2012年11月15日木曜日

不倫議員が代表に立候補宣言

不倫議員が代表に立候補するようだ。
不倫相手が結婚し、子供もできれば、以前のような呼称は難しい。
不倫議員や隠し子議員は多いが、発覚してから代表に立候補する程、恥
知らずな人を見たことがない。他人に嘘をつき、家族を騙した人を議員と
して選出した有権者も恥を知らないのだろうか。

不倫議員は、不倫しか能力がないのに代表に立候補して何をするのだろうか。
唯一できることは、少子化対策のみと思う。
仏や北欧のような従来の結婚制度を破棄し、浮気し放題による出生率上昇
だろう。
DNA検査で、親族関係を確認してから、恋愛をすると言う将来になるかも
しれない。

茨城県を原発のいけにえにして、代表に立候補宣言は、何を考えているのか。
不倫議員が評判悪いのはどこも同じと思う。

野ブ田とモナ野
次期総理候補の思考力
原子力ムラの完全支配は今も継続
原発のいけにえ 茨城県か


細野 豪志 衆議院議員 in 日本アカデメイア(11月12日)13:48-


---民主・細野氏「国背負う準備、始める」---
2012/11/12-11:37
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%ba%d9%cc%ee&k=201211/2012111200305

 民主党の細野豪志政調会長は12日朝、都内で行った講演で、「国を背負っていく人間が持つべき内政外交のビジョン、それを遂行する人間関係のネットワークをつくらないといけない。その準備を始めたい」と述べ、将来の代表選出馬に改めて意欲を示した。 
 細野氏は「どうしても首相にならないといけないと思っているわけではない」とする一方、「私のような人間が何人かいないと、この国は本当に駄目になる。今の永田町を見て、国政を担う態勢を整えている政治家が少ない」と語った。


---「不倫されたような方が…」 民主報告会で細野氏に批判---
2012年11月10日20時47分
http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY201211100610.html

 「30、40代の女性は、不倫をされたような方が表に出るのをよく思っていない」。民主党が10日から始めた政策進捗(しんちょく)報告会の福岡市の会場で、参加した女性が冒頭にビデオで登場した細野豪志政調会長を厳しく批判する一幕があった。
 細野氏は2006年、写真週刊誌に女性キャスターとの不倫を報じられた。女性は「もう少し信頼感のある方を表に出してほしいと思った。党内でどう(支持が)あっても、みんなはそう思っていないことをわかってもらいたい」と指摘。出席した野田佳彦首相は何も答えなかった。

0 コメント: