2012年4月26日木曜日

気候変動 寒冷化へ

気候変動で、寒冷化が進むようだ。
 太陽の北極と南極にN極、赤道付近に二つのS極が形成される「4重極構造」
が現れつつあることが、国立天文台などの研究チームの観測で分かった。
現在は2極だが、地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。

研究チーム
・太陽観測衛星「ひので」で太陽の極付近を観測。
 2008年 北極 S極
 2011年 北極 S極に混じってN極が出現
     南極 N極
     4重極構造
・太陽の観測結果を調査
 黒点の増減周期や磁場構造が、地球が寒冷期だった17~18世紀と酷似。
 地球が寒冷化する可能性がある

科学的根拠に政治的意図が伺える地球温暖化と最近注目される太陽の寒冷化。
地球温暖化の根拠で、IPCCは、中世時代の欧州の温暖化の歴史を説明できな
かったが、太陽の研究者は、現在の太陽が、中世時代の欧州のような
小氷期に酷似と説明。地球温暖化の政治色がまた濃くなった。
最終的には、宗教的天動説と科学的地動説の選択になりそうだ。
地球温暖化を否定しても、天動説を一部で教育する米国。
さらに、「災は、神の掲示」と商売で説教する宗教家もいる。

強烈な太陽フレアによる磁気嵐が発生し、通信や放送に影響がでると話題
だが、現在まで大きな障害は出ていないようだ。将来、宇宙天気予報により、
予防ができればかなり違うだろう。

天気、地震、磁気嵐等の天変地異の予報も神が関与か。

マケイン 支持した牧師を取消し
温暖化疑惑論争
IPCC 温暖化対策は政治判断
温暖化詐欺でピンハネ
震災信仰は続く


地球温暖化予報 太陽黒点の観測から


---太陽:磁場が「4重極構造」に…地球、一時的に寒くなる?---
毎日新聞 2012年04月20日 20時56分(最終更新 04月21日 01時09分)
http://mainichi.jp/select/news/20120421k0000m040072000c.html

 太陽の北極と南極にN極、赤道付近に二つのS極が形成される「4重極構造」が現れつつあることが、国立天文台などの研究チームの観測で分かった。現在は2極だが、地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。当時の太陽活動の特徴とも一致することから、温暖化の一時的な抑制につながる可能性があるという。
 研究チームは、太陽観測衛星「ひので」で太陽の極付近を観測。08年の北極はS極だったが、11年にはS極に混じってN極が出現した。北極と南極は同時に反転するとされてきたが、南極はN極のままだった。このため、北極ではS極からN極に反転し、4重極構造に変化する過程にあると結論付けた。今年5月ごろには完全に反転するとみられるが、理由は分かっていない。
 過去の太陽の観測結果を調べたところ、黒点の増減周期や磁場構造が、地球が寒冷期だった17~18世紀と酷似していた。常田佐久・同天文台教授(太陽物理学)は「反転の影響で、地球が寒冷化する可能性がある」と分析する。【鳥井真平】


---太陽磁場、来月に4極化か…300年前は寒冷に---
2012年4月20日14時26分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120420-OYT1T00615.htm

 国立天文台などは19日、5月にも太陽の磁場が反転し、北極と南極にN極(プラス磁場)、赤道付近に二つのS極(マイナス磁場)が出現する「4重極構造」に変化するとの予想を発表した。
 約300年前に地球が寒冷化した時期と太陽活動の特徴が一致しており、温暖化の一時的な抑制につながる可能性もある。
 同天文台の常田佐久教授(太陽物理学)らは、太陽観測衛星「ひので」を使い、磁場データを分析。昨年7月以降、北極の磁場がS極からN極に反転し始めたことを確認した。一方、ほぼ同時に反転するはずの南極はN極のままで変化せず、4重極構造が確実視される状況となった。
 磁場反転の原因は未解明だが、約11年周期の黒点の増減と同期することが知られている。直近の黒点周期は13年近くに延び、北半球の平均気温が0・6度下がった17~18世紀とよく似ている。当時も4重極構造だったと推定されるという。


---太陽が冬眠? 周期的活動に異変、地球に低温期到来か---
2012年4月20日6時59分
http://www.asahi.com/science/update/0419/TKY201204190474.html

 太陽の周期的な活動に異変が起き、「冬眠」に入って地球に低温期が到来する可能性があることがわかった。国立天文台や理化学研究所などが19日発表した。太陽の黒点の様子にも、過去に地球の気温が下がった時期と同様の変化が見られるという。
 太陽には南北両極に正と負の極があり、約11年周期で同時に反転する。2013年5月に次の反転が始まると予測されていたが、太陽観測衛星「ひので」で観測したところ、北極では約1年早く反転に近づいていることがわかった。南極はそれほど変化がなかった。
 このペースだと、12年5月に北極のみが反転し、太陽の赤道付近に別の極ができる「4重極構造」になるという。


---目には見えない「天災」がやって来る---
2012年4月15日(日)
http://president.jp/articles/-/5934

 今年3月、“太陽嵐”が地球に届いたことが話題になった。太陽嵐は、簡単にいえば、太陽表面での爆発(太陽フレア)などによって放出された電磁波や粒子などが地球に到達する現象のこと。通信や放送に障害が発生する可能性があるほか、さらに磁気嵐が発生すれば、変電所の故障による大規模停電などの被害が出る。1989年に発生した大フレアでは、大磁気嵐でカナダ・ケベック州で600万戸が9時間停電した。
太陽嵐は11年周期で活動が活発になり、次は2013年に極大期を迎えるといわれる。3月の太陽嵐による影響は予想を下回ったようだが、今後来年にかけて、通信や放送などに影響が出るような太陽嵐が、日本でも起こらないとも限らない。
 今までの太陽嵐の被害では、人工衛星の故障が最も多いが、現在では宇宙飛行士の被曝も懸念されている。「宇宙飛行士が船外活動しているときに10年に1回の大フレアが起きたら、致死量に近い放射線量を被曝するかもしれない」と京都大学大学院理学研究科附属花山天文台台長・柴田一成氏は言う。
 じつは日本の太陽観測技術は世界トップレベルにある。太陽フレアの発生条件の解明はまだ途上だが、フレア発生後の地球への影響度合いは予測できはじめている。「いずれは『明日の何時ころにどれくらいの大きさのフレアが発生し、地球にどのような影響があるか』を予報できるような“宇宙天気予報”を実現したい」(柴田氏)。宇宙が身近になればなるほど、この天気予報が重要になるに違いない。


---Earth unprepared for super solar storm---
By Mike Wall
Published April 19, 2012
Space.com
http://www.foxnews.com/scitech/2012/04/19/earth-unprepared-for-super-solar-storm/

Humanity needs to be much better prepared for massive solar storms, which can wreak havoc on our technology-dependent society, a prominent researcher warns.

Powerful blasts from the sun have triggered intense geomagnetic storms on Earth before, and they'll do so again. But at the moment our ability to predict these events and guard against their worst consequences - which can include interruptions of power grids and satellite navigation systems - is lacking, says Mike Hapgood of the British research and technology agency RAL Space.

"We need a much better understanding of the likelihood of space weather disruptions and their impacts, and we need to develop that knowledge quickly," Hapgood, head of RAL Space's space environment group, writes in a commentary in the April 19 issue of the journal Nature.

Potentially devastating storms

The solar storms we need to worry about, Hapgood says, are coronal mass ejections, huge clouds of charged solar plasma that can rocket into space at speeds of 3 million mph (5 million kilometers per hour) or more.

CMEs that hit Earth inject large amounts of energy into the planet's magnetic field, spawning potentially devastating geomagnetic storms that can disrupt GPS signals, radio communications and power grids for days.

The world witnessed such effects not too long ago. In March 1989, a CME caused a power blackout in Quebec, leaving 5 million Canadians in the dark in cold weather for hours. The event caused about $2 billion in damages and lost business, Hapgood writes.

But CMEs are capable of much greater mischief. A huge ejection - now known as the Carrington event, after a British astronomer- slammed into Earth in 1859, setting off fires in telegraph offices. The world was not technologically advanced enough yet to suffer worse consequences, Hapgood noted.

"If we had a repeat of the Carrington event, I would expect several days of economic and social mayhem as many critical technological systems failed - e.g., localized power grid failures in many countries, widespread loss of GPS signals for navigation and timing, disruption of communications systems, shutdown of long-haul aviation," Hapgood told SPACE.com via email.

And the short-term problems caused by such a storm could pale in comparison with its long-term impact, he added.

"What scares me is the possibility that this recovery could take a long time in many parts of the world," Hapgood said. "Over the past few decades, we have become much more dependent on technology to sustain our everyday lives: e.g., electricity to pump clean water to our homes and remove sewage, just-in-time supply chains to feed us, ATMs and retail card readers to provide money for everyday shopping. Do we know how to recover quickly from the simultaneous disruption of a huge range of systems?"

Improving predictions

Despite a growing sense of concern among scientists - and decision-makers in politics and industry - our technology-dependent society remains vulnerable to a big CME-spawned geomagnetic storm, Hapgood says. [Photos: Huge Solar Flare Eruptions of 2012]

For starters, our forecasting ability, while improving, is still lacking. The United States' Space Weather Prediction Center (SWPC) can currently provide warnings of strong geomagnetic storms 10 to 60 minutes in advance with about 50 percent accuracy, Hapgood writes. That's a pretty small window for power companies to take protective measures.

SWPC scientists and other space-weather forecasters generally rely on observtions of approaching CMEs made by a handful of spacecraft. These include NASA's Advanced Composition Explorer (ACE) and Solar Terrestrial Rela-tions Observatory (STEREO) probes, as well as the NASA/European Space Agency Solar and Heliospheric Observatory (SOHO).

ACE launched in 1997, SOHO in 1995 and the twin STEREO craft in 2006. It's time for an upgrade, Hapgood told SPACE.com.

"We really need to replace those spacecraft and their instruments that monitor CMEs and, if possible, upgrade the instruments so they are optimized for space weather monitoring - essentially to pull out the most critical data and get it back to Earth as soon as possible," he said.

Preparing for the worst

The 1989 event spurred some power companies to require that all new transformers be able to withstand storms of similar magnitude.

But Hapgood thinks power, aviation and other vulnerable industries  - including finance, which depends on precise GPS time stamps for automatic trading - should take a longer view and guard against the huge storm that comes along just once every 1,000 years or so.

That's tough to do, since researchers don't know what a thousand-year storm might look like; data on such dramatic events are pretty hard to come by. But Hapgood says scientists could get a better idea by analyzing more data, including observations from a century or more ago.

Much of this historical information exists on paper only. Digitizing it would bring these records to the attention of many more researchers, Hapgood says, and he suggests enlisting citizen scientists to do the job on the Internet, much as the Galaxy Zoo project asks volunteers to classify galaxies online by the galaxies' shapes.

Researchers also need to develop better physics-based models to improve their understanding of extreme space weather, Hapgood says. And he suggests that studying storms on other, sunlike stars could be helpful, too.

In general, Hapgood is calling for powerful geomagnetic storms to be regarded as natural hazards similar to big earthquakes and volcanic eruptions: infrequent, potentially devastating events.

"These events often transcend the experience of any individual because they happen so rarely. Thus there is an all-too-human tendency to ignore them - that they lie outside the awareness of the decision-maker and probably will not occur during his term of office," Hapgood said. "But these events will happen sometime. We need to understand them and decide how far we should (i.e., can afford to) protect against them - and definitely not leave them until it's too late."

0 コメント: