2012年8月9日木曜日

公取委 発電所燃料価格は適正

公取委は、発電所燃料価格は適正とするようだ。
 吉井英勝議員は衆院経済産業委員会で、東京電力が、同社の子会社が
設立した貿易会社から、火力発電用のLNGを対米販売価格の8-9倍の超高
値で購入している実態を示し、東電言いなりに電気料金値上げを認可し
た政府の姿勢をただしました。

セルト社
・TEPCOトレーディングと三菱商事が共同出資。
・オマーン産LNGの購入・販売権を有す
・オマーン産LNGの販売価格
 米国向けに2ドル/百万BTUで販売
 東電には18ドル/百万BTUで販売
・シベリア産LNGの販売価格
 袖ヶ浦基地で3万1719円/ton
 富津基地で7万4975円/ton

広瀬直己
・守秘義務があり、存じ上げていない

枝野幸男
・厳しく調べさせていただく、下げるように指導したい

原子炉開発費
・2012年 英国原子炉価格 70億ボンド
 (1ポンド122円で換算すると8540億円)
・太陽光パネル、風力タービンが下落
・安価なシェールガスの販売
・東電福一原発事故による追加費用

原発維持費
・交付金合計4524億円(2008年度)

原子炉価格8540億円は、東芝のウェスチングハウス社買収価格6210
億円よりも高い。米国でAP1000の建設が開始されたとしても、WHの一社
では、入札時の補償ができない可能性もある。

発電所の燃料価格が「公正な競争を阻害」と衆委員会で報告されている
にも関わらず、公取委は、適正価格と判断し、何もしないようだ。
公取委は東電の大口電力料値上げ申請の際、「公益性が高く公表が望ま
しいと判断した」としているが、火力、水力、ガス力、原子力に関す
る燃料費や資材を全て公表するように、指導すべきだろう。
公益法人(?)と認めているのに、調達に関する価格が適正なのかを専門
機関で、審査もしていないのではと思う。

国家予算が必要な原子炉開発、維持するだけでも、半分の資金が必要。
原発を無くせば、発電量が減り、経済が衰退と言うが、放射能で産業
が衰退した事実を無視をできない。経産省(通産省)は昔のように、セ
カンドソースの交付金を提供するのか。

国産原発 輸出へ
AP1000 2016年運転開始
シェールガス リスク高か
パイプラインの新規構築案
牧野聖修 20年前でも現代科学技術
中部電力 岡本道明発言をHPで謝罪
原発事故 刑事告訴状受理


---東電、米国の9倍で購入---
2012年7月28日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-07-28/2012072804_03_1.html

吉井議員 LNG価格を指摘
 日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、東京電力が、同社の子会社が設立した貿易会社から、火力発電用の液化天然ガス(LNG)を対米販売価格の8~9倍の超高値で購入している実態を示し、東電言いなりに電気料金値上げを認可した政府の姿勢をただしました。
 問題の会社は、東電の子会社「TEPCOトレーディング」と三菱商事が共同出資し、オマーン産LNGの購入・販売権を有するセルト社。同社は米国向けに百万BTU(英式熱量単位)あたり2ドルで販売する一方、東電には9倍も高い18ドルで販売しています。(今年の実績)
 吉井氏は、この問題で東電の広瀬直己社長が「守秘義務があり、存じ上げていない」(26日、衆院消費者問題特別委員会)と答えたことを示し、同社の隠ぺい体質を批判。枝野経産相は「厳しく調べさせていただく」「下げるように指導したい」と約束しました。
 さらに吉井氏は、同じシベリア産LNGの買い取り価格が、袖ヶ浦基地(千葉県)で1トンあたり3万1719円、富津基地(同)で7万4975円と2倍も違うと指摘。「商社は東電に高く売ればもうかる。そのツケは全部消費者に回ってくる」と述べ、総括原価方式と燃料費調整制度の見直しを主張。枝野経産相は「一刻も早くこれ(制度)を変えたい」と答えました。


---大口電力料値上げで公取が東電を注意 「要請の方法、一方的」---
2012.6.22 16:10
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120622/crm12062216110027-n1.htm

 東京電力が企業など大口顧客の電気料金を4月から引き上げていることをめぐり、公正取引委員会は22日、「(値上げの)要請の方法が一方的だった」などとして、東電を文書で注意したと発表した。独占禁止法違反(優越的地位の乱用)につながる恐れがあると判断した。
 注意は、違反の明確な証拠は見つからないが、違反に発展する恐れがあると判断した場合に行う措置。強制力はなく、値上げのとりやめを指示するものではない。注意の公表は異例で、公取委は「公益性が高く公表が望ましいと判断した」としている。
 東電は1月、福島第1原発事故の影響で代換えの火力発電用燃料費が増大して収益が悪化していることを理由に、大口契約者向けの電気料金を平均約17%値上げすることを発表した。
 これに対し、中小企業を中心に反発が相次ぎ、川口商工会議所(埼玉県川口市)などが「独禁法に抵触している」として公取委に申告書を提出していた。
 調査を進めた公取委は、企業が電力を獲得する手段が東電から以外に事実上ないことを重視。事前の合意がなければ電気料金の引き上げを行うことができない契約にも関わらず値上げを決定したことや、500キロワット未満の顧客に対して「異議の連絡がない場合は電気料金の引き上げに合意したと見なす」と書面で一方的に通知していたことなどを問題視した。


---Wind taken out of nuclear power’s sails---
August 2, 2012 10:07 pm
By Pilita Clark, Rebecca Bream and Guy Chazan
http://www.ft.com/cms/s/0/5f849de4-dbf8-11e1-86f8-00144feab49a.html#axzz22jXlZhZs

It is one thing for a green pressure group to claim nuclear power is too expensive, but quite another when the charge comes from the head of an atomic industry pioneer such as General Electric.

GE built some of the world’s first commercial atomic reactors in the 1950s and has remained an industry leader since its nuclear joint venture with Japan’s Hitachi in 2007.
Some investors say that Jeff Immelt, GE chief executive, was merely stating an inconvenient industry truth when he told the Financial Times at the weekend that nuclear power was “really hard” to defend financially, and most countries were moving to a mix of gas and renewable energy.

Last year, economic forecasts said electricity generated from nuclear plants would be cheaper than, or as cheap as, power produced by natural gas, wind farms or solar panels for years to come.

Some experts have questioned such predictions as market prices for solar panels have plummeted, wind turbine prices have declined and large finds of shale gas have prompted hopes that the low gas prices in the US could spread.

Lengthy construction delays at the Olkiluoto 3 project in Finland and the Flamanville project in France, the first nuclear reactors to be built in Europe for two decades, have pushed up estimates of nuclear reactor costs. The disaster at Fukushima in Japan has further pushed up costs and has led some countries, notably Germany, to abandon nuclear power.

“Fundamentally, [Mr] Immelt is right. In the end it’s going to be a combination of gas, wind and solar,” says Samer Salty, chief executive of Zouk Capital, a London private equity investor in clean energy projects.

Nuclear industry executives say Mr Immelt’s comments reflect conditions in only one country: the US. Steve Kidd, deputy director-general of the World Nuclear Association, says: “Cheap gas prices make it difficult for new nuclear plants to compete economically but we would question the likelihood of these price levels continuing much longer and their relevance to the situation elsewhere in the world.

“In Europe it seems unlikely that gas markets will replicate the US situation so, depending on the national market, nuclear projects can be justified economically. And in Asia, countries are still dependent on expensive imported liquefied natural gas and so nuclear projects look very attractive.”

GE’s rivals say that nuclear is a small part of GE’s business and it is no longer a force in the nuclear industry outside the US.

Industry executives cannot deny that costs have risen, however, and earlier claims that new reactors could be built without state subsidies now look wide of the mark.

When the nuclear revival was gathering pace in 2007 and 2008 companies were predicting much higher power prices, making the heavy investment needed seem less risky. They also forecast higher carbon prices, which would put coal and gas-fired plants at a disadvantage to nuclear and renewables.

In many developed countries recession has kept demand for energy and power prices lower than expected, making the conditions for nuclear investment less favourable.

Since Fukushima regulators are demanding extra safeguards such as auxiliary power systems be added to plant designs. “There are definitely some design changes post-Fukushima,” says Sam Laidlaw, chief executive of Centrica, the UK energy group looking at building reactors with EDF. But he points to the slow progress of the new European plants as the main reason for changing cost assumptions. Peter Atherton, utilities analyst at Citigroup in London, says the price for a 3.2GW nuclear reactor in the UK was estimated at L4bn in 2008; now it is L7bn, based on the experience of Flamanville and Olkiluoto. “If you have to pay L7bn per reactor, it becomes a real challenge to justify building them - both economically and politically.”

Whether nuclear power can compete with other forms of power generation appears to depend on geography, and whether costs do come down as more reactors are built, as industry executives predict.

Some projects are likely to proceed anyway, primarily driven by governments’ desire for stable, low-carbon energy supplies.

The carbon emission reduction targets many countries have adopted make it “very hard” to see how nuclear will not play a part in the future power generation mix, says Richard Nourse, non-executive director of UK uranium enrichment group Urenco and head of renewable energy investment fund Novusmodus. “That said, the reduction in the price of electricity from renewables - led by the collapse in the cost of solar - will mean that nuclear will need to remain competitive to be deployed widely.”

Because of the vast investment needed and the construction risks involved, it is unlikely that the private sector will be willing to fund new nuclear plants without subsidies and incentives from cash-strapped governments.

Mr Atherton says: “There are few companies in the world that can take a loss of that size [the L2bn Olkiluoto cost overruns] and remain solvent.”

With private sector interest cooling and governments scrutinising the costs of building the next generation of reactors more closely, nuclear power has a long way to go before proving Mr Immelt wrong by showing it can compete with gas and renewable energy.


---GE Chief: Nuclear 'hard to justify'---
By Pilita Clark, FT.com
July 30, 2012 -- Updated 0740 GMT (1540 HKT)
http://edition.cnn.com/2012/07/30/business/ge-chief-nuclear/index.html

(Financial Times) -- Nuclear power is so expensive compared with other forms of energy that it has become "really hard" to justify, according to the chief executive of General Electric, one of the world's largest suppliers of atomic equipment.

"It's really a gas and wind world today," said Jeff Immelt, referring to two sources of electricity he said most countries are shifting towards as natural gas becomes "permanently cheap".

"When I talk to the guys who run the oil companies they say look, they're finding more gas all the time. It's just hard to justify nuclear, really hard. Gas is so cheap and at some point, really, economics rule," Mr Immelt told the Financial Times in an interview in London at the weekend. "So I think some combination of gas, and either wind or solar ... that's where we see most countries around the world going."

Mr Immelt's comments underline the impact on the global energy landscape of the US shale gas revolution, Japan's 2011 Fukushima nuclear meltdown and falling prices for some types of renewable power.

The shale boom has sent US natural gas prices down to 10-year lows, a trend some analysts believe will spread elsewhere, while the nuclear industry faces added costs and uncertainty after Fukushima.

At the same time, a 75 per cent fall in solar panel market prices in the past three years has made solar power competitive with daytime retail electricity prices in some countries, according to a recent report by Bloomberg New Energy Finance, while offshore wind turbine prices have steadily declined.

Such factors pose dilemmas for countries such as the UK, which is trying to build new nuclear plants without public subsidy. The ruling coalition is also split over whether to set a new target to make the electricity sector virtually free of carbon emissions by 2030 -- a plan George Osborne, the Conservative finance minister, opposes but many Liberal Democrats back.

Mr Immelt lent weight to the Lib Dem argument, saying GE had found existing EU carbon targets helpful. "I think standards sometimes really drive innovation," he said. "To a certain extent at least, knowing what the rules are and being able to innovate against it is not a bad thing."

Mr Immelt played down the impact of changing energy trends on a company as large as GE, which reported annual profits of $13bn for 2011 (on revenues of $142bn) and sells products for every leading source of energy, from gas and wind turbines nuclear reactors and oil drilling gear, to gas and wind turbines.

"We've got them all, so in some ways when you have them all you don't have to be so smart about anything," he said.

Analysts estimate GE's nuclear revenues, from a joint venture with Japan's Hitachi, at an estimated $1bn, or less than 1 per cent of annual global sales.

Mr Immelt is visiting London during the Olympic Games, which GE sponsors.

The company will announce on Monday that it has made more than $1bn in sales from Olympic host cities since 2006, including $100m from the London games, where GE has sold several power systems, 120 electric vehicle charging stations and thousands of lights.


---ウェスチングハウス社株式取得による原子力事業の強化について---
2006年2月6日
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2006_02/pr_j0601.htm

 本日、当社は、英国原子燃料会社(British Nuclear Fuels.plc:以下、BNFL)と、同社のグループ会社であるBNFL USA Group Inc.およびWestinghouse Electric UK Limited(以下、両社を併せてウェスチングハウス社)の全株式の取得に関する契約を締結しました。取得額は54億ドル(約6,210億円、115円/ドルで換算)です。
 今後、当社とBNFLは、東芝グループへのウェスチングハウス社の株式譲渡に関する詳細事項についてさらに調整を続け、行政許認可などの諸手続を経て、株式取得手続きを完了する計画です。
 世界の原子力発電設備および燃料関連事業で豊富な実績を持つウェスチングハウス社が東芝グループの一員となることは、今後当社がグローバルなエネルギー関連事業を展開する上で極めて重要な意義を持つものです。両社がそれぞれの原子力事業で得意とする分野を最適に組み合わせて相互補完関係を構築することにより、世界トップクラスのグローバル原子力グループを形成し、沸騰水型原子炉(以下、BWR)*1、加圧水型原子炉(以下、PWR)*2の両方式を推進するリーディングカンパニーをめざします。
 なお、今回の株式取得により形成される新たな事業グループの将来性に関し、既にエネルギー関連事業に携わる複数の大手国際企業から高い評価を受けており、当社は、他の出資者と共にウェスチングハウス社の株式を保有する方針です。当社がウェスチングハウス社の株式のうち51%以上を保有し、残りについては、共同出資者が保有する予定です。
*1     沸騰水型原子炉:     Boiling Water Reactor (BWR) 米国ゼネラルエレクトリック社(GE)が開発、実用化した炉型
*2     加圧水型原子炉:     Pressurized Water Reactor (PWR) 米国ウェスチングハウス社(WH)が開発、実用化した炉型

今回の株式取得の意義
 現在、世界各国において、電力の安定供給と地球温暖化防止の観点から、原子力発電プラントの新規建設や既設プラントのさらなる有効活用などに対する需要が急速に高まっています。世界で稼動中の原子力発電プラントは、現在439基ありますが、今後とも21世紀の省資源・循環型社会に適した原子力発電に対する需要は着実な伸張が予想され、2020年までに世界の原子力需要は約1.5倍に拡大するものと予想されています。欧米では新規建設を再開する機運が高まり、中国をはじめ高い経済成長を続けるアジア地域では多くの新規建設が計画されています。
 このような背景のもと、日本市場を中心にBWRに強みを持つ当社の原子力事業と、世界市場においてPWR事業を中心に強みを持つウェスチングハウス社が協力関係を構築することによって、製造、販売、技術面で両社の補完関係が成り立ち、さらに、従来、両社がそれぞれ単独では手がけることが困難だった新たな事業領域にも進出することで相乗効果を発揮することができます。
 ウェスチングハウス社が当社グループの一員となることにより、当社原子力事業の規模は、相乗効果も合わせると、2015年までに現状の約3倍に拡大するものと予想しています。

ウェスチングハウス社について
 ウェスチングハウス社は、1957年に世界に先駆けて原子力事業を始めて以来、50年にわたり原子力発電プラントに関する機器、サービスを提供し、世界の電力インフラの整備に貢献してきました。現在は、世界14カ国に34の拠点をもち、欧米を中心に、主にPWRの営業、設計、建設、保全サービス、燃料成形加工などの事業を展開し、市場に確固たる地位を確立しています。

当社の原子力事業について
 当社の原子力事業は、1966年に事業を開始して以来、国産初号機の納入や110万kW初号機の建設に携わるなど、日本の原子力産業の発展に大きく寄与してきました。当社はBWRをベースに事業を展開し、現在国内の原子力発電プラント納入実績においてトップメーカーであり、世界で初めて改良型沸騰水型原子力発電プラント(以下、ABWR)*1の建設を手がけたほか、次世代の水素燃料の研究にもいち早く取り組むなど、常に最先端の技術開発に着手し、市場をリードしております。原子炉、制御棒等を始めとする主要機器、およびトータルシステムの開発設計、製造から施工、エンジニアリング、そして納入後の保守点検に到るまでシステム・インテグレーターとして総合力を発揮すると共に、核燃料についてもBWR向け燃料事業に約35年間に渡り携わり、国内の安定供給に寄与してまいりました。
 当社は、これまで複合電機メーカーとして「電子デバイス事業」や「デジタルプロダクツ事業」を「成長事業領域」と位置付け、半導体事業など成長の見込まれる事業に戦略的設備投資を積極的に行ってきました。原子力事業をはじめとした電力・社会システム事業は、これまで「安定事業領域」と位置付け、国内外の電力設備事業を着実に進めてきましたが、今後大きな成長が見込まれる世界の原子力市場の変化を先取りし、このたび、ウェスチングハウス社の株式を取得することとしました。
*1     改良型沸騰水型原子力炉:Advanced Boiling Water Reactor (ABWR)。従来のBWRからより一層安全性と経済性を向上させた改良型の原子炉

株式取得後の事業運営
 当社は、これまで日本国内で展開してきたBWRの営業、設計、建設、保全サービスなどの事業に関し、今後とも継続強化を図っていきます。また、これまで当社が取り組んできた海外向けのBWR事業の強化にも引き続き注力していきます。さらに、先進型であるABWRシステムの拡販にも引き続き取り組んでいきます。
 ウェスチングハウス社に関しては、当社の連結子会社となった後も、米国ペンシルバニア州を本拠地とし、現状の資産、設備、従業員、商標等の権利を保持し、事業の拡大、強化を図ります。今後、米国や中国での建設が期待できる次世代型PWRである「AP1000」*1の開発を継続し、受注をめざします。また、世界各地で稼動する既設の原子力発電プラントの保守点検、更新事業や、原子燃料の成形加工事業も継続します。
 加えて、ウェスチングハウス社と当社の原子力事業が補完し合あうことで最大限に相乗効果を発揮し、新たな事業機会を創造するため、共同で今後の事業戦略を構築、共有し、事業運営に当たります。
 国内市場を中心にBWRに強みをもつ当社の原子力事業と、世界各地に幅広い営業拠点を有し、PWRシステムで豊富な実績を持つウェスチングハウス社の事業の密接な連携を通じて、製造、販売、技術それぞれの分野で補完関係の構築を図ります。その結果、世界中のお客様にワンストップで包括的に機器、サービス等を提供することができ、新たな事業機会が期待できます。
 今後、当社とウェスチングハウス社は、世界トップクラスのグローバル原子力グループを形成することにより、最先端の技術、信頼性と経済性を兼ね備えた原子力発電設備とサービスを提供してまいります。
*1     米国エネルギー省(DOE)/電力研究所(EPRI)の改良型軽水炉計画に従ってWH社が中心となり開発を進めている。

各社の概要
(1)BNFL
   創業           1971年(1984年に株式会社化)
   資本関係           英国政府保有会社
   最高経営責任者           Mike Parker
   売上高           約2,400百万ポンド
   従業員数            約23,000人
   本社所在地           英国Daresbury
(2)Westinghouse Electric Company
   創業           1886年
   資本関係           British Nuclear Fuels.plcが米国法人BNFL USA Group Inc.及び英国法人Westinghouse Electric UK Limitedを通じて、100%保有
   最高経営責任者           Steve Tritch
   売上高           約1,100百万ポンド
   従業員数            約8,000人
   本社所在地           米国Pennsylvania

0 コメント: