2012年7月27日金曜日

MARUTI SUZUKI暴動

MARUTI SUZUKIで暴動があった。
 スズキの印子会社、マルチ・スズキのマネサール工場(印北部ハリヤナ州)
で起きた暴動で、マルチ・スズキは、同工場を当面閉鎖することを明らか
にした。同社のバルガバ会長がニューデリーの本社で記者会見し、
「原因が究明され、社員と工場の安全が確保できるまで再開できない」と
述べた。操業停止が長期化すれば、スズキの業績への影響も懸念される。

スズキ
・印は連結経常利益の約3割を稼ぐ生産拠点。
・マルチ・スズキ マネサール工場の生産能力は55万台。
 マルチ・スズキの約4割を占めている。

暴動
・印人幹部1人(人事部長)が焼死
・96人が負傷して入院。
・生産設備も一部が被害
・組合幹部ら99人が捜査当局に逮捕。

会社側
・従業員の一人が、作業現場で監督役の管理職に暴行。
 労組は管理部門との交渉を試みたが話し合いは決裂。
 従業員が管理職らの帰宅を妨害。
 放火後、職場を略奪、設備を破壊し、管理職らを攻撃した。
・生産設備に損害はなかった。

労組
・監督者が自分よりカーストの低い従業員を罵り((Dalit)、差別的発言
 をした。
 会社は、監督者に対し措置を講じず、同従業員を停職処分にした。
・交渉中に、会社の警備員らによって労働者(労組幹部とは別?)が
 攻撃された。

印では、80%以上をヒンドゥー教徒が占めており、風習(?)が継続し、
色々な面で格差が続いているようだ。安価な労働力を必要とした大企業
が進出し、契約社員の労働者として、経済的な豊かさを得られるように
なったが、不安定等の労働条件に不満があり、ストライキが頻発。
最近でも、マルチ・スズキ周辺のRico、Honda、Hero等の工場でも、
ストライキがあったようだ。
少し前には、解雇された従業員らによって、別の会社の常務が撲殺され
たとのこと。

新興国の経営のリスクと言われるが、労働力が安価なのは、社会主義や
共産主義国家が多い。印も社会構造は、社会主義の変形かもしれない。
中国の共産主義の規制と安価だった労働賃金が高価になり、他国に展開が
始まっている。印系の企業が、タイに労働力を求めたが、タイでもストラ
イキが発生していた。

先進国では、行き過ぎた資本主義により、経営者や労働者の間に格差が
生まれたため、社会主義に期待したことがあったが、競争しなければ、
結局、寝て暮らすだけとなるようだ。
物理的な幸福だけでは、心がすさみ、精神的な幸福だけでは、満足に
食事ができなかったり、高度医療も受けられないことになる。
両立が求められる。

豪 白人優越主義再び
代理母は売春婦か


Inside Story - Indian strikes: Livelihoods or politics?


Millions of workers strike across India


印のスズキ子会社で暴動 日本人含む90人超が死傷(12/07/19)


Angry workers set Indian car factory alight


The Manesar standoff and its impact


---スズキ:インドの子会社、当面は閉鎖 暴動事件で会長会見---
毎日新聞 2012年07月21日 21時37分(最終更新 07月22日 00時34分)
http://mainichi.jp/select/news/20120722k0000m020056000c.html

 【ニューデリー杉尾直哉】スズキのインド子会社、マルチ・スズキのマネサール工場(インド北部ハリヤナ州)で起きた暴動で、マルチ・スズキは21日、同工場を当面閉鎖することを明らかにした。同社のバルガバ会長がニューデリーの本社で記者会見し、「原因が究明され、社員と工場の安全が確保できるまで再開できない」と述べた。操業停止が長期化すれば、スズキの業績への影響も懸念される。
 インドは、スズキにとって連結経常利益の約3割を稼ぐ重要な生産拠点。マルチ・スズキは同国の自動車最大手で、マネサール工場の生産能力は年約60万台と同社の能力の約4割を占めている。
 18日の暴動ではインド人幹部1人が焼死し、96人が負傷して入院。生産設備も一部が被害を受けた。また、組合幹部ら約100人が捜査当局に逮捕された。会見に同席した中西真三社長は「これは労働問題ではなく、犯罪だ」と批判した。同工場では昨年、組合設置などを巡る問題からストで断続的に生産が停止していたが、中西社長は「すべての課題は協議で解決済みだった」と述べた。


---印警察「労組全員責任問う」 スズキ子会社暴動、殺人罪も---
2012.7.21 05:00
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120721/bsa1207210502004-n1.htm

 インド治安当局はスズキのインド子会社で同国乗用車生産最大手マルチ・スズキ・インディアのマネサール工場(ハリヤナ州)で1人が死亡、管理職ら70人以上が負傷した暴動をめぐり労働組合員3000人全員の責任を問う考えを示した。労組側は、暴動は管理職の一人がカースト(階級)を理由に従業員を侮辱したことが原因だとして会社側に責任があると主張している。
 現地警察当局のマヘスワール・ダヤル氏は20日までにインタビューに応じ、暴動に参加した全従業員を殺人罪か殺人未遂罪に問う方針だと明言した。
 同州警察のランジ・シン・ダラル長官によると、警察は99人の従業員を逮捕し、生産停止となっているマネサール工場敷地内の安全を確保するため警察官1200人を動員。「管理職と労働者の間での小競り合いはいたるところで起きるが、この種の暴力は容認できない」と述べた。
 ニューデリー近郊の同工場の年間生産台数は55万台で、マルチ・スズキの生産能力全体の約4割を占める。
 ブリクス・セキュリティーズのアナリスト、ウメシュ・カーネ氏(ムンバイ在勤)は「マネサール工場の生産再開まで8~10日かかるかもしれない。生産停止でマルチのディーゼル車生産の過半数が打撃を受けかねないことが懸念材料だ」との見方を示した。
 今回の暴動をめぐっては会社と労組が互いに非難しあっている。マルチ・スズキは、従業員の一人が18日、作業現場で監督役の管理職に暴行を働いたことがきっかけだと発表。その後、労組は管理部門との交渉を試みたが話し合いは決裂し、従業員が管理職らを攻撃したという。
 一方、労組代表の声明によると、監督者が自分よりカーストの低い従業員を罵(ののし)り、差別的発言をしたことが原因と主張。同社は監督者に対し措置を講じず、同従業員を停職処分にしたと批判した。
 同工場では昨年も33日間にわたるストライキが起き、同社の利益は減少した。マネサールとグルガオンには工場が多く、二輪車大手、ヒーロー・モトコープやホンダの二輪車生産・販売子会社ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアの生産拠点もある。過去数年、これらの工場では雇用条件改善を求めるストが相次いでいる。(ブルームバーグ Karthikeyan Sundaram)


---スズキ印子会社の従業員暴動 生産の「生命線」業績悪化懸念---
2012.7.20 05:00
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120720/bsa1207200500000-n1.htm

 スズキのインド子会社、マルチ・スズキで18日に発生した従業員による暴動は、正社員との待遇格差の是正を求める短期契約社員たちの不満が背景にあるとの見方が強まっている。同社はインド市場で50%近いシェアを持つが、マネサール工場では昨年にも労働争議が発生し、昨年度は生産計画を8万5000台下回った。今年1月にはマネサール第2工場が稼働、反転攻勢をかけようとした矢先で、先行き不透明感が強まっている。
 現地の関係者の話を総合すると、スズキは約3000人の社員のうち半数以上が短期の契約社員という。契約社員の給与はハリヤナ州の最低賃金を上回るものの、福利厚生では正規社員には及ばない。
 インフレ進行で食料品や燃料費は高騰し、契約社員の生活は「働けど苦しくなる状態」(現地エコノミスト)。共産党系の労組による外国資本の大企業を標的とした労組立ち上げの動きがあり、スズキ側も警戒を強めていたとの情報もある。
 スズキのインドでの昨年度の生産台数は113万4000台で、日本国内(102万台、昨年度)を抜き、世界生産280万台の4割を占める「生命線」。争議が長期化すれば、業績悪化を招くのは避けられない。
 スズキは今後、西部グジャラート州に新工場を建設する方針だ。州政府の影響力が強く、外国資本の誘致に積極的なことから労働争議が抑えられるとの期待が高いからだ。
 インドの自動車産業では、韓国の現代自動車などでも、組合設立の要求をめぐる労使対立が表面化。また、中国では賃上げや待遇改善を求めるストやデモが頻発しており、新興国市場での経営のリスクが改めて浮かび上がった形だ。


---Rioting Maruti Workers Face Murder Charges After Manager Death---
Karthikeyan Sundaram and Siddharth Philip, 2012 Bloomberg News
Updated 08:16 p.m., Thursday, July 19, 2012
http://www.sfgate.com/business/bloomberg/article/Rioting-Maruti-Workers-Face-Murder-Charges-After-3720270.php

July 20 (Bloomberg) -- Indian authorities threatened to charge all 3,000 Maruti Suzuki India Ltd. union workers at a plant after a riot that the labor union says began when a supervisor insulted an employee because of his caste.

Authorities will press charges of murder and attempted murder against all rioting workers at Maruti’s Manesar plant because they engaged in a mob attack that led to a person’s death, Maheswar Dayal, deputy commissioner of police, said in an interview yesterday. The police have arrested 99 workers and deployed 1,200 officers to secure the area, Director General of Police Ranjiv Singh Dalal said.

Indian police occupied the suspended factory, which accounts for about 40 percent of Maruti’s total capacity, as they begin investigating the company’s most violent labor clash. Maruti and Suzuki Motor Corp. shares tumbled as the violence revived concerns about recurring labor disputes at the Indian carmaker, which suffered through a 33-day labor strike last year that drove down profit.

“I think it may take 8-to-10 days to resume operations at Manesar,” said Umesh Karne, an analyst with BRICS Securities Ltd. in Mumbai. “The concern is that with this shutdown, the majority of Maruti’s diesel car production may be hit as the Swift and DZire’s diesel models are made at Manesar.”

A person was burnt to death and at least 70 managers at the factory were injured, K.K. Sindhu, police commissioner for the Gurgaon district, said in a phone interview. Maruti identified the deceased as Awanish Kumar Dev, a human resources general manager.

Suzuki, which owns a majority stake in the Indian carmaker, said production facilities weren’t damaged by this week’s riot.

‘Crazy Scene’

“This is a crazy scene of violence,” Dalal said. “There are skirmishes between workers and management everywhere, but this kind of violence will not be tolerated.”

At the factory, located about 50 kilometers (31 miles) southwest of New Delhi, trucks rolled in yesterday carrying police, who formed a security cordon around the plant. Two dozen private guards manned the gates of the closed factory, which only had police inside.

Maruti shares tumbled 8.9 percent, its biggest drop in almost two years, to 1,117.30 rupees in Mumbai. Suzuki fell to its lowest close since February 2009 in Tokyo, dropping 3.8 percent to 1,451 yen.

Both Maruti and the union blamed each other for the incident.

Caste Insult

According to Maruti, the dispute began July 18 after a worker beat up a supervisor on the shop floor. The workers’ union then prevented management from taking disciplinary action, blocking managers from leaving the factory after work, Maruti Suzuki said. Workers attacked managers after talks to resolve the dispute failed, with workers setting property on fire, ransacking offices and damaging facilities, according to the statement.

Two Japanese executives were hospitalized, though neither is in critical condition, said Ei Mochizuki, a Tokyo-based spokesman at Suzuki. Damages were restricted to offices, not production facilities, Mochizuki said.

The workers’ union said it was keen to have a dialogue with the company to resolve the matter and that workers were attacked by bouncers working for Maruti while discussions were ongoing with guild leaders.

Pointing Fingers

The incident started after a supervisor abused a worker and made derogatory remarks about his lower caste, known as Dalit, Maruti Suzuki Workers’ Union President Ram Meher Singh said in an e-mailed statement. The company suspended the worker instead of taking action against the supervisor, Singh said.

Maruti spokesman Puneet Dhawan couldn’t be reached by telephone and didn’t respond to an e-mail seeking comment on the labor union’s statement.

Production at the factory, which makes Maruti Suzuki’s Swift compact cars, had to be halted, the company said. Output at the larger Gurgaon plant continued normally, it said.

The company’s factory in Manesar, built in 2007, has a capacity to produce 550,000 cars annually, about 40 percent of Maruti’s total capacity of 1.45 million cars, according to the company’s website. Manesar is 25 kilometers south of Gurgaon.

The company is building a third unit at Manesar that is due to be completed in 2013, with a capacity to produce 250,000 additional units.

Industrial Hub

In October, a labor strike in Manesar halted output of Swift compact cars. Workers also staged strikes at parts maker Suzuki Powertrain India Ltd., causing production to be halted at Maruti’s factory in Gurgaon, also near the capital. The strike ended after an agreement was reached between management, workers and the state government. The strike cost the company more than 40,000 units of production, Maruti said.

The Manesar-Gurgaon region is an industrial hub that is home to factories of Hero MotoCorp Ltd., Honda Motorcycle & Scooter India Pvt., and auto parts suppliers Sona Koyo Steering Systems, and Rico Auto Industries Ltd.

In the past few years, there have been strikes at factories belonging to Rico, Honda and Hero as workers stopped work to demand higher pay and permanent employee status for contract employees. In 2008, the managing director of Graziano Trasmissioni India Ltd. was beaten to death after a group of dismissed employees turned violent, police said.

--With assistance from Yuki Hagiwara and Anna Mukai in Tokyo and Karthikeyan Sundaram in New Delhi. Editors: Young-Sam Cho, Chua Kong Ho

0 コメント: