2012年4月21日土曜日

Taliban Spring Offensive

タリバンが「春の攻勢」作戦を行った。
 アフガニスタンの首都カブールで、反政府武装勢力タリバンが西側の
大使館が集まる地域などで同時攻撃を行った。報道によると、日本大使館
にもロケット弾が着弾し、建物の壁が破損したが、けが人は出なかった
という。

タリバンの表明
・今回の攻撃は春の攻勢の始まり
・独英大使館やISAF本部が主要な標的
・NATO軍基地でのコーラン焼却やアフガン市民17人を殺害した米兵乱射事件
 等への報復

タリバン政権崩壊後、首都の攻撃としては最大級。
中断していたアフガン和平評議会を再開しようとした矢先、タリバンが
攻撃したようだ。

コーラン焼却や米兵乱射事件等は、連合軍側の和平反対派による画策とも
考えられ、連合軍撤退により装備品売上げ減少を嫌がったのかもしれない。
コーラン焼却やUAVによる無差別殺人は、以前から多発しており、今回の
作戦の理由ではないだろう。
作戦とは言え、標的近郊の中学校や航空大学へも攻撃しており、タリバン
の攻撃は、宗教の派閥争いも兼ねているようだ。

タリバンの攻撃を把握できない情報機関。
タリバンに首都まで侵入させた警察。
タリバン鎮圧までに9時間かかった軍隊。
内部工作員に、うまく工作されているようだ。

アフガン撤退は早すぎたか。

アフガニスタン 埋蔵鉱脈92兆円
タリバン 見せしめに7才児処刑か
UAV 民間人犠牲急増
ザワヒリ ウサマ死亡演説
アフガン撤退開始へ
US Marine Corps Peeing and breathing
French Cops killed the monster


Afghan Taliban launch 'spring offensive'


---タリバンがカブールなどで「春の攻勢」、日本大使館も被害---
2012年 04月 16日 07:23 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE83E00T20120415

 [カブール 15日 ロイター] アフガニスタンの首都カブールで15日、反政府武装勢力タリバンが西側の大使館が集まる地域などで同時攻撃を行った。報道によると、日本大使館にもロケット弾が着弾し、建物の壁が破損したが、けが人は出なかったという。
 タリバンの報道官はロイターに対し、「今回の攻撃は春の攻勢の始まりだ」とし、独英大使館や国際治安支援部隊(ISAF)本部が主要な標的だと表明。NATO軍基地でのコーラン焼却やアフガン市民17人が殺害された米兵乱射事件などへの報復だと述べた。
 タリバンと治安部隊の交戦は、攻撃開始から9時間が経過しても続いたほか、東部ジャララバードなど3カ所でも駐留軍基地などへの襲撃が発生。内務省によると、各地で自爆犯を含む武装勢力計19人が死亡、2人が拘束された。一方、警官14人と民間人9人も負傷したという。
 今回の事件は、アフガン戦争でタリバン政権が崩壊した2001年以来、首都で発生した攻撃としては最大級で、武装勢力が厳重に警備された大使館地区を襲撃する能力をなお有していることを示した。


---アフガン:治安回復の道筋見えず 軍や警察の能力不足深刻---
毎日新聞 2012年04月16日 00時45分(最終更新 04月16日 01時03分)
http://mainichi.jp/select/news/20120416k0000m030126000c.html

 【ニューデリー杉尾直哉】アフガニスタンの旧支配勢力タリバンによる15日の一斉攻撃はアフガン戦争開始(01年10月)から10年半後の今も治安が改善しない現実を内外に突き付けた。カルザイ政権は駐留外国軍の縮小に努めてきたが、代わって治安維持にあたるアフガン軍や警察、情報機関の能力不足は深刻だ。タリバンとの対話も暗礁に乗り上げており、雪解けシーズンに武装勢力が攻勢を強める事態も懸念される。
 カルザイ政権は今月8日、これまで駐留米軍が実施してきた民家への急襲作戦を大幅に制限することで米側と合意した。今後、急襲作戦にあたるアフガン人エリート部隊の編制も発表され、「米軍依存からの脱却」を印象づけた。
 また、カルザイ大統領は14日、タリバンとの和平を探る「高等和平評議会」の新議長に、昨年9月に暗殺された前議長ブルハヌディン・ラバニ元大統領の息子、サラフディン・ラバニ氏を任命した。暗殺事件以来、頓挫していた和平交渉を再開する意欲を示したばかりだった。


---タリバン「春の攻勢の始まり」と挑発 カブールの日本大使館など襲撃---
2012.4.16 00:21
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120416/asi12041600210000-n1.htm

 【ニューデリー=岩田智雄】アフガニスタンの首都カブールの日本大使館などが襲撃された事件で、犯行を認めたイスラム原理主義勢力タリバンのスポークスマンは15日、ロイター通信に「攻撃は春の攻勢の始まりであり、われわれは何カ月もかけて計画してきた」と述べた。
 タリバンは毎年、雪解け後の春先に大攻勢に出る。国際治安支援部隊(ISAF)は2014年末までに全土の治安維持権限をアフガン側に移譲する計画だが、タリバンは今後、外国駐留部隊などへの襲撃を激化させるとみられ、テロとの戦いの出口戦略を練る米国などを改めて悩ませることになりそうだ。
 一方、パキスタンのアフガニスタン国境に近いカイバル・パクトゥンクワ州バヌでも15日未明、銃や迫撃砲で武装した約150人が刑務所を襲撃し、384人が脱走した。タリバンと連携するイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」が犯行を認めた。
 当局者によれば、タリバン運動の脱走者は20人以上で、ムシャラフ大統領暗殺未遂事件に関わり死刑判決を受けた元空軍関係者も含まれているという。アフガンでの襲撃に連動した犯行の可能性もある。


---Taliban's 'spring offensive' reminds Kabul of insurgents' reach---
Emma Graham-Harrison in Kabul
guardian.co.uk, Sunday 15 April 2012 21.56 BST
http://www.guardian.co.uk/world/2012/apr/15/taliban-kabul-spring-offensive?newsfeed=true

Simultaneous attacks on embassies, Nato HQ and parliament marks group's most ambitious strike

When crackles of Kalashnikov fire interrupted his afternoon language class, Taghi Sefari barely looked up from his books. Kabul is, after all, a city used to violence. But when three loud blasts echoed through the school moments later, the veneer of calm shattered.

"The boys and girls ran out, some were crying, some were screaming," 14 year-old Sefari said several hours later, as heavy machine-gun fire still echoed around the Afghan parliament, target of perhaps the most ambitious Taliban attacks on Kabul in more than a decade. "When we were running away, a rocket hit the street, and one classmate was wounded. Blood started pouring from his head, and the police took him to hospital."

As reports multiplied of gunfire and explosions proliferating across the city, residents scrambled to work out what was going on. An attack on an aviation college; rockets fired at embassy compounds; assaults on government buildings. Parents raced to call children; friends called friends.

Around two dozen fighters had launched a "spring offensive" that the Taliban said was months in the planning. Despite heavy fortifications around Kabul's diplomatic district their rockets hit the German and Japanese embassies and the gate of a British residence, causing damage but no injuries.

The toll after eight hours of fighting was low: the head of Kabul's hospitals said 12 people were wounded, and none killed. The interior ministry reported deaths of nearly two dozen insurgents, although witnesses saw the bodies of at least two members of the security forces being carried away.

The ambitious, heavily guarded targets, and the co-ordination of multiple blatant attacks in Kabul and across another swath of the country were a pointed reminder of the insurgency's reach.

Trapped Kabul residents milled around the edge of the embassy district hoping the gunfire would end soon. Masi Ahmadi, 13, borrowed a phone to call home and tell his mother that he and his younger brother had left their school and couldn't get home, but weren't in any danger.

Eighteen year-old Abdul Jalil waited to see if his mother, locked in nearby offices that insurgents tried to breach, was OK. In a city where many lives are laced with tragedy, Jalil had endured a more painful brush with the Taliban when a suicide attack on an internet cafe killed his only brother seven years ago.

"I was happy when he was alive," Jalil said, as children peeked around a street corner to watch sweating commandos rush towards the insurgent stronghold, then darted back as gunfire started up again.

The attacks were confronted almost entirely by Afghan police and soldiers, who have needed heavy support handling past attacks, but on Sunday had assistance only from a few permanent Norwegian mentors. Their efforts were hailed by Nato and the Afghan government.

"I am enormously proud of how quickly Afghan security forces responded to today's attacks in Kabul," said General John Allen, the top US and Nato commander in Afghanistan. He said offers of foreign help had been declined so far, despite exchanges of gunfire on Sunday night.

"I consider it a testament to their skill and professionalism - of how far they've come - that they haven't yet asked for that support," he added.

At least one member of parliament from the Taliban's home province of Kandahar also joined the battle, borrowing an assault rifle from a policeman and taking to the roof of the legislature building.

"I'm the representative of my people and I have to defend them," Mohammad Naeem Lalai Hamidzai told Reuters.

Near the parliament a crackling police radio warned of a possible suicide vehicle packed with explosives and disguised as an ambulance, and a policeman's fighting partridge, terrified by hours of explosions, hurled itself frantically against the bars of a wooden cage.

Brickwork and steel columns of the insurgents' temporary stronghold poked above the Kabul trees, and commandos who had taken over security in the area shooed away the few curious bystanders.

"My parents don't know I am out," admitted 11 year-old Edrees, as smoke rose from the occupied building. "I told them I went to my friend's house, and they think we are still inside."

But away from the immediate danger, Kabulis went about their business ignoring the distant rattle of guns.

"The fighters are doing their fighting and I'm staying here to do my business," said 29-year-old Khalilullah, who kept his Perfect Special Juice stall open, despite the shuttered and padlocked store-fronts of competitors. "I grew up in a war."


---新議長にラバニ氏息子 アフガン和平評議会---
2012.4.14 22:13
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120414/asi12041422130004-n1.htm

 アフガニスタン大統領府は14日、タリバンなどの反政府武装勢力との和平交渉を主導する「高等和平評議会」の議長について、昨年9月に暗殺されたブルハヌディン・ラバニ元大統領の後任に、息子のサラフディン・ラバニ氏が選出されたと発表した。
 駐トルコ大使を務めているサラフディン氏は議長選出後に演説し「和平プロセスはアフガン人が主導するべきだ」と述べ、米国が模索するタリバンとの直接協議をけん制した。ラバニ元大統領は昨年9月、首都カブールの自宅で暗殺された。(共同)


---米無人機の発着認めず 2014年以降、アフガン外相---
2012.4.6 14:10
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120406/asi12040614120001-n1.htm

 アフガニスタンのラスール外相は5日に放映された中東の衛星テレビのインタビューで、国際治安支援部隊が撤退する予定の2014年末以降、アフガン国内での米軍無人機の発着を認めない方針を明らかにした。ロイター通信が伝えた。
 米軍無人機はパキスタン北西部の部族地域を拠点とするイスラム武装勢力を掃討するためアフガン国内の飛行場から発着しているが、同国の飛行場が利用できなくなれば掃討作戦に影響が出る可能性がある。
 米軍は昨年末、パキスタン政府の要請を受け、無人機の発着に利用していた同国南西部バルチスタン州のシャムシ飛行場から撤収しており、現在は主にアフガン国内の飛行場から無人機を発着させて爆撃を続けている。(共同)


---タリバン元司令官、和平交渉再開へ「米国は信頼回復を」---
2012年3月26日
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201203260077.html

 [カブール 26日 ロイター] アフガニスタンの旧支配勢力タリバンの元司令官がロイターとのインタビューに応じ、タリバンは最終的に米国との和平交渉を再開するとの見通しを示した。ただ、交渉再開は米兵乱射事件などで損なわれた信頼を米政府がどう修復するかにかかっていると注文をつけた。
 タリバンは、米国がグアンタナモ米海軍基地で拘束する幹部5人の移送を約束しながら実行しなかったなどとして、和平交渉に向けた初期段階の対話を中断すると発表。その後、米兵が南部カンダハル州でアフガン住民を殺害した事件が、和平に向けたムードを悪化させたと非難した。
 交渉人の1人のいとこにあたる元司令官のSyed Mohammed Akbar Agha氏は、「タリバン、政府、外国人のいずれにとっても、アフガンの問題は和平交渉なしには解決できない」と強調。その上で「対話は必ず始まる。だが、始まるのは信頼が回復してからだ」と語った。
 和平交渉は昨年、両者が中東カタールでのタリバン事務所開設とともに、タリバン兵5人のカタール移送に合意したことで、進展がみられたかに思われた。しかし、タリバン兵の移送をめぐっては、米国防総省がカタール政府と交渉しているものの、合意には至っていない。

0 コメント: