2012年12月17日月曜日

名義貸し口座 罰金100万円

名義貸し口座の罰金は100万円だった。
 今年5月にヨーロッパで発生した誘拐事件で得た約1億8136万円の犯罪
収益を隠したとして、横浜区検は、中国籍で横浜市泉区、会社役員秦耕
耘容疑者(25)を組織犯罪処罰法違反で横浜簡裁に略式起訴した。

横浜簡裁
・罰金100万円の略式命令。
・誘拐事件の身代金として、神奈川県大和市の金融機関に開設された
 容疑者の会社名義の口座に送金された計約1億8136万円について、犯罪
 収益と認識しながら、金融機関に「商取引の手付金だ」などと虚偽の
 説明をし、正当な事業収益であるように装った。

名義貸し口座に1億8千万円が送金され管理した場合、罰金は100万円。
送金先に問題があったから、罰金100万円だが、そうでなかった場合、
個人でも法人でも税金は高いだろう。

名義貸し口座に送金された身代金を警察は没収するだろうが、その後
は、被害者に返却するのだろうか。スイス・米国等では半分程度しか
返却されないとの報道があったが、どうなっているのだろう。

振込め詐欺 偽造判決文作成
米財務省 YAKUZAに経済制裁
誘拐身代金の資金洗浄か


---欧州の誘拐身代金1億8千万円隠す…中国人罰金---
2012年12月11日08時32分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121210-OYT1T01414.htm?from=navr

 今年5月にヨーロッパで発生した誘拐事件で得た約1億8136万円の犯罪収益を隠したとして、横浜区検は10日、中国籍で横浜市泉区、会社役員秦耕耘容疑者(25)を組織犯罪処罰法違反で横浜簡裁に略式起訴した。
 同簡裁は同日、罰金100万円の略式命令を出した。起訴状によると、秦容疑者は5月14~15日、誘拐事件の身代金として、神奈川県大和市の金融機関に開設された秦容疑者の会社名義の口座に送金された計約1億8136万円について、犯罪収益と認識しながら、金融機関に「商取引の手付金だ」などと虚偽の説明をし、正当な事業収益であるように装ったとされる。


---欧州の誘拐身代金隠す 資金洗浄で中国籍の男に罰金100万円 横浜区検---
2012.12.11 22:43
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121211/kng12121122440010-n1.htm

 今年5月に欧州で起きた中国人の誘拐事件に絡み、身代金のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして、横浜区検は、組織犯罪処罰法違反罪で、中国籍でリサイクル会社の秦耕耘社長(25)=横浜市泉区=を横浜簡裁に略式起訴した。10日付。同簡裁は同日、罰金100万円の略式命令を出した。
 起訴状によると、5月14、15日、誘拐事件の身代金として自分の会社名義の口座に送金された計約1億8136万円について、犯罪収益と知りながら、金融機関に「商取引の手付金」などと嘘の説明をし、正当な事業費だと装ったとしている。

0 コメント: