2012年10月18日木曜日

米国 中国企業へ経済制裁へ

米国による中国叩きが増えた。
 米国が中国企業を対象に、反ダンピング(不当廉売)課税や取引排除の
「排斥措置」を相次いで打ち出し、中国側が反発している。経済の減速
が続く中、欧州でも米国と同様の動きがあるため、外需がさらに弱まりか
ねないと中国側は危機感を強めている。

米商務省
・太陽光発電機器でダンピングしているとして課税を決めていた中国メー
 カーに対し、反ダンピング税率を最終決定。
 尚徳太陽能電力に反ダンピング税を31.73%かけ、中国政府から受けて
 いた補助金を相殺する関税もかける。

中国商務省
・米国は貿易摩擦をけしかけ、保護主義と新エネルギーの発展を阻害する
 シグナルを全世界に発信した。

中国政府政策
・年間2兆円規模の輸出額のうち四分の三がEU向け
 EUも中国企業に対するダンピング調査を進める。

市場原理を優先と言いながら、経済制裁を行う米国。
いつも選挙前に強化されるようだ。
中国製太陽光パネルの安値攻勢で、米国大手の太陽光パネル製造会社が
破産し、国内で公正な競争ができないと判断して、ダンピング課税導入と
言うことだろうか。

オバマが投入した税金を回収できないまま、企業の一時的な資金運用に
使われた結果となった。

米商務省は、国家資金を投入した中国企業に、資金に応じて課税とのこと
だが、中国政府が企業にどのくらい助成したかの検証はどうやるのだろうか。

中国製エシュロンシステム


---「米が排斥」と中国反発 不当廉売で次々対抗措置---
2012年10月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012101302000098.html

 【北京=新貝憲弘】米国が中国企業を対象に、反ダンピング(不当廉売)課税や取引排除の「排斥措置」を相次いで打ち出し、中国側が反発している。経済の減速が続く中、欧州でも米国と同様の動きがあるため、外需がさらに弱まりかねないと中国側は危機感を強めている。
 米商務省は十日、太陽光発電機器でダンピングしているとして課税を決めていた中国メーカーに対し、反ダンピング税率を最終決定した。大手の尚徳太陽能電力に反ダンピング税を31・73%かけるほか、中国政府から受けていた補助金を相殺する関税もかけるという。
 米側の決定に中国商務省は十一日、「米国は貿易摩擦をけしかけ、保護主義と新エネルギーの発展を阻害するシグナルを全世界に発信した」などと批判、決定を取り消すよう求めた。
 太陽光発電は中国が力を入れる新エネルギーの一つ。年間二兆円規模の輸出額のうち四分の三が欧州連合(EU)向けだが、そのEUも中国企業に対するダンピング調査を進めている。関連中国企業は欧米経済の低迷で厳しい経営が続いており、欧米ともに経済制裁となれば危機的な状況に陥る。
 八日には、米下院情報特別委員会が、中国通信機器大手の華為(ファーウェイ)技術と中興通訊(ZTE)の二社を米市場から排除するよう求める報告書をまとめた。
 特別委は、ファーウェイの創業者が中国人民解放軍出身でスパイ活動を否定する証拠がなく、米国の安全保障上の脅威を与える可能性があるなどとしているが、中国側は「主観的な邪推だ」(中国商務省)などと強く反発している。
 中国共産党機関紙、人民日報は「世界の五大通信機器メーカーに一つも米企業がないことを反省すべきでは」と、米国の保護主義が産業育成を阻害していると批判した。


--- Solyndra Lawsuit Alleges Chinese Firms Conspired To Push Company Out Of Business---
Posted: 10/15/2012 2:11 pm EDT Updated: 10/15/2012 5:00 pm EDT
http://www.huffingtonpost.com/2012/10/15/solyndra-lawsuit_n_1967523.html

Solyndra, the green energy giant that filed for bankruptcy last year, is claiming that three Chinese solar panel firms are responsible for its ruin.

Solyndra is suing China-based Suntech Power Holdings Co., Trina Solar, and Yingli Green Energy Holding Company, alleging that the companies engaged in “attempted monopolization, conspiracy, predatory pricing” and other tactics in an aim to destroy Solyndra, according to the complaint filed in federal court.

As part of the conspiracy, Solyndra alleges the Chinese firms worked with raw material suppliers and lenders to flood the U.S. market with below-cost solar panels. Solyndra is seeking $1.5 billion in damages.

E. L. "Mick" McDaniel, managing director of Suntech America, wrote in an e-mail statement to Bloomberg that the allegations are “baseless.”

"It is obvious that this lawsuit is a misguided effort by Solyndra to find scapegoats for its failure to commercialize its technology at a competitive price point," he wrote.

Solyndra’s claims against the Chinese manufacturers come amid a U.S. crackdown on Chinese solar panel makers. The Commerce Department announced earlier this month that it would impose a tariff of between 24 and 36 percent on most solar panels imported from China, The New York Times reports.

The government determined earlier this year that Chinese companies were taking advantage of U.S. subsidies and selling their panels in America for less than what it cost to make them -- a tactic called dumping, according to the NYT.

Solyndra’s 2011 bankruptcy has become a black eye for the Obama administration, as the company was forced to lay off more than 1,000 workers after getting a $528 million federal loan. Congressional Republicans launched an investigation into the loan and the company’s subsequent bankruptcy shortly after Solyndra folded.

The Solyndra debacle has also provided fodder for Republican presidential candidate Mitt Romney, who made a surprise visit to Solyndra’s headquarters earlier this year, using the space to emphasize his argument that Obama took a gamble with taxpayer money that ultimately failed. Romney also used Solyndra during a debate earlier this month, making the argument that Obama has failed in his promise to create green jobs.

0 コメント: