2013年1月29日火曜日

米国産牛肉 30か月以下に

米国産牛肉が30か月以下で輸入とのこと。
 BSE(牛海綿状脳症)対策で実施されている米国産など輸入牛肉の月齢規制
について、田村厚生労働相は閣議後記者会見で、「2月1日に輸入条件の見
直しを行う」との方針を表明した。
 今月に開催される薬事・食品衛生審議会での了承を得たうえで正式決定
する見通し。
2月1日から緩和されることが正式に決まった。

厚労省
・輸入牛肉について、月齢20か月以下に制限している米国産とカナダ産と
 現在は禁輸のフランス、オランダ両国産も合わせて「月齢30か月以下」
 とする方針。
 オランダは同国側の要望を受け「12カ月以下」とする方向で調整。

食品安全委員会
・昨年10月、この方針通り規制を緩和した場合でも「健康影響は無視でき
 る」と了承する食品健康影響評価を決定。

BSEが発見されたと言う発表も見なくなり、少しずつ規制が緩和。
特定危険部位も個別に月齢規制を設ける可能性もあるとのことだった。
TPPで輸入候補と言われたが、日本が規制を緩和することにより、候補から
外れそうだ。
特定危険部位輸出の報道は以前はあったが、最近は見られず、BSEも発見
されていないので、共食いえさによる問題は影響が減ったようだ。
都道府県で実施しているBSE検査も検査費用の負担が大きいため、検査や
規制も大幅に緩和されるのだろうか。

年次改革要望書と規制仕分け
米産牛肉 生後30ヶ月以下へ


---米国産牛肉の輸入規制緩和へ BSE対策で厚労省決定---
2013年1月28日19時50分
http://www.asahi.com/business/update/0128/TKY201301280221.html

 【阿部彰芳】牛海綿状脳症(BSE)対策で実施している米国産牛肉への輸入規制が2月1日から緩和されることが28日、正式に決まった。厚生労働省の審議会が、これまで生後20カ月以下に限っていた輸入対象を30カ月以下に広げることを了承した。解禁された牛肉が本格的に市場に入り始めるのは2月下旬以降になる見通し。
 内閣府の食品安全委員会が「人の健康への影響は無視できる」と評価したのを受け、厚労省が現地調査などを進めていた。政府が米国と交わした合意文書は2月1日付で発効。その後、米国が緩和対象の牛肉を扱う食肉処理場を認定し、輸出手続きに入る。
 今回の規制緩和は、米国のほかカナダ、フランスなども対象で、除去を義務づけている特定危険部位から扁桃(へんとう)を除く頭部や脊髄(せきずい)を外す。
 国産牛肉も、自治体に義務づけているBSE検査の対象を4月1日から見直す。2月1日付で省令を改正し、生後21カ月以上を30カ月超に引き上げる。
 BSEは、感染源とされる肉骨粉飼料の禁止が進み、世界的に発生は減った。ただ、懸念の声も根強く、審議会でも全国消費者団体連絡会の委員からは「丁寧な説明と情報公開が必要」などの意見が出た。厚労省は半年後をめどに現地調査をする方針。


---米国産牛、輸入緩和を正式発表 会見で厚労相---
2013年1月22日 17時25分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012201001491.html

 田村憲久厚生労働相は22日の記者会見で、牛海綿状脳症(BSE)対策として実施している牛肉の輸入規制を2月1日に緩和すると正式に発表した。
 現行規制で牛の月齢が「20カ月以下」に限って認めている米国とカナダからの輸入を「30カ月以下」に拡大。現在は輸入を認めていないフランスも同じ基準とする。同様に輸入を認めていないオランダは同国側の要望を受け「12カ月以下」とする方向で調整している。
 緩和を踏まえた牛肉が実際に日本に入ってくるのは2月下旬から3月上旬の見通し。
(共同)


---牛輸入緩和、来月から…米産など30か月以下に---
2013年1月22日13時34分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130122-OYT1T00654.htm

 BSE(牛海綿状脳症)対策で実施されている米国産など輸入牛肉の月齢規制について、田村厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、「2月1日に輸入条件の見直しを行う」との方針を表明した。
 今月28日に開催される薬事・食品衛生審議会での了承を得たうえで正式決定する見通し。
 厚労省は輸入牛肉について、月齢20か月以下に制限している米国産とカナダ産と、現在は禁輸のフランス、オランダ両国産も合わせて「月齢30か月以下」とする方針で、内閣府の食品安全委員会は昨年10月、この方針通り規制を緩和した場合でも「健康影響は無視できる」と了承する食品健康影響評価を決定している。この方針を受け、同省は各国と協議を進めていた。

0 コメント: