2013年2月13日水曜日

RBS罰金570億円

RBSは570億円の罰金支払いに合意した。
 英金融大手(RBS)は、社員がLIBORの不正操作に関与していたことを認め、
英米当局に総額約570億円の罰金を支払うことで合意したと発表した。

RBS
・不正は主に円やスイス・フラン建てのLIBORを対象に行われ、日本で働く
 従業員も不正に関与していた。
・各国の監督当局から合計で約6億1200万ドル相当の制裁金。
 支払い済みのボーナスや報奨金のほぼ3/4の約3億ポンドを行員に返還
 させる計画。
・全行員13万7000人中、LIBOR問題で退社したか処分を受けたのは計21人。
・投資銀行部門の責任者は業務引き継ぎ後に退社。

CFTC
・RBS罰金
 CFCT   3億2500万ドル
 米司法省 1億5000万ドル
 英FSA   8750万ポンド
・RBS日本部門
 電信詐欺で有罪を認めること。
・RBS不正
 トレーダー十数人が数百回にわたり、他行の行員と共謀して円とスイス
 フラン建てLIBORの操作。
 調査を開始した後も、不正を継続。

金融庁
・アール・ビー・エス証券東京支店に対し、業務管理体制の見直しなどを
 求める業務改善命令を出す方向で検討。

Tom Hayesらによる不正操作が明らかなようだ。
赤字部門がいきなり大幅な黒字。報酬増加のための不正は担当者だけでなく
上司や役員も黙認。利益追求し過ぎの環境もどうかと思う。
談笑から、暗号コード化され、不正操作が始まり、売上げが上がるにつれて
常態化との報道もある。報道も不正操作の一部としているので、銀行間取引
金利の不正操作は、見つからないものもあり、もっと根が深いのだろう。

LIBOR Barclays among 3 held
UBS fined $1.5 bln


---英RBSに制裁金570億円 LIBOR操作、日本部門は有罪認める---
2013.2.8 05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130208/mcb1302080500004-n1.htm

 英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作の問題で、各国の監督当局から合計で約6億1200万ドル(約570億円)相当の制裁金を科された。これを受け、同行は支払い済みのボーナスや報奨金のほぼ4分の3を行員に返還させる計画を明らかにした。
 6日の米商品先物取引委員会(CFTC)の発表によると、RBSはCFTCに3億2500万ドルを支払うほか、米司法省に1億5000万ドル、英金融サービス機構(FSA)に8750万ポンド(約128億円)を支払う。また、合意の一環としてRBSの日本部門は電信詐欺で有罪を認めることに同意した。
 CFTCの発表によると、RBSのトレーダー、十数人が2006年半ばから10年にかけて数百回にわたり、時には他行の行員と共謀して円とスイスフラン建てLIBORの操作を図った。CFTCが調査を開始した後も、不正は続いていたという。
 CFTCの法規執行局のデービッド・マイスター局長は、RBSのトレーダーらの行為によって「一般市民は公正な指標金利を奪われた」と糾弾した。
 また、FSAはRBSが少なくとも219回、不正確な金利申告を文書で担当者に依頼したと指摘した。
 公的資金の注入を受けたRBSの立て直しを進めるヘスター最高経営責任者(CEO)にとって、今回の制裁は最大の打撃となった。制裁金の合計額は英銀バークレイズの2億9000万ポンドを上回り、スイスのUBSに科された15億ドル相当に次いで2番目。RBSは約3億ポンドの返還を行員に求める計画。
 へスターCEOは6日に「LIBOR操作は金融ブームの時期に銀行業界の一部に生じた利己的風潮の極端な例だ。今回のことを教訓とし、そのような風潮を拒絶し変えていく原動力にしていく」と述べた。
 RBSによると、全行員13万7000人中、LIBOR問題で退社したか処分を受けたのは全部で21人。投資銀行部門の責任者、ジョン・ハウリカン氏は業務引き継ぎ後に退社する。ただ、RBSは同氏が「不正について関与も認識もしていなかった」としている。(ブルームバーグ Gavin Finch、Lindsay Fortado)


---英金融大手、金利不正操作で罰金570億円---
2013年2月7日17時27分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130207-OYT1T00970.htm

 【ロンドン=中沢謙介】英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は、社員がロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作に関与していたことを認め、英米当局に総額約570億円の罰金を支払うことで合意した。
 LIBOR不正操作で英米当局に巨額の罰金を払うのは、英バークレイズ、スイスのUBSに続いて3社目。罰金の多さはUBSの約1400億円に次ぐ。
 RBSなどによると、不正は主に円やスイス・フラン建てのLIBOR操作で行われ、日本で働く従業員も不正に関与していた。


---LIBOR不正操作に関与、RBSも罰金支払い--
2013年2月7日10時55分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130207-OYT1T00383.htm

 【ロンドン=中沢謙介】英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は6日、社員がロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作に関与していたことを認め、英米当局に総額約570億円の罰金を支払うことで合意したと発表した。
 LIBORの不正操作を巡り、英米当局に巨額の罰金を支払うのは、英バークレイズ、スイスのUBSに続いて3社目。罰金の規模はUBSの約1400億円に次ぐ規模となる。
 RBSなどによると、不正は主に円やスイス・フラン建てのLIBORを対象に行われ、日本で働く従業員も不正に関与していた。

 日本でも昨年11月から、証券取引等監視委員会がRBSの東京支店に検査に入っている。金融庁は業務改善命令などの行政処分を出す方針だ。


---金融庁がRBS証券東京支店に業務改善命令検討、LIBOR不正操作---
2013年 02月 7日 01:45 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE91501C20130206

 [東京 7日 ロイター] ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題をめぐり金融庁が、英大手銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の日本拠点であるアール・ビー・エス証券東京支店に対し、業務管理体制の見直しなどを求める業務改善命令を軸に行政処分を出す方向で検討していることがわかった。
 関係筋が6日、明らかにした。証券取引等監視委員会が近く行政処分を勧告する見通しで、金融庁はこれを踏まえ処分内容の詳細を詰める。
 英米当局は6日、LIBORの不正操作問題を受けRBSに対し、計6億1500万ドルの制裁金を科したと発表した。英金融サービス機構(FSA)などによると、2006年から2010年にかけて、ロンドンやシンガポール、東京でRBSの21人以上のトレーダーらが不正に関与した。東京支店でも同時期に、数人のトレーダーが不正な働きかけをしていた。
 日本では監視委が昨年11月中旬から東京支店の検査を進め、英米当局に調査協力した。一連の調査では、これまでのところ東京銀行間取引金利(TIBOR)をめぐる不正の事実は確認されていないもよう。


---RBSトレーダーがUBSヘイズ被告贈賄ほう助-仲介業者対象---
更新日時: 2013/02/07 13:29 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MHTZJW6TTDS401.html

 2月7日(ブルームバーグ):英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)とスイス最大の銀行UBS のトレーダー2人が結託し、国際指標金利の操作を手伝う意思のある仲介業者に約21万1000ポンド(約3085万円)相当の賄賂を支払う工作を行ったことが、監督当局が公表した会話記録などから明らかになった。
 ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作の中心人物として各国当局の調査の焦点となっているUBSの元トレーダー、トム・ヘイズ被告は、自行の金利水準に見合うLIBORの数字を申告するよう他行の説得に動いてもらうため、少なくとも2人のブローカーへの贈賄を画策。ロンドン在勤のRBSのデリバティブ(金融派生商品)スペシャリストだったニール・ダンジガー氏がこれを助けた。
 監督当局の記録は、トレーダーの氏名を特定していないが、直接事情を知る関係者2人が確認した。
 RBSは6日、4年間にわたる国際指標金利の操作を認め、各国監督当局への6億1200万ドル(約570億円)の制裁金支払いに応じると発表。同行はさらに内部調査を経て、ロンドンのトレーディングフロアで最も職位の高いマネジャーのうち2人を解雇した。
 米商品先物取引委員会(CFTC)が6日公表した会話記録によれば、2008年9月19日にあるブローカーがダンジガー氏に「頼みがあるのだが」と切り出した。
 RBSはその後、LIBOR操作に手を貸したブローカーにUBSが手数料として約3万1000ドルを支払うことができるようにするため、仮装取引をUBSとの間で行った。英金融サービス機構(FSA)は、ダンジガー氏が「仲介業者に対する自分の影響力を高める」目的で賄賂の受け渡しを助けしたと主張している。

0 コメント: