2012年11月28日水曜日

選挙は消費か

選挙の公示が近づき、離合集散が繰返され、政党不信。
「個人を見極めましょう」とするメディアが多い。

「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」の(元?)代表の提案
により、人ではなくマニュフェスト(選挙公約の一部)で候補者を選ぶ運動
で投票しようとする運動があったが廃れた。

買収による選挙違反や業界団体との裏取引の報道、知名度の高い人の当選、
選挙公約は守らないが繰返され、投票は、人ではなく、マニュフェストが
流行した。
政党は、選挙公約はマニュフェストと言う思想に変換し、結果、今では
悪名高い政治用語になってしまい、使う人は多くない。

最近、政策調査をマスメディアに頼る傾向がより強くなった。
政策不信の上、乱立した政党により、調査が面倒な(できない?)マスメディ
アは、選挙に消費行動分析の「ジャムの法則(Sheena Iyengar)」を持出し、
ごまかし始めた。
マスメディアからすれば、選挙情報は、販売され消費の一部かもしれないが、
投票者からみると選挙は、いつでも捨てられる消費なのだろうか。
消費であれば、自民党や民主党であろうが、いつでも捨てられるのに、なぜ
政策を比較するのか。
昔、「日本は総理大臣を大量生産」と記載した米紙を思い出す。

乱立した政党で、話題になる人は、「せんたく」運動家が多い。
新自由主義を中心として政策を発表。今では、新自由主義政策が無かったか
のように振舞う人が多い。

「先生と呼ばれる程の馬鹿で無し」と言う言葉がある、先生と呼ばれる職業
は、政治家はもちろん、弁護士、教諭、小説家、医師等。
最近の議員で、嘘つきと呼ばれている多くの人の元職は先生。
利権が寄ってくるのか。

Sheena Iyengar

第二自民党 発足
石原一門 金がかかるんだったら殺してしまえ
関西広域連合 自治体責任放棄か
野ブ田 退職者層切捨てへ

0 コメント: