2012年5月31日木曜日

Shakil Afridi for Free

米政府が、Shakil Afridiを釈放しろと言う。
 クリントン米国務長官は、国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・
ビンラーディン容疑者の殺害に協力したパキスタン人の医師、シャキル・
アフリディ氏が国家反逆罪で禁錮33年の有罪となったのは「理不尽であり
不当」として、パキスタン政府に釈放を要求する方針を示した。

ヒラリー・クリントン
・アフリディ氏が拘束される根拠はないと判断している
・(アフリディ氏がビンラーディン容疑者殺害に)果たした役割は大きい
・最も悪名高い殺人犯の殺害はパキスタンの国益だったのは明白

Shakil Afridi
・米CIAによる偽のB型肝炎予防接種計画
 Shakil Afridi医師がチーフとなり、ウサマ生存確認のため、
 Abbottabad地区で予防接種と称して、DNA収集を行った。
 ラディン住居からのDNAサンプルは未収集。
・パキスタン当局(軍?)により、米CIA予防接種計画を暴露。
・国家反逆罪で禁錮33年の有罪

米CIA工作員逮捕から始まる米パの対立。
最近は、NATOの誤爆により、NATO共対立が進む。

米軍は、ウサマのDNAしか特定できる個人情報が無かったため、B型肝炎
の予防接種と称して、Abbottabad地区でのみ(?)、DNAを収集とのこと。
ラディン住居からのDNAは、一致するものはなかったが、ミトコンドリア
DNA検査により、近親者のDNAが見つかったと言うことかもしれない。
予防接種なのに、個人を特定できる血液、尿、唾液等も採取したのだろう
か。チームの演技がうまかったと言うことか。

米パの暴露報復
パキスタン 米外交官逮捕
パキスタン 米外交官を裁判へ
Obama Bin Ladin Dead
Black Hawk Down in Abbottabad
TEAM SIX
ザワヒリ ウサマ死亡演説
ウィキリークスで実害
パキスタン対決へ
米防総省 パ検問所攻撃報告書
Taliban Spring Offensive


CIA Osama hero jailed Pakistan doctor who helped CIA find Bin


---ビンラーディン容疑者殺害に協力のパキスタン医師 有罪判決は「理不尽で不当」 米国務長官が釈放要求---
2012.5.25 14:01
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120525/amr12052514040006-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は24日、国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者の殺害に協力したパキスタン人の医師、シャキル・アフリディ氏が国家反逆罪で禁錮33年の有罪となったのは「理不尽であり不当」として、パキスタン政府に釈放を要求する方針を示した。
 クリントン長官は記者会見で「アフリディ氏が拘束される根拠はないと判断している」と述べ、有罪判決に遺憾の意を表明。アフリディ氏がビンラーディン容疑者殺害に「果たした役割は大きい」と指摘し、「最も悪名高い殺人犯」の殺害は「パキスタンの国益だったのは明白」と語った。
 アフリディ氏はビンラーディン容疑者の潜伏先を割り出すため、パキスタンでワクチン接種運動を繰り広げ、DNAを採取して容疑者の所在特定に決定的な役割を果たしたとされる。


---US defence secretary Leon Panetta criticises Pakistan for doctor's sentence---
By Matt Williams Sunday, May 27th 2012, 06:47 PM
http://india.nydailynews.com/newsarticle/d4c1794e7e21194877cba5e9e523fdf6/us-defence-secretary-leon-panetta-criticises-pakistan-for-doctor-s-sentence

Defence secretary Leon Panetta has upped US criticism of Pakistan's jailing of a doctor who helped track down Osama bin Laden, suggesting it had hit efforts to steer diplomatic relations between Washington and Pakistan back on track.

Speaking on ABC's This Week, Panetta said the 33-year prison sentence handed to Shakil Afridi for treason was "so difficult to understand and so disturbing".

The physician ran a fake vaccination programme to collect the al-Qaida chief's DNA as part of a CIA scheme to prove he was living in the Abbottabad compound where he was eventually killed.

Last week, the US Senate committee retaliated for the sentencing by voting to cut Pakistan's aid by $1m for each of the 33 years handed down to Afridi.

The spat has served to worsen already rocky relations between Washington and Islamabad amid tension over Pakistan's closure of a supply route to Afghanistan and the US's use of unmanned drones to strike at terrorist targets.

Panetta described the diplomatic conditions between the two countries as "up and down", noting "this is one of the most complicated relationships we have had".

But he stressed the importance of trying to improve links between Washington and Islamabad.

Nonetheless, his criticism over the handling of Alfridi was firm.

"This doctor was not working against Pakistan. He was working against al-Qaida, and I hope Pakistan understands that because what they have done here doesn't help re-establish a relationship between the United States and Pakistan."

The apparent leaking of information about the fake vaccination scheme by Pakistani authorities - which was first reported in the Guardian - has angered the US at a time of heightened tension between the two countries.

However, after Afridi's role was made public, American officials openly acknowledged it.

Panetta - who was CIA director when Bin Laden was killed- described the doctor as having been "very helpful" in gathering intelligence on the al-Qaida leader.

The defence secretary also told This Week that the continued use of part's of Pakistan's border region as a safe haven for terrorists remains a concern that needs to be addressed.

But he defended the Nato plan to end active military operations in Afghanistan by the end of 2014.

"That is the plan that has been agreed and it is a plan that it working," he said. However, he committed the US to an "enduring presence" in the strife-torn country beyond that date.


---Pakistani doctor caught between counterterrorism and treason---
May 27, 2012 |  5:00 am
http://latimesblogs.latimes.com/world_now/2012/05/afridi-bin-laden-doctor-treason.html

The treason conviction and 33-year prison sentence given the Pakistani doctor who helped the CIA locate  Osama bin Laden last year has outraged U.S. leaders who see Shakeel Afridi as a hero in their campaign against terrorism.

A Senate panel voted to slash aid to Pakistan by $33 million -- a million for each year of Afridi's sentence. Senate Armed Services Committee members John McCain and Carl Levin, in a bipartisan blast at Islamabad, demanded that Afridi be pardoned and released, saying his help in finding Bin Laden was "the furthest thing from treason." Another lawmaker, Republican Rep. Dana Rohrabacher of California, has introduced legislation to award U.S. citizenship and the Congressional Gold Medal to the jailed surgeon.
But Afridi's spying on behalf of another nation would violate laws in the U.S. and other developed nations as well.

The Constitution defines treason as "levying war" or aiding the enemy in a conflict, and only one U.S. citizen has been charged with treason since World War II -- fugitive Al Qaeda activist Adam Gadahn in 2006. U.S. courts, though, have convicted dozens of citizens and legal residents in the post-war era on an array of charges for spying on behalf of foreign powers.

Afridi, who could have been sentenced to death, was dealt with more lightly than U.S. citizen Jonathan Pollard, who is serving a life sentence for passing classified information to Israel in the 1980s.
Pollard worked as a civilian intelligence analyst for the Navy when he provided classified documents to Israeli agents for money and jewels. Israeli and American Jewish group have tried to gain his freedom since his 1989 conviction for spying. He was given Israeli citizenship in 1995 and his incarceration at a federal prison in North Carolina continues to be a thorn in the side of U.S.-Israeli relations.

Espionage, whether for friend or foe, remains a dangerous business that can land operatives in prison for years -- even if they succeeded in passing on little of value.

Witness the case of five Cubans serving terms of 15 years-to-life in U.S. prisons for acting as "unregistered foreign agents" when they sought to infiltrate radical anti-Communist Cuban emigre groups in Southern Florida a dozen years ago. None of the five were accused of obtaining or relaying classified information to Havana. But their aim of gathering evidence of plots to kill then-Cuban leader Fidel Castro was enough to secure convictions in 2001 in the heated aftermath of the U.S.-Cuba custody battle over young castaway Elian Gonzalez.
In 2007, a couple of Cuban American academics at Florida International University, Carlos and Elsa Alvarez, were convicted of conspiring to act as an unregistered Cuban agents for attempting to keep Havana authorities informed about the politics and activities of prominent emigres.

No state secrets were reported stolen by the 10 Russians arrested two years ago on an alleged mission to blend in and befriend the powerful in Washington and on Wall Street. U.S. intelligence officials have described the spies, who were swapped for four U.S. captive agents less than two weeks later, as "the cream of the crop" of Moscow's intelligence operatives. The Kremlin has treated them as heroes, using what would have been hushed up as an embarrassment during the Cold War as an opportunity to cast its espionage as newly sophisticated and effective.

Pakistan's punishment of Afridi may have its own political or propaganda objectives. U.S. lawmakers have accused Pakistan of failing to deter Al Qaeda and Taliban forces operating in the volatile areas bordering Afghanistan. Afridi's sentence on Wednesday was announced two days after what Islamabad likely perceived as a snub by President Obama, who pointedly left out Pakistan in thanking nations that have helped the NATO alliance get crucial supplies into Afghanistan.

The demands for immediate relief for Afridi by McCain, an Arizona Republican, and Michigan Democrat Levin illustrate the intensifying strains in the U.S.-Pakistani relationship, despite Washington's $2 billion-plus in annual aid to Islamabad. Pakistan has cut off supply routes to NATO and frozen ties with the alliance since a November airstrike killed 24 Pakistani soldiers along the Afghan border.

Reaction to Afridi's plight from the White House, the Pentagon and the State Department has been more muted, probably in hopes that the matter can be resolved without further damage to the relationship.
“Anyone who supported the United States in finding Osama bin Laden was not working against Pakistan, they were working against Al Qaeda,” Pentagon press secretary George Little told reporters last week.

Secretary of State Hillary Rodham Clinton said the administration considered Afridi's treatment "unjust and unwarranted," and that the United States would continue to raise the matter in discussions with Pakistani officials.
Under the guise of conducting a vaccination campaign, Afridi provided crucial information that helped U.S. intelligence agents locate Bin Laden in the garrison town of Abbottabad, Defense Secretary Leon Panetta disclosed earlier this year. Afridi was arrested by Pakistani authorities shortly after a Navy SEAL team killed Bin Laden on May 2, 2011.


---Pakistan doctor who helped CIA find Osama bin Laden sentenced---
By Alex Rodriguez, Los Angeles Times
May 24, 2012
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-pakistan-doctor-cia-20120524,0,3517109.story

Shakeel Afridi gets 33 years in prison for treason. He led a phony vaccination campaign that aided the U.S. raid that killed Osama bin Laden in Pakistan.

ISLAMABAD, Pakistan - A Pakistani doctor who led a phony vaccination campaign aimed at helping the CIA pinpoint Osama bin Laden's whereabouts was convicted of treason Wednesday and sentenced to 33 years in prison, a decision that is likely to further fray Washington's fragile relations with Islamabad.

U.S. officials have been seeking the release of Shakeel Afridi since his arrest by Pakistani authorities after the secret American commando raid that killed the Al Qaeda leader in his sprawling compound in the garrison city of Abbottabad a year ago.

In January, Defense Secretary Leon E. Panetta told CBS' "60 Minutes" that Afridi had provided intelligence that assisted the raid and criticized Pakistan's arrest of someone involved in helping track down the world's most wanted man.

From the start, however, Pakistani authorities have regarded Afridi as a traitor and have ignored Washington's calls for his release. He was tried in a tribal court in Khyber, the region along the Afghan border where he had been the chief surgeon. The trial was held behind closed doors, and no media were allowed.

Under Pakistani law, Afridi could have been given the death penalty. In addition to prison, he was fined about $3,500.

The phony hepatitis B vaccination scheme Afridi oversaw was aimed at obtaining DNA evidence from Bin Laden's residence, a three-story compound down the road from Pakistan's version of West Point and just two hours' drive from the capital, Islamabad. DNA samples would have allowed U.S. authorities to compare that evidence with DNA from Bin Laden relatives that was on file in Washington.

It is not known when the CIA recruited Afridi for the vaccination ruse, but he carried it out in the weeks preceding the May 2, 2011, raid. The doctor and his team of healthcare workers were unable to obtain DNA samples from the Bin Laden compound, but Panetta told "60 Minutes" that he provided information to the agency that was "very helpful."

"For [Pakistan] to take this kind of action against somebody who was helping to go after terrorism, I just think is a real mistake on their part," Panetta said during the interview.

However, Afridi's vaccination ruse also severely hampered the work in Pakistan of numerous Western aid organizations, which reported being harassed by Pakistani intelligence agents suspicious of those groups' affiliations. Some have reported difficulties in getting visas renewed for their Pakistan-based workers, while others say they are under constant surveillance by authorities or have had workers detained.

A letter to the CIA in February by an alliance of nearly 200 U.S. aid and relief groups, many of which do work in Pakistan, sharply criticized the agency for using humanitarian work as a cover for intelligence gathering.

"Since reports of the CIA campaign first surfaced last summer, we have seen a continued erosion of U.S. NGOs' ability to deliver critical humanitarian programs in Pakistan as well as an uptick in targeted violence against humanitarian workers," wrote Samuel Worthington, president of InterAction, an alliance of nongovernmental organizations. "I fear the CIA's activities in Pakistan and the perception that U.S. NGOs have ties with intelligence efforts may have contributed to these alarming developments."

Afridi's conviction and sentencing come at a particularly sensitive time in U.S.-Pakistani relations, as both sides try to patch up an alliance battered by a series of crises over the last year and a half. Pakistanis were deeply angered by the Bin Laden raid, principally because Washington opted not to inform Islamabad in advance of the operation.

The relationship further deteriorated in November, when U.S. airstrikes mistakenly killed 24 Pakistani soldiers at their outposts near the Afghan border. Islamabad in effect froze ties with the U.S. after that incident and halted NATO's use of Pakistan as a transit country for fuel and nonlethal supplies destined for Western troops in Afghanistan.

Though Pakistan has signaled an interest in reopening those supply routes, it also wants the U.S. and the North Atlantic Treaty Organization to agree to a massive increase in transit fees. Pakistan had been charging about $250 per truck and is now demanding at least $5,000 per truck. U.S. officials have called the demand excessive.

2012年5月30日水曜日

原子力ムラ 愚民操作の手口

原子力ムラの活動が報道された。
 内閣府原子力委員会が原発の使用済み核燃料の再処理政策を論議して
きた原子力委・小委員会の報告案を作成するため、経済産業省・資源エネ
ルギー庁、電気事業者ら推進側だけを集め「勉強会」と称する秘密会議を
開いていたことが分かった。

秘密会議
・内閣府、経済産業省・資源エネルギー庁、電気事業連合会、日本原燃、
 東京電力等の推進派で約30人で構成。
・2011年10月以降、計20回以上開催。
・4/24 報告案のパワーポイント形式の原案を手渡す。
・報告案原案の「総合評価」が書き換えられ、小委員会に提出。
・「新大綱策定会議」に報告して事実上解散

原子力委員会
・使用済み燃料の再処理と直接処分を併存させる選択肢を
 「最も優れている」とした。
・原子力委・小委員会の評価を、原子力委の評価としてエネ環会議に
 報告

近藤駿介
・電気事業者に渡った点を不適切
・議案ではなくメモ。
 議案ならパワーポイント形式にする。
 事務局がメモをうっかり電子メールで流してしまった

鈴木達治郎
・核燃料サイクル費用のデータ提供や計算は日本原燃などに頼まざるを
 得ず、勉強会を開いた。報告書案は公開の小委で議論しており、結論に
 影響は与えていない。
・全量再処理、全量直接処分、再処理と直接処分の「併存」ごとの費用
 試算に関し、「勉強会」を開いた。

藤村修
・事業者も参加している勉強会で、報告書案が配布されているのは適切
 でない
・報告書の最終結論ではしかるべき手続きを経ている

原子力ムラの愚民操作の手口が少し報道された。
愚民は、内容が公正でなくても手続きが正しければ、問題無いと言う。
原子力ムラの人々は、いわゆる、Mad Scientistの類。
他人へ配慮はなく、自己満足を追求するのみ。
自身の経歴を否定されることを許さないのかも知れない。
御用学者も言われたが、実際は、ムラでの学者。
これから先も目は覚めないかもしれない。

やらせメールで辞任要求
隠蔽体質の経産省と外局
衆院選 一発逆転
原発 権力闘争
東電 国有化計画発表


---「コスト」 扱い小さく 原子力委、事前勉強会問題---
2012年5月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012052502000125.html

 原子力委員会の小委員会が原発推進側だけを集めた勉強会で、使用済み核燃料の処理方法の総合評価案を示したのは、委員がまだ熱心にコスト問題を検証している最中だった。利害関係者が先回りし、議論されるコスト以外も含めた総合評価案づくりに関係した。案をゆがめたかどうかははっきりしないが、その後に出された案では、コストの議論は小さく扱われていた。
 問題の勉強会が開かれた四月二十四日は、原子力委が核燃料サイクルのコストを再試算をしていた最中。
 使用済み核燃料をそのまま地中に埋める直接処分が、再処理するよりコスト的優位という結果は当初の案で出ていたが、不要な費用が計上されているなどの意見が噴出。これを受けて再計算された二十七日の案では、直接処分のコスト優位性が際立つ結果に。
 普通なら、これで一気に直接処分にムードが傾きそうだが、この後は流れががらっと変わることになる。
 それが、二十四日の勉強会で話し合われたとみられるコスト面以外の評価案だった。
 政策を決める上で、コストは重要な要素だが、総合評価案で直接処分のコスト面の優位性に関する記述はわずかに一行。それどころか、使用済み核燃料の管理や処分面積などで不利などの直接処分の問題点を強調する中身となった。
 勉強会に出席し、小委員会の座長でもある鈴木達治郎・原子力委員長代理は二十四日、「勉強会で意見は交わしたが、総合評価案に反映されていない」と強調した。
 ただ、原子力委は勉強会に出された案を公表しようとはせず、勉強会の議論が案をゆがめたのかどうか、現時点でははっきりしていない。
 福島第一原発の事故以降、過去の原発政策は見えないところで、「ムラ」と呼ばれる推進側の意見で決まってきたことが次々と判明している。この不透明さを払拭(ふっしょく)しない限りは、原発政策の信頼回復は遠のくばかりだ。 (桐山純平、大村歩)
◆「配布は不適切」官房長官が批判
 藤村修官房長官は二十四日の記者会見で、国の原子力委員会が電力業界などを集めた勉強会を開き、使用済み核燃料の処理方法の評価報告書原案を示していた問題について「事業者も参加している勉強会で、報告書案が配布されているのは適切でない」と批判した。
 今月十六日にまとまった報告書に関しては藤村氏は「最終結論ではしかるべき手続きを経ている」と正当性を強調した。


---核燃サイクル秘密会議:原子力委員長も出席---
毎日新聞 2012年05月25日 02時49分(最終更新 05月25日 07時52分)
http://mainichi.jp/select/news/20120525k0000m040176000c.html

 核燃サイクル政策の見直しを進めてきた内閣府原子力委員会が推進側だけで「勉強会」と称する秘密会議を開いていた問題で、近藤駿介原子力委員長(69)が昨年12月8日の会合に出席していたことが、毎日新聞の入手した関係者のメモで分かった。秘密会議は20回以上開かれ、高速増殖炉の研究開発などを担当する文部科学省職員が出席していたことも新たに判明した。正式な議事録は作成せず、配布された資料の多くは事務局を務める内閣府原子力政策担当室職員が回収する取り決めだった。
 出席メンバー関係者が作成したメモによると、近藤委員長が出席した会合は昨年12月8日午後4-6時、内閣府会議室で開かれた。1月以降、使用済み核燃料を再利用する核燃サイクルのあり方を検討する原子力委・小委員会による政策の見直し作業が本格化するため原子力委で準備を進めていた時期だった。


---使用済み核燃料処理原案、原発推進側に事前配布---
2012年5月24日19時33分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120524-OYT1T00965.htm

 原子力発電所から出る使用済み核燃料の処理方法を検討していた内閣府原子力委員会の小委員会が、経済産業省や電力事業者ら原発推進側の関係者を集めた勉強会を昨年10月以降、計20回以上開き、4月の勉強会では処理方法別の評価をまとめた報告書原案を事前配布していたことが24日、分かった。
 藤村官房長官は同日の記者会見で「報告書案を配布したのは適切ではない」と述べた。
 原子力委によると、勉強会は非公開で、事業者が持つ使用済み燃料などのデータや資料の提供を受けたり、コスト試算の依頼や確認をしたりするために開催した。4月24日の勉強会には経産省資源エネルギー庁や電気事業連合会、日本原燃などから約30人が出席し、原案を配って意見交換をしたという。原案はその後、委員による数度のチェックや修正を経て、今月16日に最終案が出された。


---核燃サイクル原案を事前配布=推進側と「勉強会」-原子力委---
2012/05/24-12:46
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&rel=j7&k=2012052400354

 内閣府原子力委員会が電気事業連合会や日本原燃、資源エネルギー庁などと「勉強会」を開き、原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」の在り方について、原子力委小委員会で議論される報告書の原案を事前に配布していたことが24日、分かった。
 「勉強会」は核燃料サイクルの推進派だけを招いて開いており、反対派から批判の声も上がりそうだ。
 原子力委の鈴木達治郎委員長代理は「核燃料サイクル費用のデータ提供や計算は日本原燃などに頼まざるを得ず、勉強会を開いた。報告書案は公開の小委で議論しており、(16日にまとめた)結論に影響は与えていない」としている。
 鈴木氏や原子力委事務局によると、4月24日、使用済み燃料をすべて再利用する「全量再処理」、すべて地中に埋める「全量直接処分」、再処理と直接処分の「併存」ごとの費用試算に関し、「勉強会」を開いた。


---核燃サイクル原案:秘密会議で評価書き換え 再処理を有利---
毎日新聞 2012年05月24日 02時30分(最終更新 05月24日 02時57分)
http://mainichi.jp/select/news/20120524k0000m040125000c.html

 内閣府原子力委員会が原発の使用済み核燃料の再処理政策を論議してきた原子力委・小委員会の報告案を作成するため4月24日、経済産業省・資源エネルギー庁、電気事業者ら推進側だけを集め「勉強会」と称する秘密会議を開いていたことが分かった。表紙に「取扱注意」と記載された報告案の原案が配られ、再処理に有利になるよう求める事業者側の意向に沿って、結論部分に当たる「総合評価」が書き換えられ、小委員会に提出された。政府がゼロベースの見直しを強調する裏で、政策がゆがめられている実態が浮かんだ。
 小委員会は修正後の総合評価を踏襲して取りまとめ、23日、「新大綱策定会議」(議長・近藤駿介原子力委員長)に報告して事実上解散した。近く政府のエネルギー・環境会議に報告される。
 毎日新聞はA4判79ページの資料を入手した。表紙右上に「4/24勉強会用【取扱注意】」、表題は「原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会(第13回)」で、4月27日に論議される予定の報告案の原案だった。


---核燃サイクル「秘密会議」:まるでムラの寄り合い---
毎日新聞 2012年05月24日 02時30分(最終更新 05月24日 18時52分)
http://mainichi.jp/select/news/20120524k0000m040126000c.html

 扉の向こうに信じがたい光景が広がっていた。4月24日、東京・霞が関で開かれた「勉強会」と称する核燃サイクルを巡る秘密会議。一線を画すべき国家公務員と電気事業者が談笑する様は、まるで「原子力ムラ」の寄り合いだ。参加者の手元にはなぞの文書が配られる。取材班は後に内閣府原子力委員会の小委員会で示される報告案の原案だったことを突き止めた。【核燃サイクル取材班】

◇反対派批判、一斉に笑い
 4月24日午後5時前、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館7階743会議室。開けっ放しのドアから三々五々、背広姿の男たちが入室していくのを記者は目撃した。原子力委員会、内閣府、経済産業省・資源エネルギー庁、電気事業連合会、日本原燃、東京電力……。反対・慎重派の姿はなく、推進派ばかりだ。
 青のワイシャツ姿の男が脇に書類の束を抱えて入室してきた。机にどんとおろす。一山にすると崩れるからか二山に分けて置いた。高さは片方が20センチ、もう片方が10センチぐらいだろうか。後に判明した事実によると、文書は「原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会」の報告案の原案。実際に審議されたのは14日も先だ。
 2人の内閣府職員が「ロ」の字に並べられた机の上に1部ずつ原案を配布していく。電事連幹部らが笑顔で受け取る。扉のすぐそばに座っている高速増殖原型炉「もんじゅ」を運営する「日本原子力研究開発機構」幹部は熟読していた。やがて雑談が始まり、1人が反対派の論客である環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長らの名前を挙げ批判すると、一斉に笑い声が起こった。
 午後5時10分、開けっ放しだった会議室のドアが静かに閉まり、秘密会議が始まった。関係者によると、青森県六ケ所村の再処理工場を運営する「日本原燃」幹部が再処理事業の生き残りを意味する「再処理・直接処分併存(併用)」政策で小委員会の議論をまとめるよう依頼した。「六ケ所をやめて直接処分にするとあちこちが大変になる」と強調する幹部。再処理事業が破綻すると、六ケ所村に貯蔵中の約2919トンの使用済み核燃料は施設外に搬出しなければならないとされる。
 小委員会は今月23日、新大綱策定会議に併存に有利な表現の並んだ「総合評価」を盛り込んだ取りまとめを報告した。経産省関係者は「再処理しても最後はごみを捨てなければならない。政府と役人が一体となって最終処分場を造るために汗を流さなければならない時に、時間稼ぎに過ぎない政策を推進している」と嘆いた。
◇「うっかり」は通用しない
 長期的な原子力政策を論議する「新大綱策定会議」(議長・近藤駿介原子力委員長)の議案が原発再稼働の妨げになるとして隠蔽(いんぺい)された問題を毎日新聞が報じた(8日朝刊)際、近藤氏は主に二つの理由から「問題ない」との見解を示した。しかし、秘密会議問題で発覚した経緯に照らすと、今度は同じ弁明は通用しない。
 議案隠蔽問題は4月19日、事務局の内閣府職員が「(原子力と)地域社会との共生」と題した同24日の策定会議の議案を経済産業省・資源エネルギー庁や電気事業連合会に渡したところ「『(地域には再稼働に慎重な)滋賀県は含むのか』と追及され策定会議が紛糾する」と言われ、この議案をとりやめたというもの。
 近藤氏は電気事業者に渡った点を不適切としながらも「議案ではなくメモ。議案なら(パソコンのプレゼンテーションソフトである)パワーポイント形式にする」「事務局がメモをうっかり電子メールで流してしまった」などと釈明した。
 しかし今回発覚した秘密会議疑惑で配られた原案はパワーポイント形式。さらにメールではなく会議室で事業者に手渡している。所管大臣である細野豪志原発事故担当相は議案隠蔽発覚時、近藤氏擁護論を展開した。対応が注目される。【核燃サイクル取材班】
【ことば】原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会
 東京電力福島第1原発事故を受け、使用済み核燃料の再処理政策を見直すために内閣府原子力委員会が設置した有識者会議。原子力委員長代理の鈴木達治郎座長と大学教授ら計7人が昨年10月-今月16日、計15回議論した。政府のエネルギー・環境会議は夏にも革新的エネルギー・環境戦略を打ち出す方針で、小委員会の取りまとめは経済産業省の総合資源エネルギー調査会や環境省の中央環境審議会の議論などとともに反映される。


---原子力委も併存「最良」---
2012年05月24日
http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000001205240004

 原子力委員会の近藤駿介委員長は23日、核燃料サイクル政策で、使用済み燃料の再処理と直接処分を併存させる選択肢を「最も優れている」とする報告を近く、閣僚からなるエネルギー・環境会議に提出する方針を示した。この日の同委員会新大綱策定会議後に記者団の取材に答えた。
 今夏の新たなエネルギー政策の方針決定を目指すエネ環会議は昨夏、原子力委に、将来とるべき原子力政策の選択肢を策定し、報告するよう要求。原子力委は原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会(座長・鈴木達治郎原子力委員長代理)を設け、選択肢策定を実施していた。
 小委は16日に、「再処理と直接処分の併存」に「全量再処理」と「全量直接処分」を加えた3選択肢を設け、各選択肢ごとに経済性やエネルギー安全保障の観点から評価した最終報告をまとめた。この日の新大綱策定会議の位置づけは、16日の小委の報告への意見提示。意見をふまえ、原子力委は、エネ環会議に提出する選択肢と評価をまとめる予定になっている。
 近藤委員長は会議終了後、記者団に「小委員会の表現は尊重すると思う」と述べ、併存の選択肢を「最も優れている」とした小委の評価を、原子力委の評価としてエネ環会議に報告する方針を示した。
 新たなエネルギー政策の基本方針は、原子力委などから提出された選択肢から「国民的議論」を経て、エネ環会議が選ぶことになっている。議論のたたき台となる選択肢は、議論の前から「併存」を選ぶべきだとする原子力委の主観が盛り込まれる形になった。
 この日の策定会議では、サイクル政策の選択を2~5年先送りする「留保案」への批判が相次いだ。
 近藤委員長は記者団の取材に対し、留保案の扱いを「今の形でよい」と述べ、正式な選択肢より優先度の低い提案という形で、エネ環会議に提出する方針を示した。


---特集ワイド:原子力学会定例会ルポ ムラ、やっぱり閉じたまま---
毎日新聞 2012年05月02日 大阪夕刊
http://mainichi.jp/area/news/20120502ddf012040026000c.html

 日本原子力学会の定例会が3月に福井市で開かれ、東京電力福島第1原発事故について論議した。事故直後、原子力の研究者や技術者は「想定外の事態」「原子炉は安定している」などと責任逃れともとれる発言を繰り返し、批判を浴びた。事故から1年。「原子力ムラ」の人々は何を語ったのだろうか。【日野行介】

◆福島の事故巡る特別セッション
◇言外ににじむ「想定外」
 原子力学会の定例会は事故後2回目。初日は、前回はなかった福島の事故を話し合う特別セッションが開かれた。会場は日本最多14基の原発が林立する福井県。一般公開もされる。それだけに熱い議論を期待した。
 特別セッションは午前10時に始まり、休憩を挟んで午後5時まで約7時間。東電の幹部4人を含めて計8人の技術者・研究者が、事故経過や処理方針から除染まで専門的に説明した。定員500人の会場ホールは開始前から満員で、立ち見も出る盛況ぶりだ。
 東電のトップバッター、福田俊彦・原子力品質・安全部長は事故の概要・総論を担当。まずは「皆さまに心配と迷惑をおかけし、心よりおわびしたい」と陳謝した。
 だが、その後は「津波は予見できたという話もあったが、まだ調査が必要な段階だった」「地震による配管破断があったという話もあったが、データからは大きな減圧がない」などと、外部の厳しい指摘を挙げたうえで、それとなく否定する独特の説明を繰り返した。「地震による損傷はなく、『想定外』の津波が問題だった」と言いたいようだが、はっきり「結論」を言わないため、もどかしさが募る。
 午後も東電の技術系幹部3人がそれぞれ、今後の処理▽地震・津波▽事故分析--について詳しく説明したが、論法は同じ。特に強調したのは、事故の起きた1-4号機のうち唯一、原子炉建屋上部で水素爆発が起きていないにもかかわらず、中を水で満たす「冠水」ができない2号機格納容器の破損状況だった。
 東電は事故直後、格納容器の下部につながるドーナツ状の圧力抑制室に大きな破損があり、そこから水が漏れている可能性を示唆していた。しかし、東電の幹部たちは「圧力抑制室の圧力が一時ゼロに落ちたのは、計器異常だろう」「当初は何が起きているか分からず、いろいろ誤解があった」などと説明した。破損が小さいことを強調したいように聞こえた。

◆質疑応答
◇批判に冷ややか
 質疑応答はそれぞれの説明の直後と閉会前に行われた。だが事故について質問する参加者は思ったよりも少なく、特定の数人が質問を繰り返していた。
 その一人が「日本原子力研究開発機構」の元研究者、田辺文也さん(66)。田辺さんは昨年11月、「まやかしの安全の国-原子力村からの告発」(角川SSC新書)を出版した。事故を過小評価し、甘かった想定の責任を取らない原子力ムラを厳しく批判、「彼らには原発を任せられない」と断じる内容だ。表立った批判がほとんどないムラの中にあって異質な存在と言える。
 田辺さんが追及したのは2号機格納容器の破損問題だ。独自の分析結果から「早い段階で地震の揺れによって破損したのではないか」と迫ったが、東電は「それはないと思っている」と反論、あいまいな表現ながらもかたくなに否定し続けた。田辺さんは何度も食い下がったが、会場の雰囲気は冷ややかだった。京都大の若手研究者が「2号機は思いのほか損傷がなかったとの発表を聞かせていただきました。今後もいろいろ言われるでしょう。東電の皆さまの苦労にお礼申し上げます」と東電に「助け舟」を出す一幕もあった。
 しかし、学会終了後の3月26日、東電は2号機格納容器内を内視鏡で検査した結果を公表。注水を続けているにもかかわらず、水位は底から約60センチの高さしかなかった。これは格納容器と圧力抑制室を結ぶ配管の位置より水位が低いことを意味する。田辺さんは「圧力抑制室が大きく破損し、そこから水漏れしているのは明らかだ。それなのに東電はデータすら無視し、とにかく否定するだけだ」と指摘した。田辺さんの訴えを聞いた現役研究者たちはどう考えたのだろうか。「東電が間違うはずがない」と考えたのか、それとも東電の主張はおかしいと感じつつも口をつぐんだのか。
◇反省の弁、全く
 一方、放射線測定や除染に関する講演後には会場から活発な意見が相次いだ。京大の名誉教授は「原爆が落ちた広島は今や長寿県。放射線測定を熱心にやり過ぎると、被ばく線量100ミリシーベルト以下でも問題だと言い出す人が出てくるので心配だ」と語った。京大の若手研究者も「年間1ミリシーベルト以下を目標に除染するのは科学的見地からはいただけない(厳しすぎる)。学会としてどう考えるんだ」と詰め寄ると、参加者から大きな拍手が起きた。
 私はその時、事故で避難した福島県飯舘村の酪農家の話を思い起こしていた。同村は昨年5月、国からの要請を受けて全村避難を開始した。育てた牛は避難先に連れて行くことができず、「『ごめんな、ごめんな』とつぶやきながら、牛を殺さざるを得なかった」という。
 「危険性は低い。大げさに騒ぎすぎだ」と言いたげな数々の発言に、私は「なんと無神経なことか」と驚いた。それなら国が避難を要請した段階で、「科学的見地」から声高に反対すべきだったのではないか。発言者からは、巨大事故の発生を防げず、事故後も十分な対応を示せなかった反省の弁が一言も出てこない。
 批判的な質問を数回していた福井大名誉教授の山本富士夫さん(71)=福井市=に感想を聞いた。「学会というより過小評価の説明会だった。がっかりしたけど、こうなると思っていた。彼らは結局、ムラから一歩も出やしないんだ」とため息をついた。
 原子力ムラは、批判を許さない閉鎖的な体質を指した造語だ。しかし、事故後に巻き起こった厳しい批判が、むしろ内輪の結束を強めたとすれば皮肉と言うほかない。暗い気持ちで会場を後にした。
==============
◇日本原子力学会
 原子力技術の進歩を目的に1959年に設立された。年2回定例会を開く。加入者は、原子力に関わる研究者や学生のほか、電力会社・メーカーの技術職を中心に約8000人。原子力関連の企業や団体など244社も法人会員になっている。

2012年5月29日火曜日

矛盾する被爆検査報告

被爆検査報告があった。

WHO原発事故による国内外の被ばく線量の推計値
・内部被ばくと外部被ばくを合わせた全身の被ばく線量が最も高かった
 のは福島県浪江町と飯舘村で10-50mSv。
・2町村を除く福島県全域は1-10mSv
・福島県を除く日本全体では0.1-10mSv
・情報量が限られている上、屋内外で過ごした時間など多くの仮定を
 基に計算している。被ばく線量の過小評価を防ぐため、数値が過大に
 なっている可能性もある。
Preliminary Dose Estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami pdf

国連放射線影響科学委員会
・死亡した現場の作業員6人について、放射線被ばくとは無関係とする
 初期評価の結果を発表
・情報から判断
 心臓血管の疾患、外傷等原因
 急性白血病で死亡した作業員は、作業開始から死亡までの期間が短か
 ったことを考慮すれば、被ばくとの因果関係はない

会津若松市
・2011年12月21日-2012年2月20日の外部被ばくの累積線量
 平均0.05mSvだったと発表
 1万8232人のうち、希望する9068人にガラスバッジ式線量計を貸与。
 紛失や辞退を除く8679人から回収。自然放射線量は差し引いた。
・人数別
 0.06mSv 1346人
 0.05mSv 1962人
 0.04mSv 1908人
 年間推定被ばく量が1mSv(2カ月で0.17mSv、最高は2.50mSv)超 12人
・線量計を付けたままレントゲン検査を受けたり、線量計を屋外に放置
 したなどの理由が考えられる

福島県南相馬市立総合病院
・放射性セシウムの検出量が比較的高かった大人約110人を3カ月後に
 検査、半分程度に減少した人が大半だった一方、あまり減っていない
 人が1割程度いることが分かった。
・わずかながら増加した人も2人
・国の食品基準値に基づく放射性物質の検査を経ていない家庭菜園の
 野菜などを頻繁に食べていた。
・1回目に40Bq/kgだった人が、2回目は20Bq/kg程度に下った人が半分。
 2回目も35Bq/kg程度にとどまる等の例が約1割。

発表された内容に疑惑残る理由
・WHO、国連放射線影響科学委員会への資料は、日本政府から提出。
 原発事故資料を加工した経緯から、秘密主義の政府が、過去に純粋な
 資料を提出したことがない。
・会津若松市の検査。
 検査のために着替えたのに、線量計を再度、首からかけるか。
 首から線量計をさげた子供をレントゲン技師が全て見落とすか。
 線量計をランドセルや手さげかばんに取付けている子供が、線量計を
 屋外に放置するか。

相変わらず、矛盾する発表が多い。

米国では、通信販売で安価に、レントゲン検査装置が購入できるようだ。
いくら安価だからと買う方も買うほうだと思う。

レントゲンによる放射能は安全と言う説もあったが、米FDAは、医療機器
による小学生以下の被爆量を規制する計画とのこと。
家庭医や総合医、地域中核病院や専門家医と医療機関が変わる度に、
放射線検査を受けるため、FDAは、成長期の子供への被爆の影響が大きい
と考えたようだ。
日本とWFPで大量で全年齢のサンプルによる微量の被爆量の人体実験が
進んでいるようなので、「医療の発展」のために調査や検査が継続する。
本当に医療の発展のためか。

1億人の被曝データ
被曝生体実験 調査開始へ
甲状腺被曝報告
東電公害病 観察者に情報提供か
年の瀬 中間報告
WFP Radiation poisoning or Hunger death
原発事故の経過
東電 国有化計画発表
暴力装置に国士と呼ばれた元NHK経営委


---放射性物質 90万テラベクレル放出と発表 東電---
2012年5月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012052502000126.html

 東京電力は二十四日、福島第一原発事故で大気や海に放出された放射性物質は九〇万テラベクレル(一テラは一兆)だったとの推計値を発表した。今年二月に経済産業省原子力安全・保安院が出した推計値の一・八倍で、チェルノブイリ原発事故(五二〇万テラベクレル)の五分の一に迫る。しかし、公表まで事故から一年以上もかかったのに、海への放出量の値など疑問が残る。
 東電は昨春から推計に取り掛かり、原発周辺のモニタリングポストの実測値や、風向き、降水量などの気象データを基に放出量を算出した。
 その結果によると、九〇万テラベクレルの大半は格納容器内が高温高圧にさらされ、配管の継ぎ目などから蒸気が噴き出すなど深刻な状態にあった事故直後の時期のもの。
 放出のピークは昨年三月十六日朝から昼すぎにかけてで、一八万テラベクレルが放出された。この時に炉心の圧力が低下した3号機が発生源とみられるが、具体的な要因は不明という。
 1号機が爆発した震災直後の同十二日午後には四六〇〇テラベクレルが放出。2号機から大量の白煙が上がった十五日には一六万テラベクレルの放射性物質が風で運ばれ、福島県飯舘村など原発の北西方向の広い範囲を汚染した。
 こうした総放出量の推計に東電は一年以上を費やしたが、保安院や原子力安全委員会などは事故から一カ月後の昨年四月には最初の推計を公表。複数回、更新している。
 例えば保安院の三回目の推計に当たる今年二月の数値は四八万テラベクレルで、昨年八月の安全委は五七万テラベクレルとなった。
 東電は当初、昨年末に公表する方向で用意を進めていた。それが結局、半年ほどずれこんだ。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「放出量と実際の出来事を突き合わせる作業に時間が必要だった」「重要な試算であり、慎重に取り組みたかった」と釈明。
 各研究機関の推計値を大幅に上回ったことについては「試算の方法が異なることが原因で、より確かな数値を出すため関係機関と議論していきたい」と述べた。 (森本智之)


---死亡の作業員、被ばくと無関係=国連委---
2012/05/24-08:24
http://jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012052400133

 【ベルリン時事】東京電力福島第1原発事故による放射線の影響調査を行っている国連放射線影響科学委員会は23日、死亡した現場の作業員6人について、放射線被ばくとは無関係とする初期評価の結果を発表した。
 同委は、これまでの情報から判断すると、作業員の死亡や負傷はいずれも心臓血管の疾患や外傷などが原因と分析。急性白血病で死亡した作業員も、作業開始から死亡までの期間が短かったことを考慮すれば、被ばくとの因果関係はないと結論付けた。


---浪江で10~50ミリシーベルト WHOが被ばく線量推計---
2012/05/23 21:01
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012052301002117.html

 世界保健機関(WHO)は23日、東京電力福島第1原発事故による国内外の被ばく線量の推計値を発表した。内部被ばくと外部被ばくを合わせた全身の被ばく線量が最も高かったのは福島県浪江町と同飯舘村で10~50ミリシーベルト。2町村を除く福島県全域は1~10ミリシーベルト、同県を除く日本全体では0・1~10ミリシーベルトだった。
 WHOは「情報量が限られている上、屋内外で過ごした時間など多くの仮定を基に計算している」と説明。被ばく線量の過小評価を防ぐため、数値が過大になっている可能性もあるとしている。


---東日本大震災:子ども外部被ばく、累積で0.05ミリシーベルト--会津若松、2カ月間 /福島---
毎日新聞 2012年05月22日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20120522ddlk07040249000c.html

 会津若松市は18日、中学生以下を対象とした昨年12月21日-今年2月20日の外部被ばくの累積線量が平均0・05ミリシーベルトだったと発表した。今年度も引き続き実施する。
 市内の0歳-中学生の子ども1万8232人のうち、希望する9068人にガラスバッジ式線量計を貸与し、紛失や辞退を除く8679人から回収。自然放射線量は差し引いた。
 人数別では、0・05ミリシーベルトが1962人▽0・04ミリシーベルトが1908人▽0・06ミリシーベルトが1346人--の順。最高は2・50ミリシーベルトで、この子を含めて年間推定被ばく量が1ミリシーベルト(2カ月で0・17ミリシーベルト)を超える子どもは12人いた。聞き取り調査などの結果、線量計を付けたままレントゲン検査を受けたり、線量計を屋外に放置したなどの理由が考えられるという。【蓬田正志】


---内部被ばく、1割が減少せず 南相馬、未検査の食品が原因か---
2012/5/15
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201205150194.html

 東京電力福島第1原発事故を受け、住民の内部被ばくを調べている福島県南相馬市立総合病院で、放射性セシウムの検出量が比較的高かった大人約110人を3カ月後に検査した結果、半分程度に減少した人が大半だった一方、あまり減っていない人が1割程度いることが15日、病院への取材で分かった。
 わずかながら増加した人も2人いた。病院で調べたところ、これらのケースは、国の食品基準値に基づく放射性物質の検査を経ていない家庭菜園の野菜などを頻繁に食べている共通点があった。
 病院関係者は「断定はできないが、食品が原因の可能性は高い」と注意を呼び掛けている。
 同病院は、ホールボディーカウンターで独自に検査をしており、1万人以上が1回目の検査を受けた。このうち、体重1キロ当たり20ベクレル以上のセシウムが検出された高校生以上の大人を対象に約3カ月後に再検査した。
 新たな内部被ばくがなければ、体外に自然に排出されるなどして減少し、成人男性の場合、3~4カ月で半分程度になる計算。実際に1回目に1キロ当たり40ベクレルだった人が、2回目は20ベクレル程度に下がるなど、大半が半分ほどに減ったが、2回目も35ベクレル程度にとどまるなど、あまり減っていない例が約1割あった。
 検査の際に記入してもらったアンケートから、食べ物の可能性が浮上した。
 病院関係者は「内部被ばくの状況を把握するため、検査を定期的に受ける必要がある。検出量が想定通りに減らなければ、その理由を探ることで有効な対策を考えられる」としている。

---子どもの被ばく指針作成へ 医療機器でFDA---
更新2012年05月10日 10:14米国東部時間
http://www.usfl.com/Daily/News/12/05/0510_006.asp?id=95626

 食品医薬品局(FDA)は9日、子どもがエックス線検査を受ける際の被ばく線量を減らすため、指針作りに乗り出すと発表した。
 大人に比べて子どもは放射線の悪影響を受けやすいとされる。だが米メディアによると、検査現場の機器は13歳以上を対象に設計されていること多く、そのまま子どもに使えば、浴びる線量が多くなる恐れがある。
 指針案によると、FDAはエックス線やCT検査機器を製造する会社に対し、子どもの被ばく量を最小限にしつつ、有効な検査ができる線量を調べ、子ども用の設定として機器に組み入れることを求めていく。(共同)


---FDA proposes guidelines to reduce radiation exposure during kids' X-rays, CT scans---
May 9, 2012 11:32 AM
http://www.cbsnews.com/8301-504763_162-57430873-10391704/fda-proposes-guidelines-to-reduce-radiation-exposure-during-kids-x-rays-ct-scans/

(CBS/AP) Millions of children undergo an X-ray each year. The U.S. Food and Drug Administration wants to make sure these kids aren't getting too much radiation, and have called on manufacturers to design the safest models possible.

9 common medical procedures you may not need
Yearly dental X-rays raise brain tumor risk, study finds

Radiation exposure has long been a concern when it comes to cancer risk, but children are believed to be especially vulnerable because their brains are still growing.

Wednesday, the FDA proposed guidelines for scanners that are safe for the youngest, smallest patients and put new advice on its website to teach parents what to ask about these increasingly common tests.

"We are trying to ensure that patients get the right dose at the right time, and the right exam," FDA physicist Thalia Mills told The Associated Press.

The use of CT scans, which show more detail than standard X-rays but entail far more radiation, and other medical imaging has soared in recent years. Such tests can be lifesaving, and specialists say people who really need one shouldn't avoid it for radiation fears.

But research shows too often the scans are unnecessary - they're given too frequently, for example, or in place of other tests that don't emit radiation. A study last year found doctors are too quick to prescribe a CT scan to rule out a traumatic brain injury for kids who experience head trauma, HealthPop reported, when only a small percentage of kids have a serious problem.

Another study found an average child will receive more than seven radiation-emitting scans by age 18.

And while pediatric hospitals routinely adjust scanner doses for youngsters' smaller sizes, 90 percent of child imaging is performed in general hospitals - and the FDA said no one knows how many make those adjustments.

That's the goal of Wednesday's guidelines: "Regardless if my child is imaged at a pediatric hospital or a local community hospital, they get the same basic care," said FDA biomedical engineer Jana Delfino. "Everybody should be able to do it."

Dr. Marilyn Goske of Cincinnati Children's Hospital praised the long-awaited move, saying, "It puts the spotlight on children." Goske chairs the Alliance for Radiation Safety in Pediatric Imaging, which runs the "Image Gently" campaign, a voluntary program that in the past few years has helped teach health providers how to use these tests more safely in children, with child-size dosing and other steps such as shielding vulnerable organs from the beam. But she says further improvements are needed.

While the guidelines wouldn't require changes to existing scanners, those eventually would be upgraded and fall under the same standards. The FDA said in an emailed statement to CBS News that the guidelines are open for public comment for four months before the agency will finalize them.

Doctors don't keep track of how much radiation their patients receive from testing - they simply order a scan, and how much radiation results can vary widely by the age and brand of machine. It also depends on the possible diagnosis: An average head CT for an adult is equal to about 100 chest X-rays, the FDA says, while a CT of the abdomen brings even more.

But radiologists don't always need the crispest image. Often it's possible to successfully diagnose while using a fraction of the typical radiation dose, said Dr. Marta Hernanz-Schulman of Vanderbilt University, who chairs the American College of Radiology's pediatric imaging commission.

While there's no generally accepted safe lifetime radiation dose for children, Schulman tells parents to keep a list of their child's medical scans - and pull it out every time a doctor considers ordering another one. That's especially helpful for children with chronic diseases who truly need more medical scans than the average youngster.

Under the FDA's proposed guidelines, manufacturers of new medical imaging devices would have to provide specific information on how to minimize radiation exposure for children of different ages and sizes - or label their scanner not for pediatric use. The guidelines also encourage push-of-a-button dose adjustments and software to remind the medical technician to make them.

For parents, the FDA is publishing advice that includes a list of questions to ask to make sure your child is getting the best test. The recommendations:

    Ask the doctor who orders a scan how it will improve the child's care and whether there are alternatives that don't use radiation.
    Ask the imaging facility whether it uses reduced radiation techniques for children.

The FDA also is urging doctors to consider how many scans the child already has had and the possibility of alternatives before ordering another test. MRI scans and ultrasound, for example, don't emit radiation.

"It's something you need to use conscientiously," Schulman said of the scans. "Any radiation you don't need is radiation you shouldn't get."

FDA pediatric X-rays


---FDA Urges Caution in Choosing X-ray Devices---
By Lou Anne Epperley, DVM
For Veterinary Practice News
Posted: April 25, 2012, 7:15 p.m. EDT
http://www.veterinarypracticenews.com/vet-cover-stories/fda-urges-caution-in-choosing-x-ray-devices.aspx

It looks so good on the Internet auction website: For around $875, you can own a “green” hand-held portable wireless dental X-ray unit! Shipped from Hong Kong, “This is an innovative Chinese design named the ‘Green X-ray Machine,’” the ad reads. “Safety is guaranteed. While using a small amount of radiation there is no need for protection.”

But in February, the U.S. Food and Drug Administration warned that the devices “may not be safe or effective and could potentially expose the user and the patient to unnecessary and potentially harmful X-rays.” The ad claims the machine is “FDA compliant.”

Policing equipment shipped directly from another country via the Internet is a work in progress, said Daniel Van Gent, MP, MS, the X-ray program manager for the Washington State Department of Health.

Because Washington state law requires newly purchased medical X-ray equipment to be inspected by his department before use, safety issues with the Green X-ray Machine ordered by a dentist were discovered and reported to the FDA.

“There is absolutely no way to determine on eBay whether the unit is manufactured by an FDA-approved manufacturer,” Van Gent said.

Since regulation of X-ray equipment varies from state to state, some veterinarians, doctors or dentists may be using the machine and be unaware of radiation risks to the patients and the operators.

Veterinarians use approved hand-held units for equine intraoral dental radiographs, said Rich Pfaff of Christian Icons & X-ray LLC in Springville, Ind.

“It is lightweight, plus offers the convenience of not having to deal with a power cord,” he said. “It does a very nice job, in particular when used with the intraoral plates.”

In an anesthetized patient, a hand-held unit allows a more precise aim of the X-ray beam without being fixed on an articulating arm, added J.K. Waldsmith, DVM, president of Vetel Diagnostics in San Luis Obispo, Calif.

The FDA’s investigation turned up the following, according to Steve Dawson, marketing manager for Aribex in Orem, Utah, manufacturer of the NOMAD hand-held X-ray: First, the issues seem to come from foreign manufacturers. Second, the purported illegal devices are being sold online.

And rather than the FDA logo, Dawson said, the equipment is required to bear specific compliance language and a specific warning label on the X-ray panel.

In testing the Green X-ray Machine, Van Gent said his state regulators noted that it lacked a phalange shield to protect the operator from X-ray Compton backscatter coming from the patient’s mouth during a bite wing X-ray procedure.

“We were measuring over 5,000 millirem per hour at 1 meter of distance,” he said, compared to the approved safe dose of radiation set at a maximum of 100 millirem per hour.

Moreover, if the kilovoltage potential of the machine’s X-ray photons is too low, the patient’s skin and eyes can get burned, Van Gent said, so the measured kvp must not vary from the dial setting by more than 10 percent. When investigators set the Green X-ray’s dial to 70 kvp, the actual measurement was 58 kvp, “so that was way out of tolerance, too,“ he said.

When shooting “soft” radiographs below 20 kvp, a device is required to have a 1.5-millimeter filter of aluminum or the equivalent, Van Gent added. “This machine has about 1.2 millimeters,” he said.

As a result, health department regulators gave the dentist who owned the new machine written notice not to use it because, “These units have not been cleared by or reported to FDA, [and] there is no evidence to show that they are safe and effective or that a quality control testing program has been followed, which may lead to the public being exposed to unnecessary radiation.”

The FDA notified U.S. import authorities and asked that the units be put on import alert and detained if found. But direct shipment can circumvent import officials, Van Gent said.

Meanwhile, Aribex’s Dawson said having an unethical competitor cast a shadow on the industry is frustrating.

“We have spent a lot of time and money having our units tested for safety,” he said of the NOMAD. “It’s rough for us because people think they’re the same, and they’re not.”

In bringing the hand-held portable X-ray to market, Dawson said Aribex first obtained FDA clearance for sale in the United States. The equipment was “groundbreaking,” he said, and the company also had to apply to every state for approval. Aribex is subject to scheduled and unscheduled FDA audits, he said.  NOMAD is also certified by the International Standards Organization, he said.

“It’s very disappointing when someone comes in and tries to circumvent all the legalities we have to follow,” Dawson said.

Waldsmith, of Vetel Diagnostics, said his experience with regulators’ issues “has been more a function of state practice acts and radiation safety practices than actual products.” While hand-held X-ray devices may be allowed at the federal level, standards differ between states, he said.

“Vetel Diagnostics deals with three manufacturers of portable X-ray generators,” he said. “There’s certainly a lot of interest in them right now.”

Dawson said proper labeling, as displayed on the NOMAD, includes: “Designed and manufactured in compliance with IEC 60601-1, 60601-1-1, 60601-1-2, 60601-1-3, 60601-2-7, and DHHS Rules 21 CFR Subchapter J, applicable at date of manufacture.”

A warning label on the X-ray panel should state these exact words: “This X-ray unit may be dangerous to patient and operator unless safe exposure factors, operating instructions and maintenance schedules are observed.”

In short, Dawson said, the FDA’s challenge is “to find out who’s doing it, how extensive it is, and then take legal means to keep them from coming into the country. And that’s difficult.”

2012年5月28日月曜日

暴力装置に国士と呼ばれた元NHK経営委

ジャーナリズム論が報道された。
 NHK経営委員会が開かれ、東京電力の社外取締役に内定した数土文夫委
員長が、内定までの経緯と「兼職は問題ない」など自身の考えを説明した。
 次回経営委で他の委員から意見を求め、それを踏まえて自ら就任の最終
判断を行うとしている。

数土文夫
・NHK経営委員長が社会的注目を浴びる東電役員を兼職することに批判が
 上がる懸念を伝え、(いったん)断った
・再度要請時、社外取締役は経営の監督に専念するものと判断し、任期は
 1年、無報酬を条件として受諾
・経営委員は放送法上、個別番組には非干渉
・NHK内部に番組の公平性をチェックする考査室等設置。

電気料金審査専門委員会 第2回会合資料
東京電力
 電力量    2896億kW   家庭向 38% 大口向 62%
 電気事業収入 4兆9612億円 家庭向 49% 大口向 51%
 利益     1537億円   家庭向 91% 大口向  9%
中部電力
 利益            家庭向 59%
関西電力
 利益            家庭向 65%
九州電力
 利益            家庭向 59%
沖縄電力
 利益            家庭向 90%

いまさら、ジャーナリズムの基本を問われても、権力の監視をしたり、
スポンサー無しのマスメディアを見ることは無いと思う。
民間出身の経営者が、ジャーナリズムの基本を熟知しているとも思えない。
NHKの社則がせいぜいだろう。

以前、年金記録問題で厚労省叩きがあった際、厚労省関係の懇談会委員
だった奥田碩は、叩いたマスメディアに対して、トヨタはスポンサを
降りると表明し、それ以降、年金記録問題は報道されなくなった。

社外取締役の上、個別番組には非干渉とされても、NHKが経営委員に気を
使わないわけを無いだろうし、奥田碩のように、責め続けられれば、
感情的になり部下に圧力をかける可能性もある。結局、選択しかないと
思っていたら、NHKの経営委員を辞任した。

お得様の割引は会社の利益を削ってと言うのが一般的だが、馬鹿な個人客
に負担させるのが、元優良企業の国士と言われた東電の経営手法。
東京副知事が言うとおり腹黒いと思う。
賠償とは別に、本事業でも7816億円の巨額赤字なのに、優秀な人材のため
に、高額給与と言う。国営化された会社に高額給与はバブル崩壊の金融
機関やリーマンショック後の米金融機関そのままだ。

一般に、自衛隊や警察を暴力装置と呼んだ国会議員に、資本主義の経営者
は、「国士」とは呼ばれたくはないと思ったが、どうやら、国士も同種の
ようだ。

東電公害病の加担者
移民政策による市民革命の幕開け
原発 権力闘争
東電 国有化計画発表


---NHK経営委員長の数土文夫氏が辞任表明 東電社外取締役に---
2012.5.24 17:09
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120524/bsj1205241709006-n1.htm

 NHK経営委員長で東京電力の社外取締役に内定している数土(すど)文夫氏(71)=JFEホールディングス相談役=は24日、東京・渋谷のNHK放送センターで会見し、「経営委員長を速やかに辞任する」と述べた。
 経営委員も辞任し、東電の社外取締役に予定通り就任する意向。数土氏は辞任理由について、「(NHKは)経営委員会が経営課題を共有し、レベルアップした。東電のリスタートへの協力を優先した」などと説明した。
 数土氏の兼職をめぐっては政府・民主党が「問題ない」とする一方、自民党などから「報道の公平性に影響を与える」と批判が出ていた。数土氏は22日の会見では「兼職は問題ない」との考えを示し、6月5日の次回経営委員会で各委員の意見を聞き、最終判断するとしていた。
 この日の会見で、数土氏は決断を早めたことについて「出処進退は自ら決めること。経営者は信念で昨日言ったことと違うことをやる」と話した。兼職批判に対しては、「配慮はしたが、影響は全く受けていない」と辞任理由でないことを強調した。
 数土氏は昨年4月から経営委員長を務めていた。


---東電兼職のNHK数土氏、報道中立「懸念ない」---
2012年5月23日09時08分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120523-OYT1T00164.htm

 NHK経営委員会が22日開かれ、東京電力の社外取締役に内定した数土(すど)文夫委員長が、内定までの経緯と「兼職は問題ない」など自身の考えを説明した。
 6月5日開催の次回経営委で他の委員から意見を求め、それを踏まえて自ら就任の最終判断を行うとしている。
 経営委終了後の記者会見で、数土委員長は、次期東電会長に内定している下河辺和彦・原子力損害賠償支援機構運営委員長から就任要請を受けたことを明かした。一度は断ったが、「社外取締役として欠くことのできないメンバーで、任期は1年」などと改めて説得されたことから、無報酬を条件に受諾したという。
 経営委員は放送法上、個別番組には干渉できず、さらにNHK内部にも番組の公平性をチェックする考査室などが設置されている。数土委員長はこれらの点を強調。「社外取締役を引き受けたとしても(報道の中立性の点で)懸念が起こるはずがない。両立はできる」と述べた。


---東電利益9割は家庭から…電力販売4割弱なのに---
2012年5月23日08時17分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120522-OYT1T01659.htm?from=top

 電気料金の値上げを巡って、東京電力が経済産業省に提示した料金の収益構造の概要が22日分かった。
 それによると、2006~10年度の5年間の平均で電気事業の利益の9割強を家庭向けなど「規制部門」から稼いでいる。
 家庭向けの料金制度は発電コストを積み上げた原価を元に料金が決まるが、算定方法の見直しを求める声が改めて強まりそうだ。
 23日に開かれる「電気料金審査専門委員会」の第2回会合で提示される資料によると、東電が販売した電力量2896億キロ・ワット時のうち家庭向けは38%、大口向けが62%だ。
 売上高でみると、電気事業収入4兆9612億円のうち家庭向けは49%、大口向けは51%とほぼ同じ比率だ。
 だが、1537億円の利益のうち家庭向けは91%、大口向けは9%になっている。つまり、電力量で4割弱を販売している家庭向けから9割の利益を稼ぎ出している構図だ。
 東電管内は、ガス会社や石油元売りなどが特定規模電気事業者(PPS=新電力)として電力小売りを手掛けており、大口向け市場は比較的、競争が激しい。値下げを強いられるため、家庭向けで利益を確保しようとしていたとみられる。


---電力会社の利益、7割が家庭から 東電では9割---
2012年5月23日5時12分
http://www.asahi.com/business/update/0523/TKY201205220859.html

 経済産業省が全国10電力会社の電力販売による収益を調べたところ、家庭向け電力が販売量の約4割しかないのに、利益の約7割を占めていることがわかった。一方、販売量の約6割を占める企業向けは、利益の約3割しかなかった。企業向けに比べ、家庭向けが割高になっているからだ。
 経産省は10電力の2006~10年度の販売電力量、電気事業による売上高と利益を調べた。5年間平均では、販売電力量は家庭向けが38%、工場など企業向けが62%で、売上高はそれぞれ49%(7兆2千億円)、51%(7兆5600億円)だった。一方、利益は家庭向けが69%(4300億円)、企業向けが31%(2千億円)と逆転した。
 各電力会社では、東京電力で家庭向けが利益の91%を占めた。07年の新潟県中越沖地震で原発が止まって天然ガスなどの燃料費がかさみ、利幅の小さな企業向けの利益が少なくなったからだ。沖縄電力は家庭向けの販売電力が多いため、利益でも90%を占めた。関西電力も65%、中部電力と九州電力も59%と高かった。


---数土NHK経営委員長「兼職問題ない」 東電社外取締役内定で---
2012.5.22 20:39
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120522/biz12052220400048-n1.htm

 NHK経営委員会の数土(すど)文夫委員長は22日、経営委員会後に会見し、東京電力の社外取締役に内定したことが報道の公平性に影響を与えると自民党などから批判されていることについて「NHKの番組編成は(放送法で)公平公正、不偏不党が保証されている」と述べ、兼職は問題ないとの考えを示した。
 一方、同日の経営委で委員2人が欠席したことから、「次回(6月5日)の委員会で各委員の意見を聞き、熟慮して私の責任で最終判断したい」と述べ、兼職の結論を先送りした。
 数土氏は東電の新会長になる原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長から就任要請を受けた際、「NHK経営委員長が社会的注目を浴びる東電役員を兼職することに批判が上がる懸念を伝え、(いったん)断った」という。その後、下河辺氏から再度要請され、社外取締役は経営の監督に専念するものと判断し、無報酬を条件として受諾したとした。
 数土氏はJFEホールディングス相談役で、昨年4月にNHK経営委員長に就任。東電の社外取締役には、6月に開く株主総会後の取締役会で正式に就任する予定。


---東電“取締役”人事の真相…経歴と人脈---
2012.05.22
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120522/dms1205220747004-n1.htm

 東京電力の新経営陣が発表された。取締役は現在の16人から11人に減り、そのうち7人が社外取締役である。
 新会長の下河辺和彦原子力損害賠償機構(以下、原賠機構)運営委員長と、新社長の廣瀬和己東京電力常務取締役以外は次の通り。
 社外取締役=数土文夫元JFEホールディングス社長(現NHK経営委員長)、小林喜光三菱ケミカルホールディングス社長、藤森義明住生活グループ社長、能見公一産業革新機構社長(元あおぞら銀行社長)、嶋田隆原賠機構事務局長(理事)、樫谷隆夫ブレイングループ代表の6人。
 社内取締役=内藤義博常務取締役、山口博常務取締役、古谷昌伯執行役千葉支店長の3人。東電生え抜きは、廣瀬新社長を含め4人だ。勝俣恒久現会長が望んだとされる村松衛執行役企画部長など、現執行部系はことごとく排除された。
 下河辺新会長は元日弁連副会長の弁護士。能見氏は道路公団の民営化に関与、猪瀬直樹東京都副知事が推薦した公認会計士。官僚出身は嶋田元経済産業省官房総務課長(1982年旧通産省入省)ただ1人だ。
 興味深いのが経済界から迎えた数土、小林、藤森氏ら3人の背景である。まず、3人が理数系経済人ということ。数土氏は北大、藤森氏も東大の工学部卒業。小林氏は東大大学院相関理化学修士課程終了である。
 次が、人選を主導した民主党の仙谷由人政調会長代行の強い意向から、経済同友会の長谷川閑史代表幹事の推薦によるということである。3人はともに経済同友会副代表幹事を歴任している。
 一時期会長候補にも擬せられた数土氏は、仙谷氏がその経営手腕と「国士」然とした人柄を高く評価しているのは周知のことだ。
 また、小林氏については、三菱化学、三菱レイヨン、三菱樹脂3社の統合で発足した三菱ケミカルHD社長としてグループ主要3社を荒療治で再生したことで知られる。
 藤森氏は日本GE会長から住生活グループにリクルートされた。同グループの前身であるトステムは、旧トーヨーサッシの事実上の創立者である潮田健次郎氏が設立した日本一のアルミサッシ製造会社。同社とINAXが経営統合、現在の1兆円企業となった。
 最後は、民主党政権誕生後、特に「3・11」後に同グループを始め大和ハウス、積水ハウスなど住宅・生活産業の民主党接近が取り沙汰されていることである。(ジャーナリスト・歳川隆雄)


---東電の前期最終赤字は7816億円 今期赤字は1000億円の見通し---
2012.5.14 14:32
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120514/biz12051414340011-n1.htm

 東京電力が14日発表した2012年3月期連結決算は、7816億円の最終赤字となった。営業損益は2725億円の赤字、経常損益も4004億円の赤字で、ここに巨額の特別損失が加わった。
 先週末にパナソニックが発表した最終赤字は7721億円で、これを上回る。現時点で2012年3月決算期の会社の中で最大の最終赤字額となった。
 特別利益と特別損失が発生しており、特別利益はが原子力損害賠償支援機構の交付金が2兆4262億円、固定資産や有価証券の売却益が906億円で合計2兆5168億円。一方、特別損失は震災関連の損失が2978億円、福島第一原発の損害賠償費が2兆5249億円。資産売却損が451億円出て、2兆8678億円。差し引きで特別損失が3510億円上回った。ここに税金などの調整が加わり、最終赤字は7816億円となった。
 2013年3月期は営業赤字が2350億円、経常赤字が3550億円、最終赤字が1000億円を予定した。

2012年5月27日日曜日

日本 巨額借金国は世界一の債権国

1000兆円の借金国は15年連続世界一の債権国だった。
 財務省が発表した平成23年末の対外資産負債残高によると、日本の企業
や政府、個人投資家が海外に持つ資産から負債を差し引いた対外純資産は
前年比0.6%増の253兆100億円で、2年ぶりに増加した。円高の進行で企業が
海外でM&Aを進めるなど投資を増やしたことなどが影響した。

IMF統計 主要国のH23年末の対外純資産
・日本 253兆100億円
・独  93兆8497億円
・中国 137兆9297億円

対外資産残高 USD1=77円57銭換算
・582兆480億円

対外負債残高
・329兆380億円
・海外投資家が、日本国債を購入等により、45兆9090億円増加

平成20年末現在本邦対外資産負債残高
平成23年末本邦対外資産負債残高の概要

H20年度末の残高から、公的資産は約2割で、40.2兆円。
H23年度末の残高を比例類推すると、公的資産は、50.6兆円。
国の借金額も信用できないとの説もあり、対外資産も信用できないかも
しれない。

自身の所有するものを取っておいて、人から巻き上げることばかりか。

信用されない政府が、発表する数字は信用されない。
根拠の非開示や内容に責任を持たない数字を信用するのは、肩書きによる
信用があったからこそと思う。
信用されない政府のおかげで、肩書きが肩身を狭くする時代か。

債務不履行競争
年金増税
JPMorgan 20億ドルの損失
原発 権力闘争


---11年末の対外純資産は253兆円、2年ぶり微増---
2012年 05月 22日 10:40 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE84L01520120522

[東京 22日 ロイター] 財務省が22日に発表した2011年末の対外資産・負債残高によると、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いた対外純資産は、前年末比0.6%増の253兆0100億円と、2年ぶりに増加した。
 円高が進んだため円換算した外貨建て資産は目減りしたが、過去最大の為替介入や邦銀の対外貸付の増加が寄与した。安住淳財務相がきょうの閣議に報告した。
 対外資産残高は前年末比3.3%増の582兆0480億円と、3年連続で増加。11年末の円相場は対ドルで77.57円と前年末から4円弱の円高が進み、円換算で23兆円の評価減が発生したが、1年間で約14兆円を投じた大規模介入で外貨準備高が100兆円へ増えたほか、対外貸付も11兆円増加した。欧州債務危機で欧州系金融機関がアジアなどでの業務を縮小する一方で、邦銀の対外貸し出しが伸びたためとみられる。政府が円高メリットの一環として後押ししている海外企業の買収など、直接投資残高も7兆円増加した。
 対外負債は329兆0380億円と、前年末から5.5%増えた。円高の進行など為替変動で4兆円、日本株の下落などで16兆円の評価減となったが、海外勢の短期債投資が活発で2年連続で増加した。海外勢の短期債投資残高は45兆円と96年の現行統計開始以来最大を記録。前年末に比べた増加幅16兆円も過去最大だった。
 国際通貨基金(IMF)などの集計によると、日本の対外純資産は91年以来、21年連続して世界最大の座を維持。2位の中国は円換算で11年末が137兆9297億円、3位のドイツが同93兆8947億円だった。

---昨年の対外純資産、2年ぶり増 円高で海外投資伸びる---
2012.5.22 08:43
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120522/fnc12052208450006-n1.htm

 財務省が22日発表した平成23年末の対外資産負債残高によると、日本の企業や政府、個人投資家が海外に持つ資産から負債を差し引いた対外純資産は前年比0・6%増の253兆100億円で、2年ぶりに増加した。円高の進行で企業が海外でM&A(企業の合併、買収)を進めるなど投資を増やしたことなどが影響した。
 安住淳財務相が同日の閣議に報告した。国際通貨基金(IMF)などの統計では、主要国の23年末の対外純資産はドイツが93兆8497億円、中国は137兆9297億円。このため、日本は3年以降21年連続で「世界一の債権国」の座を維持した。
 対外資産残高は3・3%増の582兆480億円と3年連続で増加した。23年末の円相場が1ドル=77円57銭と22年末の81円51銭から円高にふれたたため、円換算の資産価格は減少したが、海外企業への出資などの直接投資や銀行の海外への貸し付けの増加が上回った。
 一方、対外負債残高は5・5%増の329兆380億円。欧州債務危機に伴い、海外投資家が安全な資産と見なしている日本国債に資金が流入し、短期債の残高が比較可能な平成8年以降最大の45兆9090億円に増えたことなどが影響響した。

gleeと8lee

米Gleeが一段落。
米Gleeに感化されたJOCXの「8lee(カエルの王女さま)」。
視聴率が一桁のようだ。

ランキング

制作側は、感化されたと言うが、感化されたと言うレベルではなく、
オリジナルと言うべき。
見た回は、米Glee season1のパイロット版よりもさらに質が悪い。
Show Choirなのに、歌が下手、ダンスが下手は致命的。
1ヶ月のボイストレーニングでも棒にも箸にもと言うところか。
歌が好きで集まったのに、下手のまま。

編曲は現代風でもないし、音はずれていないが、メリハリもなく、
ハーモニーもうまくない。音は別撮なのに、この状態。
音楽担当(監督)の感性の問題か。

ダンスの振付も、難しい振付を下手は下手なりにではなく、みんなが踊れ
ることを優先したため、レベルが低い。
学芸会でも、もっと上手なチームもある。

どこを探しても、華が見当たらない。

オリジナリティあふれる8leeは、稀に見る番組として有名になるかも。
Loserは、人間だから、Winnerにもなれるが、カエルはカナリヤにはなれない。

ミュージカルで食べていた天海祐希は、米国の新人よりも歌やダンスが
下手か。

Lady GAGA BRAVE
Lemonade MouthとGlee


【公式】カエルの王女さま『歌唱シーンダイジェスト(楽曲配信PV)』

2012年5月26日土曜日

Jaczko Resigns

NRC委員長が辞任を表明した。
 NRCのヤツコ委員長は、声明を出し辞任する意向を表明した。時期は、
上院で後任者が承認された時点としている。
 昨年三月の東京電力福島第一原発事故後、米国内の安全対策強化を
推進しようとしてきたが、ほかのNRC委員全員(民主、共和各二人)から、
ヤツコ氏の運営手法に対する批判が出て“内紛”が表面化。ヤツコ氏は
NRCで孤立し、議会なども、原子力監督行政への悪影響を懸念していた。

ヤツコ
・女性スタッフの申立ては全て偽り

議会側近
・選挙の年には、NRCの委員長も交代する可能性がある。
 ヤツコは、元民主党議員
・元上司の Harry M. Reidが立候補を表明。

原子力産業
・政府が、交代候補を女性二人に絞り、その一人は元政府関係者。
・規制を緩める方針

NRC役員
・会議で理性を失うなどリーダーシップ能力を疑う

女性スタッフによるヤツコのパワハラ(?)とアドバイザーへの脅迫申立て
が直接の要因のようだ。
政府は、言いなり女性の議長を候補に絞っており、工作の可能性もある
とのこと。
ヤツコは、福一原発事故による原発設備の規制強化と新型原発の設置
不許可、会議中に不利になるとしばしば理性を失うことが問題視された。

米国では、シェールガスの開発が進み、高価な上、安全ではなく、さらに
規制による経費上昇と原子力産業に危機感があるため、工作に及んだとの
説もある。

福一原発事故の際、「米NRCは専門家が公正に判断する」との報道があった
が、現実には、どこの国も同じだったと言うこと。
中途半端な知識で怪我をした感じだろう。
米原子力産業は、東芝、日立、三菱重工の関連会社と言うことか。
原子力産業関係者の言うとおり、女性の元政府関係者が後任に選ばれた。
米国は、原発開発が進むのだろう。

電力会社の魅力
AP1000 2016年運転開始
環境破壊 シェールガス開発が原因か
原発を再稼動しなくても直ちに影響有りません\
シェールガス リスク高か


---米NRCの次期委員長にマクファーレン氏---
2012.5.25 10:57
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120525/amr12052510570004-n1.htm

 【ワシントン=柿内公輔】オバマ米大統領は24日、辞職を表明した米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長の後任に、地質学者で米ジョージ・メーソン大学のアリソン・マクファーレン准教授を指名すると発表した。就任には上院の承認が必要。
 マクファーレン氏は核廃棄物の専門家で、米国内の使用済み核燃料処分問題についてオバマ大統領に諮問する有識者委員会のメンバーも務めた。ネバダ州ユッカマウンテンの最終処分場計画にも反対し、オバマ政権による計画の白紙撤回に影響を与えたとされる。
 NRCをめぐっては、「ヤツコ氏の運営が独善的」などと批判する委員とヤツコ氏の間で内紛が続き、ヤツコ氏が21日に辞職の意向を示していた。


---米原子力規制委のヤツコ委員長が辞意 任期1年余残し---
2012年5月22日3時24分
http://www.asahi.com/international/update/0522/TKY201205220005.html

 米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長が21日、辞意を表明した。声明によると、後任が決まり次第、辞任するという。
 ヤツコ氏は2009年5月、オバマ大統領の指名で委員長に就任。任期をあと1年余り残していた。理由は明らかにされていないが、昨年秋、他の4人の委員がヤツコ氏の運営手法を批判する書簡をホワイトハウスに送り、米議会が調査に乗り出す事態になっていた。
 ヤツコ氏は原発の安全に対して厳しい姿勢で知られ、今年2月、米国で34年ぶりにNRCが原発建設を認可した際には、「東京電力福島第一原発事故の教訓がまだ規制に十分反映されていない」として、ただ1人反対票を投じた。(ケープカナベラル〈米フロリダ州〉=行方史郎)


---ヤツコ委員長辞任へ 米原子力規制委 運営手法で孤立---
2012年5月22日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012052202000082.html

 【ワシントン=共同】米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は二十一日、声明を出し辞任する意向を表明した。時期は、上院で後任者が承認された時点としている。
 昨年三月の東京電力福島第一原発事故後、米国内の安全対策強化を推進しようとしてきたが、ほかのNRC委員全員(民主、共和各二人)から、ヤツコ氏の運営手法に対する批判が出て“内紛”が表面化。ヤツコ氏はNRCで孤立し、議会なども、原子力監督行政への悪影響を懸念していた。
 内紛の背景には、規制強化を避けたい原子力産業界の意向が働いていたとの見方があった。


---Gregory Jaczko, chief of Nuclear Regulatory Commission, resigns---
By Steven Mufson and Ed O’Keefe, Updated: Tuesday, May 22, 8:54 AM
http://www.washingtonpost.com/business/economy/nuclear-regulatory-commission-chief-jaczko-resigns/2012/05/21/gIQAa2mnfU_story.html

The nation’s chief of nuclear safety announced his resignation Monday after a three-year tenure marked by debates over regulatory guidelines, praise for the U.S. response to the Japanese nuclear disaster and complaints that he had verbally abused women in the workplace.

The departure of Gregory B. Jaczko, an advocate of tough safety standards at nuclear reactor sites during eight years on the Nuclear Regulatory Commission, caps almost a year of concerns about his leadership of the NRC, which he has chaired since 2009.

Though frequently at odds with fellow NRC commissioners over the extent of safety requirements, it was political timing and management style that ultimately prompted his departure.

The NRC’s inspector general has briefed congressional aides on the contents of a report, due out in less than a month, about allegations that Jaczko treated female staffers harshly, according to people familiar with the briefing who spoke on the condition of anonymity to preserve their business relationships. A draft of the report quoted female staffers saying that his comments made them cry.

In an interview Monday, Jaczko said that the inspector general’s report “had absolutely no role” in his decision and that “any allegations about me targeting women are simply untrue.” He said that with his term expiring in June of next year he “wanted to give the president and Senate the opportunity to go through the process of identifying a candidate. Sometimes these decisions are a gut feeling.”

But in an election year, congressional aides said Jaczko was facing wavering support from his former boss, Senate Majority Leader Harry M. Reid (D-Nev.), who fiercely opposes efforts to store nuclear waste at Nevada’s Yucca Mountain, a key concern of the nuclear agency. In a statement Monday, Reid thanked Jaczko for his service, noting his leadership of the agency in the aftermath of last year’s Japanese tsunami and partial meltdown at the Fukushima nuclear plant.

“I am confident whomever replaces Chairman Jaczko will share his commitment to protecting the safety of the American people over the interests of a single industry,” Reid said.

Jaczko is a former staffer for Reid and other Democratic lawmakers.

The White House can now nominate a replacement who could be paired with Kristine L. Svinicki, a Republican NRC commissioner who requires confirmation for a new five-year term. An industry source, who asked for anonymity to preserve relationships in Congress, said that to replace Jaczko, the White House was considering one of two women with academic backgrounds in nuclear matters, one of whom also has federal government experience.

The choice of a woman to lead the agency would undercut Senate Minority Leader Mitch McConnell’s (R-Ky.) attempt to turn the NRC into a women’s issue by arguing that the White House had unfairly delayed Svinicki’s renomination while standing by Jaczko.

Some Jaczko supporters said he also fell victim to the nuclear power industry and its allies in Congress who seized upon a reason to question his leadership. A voice for tighter safety standards, Jaczko frequently found himself as the sole dissenter in key commission votes.

Jaczko’s tenure as chairman also included the awarding of the first new nuclear construction permit in three decades and the agency’s response to the Japanese tsunami. Earlier, as a commissioner, Jaczko led efforts after the Sept. 11, 2001, terrorist attacks to ensure that new designs strengthen reactors against aircraft attacks.

“This is the right time to pass along the public safety torch to a new chairman,” Jaczko said.

In a statement, Rep. Edward J. Markey (D-Mass.) said, “Greg has led a Sisyphean fight against some of the nuclear industry’s most entrenched opponents of strong, lasting safety regulations, often serving as the lone vote in support of much-needed safety upgrades recommended by the Commission’s safety staff.”

Nuclear Energy Institute President Marvin Fertel said in a statement: “We have had significant differences with the chairman on how best to achieve our mutually shared goals. But to his credit we’ve always had open lines of communications and a willingness to respectfully discuss the issues. This has especially been the case over the past 13 months since the accident at the Fukushima plant in Japan.”

Jaczko had become a target for congressional Republicans.

House Oversight and Government Reform Committee Chairman Darrell Issa (R-Calif.) issued a statement saying that Jaczko’s resignation “will close an ugly chapter.” He added, “This was never about nuclear safety, but rather poor leadership that created an abusive and hostile work environment.”

Much of the concern with Jaczko’s tenure burst into the open in December at a congressional hearing arranged to address whistleblower allegations that he had screamed at female staffers.

“I’m a very passionate and intense and demanding individual and I hold my staff accountable, and if that was misinterpreted by anybody I want to address that,” Jaczko said Monday.

GOP lawmakers had pressed the White House for details on meetings the NRC’s four other commissioners held with then-White House Chief of Staff William Daley to convey concerns.

At the December hearing of the House oversight panel, those commissioners - two Democrats and two Republicans - said they doubted Jaczko’s ability to lead the agency.

Commissioner William D. Magwood, a Democratic appointee, told lawmakers at the hearing that Jaczko regularly grew impatient at meetings with career agency staffers. Magwood said that during one encounter, Jaczko “became increasingly irrational, and everyone in the meeting became very uncomfortable.”

Svinicki told lawmakers that her fellow commissioners “have been on the receiving end of this conduct.”

One battle between Jaczko and his fellow commissioners concerned his recommendation to impose a 50-mile exclusion zone around the troubled Japanese nuclear plant. Other commissioners believed that was too much. However, e-mails released later showed that Jaczko had NRC staff support; later radiation measurements justified the 50-mile zone.

Seated at a witness table with two commissioners on either side, Jaczko insisted during the December congressional hearing that he had done nothing wrong and that he had no plans to resign. He also denied knowledge of incidents in which he was alleged to have verbally abused staffers.

After the congressional hearing, Republicans pressed Jaczko to clarify his testimony, citing conflicting witness testimony gathered by the NRC’s inspector general. Jaczko said Monday that he still plans to reply.


---Amid criticism, nuclear chief Jaczko resigns---
By Roberta Rampton
WASHINGTON | Mon May 21, 2012 8:20pm EDT
http://www.reuters.com/article/2012/05/22/us-usa-nuclear-jaczko-idUSBRE84K0RE20120522

(Reuters) - Gregory Jaczko, chairman of the U.S. Nuclear Regulatory Commission, said on Monday that he would resign, following a year of intense criticism over his abrasive management style.

A series of reports and congressional hearings have painted Jaczko as a bully who had reduced some senior female employees to tears - accusations that have overshadowed new rules he championed in the wake of the 2011 earthquake and tsunami that devastated Japan's Fukushima Daiichi nuclear complex.

Jaczko, 41, has consistently dismissed and denied the reports. He said announcing his decision to step down more than a year before his term expired was "not at all" related to the accusations but rather publicly signals his intention not to pursue a second term as chairman.

"I just wanted to provide the best opportunity for a successor to be brought on board and to give the president and the Senate maximum opportunity to do that," Jaczko told Reuters, noting he will stay in his job until his replacement is confirmed by the Senate.

The White House plans to nominate a new chairman soon, a spokesman said.

Jaczko said the negative headlines have not taken a toll on him or his family. "I've learned to separate and not take personally the kinds of things that people have said," he said.

"It's rare in life to have the opportunities I've had as chairman and I relish every moment of it. If that means being in the middle of some difficult issues with Congress, then that's just part of the job and something I will continue to deal with," he said.

ACCUSATIONS OVERSHADOW CHANGES

Having cast himself as a reformer at an agency where change typically happens at a glacial pace, Jaczko was long an irritant for the nuclear power industry, which fears the new regulations could drive up costs at the same time that cheap natural gas heightens competition.

The head of the Nuclear Energy Institute, a lobby group, acknowledged in a statement that the industry had differences with Jaczko but wished him well and urged the White House to name a new chairman quickly.

Republicans, with an eye to elections in November, were quick to cheer the departure of Jaczko, a Democrat, and also want a replacement soon.

"The only thing surprising about his resignation is the fact that the Obama administration has remained silent for more than a year after allegations of Jaczko's offensive behavior surfaced," said Mitch McConnell, Republican leader in the U.S. Senate.

The selection of a replacement could happen in tandem with the reconfirmation of a Republican commissioner, Kristine Svinicki, whose term expires next month.

Jaczko's replacement likely will be someone more open to "consensus building," said Ed Batts, a partner at law firm DLA Piper.

"It would seem likely that his successor ... will be from a more conventional background, either a technocrat or academic, and perhaps less of a dynamic personality," Batts said.

"DECENT GUY BUT HE WAS TOO DIRECT"

Jaczko got his start in Washington as a young, socially conscious physicist helping his then-boss Harry Reid, now Senate majority leader, block a plan to store radioactive waste under Nevada's Yucca Mountain.

Jaczko, a Democrat, had served at the NRC for almost eight years, and was appointed to the chairman role by President Barack Obama.

"He was a decent guy but he was too direct," said Najmedin Meshkati, an engineering professor at the University of Southern California. "To run the NRC he needed to be much more diplomatic, much more circumspect."

The resignation comes as the nuclear agency overhauls safety rules for the nation's 104 nuclear plants, owned by companies such as Exelon and Entergy Corp.

It also recently approved licenses for the first new U.S. plants in more than 30 years, owned by Southern Co and Scana Corp.

Jaczko cast the lone dissenting vote against the new licenses, drawing ire from the industry and Republicans.

UNCOMFORTABLE HEARINGS ON THE HILL

The four other commissioners at the NRC - two Democrats and two Republicans - took the unprecedented step last year of complaining to the White House about Jaczko.

Uncomfortable congressional hearings followed with the commissioners detailing their concerns and Republicans grilling Jaczko.

At the time, Bill Daley, then White House chief of staff, expressed his support for Jaczko and urged the commissioners to get along, perhaps with help from a mediator.

But the rancor did not fade. Republicans helped revive the story when the White House was slow to renominate Svinicki this spring. House Republicans had a hearing planned for next week expected to focus on Jaczko's tactics.

The inner turmoil at the NRC first attracted public scrutiny a year ago when the agency's inspector general, an internal watchdog, released a report that described Jaczko as someone who often lost his temper and used threats and intimidation to try to get his way.

The NRC's inspector general is expected to release a follow-up report about Jaczko's leadership style soon, although the timing and content of the report is not clear.

Jaczko told Reuters he had not seen the report and said he would not see it until it is final.

Jaczko's defenders said the accusations have been amplified by opponents to distract the agency from its reforms.

"These attempts to make a slender, balding particle physicist appear to be careening about the NRC like Mike Tyson with Evander Holyfield's ear in his teeth were always complete nonsense," said Peter Bradford, an adjunct professor at Vermont Law School and a former NRC commissioner.

(Additional reporting by Jeff Mason and Timothy Gardner in Washington and Scott DiSavino in New York; Editing by Dale Hudson and Bill Trott)


---Jaczko Quits as NRC Chief Amid Allegations of Staff Bullying---
Brian Wingfield and Katarzyna Klimasinska
Monday, May 21, 2012
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/g/a/2012/05/21/bloomberg_articlesM4DN706K50YD01-M4E7J.DTL

(Updates with Jaczko comments in fifth paragraph.)

May 21 (Bloomberg) -- U.S. Nuclear Regulatory Commission Chairman Gregory Jaczko said he is resigning, as lawmakers, colleagues and an independent watchdog criticize what they said is a bullying style and mistreatment of female employees.

"This is the appropriate time to continue my efforts to ensure public safety in a different forum," Jaczko said today in a statement. "My responsibility and commitment to safety will continue to be my paramount priority after I leave the commission and until my successor is confirmed." In an interview, he said disputes with NRC colleagues weren't a reason for his decision.

Jaczko, 41, whose term expires in June 2013, has been faulted for his management by other commissioners and in a report by the agency inspector general last year. President Barack Obama intends to nominate a successor soon, Clark Stevens, a White House spokesman, said today in an e-mail.

The new chairman will have to take the lead on a range of nuclear-energy issues including a potential atomic-waste repository at Nevada's Yucca Mountain, regulations to be adopted in response to Japan's disaster last year and license extensions for an aging fleet of reactors. The five-member commission this year awarded Southern Co. and Scana Corp. the first U.S. permits to build new reactors in more than 30 years, a decision that Jaczko opposed.

Commissioners' Disagreements

The decision to resign more than a year before his term ends wasn't influenced by recent disputes with other commissioners, who said in a letter they had "grave concerns" about his intimidation and bullying of staff.

"Some of those instances of the past six months or so really had nothing to do with my decision," Jaczko said today in a phone interview. The chairman has denied allegations he verbally abused female employees, as claimed by one commissioner.

Jaczko said he wanted to make his "intentions clear" and give Obama and the Senate enough time to confirm his replacement, he said. NRC commissioners were notified by e-mail earlier today, he said in the interview.

The U.S. nuclear-power industry has differed with Jaczko on how best to achieve safety goals, said Marvin Fertel, chief executive officer of the Nuclear Energy Institute, a Washington- based industry group that includes members such as Progress Energy Inc., PG&E Corp. and Xcel Energy Inc.

'Open Lines'

"To his credit, we've always had open lines of communications and a willingness to respectfully discuss the issues," especially since the triple-meltdown at Japan's Fukushima Dai-Ichi plant in March 2011, Fertel said in a statement. The industry wants the White House to name a replacement quickly, he said.

The chairman, who returned last week from a vacation, disclosed his decision to his staff at 10:22 a.m. Washington time, Eliot Brenner, an agency spokesman, said.

Jaczko wants to give Obama "maximum time" to find a successor, Brenner said in an interview at the agency's headquarters in Rockville, Maryland. Jaczko notified the president in a letter to White House Chief of Staff Jacob Lew, according to Brenner.

Jaczko's tense relationship with his colleagues was disclosed in an Oct. 13 letter from the four commissioners to the White House complaining that the NRC chairman bullied career staff and attempted to intimidate an independent panel of technical advisers. The letter to then-White House Chief of Staff William Daley was released Dec. 9 by Republicans on the House Oversight and Government Reform Committee. Jaczko denied the allegations.

'Ugly Chapter'

"The resignation of Chairman Jaczko will close an ugly chapter and allow the Nuclear Regulatory Commission to focus on its mission -- ensuring the safe operations of the nation's nuclear plants," Representative Darrell Issa, a California Republican and chairman of the oversight committee investigating the accusations, said in a statement.

Senator James Inhofe, an Oklahoma Republican, said Jaczko made the right decision to step down after "inappropriate behavior" that he said undermined the mission of the agency.

"Throughout his time at the NRC, it was abundantly clear that Chairman Jaczko used his office to undermine the NRC to the point that all four of his fellow commissioners wrote to the President to ask for assistance as a last resort," Inhofe said in a statement.

Yucca Mountain

Jaczko on April 20 denied allegations that he mistreats female colleagues and said the agency's inspector general is preparing another report. The watchdog on June 6 in a report said Jaczko improperly ended consideration of a proposed nuclear-waste disposal facility at Yucca Mountain. Jaczko denied any wrongdoing.

Senator Bernie Sanders, a Vermont independent, said Obama must nominate a new NRC chairman who will stand up to industry pressure as he said Jaczko did.

"Chairman Jaczko was subjected to repeated personal attacks made by some of his colleagues and pro-industry advocates in Congress," Sanders said in a statement.

The Union of Concerned Scientists, an advocate for better oversight of nuclear-power plants, said the resignation robs the agency of a regulator committed to public health and safety.

"Jaczko often took a more cautious approach on plant safety and security than his colleagues," Edwin Lyman, senior scientist at the Cambridge, Massachusetts, group, said in a statement. "He generally supported larger safety margins in the face of uncertainty."

'Verbal Assault'

The NRC chairman, a former aide to Senate Majority Leader Harry Reid, a Nevada Democrat, aimed a "raging verbal assault" at three female agency staff members in separate encounters, NRC Commissioner William Magwood told the House Oversight and Government Reform Committee in December, a charge that the NRC chairman then denied.

"He dedicated his tenure to improving the safety of nuclear energy, and his leadership during the Fukushima nuclear crisis protected millions of Americans," Reid said in an e- mailed statement.

Jaczko was nominated to the commission by President George W. Bush in 2005. In 2009, President Barack Obama named him chairman of the agency, which regulates safety at 104 commercial nuclear reactors.

Prior to his tenure on the commission, Jaczko worked for Reid in the Senate, for Representative Edward Markey, a Massachusetts Democrat and was an adjunct professor teaching science and policy at Georgetown University. He has a doctorate in physics.

"Greg has led a Sisyphean fight against some of the nuclear industry's most entrenched opponents of strong, lasting safety regulations, often serving as the lone vote in support of much-needed safety upgrades recommended by the Commission's safety staff," Markey said in a statement.

--Editors: Steve Geimann, Daniel Enoch

2012年5月25日金曜日

東電 国有化計画発表

東電が国有化計画を発表した。
 東京電力は、実質国有化に向けた1兆円の公的資本受け入れのため発行
する種類株の詳細を発表した。原子力損害賠償支援機構に対して議決権
のあるA株と、議決権はないが機構などの判断でA株に転換できるB株の
2種類を発行。機構の議決権を当面50.11%とし、東電改革が計画通りに
進まない場合、議決権を最大75.84%に高め、政府が機構を通じて経営を
完全掌握できるようにする。取締役会で決定し、機構と株式引き受け契約
を結んだ。開催予定の定時株主総会で出席株主の3分の2以上の承認を経て
発行する。

発行株
・A株 \200/株 16億株(3200億円)
・B株 \2000/株 3億4000万株(6800億円)
・オプション
 A、B株とも株を相互に転換できる。
 A、B株とも普通株に優先して配当を受取る権利を持つ。
・対価は、2015年3月末までの福島第1原発の廃炉費用や火力発電燃料の調達
 費用などに充てる。
・支援機構の判断により、政府の議決権を半分以下に引き下げる可能。

新体制による取締役会案
・会長  下河辺和彦
・社長  広瀬直己
・副社長 内藤義博、山口博、相澤善吾
・取締役員
 社内  古谷昌伯等
 社外  数土文夫、小林喜光、藤森義明、樫谷隆夫等
・執行役員
 社内  小森明生、佐野敏弘、石崎芳行等
 社外  横田昌史、嶋田隆等

政府と東京都の経営者と株主の対決を期待したが、東京都の株式保有率が
減り、対決は、取締役会へ1名参加に終わった。外部からはほとんど見え
ない。経産省と財務省の意向が反映された経営計画が進むのだろうか。

突然始まった東電の値上げ説明キャンペーンも、個人の評価と東電の評価
では、差が大きいまま。説明も以前からの体質に変化はなかった。

経団連からの候補者
・「当面、賠償請求が継続する上、国有化する会社に民間の経営をどう生かす
 のか疑問」との声が多かったようだ。

バブル崩壊頃からの国有化は、日米英共に良かったことが少ない。
本当に国有化するのは、原発廃棄事業で、売電事業は切離し新会社で行った
方が良かったと思う。
国有化で、東電株主訴訟はどうなるか。

東電株主訴訟
衆院選 一発逆転
原発を再稼動しなくても直ちに影響有りません


---東電 政府議決権、最大75% 1兆円注入、7月国有化---
2012年5月22日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012052202000083.html

 東京電力は二十一日、一兆円の公的資金の注入を受けるための詳細な仕組みを発表した。政府の原子力損害賠償支援機構が一兆円の増資を引き受け、七月二十五日までに全額を払い込み、新株を取得する。政府の議決権は50・11%で、新株をすべて議決権のある株式に転換すれば最大75・84%まで上がる。
 資本注入は、普通株とは異なる権利を株主が持つ「優先株」を活用する形式で行う。東電は六月二十七日の株主総会で関連議案を提案。承認が得られれば東電は実質的に国有化される。政府は当初から議決権の過半数を握り、東電の経営改革を主導する。
 機構は「改革が不十分」と判断した場合は新株を議決権のある株式に転換し、議決権比率を引き上げる認可を経済産業相に申請。認められれば株主総会で合併や定款の変更など、すべての議案を単独で可決できる三分の二以上に議決権を拡大して経営を完全に掌握する方針だ。
 実質国有化により既存の株主の議決権割合は下がり、東電の筆頭株主である東京都の議決権(三月末時点)は2・68%から1・34%に低下。将来は0・65%まで下がる可能性が出てくる。既存株主の議決権割合の低下について東電は「賠償や原発の廃止措置、電気の安定供給を同時達成するには、優先株発行による財務基盤の強化と資金確保が必要不可欠」などと説明し、合理性があると主張している。
<資本注入> 経営難や資本不足に陥った企業に対し、国が税金などの公的資金を使って増資に応じること。企業が新たに発行する株式を購入する事例が多い。企業は発行可能な株式数(発行枠)を定款で取り決めている。新株発行に伴い発行枠が足りなくなる場合は、株主総会で定款変更を決議する必要がある。新株が発行されれば、既存株主は保有する1株当たりの価値が下がり経済的な損失を被ることになる。


---東電:種類株の詳細発表 政府が議決権最大75.84%に---
毎日新聞 2012年05月21日 20時54分(最終更新 05月21日 23時30分)
http://mainichi.jp/select/news/20120522k0000m020072000c.html

 東京電力は21日、実質国有化に向けた1兆円の公的資本受け入れのため発行する種類株の詳細を発表した。原子力損害賠償支援機構に対して議決権のあるA株と、議決権はないが機構などの判断でA株に転換できるB株の2種類を7月25日付で発行。機構の議決権を当面50.11%とし、東電改革が計画通りに進まない場合、議決権を最大75.84%に高め、政府が機構を通じて経営を完全掌握できるようにする。
 21日の取締役会で決定し、機構と株式引き受け契約を結んだ。6月27日開催予定の定時株主総会で出席株主の3分の2以上の承認を経て発行する。内訳はA株16億株(3200億円)、B株3億4000万株(6800億円)で、15年3月末までの福島第1原発の廃炉費用や火力発電燃料の調達費用などに充てる。A、B株とも普通株に優先して配当を受け取る権利を持つが、東電が配当を再開するには黒字転換した上で、原発事故対応などで目減りした準備金などを一定額まで回復させる必要があり、配当のめどは立っていない。


---東電の増資、政府議決権は当初50%超 必要あれば75%以上に拡大---
2012.5.21 18:42
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120521/biz12052118420016-n1.htm

 東京電力は21日の取締役会で、実質国有化に伴う1兆円の公的資本の受け入れ方法を決議した。市場に出回らない2種類の「種類株」を原子力損害賠償支援機構に割り当て、政府の議決権を単独で役員選任などができる「過半数」の50・11%に設定した。
 経営改革が進まず政府が「総合特別事業計画」の変更が必要と判断すれば、全種類株に議決権をつけて会社分割などもできる「3分の2以上」の75・84%にまで引き上げを可能にする仕掛けになっている。
 増資議案を盛り込んだ株主総会(6月27日開催)の召集令状を6月上旬に発送する。総会で認められれば、7月25日までに、支援機構を通じ、政府から1兆円の資本注入を受ける。
 種類株のうち議決権がついた「A種」は普通株の過去6カ月の平均株価を参考に1株200円とし、発行済み普通株数を上回る16億株(3200億円)を発効。議決権がつかない「B種」は10倍の1株2000円で3億4千株(6800億円)を発行する。
 総額1兆円の資本注入を維持しながら、両方の種類株を相互に転換できる。支援機構が「経営改革に一定のめどがついた」、もしくは東電が社債市場で「自立的に資金調達」していると判断すれば、政府の議決権を「2分の1」以下に引き下げることもできる。
 両種類株には配当を優先して受ける権利もつくが、東電は支援機構への賠償資金返却を抱えるため「当面の配当は考えていない」(東電)。普通株にも一定の範囲で転換できるが、転換すると政府の持ち分比率が最大で95・44%にまで増え既存株の価値減少が大きくなるため「想定していない」(同)という。
 増資後は現在の上位株主の議決権は半減し、(1)東京都(1・34%)(2)東電従業員持ち株会(1・20%)(3)三井住友銀行(1・13)などとなる。


---東電、問われる実行力 委員会設置会社に移行---
2012.5.15 11:18
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120515/biz12051511200036-n1.htm

 東京電力は実質国有化にともない、社外からの取締役が過半を占める「委員会設置会社」に移行する。過去のしがらみにとらわれず、コスト意識の向上など社内改革を推進する狙いだ。ただ、これら社外からの経営陣は電気事業経験については「ゼロ」。現場を主導し成果をあげられるのか。その実行力が問われる。
 「新しい方が7人(取締役会に)入る。新たな視点から新風を吹き込んでいただきたい」。新社長になる広瀬直己常務は14日の会見で、会社経営者を含む新たな社外取締役に「期待」を込めた。
 「委員会設置会社」は、米国型の企業統治の仕組みを参考に、経営の透明性などを確保するため、平成15年、日本に導入された。
 同年に実質国有化されたりそなホールディングスが採用し、社外取締役の花王の元副社長が銀行窓口の「待ち時間ゼロ」を推進するなど、成功事例もある。このため、「私を含めお客さま目線が定着していない」(西沢俊夫社長)という東電の外からの意識改革に期待がかかっている。
 ただイオンやソニーなど約90社が採用する委員会設置会社も、全てが成功しているわけではない。「経営陣の考えを現場が理解せず混乱の火種になることも多い」(弁護士)ためだ。
 広瀬氏は、取締役会が決定した経営方針を現場に徹底する執行役トップの社長も兼務する。だが、社外取締役人事には「下河辺新会長があたり、私はあずかり知らない」と述べた。東京都の推薦で社外取締役に内定した公認会計士の樫谷隆夫氏は同日の記者会見で、東電の体質を「役所以上に役所」と批判するなど、すでに溝が表れている。
 社外取締役人事決定の過程では、経団連の米倉弘昌会長は「(調整に)時間が足りなかった」と、要請を受けながら人材派遣を断念したことを示唆。就任方向だった元産業再生機構幹部の大西正一郎弁護士も固辞に転じるなど、会長人事同様に難航した。
 社外取締役の担当割などもこれから。退任する西沢社長は「一日の経営空白も許されない課題が山積している」と、経営体制の移行に危機感を示した。


---東電値上げの「標準モデル」は一種の情報操作---
2012年05月15日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120514/308640/?ST=business&P=2

「企業理念の確立」など5項目の株主提案で構造改革を迫る
 東京電力が5月14日月曜日、新しい役員人事を発表した。東京都が4月27日に発表した株主提案を、株主総会を待たずに受け入れ、樫谷隆夫公認会計士の社外取締役就任を決めた。現在16人の取締役を11人に減らしたうえで、7人を社外から招き、新体制とした。
 樫谷公認会計士は小泉内閣で道路公団民営化プランを一緒につくった同志で、特殊法人などの会計の専門家だ。総括原価方式という特殊な会計の法人を構造改革するために、これだけ適切な人材はいない。東電の経営体質を透明化するための第一歩である。
東電の合理化、透明性を確保するために
 4月27日、東京都は筆頭株主として東京電力に5項目の株主提案を発表した。樫谷公認会計士の社外取締役への選任は、その第一の議案とした。
 「企業再生やコンサルティングに豊富な経験を有する専門家を社外取締役に選任する」
 5月14日、午後2時の決算発表につづき、東電は新役員を発表。これを受けて5時45分から、東京都庁6階の記者会見室で、樫谷公認会計士と僕で記者会見した。小泉政権で行革断行評議会ができたとき、道路公団の民営化プランや特殊法人の改革案を一緒に策定し、最近では地下鉄一元化を考える「東京の地下鉄を考える懇談会」のメンバーとしても、改革案づくりを手伝ってもらった。
 「道路公団でもそうだったが、東京電力はゼロ連結会社がたくさんあり、不透明といえば不透明。東京電力の計画の中身に限定することなく、削減策が早期かつ確実に実行されるよう、会計の専門家、理論家ではなく実務家として取り組んでいきたい」

説明に一種の情報操作がある
 東電の取締役は11人で、6月27日の株主総会後に「委員会設置会社」に移行する。委員会設置会社では、取締役が業務の監督を担い、執行役が実際の経営にあたる。取締役11人のうち7人は樫谷氏ら社外から招き、社内のプロパーは4人。執行役は15人のうち13人が社内プロパーである。東電の新体制にとって、圧倒的多数のプロパーの執行役陣を、社外が多数を占める取締役が制していくと理解すればよい。
 しかし、東京電力の改革は緒についたばかり、東電は顧客サービス第一という意識に乏しい体質の変革を加速する必要がある。
 5月9日、東電と原子力損害賠償支援機構がまとめた「総合特別事業計画」を政府が認定した。1兆円の公的資金を投入するほか、家庭向けなどの電気料金値上げも含まれている。
 これまで東電は、2兆6500億円のコスト削減をするとしていた。今回の計画には、「追加的に6565億円のコスト削減を盛り込み、10年間で3兆3650億円を超えるコスト削減」と明記された。当コラムでも東電の子会社・関連会社の無駄を指摘してきた結果、コスト追加削減に反映されたと言える。
 しかし、まだまだ東電の合理化、透明性確保は足りない。とくに、今回明らかになった家庭向けなどの電気料金の値上げについては、説明に一種の情報操作がある。

30Aの契約電流が標準家庭のモデルか?
 東電の電気契約には、大きく分けて自由化部門(大企業など大口契約)と規制部門(中小零細企業、一般家庭など小口契約)がある。東電が1月に発表した値上げは、自由化された大口契約についてのものだった。今回、“家庭向け”と報じられている値上げは、規制部門の小口契約が対象となっている。規制部門には、一般家庭だけでなく、多くの中小零細企業が含まれていることに留意してもらいたい。
 規制部門は現在、3段階料金制度になっている。使用電力量1kWhあたりの料金単価は第1段階(~120kWh)が18.42円、第2段階(120~300kWh)が23.41円、第3段階(300kWh~)が24.68円で、使用量が多いほど単価が高い。
 今回の値上げでは、使用量が多いほどさらに値上げ率を高くしている。値上げ後の料金は、第1段階が19.16円(+0.74円、4%増)、第2段階が25.71円(+2.30円、10%増)、第3段階が29.57円(+4.89円、20%増)となる。
 東電の示す標準家庭モデル(契約電流が30A、使用電力量は290kWh)では月平均6.9%の値上げにとどまるとしている。東電は、契約電流を30Aとした根拠について、契約者の42%が30Aで、もっとも割合が高いからとしている。
 ところが、他の契約者を見ていくと、標準家庭モデルの根拠は疑わしくなってくる。40~60Aの契約者数を足すと、その割合は42%となり、30Aと同等になるのだ。東電が30Aを標準としたのは、契約電流、使用電力量を低めに見積もって、値上げ率を低く見せようとしているからだ。

値上げが20%近くになる中小企業もある
 今回の値上げでも中小企業への配慮が足りない。都内の中小企業事業所は約70万軒あるが、そのうち、自由化部門の大口契約に入っているのは約7万軒。わずか1割でしかない。残る9割の中小零細企業は、50kW以下の規制部門の小口である。つまり家庭向け電気料金とは、中小企業も含めて、ということなのだ。
 大口については一律値上げが東電から発表されたが、大企業も中小企業も一律値上げでは、体力のない企業は耐えられない。東京都が「中小企業に愛がない」と改善を求めたから、割引プランが導入され、一定の配慮がなされることになった。
 ところが、中小企業の9割が存在する小口契約については、割引プランもなく、経営への配慮がまったくなされていない。たとえば町工場やコンビニは一般家庭よりも使用電力量が多く、どうしても使用電力量に占める第3段階の割合が多くなる。自由化部門の値上げ平均約17%よりも値上げ幅が増えて、20%近くになるケースも考えられる。
 10日、東電の高津浩明常務を都庁に呼び、料金値上げの説明を求めた。標準家庭モデルの根拠や中小零細企業への影響などについて、正直に説明責任を果たすように注文をつけた。
 顧客をないがしろにする東電の体質は変わっていない。東電を再建するためには、徹底した構造改革を行い、本当の意味で体質を改善していなかければならないのである。

「経営理念の確立」を盛り込んだ株主提案を行う
 前述の通り4月27日、東電の筆頭株主として、東京都は株主提案を公表した。社外取締役の選任につづいて、以下の4つの内容を盛り込んだ。いずれも東電の構造改革に不可欠のものだ。
・経営理念の確立
・経営の透明性の確保
・設備投資の競争原理導入
・民間事業者を活用した火力発電設備のリプレース推進
 東電の定款には、経営理念がない。「第1章 総則」には会社の目的として本来の電気事業以外に「不動産の売買、賃貸借」「宿泊施設およびスポーツ施設の経営」など本業と関係のない事業が並んでいるだけ。東京電力が電力市場において9電力会社や「新電力」との競争が可能な、効率的かつ顧客サービスを使命とした健全な会社に生まれ変わらなければいけない。そこで、以下の条文を追加することを提案した。
 「本会社は、社内における競争原理の導入等により、低廉かつ安定的な電力を供給し、顧客サービス第一を使命とする」
 顧客サービス第一だから、情報公開は当然だ。小売料金については算出プロセスを開示することを盛り込んだ。現状では、小売料金にどのような経費がどれだけ含まれているか公表されておらず、第三者による検証ができない。
 東電は一方的な値上げを繰り返しているが、算定根拠が開示されないままでは、顧客の理解を得ることはできない。

顧客サービス第一主義を実現せよ
 総合特別事業計画には、「意識改革」という項目が盛り込まれている。「過度なマニュアル主義、前例主義、設備に係る自前主義、縦割り、部門主義等の問題」「外部から見た事業運営に係る透明性の不充分さ」「コスト意識や競争意識の希薄性といった問題点」などだが、普通の企業ならあたりまえの話だ。
 東電は顧客に値上げを強いながら、夏のボーナスを支給するつもりでいた。10日になって、ようやく労組と妥結し、夏のボーナス見送りを決定したが、普通の人の感覚からすれば「遅すぎる決定」としか映らないだろう。
 意識改革を進め、顧客サービス第一主義を実現するためのスタート地点に、東電はまだ立ったばかりなのである。


---東電、新経営体制かたまる 執行役15氏内定---
2012/05/15
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20120515_01.html

 東京電力は14日の取締役会で、6月27日の定時株主総会以降の新経営体制を決めた。 株主総会の承認を経て委員会設置会社に移行、経営を監督する取締役会は下河邉和彦会長、廣瀬直己社長ら11氏で構成。 社内からは内藤義博氏、古谷昌伯氏、山口博氏が就く。 業務執行を担う執行役には廣瀬社長以下15氏が内定。 取締役を兼務する山口、内藤の2氏と相澤善吾副社長が代表執行役副社長となる。 常務執行役には小森明生、佐野敏弘の両常務のほか石崎芳行・執行役員ら7氏が内定した。 原子力損害賠償支援機構からは、嶋田隆理事兼事務局長が取締役を兼務する執行役、横田昌史上席執行役員が執行役となり業務運営に関与する。
 委員会設置会社に移行した後の東電の業務運営は執行役が担う。 代表権を持つのは廣瀬社長のほか3人の副社長となり、9常務、2執行役の合計15人で構成される。
 3副社長は業務全般のほか、山口氏は電力流通本部長で技術部、建設部を担務。 内藤氏は廣瀬氏から福島原子力被災者支援対策本部長を引き継ぎ、グループ部と労務人事部を担当する。 相澤氏は引き続き原子力・立地本部長として、小森常務・原子力・立地本部副本部長兼福島第一安定化センター所長と共に福島第一原子力発電所の復旧と安定化に力を尽くす。 (本紙1面より抜粋)


---東電新役員に経団連からゼロ 米倉会長ぶ然---
2012.5.14 19:36
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120514/biz12051419390024-n1.htm

 東京電力が14日、社外取締役として経済界から新たに数土文夫・NHK経営委員長(JFEホールディングス元社長)、小林喜光・三菱ケミカルHD社長、藤森義明住生活グループ社長の3氏起用を決めた。いずれも経済同友会出身の論客で、弁護士出身で経営経験のない下河辺和彦東電新会長を支える。
 だが、東電の社外取締役枠は当初、経済3団体のうち経済産業省の直系の日商を除いて「経団連2、同友会1」(政府筋)だった。ゼロに終わった経団連は「感想なんてとくにない」(米倉弘昌会長)とぶぜんとした表情だ。東電の新会長に下河辺氏の起用が内定したあと米倉会長は「要請があれば支援したい」と社外取締役の人選に前向きだったが、すでに東電以外の社外役員を務めているなど「(候補者は)いろんなことをやっている人たちだから時間がなかった」(米倉会長)と調整は不調に終わった。
 米倉会長に同行している経団連の訪中視察団メンバーも「民営化する企業なら経営ノウハウを生かせるが、これから国有化する会社では」「奥田(碩・国際協力銀行総裁)さんが言っているようにモノづくりの会社からは難しい」「東電の社外取締役になれば相当時間をとられる」と一様に後ろ向き。個人資格の同友会会員と違い、身軽に動けない経団連の内部事情を垣間みせていた。(北京 早坂礼子)

2012年5月24日木曜日

コチニールアレルギー

コチニール色素によるアレルギー反応者が見つかった。
 食品や化粧品などに使われる赤色の着色料「コチニール色素」の摂取に
よって、呼吸困難などの急性アレルギー症状が出る恐れがあるとして、
消費者庁は使用者に注意を呼び掛けた。

消費者庁
・コチニールは昆虫の成分からつくられ、清涼飲料水や菓子、口紅、アイ
 シャドーなどに広く利用。

コチニール色素成分表示
・cochineal extract,carmine,crimson lake,natural red 4,C.I.

コチニール色素は、乾燥させたコチニールカイガラムシをすり潰した後、
温水や熱水にいれ、色素を抽出。
色素を抽出した際、虫のタンパク質が残留し、着色料に加工。
この着色料を摂取した人がアレルギーを発症することがあるようだ。

似た味覚の材料に、着色料を添加し、安価にしたり、おいしそうに着色
することで、販売量を増やそうとするが、よく考えれば製品がこんな
はずではと思うことがある。
以前、中国製の衣料品の着色料に工業用染料を使い、被害が出たが、
その時の色も赤。
賢い購入者が増えば、怪しい製品は自然淘汰される。

Coke Pepsi 発がん性物質混入報告


A Moment of Science: Cochineal Bugs


---着色料にアレルギー恐れ 食品、化粧品のコチニール かゆみや呼吸困難---
2012.5.16 14:56
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120516/trd12051614570009-n1.htm

 食品や化粧品などに使われる赤色の着色料「コチニール色素」の摂取によって、呼吸困難などの急性アレルギー症状が出る恐れがあるとして、消費者庁は16日までに使用者に注意を呼び掛けた。着色料が使用されている製品は、成分表示欄に記載がある。
 消費者庁によると、コチニールは中南米原産の昆虫の成分からつくられ、清涼飲料水や菓子、口紅、アイシャドーなどに広く利用されている。調査の結果、コチニールを使った製品を飲食し、かゆみや呼吸困難などのアレルギー反応を起こした例が2004年以降、国内で4例あったという。
 消費者庁は、コチニール入りの食品などでかゆみなどの症状が出た場合は医師の診察を受けるよう呼び掛けている。


---スターバックス、昆虫から抽出の着色料利用を段階的に中止---
2012.04.20 Fri posted at: 10:11 JST
http://www.cnn.co.jp/business/30006317.html

 ニューヨーク(CNNMoney) コーヒーチェーン大手の米スターバックスは19日、昆虫から抽出した着色料の使用を段階的に取りやめると発表した。
 スターバックスのクリフ・バロウズ社長は同日のブログで、コチニールと呼ばれる昆虫の使用を段階的に中止すると発表。「米国で販売している食品と飲料に天然のコチニール抽出物を使っているのは、消費者の期待に反していた」と述べた。6月末までに、トマトの抽出物を使ったリコピンという着色料に切り替える予定だという。
 コチニール抽出の着色料は、ストロベリー&クリームフラペチーノなど飲料2種類と、ラズベリー・スワールケーキ、ピンク色のトッピング付きミニドーナツなど食品4種類に使われていた。
 バロウズ社長は3月29日の時点では、コチニールは米食品医薬品局(FDA)に承認された天然着色料であり、健康上のリスクはないと強調していた。
 しかし同社広報によれば、昆虫の抽出物使用に不安を持つ消費者から多数の要望が寄せられたため、その声に応えることにしたという。
 インターネットの署名集めサイトでは6000人の署名を集め、「完全菜食主義者に優しい」抽出物への切り替えをスターバックスに要望したと話している。


---Gross Ingredients In Processed Foods---
By Sarah Klein Posted: 05/14/2012 7:26 am Updated: 05/14/2012 1:24 pm
http://www.huffingtonpost.com/2012/05/11/gross-ingredients-processed-foods_n_1510516.html?ref=healthy-living

First it was pink slime. Then, it was crushed cochineal beetles in your favorite strawberry-flavored Starbucks drinks. Briefly, it was tuna scrape. And any day now, it's going to be meat glue.

More than ever before, it seems consumers are demanding to know what's in their food and why.

"I’m beginning to see now that consumers are pushing back," Michael Doyle, Ph.D., director of the Center for Food Safety at the University of Georgia, tells The Huffington Post. "They want more transparency. Pink slime was a great example. It wasn't whether the food was safe or not but, ‘Hey, they're putting ammonia in my ground beef, and I don't like that.'"

Understandable, considering ammonia is usually associated with household cleaners or fertilizers. But not liking ammonia in ground beef is entirely different from ammonia in ground beef hurting our health.

That said, the health concerns "may be moot," HuffPost blogger and director of the Yale Prevention Research Center David Katz, M.D., writes. "If people don't like the idea of eating it, it will go away."

This power of the public to make changes to Big Food has been largely fueled by blogs and social media, says Doyle. "Foodies and people who are maybe more purists in their food are more concerned, spending more time on the blogs," he says. "They use the blogs to get their perspective out and put pressure on the retailers, who put pressure on the processors."

Consumer safety organizations are also putting pressure on food processors. The Center for Science in the Public Interest (CSPI) is calling for improved food policies that promote sustainable food and changes to the food industry, according to executive director and HuffPost blogger Michael F. Jacobson, who noted that pink slime was a wake-up call to many Americans. "And they clearly didn't like what they saw," he writes.

But before big changes happen, there are likely to be more stomachs turned over other ingredients. "I want to say to people, if you were grossed out by pink slime, there's more to come,” CSPI staff attorney Sarah Klein told Cleveland.com.

"In pink slime, we are looking at a product that is unsavory, but not unsafe -- we don't have any evidence to suggest the ammonia treatment is dangerous," Klein said. "But the public outcry over this has illustrated a couple things: consumers want to know what's in their food, and the USDA needs to take a much closer look at labeling -- not just of ground beef, but of all labeling."

An overhaul of food labeling is most likely still a while off. In the meantime, consumers' increased curiosity into food production could result in a return to cleaner eating. "What I know best is that the foods best for health are generally not prone to any such adulterations," writes Katz, who suggests eating foods made from ingredients you have heard of, recognize as either a plant or animal and can pronounce.

Easier said than done, given how many processed foods have miles-long ingredients lists, many of which are surprising, scary or downright unnecessary.

That's why we wanted to take a closer look at what else is hiding in processed foods. While their origins may be less than tasty and their names hard to pronounce, they don't necessarily present any immediate health concerns, experts say. Still, we'd rather know when we're eating beaver.

"In general, I think most consumers will be shocked to find out what's really in their food," Bruce Bradley, food industry veteran and food blogger, tells The Huffington Post, "and even the savviest label readers may not truly understand what they're eating."

Click through the slideshow of gross-sounding food ingredients below, then tell us in the comments which surprised you the most.


---Liquor Labels Must Disclose Cochineal Red---
By TRAVIS SANFORD
http://www.courthousenews.com/2012/04/18/45709.htm

 WASHINGTON (CN) - Manufacturers of alcoholic beverages using crimson coloring derived from the cochineal bug have to disclose its presence on the label, under new rules adopted by the Alcohol and Tobacco Tax and Trade Bureau.
 Since 2009, the Food and Drug Administration has required manufacturers of foods containing cochineal extract to list it as an ingredient on all packaging, after it found that people had suffered anaphylactic shock from drinking liquor containing the dye.
 The use of carmine is widespread, including in juices, popsicles, candy, yogurt, artificial crabmeat and cosmetics.
 Cochineal has been valued for centuries as a red dye and is identified often identified on labels as "cochineal extract", "carmine", "crimson lake", "natural red 4", "C.I. 75470", "E120", or even "natural coloring". Use of the extract, which is derived from carminic acid produced on the scales of cochineal bugs , became popular after many commercial synthetic red dyes were found to be carcinogenic.

2012年5月23日水曜日

原発 権力闘争

原発の権力闘争があるようだ。
 財務省は、東京新聞が4月11日付朝刊に掲載した原発再稼働をめぐる記事
の内容に事実誤認があるとして、同新聞を発行する中日新聞東京本社に対し
て4月13日付で出した抗議文を同省ホームページ(HP)に掲載した。

財務省抗議内容
・関西電力大飯原発の再稼働をめぐり「財務省の勝栄二郎事務次官も野田
 首相に直接、再稼働を働きかけている」としたが、そのような事実は
 一切ない」と否定。
・財務省は一切取材を受けていない

原発には、権力がついてまわるようだ。
・内閣府でも、原発推進派と原発停止派。
・原発関係会社から寄付を受けた議員。
・天下り先として売電会社を確保したい経産省。
・天下りした金融会社が保有する電力会社資産の下落を防ぎたい財務省。
・運営予算を原発設置資金に頼る地域行政。
その他
最近は、食物を巻き込んだ権力闘争もある。

たかり癖がついた一部の人は、独立し、競争しようとはせず、互いに依存。
「占いで洗脳」と騒動になったことがあったが、たかる人と共通する点は
多いと思う。

相変わらず、日本周辺のセシウムは濃くなると言う報道が多い。
将来、ハワイ周辺までセシウムは濃くなるようだ。

回遊魚は、放射性物質の濃度が低いと言う学者もいたが、食物連鎖から
考慮すれば、居つき魚を食べる回遊魚の放射性物質の濃度が低いわけは
ない。

福一原発所長の権限はどこまでなのだろうか。
本社の判断を無視し、英断と評された所長だったが、大臣訪問や問合せ
対処と原発停止を一人の指示で行う必要があったのだろうか。
今さらだが、部下に一部任せたり、緊急時の対応を別働隊に移管したり
方法はあったはず。そもそも、想定外だから、そんな対応も想定外か。
想定外説明も偽証との話もある。

情報を把握できなかった東電本社をあてにできず、組織を無視して、
直接担当者に電話する議員も、それを許し続けた会社も同類と思う。

最近は、東電担当役員の電気代値上げ説明行脚が続く。
人件費削減が少ないと指摘されても、下げ過ぎると優秀な人材が入って
来なくなると説明する。腰の低い役員が値上げキャンペーンを行っても
結局、安全技術や品質管理を売りにするわけではなく、高額給与を売り
にするらしい。体質は何も変わっていない。
原発が無いと14-15%の電気代値上げとのことだから、値上げしなくても
東電の自助努力でできる範囲ではと思う。

厚労副大臣 被曝者差別を冗長か
セシウムの拡散
原発事故 功績と罪過
東電公害病の加担者
セシウム 東京湾堆積
原発事故の経過
WFP Radiation poisoning or Hunger death


---財務省:東京新聞の記事に抗議文…原発再稼働めぐり---
毎日新聞 2012年05月15日 19時01分(最終更新 05月15日 19時36分)
http://mainichi.jp/select/news/20120516k0000m040023000c.html

 財務省は15日、東京新聞が4月11日付朝刊に掲載した原発再稼働をめぐる記事の内容に事実誤認があるとして、同新聞を発行する中日新聞東京本社に対して4月13日付で出した抗議文を同省ホームページ(HP)に掲載した。同省が報道機関への抗議文をHPで公表したのは、1日に出した朝日新聞の記事へのケースに続き2例目。
 東京新聞の記事は「『チーム仙谷』再稼働主導」のタイトルで、関西電力大飯原発の再稼働をめぐり「財務省の勝栄二郎事務次官も野田(佳彦)首相に直接、再稼働を働きかけている」としたが、財務省は「そのような事実は一切ない」と否定。「財務省は一切取材を受けていない」と抗議している。
 これに対して、東京新聞は高田昌也政治部長名で「記事の内容には自信を持っており、訂正・謝罪に応じることはできません」とのコメントを発表した。【柳原美砂子】


---東京新聞(平成24年4月11日付け朝刊)の「『チーム仙谷』再稼動主導」と題する記事への抗議---
20120515
http://www.mof.go.jp/public_relations/ohter/20120515_tokyo.html

 東京新聞(平成24年4月11日付け朝刊)において、「『チーム仙谷』再稼動主導」と題して、「オール霞が関、後押し」との記事が掲載されています。
 当該報道において、「財務省の勝栄二郎事務次官も野田首相に直接、再稼動を働きかけている。」との記載がありますが、そのような事実は一切ありません。また、当事者である当省は一切取材を受けておりません。
 本件記事に関して、4月13日付けで、財務省から東京新聞(中日新聞東京本社)に対し、読者に誤解を与えたことにつき厳重に抗議するとともに、内容の訂正など然るべき対応を求めました。
 当省からの抗議に対して、東京新聞政治部長から、取材には自信があり、訂正をする考えはないとの回答がありました。
 このため、財務省から東京新聞に対し、取材源とされる方の推測でしかない全く事実とは異なる内容の話を、事実関係の確認を行わず、さもそのような事実があるかのように断定的に記事に掲載されたこと、及び、内容の訂正を行わず、当該記事が読者に誤解を与えている状態が続いていることは、誠に遺憾であり、早急に内容の訂正など然るべき対応を講じることを、改めて強く求めました。


---福島原発は「津波で電源喪失」 06年、保安院と東電認識---
2012年5月15日 12時30分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012051501001476.html

 経済産業省原子力安全・保安院と東京電力が2006年、想定外の津波が原発を襲った場合のトラブルに関する勉強会で、東電福島第1原発が津波に襲われれば、電源喪失する恐れがあるとの認識を共有していたことが15日、分かった。
 保安院によると、勉強会は04年のスマトラ沖地震で海外の原発に津波被害が出たことを受け、電力数社が参加して設置。06年8月に「福島第1原発に14メートルの津波が襲った場合、タービン建屋に海水が入り、電源設備が機能喪失する可能性がある」との文書をまとめていた。 保安院は、こうした情報が電力会社の社内で共有されているかは確認していなかったという。
(共同)


---警戒区域内「ネット公開は許可を」 浪江町が牧場に条件---
2012年5月15日9時31分
http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY201205140683.html

 東京電力福島第一原発事故の警戒区域内にある福島県浪江町で牧場を運営する吉沢正巳さん(58)側に対し、牧場での作業内容などをインターネットで公開する場合は許可を得る、との同意書を町側が出させていたことがわかった。吉沢さんを支援する弁護士らは「憲法で禁じられた検閲にあたる」として政府や町に撤回を申し入れる方針だ。
 吉沢さんは警戒区域内の家畜を殺すよう求めた国の方針に同意せず、区域内で約300頭の牛を飼っている。昨年11月以降、一時立ち入り許可を町に申請してきたが、町は最初の許可申請時から「作業内容や結果をネットなどで公にする場合は町の許可を得る」「マスコミは同行させない」などと記した同意書を2週間の許可証更新ごとに求めているという。
 吉沢さんは「同意書を出さないと立ち入りができない。牛が死んでしまうからやむなく署名しているが、警戒区域内の真実を外に知らせるのを制限されるのは不当だ」と訴える。これに対し、馬場有(たもつ)町長は朝日新聞の取材に「(町が)公表規制の条件は付けた覚えはないし、必要もない」と述べ、政府の原子力災害現地対策本部の指示に基づく対応だとしている。
 一方、現地対策本部の広報担当者は「牛を飼う活動が周辺に迷惑を及ぼしたこともあり、町から相談を受けた当時の担当者が町と同意条件を協議した」と説明している。
 原発事故を巡る政府の情報統制を批判する日隅一雄弁護士は「記者の同行も含め市民の基本的権利の侵害だ」と指摘する。(本田雅和)


---東電会長 前首相の現場介入批判 国会事故調---
2012年5月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012051502000093.html

 国会の東京電力福島第一原発事故調査委員会(黒川清委員長)の会合が十四日夜、国会内で開かれ、東電の勝俣恒久会長の参考人聴取が行われた。勝俣氏は事故直後に菅直人首相(当時)が、福島第一を視察し、吉田昌郎所長(同)らが対応に追われたり、菅氏らが視察後にも携帯電話で吉田氏に問い合わせをしたりしたことを「混乱の極みで発電所長は指示をし、指揮を執らなきゃいけない。そんな時に質問的な話で時間を取るのは芳しくない」と批判した。
 勝俣氏によると、菅氏のほか細野豪志首相補佐官(同)も、携帯で吉田氏に問い合わせていた。自身は当時、そのことを知らなかったという。
 委員側は、二〇〇四年のインドネシア・スマトラ沖地震を踏まえて、経済産業省原子力安全・保安院が〇六年に津波による全電源喪失から炉心損傷に至るシミュレーションの結果を東電に届けたことにも言及。経営陣に伝えるよう求めたとする保安院の内部資料を示したが、勝俣氏は「原子力本部止まりで、私に届いていなかった」と説明。「知っていれば海水ポンプの水密性を高めるなどの対策に着手できたかもしれない」と述べた。
 事故当日、勝俣氏と清水正孝社長(同)がともに出張中で東京にいなかったが、「伝統的に不文律で二人とも遠方に出ることは避けたいと思っていたが、社長のスケジュールを知らなかった」と釈明した。
 事故を起こしたことには「地震も津波も新しい知見が確定すれば対策を取ってきたが、設計を上回る津波で機能しなかったことは、申し訳ないと思っている」と述べた。


---福島第1原発:事故直後の菅氏の対応批判 東電会長---
毎日新聞 2012年05月14日 23時30分(最終更新 05月15日 00時45分)
http://mainichi.jp/select/news/20120515k0000m010122000c.html

 東京電力の勝俣恒久会長は14日、福島第1原発事故の原因を調べている国会の事故調査委員会(委員長、黒川清・元日本学術会議会長)に参考人として出席した。事故翌日に吉田昌郎前所長が菅直人前首相の原発視察の対応に時間を取られたことについて「所長は事故復旧に全力を尽くすべきだ。あまり芳しいことではない」と述べ、菅氏の対応を批判した。
 勝俣氏は「(所長は)混乱の極みの中でいろいろ指示をしなければならなかった。全部ではないが私にも対応は可能だった」として、菅氏が視察後も吉田氏と携帯電話で直接やりとりしていたことにも不快感を示した。
 一方、勝俣氏と清水正孝前社長のトップ2人ともが事故当日、出張中だったことについては「当時社長の予定は把握していなかったが、把握していても(出張をやめるよう)強く言えたかは分からない」と述べた。【奥山智己】


---菅前首相の視察、処理妨げに…事故調で東電会長---
2012年5月14日23時27分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120514-OYT1T01014.htm

 国会の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」(黒川清委員長)は14日、東京電力の勝俣恒久会長を参考人として招致し、公開で質疑を行った。
 勝俣氏は福島第一原発事故について、「反省する課題は多々ある。大変な迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝した。
 勝俣氏は、菅前首相が事故翌日に同原発を視察したことについて、「(当時の)吉田昌郎所長らが対応したが、所長は事故の復旧に全力を尽くすのが一番大事だった」と述べ、首相視察が事故処理の妨げになったとの認識を示した。
 さらに、「(所長に)電話での照会が、首相や首相補佐官からダイレクトにあった。芳しいものではない」と、菅前政権での首相官邸の対応に不満を述べた。


---菅前首相の電話指示批判=勝俣東電会長「時間取られる」-福島原発事故で公開聴取---
2012/05/14-21:52
http://jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012051400937

 東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会(委員長=黒川清・元日本学術会議会長)は14日、東電の勝俣恒久会長を参考人として招き、公開で事情聴取した。勝俣会長は菅直人前首相が事故直後、第1原発の吉田昌郎前所長に携帯電話で直接指示していたことについて、「所長は復旧に全力を尽くすのが一番大事。時間を取られるのは芳しいことではない」と批判した。
 勝俣会長は、事故前の津波対策について「新たな知見で設計ベースを変え、安全、品質管理の徹底を図ってきた。安全性最優先でいろいろな対策を取ってきた」と強調。「想定を超える大津波が原因で、分かっていればもっと対策ができた」と述べた。
 一方で、東電社内で10メートルを超える津波の可能性が検討されていたことや、スマトラ沖の大津波を受け2006年に原子力安全・保安院から全電源喪失の可能性を検討すべきだと指摘があったことについては、「当時は起こり得ないという判断が有力で、私のところまで上がってこなかった」と自らの責任を否定。「今振り返ってみれば対応すべき点は多々あり、もっと被害を小さくできた点もあると思う」と述べるにとどまった。


---7割が海に、大型魚で濃縮 長期化懸念---
2012.5.14 08:05
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120514/scn12051408150001-n1.htm

 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の影響が海洋生態系に広がっている。東北地方で放射性セシウムを含む魚介類が次々に見つかったほか、東京湾の魚からも微量のセシウムが検出された。海底での食物連鎖や河川からの流入で汚染の長期化が懸念されており、専門家は継続的な監視が必要だと指摘している。(伊藤壽一郎)

河川から流入
 日本原子力研究開発機構が3月に発表した試算によると、福島第1原発から出たセシウム134と同137は計2万4700テラベクレル(テラは1兆)で、約7割の1万7100テラベクレルが海洋に入ったとみられる。陸上と海上の放射線量から推計した。
 原発の汚染水経由で海に直接流入したのは7100テラベクレルで、残る1万テラベクレルは大気中に拡散してから海面に降下したという。
 これを基にセシウム137の海洋拡散をシミュレーションしたところ、1リットル当たり0・1ベクレル以上の海水は3月時点で沖合約4千キロの中央太平洋まで拡散。同機構の小林卓也研究副主幹は「2年後には5千キロ以上離れた米ハワイ諸島に届くだろう」と予想する。
 ただ、これだけ広範囲の拡散のため、濃度は非常に低くなる。昨年6月、沖合30~600キロを調査した東京大大気海洋研究所の西川淳助教は「全域で国の飲料水基準値(1リットル当たり10ベクレル)を下回る低濃度だった」と話す。

海底で食物連鎖
 東北地方の太平洋岸では事故後、多くの魚介類から国の食品基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えるセシウムが検出された。汚染はどのように拡大したのか。東京海洋大の石丸隆教授は「まず植物プランクトンが吸着し、食物連鎖で広がった」と解説する。
 汚染された植物プランクトンを動物プランクトンが食べ、これらがイワシなどの小魚の餌に。小魚はスズキなどの大型魚に捕食され、汚染は濃縮されて食物連鎖の上位へと広がった。
 海水魚に取り込まれた放射性物質は尿とともに排出され50~80日で半分になるため、汚染は長引かない。だが、これは海の中層と表層での話で、海底では事情が違う。
 中・表層の生物の死骸や糞(ふん)は放射性物質を含んだまま海底に降り積もる。それをカニなどの甲殻類や貝類、ゴカイ類などが食べ、カレイなど小型の底魚、マダラやエイなど大型の底魚に連鎖していく。底魚の死骸や糞は海底に堆積して再びゴカイ類などの餌になり「放射性物質が循環して汚染が長期化する」のだ。
 実際、昨年7月と10月に福島県いわき市の沖合10キロで石丸教授らが行った調査では、表層のプランクトンのセシウム濃度は1キロ当たり最大7・19ベクレルだったが、海底のウニの仲間、オカメブンブクは同854・4ベクレルと非常に高かった。
 福島県水産試験場の調査でも「事故直後、福島県沖の魚介類でセシウム濃度が高いのはシラスやコウナゴなど表層の魚だったが、最近は大半が底魚」(藤田恒雄漁場環境部長)という。

東京湾でも検出
 さらに現在、懸念が広がっているのは、陸上に降下した放射性物質が河川経由でじわじわと海洋に流入する汚染ルートだ。
 東京都の調査で今年2月、江戸川区葛西沖のスズキ(表層魚)から1キロ当たり9・3ベクレルのセシウムを初検出。4月には江戸川河口のスズキから同12・3ベクレルを検出した。都農林水産部の岩田哲担当部長は「陸上に降下したものが江戸川・荒川水系経由で東京湾に流入したのでは」とみる。
 現時点で東京湾のスズキは基準値をはるかに下回り、食べても健康に影響はない。だが、森林などに付着したセシウムは何年にもわたって河川経由で流入するとみられる。
 国も事態を重くみて、今年度から東京湾で海水や魚類の放射性物質調査を開始した。岩田氏は「今後も調査を継続し、推移を監視していく必要がある」と話している。


---東京湾の海底土のセシウム、7か月で13倍に---
2012年5月14日07時26分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120513-OYT1T00617.htm

 東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5~13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川から東京湾に流れ込んだとみている。
 同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305~2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578~1万8242ベクレル)を3か所とも上回った。
 海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度は1キロ・グラムあたり321~397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果(同75~320ベクレル)を上回った。河川の泥にたまったセシウムが少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。


---財務省:朝日は事実誤認…ホームページに抗議文---
毎日新聞 2012年05月01日 20時30分(最終更新 05月01日 22時59分)
http://mainichi.jp/select/news/20120502k0000m040055000c.html

 朝日新聞が4月5日付朝刊に掲載した記事の内容に事実誤認があるとして、財務省は1日、記事の訂正を求める同社宛ての抗議文をホームページ(HP)上に掲載した。同省が特定の報道機関に対する抗議をHPで公表するのは初めて。
 記事は「民主党政権 失敗の本質」のタイトルで、民主党政権の政策決定や人事構想に財務省が深く関与した様子を描いている。同省は「記事に氏名が引用された財務省幹部は一切取材を受けていない」「多くの事実誤認が散見される」として4月5日と同13日の2回、訂正記事の掲載を求める抗議文を同社に送付。しかし、事態の進展が見られないためHP上での公表に踏み切ったという。
 朝日新聞広報部は「当社の取材で得られた情報と認識の違いがあり、その点について財務省に説明しているところです」としている。【赤間清広】


---「チーム仙谷」再稼働主導 首相・閣僚4者協議 形だけ---
2012年4月11日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041190071035.html

 関西電力大飯(おおい)原発の再稼働問題で、野田佳彦首相と関係三閣僚が頻繁に会合を開き、議論している。だが、再稼働問題は実質的には仙谷由人党政調会長代行が中心となる通称「五人組」が、水面下で議論を仕切っている。そして首相らの四者の協議は、それを追認するような形だ。
 まさに政府・与党、さらに財界、霞が関が一体となって「再稼働ありき」を進めようとしている構図が浮かび上がる。(城島建治、関口克己)

 野田首相、藤村修官房長官、枝野幸男経済産業相、細野豪志原発事故担当相。この四人の協議が再稼働を決める。
 だが四者協議の議論を先導し、事実上政権内をまとめる枠組みが、昨年秋、非公式に出来上がっている。
 四者協議のメンバーでもある枝野、細野の両氏と、仙谷氏、古川元久国家戦略担当相、斎藤勁官房副長官の五人組。リーダー格は仙谷氏で
「チーム仙谷」とも呼ばれている。
 仙谷氏は国家戦略担当相、官房長官、党代表代行などの要職を歴任。枝野氏、古川氏も一員の前原誠司政調会長を支持するグループを束ねている。
 昨年八月の党代表選では決選投票で野田氏支持に回り、首相誕生の立役者となった。その政策力と政治的腕力には野田首相も一目置く。
 仙谷氏は菅政権で官房長官、副長官としてエネルギー政策を担当し、官邸を去った後も仕切り役を続ける。野党時代から電力会社とのつながりがあり、霞が関や党内ににらみが利く仙谷氏が頼られ続けている格好だ。
 野田首相と藤村氏は昨年末以来、消費税増税問題に忙殺されてきた。そのこともあり再稼働問題は長い間、五人に任されてきた。
 五人の議論は人目につきにくいホテルなどが選ばれる。東京電力をどう再建するか。電力会社の地域独占体制をどう破るか。そして再稼働問題。
 政府の新成長戦略の旗振り役を担ってきた仙谷氏は、電力不足は経済成長の阻害要因になると考えている。早い再稼働を前提に議論を進めてきた。
そして、一連の議論は党内でも、知る人は少数にとどまる。
 五人が出す方向性を正式に認める形の四者協議も再稼働を前提として生まれた。
 昨年七月。九州電力玄海原発2、3号機(佐賀県玄海町)の再稼働が政治日程に上っていた時だ。
 当時の菅直人首相は閣内に根回しなく「新たなルールを作って、国民が納得できる判断が出るよう指示する」と表明。再稼働を考えていた他の閣僚と衝突した。
 当時の菅氏は、脱原発を進めて延命を図る野心もあり、衆院解散も頭をよぎっていた。
 この時は当時官房長官だった枝野氏が、再稼働の決定は、首相だけでなく官房長官、経産相、原発相を含めた四人で決定することを提案。菅首相にのませた。
つまり四者協議は脱原発に走る菅氏を止めるためにできた。再稼働のツールだった。
 四者の協議は四月三日の初会合後、九日までに計四回、慌ただしく回数をこなしているが、各回の所要時間は平均約一時間。首相が枝野氏に求めた新しい安全基準も、関西電力に求めた安全対策の工程表も、指示を待っていたかのように次の会合までに提出されるなど、出来レースを思わせる展開が続いている。
 経団連の米倉弘昌会長ら財界首脳は「安定した電力供給がなければ、生産拠点の海外移転が加速する」などと、政府に圧力をかけ続けている。
 そんな経済界の動きを、経産省は歓迎している。監督官庁として稼働する原発をゼロにしたくない。五月五日、北海道電力泊原発3号機が停止するまでに
大飯原発が再稼働しなければ全国で五十四基ある原発は一基も動かなくなり「原発なしでも大丈夫」という機運が高まる。
 その事態を避けたいという利害では財界と一致する。
 経産省だけでなく財務省も後押ししている面がある。総合特別事業計画で、政府は今夏に一兆円規模の公的資金を投入する方針だが、再稼働しなければ、東電は安定経営ができず、さらに税金投入が必要になると想定しているからだ。財務省の勝栄二郎事務次官も野田首相に直接、再稼働を働きかけている。
オール財界、オール霞が関が、もともと再稼働をめざす政権を後ろから押している。