2012年2月19日日曜日

イスラエル対策

イスラエル対策が行われたようだ。
 インドの首都ニューデリーとグルジアの首都トビリシで、イスラエル
大使館に関係する車両に爆発物が仕掛けられる事件が2件起きた。ニュー
デリーでは車が爆発し、4人が負傷した。イスラエルのネタニヤフ首相は
両事件を「イランとその代理である(レバノンのイスラム教シーア派民兵
組織)ヒズボラの仕業だ」と指弾したが、イラン政府報道官は関与を否定。
イランの核兵器開発疑惑を巡る両者の緊張関係がさらに高まりそうだ。

ニューデリー
・何者かがイスラエル外交官の車にオートバイで近づき、爆発物を張り
 付け、爆発させた。外交官の妻らが負傷した。

トビリシ
・大使館の現地職員の車の下に仕掛けられた磁石爆弾を発見し、爆発前に
 処理された。

バンコク
・手榴弾らしきものを運んだイラン人の一人が、爆発により、負傷。
 警察が病院で逮捕。
 出入国管理警察が二人目のイラン人を空港で逮捕。
 三人目はクアラルンプールで現地警察に逮捕。
・タイ警察が、車両に仕掛けられた2個の磁石爆弾を爆発前に発見し、
 処理した。一対のラジオの中に3-4ポンドのC4爆薬が見つかった。

ニューデリー、グルジアだけではなく、バンコクでも磁石爆弾を使った
爆破事件があった。ヒズボラが磁石爆弾を作成し、イスラエルに反撃した
可能性がある。爆発は、イスラエル人が移民した国の大使館近くで発生。
その近くには、イスラム教徒も移住している。
最近では、政治組織となったヒズボラが、ハマス、パレスチナ、イスラム
聖戦等に、軍事訓練や爆薬製造、プロパガンダ、戦術等を教育している
とのこと。
工作員とテロリストの判別が難しくなった。

イスラエル 対イラン工作
対イラン情報戦
対シリア対策


Israeli officials targeted: India and Georgia infolive.tv


---暗殺チーム…バンコク爆発事件のイラン人拘束---
2012年2月15日23時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120215-OYT1T00976.htm

 【バンコク=深沢淳一】バンコク中心部の住宅街で14日、イラン人グループが手投げ弾などを爆発させた事件で、タイの治安当局者は15日、「イラン人の3人は暗殺チームで、イスラエルの外交官が標的だった」との見方を示した。3人のうち2人はバンコクで拘束され、AFP通信によると、残る1人も15日にマレーシアの首都クアラルンプールで現地警察に逮捕された。
 13日にはインドとグルジアでイスラエル大使館関係者を爆発物で狙う事件が起きた。ロイター通信などによると、イスラエルは13日の2件と14日のバンコクの事件にはイランの関与があったと主張している。


---イスラエル:インドとグルジアの大使館に爆発物 4人負傷---
毎日新聞 2012年2月14日 9時50分(最終更新 2月14日 10時34分)
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20120214k0000e030119000c.html

 【ニューデリー杉尾直哉、エルサレム花岡洋二、テヘラン鵜塚健】インドの首都ニューデリーとグルジアの首都トビリシで13日、イスラエル大使館に関係する車両に爆発物が仕掛けられる事件が2件起きた。ニューデリーでは車が爆発し、4人が負傷した。イスラエルのネタニヤフ首相は両事件を「イランとその代理である(レバノンのイスラム教シーア派民兵組織)ヒズボラの仕業だ」と指弾したが、イラン政府報道官は関与を否定。イランの核兵器開発疑惑を巡る両者の緊張関係がさらに高まりそうだ。
 AP通信などによるとニューデリーでは、何者かがイスラエル外交官の車にオートバイで近づき、爆発物を張り付け、爆発させた。外交官の妻らが負傷した。トビリシでは、大使館の現地職員の車に仕掛けられた爆発物が、爆発前に処理された。
 イスラエル・メディアによると、事件前日の12日は、ヒズボラのムグニエ司令官が4年前の08年に暗殺された日。またイランでは10年以降、核科学者ばかりを狙った5件の爆弾事件などが相次ぎ、4人が死亡している。イラン政府はいずれの事件にもイスラエルが関与したと批判していることから、イスラエル政府は、在外公館などに報復への警戒を呼びかけていた。


---Delhi car blast: Alarm, alert at McLeodganj's 'diaspora'---
16 Feb, 2012, 04.21AM IST, ET Bureau
http://economictimes.indiatimes.com/news/politics/nation/delhi-car-blast-alarm-alert-at-mcleodganjs-diaspora/articleshow/11906370.cms

NEW DELHI: In the serene, sweet smelling slopes of Dharamkot village, Israelis come and go, sometimes to get over the trauma of losing a dear one in a blast somewhere. But, the peace in this Himalayan village, known as Mini Israel, was interrupted ever since an Israeli embassy car went up in flames in the heart of New Delhi two days ago.

Terror and politics, miles away, has cast its shadow in the village, just 11 km from McLeodganj. An alert has been sounded in the entire district and security forces are keeping a close watch on all hotels in Dharamkot and nearby areas.

The Kangra police has put on an alert all police stations in the area, particularly those of Dharamshala and McLeodganj, to ensure security of the Israeli nationals living in the district. The fear of the security forces is not unfounded.

One can get a whiff of Israel as you step into the village with the Bedeit Habad, the Holy House of Wisdom, right at the entrance. A little further, there may be a head covered with a skull cap sipping tea, Hebrew grafitti, a 'Chabad house' (Jewish community centre), Israeli names or a child, who could pass off for an Israeli or Indian. The village belonged to Gaddi tribe of Himachal and over the years several Israelis are married into this community.

The Israelis generally keep to themselves, living in hotels or rented rooms, feeling at home in this relatively cheap holiday destination. Monday's car blast in the Indian capital has changed a lot in this pine-covered hamlet.

However, due to the heavy snowfall, many Israelis have moved out of Dharamkot. The Kangra District Police chief DS Thakur has said an alert was sounded because a sizeable number of Israeli nationals were visiting this district, particularly McLeodganj and Dharamkot areas.

Those who are there have expressed worries about their safety and suggested that the government taken some steps to beef up security where Israelis were living in significant numbers.

According to police, there are not many Israelis these days but still we have issued instructions to hoteliers that they should inform about Israelis staying in their hotels. Vigil and patrolling has been increased in the areas, where Israeli tourists generally stay.

As many as 20,000 Israelis visited Dharamkot in 2010.


---APNewsBreak: Israel: Thai bombs like India attack---
THANYARAT DOKSONE, Associated Press, TODD PITMAN, Associated Press
Updated 03:58 a.m., Wednesday, February 15, 2012
http://www.timesunion.com/news/article/APNewsBreak-Israel-Thai-bombs-like-India-attack-3310661.php

BANGKOK (AP) - The bombs discovered in a Bangkok house after a series of blasts in the Thai capital were similar to the devices used against Israeli Embassy targets in India and Georgia, the Israeli ambassador said Wednesday.

While the targets of the bombs was not clear, "we can assume from the other experiences that we were the target," Ambassador Itzhak Shoham told The Associated Press.

Thai police found and defused two magnetic bombs that could be stuck on vehicles after Tuesday' blasts, he said.

"They are similar to the ones used in Delhi and in Tbilisi," Shoham said. "From that we can assume that there is the same network of terror."

Israel has accused Iran of waging a covert campaign of state terror.

Shoham said the arrest of two Iranians in the blasts "again leaves not too much room to assume who was behind it."

A bombing of an Israeli diplomatic car in New Delhi on Monday injured four people, including a diplomat's wife. A similar bomb found under a car in Tbilisi, Georgia, on Monday was defused.

Four Thai civilians were wounded in Bangkok in a series of blasts that began when a cache of explosives ignited at a house, apparently by mistake. One explosion blew off the leg of an Iranian who had fled, carrying what looked like grenades.

A day after the blasts in a residential neighborhood, Thai authorities said they were still investigating possible links. Top security agencies called a news conference Wednesday in which authorities admitted to being caught by surprise and said they had little information about who the alleged attackers were and their possible targets.

National Security Council chief Wichean Potephosree said authorities had not determined if there was any link between the explosions in Bangkok and the events in New Delhi and Tbilisi.

"We haven't found any links but we are still investigating," Wichean said. "We admit there was magnetic component, aiming at individuals, but the origin of the magnets still has to be investigated."

When police searched the house, the bomb squad found and defused two explosives, each made of three or four pounds of C-4 explosives inside a pair of radios.

Wichean said that the types of explosives found suggested that individuals were being targeted.

"From the investigation, we found the type of explosives indicated that the prepared targets were individuals," Wichean said. "Based on the equipment and materials we found, they were aimed at individuals and the destruction capacity was not intended for large crowds or big buildings."

The wounded Iranian was in police custody at a Bangkok hospital. Immigration police detained a second Iranian as he tried to board a flight for Malaysia.

Both men were facing four charges, including possession of explosives, attempted murder, attempted murder of a policeman and causing explosions that damaged property, Prewpan said.

Security forces were searching for a third Iranian suspect.

Israel's Channel 10 TV quoted unidentified Thai authorities as saying the captured Iranians confessed to targeting Israeli interests.

There was no comment from Iranian officials in Tehran.

There seemed to be no doubt in the minds of Israeli officials, who blamed Iran and its Lebanese ally, Hezbollah.

"The attempted terrorist attack in Bangkok proves once again that Iran and its proxies continue to perpetrate terror," Defense Minister Ehud Barak said in Singapore. "The recent terror attacks are yet another example of this."


---クローズアップ2012:外相、シリア訪問 軍事権益、保持狙う露---
毎日新聞 2012年2月8日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20120208ddm003030101000c.html

 ロシアのラブロフ外相は7日、シリアを訪れ、反体制派への弾圧を続けるアサド大統領と会談した。ロシアは国連安全保障理事会で4日、事実上アサド政権に退陣を求めた決議案に中国とともに拒否権を発動し、自ら政権の説得工作に乗り出した形だ。「拒否権発動は虐殺の容認に等しい」と欧米から激しい非難を浴びながら決議に抵抗する中露の思惑を探った。【モスクワ田中洋之、北京・工藤哲、カイロ和田浩明】

◇欧米主導「転覆」許さず
 ロシアの拒否権発動は、中東における最大の友好国シリアへの影響力を確保し、外国の介入による「体制転覆」を許さない姿勢を明確にしたものだ。背景には、今春の大統領返り咲きが確実視されるプーチン首相の外交路線があるようだ。

●多額の武器輸出
 シリアとはソ連時代から緊密な関係を維持しており、ロシアの中東外交の拠点となっている。特に軍事交流が盛んで、11年のロシアの対外武器輸出額120億ドルのうち約9億6000万ドルをシリアが占め、「輸出先の上位5カ国の一角」(露戦略技術分析センター)となっている。先月にはロシアの軍用練習機36機を約5億5000万ドルでシリアに売却する新たな契約が発覚し、欧米の批判を浴びた。
 ロシアは地中海に面したシリア西部タルトスに旧ソ連圏以外で唯一の海軍基地を維持し、先月上旬にはロシア海軍の空母艦隊が寄港した。アサド政権が崩壊して親欧米政権が樹立されれば、ロシアがシリアに保有する軍事権益や中東での外交的な影響力を失う恐れがある。
 ロシアが対シリア決議に拒否権を発動した大きな理由は、リビアでの「教訓」だ。ロシアは昨年、メドベージェフ大統領の指示で対リビアの国連安保理決議案に拒否権を行使せず棄権に回り、採択を容認した。その結果、北大西洋条約機構(NATO)のリビア軍事介入に道を開き、シリア同様にロシアと軍事面などで関係が強かったカダフィ政権の崩壊につながった。
●「プーチン路線」
 ロシアは今回、「リビアのシナリオを繰り返すのは容認できない」(リャプコフ外務次官)と強硬だ。「強いロシア」を掲げるプーチン首相の大統領復帰を前提に、自国の地政学的利益が関わる問題では欧米に譲歩しない外交姿勢を示したといえる。プーチン氏は旧ソ連のウクライナやグルジアなどで起きた民主化を求める市民らによる「カラー革命」を「欧米による政権転覆」とみなしている。国内で広がる反政府デモに対しても「外国政府が資金を出している」と非難し、対外強硬路線を鮮明にしている。
 一方で、ロシアはアサド大統領が政権を維持できると楽観しているわけではない。戦略評価研究所のオズノビシェフ所長はロシア通信とのインタビューで、「ロシアはアサド政権を際限なく擁護することはできない」と指摘。政治情勢分析センターのサリン氏も、ロシア政府がアサド大統領の安全を保証することで退陣を促す可能性に言及している。

◇「内政不干渉」貫く中国
 中国は、チベットの独立要求運動など内政問題で火種を抱える一方、シリアと友好関係にあるイランにも石油資源の確保で大きく依存している。欧米諸国のシリアへの圧力強化は「内政不干渉」を外交の原則とする中国にとって受け入れ難く、今後も欧米諸国と一線を画す構えだ。
 国連安保理での拒否権行使を受け、リビアではシリアのアサド政権に批判的な国民が中国大使館に投石し、窓ガラスが割れるなど混乱が広がっている。中国政府はこうした事態の収拾に動き始めた。
 中国外務省の劉為民報道局参事官は7日の定例会見で、シリア情勢の緊迫化を受け、近く外交担当者をシリアや北アフリカの関係国に派遣し、対応を協議する考えを明らかにした。また劉参事官は、中国の次期最高指導者への就任が確実視されている習近平国家副主席が13日から米国のワシントン、アイオワ州、ロサンゼルスを訪問し、オバマ大統領ら米政府首脳と会談することを明らかにした。
 今回の訪米は昨年8月のバイデン米副大統領の訪中への答礼となるが、一連の会談の中で、シリア問題も議題として急浮上してきた。

◇アサド政権、弾圧続行 反体制派、対話受け入れ困難
 タス通信によると、7日にアサド大統領と会談したロシアのラブロフ外相は「各国の指導者は自身の責任を自覚すべきであり、あなたもそれを自覚しているはずだ」と述べた。弾圧を中止し、反体制派と対話するよう促した発言とみられている。これに対し、大統領は「世界では均衡が保たれるべきだ」と語り、安保理決議案に拒否権を発動したロシアの対応を評価した。
 シリア反体制派によると、中部ホムス市では7日も政府軍・治安部隊による住宅地の砲撃が続き、シリア全土で少なくとも市民21人、兵士4人が死亡した。現地活動家のアブ・アブド氏によると「市内は狙撃手や戦車だらけで、食べ物を買いに外出もできない」という。6日のホムスの死者は少なくとも95人、負傷者は約1500人に上った。反体制派の「シリア革命総合委員会」によると、6日の死者総数は全土で128人に達した。
 反体制派側も、安保理での対シリア決議案の否決後に政権側が攻勢を強め、多数の死者が出たことに態度を硬化させている。拒否権を行使したロシアとの協議には応じない姿勢を見せ、ロシアの「調停」を受け入れる可能性は極めて低い。

0 コメント: