2012年10月6日土曜日

中国 M60JBを密輸失敗

中国のM60JB密輸計画を阻止した。
 航空宇宙グレードのカーボンファイバーを米国から中国へ不法に輸出
しようとしたとして、中国人のMing Suan Zhangが、ニューヨーク州東部
地区の連邦裁判所に告訴された。法廷で今週明らかにされた刑事告訴状
および宣誓供述書によって判明した。

Ming Suan Zhang
・中国人 男性 40才
・スポーツ機器の製造者で、無実を主張。
・有罪になった場合、20年禁固。

連邦検察
・軍事グレードのカーボンファイバー400万ドル相当を違法に輸出する
 計画の首謀者だった。
・米国側のおとり捜査員に対し、カーボンファイバーは10月5日に実施
 される中国の新しいジェット戦闘機のテスト飛行のために必要な素材
 だと語った。
・保釈無し。

M60JB
・航空宇宙グレードのカーボンファイバーは、特殊で、高価な高分子
 化合物。
・F-22ラプター等軍用機の胴体の建造にも用いられる。
・400万ドルで約2トン分。

密輸計画
・2012年4月25日
 Zhangの共犯者2名が台湾から、「航空宇宙産業や軍事の商品」を扱う
 米国企業(国土安全保障調査部[HSI]によるフロント企業)の関係者に連絡。
 電話会議で、バイヤー2人はおとり捜査員に対し、複数トンのカーボン
 ファイバーを、軍事に関係するので入手に問題があるため、輸出承認の
 取得を回避するために第3国を通す形で米国から中国に輸出したいと語る。
 提案が拒否された時、バイヤーたちはカーボンファイバーを別のものに
 見せかけて通関をごまかせないかと尋ねた。
 確認するため、サンプルが欲しい。
 注文は1-2ton。
 初回出荷は100kg
・2012年5月8日
 秘密捜査員から提示された口座に1,000ドルを入金。
・2012年7月
 訪米し、M60JBのサンプルを渡された。
・2012年7月中旬
 Zhang容疑者とJohn Doeは、電話で、日本からのカーボンファイバー
 入手が難しいと述べた。米国で新しい売り主を見つけた。
 別の秘密捜査員がZhang容疑者に連絡をとり、9月に渡米依頼。
・2012年8月10日
 米国側のおとり捜査員に対し、カーボンファイバーは10月5日に実施
 される中国の新しいジェット戦闘機のテスト飛行のために必要な素材
 だと説明。
・2012年9月中旬
 Zhang容疑者が渡米した時点で逮捕。

HSIによる米国外での違法売買のおとり捜査。見せしめのようだ。
サンプル引渡し時は、逮捕せず、商売になり始めたら逮捕だった。
Ming Suan Zhangが中国人なのか台湾人なのかは不明。
中国人が台湾の会社から取引したのか、台湾人が台湾の会社から取引した
のだろうか。最近増えた親中派の台湾人の報道もあり、詳細は不明。
台湾と米国の経緯から、台湾人が米国を悪用するとは思えないが、月日が
変われば人の心も変わるか。

M60JBは、日本から購入できないとのことだったが、ヤマハ製無人ヘリ
の件もあり、本当に問合せがあり、断られたのかは不明。

東レの製品を見ると、M60系は、引張強度はそれなりだが、密度が高い上、
重量がとても軽い。
ANAによるB787就航の際、CFRPを提供した東レの株価が高騰したが、M60JB
は、CFRPの素材なのだろうか。

世界初のANA
中国海洋局 UAV監視システム導入
米空母3隻 台湾海峡に展開


---中国、ステルス機材調達にも困窮? 軍事用カーボンファイバー密輸計画、米が阻止---
2012.10.2 10:05
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/121002/wir12100210060001-n1.htm

 「新しいステルス戦闘機の材料となる大量のカーボンファイバー」を米国から中国に密輸するという計画を、米国のおとり捜査官チームが阻止した。
 新しいステルス戦闘機を建造する材料とされる大量のカーボンファイバーを中国に密輸するという計画を、米国当局が阻止した。
 9月26日(米国時間)、航空宇宙グレードのカーボンファイバーを米国から中国へ不法に輸出しようとしたとして、中国人のMing Suan Zhang(40歳)が、ニューヨーク州東部地区の連邦裁判所に告訴された。法廷で今週明らかにされた刑事告訴状および宣誓供述書(PDFファイル)によって判明した。
 「New York Times」紙の記事によると、Zhang容疑者はスポーツ機器の製造者で、無実を主張している。しかし連邦検察は、Zhang容疑者は軍事グレードのカーボンファイバー400万ドル相当を違法に輸出する計画の首謀者だったと主張している。さらにZhang容疑者は、米国側のおとり捜査員に対し、カーボンファイバーは10月5日に実施される中国の新しいジェット戦闘機のテスト飛行のために必要な素材だと語ったという。有罪になった場合、Zhang容疑者は20年禁固されることになる。
 航空宇宙グレードのカーボンファイバーは、単なるプラスティックではない。原子力発電所でも使われる特殊な--そして高価な--高分子化合物であり、ステルス戦闘機「F-22 ラプター」など軍用機の胴体の建造にも用いられる。Zhang容疑者が入手しようとしたと検察が主張するカーボンファイバーM60JBの場合、400万ドルで約2トン分になる。
 告発状によると、計画は2012年4月25日に始まった。この日、Zhang容疑者の共犯者2名(告訴されておらず、告訴状では「John Doe」および「Jane Doe」[どちらも仮名]とされている)が台湾から、「航空宇宙産業や軍事の商品」を扱う米国企業の関係者に連絡をとった。しかし、この企業は実は移民関税執行局の調査機関である国土安全保障調査部(HSI)によるフロント企業だった。
 この4月の電話会議で、バイヤー2人はおとり捜査員に対し、複数トンのカーボンファイバーを、輸出承認の取得を回避するために第3国を通す形で米国から中国に輸出したいと語った。彼らはこの際、カーボンファイバーの入手は軍事に関係するので問題があると述べたとされる。第3国を通したいという提案が拒否されたとき、バイヤーたちはカーボンファイバーを別のものに見せかけて通関をごまかせないかと尋ねたという。
 John DoeとJane Doeは5月8日、秘密捜査員から提示された口座に1,000ドルを入金。7月には米国を訪れ、そこでM60JBのサンプルを渡された。
 7月中旬に電話で話をした際に、Zhang容疑者とJohn Doeは日本からのカーボンファイバー入手が難しいと述べ、また、米国で新しい売り主を見つけたことにDoeが言及していた。別の秘密捜査員がZhang容疑者に連絡をとり、9月に渡米させる算段をつけ、Zhang容疑者が渡米した時点で逮捕した。
 米国の国防当局は、「J-20」や最近発覚した「J-21」など、中国の最新ステルス戦闘機を懸念している。しかし、中国が最新の戦闘機に必要な高性能の電子機器はおろか、ジェット戦闘機の「胴体」を作るための高分子化合物の入手にさえ苦労しているのだとすれば、そこまで心配する必要はないのかもしれない。


---Chinese National Charged in NY Stealth Fighter Export Plot---
By Jack Phillips
Epoch Times Staff Created: September 28, 2012 Last Updated: September 30, 2012
http://www.theepochtimes.com/n2/china-news/chinese-national-charged-in-ny-stealth-fighter-export-plot-297830.html

A Chinese national was charged with illegally attempting to secure tons of military-grade, high-tech carbon fiber from the United States to China, where it could be used to potentially manufacture stealth fighter jets.

Ming Suan Zhang, 40, was charged at the federal court in the Eastern District of New York in Brooklyn, according to a criminal complaint, which said he, “together with others, did knowingly, intentionally and willfully attempt[ed] to export from the United States to China items” that are prohibited by the U.S. Department of Commerce.

Zhang got entangled in an elaborate sting operation carried out by federal law enforcement agents. The Americans who were going to sell him the aerospace-grade fiber were actually undercover agents and provided Zhang and two other Taiwanese buyers with a sample of the material.

Later, Zhang apparently told an undercover agent that “he had found an end user for the carbon fiber, and that it was needed for the test flight of a new Chinese fighter jet,” according to the court documents.

Later, he also told the agent that “we need to get a sample to give to the other people” and added, “when I place the order, I place one to two tons. However, the first shipment will be for 100 kilograms.”

Zhang was charged with trying to illegally export aerospace-grade carbon fiber from the U.S. to China and could be sentenced to as long as 20 years in prison.

While making his court appearance in Brooklyn, Zhang professed his innocence via an interpreter and pleaded not guilty, according to the New York Times. He is being held without bail.

Daniel Nobel, his lawyer, said that Zhang merely wanted the fiber for sports equipment, saying that “he’s an honest businessman who was caught in something he didn’t fully understand but he believed to be legal,” the newspaper reported. However, the complaint cited e-mails he sent to the undercover agent saying that he specifically wanted to ship the expensive material to China, where it would be used in fighter planes.

Aerospace-grade carbon fiber, as Wired magazine notes, is an extremely expensive and sophisticated polymer that is used not only to construct the fuselages of planes including the F-22 stealth fighter, but is also used in nuclear plants. Zhang was looking to export around $4 million worth of the fiber.

The two other people suspected of being accomplices to Zhang have not yet been charged. The investigation started in April when a man and a woman from Taiwan sought information on an Internet site claiming to belong to a company that sold aerospace technology, but was really a front for the U.S. Immigration and Customs Enforcement.


---Chinese man charged in NYC carbon fiber sting---
September 26, 2012, 5:21 p.m. ET
http://online.wsj.com/article/AP7c3fca0e9fdf49dbaeb7449dddd9bb9f.html

NEW YORK - A Chinese national was charged Wednesday in U.S. court with trying to broker an illegal deal for large quantities of a restricted high-tech material for military purposes, but prosecutors refused to say where and when he was arrested.

The silence gave an air of mystery to a case arising from rarely publicized efforts by the United States to curtail the black market in carbon fiber.

The defendant, Ming Suan Zhang, made a brief appearance Wednesday afternoon in federal court in Brooklyn on charges he sought the material for a fighter jet in China. A magistrate jailed him without bail.

Afterward, court-appointed defense attorney Daniel Nobel said the government had asked him not to disclose the circumstances of his client's arrest, calling it a "somewhat sensitive matter."

The lawyer described the 40-year-old Zhang as "an honest businessman who was caught up in something he didn't really understand, but what believed was legal." He said Zhang lives in Quanzhou, and works for a company that uses carbon fiber in the manufacturing of sports equipment.

Skis, golf clubs and tennis rackets aside, authorities say higher-grade carbon fiber is a key component in aerospace and nuclear engineering. That's raised fears that the material could pose a risk if it falls into the hands of military foes or terrorists - and made it the subject of tight Department of Commerce regulations.

A criminal complaint accuses Zhang of contacting two Taiwanese accomplices who already were under investigation this year about buying specialized carbon fiber without an export license.

"When I place the order, I place one to two tons," Zhang allegedly told one of the cohorts in a conversation intercepted in July. The complaint says one ton has a price tag of about $2 million.

An undercover U.S. agent posing as a seller of carbon fiber later emailed Zhang, inviting him to the United States to meet about a possible deal. On Aug. 10, Zhang told the agent that he was the middleman for a customer that "needed a sample of the carbon fiber because it would be used for the test flight of a 'fighter plane' on Oct. 5, 2012," the complaint says.

Zhang also informed the agent he was planning to travel to the United States the second week of September. What happened to him thereafter was unclear.

Prosecutors wouldn't discuss the arrest, Robert Nardoza, a spokesman for the U.S. Attorney's office in Brooklyn, said Wednesday.

0 コメント: