2012年3月21日水曜日

US Honda Civic HV ad settlement

米ホンダシビックハイブリッドの誇大広告訴訟が和解となった。
 ホンダのハイブリッド車を購入した米国の消費者が、燃費が広告などで
示されていたよりも悪かったなどと主張し、同社に損害賠償を求めていた
集団訴訟の和解協議が、加州サンディエゴの地方裁判所であった。

和解
・ホンダ側が1人当たり最高$200を支払う
・対象者は約20万人で、2003年~20009年モデルのシビックHV所有者。
・和解額を約$1億7000万になると見積る
・ホンダの新車を購入する場合、最高$1500の値引きを受ける権利も得る。

ホンダ
・裁判所による和解の承認に満足している

和解額の5%近い弁護士料を支払った集団訴訟が終了しそうだ。
燃費の誇大広告の問題だけでなく、ハイブリッド車全般の充電池の充放電
特性や寿命等の問題が、次の訴訟の要因と言われる。

環境に悪影響が少ないハイブリッド車だが、日米で流通が多い。
日本でも、ハイブリッド車の充電池の問題は発生しているが、高価な
消耗品としてメーカやユーザは認識しているようだ。

欧州で流通が多いクリーンディーゼル車。
燃料噴射装置が機械式から電子式へ開発が進み、排気の粒子物の量が減り、
乗り心地も良好のようだ。クリーンディーゼルは、トラックだけでなく
乗用車にも採用される。
経済的にもハイブリッド車とクリーンディーゼル車は比較対象になる。
日本でも選択範囲が少し広がった。

US Honda Civic Hyblrid owner win


---燃費広告の集団訴訟で和解 ホンダ最高200ドル支払い 米地裁が承認---
2012.3.19 05:00
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120319/bsa1203190502004-n1.htm

 ホンダのハイブリッド車(HV)所有者が同社が燃費を誇張したと主張していた集団訴訟で、カリフォルニア州サンディエゴ郡の地方裁判所は和解を承認した。
 ホンダは1人当たり最高200ドル(約1万6688円)を支払う。和解の対象者は米国の約20万人。
 同州地裁が16日公表した文書によると、ティモシー・テーラー判事は和解内容が公平だと判断した。
 和解は2003~09年型の「シビック」のHVを対象としたもので、HV所有者らは燃費がホンダ広告の1ガロン当たり50マイル(1リットル当たり約21.26キロメートル)より悪かったと主張。所有者約20万人の弁護団はホンダの米現地法人、アメリカン・ホンダ・モーターを相手取り、訴えを申し立てていた。
 ホンダは個々の状況に応じて、対象のHV所有者に100~200ドルを支払うほか、今後ホンダの新車を購入する際に使用できる約1000ドル分のクーポンなどを付与することで合意したもよう。テーラー判事は先に、和解額は1億7000万ドルになると推計していた。
 ホンダ米国部門の広報担当クリス・マーティン氏は16日、同社が裁判所の和解案の承認を喜んでいるとのコメントを発表した。(ブルームバーグ Peter Blumberg)


---HV車燃費 米集団訴訟でホンダが和解 140億円支払いへ---
2012年3月18日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012031802000037.html

 【ロサンゼルス=共同】ホンダのハイブリッド車の燃費が広告よりも悪く、予想外の出費を強いられたと主張する購入者がホンダに損害賠償を求めた集団訴訟の和解協議が十六日、米カリフォルニア州のサンディエゴ郡地裁であり、ホンダが一人当たり最高二百ドル(約一万七千円)を支払うことなどで和解が成立した。
 支払い対象者は約二十万人で、担当判事によると、ホンダの支払総額は一億七千万ドル(百四十億円)程度となる見込み。
 ホンダのハイブリッド車の燃費広告をめぐっては、二月にも少額訴訟で同様の訴えを起こした米の購入者が勝訴。集団訴訟でも巨額の負担が発生したことで、環境対策車の販売に力を入れるほかのメーカー各社の戦略にも影響を与えそうだ。
 問題となったのは二〇〇三~〇九年モデルのシビックのハイブリッド車。原告は年式に応じて百~二百ドルを受け取るほか、今後ホンダの新車を購入する際に最高で千五百ドル値引きしてもらう権利を与えられる。
 ホンダは「私たちはホンダ車の所有者と良好な関係を維持したいと望んでおり、裁判所がこの和解案を承認したことを喜んでいる」との談話を出した。


---ホンダ燃費訴訟、米消費者に和解金140億円か---
2012年3月17日19時41分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120317-OYT1T00685.htm

 【ロサンゼルス=西島太郎】ホンダのハイブリッド車(HV)を購入した米国の消費者が、燃費が広告などで示されていたよりも悪かったなどと主張し、同社に損害賠償を求めていた集団訴訟の和解協議が16日、カリフォルニア州サンディエゴの地方裁判所であった。
 ホンダ側が1人当たり最高200ドル(約1万6700円)を支払うことなどで、和解が成立した。
 対象者は約20万人で、2003年~09年モデルの「シビック」のHV所有者。担当判事は和解額を約1億7000万ドル(約142億円)になると見積もっているが、今後の状況に応じて増減する見通し。
 AP通信などによると、対象者は車の年式に応じて100ドルから200ドルの和解金が支払われるのに加え、将来、ホンダの新車を購入する場合、最高1500ドルの値引きを受ける権利も得られる。
 ホンダは16日、「裁判所による和解の承認に満足している」などとする声明を出した。
 ホンダのHVを巡っては、この集団訴訟に加わらなかった米国の購入者による同様の少額訴訟で先月、原告側が勝訴し、裁判所がホンダに9867ドルの賠償を命じている。


---Honda Hybrid Gas Mileage Settlement Wins Final Approval---
By Bill Callahan - Mar 17, 2012 9:37 AM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2012-03-16/honda-hybrid-gas-mileage-settlement-wins-tentative-approval-1-.html

March 16 (Bloomberg) - Honda Motor Co.'s class-action settlement with hybrid owners over allegations the automaker overstated gas mileage won approval from a California state judge in San Diego over objections that it was unfair.

Superior Court Judge Timothy Taylor said the settlement is fair and discounted claims by lawyers for Honda Civic hybrid owners that plaintiffs’ lawyers colluded with the Tokyo-based company, according to a written ruling issued today.

“Class counsel has a significant track record of successful representation of plaintiffs in class actions over many years,” Taylor wrote. “This isn’t their first rodeo. They have pursued these claims for five years, plus.”

The settlement involves Civic hybrid models produced from 2003 to 2009, which the owners claimed don’t get as much as 50 miles per gallon fuel economy as advertised by Tokyo-based Honda.

Without admitting liability, Honda agreed to pay $100 to $200 in cash to individual owners and give them a $1,000 credit toward the purchase of a new Honda, among other benefits, depending on the circumstances of each case. The accord resolves complaints filed by lawyers representing about 200,000 Civic hybrid owners across the U.S. against between American Honda Motor Co. The cases were consolidated in San Diego.
$170 Million

Taylor estimated the value of the settlement at $170 million, according to a tentative ruling he issued earlier. The judge also said that the attorneys in the case valued the settlement from a low figure of $87.5 million to a high of $461.3 million in their court filings.

During a hearing today, several attorneys representing Honda owners voiced concerns about the fairness and thoroughness of the settlement. Attorney Thomas Loeser of Seattle told the judge that owners who have encountered battery problems in the hybrids aren’t being fairly compensated and their safety is at issue.

“If this is approved people are going to get hurt and people are going to die,” he said.

The judge told Loeser he disagreed.
‘Cannot Agree’

“I cannot agree that people are going to get hurt or die,” Taylor said. “There is not one single shred of evidence of that occurring.”

Chris Martin, a U.S. spokesman for Honda, said in a statement today that the company’s is pleased with the court’s approval of the settlement “as a fair resolution for our customers that demonstrates our desire to preserve our good relationship with Civic Hybrid owners who chose to participate in this class action.”

Martin said Honda owners who file settlement claims are still entitled to pursue arbitration against the company with no limit on damages.

Honda, in its court filings, denied claims by some attorneys that the proposed settlement is unfair and that it provides excessive attorney fees.

The judge today approved attorney fees of $8.1 million.

California and four other states declined last month to file objections to the proposed settlement.

Martin said today that since January, Honda has won five out of six cases in which hybrid owners dissatisfied with mileage pursued damages in small claims court, where plaintiffs and defendants represent themselves.

One woman who opted out of the class-action settlement, Heather Peters, said Feb. 1 that she won $9,867 from Honda in small claims court in Los Angeles. Honda said it is appealing that judgment.

The class action case is Lockabey v. American Honda Motor Co., 37-2010-00087755, California Superior Court (San Diego).

0 コメント: