2012年9月8日土曜日

中国政府 外国公館排斥容認

中国は、未だ法治国家として発展途上のようだ。

ソウル日本国大使館 火炎瓶を投下犯
・劉強 中国籍
・一審 実刑判決
・ソウル高裁 懲役10月判決
・靖国神社事件で日韓犯罪人引き渡し条約に基づき引き渡しを要求。
・中国孟建柱公安相が韓国の権在珍法相に、中国内の反日感情を理由に
 「外交問題になる」として中国への送還を求めた。

駐中日本国大使館公用車を襲撃犯
・河北省出身男性  郭 23才 
 黒竜江省出身男性 夏 25才
・治安管理処罰法に基づき、5日間の行政拘留処分
・北京市出身男性 27才 警告処分

ソウル日本国大使館にトラック突入犯
・金昌根 62才
・ソウル中央地裁
 「外国公館への暴力行為の罪は軽くない」
 「人的被害がない点や犯行の経緯と動機を考慮する」
 懲役1年の求刑に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決
 猶予期間中は保護観察。

中国政府は、「国民感情を考慮」して、公用車を襲撃犯を刑事事件で起訴
しなかった。変わりに、唐家センを通じて、日本に謝罪したようだ。
唐家センは、外務大臣田中真紀子との会談で、「(靖国参拝を)やめなさい
と厳命(言明説あり)しました」と話題になったが、その後、挑発的な報道
は見られなくなった。
日中共同声明に始まる日中国交回復で、田中角栄の妻の代理となった田中
真紀子は、唐家センとは、旧知の仲とのこと。
中国政府は、日本のように、外と内の顔を使い分けたようだ。

近代国家の三権分立(立法・行政・司法)を政治制度として採用した韓国と
立法の下に、行政・司法がある中国とはかなり異なる結果となった。
愛国であれば、外国公館排斥も容認、国際国家として政治体制が開発途上
であると証明したようだ。

中国政府が警告したのは、丹羽宇一郎だけと思っていたが、実際、危機
感を持ったのは、外務省と内閣府。
結局、石原慎太郎の言う弱腰外交を進めた。

尖閣諸島での中国漁船船長逮捕で、中国がフジタ社員を逮捕、レアアース
輸出規制等を同一次元と結びつけて、わざと外交問題を拡大し、複雑化
させたことがあった。この時、結びつけて、広報した議員は、長島昭久。
まだ他にもいるかもしれない。
東京都の尖閣諸島購入で、政府代表として、都知事と交渉しているのも
長島昭久。偶然の一致とは思えない。

尖閣諸島の放置は、小泉純一郎時代に、中国人らが魚釣島に不法上陸し、
尖閣神社を破壊。後日、現在反社会勢力の下部組織(日本青年社)が神社
の一部を再建するために、上陸。魚釣島上陸に対して、日中議員が合議
し、現在の中国の主張内容を確認し、外務省の対応方針としたようだ。
この合議を行ったのが、利権顔と言われた二階俊博ら親中派。
中国は、特に新しい主張をしたわけではない。
尖閣諸島の対応方針を二階俊博が外務大臣でもないのに、マスメディア
で広報していた記憶がある。
「ガス田白樺は、中国の軍艦が来ているので、海保や漁民が怪我をしても
困るし、海自が出て交戦になるのは、怖いので、近づかせない(意図要約)」
との報道を見た記憶がある。
どちらも詳細不明。親中派はこういう動きをするんだと知った。

マスメディアの多くは、在中国日本国大使館を駐中中国大使館、駐中日本
大使を駐中国大使と記載、外務省用語かもしれないがややこしい。
わかりやすい表記にして欲しい。

中国のポチ 利権顔で国交省の番犬
利権顔 中国行脚
中国 ソースコード開示制度導入へ
日中尖閣デモ
外交 鴨は日本
尖閣諸島購入額はいくらか
米軍再編見直し
選挙対策 尖閣諸島、米国
中国 転向者に警告か


「国旗捨てた」丹羽大使襲撃で行政処分の中国人男ら(12/09/05)


---政府、対中配慮に腐心=尖閣直接購入---
2012/09/05-19:31
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012090500910

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関する政府と地権者の国有化交渉がまとまり、尖閣購入をめぐる東京都との綱引きは、政府側に軍配が上がった。政府が直接買い取りにこだわった背景には、対中強硬派の石原慎太郎都知事が所有権を握るよりも、中国側の反発を和らげられるとの判断があった。ただ、対中配慮に努める野田政権の姿勢が奏功するかは不透明だ。
 「中国は、国が持つのは結構だが、その代わり何もするなと言ってきた。政府はそれに押し切られた」。石原氏は5日、国有化の合意を、政府による「弱腰外交」と批判した。
 石原氏は8月19日に首相と会った際、国に協力する条件として漁船の待避施設などの整備を要求。しかし、4日に石原氏を訪ねた長島昭久首相補佐官は、要求には応じられないと伝えた。尖閣諸島の「開発」は、実効支配を強める動きとして中国を刺激するのは必至。政府としては、日韓関係の深刻化など日本外交が揺らぐ中、中国との関係を悪化させたくないとの思いがある。
 8月末には山口壮外務副大臣が訪中し、戴秉国国務委員(副首相級)と会談。国有化方針に関し、山口氏は「石原氏が所有するのとどちらがいいのか」と尋ね、中国側の理解を得ることに努めたという。国有化はあくまで混乱回避のための措置であり、国有化しても、従来の賃借関係からは「実質的には何も変わらない」(政務三役)とも説明したようだ。
 ただ、中国側は国有化方針を一貫して批判しており、5日には政府と地権者の合意について「違法かつ無効」(洪磊・中国外務省副報道局長)と反発した。今後、中国国内で反発が広がる恐れもある。
 政府は8、9両日にロシア・ウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせた日中首脳会談を調整している。実現すれば、首相が国有化方針を説明するとみられるが、中国も国内世論を意識した対応になるのは確実。双方が原則的な立場を表明し、溝の深さを印象付けるだけで終わる可能性もある。


---日本大使館に突入した男に有罪判決 韓国---
2012/09/05 18:31
http://www.ytv.co.jp/press/mainnews/TI20086236.html

 今年7月、韓国・ソウルの日本大使館にトラックで突っ込んだ韓国人の男に5日、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。
 金昌根被告(62)は今年7月、ソウルの日本大使館に小型トラックで突っ込み、門を壊した暴力行為等処罰法違反の罪に問われていた。
 ソウル中央地裁は5日、「外国公館への暴力行為の罪は軽くない」とする一方で、人的被害がない点や犯行の経緯と動機を考慮するとして、懲役1年の求刑に対し、懲役1年、執行猶予2年の判決を言い渡した。また、猶予期間中は保護観察を受けることを命じた。
 金被告は、日本人の右翼活動家が「竹島は日本の領土だ」と書かれた杭(くい)を日本大使館前の従軍慰安婦像に設置したことに憤慨し、韓国の世論を喚起するためにトラックで突っ込んだなどと無罪を主張していた。


---「日本から適当・不適当言えぬ」 男2人の処分に藤村官房長官---
2012.9.5 15:38
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120905/plc12090515380016-n1.htm

 藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、北京市公安当局が、丹羽宇一郎駐中国大使の乗った公用車を襲撃した男2人を起訴せず、行政拘留処分などにとどめたことについて「中国の国内法に基づいて適用された。そのことを日本から適当か、不適当かという立場ではない」と述べた。


---奪った日本国旗は「遺棄」 男2人の拘留期間満了、釈放へ---
2012.9.5 13:17
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120905/chn12090513180004-n1.htm

 【北京=川越一】丹羽宇一郎駐中国大使の乗った公用車が襲撃され、日本国旗が奪われた事件で、北京市公安当局から治安管理処罰法に基づく行政拘留処分を受けた男2人は5日、5日間の拘留期間満了を受けて釈放される見通しだ。
 拘留処分となっていたのは河北省出身の23歳の男と黒竜江省出身の25歳の男。事件発生から2日後の8月29日に身柄を確保され、31日に処分が下されていた。日中関係筋などによると、2人は奪った国旗を「遺棄した」と供述。公安当局は供述に基づいて国旗を捜索しているというが、発見には至っていないようだ。
 日本国旗を奪うという他国の尊厳を汚す行為を働きながら、事件は軽微な行政処分で済まされた。それにもかかわらず、中国のインターネット上では5日も、「日本人は中国から出て行け」などの過激な反日論が展開されている。


---行政拘留処分の男2人「現下の日中関係に不満を持って…」---
2012.9.4 22:18
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120904/chn12090422190010-n1.htm

 【北京=川越一】北京市公安当局は4日、丹羽宇一郎駐中国大使が乗った公用車を襲撃し、日本国旗を奪ったとして、安徽省ナンバーのBMWに乗っていた河北省出身の23歳と黒竜江省出身の25歳の男に対し、治安管理処罰法に基づき、5日間の行政拘留処分を下したと発表した。同日夕、北京の日本大使館にも処分内容などを伝えた。
 当局の発表によると、23歳の男の名字は「郭」で、25歳の男は「夏」。名前は明らかにされていない。当局は事件発生から2日後の8月29日、河北省滄州市で2人の身柄を確保。事情を聴いたところ、2人が犯行を認めた。2人は動機について、「現下の日中関係に不満を持って行為に及んだ」と供述したという。
 また、公安当局は2人の男とは別に、公用車の走行を妨害した北京市ナンバーのアウディを運転していた27歳の北京市出身の男を警告処分にした。
 沖縄・尖閣諸島問題をめぐって反日感情が高まる中、当局は容疑者を「愛国者」と称賛する国内世論に配慮。犯行は衝動的で計画性はなく、犯罪程度も軽微だとして、刑事事件としての起訴を見送ったとみられる。


---中国・唐元国務委員が丹羽大使襲撃事件を“謝罪”「無礼な振る舞いした」---
2012.8.29 14:35
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120829/chn12082914360004-n1.htm

 【北京=矢板明夫】中国の唐家●(=王へんに旋)元国務委員(中日友好協会会長)は29日、北京市内で開かれた日中関係のシンポジウムで、丹羽宇一郎駐中国大使の公用車が中国人とみられる男に襲撃された事件について「大変無礼な振る舞いをした」と述べ、日本側に対し“謝罪”した。外相、国務委員を歴任した唐氏は、中国の対日政策に大きな影響力を持つ重鎮といわれており、異例の謝罪の言葉には、事件の影響を拡大させたくない中国側の思惑が伺える。
 中国社会科学院が主催した日中関係正常化40周年を記念するシンポジウムでの発言で、公用車を襲撃した男について、唐氏は「愛国者ではなく、害国者(国に被害をもたらす人)だ」とも非難し、中国側が徹底した捜査を行っていることを明らかにした。
 唐氏は一方で、「中日関係を破壊しようとする一部の人たちの企みを認めれば、両国間の平和と安定を保てない」と述べて、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の購入計画を進めている東京都の石原慎太郎知事を暗に批判した。
 このシンポジウムでは丹羽大使が襲撃事件以来、初めて公の場所で発言。丹羽氏はあいさつのなかで、事件のことには直接触れず、「日中間で意見の相違や摩擦は避けられないが、個別な問題で両国関係の大局に影響させないことが必要だ」と述べるに留めた。
 同シンポジウムには、日中両国の政府関係者や学者ら約200人が出席した。


---韓国大使館火炎瓶投げ込み 中国人被告、2審も有罪---
2012.8.23 17:58
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120823/kor12082318000004-n1.htm

 【ソウル=加藤達也】ソウルの日本大使館に1月、火炎瓶を投げ込んだとして実刑判決を受け、昨年末の東京・靖国神社への放火でも犯行を認めている中国籍の劉強被告に対し、ソウル高裁は23日、検察、弁護双方の控訴を棄却、懲役10月の一審判決を支持した。
 劉被告をめぐっては、警視庁が靖国神社事件で逮捕状を取っており、日本政府は日韓犯罪人引き渡し条約に基づき引き渡しを要求した。
 これに対し中国側は7月に訪韓した孟建柱公安相が韓国の権在珍法相に、中国内の反日感情を理由に「外交問題になる」として中国への送還を求めた。
 刑期終了後の韓国政府の対応が注目されている。

0 コメント: