2012年4月19日木曜日

光明星3号空中分解

北朝鮮は、「人工衛星」と称して発射を予告した弾道ミサイルを発射
した。ミサイルは発射直後に爆発した模様で、発射は失敗に終わった。

防衛省
・0740頃 東倉里周辺からミサイル発射を米軍早期警戒衛星が探知。
・ミサイルは高度約120kmまで上昇、約1分後に空中分解。
10個程度に分かれ落下した模様。

藤村官房長官
・0830過 落下物による我が国への影響は一切ない。国民は冷静に平常
通りの生活と業務に就いてほしい
・1000過 ミサイルとの最終確認はできていないが、少なくとも飛翔体が
発射され、失敗したという判断だ
失敗だったとしても、我が国の安全保障上の重大な挑発行為と
言わざるを得ず、国連安保理決議に違反する行為だ。
極めて遺憾で、外交ルートを通じ厳重に抗議した

田中直紀
・発射探知から43分も経ち記者会見。
我が国への影響は一切ありません。それ以上の情報は分析中。

警察庁
・正確な情報はない
・0820過 官邸から発射情報がようやく伝わった
・準備は万全でも結果的に立ち上がりが遅れた

海上保安庁
・発射報道を受け、被害確認のために航空機や巡視船の出動指示。
「我が国領域への影響はない」との発表で、指示を取消。
・航行中の船などに被害が出ていたら、情報伝達の遅れが救助の
遅れにつながったかもしれない

国土交通省
0804 政府としては事実を確認していない。
発射した模様』くらいは伝えてほしかった。

露軍
4/12 0800-1700 Tu142哨戒機2機が日本海から東シナ海にわたり飛行。
2機は宮古島北方の東シナ海上空を何回も周回。
イージス艦や地上配備型レーダーの電波情報を収集の可能性

フィリピン軍
4/13 朝、米海軍からの「発射は失敗し黄海に落下した模様」との情報を
もとに警戒態勢解除。
0830 落下予想地域の船舶・航空機の航行禁止も解除。

中国国家海洋局
4/12 1210 所属固定翼機が東シナ海中部海域で、海自の護衛艦
「あさゆき」に約50mまで接近し、2周して飛び去った。

北朝鮮のミサイル技術がイランに渡り、イランは、人工衛星の打上げに
成功したが、北朝鮮は、未だに成功していない。
核開発についても、イランが肩を並べるまでになった。
テポドン2号発射実験時は、Mig23が護衛したとのことだったが、今回は
潜水艦展開だけのようだ。
北朝鮮のミサイル打上げ失敗は、多くの国による経済制裁もあるが、
東日本大震災の影響が大きいとの声もある。イランの核兵器開発の遅延
には、北朝鮮で証明したような経済制裁が必要なのだろう。

イージス艦の行動がほとんど報道されないし、以前の「きりしま」の
ような問題がまた発生したかは不明。

Tu142が偵察行動をしていたとのことだが、電磁波情報を取得するための
装備があったかは不明。東シナ海に停泊しているUSS Shilohの護衛や
展開している米原潜との情報収集が本来の目的だろう。

J-ALERTやEm-NETのインフラで一儲けしても、グズでクズだから、
情報さえ流せない。外国からネットで情報を得られるのであれば、
日本政府からの警戒情報さえはいらない。
日本政府の情報発信はその程度か。

イラン宇宙センター 北朝鮮施設と酷似
Mig23 テポドン2号護衛か
中国系企業 イランへミサイル材料輸出
きりしま 3段目分離を補足できず
テポドン分析
本の北ミサイル開発関与
MD広報
命中率20%以下の抑止力
中国経由で弾道ミサイル技術取引
米スティンガー 中国が製造か
自衛隊装備拡充へ
パ北の闇市場
光明星3号 領空侵犯で迎撃へ


North Korean rocket fails shortly after launch


Obama, Rice Condemn North Korea's Failed Missile Launch PBS


---防衛相と官房長官連絡とれず…ミサイル連携不足---
2012年4月19日07時55分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120418-OYT1T00914.htm

18日の衆参両院の予算委員会の集中審議では野党側が、北朝鮮のミサイル発射時の公表遅れなど、政府の危機管理対応を厳しく追及し、防衛省と首相官邸の連携不足を浮き彫りにした。
自民党の中谷元・元防衛長官は、田中防衛相が8時6分頃に統合幕僚長からミサイルの発射と落下の情報を受けた後、藤村官房長官への連絡が8時13分頃と約7分かかった理由を追及。田中氏は「すぐに電話したが、残念ながら連絡が3回ほどつかなかった」と説明した。藤村氏は「危機管理センターに移動している時につながらなかったのかもしれない」と述べた。
公明党の佐藤茂樹衆院議員は、政府の情報発信は藤村氏に一元化することになっていたとし、田中氏が先に発射情報を発表したことが混乱につながったと批判した。これに対し、田中氏は「防衛省として早く情報を出す(べきだ)と判断した」と述べ、発表は自らの判断で行ったとした。藤村氏には発表後に連絡し、「事後了解を得ている」と語った。
審議では、ミサイルの対応経緯について田中氏に曖昧な答弁も目立ち、審議はたびたび中断した。


---防衛省「発射情報7時58分伝達」 官邸「8時16分」---
2012年4月16日16時43分
http://www.asahi.com/politics/update/0416/TKY201204160184.html

北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射直後の野田内閣の対応について、防衛省が時系列原案をまとめた。原案では防衛省が米軍の早期警戒衛星(SEW)の発射情報を首相官邸に正式に伝えた時間が首相官邸の説明よりも早かったとしており、情報伝達をめぐる発表の整合性が問われそうだ。
防衛省関係者によると、原案では13日午前7時40分にミサイル発射とのSEW情報を受け、田中直紀防衛相が41分に防衛省内のオペレーションルームに入室し、50分ごろまで情報分析にあたった。その結果を含め、防衛省運用企画局長ら幹部が58分に官邸で、藤村修官房長官や米村敏朗内閣危機管理監側に伝えたとしている。
発射直後の情報伝達をめぐっては、13日に種谷良二内閣審議官が「SEW情報が正式に防衛省から入ってきたのは8時16分がはじめてだ」と記者団に説明した。防衛省原案ではこれより15分以上前に正式報告が上がっていることになる。また正式報告後の8時3分に、内閣官房の緊急情報システム・エムネットが「我が国は発射を確認していない」と関係自治体や報道機関に速報していたことにもなる。


---お粗末「速報」、沖縄に混乱…北ミサイル失敗---
2012年4月14日10時25分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120414-OYT1T00216.htm

北朝鮮が13日に発射したミサイルは、日本のはるか手前、黄海周辺に落下した。
上空を通過する予定だった沖縄県では厳戒態勢が敷かれたが、政府はこの日、発射確認に手間取った上、情報発信も遅れるお粗末ぶり。いざフタを開けてみれば、混乱ばかりが目立った。

◆7時40分
ミサイルを探知――。午前7時40分、防衛省が米軍から第一報を得た。2分後には首相官邸にも伝わり、同7時55分頃には、海外の報道機関が発射情報を一斉に速報し始めた。
しかし、防衛省は広報担当者が「確認していない」を連発。警察庁でも「正確な情報は入っていない」と幹部が困惑の表情を見せた。
同8時4分、沖縄県庁の専用回線メール「エムネット」が政府からの第一報を受信。しかし、その内容は「発射を確認していない」。

◆8時11分
「教室に待機してください」。同8時11分、宮古島市立北小ではテレビ報道などを受けて校内放送を流し、児童らが校舎に駆け込んだ。平良隆校長(57)は「発射後に鳴るはずの防災無線が鳴らない。どうなっているのか」。
仲井真弘多知事は庁内で待機する自衛隊員に説明を求めたが、その間も、外国メディアは「発射失敗」などと次々に速報し、韓国国防省の記者会見の様子もテレビ中継された。

◆8時23分
「北朝鮮から何らかの飛翔体(ひしょうたい)が発射されたとの情報を得た」。同8時23分。田中防衛相が記者会見でようやくミサイル発射を公表した。沖縄県庁のエムネット端末に「発射確認」の情報が届いたのは同8時37分。ミサイル発射から約1時間が過ぎていた。
発射情報が数秒で届く全国瞬時警報システム(Jアラート)は今回は出番なし。与那国町の外間守吉町長は「直前に2回もテストしたのに……。政府の失態としか言いようがない」とつぶやいた。
与那国町漁協の中島勝治組合長(46)は、「Jアラートは何のためなのか。危機管理を一からやり直してほしい」と情報発信のお粗末さに憤っていた。


---米、北朝鮮への食糧支援中止 核実験には制裁と警告---
2012年4月14日 00時53分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041301002294.html

【ワシントン共同】米ホワイトハウスのローズ大統領副補佐官は13日、北朝鮮が人工衛星と主張する長距離弾道ミサイル発射を受け、2月の米朝合意で決めた食糧支援を中止すると述べた。ロイター通信が報じた。
また副補佐官は、北朝鮮がさらなる挑発行為を行えば追加制裁を検討するとして、北朝鮮に核実験を行わないよう強く警告した。
米国は、北朝鮮のウラン濃縮活動停止などと引き換えに食糧支援を行うことで合意。オバマ大統領も3月の訪韓時、北朝鮮がミサイルを発射すれば、支援実施は「困難になる」と述べていた。


---U.N. condemns North Korean rocket launch, stops short of penalties---
By William Wan and Colum Lynch, Published: April 13 | Updated: Saturday, April 14, 3:13 AM
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/united-states-allies-weigh-response-north-koreas-failed-rocket-launch/2012/04/13/gIQAacahET_story.html?hpid=z1

North Korea’s failed rocket launch drew a carefully calibrated response from the United States and other countries on Friday, with officials seeking to condemn the North without inviting even more provocations from the reclusive government.

Twice over the past six years, North Korea has set off nuclear tests after failed rocket launches sparked international outcry and, later, economic sanctions. On Friday, at an emergency meeting, the U.N. Security Council issued a statement that censored North Korea’s launch - widely perceived as a thinly veiled ballistic missile test - but stopped well short of any imposing new penalties on Pyongyang.

“The Security Council deplored this launch,” said U.S. Ambassador Susan E. Rice, who is presiding over the 15-nation council’s rotating presidency this month. “Members of the Security Council agree to continue consultations on an appropriate response.”

The North is already one of the most heavily sanctioned nations in the world, and any attempt to impose further sanctions through the Security Council would likely have been blocked by China, North Korea’s staunchest ally.

White House officials, meanwhile, said they won’t pursue new sanctions but will seek to tighten the enforcement of existing U.N. sanctions. They also said they had suspended a deal to deliver food aid to North Korea in return for a moratorium on nuclear and missile tests.

“Their efforts to launch a missile clearly demonstrates that they could not be trusted to keep their commitments, therefore we’re not going forward with an agreement to provide them with any assistance,” National Security Council spokesman Ben Rhodes told reporters accompanying President Obama on a trip to Florida aboard Air Force One.

The administration’s negotiation with North Korea was part of an engagement strategy that Obama has advocated since inauguration. But any prospect of further engagement is likely now on hold until at least after the election.

Already North Korea has gained traction as a political issue in recent weeks as Republican presidential candidate Mitt Romney as well as some Korean experts have criticized the Obama administration’s Feb. 29 deal with Pyongyang, which unraveled in two weeks.

“They reached out and everyone saw how that agreement was broken,” said Evans Revere, a former State Department official specializing in Asia. “The administration can’t be seen as rushing back to the table.”

Instead, U.S. officials have extensively discussed in private the possibility of increasing military exercises and consultations with allies in the region, including Japan and South Korea. Such exercises, however, have typically incensed North Korea and could provoke the country to launch retaliatory exercises of its own.

China, the North’s main economic benefactor and a conduit through which the North receives much of its food and its luxury goods, will be the key in any scenario to the international response. As the United States pushes for tighter enforcement of existing sanctions, for example, it will need cooperation from Beijing.

China had worked hard behind the scenes to put together the Feb. 29 agreement, and some analysts have been told by Chinese diplomats that they tried to dissuade North Korea before it announced its planned rocket launch.

Officials have said the Chinese appear genuinely angry that North Korea went ahead with those plans. But such anger may not translate into action.

“We hope all relevant parties can maintain calm and restraint, and refrain from acts that would harm peace and stability on the Peninsula and in the region,” China’s Foreign Ministry spokesman, Liu Weimin, said Friday in a statement in the state-run Xinhua news agency.

Looming over any diplomatic response is the possibility of North Korea’s third nuclear test.

Even before the latest rocket launch, the South Korean government had warned that the North might be preparing for such a test, citing satellite images of accumulating mounds of dirt in a location used for underground tests in 2006 and 2009. U.S. intelligence analysts have said they are also studying the location intently.

“The dirt pile is clearly visible,” said Paul Brannan, a nonproliferation analyst at the Institute for Science and International Security, who has obtained and studied the same satellite image used by the South Koreans. “And it follows the North’s previous patterns of missile test then nuclear test. So it does seem likely.”

The difference this time around is that North Korea may use highly enriched uranium rather than plutonium. A successful test would indicate a proficient uranium program, which is much easier to produce undetected.

Much of the information about North Korea’s Friday morning launch remains unknown, or relegated to classified military readouts. According to media reports, South Korean destroyers and U.S. Navy ships are looking to scour the sea for debris that could be used to improve intelligence on North Korea’s capabilities.

Still, experts are already trying to piece together the little that is publicly known - the rocket’s failure after 1 1/2 minutes, the sighting of debris from the first stage 165 km west of Seoul - to learn more about North Korea’s program.

“The problem doesn’t appear to be a matter of design because we saw how far along they got in 2009,” said Ted Postol, a physicist and professor at Massachusetts Institute of Technology. “It’s likely a matter of consistency and reliability of their manufacturing.”

Added Postol: “It just goes to show you how much of a challenge it is to build a very large, light, near perfect performing structure.”


---For North Korea, Rocket’s Failure May Be Learning Opportunity---
By WILLIAM J. BROAD
Published: April 13, 2012
http://www.nytimes.com/2012/04/14/world/asia/for-north-korea-failure-as-learning-opportunity.html

Disasters are a regular part of rocket science, as demonstrated by the American experience with its Vanguard program.

That slim rocket was meant to launch the nation’s first satellite into orbit. But starting in August 1957, four static firings of its engines failed. Pressure soared as Moscow successfully sent its first satellite into orbit that October.

Reporters descended on Cape Canaveral, Fla. On Dec. 6, the countdown reached zero, and Vanguard lifted off the launching pad. It rose four feet before settling back in a churning ball of smoke and fire.

The Vanguard satellite fell clear and “came comfortably to rest nearby, chirping innocently,” according to “The Heavens and the Earth,” a history of the early days of the American space program. Early the following year, the United States was able to launch a satellite with a different rocket, and less than three months later, finally managed a successful Vanguard launch.

If the United States can learn from failure, maybe North Korea can, too. It needs to, after 14 years of failures in the development of rockets powerful enough to loft a satellite - particularly when its secretive leadership encourages its impoverished people to indulge in grandiose expectations.

In interviews, aerospace experts said major setbacks are a normal part of rocket programs and can produce crucial information for engineers struggling to identify problems and make improvements.

“This stuff is really hard to do,” David C. Wright, a senior scientist at the Union of Concerned Scientists, a private group in Cambridge, Mass., said in an interview.

Dr. Wright noted that South Korea had twice recently failed to fire a satellite into orbit, first on Aug. 25, 2009, and then again on June 10, 2010. “It’s basically a very hard business,” he observed.

However, North Korea’s failures have some experts scratching their heads. They note that Iran - which has drawn on North Korean expertise to build its own families of small and large rockets - is in many respects outdoing its instructor.

Tehran fired its first satellite into space in 2009, joining the elite club of nations that have used their own technologies to send objects into orbit.

Dr. Wright suggested that North Korea might be having problems with quality control.

“Their overall design seems to make sense,” he said. “But mundane sorts of things might get in the way, such as welding. Putting it all together can be hard.”


---政府、北朝鮮追加制裁を本格検討 米韓両国と連携---
2012年4月13日 20時31分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041301002066.html

政府は13日、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射を受け、日本独自の追加制裁に関し本格的な検討に入った。過去の国連安全保障理事会決議に違反しているとして、米韓両国と連携して安保理での新たな決議採択も働き掛け、国際包囲網の構築を急ぐ。
ただ強硬路線を貫けば、膠着状態に陥っている拉致問題の進展に影響を与えるのは確実。このため野田佳彦首相は、制裁強化について安保理の議論の行方や北朝鮮の今後の動きを見て最終判断する考えだ。
政府は現在、輸出入の全面禁止など独自の制裁措置を継続中。
(共同)


---田中防衛相、袖を引っ張られるよう会見場を退出---
2012年4月13日13時21分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120413-OYT1T00570.htm

「ミサイル発射の情報」という午前7時55分頃の韓国メディアの速報を受け、防衛省詰めの報道陣は一斉に確認に走った。
「発射されたのではないのか」「黄海に落下物があったという情報がある」といった報道陣の質問に対し、同省担当者は「確認していない」と繰り返すばかり。その間、米CNNなどはミサイルは発射され、しかも失敗だったと伝えていた。
ようやく田中防衛相が記者会見をして発射を発表した時には、発射探知から43分もたっていた。「我が国への影響は一切ありません」と声を張り上げたが、記者から質問が飛ぶと、「それ以上の情報は分析中」と遮る事務方らにスーツの袖を引っ張られるようにして会見場を退出する姿はこっけいですらあった。
国民の安全確保に責任を持つ関係省庁はいら立ちを募らせた。警察庁幹部は「正確な情報はない」と繰り返し、「午前8時20分過ぎに官邸から発射情報がようやく伝わった」とぶぜんとした様子。同庁は情報を把握し次第、即座に全国の警察に伝え、警戒を呼びかける役目だ。別の同庁幹部は「準備は万全でも結果的に立ち上がりが遅れた」と話した。
海上保安庁は「発射報道」を受け、被害確認のために航空機や巡視船の出動指示を出したが、その直後に「我が国領域への影響はない」との防衛相発表があり、慌てて指示を取り消した。同庁幹部は「航行中の船などに被害が出ていたら、情報伝達の遅れが救助の遅れにつながったかもしれない」と指摘する。
発射を確認すれば運航中の航空機に注意を呼びかける国土交通省は午前8時4分、「政府としては事実を確認していない」との第一報を官邸から受け取った。危機管理担当者は「『事実を確認していない』では対応のしようがない。『発射した模様』くらいは伝えてほしかった」と話した。


---露「深刻な懸念」、比は警戒解除…北ミサイル---
2012年4月13日12時53分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120413-OYT1T00549.htm

【北京=関泰晴】中国国営新華社通信は13日朝、韓国メディアの報道を引用する形で「北朝鮮がロケットを打ち上げた」と速報した。またその後、韓国国防省の報道担当者の話として「ロケットは発射数分後にバラバラとなって墜落した」と伝え、「打ち上げは失敗した」とする日米当局者の見方も報道した。
北京の北朝鮮大使館では13日午前、報道陣が詰めかけ、武装警察が一時、警備を強化した。敷地内に住む40歳代の北朝鮮女性は、発射についてまだ知らされていない様子で、「我々は(人工衛星打ち上げに)必ず成功するだろう」と力を込めて話していた。

【モスクワ=寺口亮一】インターファクス通信によると、ロシア外務省高官は13日未明、北朝鮮のミサイル発射に「深刻な懸念」を表明した。この高官は、北朝鮮は国連安保理決議で弾道ミサイル技術を使う発射を禁じられていると指摘したうえで、発射が北朝鮮の核問題を巡る6か国協議の再開も難しくする可能性があるとの見方を示した。

【マニラ=石崎伸生】フィリピンではミサイルの一部の領域内への落下が予想されていたが、13日朝、米海軍からの「発射は失敗し黄海に落下した模様」との情報をもとに警戒態勢が解かれた。午前8時半(日本時間午前9時半)には落下予想地域の船舶・航空機の航行禁止も解除された。ボルテア・ガズミン国防相は「北朝鮮が国連決議を順守し、長距離弾道ミサイル実験をやめ、国際社会と協調するよう繰り返し求めていく」との声明を出した。


---政府関係者「不意を突かれた…」官邸は情報出さず---
2012/04/13 11:50
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/220413051.html

総理官邸では、ミサイル発射の情報を把握していたにもかかわらず、自治体などに知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート」を作動させませんでした。
(政治部・山崎陽弘記者報告)
藤村官房長官は、Jアラートの作動など初動対応について、情報のダブルチェックに時間がかかったなどとして問題はなかったと強調しました。
藤村官房長官:「(Jアラートなどの対応は)大体、想定通りだった。短距離ミサイルかもしれない。燃焼(実験)のみかもしれない。あそこに据えられた人工衛星と称するミサイルなのかどうかも、なかなか確認に時間がかかっている」
そのうえで、事実上のミサイルがレーダーから消えて、日本に来ないと判断したのでJアラートは発信しなかったとしました。しかし、Jアラートは警戒を促すためのもので、発射された模様という段階で官邸から第一報が流れることになっていました。日本政府関係者は、アメリカの情報などから13日の発射の可能性は低いとみていて、今回は完全に不意を突かれたと漏らしています。また、防衛省内からは、発射の情報をつかんでいながら午前8時すぎに政府が発射の情報はないと発表したことは問題だという指摘が上がっています。野田総理大臣は、安全保障会議で国民への情報提供に全力を尽くすと強調しましたが、足元がおぼつかず、むなしく響いています。


---米政府、北朝鮮のさらなる挑発行為を警戒---
2012年4月13日10時50分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120413-OYT1T00308.htm

【ワシントン=白川義和】米政府は、北朝鮮のミサイル発射が失敗に終わったとはいえ、国際社会の一致した自制要求を無視し、発射を強行した点を重大視している。
発射が、国連安全保障理事会の決議に違反するとして非難し、対北朝鮮制裁の履行徹底などを求める新たな安保理決議や議長声明の早期採択を目指す考えだ。また、2月末の米朝合意に盛り込まれた北朝鮮への食糧支援も破棄する方針だ。
米政府は、「人工衛星」名目でも、「弾道ミサイル技術を使ったいかなる発射」も行わないことを北朝鮮に要求した国連安保理の制裁決議1874号(2009年6月採択)の明確な違反だと再三強調し、北朝鮮に自制を促してきた。
米国は今月の安保理議長国でもあり、決議や議長声明の迅速な採択に向け、安保理で拒否権を持つ中国とロシアに協力を求める方針だ。
米政府はまた、今回の発射強行で、北朝鮮の3度目の核実験の可能性もあるとみてさらなる挑発行為への警戒を強める。


---北ミサイルの有毒燃料、旧ソ連では大惨事も---
2012年4月12日23時06分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120412-OYT1T01078.htm

【モスクワ=寺口亮一】北朝鮮が発射を予告する長距離弾道ミサイルについて、燃料として利用されるとみられる液体燃料「ヒドラジン」の危険性が指摘されている。
ヒドラジンは、旧ソ連の弾道ミサイルなどに使用されていた。ロシアの「権威ある専門家」はタス通信に対し、過去の例などから、今回の北朝鮮のミサイルも、燃料注入完了から最大5日間、発射状態を保つことが可能との見方を示した。
強い毒性を持つヒドラジンについて、ロシアには苦い記憶がある。旧ソ連時代の1960年10月、バイコヌール宇宙基地(現カザフスタン)で弾道ミサイルが発射試験の直前に爆発、火災や燃料のヒドラジンから発生した有毒ガスなどにより、少なくとも91人が死亡した。事故に巻き込まれて死亡した戦略ロケット軍司令官の名前から「ニジェーリンの大惨事」と呼ばれる。
北朝鮮でも、発射が失敗すれば、周囲に有毒ガスがまき散らされる可能性がある。


---中国機が護衛艦に接近、東シナ海 50メートルの距離---
2012年4月12日 21時46分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041201002101.html

12日午後0時10分ごろ、東シナ海の日中中間線付近で警戒監視に当たっていた海上自衛隊の護衛艦「あさゆき」に、中国の国家海洋局所属の固定翼機が水平距離、高さとも約50メートルまで接近、2周して飛び去った。
外務省は同日、危険な行為として、中国側に再発防止を申し入れた。
防衛省によると、現場は、日中双方が権益を主張するガス田「白樺」(中国名・春暁)近くの日中中間線より日本側。固定翼機は1機で、機体には中国国旗とともに、国家海洋局の海監総隊所属を示す「中国海監」と記されていた。
あさゆきは通常の監視活動をし、北朝鮮のミサイル発射への対処ではなかったという。
(共同)


---防衛相が「破壊措置命令」解除…自衛隊も撤収---
2012年4月13日21時38分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120413-OYT1T01039.htm

北朝鮮が弾道ミサイルの発射に失敗したことを受け、田中防衛相は13日夕、日本に破片などが落下した際に自衛隊に迎撃を命じた「破壊措置命令」を解除した。
東シナ海と日本海に派遣した3隻のイージス艦、沖縄県などに展開した地対空誘導ミサイル「PAC3」は今後、撤収作業に入る。


---北のミサイル、10個程度に空中分解か---
2012年4月13日13時31分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120413-OYT1T00437.htm

北朝鮮は13日午前7時40分頃、「人工衛星」と称して発射を予告した弾道ミサイルを発射した。ミサイルは発射直後に爆発した模様で、発射は失敗に終わった。
国際社会は、ミサイル発射が北朝鮮による弾道ミサイル技術の利用を禁じた国連安全保障理事会決議に違反するとして強く自制を求めてきたが、北朝鮮が発射を強行したため、新たな金正恩(キムジョンウン)体制が国際的孤立を深めるのは避けられない情勢だ。日本政府は、米国などと連携し、安保理の開催を求める方針だ。
防衛省によると、午前7時40分頃、北朝鮮の西岸にある東倉里(トンチャンリ)周辺から南に向けてミサイルが発射されたのを、米軍の早期警戒衛星が探知。同省幹部によると、ミサイルは高度約120キロまで上昇したが、約1分後に空中で分解し、10個程度に分かれて北朝鮮の沿岸部から韓国西方にかけての黄海に幅広く落下した模様だ。発射から落下までの時間は数分だったという。自衛隊と米軍が航跡や破片の落下地点の分析を進めている。
藤村官房長官は午前8時半過ぎから緊急に記者会見し、「落下物による我が国への影響は一切ない。国民は冷静に平常通りの生活と業務に就いてほしい」と発表した。また、午前10時過ぎからの2回目の記者会見では、「ミサイルとの最終確認はできていないが、少なくとも飛翔(ひしょう)体が発射され、失敗したという判断だ」と述べた。その上で、「失敗だったとしても、我が国の安全保障上の重大な挑発行為と言わざるを得ず、国連安保理決議に違反する行為だ。極めて遺憾で、外交ルートを通じ厳重に抗議した」と語った。


---「北ミサイル発射模様」と栃木県がメール誤送信---
2012年4月12日21時09分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120412-OYT1T01067.htm

栃木県は12日、「北朝鮮から『人工衛星』と称するミサイルが発射された模様です」とする防災メールを登録者2648人に誤送信したと発表した。
このメールを受けた同県那須烏山市も、市の防災メール登録者約3000人に同様のメールを送信した。県は「危機管理が求められる中、不祥事が起きてしまい大変申し訳ない」と謝罪した。
県の発表によると、12日午後4時31分に県消防防災課の担当者が同課の職員1人にテストメールを送信するつもりだったが、操作を誤ったという。県は約4分後に訂正メールを送信した。


---露機、イージス艦の情報収集?…空自が緊急発進---
2012年4月12日21時07分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120412-OYT1T01068.htm

防衛省統合幕僚監部に入った連絡によると、ロシアの哨戒機2機が12日午前8時頃から午後5時過ぎにかけて、日本海から東シナ海まで飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した。
北朝鮮の弾道ミサイルを警戒している海上自衛隊のイージス艦の情報を収集していた可能性がある。領空侵犯はなかった。
また同日正午過ぎには、東シナ海中部海域で、中国国家海洋局所属とみられる航空機が海自の護衛艦に約50メートルまで接近。護衛艦は通常の警戒監視中で、防衛省は外交ルートを通じ、中国側に危険な飛行の停止を申し入れた。


---ロシア軍機、情報収集か 沖縄・宮古島北方を周回---
2012年4月12日 20時13分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041201001966.html

北朝鮮が「衛星」打ち上げと称する弾道ミサイル発射の予告期間に入った12日、ロシア軍のTU142哨戒機2機が午前8時すぎから午後5時すぎにかけ、日本海から東シナ海にわたり飛行した。防衛省は領空侵犯の恐れがあるとして、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させた。同省が公表した。
防衛省によると、領空侵犯はなかったが、2機は沖縄県・宮古島北方の東シナ海上空を何回も周回。展開する日米のイージス艦や地上配備型レーダーの電波情報を収集していた可能性があるという。
ロシア軍機は3月中旬から4月にかけ、日本周辺で頻繁に飛行しており、スクランブルは今回を含め計6回。
(共同)


---米太平洋軍司令官、ミサイル技術の拡散懸念---
2012年4月11日19時33分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120411-OYT1T00959.htm

米太平洋軍のロックリア司令官は11日、都内の在日米大使館で一部メディアと会見し、北朝鮮が「人工衛星」打ち上げと称して発射を予告している長距離弾道ミサイルについて、国連安全保障理事会決議への「明確な違反だ」と繰り返し、発射自制を求める米国の立場を改めて強調した。
ロックリア司令官は、北朝鮮のミサイル開発は「この地域の安全保障を不安定化させる」と批判した上で、射程が長くなっていることや、ミサイル技術が第三国に拡散する可能性に強い懸念を表明した。


---宮古島沖 米イージス艦が停泊---
4月10日 17時2分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120410/k10014346071000.html

10日午前、沖縄県宮古島の沖合で弾道ミサイルを迎撃する能力を持つアメリカ海軍のイージス艦が停泊しているのが確認され、北朝鮮が人工衛星としている事実上のミサイルの発射に対応する目的だとみられます。
10日午前10時ごろ、アメリカ海軍のイージス巡洋艦「シャイロー」が、宮古島の北東およそ80キロの沖合で停泊しているのが、NHKのヘリコプターから確認されました。
シャイローは、神奈川県の横須賀基地を拠点とするアメリカ海軍第7艦隊に所属し、弾道ミサイルを追尾できる高性能レーダーと、迎撃ミサイル「SM3」を搭載しています。
在日アメリカ海軍司令部は、NHKの取材に対し、「コメントできない」としていますが、シャイローは、前回2009年の北朝鮮によるミサイル発射の際も洋上に展開していることから、今回も北朝鮮の発射予告に対応するため展開しているとみられます。
アメリカ海軍は、沖縄周辺の東シナ海に展開している海上自衛隊の2隻のイージス艦などと連携して、ミサイルの発射に対応するものとみられます。


---北朝鮮の潜水艦3~4隻、東海基地出港後に姿を消す---
APRIL 05, 2012 07:26
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2012040531968

最近、北朝鮮の潜水艦3、4隻が東海岸基地を出港後姿を消し、軍当局が鋭意注視している。
4日、軍筋によると、最近、東海岸の潜水艦基地2ヵ所から北朝鮮の潜水艦3、4隻が出港後、韓国軍の監視網から姿を消した。この潜水艦はサンオ級(370トン)潜水艦と推定され、現在まで具体的な位置が把握されていないという。
別の消息筋は、「最近、天候が暖かくなり、北朝鮮が潜水艦侵入訓練を活発に実施しているようだ」とし、「訓練を装った挑発の可能性も排除せず、動向を綿密に把握している」と話した。
軍当局は、北朝鮮が12~16日に長距離ロケットを打ち上げると予告して対南挑発の脅威を高めているだけに、韓国軍の艦艇や軍基地を狙った奇襲挑発を強行する可能性に備えている。
さらに、哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没後、韓国軍が西海(ソヘ、黄海)5島と西海の北方限界線(NLL)一帯に北朝鮮への監視・攻撃戦力を集中配置している隙に、東海で不測の挑発に出る可能性があると、韓国軍は見ている。崔潤喜(チェ・ユンヒ)海軍参謀総長も先月、東亜(トンア)日報とのインタビューで、「西海に関心を集中させておき、東海や後方地域で『東に声して西を撃つ(声東撃西)』という悪辣な手口の挑発を強行する可能性はいくらでもある」と話している。
北朝鮮は、ロミオ級(1500トン)からヨンオ級(130トン)まで70~80隻の潜水艦のうちの80%を東海に配置している。咸鏡南道利原郡遮湖(ハムギョンナムド・イウォングン・チャホ)と、この地域の南方の新浦(シンポ)沖にある馬養島(マヤンド)に大規模な潜水艦基地を構えている。韓米軍当局は、偵察衛星などで北朝鮮の潜水艦基地の動きを把握しているが、潜水艦が基地を出港して海中に潜ってしまえば、追跡は難しい。


---北ミサイル対応、F15がイージス艦を警護へ---
2012年3月30日07時15分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120329-OYT1T01168.htm

防衛省は29日、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射予告したミサイルへの対応で、東シナ海などに展開するイージス艦にF15戦闘機の警護をつける方針を固めた。
ロシアや中国の情報収集機が飛来し異常接近する恐れがあるためで、自衛隊法95条の「武器等防護のための武器使用」規定を初めて適用する形で配備する。
政府は30日に安全保障会議(議長・野田首相)を開き、ミサイル迎撃の対処方針を決める。これを受け、田中防衛相が同日、自衛隊に破壊措置命令を発令する予定だ。
北朝鮮は、4月12~16日の午前中のミサイル発射を予告している。防衛省はミサイル発射に備え、沖縄周辺の東シナ海や西太平洋などにイージス艦3隻を展開することを検討している。イージス艦はミサイルを探知、追尾する際、レーダーをミサイルに集中させるため、周辺状況を把握できず、一種の「無防備状態」に置かれる。このため、同省は、那覇基地などからF15を派遣し、イージス艦1隻につき常時2機を周辺空域の警戒監視にあてることにした。

0 コメント: