2012年2月13日月曜日

プーチン逃げ切りか

プーチンが逃げ切りかもしれない。
 3月4日のロシア大統領選まで1カ月を切った。復帰を目指す前大統領の
プーチン首相は、昨年12月の下院選の不正疑惑に抗議するデモの活発化
とは対照的に、静かな選挙戦を展開。各候補者とのテレビ討論会を拒絶
した上で、新聞に「政権公約」を次々と寄稿し、持ち直した支持率を
失点なく維持したい考えだ。

資本主義に転向した露も貧困と不法移民が問題となっている。
なぜか、今になって、73才になるリトビネンコの父親が「露に帰国したい」
とテレビを使ってプーチンに呼びかけている。
伊での空腹と寒さと異国での生活に加え、郷土への想いが募ったようだ。
プーチンは「強い軍人」で「寛容な心の持ち主」としてのイメージ作戦で
大統領選に望むとはとても思えない。

アラブの春で、影響力と宣伝効果を挙げたtwitterは、昨年の英国での
暴動のツール化を考慮や米大統領選挙への影響を踏まえて、検閲を始めた。
今年の多くの世界の選挙には影響を与えなくなりそうだ。

プーチン陰謀説 不正で統一ロシア圧勝か
英国で反体制派要人また不審死
英露 暗殺疑惑進展せず
米陸軍 心理作戦疑惑
IMS イングランド暴動拡大へ


Russia: Thousands join anti-Putin march in Moscow


---プーチン氏、静かな戦い=TV討論拒否、政策寄稿―ロ大統領選---
2012年2月5日15時6分
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201202050037.html

 【モスクワ時事】3月4日のロシア大統領選まで1カ月を切った。復帰を目指す前大統領のプーチン首相は、昨年12月の下院選の不正疑惑に抗議するデモの活発化とは対照的に、静かな選挙戦を展開。各候補者とのテレビ討論会を拒絶した上で、新聞に「政権公約」を次々と寄稿し、持ち直した支持率を失点なく維持したい考えだ。
 全ロシア世論調査センターによると、「大統領選で誰に投票するか」との質問にプーチン氏と回答した有権者は、下院選後の12月10~11日の調査で42%だったが、1月28~29日に52%まで上昇した。プーチン氏退陣を訴えるデモの続発にもかかわらず、野党勢力が大統領選の独自候補を擁立できなかったことなどが背景にある。
 政権与党「統一ロシア」は下院選で議席を大幅に失ったものの、選挙戦を率いたのはメドベージェフ大統領で、プーチン氏の責任は限定的。さらに、対抗馬に強敵がいないと見るや、年明け早々「本人はテレビ討論会に出ず、代理人が参加する」(側近)方針を打ち出し、各候補からは「有権者軽視だ」(ミロノフ前上院議長)などの声が上がった。
 その一方で、プーチン氏は1月16日、23日、30日と新聞各紙上に論文を掲載。「今後10年で貧困問題を解決する」「不法移民対策を強化する」などと、有権者受けする政策を発表している。 


---露大統領選:政権の正当性焦点 逃げ切り図るプーチン氏---
毎日新聞 2012年2月5日 12時11分(最終更新 2月5日 13時55分)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20120205k0000e030134000c.html

 【モスクワ田中洋之】ロシア大統領選(3月4日投票)を1カ月後に控え、プーチン首相は反政府デモのうねりにさらされながらも「逃げ切り」で大統領復帰を果たす構えをみせている。だが昨年12月の下院選で浮上した不正疑惑は解消されないままで、プーチン氏にとっては大統領選で政権の「正当性」を確保できるかが大きな課題となっている。
 プーチン首相は1日、選挙監視員候補との会合で「決選投票の準備はできている。恐れることはない」と話し、第1回投票で過半数に届かない可能性に初めて言及した。一方で「(決選投票は)政局の不安定化につながる」と指摘し、あくまで“一発当選”を目指す考えを示した。4日にモスクワ中心部で行われたプーチン支持派の集会では参加者が「ロシアの安定を守れるのはプーチン氏だけだ」と気勢を上げた。
 ロシアの世論調査機関「世論基金」が1月28、29日に実施した調査によると、大統領選でのプーチン氏の支持率は46%。下院選直後の42%から持ち直している。これとは別の「全ロシア世論調査センター」の最新調査では、プーチン氏の支持率は52%と過半数に。政権側が下院選後、地方首長の公選制復活や政党登録条件緩和など一定の政治改革の道筋を示したことがプラスに影響しているようだ。
 大統領候補5人のうち「政権を担えるのはプーチン氏以外にない」という消極的支持もある。ジュガーノフ、ジリノフスキー、ミロノフの3氏は「万年野党の古い政治家」とみなされており、唯一の新顔、プロホロフ氏も新興財閥として国民の拒否反応が強い。民間世論調査機関「レバダセンター」の1月下旬の調査によるとプーチン氏の支持率は37%だが、「大統領になるのはプーチン氏」と考える人は78%に上った。
 プーチン首相は1日の会合で、「大統領選は公正かつオープンに行われ、結果は客観的なものになる」と強調した。投票所へのウェブカメラ設置や透明な投票箱の導入を打ち出し、下院選の不正疑惑が大統領選に波及しないよう配慮している。下院選では特に地方で与党「統一ロシア」を利するための露骨な選挙違反が目立ったが、ボロージン大統領府副長官は今回、地方首長に不正を戒める通達を出したとされる。
 しかし、政権側が下院選で批判を浴びたチューロフ中央選管委員長を留任させたことで、国民の多くが選管への信頼を失っている。リベラル系野党ヤブロコのヤブリンスキー前代表が有権者200万人の署名を集めたにもかかわらず、選管が名簿の不備を理由に大統領選への立候補を却下したことへの反発も根強い。レバダセンターの世論調査によると、大統領選が「公正に行われる」と答えた人は49%にとどまった。大統領選で不正行為が相次ぐ事態になれば、プーチン氏が当選しても「正当性」が揺らぐのは避けられない。


---毒殺された元露中佐、英のスパイだった…父謝罪---
2012年2月3日23時12分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120203-OYT1T01155.htm

 【モスクワ=寺口亮一】ロシアの国営第1チャンネルは1日、2006年にロンドンで毒殺された露連邦保安局(FSB)元中佐アレクサンドル・リトビネンコ氏の父ワリテル氏(73)が、元中佐が英国のスパイだったことを認め、暗殺に関与したとして露政府を批判したことを謝罪するインタビューを放映した。
 ワリテル氏は移住先のイタリアで、元中佐を「裏切り者の息子」と呼び、「祖国よ、許してほしい」と露政府に帰国支援を求めた。
 英スパイ説を否定していたワリテル氏が態度を一転させたのは、「元中佐は英国のために働いていた」と元中佐の妻が告白したためだという。
 元中佐暗殺を巡っては、英当局がロシア人ビジネスマン、アンドレイ・ルゴボイ氏(現下院議員)を容疑者と断定したが、ロシアは憲法規定を理由に身柄引き渡しに応じていない。


---Twitter、“検閲開始”ではないと説明---
2012年01月30日 07時32分 UPDATE
[佐藤由紀子,ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1201/30/news022.html

Twitterのアップデートは検閲の開始だとする抗議が広がる中、同社があらためてアップデートについて説明した。
米Twitterは1月27日(現地時間)、前日に発表したアップデートに対し、多くの質問が寄せられたとして、さらなる説明を追加した。
 同社は前日、政府当局がその国の法律の下でユーザーアカウントやツイートの差し止めを求めた場合、その法が有効な地域でのみ差し止め、ツイートは他の地域では表示されるようにしたと説明した。だが、これを幾つかのメディアブログが「Twitterがツイートの検閲を開始する」「Twitterがツイートをフィルターする」と解釈した投稿をしたことなどから、混乱が生じていた。
 国境なき記者団(RSF)は27日、Twitterのジャック・ドーシーCEO宛に「国家の法の下でのツイートの検閲を可能にするという新ポリシーの発表に深い懸念を表明する」という公開書簡を送った。また、「#TwitterBlackOut」というハッシュタグで、検閲に反対して24時間ツイートを自粛する運動も展開された。
 これに対しTwitterは「コンテンツを保留する方法をこれまでより柔軟にする新アプローチは、表現の自由・透明性・責任に関して、また、ユーザーにとって良いことだ。これまでより多くの地域でツイートを保持できるようになるだけでなく、われわれが表現の自由を守っているかどうかをユーザーが確認できる」と説明する。
 公開前のツイートをフィルタリングするのかという疑問に対しては、1日当たり10億以上投稿されるツイートをフィルタリングすることは「望ましくないし、非現実的だ」として否定。要請があり、それが合法であると判断した場合にのみコンテンツを保留するという説明を繰り返した。
 なぜこのタイミングでアップデートしたのかという疑問には、タイミングには特に意味はなく、取り組んできた新機能が完成したから公開したとしている。ネット上では、中国進出を狙ったものではないかという憶測も飛んでいた。同社の法律顧問を務めるアレックス・マクギリブレイ弁護士は米Wall Street Journalのインタビューで、このアップデートは「中国とは関係ない」と語った。


---Murdered Russian spy Alexander Litvinenko branded a 'traitor' by his own father who begs forgiveness from Putin---
By Will Stewart
Last updated at 11:15 AM on 3rd February 2012
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2095783/Murdered-Russian-spy-Alexander-Litvinenko-branded-traitor-father.html?ito=feeds-newsxml

Spy's father claimed he was killed on authority of Russian government
Valter Litvinenko begs for forgiveness for accusation against Vladimir Putin
He brands his own son 'a disgrace to the family'

Dissident Russian agent Alexander Litvinenko was yesterday branded a 'traitor' by his own father.

Litvinenko, 43, is believed to have been murdered by radioactive polonium-210 in 2006 after his tea was spiked at a top hotel.

As he lay in agony on his death bed, he blamed Vladimir Putin - an accusation echoed at the time by his father Valter, now 73.

But yesterday the pensioner begged forgiveness for the charge and accused his son of being a 'traitor' and a British spy.

The attack on his own son - and a stunning volte face - comes as Valter, a widower, bids to win back the support of the Putin regime so he can return to Russia after a period of exile in Italy.

In 2006, Valter had said of his son's death: 'I have no doubt that it was done by the secret services on the authority of Vladimir Putin.'

He begged Russian TV: 'Help me, an old man, to get back to my country.'

He said he suddenly realised his son's treachery 'like a click in my head' following revelations that he was paid by the British secret services after acting as a consultant on Russian organised crime.

'I ask you to forgive me, my motherland, forgive me for God's sake!' said a tearful and emotional Valter Litvinenko on state controlled Russian television.

His son - a Putin enemy who fled Moscow for London - was 'a disgrace to me, to all of our family', he said.

Litvinenko Senior accused prominent exiles in London of using him for their own ends to blacken the Russian premier's name.

There was no immediate reaction from the Russian authorities on whether he would be welcomed back.

Scotland Yard's main suspect in its murder probe is Russian MP and ex-secret services agent Andrey Lugovoi. Russia has refused to extradite him to face murder charges.

Last week MI5 and MI6 were ordered to hand over any secret documents concerning their alleged relationship with Mr Litvinenko.

The evidence will form part of a wide-ranging investigation into allegations that Mr Litvinenko was killed by the Russian state while he was working for the British security services.

The request has been made by Dr Andrew Reid, the St Pancras coroner, who is conducting the inquest into Mr Litvinenko’s death.

He has agreed to consider allegations that Mr Litvinenko was murdered because of his outspoken criticism of Vladimir Putin.


---Litvinenko's father apologises for accusing Russia---
2 February 2012 Last updated at 18:37 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-16859830

The father of poisoned former Russian spy Alexander Litvinenko has said he regrets blaming Russia's secret services for his son's death in 2006.

Speaking at his current home in Italy, a sobbing Valter Litvinenko told Russian TV he wanted back to Russia.

"Forgive me, my Motherland, for God's sake," the 73-year-old said. "Help me, an old man, to return to his country."

Previously, he had blamed his son's death on the government of then Russian President Vladimir Putin.

Alexander Litvinenko's death from poisoning by radioactive polonium-210 sparked a diplomatic battle between the UK and Russia.

Moscow has refused to extradite one of its intelligence agents, Andrei Lugovoi, whom the UK suspects of a role in the poisoning.
'Traitors are to be killed'

In the new interview, said by Russia's Channel One to have been recorded recently at his rented home in an Italian village, Valter Litvinenko appears distraught, complaining that he is cold and hungry.

Few of the recent widower's remarks could be heard in the channel's video report.

However excerpts said to be from the same interview were translated and quoted at length by Russia's international broadcaster, RT.

In these, Valter Litvinenko said that if he had known his son had gone on to work for British intelligence, he would not have defended him.

"He might as well have been killed by Russian secret services," he was quoted as saying by RT.

"They had a right to do it because traitors are to be killed. Back then I was convinced he was not a traitor but I am not so sure now, so I won't draw any conclusions."

He explained that he had blamed the Russian authorities because he had been "guided only by anger" over his son's death.

According to RT, Valter Litvinenko said he regretted "his participation in the smear campaign against Russia in general and [current] Prime Minister Putin in particular".

Alexander Litvinenko, 43, fell ill shortly after drinking tea during a meeting at a West End hotel with Mr Lugovoi and another Russian agent.

Three weeks later, on 23 November 2006, he died of radioactive polonium-210 poisoning in London's University College Hospital.

0 コメント: