでの「教訓」だ。ロシアは昨年、メドベージェフ大統領の指示で対リビアの国連安保理決議案に拒否権を行使せず棄権に回り、採択を容認した。その結果、北大西洋条約機構(NATO)のリビア軍事介入に道を開き、シリア同様にロシアと軍事面などで関係が強かったカダフィ政権の崩壊につながった。
●「プーチン路線」
 ロシアは今回、「リビアのシナリオを繰り返すのは容認できない」(リャプコフ外務次官)と強硬だ。「強いロシア」を掲げるプーチン首相の大統領復帰を前提に、自国の地政学的利益が関わる問題では欧米に譲歩しない外交姿勢を示したといえる。プーチン氏は旧ソ連のウクライナやグルジアなどで起きた民主化を求める市民らによる「カラー革命」を「欧米による政権転覆」とみなしている。国内で広がる反政府デモに対しても「外国政府が資金を出している」と非難し、対外強硬路線を鮮明にしている。
 一方で、ロシアはアサド大統領が政権を維持できると楽観しているわけではない。戦略評価研究所のオズノビシェフ所長はロシア通信とのインタビューで、「ロシアはアサド政権を際限なく擁護することはできない」と指摘。政治情勢分析センターのサリン氏も、ロシア政府がアサド大統領の安全を保証することで退陣を促す可能性に言及している。

◇「内政不干渉」貫く中国
 中国は、チベットの独立要求運動など内政問題で火種を抱える一方、シリアと友好関係にあるイランにも石油資源の確保で大きく依存している。欧米諸国のシリアへの圧力強化は「内政不干渉」を外交の原則とする中国にとって受け入れ難く、今後も欧米諸国と一線を画す構えだ。
 国連安保理での拒否権行使を受け、リビアではシリアのアサド政権に批判的な国民が中国大使館に投石し、窓ガラスが割れるなど混乱が広がっている。中国政府はこうした事態の収拾に動き始めた。
 中国外務省の劉為民報道局参事官は7日の定例会見で、シリア情勢の緊迫化を受け、近く外交担当者をシリアや北アフリカの関係国に派遣し、対応を協議する考えを明らかにした。また劉参事官は、中国の次期最高指導者への就任が確実視されている習近平国家副主席が13日から米国のワシントン、アイオワ州、ロサンゼルスを訪問し、オバマ大統領ら米政府首脳と会談することを明らかにした。
 今回の訪米は昨年8月のバイデン米副大統領の訪中への答礼となるが、一連の会談の中で、シリア問題も議題として急浮上してきた。

◇アサド政権、弾圧続行 反体制派、対話受け入れ困難
 タス通信によると、7日にアサド大統領と会談したロシアのラブロフ外相は「各国の指導者は自身の責任を自覚すべきであり、あなたもそれを自覚しているはずだ」と述べた。弾圧を中止し、反体制派と対話するよう促した発言とみられている。これに対し、大統領は「世界では均衡が保たれるべきだ」と語り、安保理決議案に拒否権を発動したロシアの対応を評価した。
 シリア反体制派によると、中部ホムス市では7日も政府軍・治安部隊による住宅地の砲撃が続き、シリア全土で少なくとも市民21人、兵士4人が死亡した。現地活動家のアブ・アブド氏によると「市内は狙撃手や戦車だらけで、食べ物を買いに外出もできない」という。6日のホムスの死者は少なくとも95人、負傷者は約1500人に上った。反体制派の「シリア革命総合委員会」によると、6日の死者総数は全土で128人に達した。
 反体制派側も、安保理での対シリア決議案の否決後に政権側が攻勢を強め、多数の死者が出たことに態度を硬化させている。拒否権を行使したロシアとの協議には応じない姿勢を見せ、ロシアの「調停」を受け入れる可能性は極めて低い。

2012年2月18日土曜日

F35調達先送り

米国防総省は、F35の調達を先送りするようだ。
 米国防総省は2013会計年度国防予算案で、F35戦闘機の開発を優先させ、
一部取得を遅らせる方針を明示した。13~17年度までの5年間で179機分の
調達を先送りすることで、151億ドルを節約できるとしている。13年度の
F35取得は当初計画より13機少ない29機(うち空軍仕様19機)にとどめる。
開発・調達費用として91億7000万ドルを計上した。

豪州、加等の共同開発国は3月中旬に豪州で生産計画について協議する予定。
豪州は、100機のF111をF35に置き換える予定。
豪防衛委員会では、T-50(Su27)がF35より優位と分析しており、価格も当初
の見積りよりも数倍高くなるとの見方により、F35の調達を取りやめ、
F/A-18Fに切り替える可能性が高い。

日本仕様
・空軍仕様F35Aを導入
・F35量産化計画の決定時期は未定
・2017年3月までに有償軍事援助(FMS)で輸入する機体の完成度や単価に
 影響する可能性がある。 

政治決着したF35購入は、未評価のまま売却され、事故が発生したら改修を
繰り返すかもしれない。米軍事産業は、台数が少ない日本の軍用機市場に
興味はなく、政治的利用を目的としているしか思えない。

米軍事産業の場合は、契約が緩く、KHIのように違約金は取られないの
だろうか。

CXまた不具合 違約金請求へ
CX 初飛行へ
F35 開発計画再検討へ
F35選定 決着


F-111 PROMO VIDEO


---F35取得、179機先送り=5年間、日本調達に影響も-米国防予算---
2012/02/14-10:35
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012021400230

 【ワシントン時事】米国防総省は13日に発表した2013会計年度国防予算案で、F35戦闘機の開発を優先させ、一部取得を遅らせる方針を明示した。13~17年度までの5年間で179機分の調達を先送りすることで、151億ドル(約1兆1700億円)を節約できるとしている。 13年度のF35取得は当初計画より13機少ない29機(うち空軍仕様19機)にとどめる。開発・調達費用として91億7000万ドルを計上した。
 国防総省は先送りの理由に開発試験促進とともに、予算上の優先順位の方針変更と緊縮財政を挙げている。
 日本は空軍仕様のF35Aを導入するが、米空軍制服組トップのシュワルツ空軍参謀総長は「F35量産化計画の決定時期は未定」としている。調達先送りは米空軍のF35の運用能力にも影響する。日本が17年3月までに有償軍事援助(FMS)で輸入する機体の完成度や単価に影響する可能性がある。 
 オーストラリア、カナダなどF35の共同開発国は3月中旬に豪州でF35の生産計画について協議する予定。


---JSF 'no match' for latest Russian fighters or Chinese radar---
by: Mark Dodd
February 08, 2012 12:00AM
http://www.theaustralian.com.au/national-affairs/defence/jsf-no-match-for-latest-russian-fighters-or-chinese-radar/story-e6frg8yo-1226265180090

THE stealth qualities of the futuristic F-35 Joint Strike Fighter on order for the Royal Australian Air Force are overrated and the plane's combat performance greatly exaggerated, a defence lobby group has claimed.

The complaints by Air Power Australia, longtime critics of the $16 billion JSF acquisition, were made last night before a public hearing of parliament's defence sub-committee.

Latest-generation Russian fighters such as the Sukhoi T-50 would easily defeat the F-35 in air-to-air combat, Air Power's Peter Goon said, referring to recent modelling tests by his organisation.

"The aircraft we are planning to buy is carrying over 2000 pounds (900kg) of dead weight," Mr Goon said, referring to the JSF's big jet engines.

New Russian and Chinese air defence radars would also have little trouble detecting the JSF, a craft touted for its stealth qualities, he added.

The RAAF says it wants 100 US-designed JSFs to replace the decommisioned F-111 strike aircraft, with the first squadron supposed to be operating by 2018.

But the program has been mired in cost overruns and delays.

Last month US Defence Secretary Leon Panetta ordered the purchase of US JSFs to be delayed to allow Lockheed-Martin time to resolve production and technical shortcomings.

The company is contracted to deliver the first two training aircraft in 2014 with another 12 scheduled for 2015-17.

Defence Minister Stephen Smith has said he is now considering an option to order additional F/A-18F Super Hornets to fill any capability gap created by further JSF production delays.


---価格2~3倍? F35調達先送り、同盟国に波紋 豪では計画見直し方針---
2012.1.31 23:15
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120131/amr12013123160003-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】米国防総省による最新鋭ステルス戦闘機F35の調達を一部先送りするとした決定が、同盟国に波紋を広げている。調達先送りに伴い購入価格の高騰が不可避なためだ。オーストラリアは調達計画の見直しを行う方針で、日本もF35の導入見通しが国会審議の焦点になりそうだ。
 豪州のスミス国防相は1月30日の記者会見で、調達計画を見直す考えを示した。豪空軍は調達予定の14機のうち2機の契約を締結、2014年に納入予定だ。15年から3年かけて調達する残る12機については、購入価格が高騰する恐れがあるため見直す方針だ。価格は当初の6500万ドル(約49億円)から「2~3倍になる」(関係者)との見方まである。
 一方、日本政府は16年度に4機、17年度に国内で最終組み立てした4機を導入するとしており、「F35の日本への配備時期に一切変更はない」(田中直紀防衛相)と調達計画の見直しは行わない考えだ。
 だが、田中氏は米側の決定後、神風英男防衛政務官を派遣し米側に詳しい事情を聴く予定だったにもかかわらず、「日程調整がつかない」(日米関係筋)と訪米を白紙に戻すなど混乱は隠しきれない。
 米軍のF35の運用開始は当初予定の17年から19年にずれ込む可能性がある。仮に期限内に納入しても、米軍の運用開始前は米国内条項が適用され、不具合が生じた場合でも部品交換すらできない危険性がある。
 この条項は、対外有償軍事援助(FMS)に関するもの。米政府が価格や納期の決定権を持ち、米国が開発したにもかかわらず、米軍の運用開始前に武器を購入するという国に対しては、部品提供などの支援態勢が整わなくても米政府は免責されると定めている。
 このため、日本が期限内にF35を受け取った場合でも、「未完成品に不具合が生じても米側に過失責任を問えない」(防衛産業関係者)可能性が高い。
 こうした問題について、防衛相経験者の一人は国会審議で取り上げる考えを示している。


---早くも暗雲漂うF35調達=実戦経ず日本引き渡し現実味-米国防総省---
2012/01/27-16:19
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201201/2012012700677

【ワシントン時事】パネッタ米国防長官が26日、国防予算削減計画の中で、最新鋭戦闘機F35の開発を優先し、米軍の調達時期を遅らせると発表したことで、空軍の初期運用能力(IOC)を得ていない、実力未知数の初期型の機体が、日本側に引き渡される可能性が現実味を増してきた。開発見通しが不透明な中で導入に踏み切った日本の調達計画に早くも暗雲が漂っている。
 パネッタ長官は26日の記者会見で、F35について「将来も制空権を握る上で不可欠なものだ」と述べ、次期米軍の主力戦闘機であることに変わりはないと強調した。ただ「大量取得する前に、より多くの試験を完了し開発上の変更を可能にするため調達を遅らせる」と述べ、部隊への機体引き渡しより開発試験を優先させることを明確にした。
 F35をめぐっては、国防総省のF35開発計画担当責任者が「開発試験と生産を同時並行で実施していることが根本的な誤算だ」と批判。開発と生産の同時進行は、付け焼き刃的な計画の修正を繰り返すと見直しを提言していた。 
 カーター国防副長官も26日、「フル生産に入る前に、F35のコストと開発計画の実効性は依然、われわれの懸念材料だ」と語っている。
 米メディアによると、開発チームは昨年11月29日、機体の基本設計に予想以上の問題が見つかり、調達日程を再考するよう勧告することを決めた。
 昨年の段階では、米空軍がIOCを獲得するのは当初の予定より3年遅れ、2016年になる見通しだったが、調達が遅れることで、さらに遅れる可能性がある。防衛省は最初の4機を17年3月までに輸入する。

2012年2月16日木曜日

対シリア対策

対イラン対策から対イラン関係国へと対策が広がる。
 オバマ米大統領は、イラン中央銀行を含む全てのイラン政府の在米資産
を凍結する追加制裁を定めた大統領令に署名した。
 制裁は発動された。昨年12月に成立したイラン制裁法の一環で、核問題
で譲歩しないイランへの圧力を一段と強めた。

 ドイツ検察当局は、独国内でシリアの反体制運動へのスパイ活動を行っ
ていた疑いで男2人をベルリンで逮捕したと発表した。
2人は、過去数年間にわたって、シリア治安当局のために、ドイツ国内の
シリア反体制勢力に対するスパイ活動を行っていた。

イラン連合国(?)の治安悪化を多く報道し、イラン連合の分断を進める。
独がトルコ系移民を受け入れたのは昔の話で、今はシリア系移民のようだ。
レバノンはシリア難民を受け入れ、イスラエルは、反政府宗派を受け入れる
とのこと。
宗教と宗派が入り乱れ、複雑な動きで混乱する。

モサド特有の爆弾とイランの防諜不備を笑いとしたイスラエルのケーブル
TVが作ったCMは、イランを挑発したようだ。
イスラエルは敵国に囲まれているから、諜報技術が進むと言われる。
しかし、敵対ばかりしているわけではないようだ。

イスラエル 対イラン工作


HOT Israeli mossad funny commercial


---サムスン電子:イスラエルのCMでとばっちり---
毎日新聞 2012年2月9日 1時26分(最終更新 2月9日 1時39分)
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20120209k0000m030127000c.html

 【テヘラン鵜塚健、エルサレム花岡洋二】イスラエルで最近放映されたテレビCMが動画投稿サイト「ユーチューブ」に流出し、このCMがイランを侮辱する内容だとしてCMに登場した韓国電機大手「サムスン電子」に対する非難の声がイランで高まっている。イラン国会はサムスン製品の不買運動の検討を始めており、イランで高い販売シェアを誇るサムスンは釈明に追われている。
 問題になったのは、イスラエルのケーブルテレビへの加入を促すCMで、新規加入者は特典としてサムスンのタブレット端末をもらえることを強調している。サムスンのテヘラン事務所は「CMはケーブルテレビ会社が制作したもので、本社とは一切関係がない」と釈明しており、とんだ「とばっちり」を受けた形だ。背景には、韓国政府が米国主導の対イラン経済制裁に同調して、イラン産原油の輸入削減を検討していることもあるとみられる。
 CMでは、イランに潜入したイスラエル情報機関「モサド」の工作員の男が退屈してタブレット端末を操作しているところに、女装した4人組のイスラエル人男性が登場。4人組の一人が工作員から借りたタブレット端末を誤って操作し、背後の核施設で爆発が起きるという筋書きだ。
 この中で4人組の一人が「また謎の爆発か」と驚く場面があり、最近イラン国内でモサドの関与が疑われる不審な爆発事故が相次いだことをちゃかしている。これがイランの防諜(ぼうちょう)体制の甘さをバカにしたものと受け取られた。また、CMの中でイランが砂漠の中の未開の地のように描かれている点も反発を呼んでいる。
 イラン国営放送(電子版)は2日、国会エネルギー委員会のファティプール委員長が、「CMは侮辱的だ。サムスン製品の不買運動を検討している」と語ったことを報じた。


---シリア当局のスパイ2人、ドイツで逮捕---
2012年2月7日22時47分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120207-OYT1T01184.htm

 【ベルリン=三好範英】ドイツ検察当局は7日、独国内でシリアの反体制運動へのスパイ活動を行っていた疑いで男2人をベルリンで逮捕したと発表した。
 逮捕されたのは、ドイツとレバノンの二重国籍の男(47)とシリア国籍の男(34)。発表によると2人は、過去数年間にわたって、シリア治安当局のために、ドイツ国内のシリア反体制勢力に対するスパイ活動を行っていた。


---イスラエル:シリアの武器流出を懸念---
毎日新聞 2012年2月7日 21時12分(最終更新 2月7日 22時09分)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20120208k0000m030071000c.html

 【エルサレム花岡洋二】アサド政権による反体制派の弾圧が激化するシリア情勢について、隣国イスラエルは、内戦状態の混乱に乗じてシリア軍の兵器がレバノンなどの反イスラエル武装勢力に流出する事態を警戒している。イスラエルは1948年の建国以来、シリアと敵対しているが、両国関係は近年「停滞安定」が続いただけに、「アサド後」が見えない中でのシリアの「体制転覆」には不安があるのも本音だ。
 7日付のイスラエル紙ハーレツは防衛当局者の話として、シリアが保有する地対空ミサイルや長距離ロケット砲、さらには生物・化学兵器などの流出が懸念されていると伝えた。
 シリアはイランやロシアなどから資金供与され、戦車や戦闘機のほか、イスラエル全域を射程にとらえるミサイルなどを蓄えてきた。反イスラエルのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラ(レバノン)はシリアを中継してイランからの武器供与を受けている。イスラエルのバラク国防相は「(テロリストを支援する)政権の崩壊は中東全体の恩恵になる」と指摘した。
 ただ、イスラエルが占領するシリア領ゴラン高原では近年、比較的平穏な状態が続き、08年には水面下で和平交渉が進んだ。アサド大統領の外交は現実的で、「抑止力の利く中央集権(アサド政権)である限り事態は管理できる」(イスラエル軍のゴラン司令官)とみられてきた。
 バラク国防相はアサド政権について「今年半ばまで持たない」と崩壊を確実視している。しかし、「アサド後」に反イスラエル色の強い勢力が実権を握ることや、ゴラン高原などに大量の難民が流入してくる可能性もあることから、イスラエルはシリア情勢の行方を慎重に見極めている。


---イラン政府の在米資産凍結、米大統領が追加制裁---
2012年2月7日10時58分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120207-OYT1T00326.htm

 【ワシントン=山口香子】オバマ米大統領は5日、イラン中央銀行を含む全てのイラン政府の在米資産を凍結する追加制裁を定めた大統領令に署名した。
 制裁は6日発動された。昨年12月に成立したイラン制裁法の一環で、核問題で譲歩しないイランへの圧力を一段と強めた。
 オバマ大統領は議会に宛てた書簡で、イラン中銀が、制裁対象の団体や組織が行う金融取引を隠蔽する「偽装工作に関与している」と指摘した。また、イランが引き続き、テロ支援や核開発の資金を捻出するためマネーロンダリング(資金洗浄)を行っていると見て、追加制裁に踏み切ったと説明した。
 米金融機関はこれまでの制裁で、イラン政府が絡む金融取引を拒否することを義務づけられていた。米財務省によると、今回の追加制裁で、米金融機関はイラン政府関連の取引拒否に加え、資産の差し押さえを義務づけられる。制裁法では、イラン中銀と取引のある第三国の金融機関も制裁対象となるが、今回の大統領令では対象とはならない。

2012年2月15日水曜日

防秘漏洩と内部告発

防秘漏洩と内部告発が話題。
 沖縄県宜野湾市長選をめぐる沖縄防衛局による職員の親族調査が共産党の
赤嶺政賢衆院議員の指摘で発覚した問題に関し、局内の連絡メールが暴露
されたことは、防衛省の情報管理能力のずさんさを浮き彫りにした。

防衛省沖縄防衛局局内の連絡メールが、最終的に共産党に漏洩。
衆院予算委員会の共産党「局長講話」質疑が、政府側に漏洩。

キツネとタヌキの化かし合いだが、政府と党が同様なレベルと言うのは
どういうことだろうか。
多重諜報員が、党や政府だけでなく国外機関とも関係があり、情報は
筒抜けかもしれない。

お父ちゃんは、ぺラオだった。

環境影響評価書はチラシの類
二代目パー大臣
お父ちゃんの重荷


---沖縄防衛局長「講話」問題 共産党も情報漏洩に動揺---
2012.2.9 01:12
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120209/stt12020901140000-n1.htm

 沖縄県宜野湾市長選(12日投開票)をめぐり、真部朗(まなべ・ろう)沖縄防衛局長の「講話」やメール情報が共産党に流れたことが防衛省に衝撃を与えたが、実は共産党でも動揺が広がっている。1月31日の衆院予算委員会での赤嶺政賢議員による「爆弾質問」の内容が政府側に漏れていたことが分かったからだ。
 これを暴露したのは田中直紀防衛相だった。赤嶺氏の質問を受け「この委員会に出席をする前に事務次官からこういう質問があるのではないかという指摘をいただき、局としてそういう事実があってはいけないということで調査している」と述べたのだ。
 秘密主義を信条とする共産党にはかなりのショックだった。関係者は「講話問題は機関紙『しんぶん赤旗』にもスクープさせず、赤嶺氏が国会で衝撃的に暴露する戦略だったのに…。明らかに党内から外部に情報が漏れた」と疑心暗鬼を隠さない。
 素人防衛相のうっかり暴露は、共産党の動向をウオッチしてきた公安調査庁など公安当局には大きな痛手となった。ある公安関係者は憤りを隠さない。
 「公安当局は日常的に共産党内の協力者から情報収集しており、赤嶺氏の質問も共産党内の『モニター情報』として事前に政府サイドに伝えられていた。でも決して公表してはいけない機密だ。共産党は緩んだタガを締め直してくるだろうから、今後の情報収集活動に支障が出かねない」


---沖縄防衛局「講話」問題 漏洩先はなぜ共産党だったのか---
2012.2.8 11:26
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120208/plc12020811290015-n2.htm

 沖縄県宜野湾(ぎのわん)市長選をめぐる沖縄防衛局による職員の親族調査が共産党の赤嶺政賢衆院議員の指摘で発覚した問題に関し、局内の連絡メールが暴露されたことは、防衛省の情報管理能力のずさんさを浮き彫りにした。今回漏洩(ろうえい)した情報は、外部流出を禁じた「防衛機密」に該当する内容ではないが、内部情報だけに「保秘」は徹底されているはずだ。それがなぜ、党綱領で「自衛隊の解消」を掲げる共産党に漏洩したのか。(峯匡孝)
 赤嶺氏が1月31日の衆院予算委員会で公表した資料は沖縄防衛局人事係の署名が記されたメール2通で、いずれも防衛省の調査で実在する「真正」と確認された。沖縄防衛局職員から何らかの形で外部に流出したのは間違いない。
 沖縄防衛局職員が直接、共産党に情報を流した可能性も否定できないが、沖縄に詳しい関係者は、沖縄防衛局職員が直接、共産党側に流したのではなく、まず米軍普天間飛行場移設問題で県内移設に反対するグループに情報が漏れ、そこから共産党に流れたのではないかと指摘する。
 さらに、沖縄防衛局は地元採用の職員が約7割と大半を占めていることから、「防衛省に身を置きながら、政府方針を快く思わない職員もいる」(同関係者)という。このため、沖縄防衛局の組織そのものが情報漏洩が起こりやすい危うさを抱えているようだ。防衛省幹部も「真部(まなべ)朗(ろう)局長の『講話』を正当化するつもりはないが、職員に刺された可能性がある」と語る。
 沖縄防衛局は防衛省の出先機関で、局長は中央から赴任してくるキャリア官僚の指定席だ。地元採用の職員が幹部に登用される機会は限られ、「ヤマトンチュー(本土の人)」に牛耳られることに反発も少なくないようだ。
 それにしてもなぜ、漏洩先が共産党なのか。国会関係者は「政府部内でのセクハラとか不正は、職場で告発しても内部で握りつぶされるだけだ。問題を表面化させようと考える人には、共産党なら国会で取り上げてくれるだろうという期待がある」と指摘する。
 自民党と社会党が対決していた55年体制の時代は、とくに沖縄問題については社会党に情報が漏洩することが多かった。しかし、現在の社民党は与党と全面対決しているわけではないことから、「政府の問題を徹底追及してくれる野党は共産党だけ」(同)という実情も背景にあるようだ。

2012年2月14日火曜日

年金増税

年金増税かもしれない。

2014年4月消費税8%(3%増 8兆円相当)の内訳
1.1% 2.9兆円 年金の国庫負担(優先的に配分)
1.4% 3.6兆円 社会保障の財源不足の埋め合わせ
0.5% 1.4兆円は子育て等

2015年10月消費税10%(2%増 5兆円相当)内訳
4.0% 年金の国庫負担や借金の埋め合わせなど社会保障の「安定化」
1.0% 子育てなどの「充実」

社会保障大国と言われたスウェーデンは、付加価値税標準税率25%を徴収
しても、年金制度が破綻すると首相が説明している。
日本の消費税は、年金負担も含めれば25%前後が必要との説もあり、制度
改正が必要と言われる。

日本の国の借金が1000兆円を越え、日本破綻の声が多く聞かれるようになった。
であれば、そもそも年金の皮算用をしたところで、積んでも返ってこない
し、過去に年金資金の運用を失敗した責任は不問か。
積んだ年金を分割で返還し、制度を改正するべきと思う。

政府系ファンド 年金基金運用
年金投資損失 5兆円
公的窃盗団の犯罪は時効
年金運用 損失額過去最大
国の借金、943兆円


---消費増税分を年金に優先配分 政権、8%時の使途固める---
2012年2月8日8時44分
http://www.asahi.com/politics/update/0208/TKY201202070739.html

 野田政権は、2014年4月に消費税を8%に上げるときの3%分(8兆円)の使い道を固めた。1.1%分(2.9兆円)を年金の国庫負担に使うほか、1.4%分(3.6兆円)は社会保障の財源不足の埋め合わせに、0.5%分(1.4兆円)は子育てなどの充実策にあてる。
 これまで政府は、消費税を10%に上げる15年10月時点の5%分の使い道については示していたが、引き上げ途中の14年4月時点の内訳は明らかになっていなかった。
 15年10月時点では、年金の国庫負担や借金の埋め合わせなど社会保障の「安定化」に4%、子育てなどの「充実」に1%を使うことになっている。8%への引き上げ時には、このうち年金の国庫負担に優先的に配分する。年金財源は、12年度予算案では、将来の消費増税から前借りする形で発行する「交付国債」での工面を余儀なくされた。13年度も同様の対応をとる方針で、まず、この財源を消費増税でまかなうのが急務と判断した。


---スウェーデン首相、「75歳まで働いてほしい」 高齢化で年金ピンチ---
2012年02月08日 10:33 発信地:ストックホルム/スウェーデン
http://www.afpbb.com/article/economy/2856250/8425323?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

 【2月8日 AFP】スウェーデンのフレデリック・ラインフェルト(Fredrik Reinfeldt)首相は7日、75歳まで働き続ける可能性に備えるよう国民に求めた。スウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)とのインタビューで語ったもので、企業にも55歳を超えた人々に雇用の機会を開くよう求めた。
 中道右派連合政権を率いるラインフェルト首相は、高福祉国家として知られるスウェーデンでも高齢化が進んだ結果、退職年齢の引き上げなしには年金制度が立ち行かなくなると述べ、50歳以上の雇用の考え方を改め始める必要があると訴えた。 
 スウェーデンは柔軟な定年制度をとっており、61歳で年金を受給し始めるか、67歳まで働き続けるかを労働者自身が選択できる。スウェーデン統計局(Statistics Sweden)によると、2010年に65歳以上のスウェーデン国民のうち7.8%が仕事に就いていた。
 英国、北欧、バルト諸国の首脳が参加して高齢者の就業と女性の起業の促進などについて話し合うフォーラムの開幕を翌日に控えたラインフェルト首相は、平均寿命の伸びに伴ってなんらかの対策が必要だと指摘。年をとって現在の仕事を続けるのが難しくなったときには、年金生活に入るのではなく、体力が弱ってもできる仕事に就くことも検討すべきだと述べた。高齢者が教育機関で職業訓練を受けやすくすることも選択肢の1つとして浮上している。
 ラインフェルト首相の発言に対して、労働組合などから強い反発の声が上がった。国内で最も強い影響力がある「スウェーデン全国労働組合連盟(LO)」は同日、現在の平均退職年齢が約64歳であることを考えると、75歳まで働き続けることなど無理だとウェブサイトで反論した。その一方で、職場環境が改善されれば労働者の健康が保たれ、今よりも長い期間にわたって働き続けられる可能性があると付け加えた。


---年金交付国債、20年で償還 2014年度から毎年3000億円---
2012.2.7 19:44
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120207/fnc12020719440017-n1.htm

 安住淳財務相は7日の参院予算委員会で、2012年度の基礎年金の国庫負担割合を50%に維持するために発行する「年金交付国債」について、消費税率を8%に引き上げる14年度から20年かけて償還する方針を明らかにした。
 安住氏は、13年度も年金交付国債の発行を想定していると表明。12、13両年度で合計約6兆円の交付国債を発行し、「毎年3千億円ずつ、20年かけて支払うことになる」と述べた。公明党の草川昭三氏への答弁。
 政府は、国庫負担割合の維持に必要な2兆6千億円の追加財源がないため、12年度は消費税増税で償還する年金交付国債で穴埋めすることを昨年末に決定。
 現金で賄っていた場合に得られるはずだった4千億円の運用収入相当額を含め、12年度は3兆円程度の交付国債を発行する方針だ。


---年金負担27歳は712万円の赤字 内閣府が世代別試算---
2012/2/ 6 17:32
http://www.j-cast.com/2012/02/06121281.html

 国民年金や厚生年金などの公的年金をもらえる金額から支払った金額を差し引いた生涯収支を世代間で比べると、1985年生まれ(27歳)は712万円の受け取り不足(赤字)になり、1955年生まれ(57歳)以下の世代で支払金額のほうが多くなることが、内閣府経済社会総合研究所の試算でわかった。2012年2月6日付の日本経済新聞が報じた。
 1950年生まれ(62歳)は生涯の保険料の支払金額が1436万円、受取金額は1938万円で502万円の受け取り超過(黒字)になる。しかし、55年生まれ(57歳)世代の収支で数千円のプラスに縮小。それ以下の世代の収支は赤字になり、85年生まれ(27歳)は712万円の赤字になる。20年間年金をもらうと仮定した場合に、月3万円ずつ足りない計算になる。赤字の額はデフレが長引くほど拡大する。
 ただ、企業負担を除いてみた場合、自己負担が約半分として計算すると、90年生まれの人の自己負担額は約960万円。年金受取額は1200万円強なので、まだ制度に加入する恩恵はある。


---年金改革で消費税10%超=野田首相、財源不足認める---
2012年2月4日17時6分
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201202040042.html

 野田佳彦首相は4日、東京・三田の慶応大学で講演し、消費税率を2015年10月に10%に引き上げるとした社会保障と税の一体改革に関し「年金制度の抜本改革、社会保障改革をやっていく中で消費税が増えていく可能性はある」と述べ、税率10%では将来的に財源が不足するとの認識を明らかにした。
 民主党は昨年、最低保障年金を導入して新制度に完全に移行する75年度には、現在想定する消費税率10%に加え、さらに最大で7.1%分が必要との試算をまとめている。首相が税率10%超の必要性を初めて認めたことで、年金抜本改革の財源試算の提示を求める野党の圧力が強まりそうだ。
 同時に首相は、さらなる消費増税の時期について「(新たな年金制度に)移行するまでに40年かかる」と述べ、あくまで将来的な課題と強調。政府・与党の一体改革素案とは切り離して議論すべきだとの考えを示したものだ。
 首相は一体改革について「私の政権の時に結論を出したい。今さえ良ければいいという政治をやっていくわけにはいかない」と述べ、野田政権で実現を期す決意を表明。「一番、安定財源としてカウントできるのが消費税だ」と指摘し、「実現には国民の理解が必要だ。これからも説明の機会をしっかり持っていく」と語った。
 また、民主党が09年マニフェスト(政権公約)に消費増税を記載しなかったことを踏まえ「関連法案を通した後、14年4月に8%に引き上げる方向性をご理解ください、というマニフェストは出さなければいけない」として、消費増税を公約して次期衆院選に臨む考えを示した。

2012年2月13日月曜日

プーチン逃げ切りか

プーチンが逃げ切りかもしれない。
 3月4日のロシア大統領選まで1カ月を切った。復帰を目指す前大統領の
プーチン首相は、昨年12月の下院選の不正疑惑に抗議するデモの活発化
とは対照的に、静かな選挙戦を展開。各候補者とのテレビ討論会を拒絶
した上で、新聞に「政権公約」を次々と寄稿し、持ち直した支持率を
失点なく維持したい考えだ。

資本主義に転向した露も貧困と不法移民が問題となっている。
なぜか、今になって、73才になるリトビネンコの父親が「露に帰国したい」
とテレビを使ってプーチンに呼びかけている。
伊での空腹と寒さと異国での生活に加え、郷土への想いが募ったようだ。
プーチンは「強い軍人」で「寛容な心の持ち主」としてのイメージ作戦で
大統領選に望むとはとても思えない。

アラブの春で、影響力と宣伝効果を挙げたtwitterは、昨年の英国での
暴動のツール化を考慮や米大統領選挙への影響を踏まえて、検閲を始めた。
今年の多くの世界の選挙には影響を与えなくなりそうだ。

プーチン陰謀説 不正で統一ロシア圧勝か
英国で反体制派要人また不審死
英露 暗殺疑惑進展せず
米陸軍 心理作戦疑惑
IMS イングランド暴動拡大へ


Russia: Thousands join anti-Putin march in Moscow


---プーチン氏、静かな戦い=TV討論拒否、政策寄稿―ロ大統領選---
2012年2月5日15時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201202050037.html

 【モスクワ時事】3月4日のロシア大統領選まで1カ月を切った。復帰を目指す前大統領のプーチン首相は、昨年12月の下院選の不正疑惑に抗議するデモの活発化とは対照的に、静かな選挙戦を展開。各候補者とのテレビ討論会を拒絶した上で、新聞に「政権公約」を次々と寄稿し、持ち直した支持率を失点なく維持したい考えだ。
 全ロシア世論調査センターによると、「大統領選で誰に投票するか」との質問にプーチン氏と回答した有権者は、下院選後の12月10~11日の調査で42%だったが、1月28~29日に52%まで上昇した。プーチン氏退陣を訴えるデモの続発にもかかわらず、野党勢力が大統領選の独自候補を擁立できなかったことなどが背景にある。
 政権与党「統一ロシア」は下院選で議席を大幅に失ったものの、選挙戦を率いたのはメドベージェフ大統領で、プーチン氏の責任は限定的。さらに、対抗馬に強敵がいないと見るや、年明け早々「本人はテレビ討論会に出ず、代理人が参加する」(側近)方針を打ち出し、各候補からは「有権者軽視だ」(ミロノフ前上院議長)などの声が上がった。
 その一方で、プーチン氏は1月16日、23日、30日と新聞各紙上に論文を掲載。「今後10年で貧困問題を解決する」「不法移民対策を強化する」などと、有権者受けする政策を発表している。 


---露大統領選:政権の正当性焦点 逃げ切り図るプーチン氏---
毎日新聞 2012年2月5日 12時11分(最終更新 2月5日 13時55分)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20120205k0000e030134000c.html

 【モスクワ田中洋之】ロシア大統領選(3月4日投票)を1カ月後に控え、プーチン首相は反政府デモのうねりにさらされながらも「逃げ切り」で大統領復帰を果たす構えをみせている。だが昨年12月の下院選で浮上した不正疑惑は解消されないままで、プーチン氏にとっては大統領選で政権の「正当性」を確保できるかが大きな課題となっている。
 プーチン首相は1日、選挙監視員候補との会合で「決選投票の準備はできている。恐れることはない」と話し、第1回投票で過半数に届かない可能性に初めて言及した。一方で「(決選投票は)政局の不安定化につながる」と指摘し、あくまで“一発当選”を目指す考えを示した。4日にモスクワ中心部で行われたプーチン支持派の集会では参加者が「ロシアの安定を守れるのはプーチン氏だけだ」と気勢を上げた。
 ロシアの世論調査機関「世論基金」が1月28、29日に実施した調査によると、大統領選でのプーチン氏の支持率は46%。下院選直後の42%から持ち直している。これとは別の「全ロシア世論調査センター」の最新調査では、プーチン氏の支持率は52%と過半数に。政権側が下院選後、地方首長の公選制復活や政党登録条件緩和など一定の政治改革の道筋を示したことがプラスに影響しているようだ。
 大統領候補5人のうち「政権を担えるのはプーチン氏以外にない」という消極的支持もある。ジュガーノフ、ジリノフスキー、ミロノフの3氏は「万年野党の古い政治家」とみなされており、唯一の新顔、プロホロフ氏も新興財閥として国民の拒否反応が強い。民間世論調査機関「レバダセンター」の1月下旬の調査によるとプーチン氏の支持率は37%だが、「大統領になるのはプーチン氏」と考える人は78%に上った。
 プーチン首相は1日の会合で、「大統領選は公正かつオープンに行われ、結果は客観的なものになる」と強調した。投票所へのウェブカメラ設置や透明な投票箱の導入を打ち出し、下院選の不正疑惑が大統領選に波及しないよう配慮している。下院選では特に地方で与党「統一ロシア」を利するための露骨な選挙違反が目立ったが、ボロージン大統領府副長官は今回、地方首長に不正を戒める通達を出したとされる。
 しかし、政権側が下院選で批判を浴びたチューロフ中央選管委員長を留任させたことで、国民の多くが選管への信頼を失っている。リベラル系野党ヤブロコのヤブリンスキー前代表が有権者200万人の署名を集めたにもかかわらず、選管が名簿の不備を理由に大統領選への立候補を却下したことへの反発も根強い。レバダセンターの世論調査によると、大統領選が「公正に行われる」と答えた人は49%にとどまった。大統領選で不正行為が相次ぐ事態になれば、プーチン氏が当選しても「正当性」が揺らぐのは避けられない。


---毒殺された元露中佐、英のスパイだった…父謝罪---
2012年2月3日23時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120203-OYT1T01155.htm

 【モスクワ=寺口亮一】ロシアの国営第1チャンネルは1日、2006年にロンドンで毒殺された露連邦保安局(FSB)元中佐アレクサンドル・リトビネンコ氏の父ワリテル氏(73)が、元中佐が英国のスパイだったことを認め、暗殺に関与したとして露政府を批判したことを謝罪するインタビューを放映した。
 ワリテル氏は移住先のイタリアで、元中佐を「裏切り者の息子」と呼び、「祖国よ、許してほしい」と露政府に帰国支援を求めた。
 英スパイ説を否定していたワリテル氏が態度を一転させたのは、「元中佐は英国のために働いていた」と元中佐の妻が告白したためだという。
 元中佐暗殺を巡っては、英当局がロシア人ビジネスマン、アンドレイ・ルゴボイ氏(現下院議員)を容疑者と断定したが、ロシアは憲法規定を理由に身柄引き渡しに応じていない。


---Twitter、“検閲開始”ではないと説明---
2012年01月30日 07時32分 UPDATE
[佐藤由紀子,ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1201/30/news022.html

Twitterのアップデートは検閲の開始だとする抗議が広がる中、同社があらためてアップデートについて説明した。
米Twitterは1月27日(現地時間)、前日に発表したアップデートに対し、多くの質問が寄せられたとして、さらなる説明を追加した。
 同社は前日、政府当局がその国の法律の下でユーザーアカウントやツイートの差し止めを求めた場合、その法が有効な地域でのみ差し止め、ツイートは他の地域では表示されるようにしたと説明した。だが、これを幾つかのメディアブログが「Twitterがツイートの検閲を開始する」「Twitterがツイートをフィルターする」と解釈した投稿をしたことなどから、混乱が生じていた。
 国境なき記者団(RSF)は27日、Twitterのジャック・ドーシーCEO宛に「国家の法の下でのツイートの検閲を可能にするという新ポリシーの発表に深い懸念を表明する」という公開書簡を送った。また、「#TwitterBlackOut」というハッシュタグで、検閲に反対して24時間ツイートを自粛する運動も展開された。
 これに対しTwitterは「コンテンツを保留する方法をこれまでより柔軟にする新アプローチは、表現の自由・透明性・責任に関して、また、ユーザーにとって良いことだ。これまでより多くの地域でツイートを保持できるようになるだけでなく、われわれが表現の自由を守っているかどうかをユーザーが確認できる」と説明する。
 公開前のツイートをフィルタリングするのかという疑問に対しては、1日当たり10億以上投稿されるツイートをフィルタリングすることは「望ましくないし、非現実的だ」として否定。要請があり、それが合法であると判断した場合にのみコンテンツを保留するという説明を繰り返した。
 なぜこのタイミングでアップデートしたのかという疑問には、タイミングには特に意味はなく、取り組んできた新機能が完成したから公開したとしている。ネット上では、中国進出を狙ったものではないかという憶測も飛んでいた。同社の法律顧問を務めるアレックス・マクギリブレイ弁護士は米Wall Street Journalのインタビューで、このアップデートは「中国とは関係ない」と語った。


---Murdered Russian spy Alexander Litvinenko branded a 'traitor' by his own father who begs forgiveness from Putin---
By Will Stewart
Last updated at 11:15 AM on 3rd February 2012
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2095783/Murdered-Russian-spy-Alexander-Litvinenko-branded-traitor-father.html?ito=feeds-newsxml

Spy's father claimed he was killed on authority of Russian government
Valter Litvinenko begs for forgiveness for accusation against Vladimir Putin
He brands his own son 'a disgrace to the family'

Dissident Russian agent Alexander Litvinenko was yesterday branded a 'traitor' by his own father.

Litvinenko, 43, is believed to have been murdered by radioactive polonium-210 in 2006 after his tea was spiked at a top hotel.

As he lay in agony on his death bed, he blamed Vladimir Putin - an accusation echoed at the time by his father Valter, now 73.

But yesterday the pensioner begged forgiveness for the charge and accused his son of being a 'traitor' and a British spy.

The attack on his own son - and a stunning volte face - comes as Valter, a widower, bids to win back the support of the Putin regime so he can return to Russia after a period of exile in Italy.

In 2006, Valter had said of his son's death: 'I have no doubt that it was done by the secret services on the authority of Vladimir Putin.'

He begged Russian TV: 'Help me, an old man, to get back to my country.'

He said he suddenly realised his son's treachery 'like a click in my head' following revelations that he was paid by the British secret services after acting as a consultant on Russian organised crime.

'I ask you to forgive me, my motherland, forgive me for God's sake!' said a tearful and emotional Valter Litvinenko on state controlled Russian television.

His son - a Putin enemy who fled Moscow for London - was 'a disgrace to me, to all of our family', he said.

Litvinenko Senior accused prominent exiles in London of using him for their own ends to blacken the Russian premier's name.

There was no immediate reaction from the Russian authorities on whether he would be welcomed back.

Scotland Yard's main suspect in its murder probe is Russian MP and ex-secret services agent Andrey Lugovoi. Russia has refused to extradite him to face murder charges.

Last week MI5 and MI6 were ordered to hand over any secret documents concerning their alleged relationship with Mr Litvinenko.

The evidence will form part of a wide-ranging investigation into allegations that Mr Litvinenko was killed by the Russian state while he was working for the British security services.

The request has been made by Dr Andrew Reid, the St Pancras coroner, who is conducting the inquest into Mr Litvinenko’s death.

He has agreed to consider allegations that Mr Litvinenko was murdered because of his outspoken criticism of Vladimir Putin.


---Litvinenko's father apologises for accusing Russia---
2 February 2012 Last updated at 18:37 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-16859830

The father of poisoned former Russian spy Alexander Litvinenko has said he regrets blaming Russia's secret services for his son's death in 2006.

Speaking at his current home in Italy, a sobbing Valter Litvinenko told Russian TV he wanted back to Russia.

"Forgive me, my Motherland, for God's sake," the 73-year-old said. "Help me, an old man, to return to his country."

Previously, he had blamed his son's death on the government of then Russian President Vladimir Putin.

Alexander Litvinenko's death from poisoning by radioactive polonium-210 sparked a diplomatic battle between the UK and Russia.

Moscow has refused to extradite one of its intelligence agents, Andrei Lugovoi, whom the UK suspects of a role in the poisoning.
'Traitors are to be killed'

In the new interview, said by Russia's Channel One to have been recorded recently at his rented home in an Italian village, Valter Litvinenko appears distraught, complaining that he is cold and hungry.

Few of the recent widower's remarks could be heard in the channel's video report.

However excerpts said to be from the same interview were translated and quoted at length by Russia's international broadcaster, RT.

In these, Valter Litvinenko said that if he had known his son had gone on to work for British intelligence, he would not have defended him.

"He might as well have been killed by Russian secret services," he was quoted as saying by RT.

"They had a right to do it because traitors are to be killed. Back then I was convinced he was not a traitor but I am not so sure now, so I won't draw any conclusions."

He explained that he had blamed the Russian authorities because he had been "guided only by anger" over his son's death.

According to RT, Valter Litvinenko said he regretted "his participation in the smear campaign against Russia in general and [current] Prime Minister Putin in particular".

Alexander Litvinenko, 43, fell ill shortly after drinking tea during a meeting at a West End hotel with Mr Lugovoi and another Russian agent.

Three weeks later, on 23 November 2006, he died of radioactive polonium-210 poisoning in London's University College Hospital.

2012年2月12日日曜日

国情院機密 JOEX経由で北朝鮮へ

国情院機密がJOEX経由で北朝鮮へ流れたようだ。
 日本で情報収集活動を行ってきた国家情報院の職員が、8件の機密を
漏えいしたとして解任されたことが分かった。国情院によると、これらの
機密の一部は北朝鮮の情報要員の手に渡っていたという。

国情院
2009年6月 朝鮮総連崩壊目的で、在日韓国大使館に国情院海外情報官4級
      のC氏を派遣。
20009年10月-2011年2月 日本のメディア関係者や市民団体に機密を漏えい。
2009年10月 海保調査官と会い、情報提供
      「中井洽国家公安委員長に会う」
      「ファン・ジャンヨプ氏が12月ごろ日本にやって来る予定」
       ↓
      日本の民放テレビ記者
       ↓
      マレーシア駐在の北朝鮮偵察総局所属の工作員
2010年7月 日本の日刊紙記者へ情報提供
     「(金賢姫〈キム・ヒョンヒ〉元死刑囚の訪日をめぐり)
      中井委員長が田口八重子さん(北朝鮮拉致被害者)の生存情報
      を伝えた」
2010年10月 テレビ朝日記者へ電話や携帯メール等でへ情報提供
      「北朝鮮は軍事施設を狙ったと思う。ただし性能がよくな
       かったため、命中はしなかった」
       ↓
      北朝鮮のスパイ
2011年2月 日本の日刊紙記者へ情報提供(?)
     「日本の外相が外務省の担当者をコンゴに派遣し、現地で
      北朝鮮の担当者と接触させた」
       ↓
      北朝鮮のスパイ

国情院の情報漏えい見解
4級国情院海外情報官→日本人日刊紙記者→北朝鮮工作員
4級国情院海外情報官→テレビ朝日記者 →北朝鮮工作員

4級国情院海外情報官
「北朝鮮工作員に流れた情報は事実上、機密とはいえないもので、また
 通常の情報収集活動で出どころが隠されたものが北朝鮮に渡ったという
 理由だけで解任するのは不当」
「国情院は懲戒処分について事前に通知してこなかった。これは正式な
 手続きに反しているため、懲戒権の乱用に当たる」

コメンテータが、放送番組内で韓国に対馬が乗っ取られると騒ぎ、韓国
大使館から結果的に番組を降板させられた頃の話のようだ。
JOEXだけが、韓国情報が詳細だったり、「我が軍」とテロップを放映したり
と、どこの国の放送局と言われていた頃の話。

JOEXだけが、提供先として開示されているが、関係が切れたと言うことか。
日刊紙の非開示だから、未だに関係が続いていると言うことだろうか。

産経グループも金正男との頻繁な行き来から、韓国では、日本の公安が
後ろ盾になっていると言われた。

解散騒動に始まり、紅白で有名になった韓流アイドルの関係者が、日本国
内での北朝鮮との関係を一部で問われている。日本、韓国、北朝鮮ともに
不要としたのだろうか。

国情院は、漏洩した情報が北朝鮮に渡っていることを確認しており、
防諜対策を行う。マスメディアも加工された情報をスクープとして、
提供することが続けば、周囲が気付くはず。
金のために道徳を売ったと言うことか。

金正雲写真要求金額
新華社前局長 懲役確定
イラン BBCはMI6メディア
中国経由で弾道ミサイル技術取引
北朝鮮 非核でリビア空爆


---韓国:情報機関職員が日本に機密漏らす…朝鮮日報報道---
毎日新聞 2012年2月8日 1時27分
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20120208k0000m030113000c.html

 【ソウル西脇真一】韓国有力紙、朝鮮日報(電子版)は7日、在日韓国大使館に派遣された韓国の情報機関、国家情報院の職員が、日本の記者や海上保安庁職員らに機密を漏らしたとして摘発され、昨年6月に解雇されたと報じた。国家情報院は機密の一部が北朝鮮側にも流出していたとみているという。
 報道によると、元職員が漏らした機密は8件で、97年に北朝鮮から韓国に亡命した黄長※(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記の訪日日程など。日本人拉致被害者の田口八重子さんに関する情報を日刊紙記者に伝え、10年11月の北朝鮮による延坪島砲撃事件に関する分析を民放テレビ局の記者に伝えていたという。
 解任を不服とした元職員が5日にソウルの裁判所に解任無効の訴えを起こし、明らかになった。元職員は「内容は機密とは言えない」などと抗議しているという。元職員は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)などの担当として09年6月に日本へ派遣されていた。
※は火へんに華


---国情院職員が北朝鮮に機密を漏えいか---
2012/02/07 09:31
チェ・ヨンジン記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/07/2012020700649.html

ファン・ジャンヨプ氏の訪日など8件が流出
4級職員が解任を不服として裁判所に提訴
「北朝鮮に渡った情報は機密ではない」

 日本で情報収集活動を行ってきた国家情報院の職員が、8件の機密を漏えいしたとして解任されたことが分かった。国情院によると、これらの機密の一部は北朝鮮の情報要員の手に渡っていたという。
 国情院は在日本朝鮮人総連合会(以下、朝鮮総連)の組織を崩壊させるため、2009年6月から在日韓国大使館に国情院海外情報官4級のC氏を派遣した。ところがC氏は09年10月から11年2月にかけて、日本のメディア関係者や市民団体に機密を漏えいしたとして摘発された。
 C氏は2009年10月に日本の海上保安庁調査官E氏に会い「中井洽国家公安委員長に会う」「ファン・ジャンヨプ氏が12月ごろ日本にやって来る予定」などの情報を漏らした。
 国情院の調べによると、これらの情報は日本の民放テレビ記者を通じ、マレーシア駐在の北朝鮮偵察総局所属の工作員に伝えられたという。偵察総局はファン・ジャンヨプ氏の暗殺や、哨戒艦「天安」爆沈を行った北朝鮮の対南工作機関だ。
 国情院によると、C氏は2010年7月にも日本の日刊紙記者A氏に「(金賢姫〈キム・ヒョンヒ〉元死刑囚の訪日をめぐり)中井委員長が田口八重子さん(北朝鮮拉致被害者)の生存情報を伝えた」と述べ、さらに11年2月には「日本の外相が外務省の担当者をコンゴに派遣し、現地で北朝鮮の担当者と接触させた」などと語ったという。国情院はこれらの情報も北朝鮮のスパイに伝わったとにらんでいる。田口八重子さんは1978年に北朝鮮に拉致され、81年から2年間、金賢姫元死刑囚に日本語を教えたとされている。
 2010年10月に北朝鮮が延坪島を砲撃した際、C氏はテレビ朝日のC記者と電話や携帯メールなどで「北朝鮮は軍事施設を狙ったと思う。ただし性能がよくなかったため、命中はしなかった」と述べた。この内容も北朝鮮スパイに伝えられたことが分かっている。
 国情院はC氏と親しい日本人記者A氏が随時、北朝鮮工作員に情報を伝えていた事実を把握し、直後からC氏に対する調査を行っていたという。
 これら一連の事実は、C氏が解任を不服とし、5日にソウル行政裁判所に解任無効の訴えを起こしたことで明らかになった。国情院は昨年6月にC氏を解任し、C氏の直属の上司など3人も、国情院長名義の警告処分を受けていた。
 これに対してC氏は「北朝鮮工作員に流れた情報は事実上、機密とはいえないもので、また通常の情報収集活動で出どころが隠されたものが北朝鮮に渡ったという理由だけで解任するのは不当」「国情院は懲戒処分について事前に通知してこなかった。これは正式な手続きに反しているため、懲戒権の乱用に当たる」などと主張している。


---元国家情報院長、「日本誌に秘密漏らした」と謝罪---
JUNE 11, 2011 03:06
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2011061146568

 日本の月刊誌への寄稿文で職務上秘密を漏らした容疑で検察の捜査を受けている金萬福 (キム・マンボク)元国家情報院長(写真)が、国家情報院(国情院)創設50周年を迎え、国民に対し謝罪した。
 金元院長は10日、ソウル中央地検の記者室に配った「国民の皆様に捧げる謝罪文」と題した報道資料で、「最近、南北関係を巡る私の投稿や発言によって失望や衝撃を受けられたことに対し、苦悩と悔悟(過ちを反省し悟ること)の惨憺たる気持ちだ」と明らかにした。また「国家情報機関のトップを経験した者として、秘密厳守の義務を守らなかった過ちを犯し、国家安定に向け一生を捧げた国情院出身の方々に大きな失望を与えた」とし、「今後、真なる国や民族のための道が何であるかについて悩み、慎重に振舞いたい」と書いた。
 しかし金元院長は、「世間から親北左派と罵倒され、残念でならない」と言い、「私は天安(チョンアン)艦沈没事件は北朝鮮の仕業ではないと主張したことがなく、延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件についても決して北朝鮮をかばったことなどない」と主張した。
 金元院長は、日本の月刊誌「世界」の今年2月号に「紛争の海、西海(ソヘ)を平和や繁栄の海にするため」と題した投稿文を通じて、07年10月の南北首脳会談で「西海平和地帶」の建設に合意する過程を紹介するなかで未公開の内容を公開し波紋を呼んだ。
 投稿文の中で「当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が、西海平和地帶構想を明らかにしたが、難色を示した金正日(キム・ジョンイル)総書記が軍部と話した後、受け入れた」と明らかにした。また「現政府に入り、西海が『戦争の海』へと変わった」とも主張した。国情院は今年1月、金元院長が職務上秘密を漏らしたとして検察に告発した。

2012年2月11日土曜日

石原一門 金がかかるんだったら殺してしまえ

石原一門の教育は師から弟子へ引き継いだようだ。
 石原伸晃幹事長はBS朝日番組で、病院で腹部に開けた穴から栄養剤を
送る「胃ろう」の措置を見学した際の感想として「意識がない人に管を入
れて生かしている。(病院で)何十人も寝ている部屋を見せてもらった時に
何を思ったかというと(映画の)エイリアンだ。人間に寄生しているエイリ
アンが人間を食べて生きているみたいだ」と発言した。

石原慎太郎も1990年に施設を訪問した際に、
「意識して淘汰するんだろう(意訳)」
と重度障害者の人格否定をしている。

石原伸晃は、定例記者会見の質疑で、否定している。
本当の問題は、「エイリアン」と言う表現ではなく、施設で介護されて
いる病人の命を金で評価すること。
「絶対戻らない。(看護士や介護師が問いかけても)反応は無いんです。
こんなことやったらお金かかるんです。幾らくらいかかるんですかと聞い
たら、月60万です。これは、医療は大変だぞ」

「金がかかるんだったら殺してしまえ」と笑いながら言えることなのか。
命の尊厳は、与える方と受ける方ではかなり異なる。
病人を施設にあずける側のことも配慮すべきだろう。

金を問題にするのであれば、臓器移植はもっと金がかかるのに、なぜ、
法案に反対しないのか。
野田聖子や河野太郎は家族を早く殺せば良いと思っているのか。

石原一門は、命を金で評価するのであれば、これから医療を受けなければ
良いだろう。東電から寄付をもらっても、まだ、足りないか。

臓器提供拒否登録大幅増
臓器移植ブーム終焉か
倒閣対策は東海地震
東電公害病の加担者


自民党・石原幹事長 胃瘻について


石原伸晃幹事長 定例記者会見(2012.2.7) 5:40頃


---石原幹事長「エイリアンみたい」 「胃ろう」措置見学で---
2012年2月6日 20時27分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012020601002212.html

 自民党の石原伸晃幹事長は6日のBS朝日番組で、病院で腹部に開けた穴から栄養剤を送る「胃ろう」の措置を見学した際の感想として「意識がない人に管を入れて生かしている。(病院で)何十人も寝ている部屋を見せてもらった時に何を思ったかというと(映画の)エイリアンだ。人間に寄生しているエイリアンが人間を食べて生きているみたいだ」と発言した。
 終末期医療が抱える問題点を説明する意図があったとみられるが、SF映画のエイリアンへの例えは患者家族らの批判を招く可能性がある。


---終末期胃ろう「治療差し控えも」…老年医学会---
2012年1月29日03時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120128-OYT1T00924.htm

 日本老年医学会(理事長・大内尉義(やすよし)東大教授)は28日、高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給について、「治療の差し控えや撤退も選択肢」との見解を示した。
 終末期医療に対する同学会の基本的な考え方を示す「立場表明」の改訂版に盛り込まれ、同日の理事会で承認された。
 「立場表明」は2001年に策定されたが、その後の実態に即したものにするため、10年ぶりに改訂された。近年、口から食べられない高齢者に胃に管をつないで栄養を送る胃ろうが普及。病後の体力回復などに効果を上げる反面、欧米では一般的でない、認知症末期の寝たきり患者などにも広く装着され、その是非が議論になっている。
 改訂版では、胃ろうなどの経管栄養や人工呼吸器の装着に対する見解が初めて盛り込まれた。高齢者に最善の医療を保障する観点からも、「患者本人の尊厳を損なったり、苦痛を増大させたりする可能性があるときには、治療の差し控えや撤退も選択肢」とし、「患者の意思をより明確にするために、事前指示書などの導入も検討すべき」とした。

2012年2月10日金曜日

震災信仰は続く

東大地震研が地震発生確率引下げた。
 東大地震研究所のチームは、東京や神奈川、千葉など南関東でM7級の
首都直下型地震が起こる確率が、今後4年以内に50%以下との試算をまと
めた。昨年9月の時点では同70%だったが、昨年9月中旬から12月までに
観測した地震データを加えて計算し直した。

2011年9月地震研究所談話会で東大地震研が発表。
しかし、読売新聞が4ヶ月も経ってから報道した。
さらに、地震研サイトでは、記事には、「正確でない表現」や「記述不足」
があったとしている。
京大は、「5年以内に28%」としている。

震災ブーム(?)とも呼ぶべき時期は、周期的に起きる。
予知確率を上げると宣言した時もあれば、予知は不可と報告する時もある。
時期も時期だけに、やっぱり、報道を利用した研究所の資金集めなのだろう。

数字で一喜一憂するテレビの中の人達も資金集めに一役買っている。
数字と捉え方は人それぞれで面白い。
・7割だから、必ず来ると言う人
・近い将来くるかもしれないと言う人

地震の発生確率は、即時の発生から、4年後に発生しない確率でも生活に
とってはなんら変わるものではない。震災が発生することを願う宗教を
信仰するのではなく、発生した際に、怪我しないようにとか無事の確認が
できるような対策を考えた方が良いと思う。
震災信仰は、キリスト教の一部の宗派のように、「神が人に罰を与える
ために災いを起こした」と言うのは少し異なるようだ。

オバマ 絶縁宣言
マケイン 支持した牧師を取消し
マケインが支持した牧師
震研の資金集め


---首都直下のM7級「4年内に50%以下」 東大再計算---
2012/2/5 18:59
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E2E1E2E3E58DE2E7E2E0E0E2E3E086989FE2E2E2

地震研、昨年9月の70%から
 東京大学地震研究所のチームは、東京や神奈川、千葉など南関東でマグニチュード(M)7級の首都直下型地震が起こる確率が、今後4年以内に50%以下との試算をまとめた。昨年9月の時点では同70%だったが、昨年9月中旬から12月までに観測した地震データを加えて計算し直した。確率は変わったが平田直教授は「数値に一喜一憂せず、家具の転倒防止を徹底するなど地震に備えることが大事」と話す。


---首都圏M7級地震、京大は「5年以内に28%」---
2012年2月1日7時53分

 首都圏直下型地震について、京都大防災研究所の研究者が1月時点で、マグニチュード(M)7以上の地震が起きる確率を計算したところ5年以内に30%弱となった。東京大の研究者が昨秋までのデータで試算した4年以内に70%より低いが、注意は必要だという。
 京大防災研の遠田晋次准教授は、昨年3月11日~今年1月21日までに首都圏で起きたM3以上の地震を気象庁の観測データから抽出。余震活動の減り方の計算式や、規模が大きい地震ほど発生頻度が低いという法則を組み合わせて、統計的に求めた。
 その結果、M7以上の地震が起きる確率は、5年以内に28%、30年以内で64%となった。大震災が起きず、今も地震活動は震災前の水準が続いていると仮定した場合の発生確率は30年以内で44%と試算された。


---2011年東北地方太平洋沖地震による首都圏の地震活動の変化について(抜粋)---
更新:1月31日3時
開設:1月23日22時
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201103_tohoku/shutoseis/

 このサイトを作成したのは,詳しい背景説明を,報道や一般の方から求められたためです(1月23日22時開設).本サイトでは以前から,需要に応じてこういった活用を行っています.その後,1月29日に『試算結果に含まれる誤差』などを追記しました.1月31日には,本段落を追加し,『はじめに』の記述を修正しました.

はじめに
 ここでは,2012年1月23日読売新聞朝刊の報道についてのみ言及します.記事には,情報の発信者である平田直教授の伝え方,あるいは記事の書かれ方のいずれかの問題によって,次の四点の正確でない表現や記述不足がありました.ここではそれらを訂正・追記します.なお,以下では東北地方太平洋沖地震を東北地震と略記します.(本段落の記述が,記事の書かれ方のみに起因する問題,ととれる表現であったため,1月31日に加筆・修正しました. 文責:大木聖子)
・「同研究所の平田直教授らは(中略)マグニチュードが1上がるごとに、地震の発生頻度が10分の1になるという地震学の経験則を活用し、今後起こりうるM7の発生確率を計算した」という説明は正確ではない.正確には「地震調査委員会の『余震の確率評価手法』を東北地震による首都圏の誘発地震活動に適用し、今後誘発されて起こりうるM7の発生確率を計算した」.
・前記の正確でない表現により,結果的に島崎邦彦・予知連会長による「試算の数値は、今の時点での『最大瞬間風速』」というコメントも適切な表現になっていない.
・試算の対象である東北地震の誘発地震活動と,いわゆる首都直下地震を含む定常的な地震活動との関連性はよくわかっていないので,後半の平田教授のコメントのように両者を単純に比較することは適切でない.
・試算結果の数値に大きな誤差やばらつきが含まれている点について記述がない.