2012年11月9日金曜日

嘘つき規制が必要か

政府が、規制強化を始めた。
 田中真紀子文部科学相が秋田公立美術大など3大学の新設を不認可と判断
した問題で、文科省は、3大学の来春開学を正式に認可した。田中文科相が
決裁し、各大学に電話で伝えたが、各大学は手渡しでの通知を求めており、
同省は日程調整する。

騒動大学
・秋田公立美術大
・札幌保健医療大
・岡崎女子大

大学設置・学校法人審議会
・教育課程や財産状況などを約7カ月間かけて審査した結果、法令上問題
 ないとして認可答申。

田中真紀子
・大学の設置認可手続きを厳格化する考えを表明し「見直しを先送りに
 したままの新設は認められない」として不認可。
・「現行制度にのっとり適切に対応する」として新設を認可。

規制緩和で、大学が乱立し、質が落ちたとの評価が多い。
しかし、申請した大学の経営方針や教育方針は絵に描いただけに過ぎず、
実現していない。何を見て質と評価したのか不明との説もある。

政府要人らは、以前のように規制強化をすれば大学の質は上がると言うが
本当だろうか。
規制強化時代に創立した東京大学や東京医科歯科大学は、iPS捏造に一部
関与していたし、現大臣らは、大学出身者が多いが、本当に質が高いの
だろうか。

一般教養を大学で再教育、入学生減少等、従来の専門性を高めるはずの
大学の教育とは異なる。

給料や休暇等の待遇が良いサラリーマンが好まれ、職人のような職業は
相変わらず、好まれない傾向にある。

大学を経営するために、受け入れた学生のほとんどが外国留学生だったり、
何年も新入生無しと言う大学は閉校になったようだ。
創立のために規制しても、経営の監視が弱いようで、閉校になると思う。

外務大臣時代に嘘つきで罷免されたが、文科大臣でも変わらないようだ。
人生が長いと性格を変えるのは難しいだろう。
立法が本当に規制するのは、ウソつきだと思う。

二代目パー大臣
父ちゃんの重荷
ペイリンvs田中直紀
落第で転校したUn Pak
中国政府 外国公館排斥容認幹細胞で捏造
iPS便乗報道で処分


---3大学新設を正式認可 田中文科相が決裁---
2012.11.8 12:51
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121108/edc12110812140000-n1.htm

 田中真紀子文部科学相が秋田公立美術大(秋田市)など3大学の新設を不認可と判断した問題で、文科省は8日、3大学の来春開学を正式に認可した。田中文科相が決裁し、各大学に電話で伝えたが、各大学は手渡しでの通知を求めており、同省は日程調整する。
 田中文科相の突然の不認可判断から1週間。各大学は遅れていた生徒募集など開学に向けた準備をようやく本格化させる。
 ほかの2校は、札幌保健医療大(札幌市)と岡崎女子大(愛知県岡崎市)。
 3大学をめぐっては、公私立大の設置を審査する大学設置・学校法人審議会が教育課程や財産状況などを約7カ月間かけて審査した結果、今月1日、法令上問題ないとして認可答申。
 通常、認可権限を持つ文科相は答申を尊重して認可するが、田中文科相は2日、大学の設置認可手続きを厳格化する考えを表明し「見直しを先送りにしたままの新設は認められない」として不認可とした。
 この判断に対し、3校側は猛反発し、国会でも与野党双方から反対論が噴出。田中文科相は7日の衆院文部科学委員会で「現行制度にのっとり適切に対応する」と述べ、一転して新設を認可する方針に転じた。


---田中文科相:美術大認可へ 朗報に「良かった」 学生「安心した」「あきれた」 /秋田---
毎日新聞 2012年11月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/akita/news/20121108ddlk05040277000c.html

 「良かった……」。田中真紀子文部科学相が7日午後の衆院文部科学委員会で、秋田公立美術大など3大学の新設について、これまでの不認可判断を一転させ、認可する考えを表明。来春の開学が可能となった。同日朝から政党幹部や文科省などを訪れ不認可撤回を要請していた穂積志秋田市長や樋田豊次郎・秋田公立美術工芸短大学長らは、朗報を受けて一様にほっとした表情を見せた。一方、地元では短大生から「いったい何だったのか」と憤る声も。大学側は今後、入試など開学に向けた手続きの再開を急ぐ。【小林洋子、仲田力行、坂本太郎】

◇穂積・秋田市長「世論、大きな力に」
 「(認可を)断言したんですか? 文書見てないから--」。7日午後5時ごろ、笠浩史・副文科相に大学設置の不認可撤回を申し入れた後、記者団に囲まれていた穂積市長は、田中文科相がこれまでの判断を覆し認可すると表明したという知らせを受け、驚きの声を上げた。
 寺田学衆院議員から差し出された携帯電話の画面を見てニュースを確認すると「(進学を考えていた)子供にとっても非常にありがたいこと。本当に動揺したと思うが、美大に来てほしい。世論が大きな力になった」と頬を緩めた。険しかった関係者らの表情も一気に明るくなった。
 前日から上京していた樋田学長も「ほっとした」と息をついたが、「(設置認可の)紙をもらうまでは緊張を緩めない」と気を引き締めた。
 穂積市長や樋田学長、小木田喜美雄・市議会議長ら一行は7日早朝から大学の設置不認可の撤回を求め、与野党幹部や文科省を訪問。午前中に面会した民主党の輿石東幹事長と細野豪志政調会長は「もう少し時間をください。文科省、政府、内閣、政党とのすりあわせがある。長い時間ではない」と話したといい、穂積市長は「(感触は)多少あった」と手応えを語った。
 午後は衆院文部科学委員会を傍聴したほか、他大学の関係者とともに笠副文科相と面会、要望書などを手渡した。笠副文科相は「ご迷惑をかけたことをおわび申し上げたい」と陳謝した上で、同委員会で田中文科相が3大学の認可について「現行の制度にのっとって適切に対応する」と発言したことを紹介した。
 笠副文科相との面会後、穂積市長は記者団に対し「一番犠牲になったのは子供。何人かはすでに進路を変え、自分の人生が思い通りに行かなかった。その責任は大きい」と厳しい批判を展開。認可の知らせが入ったのは、そのさなかだった。
 樋田学長によると、大学の推薦入試などは募集期間を1週間ずらし、試験日は変えずに調整を進めるという。一般入試には影響がない。
 穂積市長は、田中文科相が大学の数や質について問題提起したことについては「問題意識は我々も同じ」としながらも、「現場を混乱させた影響は大きい。日本の文部行政をつかさどる者としてもっと慎重にしてもらわないと」と注文をつけた。

◇「軽はずみ発言」 学生、文科相批判
 不認可から一転、4年制化が認定されたという知らせに、秋田市の秋田公立美術工芸短大キャンパスでは、「安心した」との声もある一方、あきれるという声も聞かれた。
 4年制に移行後、3年次への編入を目指していたという2年の女子学生は「先が見えず不安で、他の大学を探したり就職も考えていた。他の大学よりなじんでいるこの大学に進みたかったので安心した」とほっとした様子。
 1年の男子学生は「そうなるのが普通じゃないですか」とあきれた様子で話し、「オープンキャンパスが中止になったり大学が混乱し、とても迷惑を受けた」と話した。
 2年の女子学生は「あっけにとられた感じ。新基準の話は何だったのか。(田中真紀子文科相は)周囲にも相談せず、軽はずみな発言だったと思う。受験生はただでさえ不安な時期なのに、不安を余計に大きくしてほしくない。今まで政治にはそれほど関心が無かったが、今回のことで印象が悪くなった」と憤った。


---田中文科相「3大学はいい宣伝になった」---
2012.11.7 22:02
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121107/plc12110722030014-n1.htm

 「今回(の騒動が)逆にいい宣伝になって4、5年間はブームになるかもしれない」
 田中真紀子文部科学相は7日、不認可としながら一転して新設を認めた秋田公立美術大(秋田市)など3大学について、首相官邸でこう語った。不適切な発言との批判が出そうだ。
 3大学への認可通知は「事務的に(行う)」とし、突然の不認可判断に始まる今回の混乱について自ら大学側に説明するかは明らかにしなかった。
 いったんは不認可とした判断については「私には日本の教育のあるべき姿についてイメージがあり、文科相を拝命して(役所の)中からだったらブレークスルー(突破口)をつくれると思った」と説明した。
 さらに「(大学の)経営者が代わって、借金ができたりしないように応援しないといけない」とも指摘した。

0 コメント: