2012年9月10日月曜日

中国海洋局 UAV監視システム導入

中国海洋局が、UAVによる監視システムを導入するようだ。
 国家海洋局は管轄海域の監視を強化するため、無人航空機による監視
システムを導入し、沿海の11の各直轄市・省・自治区に無人機の基地を
1か所ずつ設置、各基地に少なくとも1機の無人機を配備することを決定
した。
将来的には東シナ海や南シナ海にも導入していくとみられる。

無人機
・980平方kmの海域で50cmの精度の航空写真を撮影
・遼寧省、江蘇省で導入し、低空撮影を成功。
・無人機1機のシステム導入に60万~85万元

中国の無人機も、偵察用、攻撃用と種類を増やした。
民生品のヤマハ製RMAXを回収したUAVが話題だったが、最近は、国外製
多種の軍事用無人機を導入とのこと。

米国が尖閣諸島周辺監視に、RQ-4を3機導入することが報道され、中国も
対抗した。RQ-4は非武装とのことだが、中国のUAVが非武装かは不明。
防衛省もRQ-4を南沙諸島警戒強化のために、数台予算を計上との報道も
あったが、未だに、決定しなかったようだ。

尖閣諸島の実効支配は、人的行動が象徴的と思うが、UAVでの監視活動は
かなり弱いと思う。

イージス情報漏洩逮捕はカウンターインテリジェンス
在日米軍に抑止力はあるのか
空母開発
中国の人権侵害に協力する日本政府
中国政府 外国公館排斥容認


中国国家海洋局


中国 偵察活動に使用する高性能無人ヘリを購入し実戦配備


China Pterodactyl I UAV Ground Attack Test


---衛星で尖閣周辺の監視可能に 中国国家海洋局、無人機も導入---
2012.9.3 21:06
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120903/chn12090321070006-n1.htm

 中国国家海洋局は3日までに、海洋観測衛星などによる監視システムを利用し、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)やスカボロー礁(中国名・黄岩島)周辺など中国が領有権を主張する海域の画像を解析できるようになったと明らかにした。同日付の共産党機関紙、人民日報(海外版)が報じた。
 国家海洋局は今後、無人航空機も導入し、監視体制を強化する方針。
 中国科学院南海海洋研究所の唐丹玲研究員は同紙の取材に対し、海水の温度や色の変化などを観測するのが目的と述べる一方で「戦略的国防にとって重要な意義がある」と指摘。海洋権益保護を名目に、日本の海上保安庁の巡視船の動きを把握する狙いもあるとみられる。
 同紙によると、海洋観測衛星はこのほど、尖閣諸島周辺海域など計約500平方キロの範囲の画像を利用して解析できるようになったという。


---尖閣をレーダー範囲内に=権益保護で中国海洋局---
時事通信 9月3日(月)14時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000069-jij-int

 【北京時事】3日付の中国共産党機関紙・人民日報(海外版)によると、中国国家海洋局は同国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)などを、レーダー精度の高い海域動態監視観測システムの範囲内に組み込んだことを明らかにした。
 中国の海洋権益を保護するのが目的で、尖閣諸島周辺海域を警備する日本の海上保安庁の巡視船や漁船、航空機などの動きの把握にも活用されるとみられる。
 尖閣諸島のほか、南シナ海でフィリピンと領有権を争うスカボロー礁(中国名・黄岩島)、ベトナムなども領有権を主張する西沙諸島(英語名・パラセル諸島)も新たにレーダーの範囲内に入った。 


---中国海洋局、無人機による海域監視システム導入---
2012年9月2日20時29分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120902-OYT1T00537.htm

 【北京=大木聖馬】2日付の中国共産党機関紙「人民日報」によると、国家海洋局は管轄海域の監視を強化するため、無人航空機による監視システムを導入し、沿海の11の各直轄市・省・自治区に無人機の基地を1か所ずつ設置、各基地に少なくとも1機の無人機を配備することを決定した。
 将来的には東シナ海や南シナ海にも導入していくとみられる。
 これまで、中国当局は海域の監視の主な手段として、衛星や有人航空機、監視船などを利用。だが、衛星は天候の影響を受けやすく、有人機も人件費がかさむなどの問題があった。
 遼寧省は昨年末、無人機で980平方キロの海域で50センチの精度の航空写真を撮影し、江蘇省でも今年に入り、無人機による低空撮影に成功した。専門家によると、無人機1機のシステムの導入に60万~85万元(約740万~1050万円)かかるという。国家海洋局の于青松・海域管理局長は同紙に対し、「無人機と現有の技術を有機的に結合させれば、海域を総合的に管理、制御する能力を強化できる」と強調している。


---US to deploy drones over Diaoyutais---
Wed, Aug 08, 2012
By J. Michael Cole  /  Staff reporter
http://www.taipeitimes.com/News/front/archives/2012/08/08/2003539722

‘STRONG MESSAGE’:A Japanese defense expert said this was an important step for the alliance’s cooperation and signaled to Beijing that the US stands firmly with Tokyo

The US will use its most advanced unmanned reconnaissance aircraft to monitor Chinese activity in waters surrounding the Diaoyutai Islands (釣魚台), the object of an acrimonious dispute between Beijing and Tokyo, Japanese media are reporting.

The decision was made during a meeting between Japanese Defense Minister Satoshi Morimoto and US Secretary of Defense Leon Panetta at the Pentagon on Sunday, NHK and the Yomiuri Shimbun said, adding that the drones would also conduct surveillance around Okinawa.

At least three unarmed Northrop Grumman RQ-4 Global Hawk drones have been deployed at Andersen Air Force Base on Guam since September 2010, bolstering the operational intelligence capabilities of US forces in the Asia-Pacific.

Operating at an altitude of about 18,000m, the RQ-4 provides near-real-time, long-range intelligence, surveillance and reconnaissance imagery by means of a high-resolution synthetic aperture radar. It played a role in damage assessment following the disaster at Japan’s Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in March last year.

Amid rising tensions between Japan and China over the disputed islets, the Japan Maritime Self-Defense Force has mostly relied on P-3C “Orion” surveillance aircraft to monitor Chinese naval activity in the area.

Taiwan also claims sovereignty over the islands.

Tetsuo Kotani, a fellow at The Japan Institute of International Affairs in Tokyo, said the deployment sends an important message.

“One of the urgent issues for the US-Japan alliance is to enhance intelligence, surveillance and reconnaissance [ISR] cooperation,” he told the Taipei Times yesterday. “The Global Hawk can serve as a symbol of allied ISR cooperation.”

“This is an important step for the alliance and sends a strong message to Beijing that Washington stands firmly with Tokyo,” he said.

Although the US does not officially take a position on the sovereignty dispute, some believe the Diaoyutais fall within the scope of Article 5 of the US-Japan Treaty of Mutual Co-operation and Security.

However, Kotani said Beijing should not misunderstand the real message.

“This is US reassurance to Japan. As long as Japan is reassured by the US, Japan does not have to take provocative actions vis-a-vis Beijing over the Senkakus,” he said. “No country wants to increase the tensions.”

The Diaoyutais are known as the Senkaku Islands in Japan.

During Sunday’s meeting, Panetta and Morimoto also agreed to explore eventual revisions of the Guidelines for Japan-US Defense Cooperation, which govern cooperation between the Japan Self-Defense Forces and the US military during crises.

Passed in 1978, the guidelines were substantially revised in 1997 in response to the North Korean nuclear program.

“We shared the view that it’s important to jointly study and discuss [security matters], taking into consideration changes in the security environment and what Japan-US cooperation should be,” Morimoto told a press conference.

According to the Yomiuri Shimbun, the review will focus on defense cooperation on the Nansei Islands in response to Chinese military expansion and increasing activity in waters surrounding Japan, as well as North Korea’s nuclear and missile development and post-disaster cooperation.

No specific procedures or timeline for the review were discussed.

0 コメント: