2012年12月7日金曜日

尖閣安保保険

米国が尖閣安保を進めた。
 米上院は、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島が、日本防衛義務
を定めた日米安保条約の適用対象であることを明記した追加条項を2013会計
年度(12年10月~13年9月)国防権限法案に盛り込むことを決めた。

米上院全会一致で可決した追加条項
・尖閣諸島の領有権に関し特定の立場を取らないが、日本の施政下にある
 ことを認識している。
・この認識は第三者の一方的な行動により影響を受けない。
・提案者の一人、ウェッブ議員(民主党)
 尖閣諸島に対する日本の施政権を脅かすいかなる試みにも、米国は断固
 として対抗する姿勢を示した。
・イランの核開発問題で同国に対する経済制裁を強化。
 核兵器開発への関与が疑われる港湾、運輸、造船関連の団体を新たに
 制裁対象。

日米安保闘争は大昔。
今では、日本の国会議員の一部が、日米安保を利用し、米軍に尖閣諸島
侵略への保険をかけたようだ。
以前、米国は、日米安保による用心棒代を要求した話があったが、尖閣
安保保険代はどうなのだろうか。

アラブの春以降、国外の選挙に工作する米国。
山口県知事選のオスプレイ配備や衆院選の尖閣安保保険引受け、オスプ
レイの本格運用等は、誰が見ても選挙に影響を与える。自民党時代は、
さすがに目立たなかったが民主党時代になってから、目立つようになった。
一票の格差だけでなく、法規制が出来ない国外からの工作を含め、公平
な選挙をしなくて良いのだろうか。

山口県知事選 オスプレイ対脱原発
選挙対策 尖閣諸島、米国
ムラの展開
NYT 尖閣広告と温家宝蓄財疑惑
嘘つきへ投票か


---オスプレイ:本格運用段階…在日米軍司令官が会見---
毎日新聞 2012年12月06日 19時31分
http://mainichi.jp/select/news/20121207k0000m010046000c.html

 在日米軍のアンジェレラ司令官は6日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備した垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて「安全に運用を始めて2カ月が経過し、完全な運用能力を保持するレベルに到達することができた」と述べ、本格運用の段階に入ったことを明らかにした。
 配備された12機のうち3機は日本国外での軍事演習に初参加するためグアムに派遣。今後、本州、四国、九州の計6ルートで予定している低空飛行訓練にも着手する方針だが、司令官は開始時期は明言しなかった。
 また、オスプレイの運用ルールが守られていないとの批判が沖縄県などで強まっていることについて、司令官は「合意事項を順守していると信じている。沖縄の皆さんに直接説明したい」と語った。【西田進一郎】


---尖閣対応、海保の体制強化を明記…海洋基本計画---
2012年12月4日13時24分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121204-OYT1T00348.htm?from=ylist

 政府の新たな海洋基本計画の骨子案が3日、明らかになった。
 沖縄県・尖閣諸島周辺海域で相次ぐ中国公船の領海侵犯を踏まえ、海上保安庁の体制強化を明記するなど、東シナ海での海洋進出を強める中国をけん制する内容となっている。5日に公表する予定だ。
 基本計画は、2013年度から17年度までの5か年にわたる国の海洋政策の指針となる。
 骨子案では、海洋政策で重点的に取り組む7分野として、「海洋の安全の確保」や「海洋に関する国際的協調」などを柱に据えた。「海洋の安全の確保」では、尖閣諸島への対応を念頭に、「領海侵入する外国公船への対応を強化するため、必要となる海上保安体制の強化」を掲げた。「我が国周辺海域、シーレーン(海上交通路)や離島の安全を確保するための取り組みを強化」することも盛り込んだ。


---中国「断固反対する」…米上院の尖閣安保適用に---
2012年12月4日08時09分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121203-OYT1T00967.htm

 【北京=五十嵐文】中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は3日の定例記者会見で、米上院が日米安全保障条約の尖閣諸島への適用を確認した国防権限法案の修正案を可決したことについて、「断固として反対する」と述べた。
 洪氏は「米国は(尖閣問題で)一貫して特定の立場を取らないと表明してきた。米国には言行一致を期待する」と述べ、米国が介入しないよう強く求めた。


---中国が尖閣への安保適用を批判-新華社---
更新日時: 2012/12/03 10:40 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MEFJOS6JTSEG01.html

 12月2日(ブルームバーグ):中国国営の新華社通信は、米上院が先週、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを再確認する条項を追加した2013会計年度(12年10月-13年9月)国防権限法案の修正案を可決したことについて、「火に油を注ぐ」行為だと批判した。
 新華社は無署名の英語の論評記事で、同法案はまだ米下院の承認を受けておらず、オバマ大統領も署名していないが、日本の保守派をつけあがらせる可能性があると指摘した。
 新華社はまた、修正案は日中間の領土対立が先鋭化するのを米上院が望んでいるとの「憂慮すべきメッセージ」を世界に発信するとも主張した。


---「尖閣は日米安保の対象」 米上院、法案に明記---
2012年12月1日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012120102000231.html

 【ワシントン=竹内洋一】米上院は二十九日、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島が、日本防衛義務を定めた日米安保条約の適用対象であることを明記した追加条項を二〇一三会計年度(一二年十月~一三年九月)国防権限法案に盛り込むことを決めた。
 追加条項は「尖閣諸島の領有権に関し特定の立場を取らないが、日本の施政下にあることを認識している」と表明。さらに、「この認識は第三者の一方的な行動により影響を受けない」と中国をけん制した。
 提案者の一人、ウェッブ議員(民主党)は声明で「尖閣諸島に対する日本の施政権を脅かすいかなる試みにも、米国は断固として対抗する姿勢を示した」と説明した。
 また、上院は三十日、イランの核開発問題で同国に対する経済制裁を強化する追加条項も、同法案に盛り込むことを決めた。核兵器開発への関与が疑われる港湾、運輸、造船関連の団体を新たに制裁対象に追加した。
 上院は追加条項を加えた法案全体を近く可決し、下院との調整に入る。オバマ大統領の署名を経て成立する。


---日米安保条約の適用範囲に尖閣諸島含む-米上院が全会一致---
更新日時: 2012/12/01 01:18 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MEB62H6TTDT001.html

 11月30日(ブルームバーグ):米上院は日米安全保障条約の適用範囲に尖閣諸島を含むことをあらためて明記する条項を全会一致で承認した。ウェブ上院議員(民主党、バージニア州)が声明で発表した。
 ウェブ議員は「過去数年間、中国は東シナ海の尖閣諸島や南シナ海の広範な地域についての主張を一段と強める行動に出ている」と指摘した上で、「今回の決定は米国が日本の尖閣諸島の施政権を認識し、この立場は脅威や抑圧、軍事行為によって変わらないことを明示するものだ」と述べた。


---沖縄・尖閣諸島:安保の範囲 米上院、条項採択---
毎日新聞 2012年12月01日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/news/20121201ddm007030140000c.html

 【ワシントン古本陽荘】米上院は29日の本会議で、13会計年度(12年10月-13年9月)の国防権限法案に、沖縄・尖閣諸島が日米安全保障条約5条の適用範囲であることを盛り込む修正条項を全会一致で採択した。
 条項は「尖閣諸島が日本の行政権の下にあるという米国の認識が第三国による一方的な行動で変更されることはない」と明言し、中国をけん制。「米国は日本の行政権の及ぶ領域が侵略された場合は日米安保条約5条の条約上の義務を持つことを再確認する」と記し、尖閣諸島が安保条約の適用範囲であることを上院の判断として明確にした。一方で「最終的な尖閣諸島をめぐる領域問題の解決においては、いずれかの国を支援する立場はとらない」と米政府の基本方針を追認する文言も盛り込んだ。


---米上院「尖閣に安保適用」全会一致…中国けん制---
2012年11月30日20時04分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121130-OYT1T01080.htm

 【ワシントン=山口香子】米上院は11月29日の本会議で、沖縄県の尖閣諸島が日本の施政下にあり、また、日米安全保障条約の適用対象であることを確認する条項などを、2013会計年度(12年10月~13年9月)国防権限法案に追加する修正案を全会一致で可決した。
 同様の立場を明確にしているオバマ政権と歩調を合わせることで、中国をけん制する狙いがある。
 修正案は、アジア太平洋の外交・安全保障に関心が高いジェームズ・ウェッブ議員(民主党)が主導し、共和党の重鎮ジョン・マケイン議員らと共同提案した。
 中国を念頭に、「第三者による一方的行動は、尖閣諸島における日本の施政権を認めるという米国の判断にいかなる影響も与えない」との文言を明記。米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約5条が尖閣諸島に適用されるとの米政府の立場についても「(同)条約に基づく日本政府への責任を再確認する」とした。
 さらに、尖閣諸島海域を含む東シナ海を「アジア太平洋すべての国に利益をもたらす重要なシーレーン(海上交通路)」と位置づけ、「航行の自由」を守ることが米国の国益にかなうとした。


---U.S. Senate Approves Webb Amendment to Reaffirm U.S. Commitment to Japan on the Senkaku Islands---
November 30, 2012
http://globalbalita.com/2012/11/30/u-s-senate-approves-webb-amendment-to-reaffirm-u-s-commitment-to-japan-on-the-senkaku-islands/

Washington D.C. Thursday night in Washington, the U.S. Senate unanimously approved an amendment offered by Senator Jim Webb (D-Va.) to reaffirm the United States’ commitment to Japan under Article V of the Treaty of Mutual Cooperation and Security, and to firmly counter any attempts to challenge Japan’s administration of the Senkaku Islands. Senators James Inhofe (R-Okla.), Joe Lieberman (I-Conn.), and John McCain (R-Ariz.) cosponsored the amendment to the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2013.

“This amendment is a strong statement of support for a vital ally in Pacific Asia,” said Senator Webb. “Over the past several years, China has taken increasingly aggressive actions to assert its claim over the Senkaku Islands in the East China Sea and in a broad expanse of the South China Sea. This amendment unequivocally states that the United States acknowledges the administration of Japan over the Senkaku Islands, and that this position will not be changed through threats, coercion, or military action.”

The amendment reiterated the U.S. national interest in freedom of navigation, peace and stability, respect for international law, and unimpeded lawful commerce. It also noted U.S. opposition to any efforts to coerce, threaten to use force, or use force to resolve territorial issues. The amendment concludes by reaffirming the commitment of the United States to the defense of territories under the administration of Japan, as stated in Article V of the Treaty.

Senator Webb has expressed concerns over maritime territorial disputes in this region for more than 16 years. His first hearing upon assuming chairmanship of the Senate Foreign Relations East Asian and Pacific Affairs Subcommittee was on maritime territorial disputes in Asia in July 2009. He revisited this issue in the subcommittee in September 2012.

Senator Webb has worked and traveled throughout East Asia and Southeast Asia for more than four decades-as a Marine Corps Officer, a defense planner, a journalist, a novelist, a senior official in the Department of Defense, Secretary of the Navy, and as a business consultant.

The text of the amendment is as follows:

SEC. 1246. SENSE OF THE SENATE ON THE SITUATION IN THE SENKAKU ISLANDS.

It is the sense of the Senate that-

(1) the East China Sea is a vital part of the maritime commons of Asia, including critical sea lanes of communication and commerce that benefit all nations of the Asia-Pacific region;

(2) the peaceful settlement of territorial and jurisdictional disputes in the East China Sea requires the exercise of self-restraint by all parties in the conduct of activities that would complicate or escalate disputes and destabilize the region, and differences should be handled in a constructive manner consistent with universally recognized principles of customary international law;

(3) while the United States takes no position on the ultimate sovereignty of the Senkaku islands, the United States acknowledges the administration of Japan over the Senkaku Islands;

(4) the unilateral actions of a third party will not affect United States acknowledgement of the administration of Japan over the Senkaku Islands;

(5) the United States has national interests in freedom of navigation, the maintenance of peace and stability, respect for international law, and unimpeded lawful commerce;

(6) the United States supports a collaborative diplomatic process by claimants to resolve territorial disputes without coercion, and opposes efforts at coercion, the threat of use of force, or use of force by any claimant in seeking to resolve sovereignty and territorial issues in the East China Sea; and

(7) the United States reaffirms its commitment to the Government of Japan under Article V of the Treaty of Mutual Cooperation and Security that “[e]ach Party recognizes that an armed attack against either Party in the territories under the administration of Japan would be dangerous to its own peace and safety and declares that it would act to meet the common danger in accordance with its constitutional provisions and processes”.


---U.S. Not Neutral in Island Dispute, Armitage Told Beijing---
November 29, 2012, 11:57 AM HKT
By Peter Landers
http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2012/11/29/u-s-not-neutral-in-island-dispute-armitage-told-beijing/

The U.S. isn’t saying who it thinks has legal sovereignty over islands disputed by Japan and China in the East China Sea, but don’t mistake that stand for neutrality, says former Deputy Secretary of State Richard Armitage.

Mr. Armitage traveled with a delegation of ex-U.S. officials to both countries in late October at the behest of the State Department to convey U.S. concerns about the way the dispute had flared up.

“We’re not neutral when our ally is a victim of coercion or aggression or intimidation,” said Mr. Armitage in an interview, referring to Japan.

Ties between Tokyo and Beijing have been strained since Japan purchased some of the disputed islands in the East China Sea, known as the Senkaku in Japanese and Diaoyu in Chinese, back in September.

Mr. Armitage said his group had to overcome some misunderstandings in Beijing over the fact the U.S. has not pronounced its position on the question of sovereignty.

“They would say, ‘We appreciate your neutrality,’ and we [would say], ‘We’re not neutral. We just haven’t declared one way or the other.’”

The language of the U.S.-Japan Security Treaty means “the United States has responsibilities for the defense of the Senkakus,” Mr. Armitage said. “That would hardly make us neutral.”

He said the group, which also included Harvard Prof. Joseph Nye, former U.S. diplomat James Steinberg and former National Security Adviser Stephen Hadley, advised both sides to keep cool heads and develop lines of communication between the two nations to prevent misunderstandings in a crisis. The advice seems to have had some effect, he said.

“It is my opinion that from the time of our trip until now, there has been a lowering of the temperature and certainly a lowering of the rhetoric, and that’s not a bad thing,” he said.

Still, he predicted that a more permanent solution will have to wait until next year, after Japan’s general election on Dec. 16 and the completion of China’s leadership transition in March. “From now to then, I think the best we can do is to keep a lid on it and keep people calm and rational,” he said.

Former Japanese Prime Minister Shinzo Abe is seen as the favorite to return to the top job after Japan’s election. Mr. Abe may not be as much of a right-wing hawk in office as he is sometimes portrayed, said Mr. Armitage, who has been involved in East Asian affairs for more than 40 years, starting with U.S. Navy service in Vietnam.

“Although he came in to the previous prime minister job with a reputation for great conservatism, he actually governed quite pragmatically, and I look forward to that,” said Mr. Armitage, observing that Mr. Abe chose not to visit Yasukuni Shrine as prime minister, although he had done so earlier.

China has objected whenever top Japanese politicians visit the shrine, which serves as a memorial to Japanese war dead including some war criminals.

Mr. Abe visited the shrine in October after returning to the helm of the Liberal Democratic Party the previous month.

0 コメント: