2012年3月31日土曜日

WFP Radiation poisoning or Hunger death

WFPは、餓死よりも放射能汚染を選択した。
 政府は、東日本大震災の被災地で製造された水産加工品を発展途上国の
人々に食べてもらうため、国連機関の世界食糧計画(WFP)と政府開発援助
(ODA)に関する書簡を交換した。食料支援を通じ、被災地の水産業振興と
風評被害の解消につなげるのが狙いだ。

ODA
・10億円
・WFPはODAを使い、青森、岩手、茨城、千葉の水産加工場で製造された
 イワシやサバなどの水煮の缶詰を調達。
・ガーナ、コンゴ、セネガル、カンボジア、スリランカの学校給食等に
 配給。

外務省幹部
・放射線量を検査し、安全性に問題がないものを輸出することで、海外に
 根強い風評被害の打破を図りたい

外務省幹部の言葉「放射線量を検査」は正確ではなく、放射性セシウムのみ
の検査であり、人間に影響がある放射性物質全てを検査していない。
これは、日本国内の「食品に含まれる放射性物質の規制値」を基準にして
いると思う。
プルトニウムやストロンチウム、ルテニウム等は未検査。
検査方法に関しても、規制値を緩める方法になっており、疑問が残る。
東北大学の警戒区域の牛を調査を見れば、放射性テルルや放射性銀が
内臓から検出されている。
さらに、空中よりも濃度が濃い放射性汚染水の海洋投棄を繰返したため、
遠く離れた東京湾でもセシウムの堆積が確認されている。
海洋の食物連鎖でも、放射能汚染が報告される。

日本国内で風評被害を招いているのは、そもそも日本政府。
餓死で死を待つよりは、放射能汚染食品で生き延びることを選択したWFP。
放射能汚染食品は、汚染を受けやすい若年層が、学校給食で食べる。
東電公害病の拡大は、数年後に現れる。国外でも人体実験か。

専門家解説の信憑性
1億人の被曝データ
放射性廃棄物の海洋投棄
厚労副大臣 被曝者差別を冗長か
セシウム 牛肉蓄積を確認
放射性物質による汚染なし
中間報告 スギ花粉の内部被爆
セシウム 東京湾堆積
原発事故の経過


---食料支援で風評被害解消 被災地の缶詰を途上国に---
2012.3.30 07:54
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120330/trd12033007550001-n1.htm

 政府は、東日本大震災の被災地で製造された水産加工品を発展途上国の人々に食べてもらうため、国連機関の世界食糧計画(WFP)と政府開発援助(ODA)に関する書簡を交換した。食料支援を通じ、被災地の水産業振興と風評被害の解消につなげるのが狙いだ。
 政府が平成23年度第3次補正予算に計上した10億円を元手に、WFPが青森、岩手、茨城、千葉の4県の水産加工場で製造されたイワシやサバなどの水煮の缶詰を調達。カンボジアなど5カ国で学校給食などに役立ててもらう。加藤敏幸外務政務官は書簡交換の式典で、「甚大な被害を受けた被災地の水産加工企業は、操業の全面再開に向け努力している」と強調した。
 このODAをめぐっては、東京電力福島第1原発事故の影響を懸念する一部の市民団体などが反発。外務省幹部は「放射線量を検査し、安全性に問題がないものを輸出することで、海外に根強い風評被害の打破を図りたい」と説明している。


---国連世界食糧計画(WFP)を通じたガーナ等5か国に対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換---
平成24年3月16日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/24/3/0316_09.html

本16日(金曜日),東京において,我が方加藤敏幸外務大臣政務官と先方モハメッド・サレヒーンWFP日本事務所長(Mr. Mohamed Saleheen, Director, Japan and Korea Relations, The United Nations World Food Programme)との間で,ガーナ共和国等の5か国に対するWFPを通じた食糧援助として,総額10億円の無償資金協力「途上国の要望を踏まえた水産加工品の供与」に関する書簡の交換が行われました。
署名式には,被援助国の在京大使館関係者及び東日本大震災による被災県の関係者も同席しました。
食糧援助の対象内訳(カッコ内は供与額)
 (1)ガーナ共和国の社会的弱者  (1億9,000万円)
 (2)コンゴ共和国の社会的弱者  (2億円)
 (3)セネガル共和国の社会的弱者  (2億8,000万円)
 (4)カンボジア王国の社会的弱者  (2億1,000万円)
 (5)スリランカ民主社会主義共和国の社会的弱者  (1億2,000万円)
各国事情
 (1)ガーナは,近年,洪水の被害が発生し,2010年及び2011年の洪水により約17万人が被災する等,栄養不足人口が約110万人に達しています。
 (2)コンゴ共和国は,北部地域で難民が増加する等,栄養不足人口が約50万人に達し,慢性的な食料不足に苦しんでいます。
 (3)セネガルは,雨期の遅れ等から,主要穀物産地の被害が拡大して食料不足の状態にあり,約230万人が栄養不足の状態に陥っています。
 (4)カンボジアは,2011年9~10月の洪水による被災者が約150万人に達し,また約40万ヘクタールの水田が被害を受けています。
 (5)スリランカは,2009年の紛争終結後,食料生産は緩やかに回復していましたが,2011年の地域的洪水により約100万人が影響を受けています。
 今回の協力は,WFPからの支援要請を受けて食糧援助を実施するものであり,この協力の実施により,これらの国々における食料不足の緩和に繋がることが期待されます。また,今回の協力では,国内で流通している水産加工品と同等の東日本大震災の被災地産加工品を供与します。

【参考1】
栄養不足人口とは,1日2,200キロカロリー摂取できない人口を指す。

【参考2】
今般の無償資金協力とは別途,WFPに対する拠出金を活用して,カンボジアに対し,約41万米ドル分の被災地産水産加工品の供与を実施する予定。


---WFP LAUNCHES AIRLIFTS TO PROVIDE URGENTLY NEEDED FOOD TO CHILDREN IN DROUGHT-HIT CHAD---
By: World Food Program (WFP)
30/03/2012 12:04 GMT
http://www.starafrica.com/en/news/detail-news/view/wfp-launches-airlifts-to-provide-urgentl-225347.html

NDJAMENA, Chad, March 30, 2012/African Press Organization (APO)/ -- The United Nations World Food...

NDJAMENA, Chad, March 30, 2012/African Press Organization (APO)/ -- The United Nations World Food Programme (WFP) has completed an airlift to provide high-nutrient Plumpy'doz, a ready-to-eat specialized supplementary nutrition product, to thousands of children at risk of malnutrition in drought-stricken Chad.

Two flights arrived in Ndjamena this week (28 and 29 March), and today trucks will begin to carry almost two hundred metric tons of the urgently needed food -- a fortified peanut paste to prevent malnutrition - to areas affected by the drought. Some 36,000 children under two years of age in the regions of Wadi-Fira and Sila in eastern Chad, will receive the assistance, funded by the European Commission's humanitarian aid department (ECHO).

“Given the urgency of the food and nutrition situation and the severe logistics challenges in landlocked Chad, where food can take up to four months to reach the people who need it most, airlifts are the best and speediest way to reach vulnerable children now,” said WFP Chad Country Director Alice Martin-Daihirou. “This operation will ensure the timely pre-positioning of food, ahead of the rainy season, for the first distributions for under two-year-olds in eastern Chad.”

Acute malnutrition affects 16 percent of children in Chad and the Global Acute Malnutrition (GAM) rate exceeds the 15 percent ‘critical' level in 15 of the country's 22 regions. Even before the Sahel crisis began late last year, the national rate was above the 10 percent ‘serious' threshold.

Like much of the Sahel region, Chad has experienced a severe drought which has led to a 43 percent drop in food production. Food shortages have been aggravated by a 50 percent spike in prices, leaving 3.5 million people vulnerable. Out of these, 1.2 million are in need of emergency food assistance.

In response to the crisis, WFP aims to provide assistance to 1.6 million people in the worst-affected regions of Kanem, Bahr-El-Ghazel, Batha, Sila, Ouaddai, Wadi Fira, Hadjer Lamis, Lac and Guera in the Sahelian belt. Half a million people have already been reached since January 2012 with much-needed food assistance and nutrition support.

The airlifts from the WFP-managed UN Humanitarian Response Depots in Italy and Dubai are part of a plan to distribute a total of 500 metric tons of Plumpy'doz. This is the first consignment of the specialised nutrition product while others are expected to arrive overland via Cameroon and Sudan. The operation has been funded through a E9 million contribution from ECHO, the European Commission's Humanitarian Aid and Civil Protection department, towards the six-month feeding programme for children under age two.

Contributions towards WFP's relief and recovery operation in Chad have been received from various donors including the USA, Canada, France, Japan, Germany, Australia and Switzerland. The WFP Chad operation will cost US$163 million and still faces a US$54 million (33 percent) shortfall in funding. WFP's overall regional response to the food crisis in the Sahel countries will cost US$808 million and faces a US$517 million (64 percent) shortfall.


---Japan provides food aid to the North---
Thursday, 22 March 2012
http://www.dailynews.lk/2012/03/22/news42.asp

The government of Japan has decided to provide food grant assistance to the value of 120 million Japanese Yen (approximately Rs 180 million) to the government of Sri Lanka through the World Food Programme in order to support the ongoing School Meals Programme in the Northern Province of Sri Lanka.

There is much concern about the nutritional needs of the reselted Internally Displaced Persons (IDPs), especially children in the North. Good nutrition amongst children is of utmost importance, since it has a significant impact on their growth as well as their performance at school. The Ministry of Economic Development will oversee the distribution of the food assistance. As part of this food grant assistance, Japan will provide canned fish which is manufactured in the areas devastated by the Great East Japan Earthquake and Tsunami, but processed in an area with no radiation threat and examined for safety by third party organizations. The products are the same as those sold in the Japanese market.

This year Japan and Sri Lanka commemorates the 60th anniversary of the establishment of diplomatic relations. Japan hopes this assistance would further strengthen the long-standing friendship between our two countries. The signing of the grant contact took place in Japan on March 16, 2012 between Parliamentary Vice Minister for Foreign Affairs Toshiyuki Kato and WFP Japan Representative Mohamed Saleheen, According to a press release from the Japanese embassy.

0 コメント: