2012年3月15日木曜日

EU Ad Lara Rogan Model?

EUは人種差別反対推進広告の配信を中止した。
 EUが人種差別反対の狙いを込めて制作したCMが人種差別的だと批判され、
ネットでの公開からわずか数日で配信中止を余儀なくされた。

EU広報
・この動画について、16~24才のゲーム世代にアピールする狙いで、
 アクション映画やゲームに登場する典型的なキャラクターを登場させた
 と説明。
・人種差別の意図はまったくなかった。一部の人たちからこのような見方
 をされたことを残念に思う。
・気分を害した人には謝罪したい。

一人の白人女性に、有色人種が武器を持って襲い、女性でも4倍近い白人
が取り囲めば、有色人種は武器をおさめると言うことらしい。
カイロで、暴行されたLara Loganは、白人の人数が少なかったから、暴行
を受けた。だから、白人を増やし、有色人種から白人を守れと言う広告か。
そのようにとれば、ヘイトクライム推進広告。
さらに、有色人種が消え、白人だけが、EUの星になるのも良くない。

この映像のストーリや撮影を許可し、配信を承諾し、映像を見ても問題と
思わなかった人は、人種差別を理解しておらず、知らない間に差別を繰返
しているのだろう。
一般的にそう言う環境で育った人は、ヘイトクライムと言われる犯罪を
犯していると言われる。
一度、多人種で構成されるチームで働くべきだろう。

武器を持った白人女性の主人公が、武器を持たない有色人種の格闘家に
囲まれ、武器をおさめ、有色人種と白人が混ざりながら、EUの星になる
方が印象は良かったかもしれない。

ヘイトクライム
キリスト教の戦士 テロ計画で警官狙う
血の中傷と銃規制
Egyptian Army attacked Lara Logan
エジプト 宗教対立再燃


EU Enlargement Ad Removed Due to Racism Complaints)


---EUの人種差別反対CM、「人種差別的」と批判され配信中止---
2012.03.09 Fri posted at: 11:29 JST
http://www.cnn.co.jp/showbiz/30005861.html?ref=ng

 ロンドン(CNN) 欧州連合(EU)が人種差別反対の狙いを込めて制作したCMが人種差別的だと批判され、ネットでの公開からわずか数日で配信中止を余儀なくされた。
 問題のCMは、クエンティン・タランティーノ監督のアクション映画「キル・ビル」に出てくるような黄色いトラックスーツ姿の白人女性が1人で駅にたたずんでいる場面から始まる。そこへアジア人の空手名人と三日月刀を振りかざしたターバン姿のアラブ人、上半身裸でドレッドヘアの黒人という男3人が次々に現れて女性を威嚇。しかし女性は落ち着いた様子で分身の術を使って男たちを取り囲み、武器を収めさせる。全員があぐらをかいた姿勢で座ると、女性の分身が12の黄色い星に変わってEUの旗が現れるという趣向。
 制作に12万7000ユーロ(約1370万円)、広告配信に12万1500ユーロ(1315万円)を費やした力作だったが、2日に7000あまりのウェブサイトで公開された直後から批判の声が噴出。動画共有サイト「ユーチューブ」で最も多く支持されたのは、「つまりこの動画は、『白人至上主義』に勝てる人種はないと言いたいのか?」というコメントだった。
 EU広報はこの動画について、16~24歳のゲーム世代にアピールする狙いで、アクション映画やゲームに登場する典型的なキャラクターを登場させたと説明。「人種差別の意図はまったくなかった。一部の人たちからこのような見方をされたことを残念に思う」と述べ、「気分を害した人には謝罪したい」と話している。


---EU withdraws 'racist' video clip---
6 March 2012 Last updated at 18:43 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-17276838

The European Commission has withdrawn a video promoting EU enlargement after it was accused of being racist.

The film shows three men from ethnic minorities using martial arts skills apparently preparing to fight a woman.

When she multiplies herself to form a circle around the men, they drop their weapons and her yellow clothes turn into the 12 stars of the EU.

The Commission said it regretted that the video had been perceived as racist and apologised.

Stefano Sannino, Director General of Enlargement for the European Commission, said feedback from the target audience of 16 to 24 year olds "who understand the plots and themes of martial arts films and video games" had been positive.

But in a statement he admitted other people were "concerned about the message" sent by the short film, called Growing Together.

Issues surrounding race have often proved controversial for Europe in recent years, with growing concern among governments about rising levels of immigration.
'Mutual respect'

The film shows a woman walking through a disused warehouse, where a man from East Asia jumps down in front of her performing Kung Fu.

Then a master of the art of Kalaripayattu, from the southern Indian state of Kerala, materialises and aims his sword at her.

Finally a practitioner of the Brazilian art of Capoeira breaks through a door and cartwheels towards her.

But after gazing calmly at the trio and surrounding them with eleven copies of herself, they all sit down cross-legged.

"[The film] started with demonstration of their skills and ended with all characters showing their mutual respect, concluding in a position of peace and harmony," said Mr Sannino.

"The genre was chosen to attract young people and to raise their curiosity on an important EU policy," he added.

The independent think-tank Open Europe described the video as "very strange".

"It is badly thought out and the question is whether this is the sort of thing they should spend money on, and what it can achieve in promoting enlargement," Raoul Ruparel of Open Europe told the BBC.

"The EU is normally quite politically correct so this is a bit out of the blue."

0 コメント: