2012年8月26日日曜日

中国 北極海航路を横断

中国の砕氷船が、北極海航路を横断した。
 北極科学調査チームを乗せた砕氷調査船「雪竜号」が、アイスランドの
首都レイキャビクの港に到着し、ロシア北側の北極海航路の横断に中国と
して初めて成功した。

雪竜号
・7月2日  山東省青島出航。
・7月22日 ベーリング海峡を越え、ユーラシア大陸北岸沿いを進み、ノル
 ウェー北部沖のバレンツ海を経てアイスランドに達する航路を航行。

北極評議会(The Arctic Council)
主要国
 米国,露,加,スウェーデン,フィンランド,ノルウェー,デンマーク,アイスランド
オブザーバ国
 独,英,仏,ポーランド,スペイン,蘭
オブザーバ希望国
 日本,韓国,EU,伊,中国

北極科学調査チームによれば、「北極海航路の大部分は開いている」と
言う。気候変動により、北極海の海氷が縮小しているとの報道もあり、
北極海航路は、夏場だけでも通商路として確定すれば、化石燃料の高騰は
防げるかもしれない。
北極評議会への参加国はもっと増えるのか。

北極海航路開通
温暖化への反論 氷床溶解速度はかなり遅い
英露 北極海開発で提携
政府調査 北極航路


---北極海の海氷、最速ペースで縮小…宇宙機構観測---
2012年8月21日14時39分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120820-OYT1T01340.htm

 今年の北極海の海氷面積が史上最速のペースで縮小していることが20日、宇宙航空研究開発機構の観測衛星「しずく」などの観測で分かった。
 18日現在で466・4万平方キロ・メートルまで縮小しており、このまま縮小が続けば、今月末から来月にかけての間に、2007年9月に記録した425・4万平方キロ・メートルの観測史上最小を更新するのはほぼ確実とみられる。宇宙機構は「温暖化の影響が出ている可能性がある」として注意深く観測を続けている。
 今年の北極海は、昨夏に史上2番目に海氷面積が小さくなった影響で、氷が薄くてもろい場所が多く、気温が5月以降上がると、7月には海氷はまばらな状態となった。まばらな海氷は周囲の海水の影響を受けやすく、大きな塊の状態よりも解けやすい。北極海は例年なら7月には海氷が解けてその面積が縮まるスピードが減速に転じるが、今年は8月に入っても、そのスピードは加速しているという。


---極地開発に狙い…中国砕氷船が北極海航路を横断---
2012年8月20日19時10分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120820-OYT1T00988.htm

 【北京=大木聖馬】中国の国際問題専門紙「環球時報」(20日付)によると、北極科学調査チームを乗せた砕氷調査船「雪竜号」が17日、アイスランドの首都レイキャビクの港に到着し、ロシア北側の北極海航路の横断に中国として初めて成功した。
 新華社通信によると、雪竜号は7月2日に山東省青島を出航。同22日までにベーリング海峡を越え、ユーラシア大陸北岸沿いを進み、ノルウェー北部沖のバレンツ海を経てアイスランドに達する航路を航行した。
 地球温暖化で北極海の氷が解けて航行が可能となった北極海航路は、アジアと欧州を結ぶ最短航路として注目されている。中国は2014年頃までに最新鋭の砕氷調査船を完成させて極地開発を急ぐ構えで、将来的には北極海航路を欧州との輸送ルートに利用するほか、北極海の海底の鉱物資源開発の足がかりにしていくとみられる。


---First Chinese ship crosses Arctic Ocean amid record melt---
Fri Aug 17, 2012 1:02pm EDT
By Jon Viglundson and Alister Doyle
http://www.reuters.com/article/2012/08/17/china-environment-idUSL6E8JH9AY20120817

REYKJAVIK/OSLO, Aug 17 (Reuters) - An icebreaker has become the first ship from China to cross the Arctic Ocean, underscoring Beijing's growing interest in a remote region where a record thaw caused by climate change may open new trade routes.

The voyage highlights how China, the world's no.2 economy, is extending its reach to the Arctic which is rich in oil and gas and is a potential commercial shipping route between the north Atlantic and Pacific oceans.

The icebreaker Xuelong, or Snow Dragon, arrived in Iceland this week after sailing the Northern Route along the coast of Russia.

Expedition leader Huigen Yang, head of the Polar Research Institute of China, said he had expected a lot more ice along the route at this time of year than the vessel encountered.

"To our astonishment ... most part of the Northern Sea Route is open," he told Reuters TV. The icebreaker would return to China by a route closer to the North Pole.

He said that Beijing was interested in the "monumental change" in the polar environment caused by global warming.

Sea ice floating on the Arctic Ocean is on track to beat a record low set in 2007, making the region more accessible but threatening the hunting lifestyles of indigenous peoples and wildlife such as polar bears and seals.

The thaw is slowly opening up the Arctic as a short-cut route - the German-based Beluga Group, for instance, sent a cargo vessel north from Korea to Rotterdam in 2009.

RECORD THAW

"The (Chinese) journey indicates a growing interest in the melting of the ice in the northern regions and how climate change is affecting the globe and the future of all nations," the office of Icelandic President Olafur Ragnar Grimsson said.

Arctic sea ice extent on Aug. 13 fell to 5.09 million square km (1.97 million square miles) - an area smaller than Brazil, according to the U.S. National Snow and Ice Data Center.

Sea ice reaches its smallest in September before expanding again as winter approaches. China has overtaken the United States as the top greenhouse gas emitter, mainly from burning fossil fuels, ahead of the European Union, India and Russia.

"China's interest is a mix of business, science and geo-politics," said Jan Gunnar Winther, director of the Norwegian Polar Institute.

For countries outside the region like China, there may be more opportunities to supply equipment to aid drilling, he said. South Korea's Hyundai, for instance, is building a floating production unit for the Goliat oilfield in Norway's Barents Sea.

Winther said that research into climate change in the Arctic was also relevant to China's understanding of weather patterns that could affect its farmers.

China has applied to become an observer at the Arctic Council, made up of the United States, Russia, Canada, Sweden, Finland, Norway, Denmark and Iceland.

"The application will be handled in May next year," said Nina Buvang Vaaja, head of the Arctic Council Secretariat.

Other applicants seeking to join the Council, which oversees management of the region, are Japan, South Korea, the European Union Commission and Italy. Germany, Britain, France, Poland, Spain and the Netherlands are already observers. (Reporting By Alister Doyle; Editing by Pravin Char)

0 コメント: