2012年7月17日火曜日

規制改革 また社会が混乱か

規制改革策で、また社会が混乱しそうだ。
 政府は閣議で、予防接種法に基づく定期接種ワクチンの対象拡大や、
航空機整備の外部委託を可能にするための制度見直しを柱とする計39項目
の規制改革策を決定した。

経済成長を見込む医療や航空分野での新規参入を促進するのが狙いとの
こと。

45ftコンテナ
道交法の規制で12.2m(40ft)までしか一般道を走れないが、13.7m(45ft)
まで、緩和したいようだ。
実験では、進駐軍が作った片側3車線道路でさえ、交通渋滞を招くと言わ
れ、トラック積載量増加により、トラック運転手の競争激化も含め問題
が拡大とのこと。

ワクチン・ギャップ
WHOの推奨を踏まえて予防接種をHPVやHibなどに対象を拡大、
低負担で受けられるようにする。
HPVのように、海外で、副作用の報告があっても、使い続けたこともある
し、タミフルのように、疫学的検証を行ったとうかがわせることもあった。
強制的な接種ではなく、副作用を認知した上での自主的な接種の選択も
必要と思う。
米FDAで禁止された薬剤が、薬事審で許可された薬剤もある。

航空機整備の外部委託
JALが、倒産(会社更生法適用)した要因の一つとなった整備費削減。
整備士当りの整備確認項目過多になり、整備不良が多発。信頼度低下
で、利用客が減り、経営が悪化。この時も、外部委託した整備会社の技量も
問題となった。

米国のように、ネットで売られた医療用X線発生装置を安価だからと、購入
するのも問題と思う。

規制緩和で、経済成長となる可能性は大きいが、直接人命、環境に影響す
るものを緩和して良いのかと今までの経緯から思う。
本当は、政治批判を社会混乱を招いて隠蔽することが目的か。

複数ワクチン接種 アクトヒブ回収へ
アバスチン FDAは承認取消し、薬食審は承認へ
タミフル 突然死誘発
矛盾する被爆検査報告
副作用報告ワクチン 接種定期化へ
GSK 米国で不正販売


---医療、航空で規制改革 参入促進へ閣議決定---
2012.7.10 10:06
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120710/mca1207101006010-n1.htm

 政府は10日午前の閣議で、予防接種法に基づく定期接種ワクチンの対象拡大や、航空機整備の外部委託を可能にするための制度見直しを柱とする計39項目の規制改革策を決定した。行政刷新会議の有識者委員会(委員長・岡素之住友商事相談役)がまとめた内容で、経済成長を見込む医療や航空分野での新規参入を促進するのが狙いだ。
 東日本大震災からの復興を物流面から後押しするため、大型の「45フィートコンテナ」用車両の走行に先導車を義務付ける規制の緩和に向けた調査も実施する。
 予防接種をめぐっては、世界保健機関(WHO)の推奨を踏まえて子宮頸がんやインフルエンザ菌b型(ヒブ)などに対象を拡大、低負担で受けられるようにする。医療機器の承認手続きを迅速化するため薬事法の改正も目指す。


---医療・航空で規制改革、閣議決定 参入促進へ---
2012年7月10日 09時09分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071001001146.html

 政府は10日午前の閣議で、予防接種法に基づく定期接種ワクチンの対象拡大や、航空機整備の外部委託を可能にするための制度見直しを柱とする計39項目の規制改革策を決定した。行政刷新会議の有識者委員会(委員長・岡素之住友商事相談役)がまとめた内容で、経済成長を見込む医療や航空分野での新規参入を促進するのが狙い。
 東日本大震災からの復興を物流面から後押しするため、大型の「45フィートコンテナ」用車両の走行に先導車を義務付ける規制の緩和に向けた調査も実施。
 予防接種をめぐっては、子宮頸がんやインフルエンザ菌b型(ヒブ)などに対象を拡大、低負担で受けられるようにする。(共同)


---規制・制度改革に係る方針---
平成24 年7月10 日
閣議決定
http://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/publication/240710/item240710.pdf

1 自動車基準の国際基準との整合
  ①(UN/ECE規則)
2  ②(高圧ガス容器)
3  無線設備の技術基準適合自己確認制度の適用対象拡大
4  医療機器分野における規制・制度改革
  ①(医療機器の特性を踏まえた制度の見直し)
5  ②(承認審査手続の迅速化)
6  ③(一部変更承認の合理化・迅速化)
7  ④(QMS調査の国際的整合性の向上・合理化)
8  ⑤(医療機器における「認証」制度の改善)
9  ⑥(医療機器に係る添付文書の省略)
10 ⑦(医療用ソフトウェア等の法令上の位置付けの明確化)
11 食品添加物の指定手続の簡素化・迅速化
12 自動車整備工場に対する建築基準法の用途地域ごとの面積制限の緩和
13 コンテナ輸送における国際貨物・国内貨物の通行許可基準・申請手続の統一
14 45フィートコンテナ輸送の普及促進に向けた取組
15 医薬品分野における規制・制度改革
  ①(「ワクチン・ギャップ」の解消)
16 ②(GCP省令の国際基準との整合)
17 建築物の仮使用承認手続の見直し
18 航空分野における規制・制度改革
  ①(航空機製造事業法の事業許可基準等の見直し)
19 ②(航空機無線設備の検査項目の国際基準との整合)
20 ③(航空機無線設備の定期検査制度の見直し)
21 ④(航空機無線設備の製造番号登録制度の見直し)
22 大規模集客施設に対する立地規制の見直し
23 専門26業務における「付随的な業務」の範囲等の見直し

0 コメント: