2012年7月24日火曜日

LIBOR 構造的欠陥

FRB議長がLIBORの構造的欠陥を認識した。
 FRBのバーナンキ議長は、LIBORの算出プロセスには「構造的な欠陥」が
あるとの認識を示した。

バーナンキ
・LIBORが金融契約の指標であり続けることを前提とし、LIBORの(算出)
 プロセスが一段と改革されることを望む
・われわれはLIBOR(算出)プロセスの改革を提唱しており、主張し続ける
 必要がある
・英国の民間機関が算出しているため、われわれが影響を及ぼす直接的な
 能力には限りがある
・LIBOR問題への対処
 *銀行やトレーダーの影響を少なくする一方で報告面での監視を強め、
  金利設定過程を見直す方法。
 *可視的な市場金利に置き換える
・LIBORは、550兆ドル規模の金利デリバティブに利用
 住宅ローンやクレジットカード等幅広い金融商品に影響を踏まえると、
 LIBORを利用しないというのは困難

LIBOR
・デリバティブ、住宅ローン、学生ローン、クレジットカードの基準金利
 としても用いられる。

ECB総裁に続いて、FRB議長も構造的欠陥を発表。
銀行間で融通と思っていたら、自己申告で基準を変えることができる
ので、後は、報告書でつじつま合わせのようだ。

FRBは、FSAに問題点を指摘していたとのことだったが、FSAの対応が遅
すぎとのこと。

監視機関に提出する書類を偽造している金融機関もあり、報告書の検証
や監視の問題もあるようだ。

運用費が巨額のために、運用停止にすることもできない。
また、おかしな動きが始まるのだろう。

Libor,Euribor Manipulation


---UPDATE1: LIBORに構造的欠陥、市場金利への置き換えも一案=FRB議長---
2012年 07月 18日 07:53 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK085141220120717

 [ワシントン 17日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は17日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の算出プロセスには「構造的な欠陥」があるとの認識を示した。
 バーナンキ議長は上院銀行・住宅・都市委員会で行った証言で、「LIBORが金融契約の指標であり続けることを前提とし、LIBORの(算出)プロセスが一段と改革されることを望む」と述べた。
 そのうえで「われわれはLIBOR(算出)プロセスの改革を提唱しており、主張し続ける必要がある」としたものの、「英国の民間機関が算出しているため、われわれが影響を及ぼす直接的な能力には限りがある」とし、LIBORの算出方法改革について米FRBができることは少ないとの認識を示した。
 議長はLIBOR問題に対処するための2つの方法を提示。1つは銀行やトレーダーの影響を少なくする一方で報告面での監視を強め、金利設定過程を見直す方法。もう1つは可視的な市場金利に置き換えるもので、「LIBORに代わる候補はいくつかある」と述べた。
 ただ550兆ドル規模の金利デリバティブに利用されていることや、住宅ローンやクレジットカードなど幅広い金融商品に影響を及ぼすことを踏まえると、LIBORを利用しないというのは困難だとの認識も示した。


---LIBOR操作「思ったより簡単」-研究者やトレーダー---
2012/07/17 02:28 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M79FMW6KLVS201.html

 7月16日(ブルームバーグ):ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)はそもそも設定方法に欠陥があり、これによって個々の銀行は自行の利益のために何年にもわたって金利操作ができた。トレーダーらが明らかにした。
 金利操作を試みたとして失職した1人を含むトレーダーらの話によると、LIBORの日々の設定に影響を与えるのに、銀行従業員は他行と共謀する必要はなく、これについては一部の監督当局者もそのような結論に至った。当局による調査が続いているとして匿名で語った関係者によると、自行が申告するLIBORの水準をちょっと上げ下げするだけで、取引の価値押し上げや損失カットができたという。
 銀行1行だけでLIBORを操作できる能力は英銀バークレイズが公表した電子メールのほか、学術研究でも浮き彫りになった。同行はLIBOR操作を認め、英米当局から計2億9000万ポンド(約360億円)の制裁金を科されたほか、ロバート・ダイアモンド最高経営責任者(CEO)が辞任に追い込まれた。
 米エール大学法科大学院の講師、アンドルー・バースタイン氏は「LIBOR操作は思ったよりずっと簡単だ」と、規制に関する同大ジャーナルの2013年冬季号に掲載される論文で「共謀の必要はない」と指摘する。
 英国銀行協会(BBA)が公表するLIBORは、それぞれの銀行が申告する金利水準から一部を除き、残った平均を算出する。例えば、ドル建てLIBORでは、16行が申請。低めの4行と高め4行の金利を除く残り8行の平均がLIBORとなる。BBAのウェブサイトによれば、上位と下位それぞれ4分の1が申告した金利を除くことで、最終算出される水準に銀行1行が影響を及ぼすのは「あり得ない」としている。

シミュレーション
 しかしバースタイン氏の論文は、それが可能であることを示唆する。同氏はインタビューで、例えば銀行8行の申告を基にLIBORのような金利を設定する例を挙げる。申告された1カ月物金利は0.18%、0.20%、0.22%、0.23%、0.23%、0.25%、0.26%、0.27%だ。
 ここで、1番目と2番目に低い金利と最高そして2番目に高い金利を除く4行(0.22%、0.23%、0.23%、0.25%)の平均を算出すると0.2325%。しかし3番目に低い0.22%を申告した銀行が翌日に金利を0.19%まで下げ、他行がそのままの水準であれば、前日に算出対象から除かれた0.20%が今度は平均金利の構成対象となり、最終金利は0.2275%と0.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下する。逆に、最低の0.18%を申告していた銀行が5bp高くすれば平均の算出対象に入り、最終金利を0.2350%へと0.75bp押し上げることになるという。


---LIBOR操作問題、米国の州政府も予備調査開始---
2012年 07月 12日 14:15 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK818926720120712

 [ワシントン 11日 ロイター] ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題をめぐって、米国の州政府が予備的な調査に乗り出している。
 マサチューセッツ州のコークリー司法長官のスポークスマンは「LIBOR操作疑惑を認識しており、マサチューセッツ州が結果として損失を被ったか判断するため、他の州機関と協力している」と発言。
 フロリダ州のボンディ司法長官のスポークスマンも「権限の及ぶ範囲でこの問題を調査する」と述べた。
 州銀行監督会議の報道官によると、州の銀行監督当局もこの問題を注視している。
 LIBORは金融派生商品(デリバティブ)だけでなく、住宅ローン、学生ローン、クレジットカードの基準金利としても用いられており、州政府は公的基金や消費者が損失を被っていないか調査するとみられる。


---ECB総裁:管理体制の「欠陥」露呈-LIBOR不正操作---
更新日時: 2012/07/06 15:50 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M6Q79L6K50YP01.html

 7月5日(ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は5日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題は管理体制に「欠陥がある」ことを示していると述べた。
 同総裁はフランクフルトでの記者会見で、「金融市場の機能にとって極めて重要で公平だと見なされていたプロセスが公平ではなかった」と語った。その上で、「数字とデータの提供とベンチマーク策定の双方のレベルで、このプロセスのガバナンス(統治)を改善する多くの行動がなされる必要がある」と付け加えた。


---After Barclays Scandal, Regulators Say Rates Remain Flawed---
July 17, 2012, 2:32 pm4 Comments
By BEN PROTESS and MARK SCOTT
9:06 p.m. | Updated
http://dealbook.nytimes.com/2012/07/17/after-barclays-scandal-regulators-say-rates-remain-flawed/

Federal authorities cast further doubt on Tuesday about the integrity of a key interest rate that is the subject of a growing investigation into wrongdoing at big banks around the globe.

In Congressional testimony, the chairman of the Federal Reserve and the head of the Commodity Futures Trading Commission expressed concern that banks had manipulated interest rates for their own gain. They also indicated that flaws in the system - which were highlighted in a recent enforcement case against Barclays - persist.

“If these key benchmarks are not based on honest submissions, we all lose,” Gary Gensler, head of the trading commission, which led the investigation into Barclays, said in testimony before the Senate Agriculture Committee.

In separate testimony before the Senate Banking Committee, Ben S. Bernanke, the Federal Reserve chairman, said he lacked “full confidence” in the accuracy of the rate-setting process.

The Fed faces questions itself over whether it should have reined in the rate-manipulation scheme, which took place from at least 2005 to 2010.

Documents released last week show that the New York Fed was well aware of potential problems at Barclays in 2008. At a hearing in London on Tuesday, British authorities said the New York Fed never told them Barclays was breaking the law.

The scrutiny intensified on Tuesday as Representative Randy Neugebauer, chairman of the House subcommittee investigating the Libor scandal, announced plans to seek additional documents from the New York Fed about JPMorgan Chase, Citigroup and Bank of America, the three American banks involved in setting interest rates.

The concerns center on the London interbank offered rate, or Libor, an essential benchmark that affects the cost of borrowing for consumers and corporations. Trillions of dollars in mortgages and other financial products are tied to Libor, which is set daily based on reports from a panel of large banks.

Several government agencies, including authorities in the United States, Canada, Britain and Japan, are examining whether the banks made bogus reports.

Last month, Barclays agreed to settle with the Commodity Futures Trading Commission, the Justice Department and the Financial Services Authority of Britain for $450 million. The British bank was accused of reporting false rates that both bolstered its profits and projected an overly rosy image of its health during the financial crisis.

“The conduct occurred regularly and was pervasive,” Mr. Gensler said on Tuesday.

The actions also happened in plain view of regulators.

In 2008, Barclays informed the New York Fed that it was submitting artificially low rates. The concerns were passed on to Timothy F. Geithner, then the chief executive of the regulatory body.

But the New York Fed did not tell other authorities in the United States or Europe about the specific problems at Barclays. Instead, it proposed changes to the rate-setting process. At the time, Mr. Geithner recommended in an e-mail that British officials “strengthen governance and establish a credible reporting procedure” and “eliminate incentive to misreport,” according to documents released last week.

“At no stage did he or anyone else at the New York Fed raise any concerns with the bank that they had seen any wrongdoing,” Mervyn A. King, governor of the Bank of England, told a British parliamentary committee on Tuesday, referring to Mr. Geithner.

Mr. King said his discussion with Mr. Geithner did not represent a warning sign about potential illegal activity.

“There was no suggestion of fraudulent behavior,” the British central bank official told Parliament. His colleague Paul Tucker, who also received the e-mail from Mr. Geithner, echoed his statements, saying in testimony that the recommendations “didn’t set off alarm bells.”

Rather, the British central bank passed along the proposed changes to the British Bankers’ Association, a trade group that oversees the rate.

In his testimony on Tuesday, Mr. King said that some of the New York Fed’s recommendations were included in a Libor review conducted by the trade group.

The British Bankers’ Association also sought feedback from the CME Group, the Chicago-based exchange, according to documents provided to The New York Times. In a July 2008 letter, the exchange argued that the plan “must have teeth” and “credibility.”

In late 2008, the British Bankers’ Association adopted changes to the Libor process. But neither the regulators nor the trade group put a stop to Barclays’ illegal activities, which continued through 2009.

On Tuesday, Mr. Bernanke issued a broad defense of the Fed’s actions in 2008 after it learned that banks were misrepresenting interest rates.

“Isn’t there a responsibility to alert the customers?” Senator Jeff Merkley, Democrat of Oregon and a member of the Banking Committee, asked Mr. Bernanke. “If you had it to do over again, would you also be alerting the customers?”

Mr. Bernanke said it was hardly a secret that Libor was losing credibility. During the financial crisis, the media and the markets were swirling with speculation about problems with the rate-setting process. At the time, the Fed was primarily focused on saving Wall Street from collapse.

“The responsibility of the New York Fed was to make sure that the appropriate authorities had the information, which they did,” Mr. Bernanke said.

The Barclays case was the first to stem from the broader global investigation, which involves more than 10 other banks, including UBS and the Royal Bank of Scotland. While much scrutiny has focused on European banks, authorities are also investigating big Wall Street companies like Citigroup and JPMorgan.

Mr. Gensler on Tuesday said his agency “has and will continue vigorously to use our enforcement and regulatory authorities to protect the public, promote market integrity, and ensure that these benchmarks and other indices are free of manipulative conduct and false information.”

Banks, Mr. Gensler said, “must not attempt to influence” Libor. “It’s just wrong and against the law.”

But the problems may remain, say regulators. On Tuesday, Mr. Bernanke said the benchmark still lacked credibility.

“It’s clear beyond these disclosures that the Libor system is structurally flawed,” he told lawmakers. 

0 コメント: