2012年10月25日木曜日

レバノン 反シリア派デモ

レバノンのテロは、反シリア派を殺害したようだ。
 レバノンで暗殺された治安警察の諜報機関トップ、ウィサム・ハッサン
氏の葬儀が、首都ベイルートで行われた。事件に怒った葬儀参加者が首相
府に向かおうとし、治安部隊が催涙弾などを発射。シリアの内戦に絡み、
レバノンの政治情勢が緊迫化してきた。

反シリア派
・暗殺事件をめぐり、シリアが背後にいると非難。

ミカティ首相
・シリアのアサド大統領や親シリアのシーア派組織ヒズボラと緊密過ぎる。

シリアのおかげで、イスラム教も派閥争いが表面化。
トルコ、ハマスのイスラム教スンニ派、レバノンのイスラム教ドルーズ派
やキリスト教が反シリア勢力として、アラウィ派の親シリア派として対立。
シリアが、レバノンへ集団移住を開始し、侵略。アラウィ派が増加した。
敵の敵は味方により、イスラム教とキリスト教が反シリア勢力として、
一時的に協調する可能性もある。

テロリストがいるから、自動車爆弾か。
シリア内戦で政府軍は窮地。
反シリア派を殺害しなければならなくったようだ。
周辺国に飛び火すれば、もっと窮地になると思う。

シリア 孤立深まるか


レバノンで爆弾テロ80人以上死傷 シリアが関与か(12/10/20)


Lebanon prepares to bury its murdered intelligence chief


---レバノンの国内対立激化、情報機関トップの死で反シリア勢力がデモ---
2012.10.22 Mon posted at 10:01 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35023355.html

 レバノン・ベイルート(CNN) レバノンの首都ベイルートで21日、自動車爆弾の爆発で19日に死亡した反シリアの情報機関トップ、ウィサム・ハッサン氏の葬儀が営まれた。首都中心部では、同氏の死に抗議する反政府デモが暴徒化して治安部隊と衝突し、多数の負傷者が出ている。
 暴徒化したデモ隊は、親シリア路線のミカティ首相の辞任を要求して首相府に押しかけようとし、これを押しとどめようとする警官隊が催涙弾を使用、銃声が鳴り響いた。同国の国営通信によると、この衝突で多数の負傷者が出た。
 小規模のデモはこの日遅くまで続いたが、政府当局者が平静を呼びかける中、こちらは平穏に推移した。しかし衝突の背景にある政治と宗派の根深い対立は収まっていない。
 デモ参加者の多くはイスラム教スンニ派の反シリア勢力で、親シリアのレバノン政府とは長年の対立関係にある。反シリア勢力は、ハッサン氏の暗殺にはシリアのアサド大統領が絡んでいると主張、ミカティ首相が爆弾テロを阻止できなかったことに対して批判を強めている。
 19日の爆発ではハッサン氏のボディーガード1人と、その場に居合わせた1人も死亡した。


---レバノンの反シリア派と治安部隊が衝突、諜報機関トップ暗殺で---
2012年 10月 22日 09:05 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89L00020121022

 [ベイルート 21日 ロイター] レバノンで19日に暗殺された治安警察の諜報機関トップ、ウィサム・ハッサン氏の葬儀が21日、首都ベイルートで行われた。事件に怒った葬儀参加者が首相府に向かおうとし、治安部隊が催涙弾などを発射。シリアの内戦に絡み、レバノンの政治情勢が緊迫化してきた。
 今回の暗殺事件をめぐり、野党指導者や支持者はシリアが背後にいると非難。ミカティ首相がシリアのアサド大統領や親シリアのシーア派組織ヒズボラと緊密過ぎるとも訴えている。
 ハッサン氏の葬儀には数千人が参列し、野党指導者がミカティ首相は退陣すべきだと主張。その後、首相府に向かったデモ隊が兵士や警官と衝突した。
 一方、ミカティ首相は20日、挙国一致内閣の樹立に向けて辞任を申し出たが、政治的な危機解決の話し合いに時間が必要だとするスレイマン大統領から慰留され、受け入れたと明らかにした。


---レバノン治安幹部爆死 政治 宗派対立が激化---
2012年10月21日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012102102000109.html

 【カイロ=今村実】レバノンのベイルートで治安機関幹部ら八人が殺害された事件で、野党勢力は十九日、ミカティ内閣に即時総辞職を要求した。隣国シリアのアサド政権の関与を疑う野党側が、親シリア色の濃い政府への対決色を強めた形だ。反シリア住民による事件への抗議も各地で相次ぎ、シリア内戦がレバノンに深刻な政治、宗派対立を引き起こす事態になった。
 AFP通信によると、イスラム教アラウィ派が中枢を占めるアサド政権に反発するスンニ派の住民は、二十日も各地で道路を封鎖。北部トリポリは付近の道路が遮断され、アラウィ派とスンニ派の銃撃戦や爆発が起きたとの情報もある。
 十九日に発生した自動車爆弾による大規模爆発では、治安機関の幹部ハッサン氏らが死亡、八十六人が負傷した。スンニ派の同氏は二〇〇五年にハリリ前首相の父である元首相の暗殺事件捜査でシリアの関与を指摘するなど、反アサド政権の有力者とみられていた。
 スンニ派政党「未来運動」を率いるハリリ氏は、今回の事件にアサド政権が関与していると公然と批判。同党などでつくる反シリア勢力「三月十四日連合」は、ミカティ首相らに事件の責任があるとして辞任を要求した。
 昨年七月に発足したミカティ内閣は、アサド政権と密接なシーア派組織ヒズボラ系の閣僚が多数を占める。レバノン政界の対立軸となっている「親シリアVS反シリア」勢力の政争が激化すれば、政情は一段と不安定になる可能性がある。
 ミカティ首相は二十日、緊急閣議を開催。ロイター通信によると首相は犯人逮捕に全力を挙げると表明し、ヒズボラも暗殺を非難して関与を否定した。
 国際社会からは、クリントン米国務長官が「レバノンの不安定化を狙う勢力がある」と指摘するなど、シリア問題の波及を懸念する声が相次いでいる。
 レバノンは、シリア同様に各宗派が入り組むモザイク国家で、一九七五年から十五年にわたって内戦が続いた。シリアは長年、レバノンに軍を駐留させるなど、内政に大きな影響力を行使してきた。


---レバノン首相、沈静化要請 テロ受け親・反シリア派に---
2012年10月20日 23時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102001001933.html

 【カイロ共同】レバノンの首都ベイルートで19日、治安警察の情報部門トップで反シリア派のハッサン氏らが死亡したテロを受け、ミカティ首相は20日にテレビ演説し、国内の親・反シリア勢力の双方に沈静化を呼び掛けた。
 シリアの影響を受ける隣国レバノンでは、シリアのアサド政権がテロに関与し、同政権と敵対するハリリ前首相に近いハッサン氏を暗殺したとの疑いが浮上、両勢力の対立が強まっている。


---情報機関トップら8人死亡 レバノンでテロ、78人負傷---
2012年10月20日 09時07分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101901002385.html

 【カイロ共同】レバノンからの報道によると、首都ベイルート中心部の路上で19日、自動車爆弾による大きな爆発があり、同国治安警察の情報部門トップ、ハッサン氏ら少なくとも8人が死亡、78人が負傷した。ハッサン氏の暗殺などを狙ったテロとみられる。
 ハッサン氏はサード・ハリリ前首相に近いとされ、前首相は隣国シリアのアサド政権と敵対、シリア反体制派への支援を呼び掛けている。ハッサン氏の警備が手薄だったとの情報もある。
 治安当局者によると、現場付近はアサド政権と敵対するキリスト教系政党の本部があり、キリスト教徒が多く住むという。近くの学校では子どもを迎えにきた親らが通行していた。


---Angry Lebanese Attempt to Storm Government Offices---
By NEIL MacFARQUHAR and DAVID D. KIRKPATRICK
Published: October 21, 2012
http://www.nytimes.com/2012/10/22/world/middleeast/thousands-gather-in-beirut-for-generals-funeral.html?_r=0

BEIRUT, Lebanon  Lebanon’s jittery composure throughout the long Syrian uprising wobbled but held on Sunday, as political and religious leaders quelled street protests that erupted after the emotional funeral of a security chief whose killing in a car bombing was widely blamed on the Syrian government.

 After the funeral, protesters attempted to storm the Grand Serail, the Ottoman-era garrison in Beirut that houses the offices of Prime Minister Najib Mikati, after his government was denounced at the funeral for being a puppet of Bashar al-Assad’s Syrian administration.

Security forces surrounding the graceful hilltop complex sporadically lobbed tear-gas canisters and fired their guns into the air, breaking up the demonstration. Protest chants included: “Bashar al-Assad is worth as much as a shoe!” and “Hezbollah is a terrorist group!”

The sudden squall exposed the undercurrent of tension buzzing through Lebanon for much of the 19 months since the uprising began against Mr. Assad’s government. The eruption on Sunday reflected a simmering anger over the killing of Sunni civilians in Syria by allies of Mr. Assad’s Alawite sect.

Despite such outbursts and the occasional fights between supporters and opponents here, Lebanon has repeatedly inched back from the brink; leaders from all factions seem conscious that the kindling could easily fuel a conflagration.

Fouad Siniora, a former prime minister and a prominent Sunni Muslim politician, attacked the government during an angry funeral oration, saying, “The Lebanese people won’t accept, after today, the continuation of the government of assassination.”

Within hours, he was back on the airwaves, calling for calm and condemning street protests as no way to try to replace a government. Numerous others made similar calls, including Sheik Muhammad Qabbani, the grand mufti of the Sunni Muslims, who said that “the street is not the way to solve issues.”

The main confrontation around the Grand Serail was over in less than two hours. By nightfall, only about 30 protesters were left, many of them young Syrians, vowing to camp there until the government fell. The security forces blocked off all entrances to the Serail with coils of barbed wire about two yards high.

Only minor injuries were reported from the scuffles in Beirut, but there were scattered reports of more violent episodes and Sunni-Shiite tensions elsewhere in Lebanon, including gun battles in the northern city of Tripoli, with residents and local news broadcasts reporting at least one person killed. Tripoli has a standing fault line between two adjacent neighborhoods, one primarily Sunni Muslim and the other Alawite, the same main factions arrayed against each other in Syria.

In Damascus, Lakhdar Brahimi, the United Nations and Arab League peace envoy in Syria, met with Mr. Assad to try to arrange a short cease-fire for Id al-Adha, the feast of sacrifice that Muslims around the world will celebrate at the end of this week.

But the difficulty in stopping the violence was accented by a car bomb that went off in the square of Bab Tuma, the gateway to a storied neighborhood in the old city. The Syrian state-run news agency, SANA, put the toll at 13 killed and 29 injured, and published photos of a string of blackened vehicles that it blamed on a “terrorist” attack.

Since the uprising began in March 2011, the Lebanese government has pursued a policy of “disassociation,” trying to maintain at least the appearance of neutrality as the Syrian crisis has descended into civil war.

Broadly speaking, the cabinet of Mr. Mikati, also a prominent Sunni Muslim, and his Hezbollah allies remain close to Mr. Assad’s government. The main opposition, a combination of Sunni Muslims, Druse and some Christians, has been outspoken in condemning Syria. Both Hezbollah, a militant Shiite organization, and their staunchest foes, Sunni Muslim jihadists, have dispatched fighters to opposite sides in Syria.

Lebanese politicians of all stripes have long gotten in and out of bed with Syria. Damascus controlled Lebanon as a vassal state for some 30 years before its military and secret police were forced to withdraw in the wake of the huge protests that followed the February 2005 assassination of Rafik Hariri, Lebanon’s leading politician. Afterward, a string of car bomb assassinations like that of the security chief on Friday silenced prominent critics of Syria.

No politician of Mr. Hariri’s stature or charisma has emerged in the opposition - another reason for the anemic anti-Syria protest movement.

Cynical Lebanese also note that some politicians have sunk large investments into real estate ventures. A construction boom, perhaps the biggest since the civil war ended in 1990, is reshaping downtown Beirut into a warren of expensive apartment towers and local branches of Tiffany and Gucci, among many luxury brands. The thinking goes that the politicians do not want all the glitter to go up in flames lest they lose their investments.

Although the rich Persian Gulf tourists those flashy shops are meant to attract are scarce amid the recent tension, shops and cafes not far from the protests seemed to be functioning normally on Sunday.

But thousands of protesters turned up for the funeral of Brig. Gen. Wissam al-Hassan, the Sunni Muslim head of internal security and an outspoken critic of Syria, who died with seven others in a car bomb explosion on Friday. Of the eight killed, only four have been identified.

It is widely suspected that General Hassan’s death was in retaliation for his role in August in the arrest of Michel Samaha, a key Syrian ally here, on charges of plotting sectarian bombings.

After General Hassan’s coffin was borne through the streets, he was buried near the tomb of Mr. Hariri just off Martyrs’ Square in Beirut.

“After this assassination, I feel like my whole country is at risk,” said Michel Matta, an engineer who brought his wife and children down off Mount Lebanon for the funeral. “Every person who calls for Lebanon’s independence ends up in the grave.”

0 コメント: