2013年1月31日木曜日

米財務省 稲川会へ金融制裁

米財務省が稲川会へ金融制裁をした。
 米財務省は、指定暴力団稲川会と清田次郎会長、内堀和雄理事長に対し、
国際的な犯罪行為に関わっているとして、米国内の資産を凍結する金融制
裁を科すと発表した。

米財務省
・稲川会について、世界最大の犯罪集団である「Yakuza」で3番目に大きい
 と表現。
・武器や麻薬の密売、売春、人身売買、資金洗浄に関与しており、清田会
 長と内堀理事長は組織の方針を指示する重要な役割を果たし、山口組と
 の連携を強めていると指摘。

オバマ
・7万人以上の構成員の約72.4%が制裁対象に指定された3団体に所属。

Camorra(伊)
2010年01月 リーダのMichele Zagaria不在のまま終身刑判決。
2011年12月 警察がZagaria一族を逮捕。
2012年07月 伊行政が、一族から8億ユーロを押収。
2012年08月 Michele Zagariaに金融制裁。

Yakuza(日本)
・清田次郎会長、内堀和雄理事長の下、山口組系との連携が深まる。

TBC(The Brother's Circle)
・2012年12月 禁錮9年判決を受けたZakhariy Kalashovに金融制裁。

米国と金融取引がある国は、金融制裁に対して、同調すると思う。
米財務省から指定された組織は、テロや核開発国のような扱い。
規制が緩い国へ資金を変更するのも似ている。
暴力団組員情報照会システムを運用して、どこまで関与を減らせる
のだろうか。

差別を助長する海外報道記事
米財務省 YAKUZAに経済制裁
タイ 手形詐欺犯逮捕
米財務省 住吉会に金融制裁


警察庁、日本証券業協会の暴力団組員情報照会システム運用開始(13/01/04)


---米財務省、稲川会に金融制裁 米国内の資産凍結---
2013年1月24日12時45分
http://www.asahi.com/international/update/0124/TKY201301240114.html

 【ワシントン=山川一基】米財務省は23日、指定暴力団稲川会と清田次郎会長、内堀和雄理事長に対し、国際的な犯罪行為に関わっているとして、米国内の資産を凍結する金融制裁を科すと発表した。指定暴力団への制裁は昨年の山口組、住吉会に次ぐ第3弾。
 同省は稲川会について、世界最大の犯罪集団である「Yakuza」で3番目に大きいと表現。武器や薬物、人身の売買や売春などに加担していると指摘した。


---米、稲川会に経済制裁 指定暴力団主要3団体すべて対象に---
2013.1.24 09:52
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130124/amr13012409110002-n1.htm

 【ワシントン=犬塚陽介】米財務省は23日、指定暴力団稲川会と清田次郎(本名・辛炳圭)会長、ナンバー2の内堀和雄理事長を金融制裁の対象に指定した。指定暴力団の制裁は山口組、住吉会に次いで3例目。米国内の資産を凍結し、米国企業に稲川会との取引を禁止する。
 財務省は稲川会などの暴力団が武器や麻薬の密売、売春、人身売買、マネーロンダリング(資金洗浄)に関与しており、清田会長と内堀理事長は組織の方針を指示する重要な役割を果たし、山口組との連携を強めていると指摘した。
 オバマ大統領は2011年7月に「YAKUZA(ヤクザ)」を国際的な犯罪に携わる組織に認定。財務省は暴力団が「世界最大の犯罪組織」との世評があり、7万人以上の構成員の約72%が制裁対象に指定された3団体に所属していると強調した。


---US Treasury Freezes Assets Of Top Gangsters From Around The World---
Lucas Kawa    | Jan. 23, 2013, 1:33 PM | 3,468 | 12
http://www.businessinsider.com/treasury-identifies-eight-gangsters-2013-1

Earlier today, the Department of the Treasury announced sanctions against the members of three international crime syndicates in an effort to crack down on organized crime.

President Obama had previously named the Camorra, Yakuza, and Brothers’ Circle as TCOs, or transnational criminal organizations, in July 2011, and instructed the Treasury to follow up with sanctions.

The release is that it actually identifies and provides brief background information on eight gangsters from the Yakuza, Camorra, and Brothers’ Circle, as well as an overview of each syndicate.

The Treasury has frozen these gangsters’ assets and prohibited any U.S. citizen from engaging in business with them.

Read the full release from the Treasury Department below. The gangsters are listed at the bottom:

Treasury Targets Leading Figures of Transnational Criminal Organizations

WASHINGTON - The U.S. Department of the Treasury today took action against three transnational criminal organizations (TCO), the Camorra, the Yakuza, and the Brothers’ Circle. Today’s designations include four members of the Camorra, one of Europe's largest criminal organizations; the Inagawa-kai, the third-largest clan within the Japanese Yakuza criminal network; and an individual providing support to a key member of the Brothers’ Circle, a large multi-ethnic Eurasian criminal network. These designations were imposed under Treasury’s authority targeting transnational organized crime.

President Obama identified the Camorra, the Yakuza, and the Brothers’ Circle along with the Zetas, as significant TCOs in the Annex to Executive Order 13581 (Blocking Property of Transnational Criminal Organizations) on July 24, 2011, and charged the Treasury Department with pursuing additional sanctions against its members and supporters to undermine and interdict their global criminal operations.

Today’s action freezes any assets these persons may have within the jurisdiction of the United States and generally prohibits any transactions with them by U.S. persons.

“The individuals designated today are key members of criminal organizations who engage in serious crimes around the world,” said David S. Cohen, Treasury Under Secretary for Terrorism and Financial Intelligence. “Treasury will continue to target additional members and supporters of these groups, as well as other significant TCOs, as we systematically expose their criminal operations and protect the U.S. financial system from their illicit activity.

The Camorra

The Camorra operates internationally and is involved in serious criminal activity, such as money laundering, extortion, alien smuggling, robbery, blackmail, kidnapping, political corruption, and counterfeiting. In 2012 Italian law enforcement conducted multiple operations to seize Camorra assets, including 800 million euro seized from the Casalesi clan in July. To date, Treasury has identified five individuals affiliated with the Camorra under E.O. 13581, including their most prominent leaders Michele Zagaria and Antonio Iovine.

In August 2012 the Treasury Department designated Michele Zagaria, a leader of the Camorra Casalesi clan, who is serving a life sentence for conspiracy, murder, extortion, and robbery. The Camorra members designated today are all members of the immediate family of Michele Zagaria: his brothers Pasquale Zagaria, Carmine Zagaria, Antonio Zagaria, and his father Nicola Zagaria. Each of these four individuals is designated for acting for or on behalf of, or providing support to, Michele Zagaria and/or the Camorra. All the brothers have led the Caselasi clan at one point while other siblings were serving jail sentences. All are involved in the family’s criminal enterprises. This network has been involved in extortion, kidnapping, money laundering, and bribery.

The Yakuza

The Yakuza, reputedly the world’s largest criminal organization with over 70,000 members, is involved in serious criminal activities, including weapons trafficking, prostitution, human trafficking, drug trafficking, fraud, and money laundering. The Treasury Department designated the Yamaguchi-gumi and the Sumiyoshi-kai, in February and September 2012, respectively. The Inagawa-kai, designated today, is the third-largest of the Yakuza organizations, and the Department of the Treasury is targeting it today for acting for or on behalf of the Yakuza. The top three clans account for approximately 72.4 percent of the Yakuza membership. To date, Treasury has identified four individuals and two entities affiliated with the Yakuza under E.O. 13581, including their most prominent leaders Kenichi Shinoda and Shigeo Nishiguchi.

Today’s action also imposes sanctions on Jiro Kiyota, the top Inagawa-kai leader, as well as the Inagawa-kai’s second-in-command, Kazuo Uchibori, for acting for or on behalf of the Inagawa-kai. As leaders of Inagawa-kai, Kiyota and Uchibori play key roles in directing the syndicate’s policies and settling disputes with other Yakuza syndicates. Under the leadership of Kiyota and Uchibori, the Inagawa-kai has become increasingly aligned with the Yamaguchi-gumi.

The Brothers’ Circle

The Brothers’ Circle is a multi-ethnic criminal group composed of leaders and senior members of several Eurasian criminal groups largely based in countries of the former Soviet Union but extending to Europe, the Middle East, Africa, and Latin America. To date, Treasury has identified 15 individuals affiliated with the Brothers’ Circle and their associates under E.O. 13581, including their most prominent members Gafur Rakhimov and Zakhariy Kalashov. The Brothers’ Circle serves as a coordinating body for several national level criminal networks, mediating disputes between the individual criminal networks and directing global criminal activity.

On December 20, 2012, the Treasury Department designated Zakhariy Kalashov, a key member of the Brothers’ Circle and a prominent Eurasian organized crime figure with extensive connections to criminal groups in Russia and countries throughout Eurasia. His criminal activities include money laundering, extortion, criminal protection, and drug trafficking. He is currently incarcerated, serving a nine year sentence for money laundering in Spain. Marina Kalashova, who has been designated today, is a key part of Zakhariy Kalashov’s network. Kalashov communicates with Kalashova to pass messages on his behalf to his organization.

Identifying Information:
Name: Zagaria, Carmine
DOB: 27 May 1968
POB: San Cipriano D’Aversa, Italy

Name: Zagaria, Antonio
DOB: 29 June 1962
POB: San Cipriano D’Aversa, Italy

Name: Zagaria, Pasquale
DOB: 5 January 1960
POB: San Cipriano D’Aversa, Italy

Name: Zagaria, Nicola
DOB: 10 October 1927
POB: San Cipriano D’Aversa, Italy

Entity: Inagawa-kai
Address: 7-8-4 Roppongi, Minato-ku, Tokyo, Japan
Name: Kiyota, Jiro
AKA: Sin, Byon-Gyu
DOB: 1940
POB: Japan

Name: Uchibori, Kazuo
AKA: Uchibori, Kazuya
DOB: 1952
POB: Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan

Name: Goldberg, Marina Samuilovna
AKA: Kalashov, Marina
AKA: Kalashova, Marina
Address: Burj Khalifa, Dubai, United Arab Emirates
DOB: 15 September 1979
ID: Passport 514763020 (Russia)

2013年1月30日水曜日

銀河3号2号 リバースエンジニアリング

銀河3号2号のリバースエンジニアリング報告があった。
 北朝鮮が人工衛星と主張して昨年12月に発射した長距離弾道ミサイルに
ついて、韓国国防省は、回収した残骸の分析結果を発表した。使用部品は
大部分が北朝鮮製で、国防省では「国際的制裁で先端技術や部品調達が
難しい中、北朝鮮は多くの実験や経験を積み重ねて長距離ミサイル技術の
完成度を上げている」と警戒感を強めている。

中核部品
・加速モーターや配電盤等は北朝鮮製。

外国製部品
・温度感知器や圧力センサー、電線等 中国や欧州など5カ国製の商業用
 部品。
・イラン等中東国家の部品はなかった。

エンジン
・一段目にノドンのエンジン4基
・補助エンジン4基で方向を制御。
・燃料に灯油を使用(赤煙硝酸反応?)、スカッドミサイルに使われた旧式
 の燃料。発射実験で失敗する可能性がある。
・酸化剤に赤煙硝酸採用、衛星打上げよりICBM技術の開発を目標か。

赤煙硝酸は、燃料の常温貯蔵とミサイルの点火システムが不要、固体燃料
と比較して、比推力が大きいとの利点があるようだ。
赤煙硝酸や灯油、その他の成分分析をすれば、製造先がある程度判明でき
ると思うが、そこまで発表はなかったようだ。
韓国はそこまでできないのかもしれない。

ウクライナで逮捕された北朝鮮スパイは、ロケットの燃料システムや宇宙
技術装置の機密情報を入手と報道されていたが、結局、北朝鮮は複製でき
てしまったようだ。旧ソ連が弾道ミサイルに多用していた燃料システムの
一部が北朝鮮に渡ったのは、問題が少し大きい。
ウクライナで逮捕されたのはほんの一部のスパイだったと言うこと。

以前、日本製の産業用部品が、米軍規格よりも精度が良いと話題になった
が、今回ミサイルに採用された中国や欧州の電子部品でも同様の品質に
なったと言うことだろうか。

経済制裁
・宇宙空間技術委員会、東方銀行等6団体の在外資産を凍結。
・ペク・チャンホ、商業銀行関係者ら4個人に、資産凍結、海外渡航禁止。
・禁輸品目の拡大、加盟国による北朝鮮船舶への検査の強化、
・金融サービスへの監視強化

北朝鮮ミサイル発射実験、国連安保理制裁決議、北朝鮮ミサイル核実験、
国連安保理制裁決議と繰返されるが、北朝鮮の技術進歩だけが目を引く。
核兵器開発競争が先にあるのだろう。

中国系企業 イランへミサイル材料輸出
北朝鮮制裁開始
国連制裁決議無視で孤立する中国
中国経由で弾道ミサイル技術取引
北朝鮮 外貨稼ぎ


国連安保理が制裁強化決議 北朝鮮は核実験を示唆(13/01/23)


 制裁強化を高く評価 対「北」安保理決議に総理(13/01/23)


「不必要な挑発行動」核実験示唆北朝鮮に米国防長官(13/01/25)


---北朝鮮制裁を強化=ミサイル問題で決議採択-国連安保理---
2013/01/23-10:19
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013012300057

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は22日午後(日本時間23日未明)、北朝鮮が人工衛星打ち上げを名目に2012年12月に行った長距離弾道ミサイル発射を非難し、北朝鮮への制裁を強化する決議案を全会一致で採択した。新たな発射や核実験を行った場合は「重大な行動を取る」との決意を表明。挑発行為を続ける北朝鮮に対し、異例の強い調子で警告した。
 決議は、今回の発射が弾道ミサイル技術を使ったいかなる発射も禁じた安保理決議1874(09年)や同1718(06年)に違反すると指摘。弾道ミサイル計画に関連する全ての活動を停止するよう改めて要求した。
 その上で、発射を実施した北朝鮮の宇宙空間技術委員会や、弾道ミサイル取引に関与する企業を金融決済で支援する東方銀行など、6団体の在外資産を凍結。同委員会幹部のペク・チャンホ衛星制御センター長や、弾道ミサイル取引に関わる商業銀行関係者ら4個人に、資産凍結および海外渡航禁止の制裁を科した。
 決議は禁輸品目の拡大、加盟国による北朝鮮船舶への検査の強化、さらに、北朝鮮の弾道ミサイルや核計画に貢献し得る金融サービスへの監視強化を加盟国に要請。ヒト、モノ、カネの動きを厳しく制限する内容となった。


---北制裁、6団体4個人に…決議採択へ米中合意---
2013年1月22日17時22分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130122-OYT1T00728.htm

 【ニューヨーク=柳沢亨之】北朝鮮が昨年12月に行った事実上の長距離弾道ミサイル発射を巡り、米国は21日、発射に関与した北朝鮮の宇宙開発関連部局とその幹部ら6団体、4個人に対し、資産凍結などの制裁を科す国連安全保障理事会の決議案を、各理事国に提示した。
 中国も同意しており、22日にも採択される見通しだ。
 本紙が入手した決議案によると、資産凍結対象は、昨年4月と12月のミサイル発射を企画した「朝鮮宇宙空間技術委員会」や、ミサイル輸出主要企業の金融決済などを担う「東方銀行」など6団体。個人で資産凍結と海外渡航禁止の対象となっているのは、同技術委員会衛星制御センター長を務めるペク・チャンホ氏ら4人。


---北朝鮮ロケット「銀河3号」の部品は大半が自国製造…技術は旧ソ連の60-70年代レベル---
2013年01月22日09時05分
中央日報/中央日報日本語版
http://japanese.joins.com/article/085/167085.html?servcode=500&sectcode=500

  北朝鮮が昨年12月12日に発射したロケット「銀河3号」のほとんどの部品は自国で製造されたものだと分析されたと、国防部が21日明らかにした。
  国防部傘下の国防科学研究所(国科研)が西海(ソヘ、黄海)で引き揚げた銀河3号の残骸物を分析した結果、6-10種類は中国など5カ国の常用製品だが、残りはすべて北朝鮮の部品だった。長距離ロケットの独自の技術完成度が非常に高まったということだ。
  国科研の関係者は「昨年4月のロケット発射失敗当時の経験を補完したとみられる」とし「国際社会の制裁で技術導入と部品調達が制限されたが、多くの実験を土台に長距離ミサイル技術の完成度を高めた」と評価した。
  軍当局は北朝鮮ミサイルの残骸(酸化剤タンク、燃料タンク、エンジンなど1段目)を回収し、先月14日から今月9日まで大田国防科学研究所で、情報本部、情報司令部、国防科学研究所、航空宇宙研究院、米ミサイル専門家らが参加した中、詳細な調査を実施した。北朝鮮のロケット技術が実物と確認されたのは今回が初めて。
  国科研は「北朝鮮の製作技術は進展したが、粗悪な面もあり、精密度は落ちるとみられる」とし「とにかくソウルにさえ行けばよいということで北朝鮮は貨物車に乗って行き、私たちはKTX(高速鉄道)に乗って行くと考えればよい」と説明した。
  国防部の関係者も北朝鮮の長距離ロケット技術レベルについて「ソ連の1960-70年代水準」と評価した。別の関係者は「ノドンミサイル技術水準」と明らかにした。今回の北朝鮮ロケットの核心技術であるエンジンの場合、90年代ノドンミサイル技術を活用したと、国科研は分析した。27トン級のノドンミサイルエンジン4つと3トン級の補助エンジン4つを束ねた120トン級エンジンであることを、国科研は確認した。補助エンジンはロケットの方向を制御する役割をすることが分かった。北朝鮮は80年代にスカッドミサイルを開発し、90年代に入りノドンミサイルを開発した。
  残骸から発見された外国産部品は直流変換器や温度感知器など電子機器と感知器だった。国科研の関係者は「外国産部品は旅行に行っても簡単に購入できるものだった」と説明した。北朝鮮がこうした部品を密輸した可能性は低いということだ。


---北朝鮮、ミサイル中核部品の9割を独自製作---
JANUARY 22, 2013 07:18
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013012216378

 北朝鮮が昨年12月に打ち上げた長距離ロケットの中核部品を殆ど独自製作し、一部の電子部品だけを外国の商用品を輸入して使用していたことが明らかになった。このため、北朝鮮は、射程1万キロ以上の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を外部からの大きな支援無しで開発できる部品調達能力を備えているものと評価される。
 国防部は21日、全羅北道群山(チョルラブクド・クンサン)の西160キロの海上で昨年12月末に引き揚げられた北朝鮮の長距離ロケットの第1段エンジンや燃料タンク、酸化剤タンクなど残骸10点を精密分析した結果、このような事実が分かったと明らかにした。北朝鮮長距離ロケットの構造や技術力など全般的な実態が実物の部品を精密分析して公開されたのは初めて。
 韓国軍当局によると、北朝鮮は長距離ロケット(銀河3号)の1段ブースターエンジンをはじめ9割以上の中核部品を独自で開発したことが確認されたという。ただし、温度感知機や直流転換装置、圧力センサー、電線など10あまりの電子部品は中国や英国、スイスなど欧州5ヵ国から輸入した商用製品が使われていた。これらの部品はミサイルの輸出と技術移転を制限するミサイル技術統制体制(MTCR)に抵触する品目ではないと、軍当局は説明した。
 今回の調査結果を機に、北朝鮮が輸入した電子部品をMTCRの統制品目に追加する問題が国際社会の議論の対象に浮上する見通しだ。政府が外交チャンネルを通じて、国連とMTCR事務局に北朝鮮ロケット残骸に関する調査結果とロケットに使われた電子部品を製造した国のリストなどを伝える計画だ。


---北ミサイル「ほぼ国産」 韓国国防省 高い完成度に警戒感---
2013年1月22日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013012202000104.html

 【ソウル=篠ケ瀬祐司】北朝鮮が人工衛星と主張して昨年十二月に発射した長距離弾道ミサイルについて、韓国国防省は二十一日、回収した残骸の分析結果を発表した。使用部品は大部分が北朝鮮製で、国防省では「国際的制裁で先端技術や部品調達が難しい中、北朝鮮は多くの実験や経験を積み重ねて長距離ミサイル技術の完成度を上げている」と警戒感を強めている。
 外国製部品は圧力センサーや電線など。韓国政府関係者によると、中国やヨーロッパなど五カ国の製品で、北朝鮮との協力関係がとりざたされるイランなど、中東国家の部品はなかった。
 韓国メディアは外国製部品は軍用ではなく、商業用部品だったと報じているが、北朝鮮と中国との関係の深さがあらためて確認されたといえる。
 長距離ロケットのエンジンは、これまで国防省が推定していた通り、一段目に「ノドン」(射程約千三百キロメートル)のエンジン四基をまとめて使用していたことが確認された。また補助エンジン四基も確認。国防省では、ミサイルが方向を制御する機能を備えていたと結論づけた。
 ミサイルは核弾頭が五百~六百キログラムまで小型化された場合、射程は米西海岸に届く一万キロメートル以上になると推計されている。


---北朝鮮の長距離弾道ミサイル中核部品は国産 韓国が発表 一部に「中国製」---
2013.1.21 21:00
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130121/kor13012121010004-n1.htm

 【ソウル=加藤達也】韓国国防省は21日、北朝鮮が昨年12月に発射し黄海で韓国軍によって回収された事実上の長距離弾道ミサイルの最終分析結果を発表した。
 国防省は、加速モーターや配電盤などの中核部品のほとんどは、北朝鮮が独自で製造したと分析。「国際社会の制裁で技術や部品の導入、調達が制限されているにもかかわらず、実験を重ねることで長距離ミサイルの完成度、発射精度を高めている」(同省幹部)との認識を示した。
 一方、残骸のうち温度感知器や圧力センサーをはじめとした電子機器、電線など数個の部品は欧州を含む5カ国からの輸入品で、うち1つが中国製であることを明らかにした。
 聯合ニュースは、輸入部品にはミサイル技術の拡散防止を目的とする国際枠組み「ミサイル関連技術輸出規制(MTCR)」の規制対象はなかったと報じている。ただ、韓国政府関係者は「部品を規制対象に追加するための検討が必要だ」としており、分析結果は国連にも報告する方針だ。
 中国製部品が含まれていることを明らかにしたのは、対北朝鮮制裁に足並みをそろえず物資輸出を続けている中国が制裁の実効性を低めてきたことを強調し、中国を牽制(けんせい)しようとする韓国政府の意図がうかがえる。
 韓国は先月、ミサイルの1段目が落下した黄海の海底で燃料タンクなどの残骸を回収し、米国の専門家を交えて分析してきた。


---北朝鮮ロケット 弾道ミサイルと断定できない=専門家---
2013年01月13日09時56分
http://japanese.joins.com/article/558/166558.html?servcode=500&sectcode=500

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が昨年12月に発射したロケット「銀河3号」を弾道ミサイル開発用の発射体と断定することはできないと、米専門家が指摘した。
 米科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のデービッド・ライト博士は12日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)のインタビューに対し、先ごろ韓国海軍によって回収された「銀河3号」の1段目の残骸から赤煙硝酸が見つかり、ロケットの燃料として灯油が使われたことを挙げ、いずれも1950年代のスカッドミサイルに使われた旧式の燃料だと指摘した。
 また、こうした事実は北朝鮮のロケットが先進的な技術でなく、旧ソ連が開発した初期のロケット技術に基づいていることを示しているとした上で、北朝鮮が再びロケット発射実験を強行する場合は失敗する可能性があるとの見方を示した。
 ただ、赤煙硝酸と灯油が燃料として使われたとしても「銀河3号」が弾道ミサイル開発用だと断定することはできないとした上で、「灯油は、ロケットの用途により大陸間弾道ミサイや宇宙発射体の1段目(ロケット)に使うことができる」と述べた。
 また、「北朝鮮が弾道ミサイルを開発しようとしたなら、さらに強力な能力を備えたシステムを開発したはずだ。より強力な酸化剤を使って射程距離を伸ばそうとしただろう」との見解も示した。
 韓国軍当局は、北朝鮮が常温で長期保管できる赤煙硝酸を酸化剤として使った点などを根拠に、北朝鮮のロケット発射が衛星打ち上げよりも大陸間弾道ミサイル技術の開発をより大きな目標としているとみている。


---北朝鮮のスパイ ウクライナでミサイル技術の入手を試みる---
8.06.2012, 18:04
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_08/kitachousen-supai-ukuraina-misairugijutsu/

 ウクライナでは、在ベラルーシ北朝鮮通商代表部の北朝鮮人の職員2人に対し、スパイ容疑で最長8年の自由剥奪刑が言い渡された。
 スパイらはウクライナ保安庁の職員によって摘発された。スパイたちは飛行機器の燃料システムなどに関するロケット・宇宙技術装置の機密情報を入手しようとしていた。
 ウクライナのマスコミによると、スパイを拘束したとき保安庁の職員は物的証拠を持っていた。
 予審判事らによると、北朝鮮は同国通商代表部のスパイたちが入手しようとしていた技術によって、核ミサイルの射程距離と活動範囲を拡大できた可能性があるという。

2013年1月29日火曜日

米国産牛肉 30か月以下に

米国産牛肉が30か月以下で輸入とのこと。
 BSE(牛海綿状脳症)対策で実施されている米国産など輸入牛肉の月齢規制
について、田村厚生労働相は閣議後記者会見で、「2月1日に輸入条件の見
直しを行う」との方針を表明した。
 今月に開催される薬事・食品衛生審議会での了承を得たうえで正式決定
する見通し。
2月1日から緩和されることが正式に決まった。

厚労省
・輸入牛肉について、月齢20か月以下に制限している米国産とカナダ産と
 現在は禁輸のフランス、オランダ両国産も合わせて「月齢30か月以下」
 とする方針。
 オランダは同国側の要望を受け「12カ月以下」とする方向で調整。

食品安全委員会
・昨年10月、この方針通り規制を緩和した場合でも「健康影響は無視でき
 る」と了承する食品健康影響評価を決定。

BSEが発見されたと言う発表も見なくなり、少しずつ規制が緩和。
特定危険部位も個別に月齢規制を設ける可能性もあるとのことだった。
TPPで輸入候補と言われたが、日本が規制を緩和することにより、候補から
外れそうだ。
特定危険部位輸出の報道は以前はあったが、最近は見られず、BSEも発見
されていないので、共食いえさによる問題は影響が減ったようだ。
都道府県で実施しているBSE検査も検査費用の負担が大きいため、検査や
規制も大幅に緩和されるのだろうか。

年次改革要望書と規制仕分け
米産牛肉 生後30ヶ月以下へ


---米国産牛肉の輸入規制緩和へ BSE対策で厚労省決定---
2013年1月28日19時50分
http://www.asahi.com/business/update/0128/TKY201301280221.html

 【阿部彰芳】牛海綿状脳症(BSE)対策で実施している米国産牛肉への輸入規制が2月1日から緩和されることが28日、正式に決まった。厚生労働省の審議会が、これまで生後20カ月以下に限っていた輸入対象を30カ月以下に広げることを了承した。解禁された牛肉が本格的に市場に入り始めるのは2月下旬以降になる見通し。
 内閣府の食品安全委員会が「人の健康への影響は無視できる」と評価したのを受け、厚労省が現地調査などを進めていた。政府が米国と交わした合意文書は2月1日付で発効。その後、米国が緩和対象の牛肉を扱う食肉処理場を認定し、輸出手続きに入る。
 今回の規制緩和は、米国のほかカナダ、フランスなども対象で、除去を義務づけている特定危険部位から扁桃(へんとう)を除く頭部や脊髄(せきずい)を外す。
 国産牛肉も、自治体に義務づけているBSE検査の対象を4月1日から見直す。2月1日付で省令を改正し、生後21カ月以上を30カ月超に引き上げる。
 BSEは、感染源とされる肉骨粉飼料の禁止が進み、世界的に発生は減った。ただ、懸念の声も根強く、審議会でも全国消費者団体連絡会の委員からは「丁寧な説明と情報公開が必要」などの意見が出た。厚労省は半年後をめどに現地調査をする方針。


---米国産牛、輸入緩和を正式発表 会見で厚労相---
2013年1月22日 17時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012201001491.html

 田村憲久厚生労働相は22日の記者会見で、牛海綿状脳症(BSE)対策として実施している牛肉の輸入規制を2月1日に緩和すると正式に発表した。
 現行規制で牛の月齢が「20カ月以下」に限って認めている米国とカナダからの輸入を「30カ月以下」に拡大。現在は輸入を認めていないフランスも同じ基準とする。同様に輸入を認めていないオランダは同国側の要望を受け「12カ月以下」とする方向で調整している。
 緩和を踏まえた牛肉が実際に日本に入ってくるのは2月下旬から3月上旬の見通し。
(共同)


---牛輸入緩和、来月から…米産など30か月以下に---
2013年1月22日13時34分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130122-OYT1T00654.htm

 BSE(牛海綿状脳症)対策で実施されている米国産など輸入牛肉の月齢規制について、田村厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、「2月1日に輸入条件の見直しを行う」との方針を表明した。
 今月28日に開催される薬事・食品衛生審議会での了承を得たうえで正式決定する見通し。
 厚労省は輸入牛肉について、月齢20か月以下に制限している米国産とカナダ産と、現在は禁輸のフランス、オランダ両国産も合わせて「月齢30か月以下」とする方針で、内閣府の食品安全委員会は昨年10月、この方針通り規制を緩和した場合でも「健康影響は無視できる」と了承する食品健康影響評価を決定している。この方針を受け、同省は各国と協議を進めていた。

2013年1月28日月曜日

ストロスカーン 和解金150万ドル

ストロスカーンは、150万ドルで和解したようだ。
 IMFのドミニク・ストロスカーン前専務理事(63)が2011年にニューヨーク
のホテルで性的関係を持った客室係の女性に、150万ドルの和解金を支払っ
た。

報道
・客室係の女性Nafissatou Dialloは前専務理事Dominique Strauss-Kahnに
 損害賠償を求め、民事訴訟を起こした。
・女性は和解金の7割にあたる100万ドルあまりを受け取った。
 弁護士が残りの3割を受け取る。

客室係の女性の証言が曖昧なため、刑事訴訟にはならなかったが、民事訴訟
(性的暴行)となったようだ。
仏に帰国しても、作家への性的虐待の申立断念の後、乱交パーティに参加し、
未成年者と買春行為で告発のようだ。

仏は、業務を遂行している間は、経済学者の私生活の問題を黙認し、業務
が終了したら、全てを追及するお国柄か。
米国は、議会の事前調査が厳しいし、日本は就任後にマスコミの調査(?)が
始まる。
仏のマスコミは、就任中は甘いと言うことか。
日本は、マスコミが細かい問題を追及して、議員の芽を摘むと言われたこと
があったが、ストロスカーンのように、退任後に、女性問題が次々に発覚し、
役職まで否定されるのも問題と思う。

ストロスカーン 刑事訴追取下げ申請
Sarkozy Casse toi


Affaire DSK : Nafissatou Diallo aurait touche un million de dollars


---IMF前トップ、和解金1.3億円払う 性的関係めぐり---
2013年1月21日12時58分
http://www.asahi.com/international/update/0121/TKY201301210054.html

 フランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュ(電子版)は19日、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロスカーン前専務理事(63)が2011年にニューヨークのホテルで性的関係を持った客室係の女性に、150万ドル(約1億3400万円)の和解金を支払ったと伝えた。
 前専務理事に近い関係者の話として報じた。女性は前専務理事に損害賠償を求め、民事訴訟を起こしていた。同紙によると女性は和解金の7割にあたる100万ドルあまりを受け取った。弁護士が残りの3割を受け取るという。
 前専務理事はこの事件でニューヨーク市警に逮捕され、強姦(ごうかん)未遂などの罪で起訴されたが、女性の供述が後になって変遷し、検察当局は起訴を取り下げている。前専務理事は性的関係を持ったことは認めたが、暴力や強制はなかったとしている。


---Strauss-Kahn pays 'rape' maid L1million to end all U.S. legal action against him---
By Daily Mail Reporter
PUBLISHED: 23:01 GMT, 20 January 2013 | UPDATED: 23:12 GMT, 20 January 2013
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2265601/Strauss-Kahn-pays-rape-maid-1million-end-U-S-legal-action-him.html

*Former IMF chief reached deal to end all US legal action for sexual assault
*DSK still accused of conspiring to procure girls for sex parties in France
*Recently returned to public life, giving speech on global finances in China

Shamed former IMF chief Dominique Strauss-Kahn made a L950,000 pay-off to the New York hotel cleaner who accused him of trying to rape her.

The disgraced economist, 64, and chambermaid Nafissatou Diallo reached the deal to end all legal action for sexual assault against him in the US.

The six-figure sum is considerably less than the L3.5 million Strauss-Kahn was reported to have paid Ms Diallo in December, France's Journal de Dimanche newspaper said.

The 30-year-old chambermaid then paid L320,000 in legal fees, leaving her a settlement of L630,000 , the Sunday paper reported.

Strauus-Kahn - once tipped as a future president of France - was arrested in May 2011 for trying to rape Guinea immigrant Miss Diallo when she came to clean his suite in New York's Sofitel hotel.

He was charged with attempted rape, sexual abuse, a criminal sexual act, unlawful imprisonment and forcible touching and held at the city's notorious Ryker's Island prison.

He claimed Ms Diallo had consented to sex but later described the encounter as 'a moral failure' that he would regret his whole life.

All charges were then dropped a month later over concerns about the housekeeper's credibility.

She went on to file a civil case against him for what she called a 'violent and sadistic attack' that humiliated and degraded her, and 'robbed her of her dignity as a woman'.

Strauss-Kahn also faces legal woes in France, where he returned after criminal charges were dropped, only to face similar accusations of sexually abusing a young French writer.

When those allegations were also abandoned, he was then confronted with more claims he used hookers supplied by a vice network in Lille, northern France.

He now stands accused of conspiring with pimps to procure girls for sex parties around the world, and of knowing fraudulently obtained money was being paid to the prostitutes.

Strauss-Kahn confessed to attending many group sex sessions but insisted he did not know the young women were hookers and that he often had sex with 'willing girls' in their 20s.

He is now under 'judicial control' on 385,000 bail until judges rule later this year on whether he should stand trial over the accusations.

The hugely experienced economist has meanwhile made a discreet return to public life, giving a speech on the global finances in China and advising the Greek government on their massive debts.

2013年1月26日土曜日

F35 飛行性能下方修正へ

F35の飛行性能を下方修正するようだ。
 防衛省が購入する米国のF35戦闘機について、機体の不具合から米国防
総省が性能を下方修正することを決めたことが分かった。防衛省は「米側
から何も聞いていない」として、予定通り新年度予算で2機を308億円で
購入する方針だ。

FlightGlobal
・DODは省内の「運用テストと評価」に基づき、音速に近い速度で飛んだ
 場合の加速性能を8秒減速させ、旋回時の荷重を5.3Gから4.6Gに引き下
 げることを決めた。水平尾翼に問題があるとされる。

防衛省
・機種選定の際、書面審査で十分として飛行テストは行わなず、各国から
 提案された性能、価格を比較してF35Aに決めた。
・本年度予算で購入する機体は米側の提案価格を上回る1機102億円。
 新年度分は154億円になる。
・米側に提案内容を守るよう申し入れている。

The 2012 Annual Report(major defense acquisitions)
・F35A
 turn performance (維持旋回能力?)
  5.3G→4.6G
  マッハ0.8→1.2加速時間8秒に変更。
 水平尾翼
  高速・高高度飛行後、表面塗装剥離と構造にこげ。
・F35B
 turn performance (維持旋回能力?)
  5.0G→4.5G
  マッハ0.8→1.2加速時間16秒に変更。
 構造耐久試験
  7000時間の試験中に胴体下部の隔壁に多数の亀裂、試験停止。
・F35C
 turn performance (維持旋回能力?)
  5.1G→5.0G
  マッハ0.8→1.2加速時間43秒に変更。
 水平尾翼
  高速・高高度飛行後、表面塗装剥離と構造にこげ。
・Helmet-Mounted Display(HMD)
 映像ブレ、ナイトビジョン仕様満足せず。
 Green Glow
  HMDの計器情報の映像が光となって漏れ、視界が悪くなる。
・Software
 Block1 20%未完のまま飛行試験。
 Block2A 50%未完のまま組込み。
 Block2B 進捗せず。
 Block3i ソフトウェア単独試験(?)開始。

とりあえず飛んでいるF35。
ソフトウェアは、いずれも仕様を満足できず、ハードウェアの価格だけ
が報道される。
2017年に自衛隊に導入されるF35Aでさえ、米軍の仕様を満足できないが、
日本への輸出仕様を満足したものが納入される可能性もある。

同時期に、米海兵隊岩国基地へF35B配備との報道だが、未だ耐久試験を
合格できない。
F15のアフターバーナも「バリバリ」と言う音の表現だったが、最近、
環境に影響を与えるとして、アフターバーナの音を聞くこともなくなっ
た。F35のアフターバーナはもっと大きい音がするようだ。
通常エンジンでさえ、音がうるさいF35。米国で、昼夜問わず、うるさけ
れば、裁判で敗訴になる可能性が高い。
F35は、工程遅延、高価となり、最近は、お荷物扱いのようだ。

F35は、音速で飛行すると、水平尾翼の塗装が剥げ、構造物が焦げるよう
だが、日本仕様とすれば満足となるかもしれない。
F22もステルス性能の塗料が問題があったが、塗料は、水溶性か。

DDH22へ艦載ヘリではなく、F35Bを搭載と言う説もちらほら見える。
技術的には問題が少ないが、現状のF35Bを見る限り、UAVの方が現実的
と思う。

ひゅうが 引渡し
F35選定 決着
Beyond 2030 for The Next Fighter


Marines Receive First F-35 Lightning II


 Japan Plans To Buy F35 Fighter Jets At Increased Prices


---日米外相会談で米、日本側を破格の待遇 F35も初めて議題に---
2013.1.19 16:19
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130119/plc13011916200014-n1.htm

 【ワシントン=佐々木類】18日の日米外相会談で米側は、アルジェリア人質事件に関し、軍事機密情報についての説明を行う国務省内でのインテリジェンス・ブリーフィングに岸田文雄外相を招待した。
 日本の民主党政権下で首脳や外相訪米時にこうした米側の配慮はなかった。極秘情報に関する会議に初会談の相手を招待したのは安倍政権を厚遇する姿勢を示したものといえ、沖縄県・尖閣諸島で挑発行為を活発化させる中国に向け、緊密な同盟関係をアピールする狙いが背景にある。
 実際、インテリジェンス・ブリーフィングへの参加だけでなく、米側は尖閣諸島に関する従来の政府方針から大きく踏み込み、中国のいかなる挑発行為について「反対する」(クリントン国務長官)姿勢を初めて示したのも、中国を牽制(けんせい)する狙いがあったからだ。
 会談の中身とは別の形で日米同盟の緊密さをアピールした形だが、両国に影を落とす懸案問題も初めて議題となった。日本政府が導入を決めたが、開発の遅れと価格高騰が問題化した次期主力戦闘機F35の契約についてだ。複数の外相同行筋が議題になったことを否定しなかった。
 同盟国で共同開発国のカナダやオーストラリア、英国、イタリア、トルコが導入の先送りや導入計画の見直しを決めており、日本だけが2017年3月に最初の4機を完成した形で導入するとしている。
 日本政府は民主党政権時代に2013年度概算要求でF35を1機約150億円で2機、日本国内での最終組み立て費として1168億円を計上。安倍政権下で見直しの有無が注目されている。日米関係筋は、「開発の遅れと価格高騰が日米の契約違反となることが明らかになったため、米側から状況の説明があったようだ」としている。


---米国防総省 F35性能 下方修正へ 防衛省「予定通り購入」---
2013年1月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013011902000136.html

 防衛省が購入する米国のF35戦闘機について、機体の不具合から米国防総省が性能を下方修正することを決めたことが分かった。防衛省は「米側から何も聞いていない」として、予定通り新年度予算で二機を三百八億円で購入する方針だ。 (編集委員・半田滋)
 米航空専門誌「フライトグローバル」(電子版)が十四日、報じたところによると、米国防総省は省内の「運用テストと評価」に基づき、音速に近い速度で飛んだ場合の加速性能を八秒減速させ、旋回時の荷重を5・3Gから4・6Gに引き下げることを決めた。水平尾翼に問題があるとされる。
 この性能引き下げは、戦闘機らしいきびきびした飛行運動性が低下することを意味する。性能は機種選定の重要な要素で、当初の性能を下回るとなれば、選定の正当性が疑われる事態となる。
 防衛省は機種選定の際、候補となった三機種について、各国から提案された性能、価格を比較してF35に決めた。書面審査で十分として飛行テストは行わなかった。
 本年度予算で購入する機体は米側の提案価格を上回る一機百二億円となり、新年度分は一・五倍に高騰して百五十四億円になる。さらに性能低下となれば、機種選定時に示された主要条件がすべて変わることになる。
 防衛省は「米側に提案内容を守るよう申し入れている」というが、F35は開発途上にあり、提案通りの価格、性能が維持されない可能性は選定時から本紙などが指摘していた。


---岩国配備予定のF35---
2013年1月15日(火)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-15/2013011501_02_1.html

米で爆音への懸念強まる
 米国防総省が開発している最新鋭のステルス戦闘機F35について、配備が計画されている米国内の基地周辺住民から爆音への懸念が強まっています。パネッタ国防長官は2017年以降に米海兵隊岩国基地(山口県)に配備すると表明しており、日本でも今後、問題になりそうです。

バーリントン空港での爆音の変化
            F16 F35
アフターバーナでの離陸 94  115
通常の離陸       94  115
着陸          73  95
滑走路への接近・飛行  66  91
(単位dB、べ空軍の環境影響評価書から)

 米空軍は国内6基地を選定し、昨年3月に環境影響評価書(EIS)の草案を公表しました。それぞれ、現在配備されているF15、F16戦闘機をF35Aと交代する計画で、住民の意見を聴取した上で最終的に配備の時期を決定します。
 EIS草案を読むと、いずれの基地周辺でも、米国の環境基準で「居住に適さない」とされる65デシベルを超える区域が大きく広がります。離着陸時の騒音を既存のF15、F16と比較した表を見ると、ほとんどの数値でF35が大きく上回っているため、各地で懸念や配備反対の動きが出ています。(表)
 もっとも懸念の声が強いのが、米東部バーモント州のバーリントンです。現在、配備されているF16戦闘機18機を、20年までにF35戦闘機18~24機と交代する計画ですが、EISは、住民6675人に影響を与えるとしています。
 市民団体「ストップF35」によれば、バーリントン市議会はF35配備の撤回を決議。五つの学校と六つの教会が環境基準超の区域に入るため、学区単位での反対の声も上がっています。
 米国防総省は現在、空軍・海軍・海兵隊が使用している戦闘機の大部分をF35に代える計画ですが、当初より開発が大きく遅れ、実戦配備は17年以降の予定です。
 岩国基地に配備されるのは垂直離着陸ができる海兵隊仕様のF35Bで、FA18ホーネットやAV8Bハリアー、EA6B電子戦機の後継機とされています。航空自衛隊も導入を決めています。


--- F-35 Software: DoD's Chief Tester Not Impressed
POSTED BY: Robert N. Charette  /  水, 1月 16, 2013
http://spectrum.ieee.org/riskfactor/aerospace/military/f35-software-dod-operation-test-evaluation-director-not-impressed

Last September, U.S. Air Force Maj. Gen. Christopher Bogdan, the then incoming director of the troubled  F-35 program, said that he was not optimistic that all the program's current problems-especially those related to software, which has long been a sore point (pdf)-would be fixed in time to meet the services’ planned initial operational capabilities, beginning with the Marine Cops in about 2 years. The 2012 Annual Report (pdf) on major defense acquisitions, by the Department of Defense's Director of Operational Test and Evaluation, J. Michael Gilmore, isn’t likely to increase Bogdan’s optimism any.

In his report, Gilmore states that in regards to operational suitability, the F-35 currently “demonstrates [a] lack of maturity… as a system in developmental testing and as a fielded system at the training center.” While Gilmore’s report details a host of other engineering-related issues as well, software remains a major area of concern.

For instance, the report states that, “Software delivery to flight test was behind schedule or not complete when delivered” and that, “Block 1 software has not been completed; approximately 20 percent of the planned capability has yet to be integrated and delivered to flight test.” Block 1 software, which provides initial training capability, was first flown in November 2010.

Block 2A software, which provides advanced training capability but no combat capability, and Block 2B software which provides limited combat capability, also have issues. The report states that, “The first version of Block 2A software was delivered four months late to flight test. In eight subsequent versions released to flight test, only a limited portion of the full, planned Block 2A capability (less than 50 percent) became available and delivered to production. … Block 2B software was planned to be delivered to flight test by the end of 2012, but less than 10 percent of the content was available for integration and testing as of the end of August. A very limited Block 1B software version was delivered to the Cooperative Avionics Test Bed aircraft in early November for integration testing.”

“The program made virtually no progress," Gilmore’s report says, "in the development, integration, and laboratory testing of any software beyond 2B.” In other words, forget about having a fully combat capable F-35 any time soon.

Gilmore points out that because of the concurrence of F-35 production and its testing, a practice that the DoD acquisition leadership admits was “acquisition malpractice,” the tide is not likely to turn in the software battle anytime soon. “Simultaneous development of new capabilities, associated with the next blocks of software, competes with the flight test resources needed to deliver the scheduled capability for the next lot of production aircraft,” Gilmore writes.

The problems extend beyond the plane itself. Gilmore also notes that software issues with its helmet continue. “Boresight alignment between the helmet and the aircraft is not consistent between aircraft and requires calibration for each pilot,” as do issues with the aircraft's Autonomic Logistics and Information System (ALIS), which the report states “Is immature and behind schedule.” Bogdan has said that without a functional ALIS, “the “airplane doesn’t work.”

Of course, the F-35’s program management knows of all the problems that Gilmore’s report highlights (and probably many more). It's only the Congress, the U.S. taxpayer, and the taxpayers of nine other countries who are helping underwrite the program who may not. Perhaps that's why the DoD felt free to buy two more lots of F-35s at a cost of $3.8 billion and $4.9 billion respectively last month. After all, these are seen as being just “normal teething problems" for an aircraft that has so much impressive combat capability, at least in the simulator.

Canada and Turkey recently announced that they were thinking hard about whether continue with future purchases of the F-35, as other partners and potential customers have already done. And astute aerospace followers will note that as Boeing is finding out on the commercial aircraft side as well, teething problems can be painful and costly for a long time. What's next, tantrums? And when will the Obama administration start administering some tough love?


---Pentagon lowers F-35 performance bar---
By:   Dave Majumdar Washington DC
11:03 14 Jan 2013
http://www.flightglobal.com/news/articles/pentagon-lowers-f-35-performance-bar-381031/

The US Department of Defense is lowering the performance bar for the Lockheed Martin F-35 Joint Strike Fighter according to a new report by the Pentagon's director of operational test and evaluation (DOT&E).

The specifications for all three variants pertaining to transonic acceleration and sustained turn rates have been reduced. Worst hit in terms of acceleration is the US Navy's F-35C carrier-based model.

"The program announced an intention to change performance specifications for the F-35C, reducing turn performance from 5.1 to 5.0 sustained g's and increasing the time for acceleration from 0.8 Mach to 1.2 Mach by at least 43 seconds," reads the report prepared by J Michael Gilmore, the Pentagon's DOT&E. "These changes were due to the results of air vehicle performance and flying qualities evaluations."

The US Air Force F-35A's time has slipped by eight seconds while the US Marine Corps short take-off vertical landing (STOVL) F-35B's time has slipped by 16 seconds. However, turn rates for both the A and B models have been impacted more severely than the USN variant. Sustained turning performance for the F-35B is being reduced from 5G to 4.5G while the F-35A sinks from 5.3G to 4.6G according to the report.

All three variants are having problems with their horizontal tails. "Horizontal tail surfaces are experiencing higher than expected temperatures during sustained high-speed / high-altitude flight, resulting in delamination and scorching of the surface coatings and structure," the report reads. "All variants were restricted from operations outside of a reduced envelope until the test team added instrumentation to the tailbooms to monitor temperatures on the tail surfaces."

Meanwhile, the F-35B and C variants continue to have issues with transonic roll-off and buffeting. On the F-35B, the program introduced vehicle systems software to reduce rudder and flaperon hinge moment in the transonic/supersonic region. "The program expected to see improvements in transonic wing roll-off with these changes, but results were not available at the end of November 2012," the report reads.

Transonic buffet is more severe on the F-35C compared to the other variants due to its larger wing. "The program is making plans for investigating how to reduce the impact of transonic roll-off in the F-35C with the use of wing spoilers; however, detailed test plans are not complete," the report reads.

Meanwhile, the aircraft's crucial helmet-mounted display still has problems with jittery images and is not meeting specifications for night vision acuity. Additionally, a new problem called "green glow" has been discovered where light from the cockpit avionics displays leak into the helmet-mounted display and degrade visual acuity. However, the image latency is now within tolerances. "Latency of the projected imagery from the DAS [distributed aperture system] is currently down to 133 milliseconds, below the human factors derived maximum of 150 milliseconds, but still requires additional testing to verify adequacy," the report reads.

Perhaps in worst shape is the F-35's software. According to the report, even the initial Block 1 software package is not complete, some 20% remains to be delivered and flight tested. An initial version of the more advanced, but still not combat capable, Block 2A software was delivered four months late to flight test. "In eight subsequent versions released to flight test, only a limited portion of the full, planned Block 2A capability (less than 50 percent) became available and delivered to production," the report reads. "The program made virtually no progress in the development, integration, and laboratory testing of any software beyond 2B. Block 3i software, required for delivery of Lot 6 aircraft and hosted on an upgraded processor, has lagged in integration and laboratory testing."

Meanwhile, structural durability testing continues, but the F-35B has hit a snag. "The program halted testing in December 2012 after multiple cracks were found in a bulkhead flange on the underside of the fuselage during the 7,000-hour inspection," the report reads. "Root cause analysis, correlation to previous model predictions, and corrective action planning were ongoing at the time of this report."

Lockheed could not immediately offer a substantive comment. "Our experts are going through it so it will be a while before we have detailed questions like yours answered," the company says, but adds, "From an Operational Test and Evaluation perspective, we fully expect to deliver a qualified product to OT&E as scheduled."

2013年1月25日金曜日

TRT-2

人質事件でTRT-2が情報収集とのこと。
 アルジェリア人質事件で、神奈川県警などが刑法の国外犯規定を適用し、
殺人などの疑いで捜査に乗り出したことが、警察当局への取材で分かっ
た。今後、7人が死亡した状況を調べ、遺体の司法解剖なども検討して
いる。

国家公安委員長
・警察庁の国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)を現地に派遣した。
・現地に入り、身元確認やアルジェリア軍との情報交換に当たる。

TRT-2は、アルジェリアでは、強制捜査権がないので、聞き込みや遺体
確認等の情報収集とのこと。帰国した遺体の司法解剖による検証。
国外事件で国外犯を指名手配とは聞いたことが無い。
代理処罰の適用になるのかもしれない。

イナメナスのガスプラント人質事件は、情報が錯綜。
アルジェリア軍のレベルの低さが根本的な原因と思う人も多いと思う。
警備、テロ対策、広報。どれを取っても、米英の比較にならない。

アルジェリア軍
・住居地域の掃討作戦に4時間。
・ガスプラントの掃討作戦に3日。
・有事なのに、人員の身辺調査は無し。
・警備も地勢的監視網は無いし、電波傍受もしなかったようだ。

米国
・Team Sixはウサマ急襲を15分で完了。

英国
・SASではなく、MI6で対応可能と判断。

テロ掃討は、人質の被害を最小限にではなく、無差別攻撃のようだ。
作戦も、訓練も十分ではなく、手っ取り早い方法を実施か。
慌てて、検問を強化しても効果は薄いと思う。
各国へ行動説明もできないのだろう。

銃殺された人質は、アルジェリア軍の銃弾と言う場合が多い現場もある
かもしれない。
TRT-2は、銃殺された人質の司法解剖をした際、アルジェリア軍の銃に
よるとわかった場合、意図的または、流れ弾等の調査を行い、アルジェ
リア軍の兵士を指名手配できるのだろうか。

仏核 人体実験で影響調査
CIA Black Site
TEAM SIX
French Cops killed the monster
Benghazi No Investigation


---人質事件、警察庁「TRT―2」が情報収集---
2013年1月22日14時45分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130122-OYT1T00773.htm

 アルジェリア東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きたイスラム武装勢力による人質事件で、犠牲者の身元確認などで重要な役割を担ったのが、警察庁の「国際テロリズム緊急展開班(TRT―2)」だった。
 同庁は今回の人質事件を発生当初の早い段階から「国際テロ事件」と判断。事件発生を把握した翌日の17日には、TRT―2の派遣を決め、翌18日に首都アルジェに到着した。
 現地に到着したTRT―2は、まずアルジェで武装組織に関する情報収集を行うとともに、日本人の安否情報も収集。アルジェリア軍の攻撃が終了した後には、航空機などでイナメナスに入った。
 TRT―2はこれまでにも、2004年のインドネシア・ジャカルタで発生したオーストラリア大使館前の爆弾テロ事件や、同年10月にイラクであった香田証生さん(当時24歳)の拉致・殺害事件、05年のバリ島同時テロ事件などでも派遣された実績がある。
 今回の事件では現地入りした後、歯型などから犠牲者の身元確認を進めたという。
 事件を巡っては、日揮の本社が横浜市にあることから、神奈川県警などが刑法の国外犯規定に基づいて殺人と逮捕監禁容疑で捜査を始めており、TRT―2を通じて現地情報の収集を進めている。警察当局では今後、生存者からも事件当時の状況などを聞くほか、アルジェリア当局の協力も得て、被害の状況などの解明を目指す方針だ。


---警視庁国際テロリズム緊急展開班が現地へ---
2013年1月22日6時6分
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130122-1074981.html

 アルジェリア人質事件で、神奈川県警などが刑法の国外犯規定を適用し、殺人などの疑いで捜査に乗り出したことが21日、警察当局への取材で分かった。今後、7人が死亡した状況を調べ、遺体の司法解剖なども検討している。
 また古屋圭司国家公安委員長は同日夜、記者会見し、警察庁の国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)を現地に派遣したことを明らかにした。
 既にイナメナス入りし、身元確認やアルジェリア軍との情報交換に当たっている。


---「国外犯規定で捜査」=テロ専門班も派遣-古屋国家公安委員長---
2013/01/22-01:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013012200021

 古屋圭司国家公安委員長は21日夜、東京・霞が関の警察庁で記者会見し、アルジェリアで邦人が拘束され7人の死亡が確認された事件について、日本の警察が刑法の国外犯規定で捜査を始めたことを明らかにした。同庁によると、殺人や逮捕監禁容疑を適用し、司法解剖や関係者の事情聴取を今後行う。
 古屋委員長はまた、国際テロリズム緊急展開班(TRT-2)が既に現地に派遣され、情報収集や遺体の身元確認に当たっていることも明かした。 
 TRT-2は、国際テロ捜査や鑑識の専門知識を持つ警察職員で構成。ペルーの日本大使公邸占拠事件を契機に1998年に設置され、2004年に体制が拡充された。05年10月にインドネシア・バリ島で起きた同時多発テロ事件などで派遣されている。

2013年1月24日木曜日

長崎県 公正証書で強制執行提示

長崎県が、公正証書で強制執行を提示した。
 長崎県が、自己破産して免責決定を受けた男性に、公正証書を作成して
県営住宅の家賃の滞納分を支払わせていたことがわかった。
 県は男性の連帯保証人を相手取り、残りの滞納分の支払いを求める訴訟
を諫早簡裁に起こしたが、簡裁は「債権回収に対する考え方、方法が極め
て不適切」などとして訴えを退けた。

公正証書
・裁判の判決がなくても、債権の差し押さえなどができる効力がある。
・自己破産して裁判所の免責決定を受けた人は、債務が免除される。

経緯
1978-2002年 県営住宅に入居。
2000年頃   家賃の支払いが滞り、一時は約120万円を滞納。
       長崎地裁大村支部に自己破産を申し立て、免責が確定。
2003年1月  県が「家賃を支払えなければ差し押さえがある」とする
       公正証書を元入居者と作成。
2011年9月  24回にわたり、計約38万円を支払う。
2012年2月  県が残りの約80万円の支払いを求めて提訴。
      「元入居者は支払う意思があった」等主張。
2012年12月  簡裁判決
      「公正証書を作ったうえでの弁済は任意とはいえない」
      「いわゆる闇金業者でもしないような強弁」として退けた。
2013年1月  判決が確定。

県住宅課
・「公正証書は、滞納者に関する当時のマニュアルに従って担当者が
 作ったようだが、もっと慎重に対応すべきだった」。

自己破産しているのに、法律を使って強制徴収。
県住宅課は、簡裁の判決の「闇金業者でもしないような強弁」そのもの。
県住宅課の提訴は、やぶへびとなる。

道州制導入と報道をよく目にするが、財政のためだけだろう。
長崎県のような地域行政が行われるのは、多くの人が嫌がるだろう。
「反原発命の方の主張」とした福島県行政と同様と思う。

原発 権力闘争
中核病院 がん5年後の生存率
反原発命の方の主張


---闇金もしない強弁…自己破産者に返済強制した県---
2013年1月19日12時49分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130119-OYT1T00510.htm?from=ylist

 長崎県が、自己破産して免責決定を受けた男性に、公正証書を作成して県営住宅の家賃の滞納分を支払わせていたことがわかった。
 県は男性の連帯保証人を相手取り、残りの滞納分の支払いを求める訴訟を諫早簡裁に起こしたが、簡裁は「債権回収に対する考え方、方法が極めて不適切」などとして訴えを退けた。
 公正証書は、裁判の判決がなくても、債権の差し押さえなどができる効力がある。一方、自己破産して裁判所の免責決定を受けた人は、債務が免除される。
 県住宅課によると、男性は1978~2002年に県営住宅に入居。00年頃から家賃の支払いが滞り、一時は約120万円を滞納した。長崎地裁大村支部に自己破産を申し立て、免責が確定したが、県は03年1月、「家賃を支払えなければ差し押さえがある」とする公正証書を男性と作成。男性は11年9月まで24回にわたり、計約38万円を支払った。
 県は昨年2月、残りの約80万円の支払いを求めて提訴。「男性は支払う意思があった」などと主張した。これに対し、簡裁は同12月18日の判決で、「公正証書を作ったうえでの弁済は任意とはいえない」と指摘し、県の主張を「いわゆる闇金業者でもしないような強弁」として退けた。判決は今月4日に確定した。
 同課は「公正証書は、滞納者に関する当時のマニュアルに従って担当者が作ったようだが、もっと慎重に対応すべきだった」としている。

2013年1月23日水曜日

桜宮特殊学校の広告塔

学生を巻き込んだ桜宮特殊学校が話題。
未成年者が、大人の都合を批判する。
伝統と称した体罰は、バスケやバレー部だけではなかった。
体罰を行ったのは、指導者(教師)だけだったのか、主将も含む上級生や
優等生の関与がなかったのかは不明。連帯責任が繰返し問われれば、必然
的に原因追求が始まり、対策が集団行動となる。
体罰を黙認することは、容認することと同じであるといじめの構造で言
われることが多い。
学校生活が全ての社会は、いじめも体罰も同様だった。

少なくとも、高校3年の秋には、大半が部活動を引退。違う目標に向う。
慕う指導者について指導を受けても、成果が出なければ、指導者から、
「今年の学生は小粒」と言われ、親は、「言われるほどのご立派な教師
ではなかった」と思う。
学生が移動した教師を追いかけて転校はしないだろうし、教師に個別に
指導を仰ぐこともないだろう。「学生はウソをつく」と良く聞く。入れ
知恵した嘘つきもいるとも思う。

卒業を控えた3年生が、記者会見をすれば、教師にゴマする主将と映る。
体罰が多ければ教師側との対立があり、実際、バレーボール部は、ある
意味団結した。
就職面接や大学の推薦は終了したが、一般入試が始まったばかり。記者会
見した主将らは、進学や就職先が決まり余裕があるのだろう。

「礼儀やマナーなど人として大切なことを学んできた。桜宮高の伝統は
正しいと思っている」と言う。
人として大切なことは、親族から教わることが多いし、体罰を実施し、
黙認し、黙認を強要する伝統が正しいとは思わない。習慣も風土も違う
教師から「人として大切なこと」は参考例でしかない。親も学校まかせか。

学校や保護者(メディア操作?)から、記者会見を依頼され、主将だけで
なく、学生全体が広告塔として利用されているとは感じないのだろうか。
広告塔になれば、良くも悪くもこれから、必ずついて回ると思うが、
想像しないことも伝統か。

学生となり、一般社会との繋がりが深まり、理解が始まる頃。
「家庭環境による学校荒廃」と言われ、体罰で更生(?)していた頃があった
ようだが、現在は指導者の指導力不足と評価される。
学校側との対立が続く時代もあったようだが、現在は、学生が学校を擁護。
コビを売る学生をマスメディアが賞賛。時代は大きく変化。

特殊社会を構成する要件として、10項目あるとのこと。
・指導者に対する崇拝
 「同じ傷を負った先生しかいない」と賛美。
・指導者の無謬性
  「傷を癒せるのは先生」と他部の体罰を黙認したことを否定。
・指導者の知識の広さ
 「礼儀など人として一番大切なことを教えてもらっている」と信条受入。
・説得のテクニック
 「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っている」、
 「多くの生徒が学校を守りたいと思っている」
 と構成員分散を低下させ、信条を補強。
・秘密の計画
 自身の目標達成が最優先事項で、他人・他部は踏み台と言う計画を隠す。
・欺瞞
 各部とも体罰を隠し、黙認することで隠蔽。
・金融面および性的な利用
 学校が存在を知らない施設で生活し、家賃や食費等を徴収。
・絶対的な真理
 教師の指導により絶対に目標へ達成できると言う妄信を共有。
・絶対的な道徳観
 相対的に体育科目が優秀なので、教師の指導を盲目的に従えば、組織の
 一員となる。優秀でなかったり、指導に反発すれば退部。

社会に出れば、今まで経験したことが、参考になるし、客観的な目で過去
を見つめなおす機会も増える。職業として運動選手を続けられる人は、
ほんのわずか。活動は学校だけでなく、商業クラブでも可能。実力と運が
良ければ芽がでるかもしれない。
一般社会は責任を伴うが、学校生活ほど狭くない。

大阪市教育委員会5人で、市立500校を運営できるとは思えないし、大阪府
教育委員会6人で1800校を運営できるとも思えない。
教育委員会のしくみ/教育委員会の構成
大阪府教育委員のプロフィール

山本博のテレビ番組による自殺扇動に影響を受けたと思われる自殺予告も
発生。結果により、山本博とテレビ局は、自殺教唆か。

大阪官製ネガティブキャンペーン
大阪市 命綱も競争へ
大阪市役所 入れ墨隊がまかり通る


桜宮高入試中止で橋下市長が理解求め生徒と対話(13/01/21)


---「聞いてくれなかった」 元主将ら、涙声で訴え---
2013/1/22
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201301220067.html

 「本当に残念。言葉が出ない」。大阪市立桜宮高の体育系学科の募集中止を受け、同校の運動部の元主将ら、3年生8人が21日に市役所で記者会見した。「私たちの声を十分に聞いてくれなかった」。涙声で橋下徹市長への不満を訴えた。
 制服姿の女子生徒6人と男子生徒2人は、1時間以上、立ったまま会見。「在校生や受験生のことを考えたら、もっと違う結果があったのではないか」と募集中止にやり切れない表情を見せた。
 同日午前、橋下市長は桜宮高を訪問し、在校生に約1時間、説明したが、生徒側は代表2人が計15分間発言しただけ。会見で生徒は「市長から具体的な理由やメリットの説明がなかった」「十分に聞いてくれなかった」と不満をあらわにした。
 市長が「勝利至上主義」と指摘したことには、女子生徒が「礼儀やマナーなど人として大切なことを学んできた。桜宮高の伝統は正しいと思っている」と力を込め、「大人たちから一方的に体育科を奪われ、部活動を奪われようとしている」と言葉を詰まらせた。
 生徒らの会見とほぼ同時刻に記者団の質問に答えた市長は「学校全体で(自殺を)止めることができなかった。連帯責任とは言わないが、当事者だという意識で物事を考えないといけない」と苦言も。一方、男子生徒は市長が募集中止の決定を「素晴らしい」と述べたと知り「反論する人もいるのに、なぜ『素晴らしい』のか」と首をかしげた。


---「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見-大阪市---
2013/01/21-22:36
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013012100907

 大阪市教育委員会が橋下徹市長の要求通り、市立桜宮高校の体育系2科の入試中止を決定した21日夜、同校3年の男子生徒2人と女子生徒6人が記者会見に臨んだ。「私たちは納得いかない」「学校を守りたい」。8人は「まだ結論を覆せるかも」と、橋下市長と市教委に対し、決意の反論を展開した。
 市役所5階の記者クラブで午後7時半から1時間余にわたった会見。8人はいずれも運動部の元キャプテン。制服のブレザー姿で横一列に並んだ。
 「体育科に魅力を感じて受験したいと思う生徒がほとんど。普通科に回されるのは、私たちは納得がいかない」。女子生徒が口火を切った。橋下市長が同日朝、全校生徒を前に説明したが、「具体的な理由がなく、私たちの声も十分に聞いてくれなかった。思いは1時間で話せるわけがない。『生徒、受験生のことを考えて』と何度も繰り返したが、在校生と受験生のことを考えたらもっと違う結果があったんじゃないか」と訴えた。
 橋下市長が体罰の背景に「生徒たちも容認していた」「勝利至上主義」などと発言していたのに対し、女子生徒は「容認していないし、勝つことだけが目標ではなく、礼儀など人として一番大切なことを教えてもらっている」と反論。自殺問題について「心の傷は深く、重く受け止めている。傷を癒せるのは先生」として教諭の総入れ替えにも反対し、「多くの生徒が学校を守りたいと思っている」と強調した。
 男子生徒は「今回の結果が覆せるんじゃないかと、強い思いを持ってきた」と会見の動機を語った。別の女子生徒も「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っている」と力説した。


---桜宮高、他の部でも体罰確認 常態化を示すデータも---
2013年1月21日21時56分
http://www.asahi.com/national/update/0121/OSK201301210066.html

  大阪市教委の永井哲郎教育長は21日、体罰の有無を調査する目的で市立桜宮高校の全生徒と教員にアンケートした結果、すでに市教委が公表しているバスケットボール部、バレーボール部以外の部活でも体罰があったという結果が出たと明らかにした。「複数の部活で、継続的に体罰があった」(市教委関係者)といい、校内で体罰が常態化していたことが確認できたという。
 アンケートは市の外部監察チームと連携して18日に実施。今後、生徒からの聞き取りなど詳しい調査を進める。


---「友達を失い、部活を失い、先生まで失ってしまう。本当につらい」 桜宮高在校生ら---
2013.1.21 21:41
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130121/waf13012121420024-n1.htm

 在校生は「まだ覆せる。できることは何でもやりたい」と憤り、受験生は「詳しい情報がほしい」と困惑した。21日、大阪市教委が決定した市立桜宮高校の体育系2科入試の募集中止は大きな波紋を広げた。
 「本当に残念。言葉が出ない」「納得できない」。同校の運動部を引退した元主将ら3年生の生徒8人は21日夜、市役所で記者会見して涙声で訴えた。
 制服姿で臨んだ会見。同じ時間、市役所の同じフロアで橋下徹市長は記者団に「すばらしい決定」と称賛していたが、生徒たちは「市長は何も分かっていない」「生徒の話を聞いてくれなかった」と強い不満を漏らした。
 同校では運動部が活動停止の状態。さらに橋下市長が同校の教員総入れ替え人事を求めている。生徒の1人は「友達を失い、部活を失い、先生まで失ってしまう。本当につらい」とうなだれた。
 同校体育系2科を志望している受験生や保護者からも戸惑いや憤りの声が上がった。大阪府内の中学3年の女子生徒(15)は「行きたいという思いは今も変わらない。(市教委の決定内容の)詳しい情報がほしい」。別の高校の受験も選択肢に入れているが、願書の提出期限まで情報収集して決定するという。
 生徒の母親(43)は「どういう教育方針になるか、早急に説明会を開いてもらいたい」と要望した。
 橋下市長は同日午前、同校を訪問。在校生に「(学校のあるべき方向性が決まる前に)入試を継続するのは大阪の恥」などと理解を求めたが、在校生からは「受験は人生に一度。受験生から機会を奪ってほしくない」「市長の発言で苦しむ人がいる」などの意見が上がった。
 市長はこの際、物議を醸した自身の「(受験生は)生きているだけで丸もうけ」という発言については「生きていれば回り道をしても、自分のやりたいことに向けて進める。大きな人生で回り道をすることもあるという意味だ」と釈明したというが、市役所で会見を開いた生徒は「自分をかばっている釈明で、私たちには何の謝罪もなかった」などと批判していた。


---桜宮高生徒、涙声で不満訴え「私たちの声聞いてくれなかった」---
2013年1月21日 20:44
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/01/21/kiji/K20130121005033100.html

 「本当に残念。言葉が出ない」。大阪市立桜宮高の体育系学科の募集中止を受け、同校の運動部の元主将ら、3年生8人が21日に市役所で記者会見した。「私たちの声を十分に聞いてくれなかった」。涙声で橋下徹市長への不満を訴えた。
 制服姿の女子生徒6人と男子生徒2人は、1時間以上、立ったまま会見。「在校生や受験生のことを考えたら、もっと違う結果があったのではないか」と募集中止にやり切れない表情を見せた。
 同日午前、橋下市長は桜宮高を訪問し、在校生に約1時間、説明したが、生徒側は代表2人が計15分間発言しただけ。会見で生徒は「市長から具体的な理由やメリットの説明がなかった」「十分に聞いてくれなかった」と不満をあらわにした。
 市長が「勝利至上主義」と指摘したことには、女子生徒が「礼儀やマナーなど人として大切なことを学んできた。桜宮高の伝統は正しいと思っている」と力を込めた。
 管理職と体育科教員の刷新が決まったことに、女子生徒は「心に負った傷は深く、私たちを支えてくれるのは同じ傷を負った先生しかいない。新しい先生に入れ替えては、亡くなった子の思いを帳消しにしてしまうように感じる」と訴えた。
 生徒らの会見とほぼ同時刻に記者団の質問に答えた市長は「学校全体で(自殺を)止めることができなかった。連帯責任とは言わないが、当事者だという意識で物事を考えないといけない」と苦言も。一方、会見した男子生徒は市長が募集中止の決定を「素晴らしい」と述べたと知り「反論する人もいるのに、なぜ『素晴らしい』のか」と首をかしげた。
 下校途中の生徒にも動揺が広がった。体育科3年の女子生徒(17)は「将来の夢まで考えて準備しているのに本当にかわいそう」。スポーツ健康科学科2年の女子生徒(17)は「偉大なOBもたくさんいるのに、伝統を中断してしまうのは残念」と落胆していた。


---自殺予告放置、橋下市長「危機管理の問題」---
2013.1.21 16:10
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130121/waf13012116130013-n1.htm

 大阪市立桜宮高の男子生徒の自殺問題に絡み、女子生徒を名乗る若い女性から大阪市役所のコールセンターに自殺をほのめかすような電話があり、市教委が情報を丸1日放置したことについて、橋下徹市長は21日、「教育委員会の危機管理、大阪市の危機管理の問題だ。教育委員会が反省しているという報告はきている」と述べ、対応が不適切だったとの認識を示した。市役所で記者団の取材に応じた。
 また、電話そのものについては「生徒に自殺はないと確認している。こういう状況に乗じたいたずらはやめてほしい」と話した。


---「教育委員5人で運用無理」 松井大阪府知事---
2013.1.18 14:55
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130118/edc13011814560004-n1.htm

 大阪市立桜宮高のバスケットボール部員自殺問題で、大阪府の松井一郎知事は18日、「市教委の5人の教育委員で500校を超える市立の小中高校をハンドリング(運用)するのは無理だと以前から言い続けてきた。(今回の問題で)無理だとはっきりした」と述べ、組織改革の必要性を指摘した。
 松井氏は「(将来的に)『大阪都』が高校教育をやる。今の段階からでも市立高を府教委が引き受けるのはありだ」と早期移管の可能性に言及。「(公立高を所管する)教育委員会を一本化して充実させ、各校に目が届く組織をつくることが一番良い」と述べた。府庁で記者団に答えた。


---高2男子を自殺に追い込んだ体罰教師の原点---
2013年1月12日 掲載
http://gendai.net/articles/view/kenko/140468

30年前の人気ドラマ「スクール・ウォーズ」との意外な関係
 鉄拳制裁は確固たる信念だったようだ。大阪市立桜宮高校2年の男子生徒(17)を自殺に追い込んだバスケットボール部の顧問の男性教諭K(47)。この時代錯誤の“体罰至上主義”の裏に何があるのか。人気スポ根ドラマのモデルとなった熱血教師との意外な関係――。
 自殺した生徒は亡くなる前日、「顧問に30~40発殴られた」と母親に漏らし、Kも「キャプテンなので厳しく指導した」と体罰を認めている。大阪府警捜査1課はKが体罰を繰り返していた疑いがあるとして、暴行容疑などで捜査に乗り出す方針を固めた。
 驚くのはKの超アナクロ“教育哲学”だ。大阪市教育委員会の聞き取りに対し、「強い部にするために体罰が必要だと考えていた」と話し、「叩くことでいい方向に向く生徒もいた」「(自殺した)男子生徒にもそうなって欲しいと思った」と語ったという。
「優秀かどうかは別として、Kが熱血漢の指導者だったのは間違いない。桜宮高校には18年間勤務。顧問として率いるバスケ部を全国強豪チームに育て、現在は大阪高体連バスケットボール専門部の技術委員長も務めています。ゲンコツを“愛のムチ”と信じて疑わなかったといいます」(市教育関係者)
 スパルタ教育のベースを追っていくと、30年前に人気となったドラマ「スクール・ウォーズ」に行き着く。主人公の滝沢賢治のモデルは伏見工業ラグビー部を全国トップの常勝チームに導いた名物指導者、山口良治氏だ。有名語録に〈「体罰禁止」を錦の御旗にした無為無策な教師たちが学校を悪くする〉があり、06年6月14日付「朝日新聞」のインタビューではこんな持論を展開した。
〈僕は昔、親の前でも、子供を殴ったこともあったけれど、それを体罰だとは思っていません〉〈泣きながら殴ったことを今でも覚えてます。あれで子供たちが気づいてくれてね。それが今の伏見工の原点です〉
 Kは山口氏の日体大体育学部の後輩で、実は縁戚関係もある。
 山口氏の教え子であり、伏見工業ラグビー部現監督の高崎利明氏は、「私の口からは何も言えない。ノーコメント」と言うばかり。
 30年前のドラマの流儀をそのまま今の高校に押し付けようとしてもムリがある。それで命が失われたのだとすれば、やり切れない。

2013年1月22日火曜日

DSN UAV通信衛星受託か

DSNは、UAV運用可能な通信衛星を受託した。
 スカパーJSAT、NEC、NTTコミュケーションズの3社は、3社の共同出資
会社であるディー・エス・エヌ(DSN)が防衛省から、Xバンド衛星通信中継
の整備・運営事業を受注したと発表した。自衛隊の部隊間通信などに運用
される衛星通信システムを手掛けるもので、契約期間は2013年から2031年
まで、契約金額は総額で約1220億円となる。
 DSNは2機の通信衛星の製造と打ち上げのほか、地上施設の整備や運用、
維持管理を行う。

スカパーの資料によれば、1機打上げに250億、1機の運用管理に250億。
1機の生涯経費が500億円かかるとのこと。
2機の発注で1000億円。それに、地上設備の整備運用管理に220億円らしい。
防衛省は、中継器2機の発注とのこと。通信衛星に組込まれた中継器か、
中継器のみかは不明。

スカバーJSATは、地上36000kmの軌道上にある静止衛星。
Superbird-B2 中継器本数(帯域幅x本数)
 Ku: 36MHz x 23
 Ka: 100MHz x 5
 200MHz x 1
Superbird-C2 中継器本数(帯域幅x本数)
 36MHz x 8
 27MHz x 20

自衛隊の使用する通信衛星を使った長距離通信回線数は調べた限り
56回線。通信隊や通信中隊に1回線は満足できるようだ。
WINDSは最大1.2Gbpsの通信速度とのことで、UAVの通信が自衛隊仕様に
なれば十分に運用できる回線も確保可能となる。
銀河3号2号機の偵察で内閣衛星情報センターによる監視体制が報道され、
米軍の出先機関との説もある。
英国への純防衛装備品輸出でUAV運用システムを売り込めば、高額な契約
となるかもしれない。

BAES タラニス初公開
銀河3号2号機発射 光明星3号が軌道進入
衆院選2012 タカ派選択
純防衛装備品輸出へ


---スカパーなど3社が防衛通信用の衛星事業を受注 Xバンド、総額1220億円---
2013.1.15 18:02
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130115/biz13011518110020-n1.htm

 スカパーJSAT、NEC、NTTコミュケーションズの3社は15日、3社の共同出資会社であるディー・エス・エヌ(DSN)が防衛省から、Xバンド衛星通信中継の整備・運営事業を受注したと発表した。自衛隊の部隊間通信などに運用される衛星通信システムを手掛けるもので、契約期間は2013年から2031年まで、契約金額は総額で約1220億円となる。
 DSNは2機の通信衛星の製造と打ち上げのほか、地上施設の整備や運用、維持管理を行う。


--- 防衛省の次期Xバンド通信衛星、スカパーJSATやNECらが1220億円で受注---
2013/01/15
清嶋 直樹=ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130115/449621/?top_tl1

 防衛省・自衛隊は2013年1月15日、「Xバンド」衛星通信中継等の整備・運営事業について、同日付でスカパーJSATグループと契約締結したと発表した。スカパーJSATは特別目的会社としてディー・エス・エヌを設立し、スカパーJSATが65%、NECが17.5%、NTTコミュニケーションズが17.5%の割合で出資する。このディー・エス・エヌが次期Xバンド衛星の打ち上げから運用までを一括して受託する。
 契約期間は1月15日から2031年3月31日までで、契約金額は全期間総計で1220億7402万6613円(税込み)。この間にスカパーJSATはXバンド通信用衛星を2機打ち上げて運用する。NECは衛星の製造や地上施設の整備を担当。NTTコミュニケーションズは地上施設の維持管理を請け負う。
 Xバンド通信は8GHz以上の高周波数帯域を使う通信のこと。携帯電話通信や地上デジタル放送などよりもはるかに高い周波数で、従来の衛星通信と比較して、気象などの影響を受けにくい、高速・安定通信が可能である、といった特徴がある。
 現在、防衛省・自衛隊はXバンド通信衛星3機を運用しているが、このうち2機が2015年度中に設計寿命を迎える。このため、公共事業に民間企業が参画する「PFI事業」として、後継機の打ち上げ・運用を推進することになった。次期Xバンド衛星では、陸・海・空の各自衛隊を連携・横断する情報通信基盤として活用し、大規模災害や領海・領空侵犯などへの迅速な対応がしやすい体制を整える。


---Xバンド衛星通信システム整備・運営事業をスカパーJSAT、NEC、NTT Comが受託---
2013.01.15
板垣 朝子
http://wirelesswire.jp/News_in_Japan/201301152110.html

 1月15日、防衛省は、「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業に係る事業」について、スカパーJSAT、日本電気(以下NEC)、NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)の出資により設立された株式会社ディ-・エス・エヌ(以下ディー・エス・エヌ)との間で事業契約を締結したことを発表した。
 この事業は、国の次期Xバンド通信衛星システムを整備・運営するPFI事業で、2機の通信衛星の製造・打ち上げ、および管制設備機材などの地上施設の整備および運用を実施する。
 Xバンド通信は、衛星通信で利用されている他の帯域に比べ気象などの影響を受けにくいという特徴がある。防衛省・自衛隊は現在、主として作戦部隊の指揮統制を目的とした衛星通信における基幹通信として、スーパーバードB2号機、同C2号機及び同D号機の3機によるXバンド衛星通信システムを運用しているが、うち2015年度中にB2号機、D号機の2機の設計寿命到来が予定されており、後継衛星の整備が急務となっていた。
 1号機は2015年12月に打ち上げ・2016年3月から運用開始、2号機は2017年1月に打ち上げ・2017年3月から運用開始の予定。事業終了(運用終了)は2031年3月を予定している。契約金額は122,074,026,613円(税込)。


---「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」の実施について---
2013-R002
(報道発表資料)
2013年1月15日
スカパーJSAT株式会社
日本電気株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20130115.html

 スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 高田 真治、以下「スカパーJSAT」)、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 遠藤 信博、以下「NEC」)およびNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 有馬 彰、以下「NTT Com」)は、3社の出資により設立された株式会社ディ-・エス・エヌ(本社:東京都港区、代表取締役 小山 公貴(こやま こうき)、以下「ディー・エス・エヌ」)が、本日、防衛省と「Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」(以下「本事業」)に係る事業契約を締結いたしましたことをお知らせします。


1.事業の内容
本事業は、国の次期Xバンド衛星通信システムを整備・運営するPFI事業(*)です。ディー・エス・エヌは、本事業契約の締結に基づき、2機の通信衛星の製造および打ち上げ、並びに管制設備器材等の地上施設の整備を実施し、2015年度より2030年度までの間、当該設備の運用・維持管理を行う予定です。

2.本事業のスキーム(参考資料参照)
本事業主体は、ディー・エス・エヌとなり、ディー・エス・エヌの傘下で各企業が以下の役割分担にて、業務を実施いたします。
 スカパーJSAT:本事業衛星の調達・運用、全般管理等
 NEC:本事業衛星の製造、地上施設(局舎以外)の整備等
 NTT Com:地上施設(局舎以外)の維持管理等
 前田建設工業株式会社:地上施設(局舎のみ)の整備および維持管理

3.契約期間
平成25年(2013年)1月15日から平成43年(2031年)3月31日

4.契約金額 (契約期間全期間を通じて)
122,074,026,613円(税込み)

5.株式会社ディー・エス・エヌの概要 (2013年1月15日現在)
(1) 商号:株式会社ディー・エス・エヌ
(2) 所在地:東京都港区赤坂1-14-14
(3) 代表者:代表取締役 小山 公貴(こやま こうき)
(4) 設立年月日:2012年12月19日
(5) 資本金:10億円
(6) 株式構成および所有割合:
  スカパーJSAT(65.0%)
  NEC(17.5%)、
  NTT Com(17.5%)

6.今後のスケジュール(予定)
 1号機      平成27年(2015年)12月 打上げ
 平成28年(2016年) 3月 運用開始
 平成42年(2030年) 4月 運用終了
 2号機      平成29年(2017年) 1月 打上げ
 平成29年(2017年) 3月 運用開始
 平成43年(2031年) 3月 運用終了(事業終了)


---質問本文情報  自衛隊が保有する通信衛星と無人機の導入に関する質問主意書---
平成二十三年十二月五日提出
提出者  吉井英勝
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a179095.htm

質問第九五号
自衛隊が保有する通信衛星と無人機の導入に関する質問主意書
     自衛隊は、ミサイル防衛や海外での自衛隊の派兵活動等、様々な領域で人工衛星を使った衛星通信を活用している。一九八三年、自衛隊が硫黄島に駐留する際に宇宙開発事業団(当時)が打ち上げた通信衛星(CS-2)を利用できるかどうかが問題となったが、「公衆電気通信法(現在の電気通信事業法)により公衆電気通信役務が課せられており、その役務をあまねく無差別に提供することが法的義務として求められていたことから、自衛隊だけを逆差別せず、役務の提供をすることが妥当」という政府の解釈により、自衛隊による衛星通信の軍事利用が始まった。その後、一九八五年に海上自衛隊による米国の軍事通信衛星(フリートサット)の利用が問題となった際には、政府は「その利用が一般化している衛星及びそれと同様の機能を有する衛星については、自衛隊による利用が認められると考える」という解釈(いわゆる一般化理論)までも作り上げるに至った。
     衛星通信は周波数帯により様々な分類がされているが、自衛隊はそのうちXバンド(X帯)と呼ばれる周波数帯の衛星通信を基幹通信として位置づけている。現在、自衛隊のXバンドの衛星通信は民間の衛星通信会社「スカパーJSAT」が保有する商用衛星「スーパーバード」三機に搭載したXバンドの中継器を借り上げる形で運用されている。この三機の商用衛星のうち二機(B2号機とD号機)が二〇一五年度中に設計寿命を迎えるという理由から、防衛省は「次期Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」という名称で、後継のXバンド通信衛星を利用した自衛隊による宇宙の軍事利用を進めている。後継二機の衛星製造、打ち上げ、管制等はPFI事業により民間企業(特定目的会社)が担うが、衛星の保有者はこれまでの衛星通信企業ではなく、国(防衛省)になることが明らかとなっている。
     これまでも自衛隊は、民間企業が所有する衛星を使って衛星通信の用途をなし崩し的に拡大してきたが、自衛隊自らが主体となって軍事通信衛星を保有し利用することは初めてのことである。これは平和主義の理念を掲げた憲法を持つ我が国としてきわめて深刻な問題である。
     よって、次のとおり質問する。なお、すべて西暦で表記されたい。

(一) 衛星通信で使われる周波数帯の区分と周波数を示されたい。そのうち、Xバンドの特徴と利点、欠点は何か。
(二) これまで我が国が保有してきた通信衛星や放送衛星(技術試験衛星を含む)すべてについて、名称、主たる製造者(企業名)と国名、運用者・保有者の名称と国名、周波数帯と周波数、運用開始日、打ち上げに使ったロケット名と国名、打ち上げ日を示されたい。また、このうち自衛隊が通信に利用(実験を含む)した衛星の名称を、Xバンドとそれ以外の周波数帯に分け示されたい。なお、箇条書きで分かりやすく表されたい。
(三) 自衛隊がXバンドの衛星通信を使い始めたのはいつからで、どのような理由からか。また、自衛隊がXバンドの衛星通信を基幹通信と位置づけている理由は何か。
(四) 我が国の民間通信衛星でXバンドの周波数帯を使用しているものはあるか。ないとすればその理由は何か。
(五) 自衛隊が利用しているXバンド通信衛星、後継のXバンド通信衛星は「その利用が一般化している衛星及びそれと同様の機能を有する衛星」の範疇に入るのか。その根拠とともに示されたい。
(六) 現在、自衛隊はXバンドの衛星通信を、スカパーJSAT社保有の「スーパーバード」に搭載したXバンド中継器を「Xバンド対応通信衛星の中継器の借上げ」という形態で使用している。スーパーバード搭載のXバンド中継器は「MCC社」が所有するもので、現在、防衛省は同社との間で契約を結びXバンドの衛星通信を行っている。防衛省が同社の設立以来これまでに支払ってきた年度別の金額(円単位)はいくらで、合計いくらになるか。また、同社の年度別の総売上額はいくらで、そのうち防衛省との間の契約額の割合は何%を占めるか。
(七) MCC社の設立について、二〇〇一年五月二十三日の防衛庁「離職者就職審査分科会」議事録によると、同社は「移動体通信衛星を利用するにあたり、その役務を防衛庁に提供するために、三菱商事株式会社、三菱電機株式会社、宇宙通信株式会社、日本電気株式会社及び株式会社東芝が出資して設立した会社でございます。通信衛星役務を防衛庁に提供するために作った会社です。」「海上自衛隊の出來というものが顧問で就職し、平成十一年六月に取締役になりました。」という防衛庁(当時)側からの説明がある。
 MCC社のように、これまで自衛隊の活動を主目的として設立された法人が他にあれば明らかにされたい。また、MCC社と、同社以外に自衛隊の活動を主目的として設立された法人各々について、設立以来現在まで、前記の海上自衛隊の出來氏を含め、防衛省退職者はのべ何人が在籍していたか。あわせて、その氏名、退職時の官職もしくは職位、階級を示されたい。
(八) 自衛隊が現在Xバンド通信に使用している通信衛星(スーパーバード)の静止軌道位置の経度は、それぞれ何度か。また、その通信可能領域に含まれる国名あるいは地域名をすべて明らかにされたい。
(九) Xバンドの衛星通信を、現在の借上方式からPFI事業に変更する理由は何か。具体的かつ詳細に示されたい。また、PFI事業にした場合の総事業費(千円単位)はいくらで、契約期間は何年を見込んでいるのか。
(十) 防衛省は、Xバンド衛星通信のために、MCC社に対し二〇一〇年度実績で年間に約六十一億九千万円を支払っている。PFI事業にすることによって、コストを低減することができるのか。低減できるとすれば、その金額を算出根拠とともに示されたい。また、仮に詳細なコスト分析はこれから算出するのであれば、コストが低減できない分析結果が出た場合には、PFI事業によるXバンド通信衛星の運用は行わないことになるのか。その際はどういう形態で運用するのか明らかにされたい。
(十一) 本年二月に当方が防衛省に求めた説明資料の中では、後継の通信衛星二機の所有権についてはPFI事業を運営する特別目的会社に帰属すると記述されている。その後、十一月二日に防衛省が公表した「Xバンド衛星中継機能等の整備・運営事業」実施方針において、「事業者は、本事業衛星を静止軌道位置で安定させ、所要の通信機能が発揮されることを確認した上で、本事業衛星を国に引き渡す」と、後継の通信衛星は国、すなわち防衛省-自衛隊が保有することを明らかにしている。後継通信衛星の保有者について、PFI事業者から防衛省に変更したのはいつで、また、保有者を防衛省にすることにした詳細な理由を明らかにされたい。
(十二) PFI事業者が調達することになる通信衛星は、いわゆる日米衛星調達合意に基づき国際競争入札の対象となるのか。自衛隊が活用する衛星なので対象外なのか。
(十三) 自衛隊が保有することになる通信衛星は、自衛隊の装備品となるのか。ならないとすれば、その理由は何か。
(十四) 艦船、航空機、潜水艦等の移動体のXバンド衛星通信の通信機器整備にこれまで要した経費(千円単位)はいくらで、今後必要とする経費(同)はいくらと見込んでいるか。
(十五) Xバンド衛星通信のための国内外の地上局(航空地球局、海岸地球局等)、管制局の各々の正式な名称、設置場所(正確な地名)、設置日を明らかにされたい。また、各々について設置に要した経費(千円単位)はいくらか。今後整備するのであれば、設置場所、設置予定時期、必要と見込まれる経費(同)を明らかにされたい。
(十六) 現在、自衛隊がXバンド衛星通信に利用している三機のスーパーバードのうちC2号機も将来的には設計寿命を迎え機能を停止するが、その時期はいつになっているか。また、設計寿命を迎えるに当たって、後継機も防衛省が保有しPFI事業で運用することを検討しているのか。あるいは、その可能性はないのか。
(十七) 海上自衛隊の「Xバンド衛星中継器等」の仕様書に、「この装置の打ち上げロケットは、H-ⅡA又はAriane5相当を想定するものとする。」とある。我が国のロケット以外に外国のロケットを打ち上げに使う選択肢が仕様書に書かれているが、「国内産業の振興」を定めた宇宙基本法との整合性をどのようにして図っているのか。
(十八) Xバンド通信衛星の目的は、防衛省の公表資料中に「国際平和協力活動等における現地状況の迅速な把握と的確な指揮命令」「弾道ミサイル防衛や警戒監視、各種事態における迅速な情報伝達と的確な指揮命令」「抗たん性に優れた高速大容量通信を可能とし、通信システムとしての共通化を図り、全自衛隊として情報共有し、統合幕僚監部による一元化した通信統制の下、統合運用を実現」と記述されている。Xバンド通信衛星を使った自衛隊の宇宙の軍事利用の目的は、国内外での米国との軍事活動における情報の迅速かつ的確な伝達である。現在のXバンド通信衛星と次期Xバンド通信衛星は、米軍との情報共有ができるように設計され、米軍と共通運用されるようになっているのか。あるいは米軍には受信できない設計なのか。
(十九) 防衛省の「宇宙開発利用に関する基本方針」における「宇宙開発利用の推進に関する施策」の一つに、「衛星通信機能を有する衛星」が掲げられ、「今後の衛星通信機能の向上の方法(汎用商用衛星及び防衛専用衛星の利用、他省庁または民間との相乗り、民間事業者の能力の活用)については、通信所要(覆域、容量、ネットワークの統合化、抗たん性等)を明らかにしたうえで、利用の安定性、運用形態(統合運用、国際平和協力活動)、ライフサイクルコストを含めた費用対効果等をも踏まえ、最適な方法を検討する。また、今後の通信所要を検討した上で、通信の大容量化への対応について検討を進める。」と記述されている。この「衛星通信機能を有する衛星」とは、後継のXバンド通信衛星と理解してよいか。
(二十) 「宇宙開発利用に関する基本方針」は、他にも「電波情報収集機能を有する衛星」、「早期警戒機能を有する衛星」をあげている。これらの衛星の導入に関する現在の検討状況を明らかにされたい。また、これらの衛星は「その利用が一般化している衛星及びそれと同様の機能を有する衛星」の範疇に入るのか。
(二十一) 二〇一〇年一月、防衛省は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した超高速インターネット衛星「きずな」を使って、硫黄島での無人機の飛行実験の動画を入間基地等にリアルタイムで伝送した。その後の自衛隊による「きずな」、準天頂衛星「みちびき」等の人工衛星を使った動画伝送実験や衛星測位実験の取り組みとその成果について明らかにされたい。
(二十二) 東京電力・福島第一原子力発電所の事故発生直後、米国は無人機の一つ「グローバルホーク」を日本に持ち込み、事故状況に関する情報収集を行った。グローバルホークの持ち込みに関し、日米間でどのような手続きを経たのか。また、グローバルホークの管制はどこで行ったのか、施設名を明らかにされたい。米国内の基地か、在日米軍基地か。
(二十三) 防衛省は原発事故を踏まえ、日米のメーカーから無人機の導入について検討しているという。また、先島諸島とその周辺の監視のためにも無人機の導入を検討しているとも聞く。これらの詳細について明らかにされたい。また、無人機の研究開発や調査に関する今後の取り組みについて、事項ごとに事業費、予算額(概算要求含む)を示されたい。
右質問する。

---内閣衆質一七九第九五号---
平成二十三年十二月十三日受領
平成二十三年十二月十三日
内閣総理大臣 野田佳彦
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b179095.htm
衆議院議長 横路孝弘 殿
答弁第九五号

    衆議院議員吉井英勝君提出自衛隊が保有する通信衛星と無人機の導入に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

衆議院議員吉井英勝君提出自衛隊が保有する通信衛星と無人機の導入に関する質問に対する答弁書

(一)について
     我が国において一般的に衛星通信で用いられるものとして割当て可能な周波数は、一・五一八ギガヘルツから一・五五九ギガヘルツまで、一・六一ギガヘルツから一・六六〇五ギガヘルツまで、一・六六八ギガヘルツから一・六七五ギガヘルツまで、一・九八ギガヘルツから二・〇一ギガヘルツまで、二・一七ギガヘルツから二・二ギガヘルツまで、二・四八三五ギガヘルツから二・五三五ギガヘルツまで、二・六五五ギガヘルツから二・六九ギガヘルツまで、三・四ギガヘルツから四・二ギガヘルツまで、四・五ギガヘルツから四・八ギガヘルツまで、五・〇九一ギガヘルツから五・二五ギガヘルツまで、五・八五ギガヘルツから七・〇七五ギガヘルツまで、七・二五ギガヘルツから七・七五ギガヘルツまで、七・九ギガヘルツから八・四ギガヘルツまで、十・七ギガヘルツから十一・七ギガヘルツまで、十二・二ギガヘルツから十三・二五ギガヘルツまで、十三・七五ギガヘルツから十四・五ギガヘルツまで、十五・四三ギガヘルツから十五・六三ギガヘルツまで、十七・三ギガヘルツから二十一・二ギガヘルツまで、二十四・七五ギガヘルツから二十五・二五ギガヘルツまで及び二十七ギガヘルツから三十一ギガヘルツまでである。
     いわゆるXバンドと呼ばれる七・二五ギガヘルツから七・七五ギガヘルツまで及び七・九ギガヘルツから八・四ギガヘルツまでの周波数帯の電波は、一般に、移動通信の面では、より高い周波数の電波に比べ優れているが、より低い周波数の電波に比べ劣っており、また、大容量通信の面では、より低い周波数の電波に比べ優れているが、より高い周波数の電波に比べ劣っている。

(二)について
     お尋ねの「我が国が保有してきた通信衛星や放送衛星(技術試験衛星を含む)」の①名称、②「運用者・保有者の名称と国名」、③周波数帯・周波数、④「打ち上げに使ったロケット名と国名」、⑤打ち上げ日、⑥定常段階に移行した日及び⑦「主たる製造者(企業名)と国名」については、関係する資料の保存期間が満了しているものもあること等から、網羅的かつ確定的にお示しすることは困難であるが、現時点において承知している限りでお示しすると、次のとおりである。なお、防衛省・自衛隊が使用する周波数帯の詳細については、これを明らかにした場合、自衛隊の部隊等の運用に支障を及ぼすおそれがあることから、答弁を差し控えたい。
      ①JCSAT‐1B ②スカパーJSAT株式会社(以下「スカパーJSAT」という。)(日本) ③十二・〇〇八〇五ギガヘルツから十二・七四六四五ギガヘルツまで ④ArianeⅣ(フランス) ⑤平成九年(千九百九十七年)十二月三日
      ①JCSAT‐2A ②スカパーJSAT(日本) ③三・七〇二一ギガヘルツから四・一九七ギガヘルツまで及び十二・二五三二五ギガへルツから十二・七四八二五ギガヘルツまで ④ArianeⅣ(フランス) ⑤平成十四年(二千二年)三月二十九日
      ①JCSAT‐3A ②スカパーJSAT(日本) ③三・九四ギガヘルツから四・二ギガヘルツまで及び十二・二ギガへルツから十二・七四八ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成十八年(二千六年)八月十二日
      ①JCSAT‐4A ②スカパーJSAT(日本) ③十二・二五四五五ギガへルツから十二・七三三ギガヘルツまで ④AtlasⅡAS(米国) ⑤平成十年(千九百九十八年)十月一日
      ①JCSAT‐5A/N‐STAR‐d ②スカパーJSAT(日本)及び株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下「NTTドコモ」という。)(同国) ③二・五〇五ギガヘルツから二・五三四九七七五ギガヘルツまで、三・七ギガヘルツから四・一二ギガヘルツまで、四・一二四〇一二五ギガヘルツから四・一九五九七七五ギガヘルツまで及び十二・二五四ギガへルツから十二・七四九ギガヘルツまで ④Zenit‐3SL(米国) ⑤平成十八年(二千六年)四月十三日
      ①N‐STAR‐c ②スカパーJSAT(日本)及びNTTドコモ(同国) ③二・五二ギガヘルツから二・五三五ギガヘルツまで及び四・一二四〇一二五ギガヘルツから四・一九五九七七五ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成十四年(二千二年)七月六日
      ①SUPERBIRD‐A2/MCS‐2a‐C ②宇宙通信株式会社(当時)(日本)及び株式会社エム・シー・シー(以下「MCC」という。)(同国) ③七ギガヘルツ及び八ギガヘルツ、十二・二七二〇五一ギガヘルツから十二・七四七九四九ギガヘルツまで並びに十八・七三五〇八ギガヘルツから十九・一九四九二ギガヘルツまで ④AtlasⅡAS(米国) ⑤平成十六年(二千四年)四月十六日
      ①SUPERBIRD‐A3 ②スカパーJSAT(日本) ③十二・二九三ギガヘルツから十二・七四六五ギガヘルツまで ④AtlasⅡAS(米国) ⑤平成九年(千九百九十七年)七月二十八日
      ①SUPERBIRD‐B2/MCS‐3b‐C ②スカパーJSAT(日本)及びMCC(同国) ③七ギガヘルツ及び八ギガヘルツ、十二・二七二〇五一ギガヘルツから十二・七四七九四九ギガヘルツまで並びに十八・四九五〇八ギガヘルツから十九・三一四九二ギガヘルツまで ④Ariane44LP(フランス) ⑤平成十二年(二千年)二月十八日
      ①SUPERBIRD‐C ②スカパーJSAT(日本) ③十一・九〇二〇五一ギガヘルツから十二・七四六四四九ギガヘルツまで ④AtlasⅡAS(米国) ⑤平成九年(千九百九十七年)七月二十八日
      ①SUPERBIRD‐C2/MCS‐2c‐C ②スカパーJSAT(日本)及びMCC(同国) ③七ギガヘルツ及び八ギガヘルツ並びに十二・二七一五五ギガヘルツから十二・七四六四五ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成二十年(二千八年)八月十五日
      ①SUPERBIRD‐D/JCSAT‐110/MCS‐1d‐C ②スカパーJSAT(日本)及びMCC(同国) ③七ギガヘルツ及び八ギガヘルツ並びに十二・二五三ギガへルツから十二・七二九ギガヘルツまで ④ArianeⅣ(フランス) ⑤平成十二年(二千年)十月七日
      ①BSAT‐2c ②株式会社放送衛星システム(以下「B‐SAT」という。)(日本) ③十二・〇三四三六ギガヘルツ ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成十五年(二千三年)六月
      ①BSAT‐3a ②B‐SAT(日本) ③十一・七二七四八ギガヘルツから十一・七六五八四ギガヘルツまで及び十一・八〇四二ギガヘルツから十二・〇三四三六ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成十九年(二千七年)四月
      ①BSAT‐3b ②B‐SAT(日本) ③十一・七二七四八ギガヘルツから十一・七六五八四ギガヘルツまで及び十一・九五七六四ギガヘルツから十二・一四九四四ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成二十二年(二千十年)九月
      ①BSAT‐3c ②B‐SAT(日本) ③十一・八〇四二ギガヘルツから十一・九一九二八ギガヘルツまで及び十二・〇三四三六ギガヘルツから十二・一四九四四ギガヘルツまで ④ArianeⅤ(フランス) ⑤平成二十三年(二千十一年)四月
      ①技術試験衛星Ⅱ型「きく二号」(ETS‐Ⅱ) ②宇宙開発事業団(当時。以下「事業団」という。)等(日本) ③二ギガヘルツから三ギガヘルツまで及びその近傍の周波数、十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐I三号機(同国) ⑤昭和五十二年(千九百七十七年)二月二十三日 ⑥同年五月八日 ⑦三菱電機株式会社(以下「三菱電機」という。)(同国)
      ①実験用中容量静止通信衛星「さくら」(CS) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④デルタ二千九百十四型百三十七号機(米国) ⑤昭和五十二年(千九百七十七年)十二月十五日 ⑥昭和五十三年(千九百七十八年)五月十五日 ⑦三菱電機(日本)
      ①実験用中型放送衛星「ゆり」(BS) ②事業団等(日本) ③十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④デルタ二千九百十四型百四十号機(米国) ⑤昭和五十三年(千九百七十八年)四月八日 ⑥同年七月二十日 ⑦株式会社東芝(以下「東芝」という。)(日本)
      ①実験用静止通信衛星「あやめ」(ECS) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐I五号機(同国) ⑤昭和五十四年(千九百七十九年)二月六日 ⑥軌道投入に失敗 ⑦三菱電機(同国)
      ①実験用静止通信衛星「あやめ二号」(ECS‐b) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐I六号機(同国) ⑤昭和五十五年(千九百八十年)二月二十二日 ⑥軌道投入に失敗 ⑦三菱電機(同国)
      ①通信衛星二号‐a「さくら二号‐a」(CS‐2a) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐Ⅱ三号機(同国) ⑤昭和五十八年(千九百八十三年)二月四日 ⑥同年五月五日 ⑦三菱電機(同国)
      ①通信衛星二号‐b「さくら二号‐b」(CS‐2b) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐Ⅱ四号機(同国) ⑤昭和五十八年(千九百八十三年)八月六日 ⑥同年十一月一日 ⑦三菱電機(同国)
      ①放送衛星二号‐a「ゆり二号‐a」(BS‐2a) ②事業団等(日本) ③十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐Ⅱ五号機(同国) ⑤昭和五十九年(千九百八十四年)一月二十三日 ⑥同年四月二十一日 ⑦東芝(同国)
      ①放送衛星二号‐b「ゆり二号‐b」(BS‐2b) ②事業団等(日本) ③十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④N‐Ⅱ八号機(同国) ⑤昭和六十一年(千九百八十六年)二月十二日 ⑥同年七月十一日 ⑦東芝(同国)
      ①技術試験衛星Ⅴ型「きく五号」(ETS‐Ⅴ) ②事業団等(日本) ③一・五ギガヘルツから一・六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐I試験機二号機(同国) ⑤昭和六十二年(千九百八十七年)八月二十七日 ⑥同年十一月三十日 ⑦三菱電機(同国)
      ①通信衛星三号‐a「さくら三号‐a」(CS‐3a) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐I三号機(同国) ⑤昭和六十三年(千九百八十八年)二月十九日 ⑥同年五月十六日 ⑦三菱電機(同国)
      ①通信衛星三号‐b「さくら三号‐b」(CS‐3b) ②事業団等(日本) ③四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐I四号機(同国) ⑤昭和六十三年(千九百八十八年)九月十六日 ⑥同年十二月八日 ⑦三菱電機(同国)
      ①放送衛星三号‐a「ゆり三号‐a」(BS‐3a) ②事業団等(日本) ③十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐I七号機(同国) ⑤平成二年(千九百九十年)八月二十八日 ⑥同年十一月二十八日 ⑦日本電気株式会社(以下「NEC」という。)(同国)
      ①放送衛星三号‐b「ゆり三号‐b」(BS‐3b) ②事業団等(日本) ③十二ギガヘルツから十四ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐I八号機(同国) ⑤平成三年(千九百九十一年)八月二十五日 ⑥同年十月二十四日 ⑦NEC(同国)
      ①技術試験衛星Ⅵ型「きく六号」(ETS‐Ⅵ) ②事業団等(日本) ③二ギガヘルツから三ギガヘルツまで及びその近傍の周波数、四ギガヘルツから六ギガヘルツまで及びその近傍の周波数、二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに四十ギガヘルツから五十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐Ⅱ試験機二号機(同国) ⑤平成六年(千九百九十四年)八月二十八日 ⑥同年十二月十五日 ⑦東芝(同国)
      ①通信放送技術衛星「かけはし」(COMETS) ②事業団等(日本) ③二十ギガヘルツから三十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数並びに四十ギガヘルツから五十ギガヘルツまで及びその近傍の周波数 ④H‐Ⅱ五号機(同国) ⑤平成十年(千九百九十八年)二月二十一日 ⑥同年七月二十三日 ⑦NEC(同国)
      ①技術試験衛星Ⅷ型「きく八号」(ETS‐Ⅷ) ②独立行政法人宇宙航空研究開発機構(以下「JAXA」という。)(日本)、独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」という。)(同国)及び日本電信電話株式会社(同国) ③二・五〇〇五五ギガヘルツから二・五〇二九五ギガヘルツまで及び二十・七八五〇五ギガヘルツから二十・八三五〇五ギガヘルツまで ④H‐ⅡA十一号機(同国) ⑤平成十八年(二千六年)十二月十八日 ⑥平成十九年(二千七年)四月二十五日 ⑦三菱電機(同国)
      ①超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS) ②JAXA(日本)及びNICT(同国) ③十七・七ギガヘルツから十八・九ギガヘルツまで ④H‐ⅡA十四号機(同国) ⑤平成二十年(二千八年)二月二十三日 ⑥同年六月三十日 ⑦NEC(同国)
     これらのうち、防衛省(平成十九年一月九日より前は防衛庁。以下同じ。)・自衛隊が「通信に利用(実験を含む)した衛星」の名称については、関係する資料の保存期間が満了しているものもあること等から、網羅的かつ確定的にお示しすることは困難であるが、現時点において承知している限りでお示しすると、Xバンドについては、SUPERBIRD‐A2/MCS‐2a‐C、SUPERBIRD‐B2/MCS‐3b‐C、SUPERBIRD‐C2/MCS‐2c‐C及びSUPERBIRD‐D/JCSAT‐110/MCS‐1d‐C、それ以外の周波数帯については、SUPERBIRDのうちのいずれか、JCSATのうちのいずれか、N‐STARのうちのいずれか及び超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)である。

(三)について
     防衛省・自衛隊は、洋上における艦艇の通信の信頼性向上等のため、平成二年(千九百九十年)三月からXバンドの電波を用いた衛星通信の利用を開始した。
     防衛省・自衛隊では、気象や地形の制約を受けにくいXバンドの電波を用いた衛星通信は、通信接続の確実性が高く、広範囲の通信が可能であることから、これを自衛隊の部隊等を指揮統制するための基幹通信と位置付けているところである。

(四)について
     我が国の民間通信衛星でXバンドの周波数帯を使用しているものはある。

(五)について
     防衛省・自衛隊が現在利用しているXバンド通信衛星はもとより、その後継衛星は、既に民間の通信衛星で利用されているものと同様の機能を有するものである。

(六)について
     防衛省・自衛隊がMCCに支払った年度別の金額及び合計額について、防衛省・自衛隊が現在保存している関係書類によって把握できる限りでお示しすると、次のとおりである。
     平成十八年度(二千六年度) 七十二億四千八百四十一万二千五百円
     平成十九年度(二千七年度) 六十七億二千百三万九千五百円
     平成二十年度(二千八年度) 六十三億千四百五十七万六千百円
     平成二十一年度(二千九年度) 六十六億七千五百四十六万五千三百円
     平成二十二年度(二千十年度) 六十五億七千八百五十二万三千円
     合計 三百三十五億三千八百一万六千四百円
     また、MCCの①年度別の総売上高及び②総売上高に占める防衛省との間の契約額の割合について、防衛省・自衛隊が現在保存している自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)第六十二条第三項の規定に基づく承認に係る関係書類に記載されている金額(総売上高については、消費税相当額が除かれた金額)によってお示しすると、次のとおりである。
     平成七年度(千九百九十五年度) ①七十一億千九百万円 ②九十九・六パーセント
     平成八年度(千九百九十六年度) ①六十八億千六百万円 ②九十九・七パーセント
     平成九年度(千九百九十七年度) ①六十三億七千六百万円 ②九十九・七パーセント
     平成十年度(千九百九十八年度) ①八十一億千六百万円 ②九十八・九パーセント
     平成十一年度(千九百九十九年度) ①九十五億二千七百万円 ②九十九・八パーセント
     平成十二年度(二千年度) ①九十億五千五万五千円 ②九十九・七八パーセント
     平成十三年度(二千一年度) ①七十六億千六百八十三万二千円 ②九十九・三〇パーセント
     平成十四年度(二千二年度) ①七十一億九千八百二十万八千円 ②九十九・五八パーセント
     平成十五年度(二千三年度) ①六十四億六千三十四万九千円 ②九十九・九八パーセント
     平成十六年度(二千四年度) ①七十三億五千七百四十万円 ②九十九・二六パーセント
     平成十七年度(二千五年度) ①七十四億八千九百三十四万円 ②九十八・九一パーセント
     平成十八年度(二千六年度) ①六十九億千二百二十五万円 ②九十九・七九パーセント
     平成十九年度(二千七年度) ①六十四億九百九十九万円 ②九十九・九五パーセント
     平成二十年度(二千八年度) ①六十億八千八百三十三万九千円 ②九十八・四〇パーセント
     平成二十一年度(二千九年度) ①六十三億五千九百一万六千円 ②九十九・九六パーセント

(七)について
     MCCについては、御指摘の出來氏のほか、防衛省・自衛隊が現在保存している自衛隊法第六十二条第三項の規定に基づく承認に係る関係書類によって把握できる限りにおいては、平成十二年(二千年)七月から現在までに三十九名が再就職しており、これらの者の①氏名、②退職時の官職、③離職時階級はそれぞれ次のとおりである。
      ①佐野義行 ②海上自衛隊東京業務隊付 ③一等海佐
      ①寺島時義 ②海上自衛隊東京業務隊付 ③二等海佐
      ①大澤勉 ②中央通信隊群司令部付 ③二等海佐
      ①松永慎一 ②第六航空隊付 ③一等海尉
      ①柳田晃 ②第二十二航空群司令 ③海将補
      ①一條忠博 ②館山航空基地隊付 ③三等海尉
      ①浦川武俊 ②第三十一航空群司令部付 ③三等海佐
      ①小野裕 ②岩国航空基地隊付 ③三等海佐
      ①澤野憲二 ②海上自衛隊東京業務隊付 ③二等海佐
      ①佐武務 ②第一整備補給隊付 ③二等海佐
      ①森口健二郎 ②陸上自衛隊通信学校副校長(兼)企画室長 ③陸将補
      ①川西孝一 ②航空自衛隊幹部学校教育部長 ③空将補
      ①富吉省三 ②保全監査隊付 ③二等海佐
      ①水野勝幸 ②対潜資料隊付 ③一等海尉
      ①竹中信 ②沖縄基地隊司令 ③海将補
      ①助川忠 ②システム通信隊群司令部付 ③三等海佐
      ①菅野公夫 ②移動通信隊付 ③一等海尉
      ①秋山幹男 ②館山航空基地隊付 ③三等海佐
      ①村山七郎 ②第二十二整備補給隊付 ③二等海佐
      ①盛田直行 ②八戸航空基地隊付 ③二等海佐
      ①松浦学 ②陸上自衛隊研究本部総合研究部第二研究課長 ③陸将補
      ①田中伸芳 ②中部航空警戒管制団副司令 ③空将補
      ①石見次郎 ②システム通信隊群司令部付 ③一等海佐
      ①辻信治 ②中央基地システム通信隊付 ③三等陸佐
      ①藤田俊之 ②東部方面後方支援隊付 ③三等陸佐
      ①池田秀雄 ②中央システム通信隊付 ③二等海尉
      ①中村敏雄 ②呉基地業務隊補充部付 ③三等海佐
      ①中尾武憲 ②呉基地業務隊付 ③三等海佐
      ①山本末弘 ②海上自衛隊東京業務隊付 ③三等海佐
      ①長谷川洋 ②海上自衛隊第一術科学校長 ③海将補
      ①今井惠治 ②通信団副団長 ③陸将補
      ①阿久根利行 ②第一航空群司令部付 ③二等海尉
      ①原敬 ②中央システム通信隊付 ③一等海尉
      ①荒木弘 ②岩国航空基地隊付 ③准海尉
      ①伊藤功 ②海上自衛隊東京業務隊付 ③一等海尉
      ①桑名賢二 ②第二十一整備補給隊付 ③二等海尉
      ①小濱茂 ②第五航空群司令部付 ③一等海尉
      ①佐々木博文 ②第七十一航空隊付 ③一等海尉
      ①松下春喜 ②システム通信隊群司令部付 ③二等海佐
      なお、お尋ねの「自衛隊の活動を主目的として設立された法人」の意味するところが必ずしも明らかでないため、これに関するお尋ねについてお答えすることは困難である。

(八)について
     防衛省・自衛隊が現在利用しているSUPERBIRD‐B2/MCS‐3b‐C、SUPERBIRD‐C2/MCS‐2c‐C及びSUPERBIRD‐D/JCSAT‐110/MCS‐1d‐Cの静止軌道位置の経度は、それぞれ東経百六十二度、東経百四十四度、東経百十度である。一般に、衛星通信において通信が可能な領域は、衛星の軌道位置、地形、地上側器材の性能等の様々な条件により定まるものであり、御指摘の「通信可能領域に含まれる国名あるいは地域名」をお答えすることは困難である。

(九)について
     防衛省・自衛隊が現在利用しているXバンド通信衛星については、三機のうち二機が平成二十七年度(二千十五年度)中に設計寿命を迎えることを踏まえ、これらの後継機の整備を含むXバンド衛星通信システムの再構築が急務となっている。衛星の製造、打ち上げ、管制等には、多額のコストを要するほか、衛星事業固有の様々な事業リスクが存在することから、防衛省・自衛隊では、Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業(以下「本事業」という。)の実施について、「現在の借上方式」によらず、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成十一年法律第百十七号。以下「PFI法」という。)を適用し、民間事業者の資金、経営能力及び衛星に関する技術的能力を活用してコストの低減を図るとともに、民間事業者との責任分担の明確化を図りつつ、事業の収益性を確保することを通じて事業リスクの管理を効率的に行うこと等により、低廉かつ良質なXバンド衛星通信機能を確保していくことを予定している。本事業の事業期間は十九年間を予定しており、平成二十四年度概算要求において所要の経費(千八百八十一億千百二万六千円)を要求している。

(十)について
     本事業をPFI法により実施することとするのは、PFI法第六条の規定に基づき、本事業が、特定事業として実施することが適切であると認められた場合であり、事業期間全体を通じてコストの削減が期待できない等の理由により、適切であると認められない場合には、PFI法以外の法令等に基づいて本事業に必要な装備品等や役務の調達を行うこととなる。なお、防衛省・自衛隊は、本年十一月、本事業について、PFI法第五条に基づき、実施方針を定めて公表したところである。

(十一)について
     御指摘の説明資料の記述については、「後継の通信衛星二機の所有権」の帰属も含めた事業形態に関する検討中の事項として示したものであり、「後継の通信衛星二機の所有権」の帰属が変更されたとの御指摘は当たらない。なお、防衛省・自衛隊が、本年十一月に公表した本事業の実施方針では、事業リスクの管理を効率的に行う観点から、衛星を所定の段階で防衛省・自衛隊に引き渡すこととしている。

(十二)について
     御指摘の「PFI事業者が調達することになる通信衛星」が、「非研究開発衛星の調達手続等について」(平成二年六月十四日アクション・プログラム実行推進委員会決定)が定める手続の適用対象となるか否かについては、事業の性質等に照らして個別に我が国政府として判断することとなる。

(十三)について
     自衛隊の装備品とする予定である。

(十四)について
     「これまで要した経費」については調査に膨大な時間を要するため、また、「今後必要とする経費」については現在検討中であり、これらのお尋ねについてお答えすることは困難である。

(十五)について
     Xバンド衛星通信に係る地上局は、MODはちのへMCSちきゅう(青森県八戸市、平成十年(千九百九十八年)四月二十四日設置)、MODいるまMCSちきゅう(埼玉県狭山市、平成十一年(千九百九十九年)一月二十八日設置)、MODいいおかMCSちきゅう(千葉県旭市、平成元年(千九百八十九年)六月三十日設置)、MODいちがやMCSちきゅう(東京都新宿区、平成十年(千九百九十八年)九月三日設置)、MODよこすかMCSちきゅう(神奈川県横須賀市、平成四年(千九百九十二年)六月十日設置)、MODあつぎMCSちきゅう(同県綾瀬市、平成五年(千九百九十三年)六月三十日設置)、MODくれMCSちきゅう(広島県呉市、平成四年(千九百九十二年)六月二十四日設置)、MODいわくにMCSちきゅう(山口県岩国市、平成十四年(二千二年)三月十五日設置)、MODなはMCSちきゅう(沖縄県那覇市、平成十五年(二千三年)三月十三日設置)である。これらの「設置に要した経費」については、関係書類の保存期間が満了し、既に廃棄されていることから、お答えすることは困難である。なお、現在、防衛省・自衛隊では管制局を有していない。
     今後の整備については、次期Xバンド衛星通信システムの運用開始時期に合わせて、管制局を海上自衛隊飯岡受信所及び海上自衛隊呉基地に整備することを検討しているところであり、お尋ねの「必要と見込まれる経費」を含め、その詳細についてお答えすることは困難である。

(十六)について
     お尋ねの衛星は、スカパーJSATによれば、平成三十五年(二千二十三年)に設計寿命を迎えることとされている。また、SUPERBIRD‐C2/MCS‐2c‐Cが設計寿命を迎えた後のXバンド衛星通信システム全体については、今後、将来の所要等を踏まえて検討することとしている。

(十七)について
     お尋ねの「Xバンド衛星中継器等」が組み込まれる衛星の打ち上げについては、本事業の実施方針に附属する資料である「業務要求水準書(案)」において、「国産ロケットを優先的に使用することを追求する」こととしているところであり、宇宙基本法(平成二十年法律第四十三号)第四条との整合性は図られているものと認識している。

(十八)について
     防衛省・自衛隊が現在利用しているXバンドの電波を用いた衛星通信及び次期Xバンド衛星通信システムによる衛星通信は、いずれも防衛省・自衛隊内における通信を確保することを目的としたものであり、米軍との通信を前提とした設計とはしていない。

(十九)について
     今般のXバンド通信衛星の導入は、「宇宙開発利用に関する基本方針について」(平成二十一年一月十五日防衛省宇宙開発利用推進委員会策定。以下「基本方針」という。)に基づいて行った検討の結果を踏まえたものである。

(二十)について
     御指摘の機能を有する衛星については、基本方針に沿って、必要な調査や検討を行っているところであるが、具体的に導入を検討する段階にはない。いずれにせよ、宇宙基本法第二条の「宇宙開発利用は、・・・宇宙開発利用に関する条約その他の国際約束の定めるところに従い、日本国憲法の平和主義の理念にのっとり、行われるものとする。」との規定に基づき、検討を推進してまいりたい。

(二十一)について
     防衛省・自衛隊は、平成二十二年(二千十年)十一月に、NICTと共同で、NICT鹿島宇宙技術センターにおいて、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を利用して、大容量情報伝送に関する試験を行い所要の成果を得た。なお、本年一月から、財団法人衛星測位利用推進センターが主催する準天頂衛星初号機「みちびき」の利用実証に教育及び研究の一環として防衛大学校の講師を参加させている。

(二十二)について
     お尋ねの「グローバルホークの持ち込み」に関する日米間の「手続き」の意味するところが必ずしも明らかではないが、御指摘のグローバル・ホークの活動の受入れに当たって、特段の手続はとられなかった。また、お尋ねのグローバル・ホークの管制といった米軍の運用の詳細については、我が国として承知していない。

(二十三)について
     「中期防衛力整備計画(平成二十三年度~平成二十七年度)」(平成二十二年十二月十七日閣議決定)においては、無人機を含む新たな各種技術動向等を踏まえ、広域における総合的な警戒監視態勢の在り方について検討することとしている。これを踏まえ、防衛省・自衛隊としては、平成二十四年度概算要求において「高高度滞空型無人機の運用・維持・整備に係る海外調査」に係る経費として約百万円を計上しているほか、「遠隔操縦式小型偵察システムの研究」に係る経費として約十五億円、「複数小型移動体の遠隔制御技術の研究」に係る経費として約三千万円を計上し、さらに、東日本大震災の教訓も踏まえ、原子力災害等への対処能力の向上に資するため、無人航空機や陸上無人機を取得するための費用として、平成二十三年度第三次補正予算において約十三億円を計上しているほか、同補正予算及び平成二十四年度概算要求において「CBRN対応遠隔操縦作業車両システム」に係る経費として約三十七億円を計上している。


---Vol.17 放送用衛星について---
http://www.sptvjsat.com/essay_detail?rmid=25

 スカパーJSATの放送用の衛星について少しご紹介したい。
 いま我が社の衛星は12機打ち上がっている。そのうち放送用は4機。スカパー!サービスの東経124度衛星と128度衛星、スカパー!e2サービスの110度衛星、そして昨年8月打ち上がった予備衛星だ。予備衛星を打ち上げて、完全バックアップ体制をとっているのは世界でも我が社だけだということ。安心・信頼のためには必要な事だ。
 さらに、2011年にBSとCSのハイブリッド衛星をB‐SATとスカパーJSAT共同で打ち上げる。この衛星は、我が社としてはスカパー!e2の予備衛星として運用する。B‐SAT側では新BS用に運用される。
 124度衛星はトラポン(中継器)21本、128度衛星は24本、つまりスカパー!サービスは合計45本を有する。一方、スカパー!e2サービスの110度衛星は12本。両サービス分を合わせると57本になる。現在の予備衛星は30本。スカパー!サービスのどれか1機不具合が生じても十分カバー出来る体制になっているということだ。
 スカパー!e2の加入者は10年3月末現在112万件に達した。加入者100万件を超えるサービスであれば、不測の事態でもお客様に一切のご迷惑をかけぬよう予備衛星を構えておくのは我が社の企業姿勢。以前より準備を進め、08年12月衛星調達契約し打ち上げを決めた。スカパー!e2に使われる110度衛星はスカパー!に使われる衛星とシステムが違うので、新たな予備衛星が必要だったからだ。
 もちろん、バックアップ体制も整えて衛星体制を維持していくにはコストも膨らむ。衛星1機打ち上げる費用はおよそ250億円。現在4機あるので総額1千億円を先行投資して、いまの体制を構えている。だが、それだけではない。衛星を管制する設備費や要員等の運用費も相応にかかる。衛星1機250億円は15年で償却するが、そうした運用費も含めると、約500億円位稼がないとペイ出来ない。
 放送系・通信系含め、我が社の〝衛星事業〟は、日本でオンリーワン、アジアで№1を誇り、世界で5位にランクする。今後さらに世界でのステータス向上を目指すとともに、安心と信頼に一層努めていきたい。


---次期Xバンド衛星通信整備事業に関する基本的な考え方---
平成23年8月
防 衛 省
http://www.mod.go.jp/j/procurement/pfi/siryou/xband.pdf

1 策定の趣旨
 次期Xバンド衛星通信網の構築について、中期防衛力整備計画(平成23年度~平成27年度)は、PFI導入を念頭に、「民間企業の資金、経営能力及び技術的能力を積極的に活用するなどして、我が国産業の振興にも資する効果的かつ効率的な事業形態を追求する」としている。
 本年5月、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(以下「PFI法」という。)が改正され、人工衛星の製造等について実際に同法を適用することが可能となった。
 防衛省では、今般、次期Xバンド衛星通信網の構築について、PFI導入による事業化に向けて、平成24年度予算で概算要求することとしたので、現時点における基本的な考え方を明らかにすべく、本文書を策定するものである。なお、PFI事業としての「実施方針」は、今後の検討を踏まえ、PFI法に基づき別途作成・公表する予定である。

2 次期Xバンド衛星通信網構築の必要性
 地理的に分散した各種の部隊をネットワークで結びつけることは、状況認識の共有により情報優越の確保に資する。さらには、一般に目標の探知から指揮統制、行動までに要する時間を短縮することで、各局面において機先を制した優位な作戦展開が可能となる。
 こうしたネットワーク化において、衛星通信は覆域が広く、地形等による遮蔽物の影響を受けにくい点で地上間の無線通信に比し有利である。とりわけXバンド通信は、他の帯域に比べ気象等の影響を受けにくく、確達性の高い安定した通信が可能である。
 防衛省・自衛隊は、現在、主として作戦部隊の指揮統制を目的とした衛星通信における基幹通信として、スーパーバードB2号機、同C2号機及び同D号機の3機によるXバンド衛星通信システムを運用しているが、このうち2B2号機及びD号機の2機が平成27年度中に設計寿命を迎えるため、後継衛星の整備が急務となっている。

3 次期Xバンド衛星通信網の在り方
 人工衛星は、打上げ後は二度と改修できない。このため、後継衛星の整備に際しては、費用対効果の最大化を追求し、設計寿命を迎える平成40年頃までの自衛隊の通信所要を見据え、これを充足できる能力を備えさせる必要がある。
 具体的には、次期Xバンド衛星通信網は、防衛大綱の定める動的防衛力の構築や今後予想される自衛隊の通信所要の更なる増加を踏まえ、各自衛隊の部隊が所望の時期に所望の相手先と所望の通信を行うことを可能とするものでなければならない。また同時に、一元的な通信統制の下、使用可能な周波数帯域の中で所要の通信に対し状況に応じて柔軟に通信回線を割り当てられることも必要である。したがって、次期Xバンド衛星通信網の構築に当たっては、抗たん性に優れた高速大容量通信を可能にするとともに、通信方法や通信器材も含めた通信システム全体の統合を進めていくことが不可欠である。
 こうした統合的な通信システムの整備が進めば、例えば、目標を探知した部隊とそれに対処する部隊との間で優先的に音声、データ等のあらゆる情報を即時に共有させて一体的に連動させることで、迅速に目的を達成するといったことが可能となる。そしてその延長上には、特定の部隊間に限ることなく、自衛隊の全ての部隊が他の全ての部隊のセンサーとなり、対処部隊となって、あたかもひとつの有機体であるかのように機能する態勢の実現も視野に入ってくることとなる。

2013年1月21日月曜日

中国 侵略戦争準備

中国が侵略戦争準備とのこと。
 中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務につい
て「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。
解放軍報などが伝えた。また、CCTVなど官製メディアは最近、連日のよう
に日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおって
いる。

解放軍報
・総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練に関する指示」の中
 で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の
 困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。
・総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横
 の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を
 直接連想させる表現はなかった。

かつての日本やフィリピン、ベトナムのように、経済的圧力と人的操作で、
侵略を進めた中国だが、最近の日本は思い通りにならず、軍による圧力に
変えたようだ。
姑息な手段で侵略を重ねた中国だが、魚釣島侵略に姑息な手段を使わず、
武力で侵略するようだ。

中国と経済的に繋がりが強い米国と軍事条約を日本と結ぶ米国。
米国の景気を良くなく、軍事費削減が進む。
米国の大統領選挙が終わり、景気への批判はあるが、国家の優先度は
軍の優勢に変わりはない。
日米安保条約による米軍の直接的発動が未だにないため、米政府の動き
に不信が残る。

魚釣島侵略に、中国の軍と警察、民間人が居座った場合、日本は海保で
対応するのか、海自が対応するのだろうか。
中国軍上陸の段階で、紛争が始まる可能性があるが、逆に海自の常駐で
紛争地域と中国がうそぶく可能性もある。

度重なる露の領空侵犯も、エネルギー資源取引への圧力との説もある。
取引が成立しても、領空侵犯がなくなるとは思えない。
中国は、欧米の手法を模倣することが多いが、かまってチャンの模倣
できないようだ。
4000年の間、侵略と殺戮を繰返し、新しい国家を設立してまだ、63年。
侵略を理性で押さえ込めないのは4000年経っても変わらない。
「公務員が多いと汚職が蔓延する」と言う言葉は、中国の歴史が物語る
ようだ。

尖閣安保保険


---「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示---
2013.1.14 19:03
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130114/chn13011419050004-n1.htm

 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。
 沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。
 解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を直接連想させる表現はなかった。


---宮古島の下地島空港に戦闘機常駐 尖閣領空侵犯で防衛省検討---
2013年1月14日 17時52分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011401001524.html

 中国の航空機による沖縄県・尖閣諸島周辺の領空侵犯に対処するため、防衛省が沖縄県宮古島市の下地島空港にF15戦闘機を常駐させる案を検討していることが分かった。政府関係者が14日、明らかにした。
 現在の防空拠点となっている航空自衛隊那覇基地より尖閣に近く、3000mの滑走路があり、防衛省は「利用価値は非常に高い」(幹部)と評価している。
 同空港は自衛隊の利用を前提としておらず、調整が必要となる。
 昨年12月に中国機が尖閣周辺の領空侵犯した際、那覇基地から緊急発進したF15戦闘機が到着した時には中国機は既に領空を出ていた。下地島空港は沖縄県が管理している。(共同)


---パラシュート部隊が降下訓練…離島防衛を想定---
2013年1月13日18時38分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130113-OYT1T00516.htm

 自衛隊は13日、千葉県の習志野演習場でパラシュート部隊による降下訓練を公開した。
 沖縄県の尖閣諸島を巡って中国と対立が深まる中、今年は初めて離島を防衛する想定で実施した。
 訓練には陸自第1空挺(くうてい)団などの約300人が参加。同演習場を島に見立て、海自の哨戒機が偵察したり、陸自の部隊が輸送機やヘリから降下し、敵の陣地を制圧したりする手順を繰り返した。
 視察した小野寺防衛相は、中国当局の船や航空機が尖閣諸島の領域に侵入するケースが相次いでいることに触れ、「安全保障環境は厳しさを増している。あらゆる事態に対応する能力を維持してほしい」と訓示した。

2013年1月19日土曜日

玄葉光一郎私設秘書 中国大使館書記官と接触

玄葉光一郎の私設秘書がスパイ容疑の中国大使館書記官と接触とのこと。
 スパイ活動の疑いが持たれていた中国大使館の元1等書記官(外国人登録
法違反容疑などで書類送検、起訴猶予)と接触していた玄葉光一郎前外相
の男性私設秘書(43)は、玄葉氏の自宅に一時住み込みで働くなど、極めて
近い立場にあった。

玄葉事務所
・秘書は松下政経塾に在籍中、玄葉氏の自宅に住み込み、運転手等として
 玄葉氏の衆院選を手伝った。
・その後私設秘書、地方議員等を経験した後、昨年は再び玄葉氏の秘書
 として、東日本大震災で被害を受けた相馬港の復旧事業着工式など、
 福島県内の行事に代理出席していた。報酬はなかったが、旅費などの
 経費は負担してもらい、玄葉氏が福島入りした際には運転手を務めた。
 上京時外務大臣室にも出入りしていたという。
・秘書は、同塾に在籍していた元書記官と知り合い、その後も交流を続
 けた。
・昨年訪中時は、元書記官が関わった農産物対中輸出事業の舞台である
 展示施設を見学したり、飲食をともにした。

秘書
・日本の役所に言われた手続きをしただけで、身分を偽ってはいない。
・自分は研究機関の出身で、外交官の身分は一時的なものだった。

危機意識の無い農水省が、文書漏洩を見逃し、サイバー攻撃による情報
流出があったことを認め始めた。
報道を見る限り、情報保全を理解していないようだ。

報道は、いかにもだが、詳細は不明。意図は何だろうか。

農水省機密文書漏洩 未特定で告訴困難
農水省 情報流出隠し


---元書記官と接触の玄葉氏秘書、大臣室にも出入り---
2013年1月14日12時19分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130114-OYT1T00193.htm

 スパイ活動の疑いが持たれていた中国大使館の元1等書記官(45)(外国人登録法違反容疑などで書類送検、起訴猶予)と接触していた玄葉光一郎前外相(48)の男性私設秘書(43)は、玄葉氏の自宅に一時住み込みで働くなど、極めて近い立場にあった。
 玄葉事務所などによると、秘書は松下政経塾に在籍中の1996年、玄葉氏の自宅に住み込み、運転手などとして玄葉氏の衆院選を手伝ったという。その後私設秘書となり、地方議員などを経験した後、昨年は再び玄葉氏の秘書として、東日本大震災で被害を受けた相馬港(福島県)の復旧事業着工式など、福島県内の行事に代理出席していた。報酬はなかったが、旅費などの経費は負担してもらい、玄葉氏が福島入りした際には運転手を務めた。上京時外務大臣室にも出入りしていたという。
 一方、秘書は99年、同塾に在籍していた元書記官と知り合い、その後も交流を続けた。昨年9月の訪中時は、元書記官が関わった農産物対中輸出事業の舞台である展示施設を見学したり、飲食をともにしたりした。秘書によると、元書記官は容疑について、「日本の役所に言われた手続きをしただけで、身分を偽ってはいない」「自分は研究機関の出身で、外交官の身分は一時的なものだった」などと話していたという。


---スパイ疑惑の中国元書記官、前外相秘書が接触---
2013年1月14日08時39分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130113-OYT1T00993.htm

 玄葉光一郎前外相(48)の男性私設秘書(43)が昨年9月、外国人登録法違反容疑などで書類送検された中国大使館の元1等書記官(45)(起訴猶予)と北京市内で接触していたことが分かった。
 当時、元書記官の刑事処分は決まっておらず、「身分を偽ってはいない」などと無実を主張したという。現職外相の秘書が、スパイ活動の疑いを持たれていた容疑者と現地で接触するという外交上、不適切な事実が明らかになった。
 元書記官は外交官の身分を隠して外国人登録証明書を取得したとして昨年5月、警視庁から出頭を要請されたが、応じることなく帰国した。当時の玄葉外相は記者会見で「中国側に抗議した」と説明。同庁は「元書記官はスパイの可能性が高い」と発表していた。
 玄葉氏の秘書は昨年9月中旬、北京市の研究機関からの招きで訪中し、以前から知り合いだった元書記官と会った。秘書は読売新聞の取材に「友人として会った。何も頼まれていない。玄葉氏には報告していない」と話している。東京地検が元書記官を起訴猶予としたのは翌10月だった。
 秘書は2002~03年に玄葉氏の私設秘書として勤務後、地方議員などを務め、玄葉氏の外相就任後は「外務大臣 玄葉光一郎秘書」という名刺を持ち、福島県内での公的な行事に代理出席。報酬はないが経費は玄葉事務所が負担していた。
 玄葉事務所は「各種会合に月1回程度代理出席してもらっていた」としながら、「秘書ではなくボランティアのお手伝い、という認識」と説明。訪中についても「承知も関与も一切していない」としている。


---農水省で内部情報流出の疑い 大量のデータ通信を確認---
2013年1月11日 13時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011101001522.html

 農林水産省は11日、農水省の情報システムがサイバー攻撃を受け、内部情報が流出した疑いがあると発表した。システム上の不審な通信記録を調査したところ、大量のデータが外部に送信された形跡を確認した。農水省は「どういった情報が出たのか分からない」として、今後の調査で流出した情報の特定を進める。
 環太平洋連携協定(TPP)に関する情報流出疑惑が今月初めに発覚したが、農水省は当初「漏れた可能性は低い」と説明していた。しかし、あらためて調べたところ、流出が疑われる不審な通信を10日に確認したという。農水省の情報管理体制に批判が集まりそうだ。
(共同)

2013年1月18日金曜日

Benghazi No Investigation

ベンガジの米大使館襲撃捜査官が消え続けているようだ。

リビア警察による調査はなし。
米領事館は、焼け落ちた廃墟。
襲撃犯のほとんどは、逃亡中。

Ali al-Harzi 26才
・襲撃の容疑者として、トルコで逮捕、チュニジアに引渡し。
 チュニジアの裁判所にて、証拠不十分だが、渡航禁止を条件に釈放。
 チェニスで裁判官立会いの下、FBIによる3時間の調査を受け、解放。

Faraj el-Drissi
・ベンガジ警察署長
・ベンガジの家で、武装犯らに殺される。

Abdelsalam al-Mahdawi
・ベンガジ犯罪捜査主任
・信号待ちの車を覆面した男らが囲み、誘拐され、現在も行方不明。。

FBI
・ベンガジ襲撃は、AQIMとAnsar al-Shariahによるテロリストによる
 と判断。
・エジプトでベンガジ襲撃に参加したイスラム聖戦グループの一部を
 逮捕。

ベンガジを管轄している警察の捜査官が、捜査を始めるといなくなると
話題のようだ。
ベンガジの米領事館は、焼落ち廃墟となる。
襲撃犯がつかまらなければ、領事館も建て直せないし、人員配置もで
きない。
領事館を保護するのは、現地の国家。領事館内は、母国が保護だから、
リビアの治安が安定しなければ、原状回復もできないとなる。
リビア在住の米国人は、どうするのだろうか。

Paula Broadwellの説では、ベンガジの米領事館には、秘密の建物があ
るとのことだから、廃墟になっても、間取りは見つかるかもしれない。
この関係の情報は、報道で見当たらないが、報道規制か。

カダフィ政権崩壊後、武器と資金が周辺国に流出。
リビアは、イスラム教政権を確立し、イスラム過激派は、周辺国に流れ
侵略を続ける。イスラム教布教ではなく、イスラム教の名を借りたテロ
リストのようだ。

リビア 反イスラム教動画で米大使死亡
Paula Broadwell Lover or Whistle-blower
在日米軍の綱紀粛正強化


Daily Press Briefing: January 9, 2013


 Tunisia Releases ONLY Suspect Arrested In Benghazi Attack


---In Libya: Why the Benghazi Investigation Is Going Nowhere---
By Vivienne WaltJan. 10, 2013
http://world.time.com/2013/01/10/in-libya-why-the-benghazi-investigation-is-going-nowhere/

Four months after a brutal assault on a U.S. diplomatic compound in Benghazi killed the ambassador to Libya and three other Americans, politicians in Washington are still railing over how diplomats were left vulnerable to attack. Yet the political furor, which now threatens to hold up President Obama’s national-security nominations, stands in stark contrast to the response in Libya itself. There, Libyans say, the investigation is nonoperational, if not effectively dead, with witnesses too fearful to talk and key police officers targeted for violent retribution. “There is no Libyan investigation. No, no, no,” says Mohamed Buisier, a political activist in Benghazi, who returned home in 2011 after decades in the U.S. “There is not even a will to investigate anything. Even for us civilians, it is very dangerous if you talk about this subject.”

The growing sense that the culprits in the Sept. 11, 2012, attack might never be caught deepened this week, when Tunisian officials released the sole suspect in custody. Citing lack of evidence, they freed Ali al-Harzi, a Tunisian citizen, though he is still restricted from traveling outside the four governorates surrounding Tunis. Al-Harzi was arrested in Turkey shortly after the Benghazi attack and deported to his home country, finally agreeing last month to a three-hour interrogation by FBI agents in Tunis, according to his lawyer Anour Ouled Ali. “He denied everything,” Ali told TIME on Thursday by phone from Tunis. “He told the FBI he was not involved at all.”

Whoever knows differently is for now not talking. And in fact, they might be dead or missing. Last week masked men surrounded the car of Benghazi’s chief of criminal investigations, Captain Abdelsalam al-Mahdawi, while he stopped at a traffic light and abducted him; he has not been seen since. His kidnapping came less than two months after Benghazi’s police chief, Faraj el-Drissi, was murdered in his Benghazi home and just weeks after armed men attempted to break into a jail in order to free the suspects in custody for el-Drissi’s murder.

Beset by criminality and awash with weapons, Benghazi is a dangerous place, and police officers like al-Mahdawi and el-Drissi had full dockets. But both men had the attack on the U.S. compound in common. “Any person who touches this file is disappearing into thin air,” says Rami el-Obeidi, a former intelligence chief for the rebels’ National Transitional Council during the 2011 revolution, who has attempted to probe the attack on his own time but has faced the frustrations of confusing and missing evidence. “Who’s leading the investigation now? No one. What’s the progress? Nothing,” he said by phone. “Anyone who has had a hand in the investigation has been killed or abducted or threatened.”

The stymied investigation seems a far cry from the assurances from Obama and Secretary of State Hillary Clinton, immediately after the attack, that the culprits would be caught. A somber Obama told White House reporters the morning after the attack, “Make no mistake, we will work with the Libyan government to bring to justice the killers who attacked our people.”

As the months have gone by, Libyans have come to doubt that will happen, believing that the attack was the work of armed militia too powerful for the weak central government in Tripoli to apprehend. In a phone interview on Wednesday, one Benghazi resident who did not want to be named told TIME that government security forces appeared to have decided not to stop the Sept. 11 attack while it was in progress. The resident said a colonel from the Ministry of Defense, a friend of his, had paid a social call to his home during the hours of the assault that night and had rebuffed pleas for help during the battle. “He began getting calls from people. One said it was war over there,” says the resident. “He said he had instructions not to interfere. Every time, he said it wasn’t serious.”

That reasoning seems unlikely to satisfy enraged Republicans in Washington, who have accused the Obama Administration of allowing fatal lapses in security for diplomats in Benghazi. On Tuesday, Senator Lindsey Graham told Fox News that the Senate should block the confirmation of John Brennan as the new CIA director “until our questions are answered” about “what transpired before, during and after the attack on our consulate.”

On the ground, however, Benghazi’s residents are slowly moving on and forgetting about the disastrous assault four months ago. The consulate building remains a burned-out ruin. And with al-Harzi out of jail in Tunisia, there is no suspect in custody for the attack. Buisier says the only thing that reminds people of the attack these days is the noise from above, apparently U.S. drones flying over eastern Libya’s main city as part of ramped-up security after the attack. Says he, “We wish they would be quieter.”


---HILLARY CLINTON TO FINALLY TESTIFY ON BENGHAZI BECAUSE PEOPLE STILL CARE ABOUT BENGHAZI APPARENTLY---
January 10 2013
http://scrapetv.com/News/News%20Pages/Politics/pages-7/Hillary-Clinton-to-finally-testify-on-Benghazi-because-people-still-care-about-Benghazi-apparently-Scrape-TV-The-World-on-your-side-2013-01-10.html

Washington, D.C. - One day people will forget about the Benghazi embassy attack. That is not an assumption or a presumption, it is a fact. While the events of that day were certainly tragic, especially for the families of the people killed, it was a minor event in the scope of everything that has and could happen in the world.

Still, it was an event and it became a controversy, largely due to the fact that it was an election year and a bitter one at that. That controversy touched all aspects of the government and even now, long after the election and event itself, the saga is continuing.

The final key the puzzle, the thing that may end the controversy once and for all, is about to fall into place. Hillary Clinton, who has been out of commission for the last month with various maladies, will finally testify before Congress, just days before she leaves office, and tell them pretty much the same things she has been saying all along so that they can finally put this whole thing to bed like they should have done months ago.

“The goal on our side is we would have the secretary able to testify as she's promised to do while she's still sitting secretary but also have the confirmation hearing as quickly as appropriate after they come back,” said State Department spokeswoman Victoria Nulan. “The expectation is that she would be prepared to testify in both the House and the Senate, so we have to work out appropriate timing in both places.”

It’s believed that Clinton will testify on the 21st or 22nd which is literally days before her term is due to end.

It’s not clear what Clinton will say but it likely won’t be anything they haven’t heard already.

“It’s good for everyone I think that this thing will finally be over once Clinton testifies. It’s been a long process and it really seemed to have no end, which would have been a big deal months ago when people still cared about it which is really not the case anymore,” said Scrape TV Political analyst Gabriel Kinsey. “Clearly some people still care about it, clearly, but that is not the majority of Americans. They seemed to care about it in the days after it happened but beyond that not so much, certainly not enough to sway the election as was really the intent in the first place, frankly, by the politicians.”

One of the most prominent critics of the aftermath of the incident was Mitt Romney, who lost the election.

“There will still be some chatter and talk after Clinton testifies to be sure because they won’t just want to let this go after dealing with it for so long. They need to make sure that people understand how important they truly think it is, that they weren’t just wasting taxpayer time and money with this nonsense and that it really truly is important so it will go on for awhile longer for sure,” continued Kinsey. “Hopefully not too long because it’s pretty boring and pointless, frankly, and everyone is really bored of it. Still, I hope they get what they want from Clinton even if it’s exactly what they expected her to say which of course it will be, always was.”

Clinton is apparently excited to give testimony, her last before she becomes President.


---Blow to Obama as terror suspect linked to Benghazi consulate attack is freed---
By Toby Harnden
PUBLISHED: 14:01 GMT, 8 January 2013 | UPDATED: 17:42 GMT, 8 January 2013
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2259015/Suspect-Benghazi-consulate-attack-freed-custody-Tunisia.html

A Tunisian man questioned by the F.B.I about the murderous attack on the U.S. consulate in Benghazi has been released by a Tunisian judge due to lack of evidence, according to his lawyer.

Ali Harzi, 26, was one of the few known suspects in custody the case, which has been beset by problems stemming from the weakness of the Libyan government and the power of militias in the country - some of whom may have even been involved in the attack.

Christopher Stevens, who died in the September 11 attack, was the first U.S. ambassador to be killed in the line of duty since 1979. Sean Smith, another diplomat, and Glen Doherty and Tyrone Woods, both C.I.A. contractors and former U.S. Navy SEALs, were also killed.

Anwar Oued-Ali, Harzi's lawyer, said that the presiding judge had 'conditionally freed' his client on Monday night on the understanding that he would remain in the Tunis area in case the court needed to recall him.

The lawyer described the release as 'correcting an irregular situation' because the Tunisian authorities lacked hard evidence.

Harzi was detained in Turkey and in October he was extradited to Tunisia, where authorities had said he was 'strongly suspected' of being involved in the attack.

His lawyer said he was officially charged with 'membership of a terrorist organisation' - a charge that left him facing six to 12 years in jail.

Last month, FBI officers questioned Harzi for three hours in the presence of a Tunisian judge.

The FBI has not commented on the results of the questioning, but Harzi's lawyer said they just asked if his client had any information about the attacks on the Benghazi consulate as well as the assault on the U.S. embassy in Tunis three days later.

U.S. intelligence has blamed the Benghazi attack on terrorists linked to al-Qaeda - members of different groups ranging from local Libyan militia Ansar al-Shariah and al-Qaeda in the Islamic Maghreb.

The consulate's cameras captured many of the faces of armed men in a mob, and some have been questioned, but most remain free.

According to American officials, authorities in the region have not yet arrested many of the suspects the U.S. wants to question about the attack.

In a recent TV interview, Harzi's father, Tahar, said his son was just working in Libya in construction supporting his family.

Eight years ago,  Ali harzi and his brother Brahim were sentenced to 30 months in prison for having contact with another brother, Tarek, who fought against US and allied  forces in Iraq.

The father acknowledged that he had encouraged his sons to take up 'jihad in the cause of God'.

As well as Harzi, American officials said in December that Egypt had also arrested a member of the Islamic Jihad group in connection with the Benghazi attack.


---Libya attack changes - CIA and FBI cited---
By Larry Margasak
10:10 AM Wednesday Jan 2, 2013
http://www.nzherald.co.nz/world/news/article.cfm?c_id=2&objectid=10856997

White House made only minor alteration over wording on Benghazi, says report

The FBI, CIA and other intelligence agencies - but not the White House - made major changes in talking points that led to the Obama Administration's confusing explanations of the attack on US diplomatic facilities in Benghazi, Libya, a Senate report concluded.

The Homeland Security and Governmental Affairs Committee report said the White House was only responsible for a minor change. Some Republicans had questioned whether the presidential staff rewrote the talking points for political reasons.

The committee, headed by independent Senator Joe Lieberman and Republican Senator Susan Collins, also said the director of national intelligence has been stonewalling the panel in holding back a promised timeline of the changes.

US Ambassador to Libya Chris Stevens and three other Americans were killed in the September 11 attack last year.

US Ambassador to the United Nations Susan Rice said she used the talking points to say in interviews on September 16 that it may have been a protest that got out of hand.

Rice's incorrect explanation may have cost her a chance to be nominated as the next secretary of state, as Senate Republicans publicly said they would not vote to confirm her.

President Barack Obama instead nominated Senator John Kerry, who is expected to win easy confirmation.

The State Department last month acknowledged major weaknesses in security and errors in judgment exposed in an independent report. Two top state officials appealed to Congress to fully fund requests to ensure diplomats and embassies are safe.

Senior State Department officials said serious management and leadership failures left the diplomatic mission in Benghazi woefully unprepared for the terrorist attack.

Eight days after the attack, National Counterterrorism Centre director Matthew Olsen told the Homeland committee the four Americans died "in the course of a terrorist attack".

The same day, State Department spokeswoman Victoria Nuland said the department stood by the intelligence community's assessment. The next day presidential spokesman Jay Carney said, "It is, I think, self-evident that what happened in Benghazi was a terrorist attack." Secretary of State Hillary Clinton used the words "terrorist attack" on September 21.

Olsen's acknowledgement was important, the report said, because talking points prepared by intelligence officials the previous week had undergone major changes.

A line saying "we know" individuals associated with al-Qaeda or its affiliates participated in the attacks was changed to say, "There are indications that extremists participated." The talking points dropped the reference to al-Qaeda and its affiliates and a reference to "attacks" was changed to "demonstrations".

The committee said the director of national intelligence, James Clapper, and representatives from the CIA, State Department, counter-intelligence centre and the FBI told the panel the changes were made within the CIA and intelligence community.

The only White House change substituted a reference of "consulate" to "mission."