2012年5月5日土曜日

笑う船中八策

船中八策と主張する人達がいる。
船中八策の経緯を知れば、船中八策を主張した人達は、複製策を真策と
主張して恥ずかしくないのだろうか。
行政の指針もどこかの行政の複製レベルと言うことだろうか。

御改正之一二端奉申上候口上書
慶応三年(1867)五月十七日 赤松小三郎が、松平春嶽に提出

船中八策
慶応三年(1867)六月十五日 坂本龍馬らの伝聞

内容がほぼ同じで、師が共通となれば、船中八策への影響ではなく、
うけうり(複製)と考えるのが妥当と思う。
周知の事実を信者の力で、強引に捻じ曲げか。

坂本龍馬は、日本を英国に売り、グラバー商会からの武器を転売、現在
では、Blackwaterが近い存在か。

歴史小説に出てくる人気者を調べれば、現実的に、義賊ならまだしも、
犯罪者が多いようだ。
以前、評論家が、「ラジオ・テレビによって、一億総白痴化運動が展開」
と評したことがあったが、もっと前から「大衆小説により総白痴化運動が
展開」されていたことに気付いていなかった。
この評論家も白痴だったということ。人を呪わば穴二つだったようだ。

公的殺人集団 イラク内限定で契約失効
大阪市 命綱も競争へ

0 コメント: