2013年3月30日土曜日

原子力委員会 プルトニウム所有量2012

原子力委員会が2012年末のプルトニウム所有量を発表した。
 電気事業連合会は、原子力委員会の定例会で、電力10社が保有する核
分裂性プルトニウム(海外保有分を含む)は昨年末時点で約26.5トンに上る
ことを報告した。一方、プルトニウム利用計画については、現時点では
作成のめどが立っていないとした。

電事連
・核分裂性プルトニウムは核兵器などに転用可能。
・将来的に16-18基の原発でプルサーマルを導入する方針。


六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用について

各社のプルトニウム所有量 (2012年12月末時点)
(核分裂性プルトニウム、kg)
北海道電力    127
東北電力     359
東京電力    8,048
中部電力    2,666
北陸電力      98
関西電力    8,787
中国電力     782
四国電力     957
九州電力    1,324
日本原子力発電 3,373
合計      26,522
2009年末    27,8??

核兵器開発
・FatMan原子爆弾は低密度デルタ相プルトニウム合金
 (Pu239 濃度94%とガリウム)6.2kg。
・Hillary Clinton発表の核兵器1個のPu239は4kg。
・ブリタニカ辞書によると、爆縮型(核)兵器では、1ktonの爆発力を
 得るには、プルトニウム1-2kg、高濃縮ウランおよそ5-10kg。
・2008年北朝鮮のプルトニウム生産37kgで核兵器5個製造との報道
・臨界質量
 U235 46.5kg
 Pu239 10.1kg
・爆縮点火による臨界質量
 U235 15kg
 Pu239 5kg(1kg程度説有り)
・MOX燃料のプルトニウム濃度 4-9%
・軍用プルトニウムの濃縮度 94%以上
・もんじゅ濃縮度 99.8%
・常陽濃縮度 99.2%

原子力委員会の発表した資料によると、2009年末より、所有量は減少した
が、FatMan相当の核兵器は4000発製造可能となる。
厳密には、国内所有量は3,245kgだから、500発となるが、核分裂している
状態では、加工できず、もんじゅ・常陽は非稼動、MOX燃料から、濃縮度を
上げるための効率により、製造数は、もっと減る。実際には、研究施設で
数発つくるのがせいぜいか。
北朝鮮のように、遠心分離機を数百台連結して、プルトニウムの濃縮度を
あげ、数ヶ月で製造可能になるのか。

東電が原発事故最終報告書を発表した。
御用学者では信頼が得られにくいため、米NRCの肩書き欲しかったのか。
地震も津波の経験もなく、断層や地質等の知識がないからずる賢い東電が
白羽の矢を立てたのだろうか。

御用学者は「痛恨の極み」と謝罪しながら、よく調査もしていないのに
原発の重要設備が「地震による深刻な損傷はないと推定される」と中間
報告。御用学者は変わっていない。

関電は、電気料金の値上げに、MOX燃料代含み、原発は、停止状態でも維持
に1.2兆円かかるとのこと。人の金だから好き放題の様子。

原子力規制委が福島事故検証を検討するとのこと。
今までは、スポンサーに応じた報告が多かった。原子力規制委も検証し
報告を出せば、スポンサーに応じた報告になるかもしれない。
原子力規制委のスポンサーが明確になることは良いことだろう。

核武装論 半世紀続く政府扇動
核ミサイル製造台数試算
MOX燃料工場の存続
Sellafield Plant Shutdown
もんじゅ 核兵器開発のための維持か
日米英プルトニウム利権
日本政府 核兵器保有否定せず
日本原電 1040億円返済にウラン換金


---東電が原発事故最終報告書 「防ぐべき事故防げず」---
2013年3月29日 13時34分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032901001800.html

 東京電力は29日、福島第1原発事故を「原因を天災と片付けてはならず、防ぐべき事故を防げなかった」と総括し、経営層の意識改革などの対策を盛り込んだ原子力部門改革の最終報告書をまとめた。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を強く意識、実施済みか実施中の設備面充実以外は具体性に欠けており、実効性は不透明だ。
 報告書は東電の原子力部門を中心とした作業チーム「原子力改革特別タスクフォース」が作成し、米原子力規制委員会(NRC)のデール・クライン元委員長ら東電内外の有識者でつくる「原子力改革監視委員会」に29日に提出。監視委の議論を踏まえ、取締役会が内容を決定する。


---原発の火山灰対策求める 規制委が評価ガイド案---
2013年3月28日 19時50分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032801001659.html

 原子力規制委員会は28日、原発の新安全基準を検討する有識者会合を開き、「活動する可能性が否定できない火山」が原発から160キロ以内にある場合、火砕流や火山灰降下、火山ガスなどの影響を評価し、必要に応じて火山灰の対策工事などを求める「火山影響評価ガイド案」を示した。
 火砕流や溶岩流は対策が取れないため、発生する可能性が「十分小さい」と評価できない場合は「立地不適」と判断され、既存原発ならば廃炉を迫られる。
 ガイド案は国際原子力機関(IAEA)や日本電気協会の指針を基に、原子力安全基盤機構などで検討した。


---福島第一原発「地震での損傷なし」…学会調査委---
2013年3月27日21時15分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130327-OYT1T01173.htm

 東京電力福島第一原子力発電所事故を調べている日本原子力学会の調査委員会(委員長=田中知(さとる)東大教授)は27日、原発の重要設備について「地震の揺れによる深刻な損傷はないと推定される」との見解を盛り込んだ中間報告を発表した。
 原子炉の冷却にかかわる重要設備の損傷を巡っては、津波のほかに、国会の事故調査委員会が地震の揺れによる損傷の可能性を言及しており、焦点となっていた。
 大阪府東大阪市の近畿大で開催中の同学会で報告した。中間報告によると、「十分な現場確認ができていない」としながらも、原子炉のデータなどから、地震の揺れで重要設備に深刻な影響を与える損傷はなかったと判断。そのうえで「(原子炉の)耐震設計は安全確保に寄与したことを示している」としている。


---原子力規制委、福島事故検証へ 検討会設置、4月初会合---
2013年3月27日 12時52分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032701001212.html

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は27日の定例会で、東京電力福島第1原発の事故原因を検証する検討会の設置を決めた。政府や国会など複数の事故調査委員会で事故原因に関する見解が分かれる点もあり、規制委として分析結果をまとめ、安全規制への反映を図る。外部専門家も加え、4月に初会合を開く。
 ただ原子炉建屋は放射線量が極めて高く、検証作業は長期化する見通し。現地調査の進め方は「放射線量の条件も踏まえ、有効な調査方法を検討した上で行う」とした。
 国会事故調が地震で損傷した可能性を指摘した1号機の重要設備「非常用復水器(IC)」の作動状況などを検討課題とする。


---学会事故調「痛恨の極み」と謝罪 福島第1原発事故で---
2013年3月27日 10時06分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032701000792.html

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、日本原子力学会の事故調査委員会(委員長・田中知東大大学院教授)は27日、「事故を防ぐことができず、痛恨の極み」と謝罪するとともに「津波のリスクを十分考慮すべきだ」とする調査報告書の骨格を示した。具体的な対策や提言は年内にまとめる最終報告書に先送りした。
 この日、近畿大(大阪府東大阪市)で開催中の同学会で公表した。
 骨格では、これまでの学会について元幹部らを対象にしたアンケート結果を一部公表。「安全性研究の予算がわずかで、電力会社も研究を歓迎しない雰囲気だった」などと反省する声などもあった。


---電力10社:プルトニウム26.5トン保有---
毎日新聞 2013年03月26日 12時00分(最終更新 03月26日 12時31分)
http://mainichi.jp/select/news/20130326k0000e020167000c.html

 電気事業連合会は26日に開かれた原子力委員会の定例会で、電力10社が保有する核分裂性プルトニウム(海外保有分を含む)は昨年末時点で約26.5トンに上ることを報告した。一方、プルトニウム利用計画については、現時点では作成のめどが立っていないとした。福島原発事故の影響で原発の再稼働の見通しが立たないうえ、原発の燃料としてプルトニウムを使用するプルサーマル計画の実施も困難な情勢のためだ。
 電事連によると、電力会社ごとの保有量の内訳は、関西電力8.7トン▽東京電力8トン▽日本原電3.3トン▽中部電力2.6トン--の順に多かった。核分裂性プルトニウムは核兵器などに転用される恐れがあり、利用目的のない余剰が発生すれば国際社会の懸念を招くため、電事連は将来的に16-18基の原発でプルサーマルを導入する方針だ。
 原子力委は03年に定めた「基本的な考え方について」で、プルトニウム利用の透明性確保を図るため「利用計画を毎年度、プルトニウムを分離する前に公表する」と義務付けているが、電事連は10年秋に公表して以降、作成できない状態が続いている。【中西拓司】


---高浜原発へのMOX燃料輸送再開へ…震災で中断---
2013年3月21日12時47分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130321-OYT1T00627.htm

 関西電力は21日、プルサーマル発電をしている高浜原子力発電所3号機(福井県高浜町)で使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料について、製造元のフランスから海上輸送することが決まったと発表した。
 東日本大震災後、国内へのMOX燃料輸送は初めて。関電は「再稼働を前提としたものではない。使用するかどうかは原発の新安全基準や地元の理解を踏まえて判断する」としている。到着日などはフランス出航後に明らかにする。
 高浜3号機用の燃料は2011年春に輸送予定だったが、震災の影響で延期され、さらに福島第一原発事故後、国のエネルギー政策の見通しが不透明になり、見合わされていた。


---U.S. Releasing Nuclear Data on Its Arsenal---
By DAVID E. SANGER
Published: May 2, 2010
http://www.nytimes.com/2010/05/03/world/03weapons.html?_r=0

WASHINGTON - The Pentagon on Monday will release long-classified statistics about the total size of America’s nuclear arsenal, part of an effort to make the case that the country is honoring its treaty commitments to shrink its inventory of weapons significantly, senior administration officials said Sunday.

The American initiative will be cast by the White House as a small but significant step toward allowing the world to measure whether President Obama makes good on his promise of reducing American reliance on nuclear defenses. The commitment to make the figures public will be included in a speech that Secretary of State Hillary Rodham Clinton will deliver at the opening of a United Nations conference reviewing progress on the Nuclear Nonproliferation Treaty. Mrs. Clinton will also announce new funds for the International Atomic Energy Agency.

For years, American intelligence officials have objected to publishing quantitative descriptions of the American nuclear arsenal, concerned that the figures might help terrorist groups calculate the minimum nuclear fuel needed for a weapon. But administration officials said reputable Web sites that track such issues have long noted that American weapons designers need an average of around 4 kilograms of plutonium, or 8.8 pounds.

“It became clear there was a way to get the transparency without revealing any state secrets,” a senior administration official said, declining to speak on the record because the numbers had not yet been declassified.

The numbers will combine three categories of weapons: deployed, in “active reserve” and in inactive storage. They exclude weapons designated for decommissioning. The United States and Russia have already revealed the number of deployed strategic weapons they possess. Britain and France have recently revealed details of their stockpiles. China has said little. India, Pakistan and Israel - which have all refused to sign the treaty - have not revealed numbers.


---nuclear weapon---
http://www.britannica.com/EBchecked/topic/421827/nuclear-weapon/275628/Gun-assembly-implosion-and-boosting

Gun assembly, implosion, and boosting

In order to produce a nuclear explosion, subcritical masses of fissionable material must be rapidly assembled into a supercritical configuration. The simplest weapon design is the pure fission gun-assembly device, in which an explosive propellant is used to fire one subcritical mass down a “gun barrel” into another subcritical mass. Plutonium cannot be used as the fissile material in a gun-assembly device, because the speed of assembly in this device is too slow to preclude the high probability that a chain reaction will “pre-initiate” by spontaneous neutron emission, thereby generating an explosive yield of only a few tens of tons. Therefore, gun-assembly weapons are made with highly enriched uranium, typically more than 80 percent uranium-235.

The other major assembly method is implosion, in which a subcritical mass of fissile material is compressed by a chemical high explosive into a denser critical mass. The fissile material is typically plutonium or highly enriched uranium or a composite of the two. In the simplest design, a spherical fissile core is surrounded by a reflector (also known as a tamper), which in turn is surrounded by the chemical high explosive. Other geometries are used where the diameter of the device must be kept small-to fit, for example, in an artillery shell or missile warhead-or where higher yields are desired. To obtain a given yield, considerably less fissile material is needed for an implosion weapon than for a gun-assembly device. An implosion fission weapon with an explosive yield of one kiloton can be constructed with as little as 1 to 2 kg (2.2 to 4.4 pounds) of plutonium or with about 5 to 10 kg (11 to 22 pounds) of highly enriched uranium.

Refinements to the basic implosion design came first through Operation Sandstone, an American series of tests conducted in the spring of 1948. Three tests used implosion designs of a second generation, which incorporated composite and levitated cores. The composite core consisted of concentric shells of both uranium-235 and plutonium-239, permitting more efficient use of these fissile materials. Higher compression of the fissile material was achieved by levitating the core-that is, introducing an air gap into the weapon in order to obtain a higher yield for the same amount of fissile material.

American tests during Operation Ranger in early 1951 included implosion devices with cores containing a fraction of a critical mass-a concept originated in 1944 during the Manhattan Project. Unlike the original Fat Man design, these “fractional crit” weapons relied on compressing the fissile core to a higher density in order to achieve a supercritical mass, thereby achieving appreciable yields with less material.

Another technique for enhancing the yield of a fission explosion is called boosting. Boosting refers to a process whereby fusion reactions are used as a source of neutrons for inducing fissions at a much higher rate than could be achieved with neutrons from fission chain reactions alone. American physicist Edward Teller invented the concept by the middle of 1943. By incorporating deuterium and tritium into the core of the fissile material, a higher yield is obtained from a given quantity of fissile material-or, alternatively, the same yield is achieved with a smaller amount. The fourth American test of Operation Greenhouse, on May 24, 1951, was the first proof test of a booster design. In subsequent decades approximately 90 percent of nuclear weapons in the American stockpile relied on boosting.

2013年3月29日金曜日

ODA白書2012

2012年版のODA白書が発表された。
 岸田文雄外相は閣議で、2012年版「政府開発援助(ODA)白書」を報告。
国際社会で影響力を強める中国をにらみ、ODAの戦略的な配分により「
自由や民主主義といった普遍的価値や戦略的利益を共有する国」に支援
を拡充する方針を打ち出した。

ODA
(全文)2012年版政府開発援助(ODA)白書(17MB)(PDF)
・ミャンマー等を念頭に「民主化に向けた国づくりに努力する国への
 支援を強化する必要がある」と明記。
・東日本大震災を踏まえ、防災協力にも積極的に取り組む。
・インフラ輸出に絡んだ日本企業の進出により、途上国の活力が日本の
 成長にもつながるとの視点を盛り込む。

社会主義、軍事政権から民主主義へ少し変わりつつあるミャンマーへ、
ODA資金を提供することで、中国資金からの支配を緩めようとする狙い。
西洋メディアに奉られた感じがあるAung San Suu Kyi。
連邦議会議員になってからは、功利主義に基づく行動が目立ち、経済
発展のために、少数民族を排除。中国政府や韓国政府と同様の反日思想
を展開している。
他人との接触を断たれ、変化する社会について行けず、議員としての実績
をあげるのも難しいともとれ、悲壮感が漂いそうだ。

ODA資金は、提供しただけで、全額正当に使用されたか問題になったこと
があったが、監査をしているのだろうか。

駐中日本大使は赴任先で、毎年、「中国へのODAは必要」と発表する。
2012年版ODAには、「中国へのODAは終了」と記載されているが、別名義
で提供していないのだろうか。

外交 鴨は日本
米軍 包囲網拡大
WFP Radiation poisoning or Hunger death


---中国にらみ戦略的に配分 12年版ODA白書---
2013.3.26 10:11
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130326/plc13032610130011-n1.htm

 岸田文雄外相は26日の閣議で、2012年版「政府開発援助(ODA)白書」を報告。国際社会で影響力を強める中国をにらみ、ODAの戦略的な配分により「自由や民主主義といった普遍的価値や戦略的利益を共有する国」に支援を拡充する方針を打ち出した。
 ミャンマーなどを念頭に「民主化に向けた国づくりに努力する国への支援を強化する必要がある」とも明記した。
 東日本大震災を踏まえ、防災協力にも積極的に取り組む考え。また、インフラ輸出に絡んだ日本企業の進出により、途上国の活力が日本の成長にもつながるとの視点を盛り込んだ。
 11年実績では、ベトナムが最大の援助対象国となっており、約10億1300万ドル(約956億円)が供与された。インドの約7億9600万ドル、アフガニスタンの約7億5千万ドルが続いた。援助実績は計約108億3100万ドルで米国、ドイツ、英国、フランスに次ぐ5位だった。


---ミャンマー中部で仏教徒とイスラム教徒が衝突、非常事態を宣言---
2013年03月22日 19:15 発信地:メッティーラ/ミャンマー
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2935184/10478177?ctm_campaign=txt_topics

【3月22日 AFP】(一部更新)ミャンマー中部メイッティーラ(Meiktila)で20日、イスラム教徒が経営する金製品の店で始まった口論から仏教徒とイスラム教徒の衝突が起き、市街地を焼く暴動に発展している。各所で黒煙が上がり、路上に焼け焦げた遺体が転がるなか、暴動は22日になっても収束せず、今年に入って最悪の宗教間衝突となっている。ミャンマー政府は22日、メイッティーラに非常事態宣言を出した。
 AFP記者は21日夜、放火されたモスクや住宅から炎と刺激臭がする煙が空に上がるのを目撃した。焼け焦げたオートバイの脇に黒焦げになった遺体が横たわっていた。夜が明けて外出が禁止されている時間帯が過ぎると、怒りをあらわにした男たちの集団が再び路上に繰り出してきた。
 AFP記者ら報道関係者が暴徒に取り囲まれ、治安部隊に救出される場面もあった。警察官によると、地元警察当局には21日、暴徒への発砲許可が下りたという。
 ミャンマーの国営メディアは22日、この暴動でこれまでに僧侶1人と男性3人、女性1人の計5人が死亡し、40人近くが負傷したと伝えた。一方、野党国民民主連盟(National League for Democracy、NLD)のウィン・テイン(Win Htein)議員(メイッティーラ選出)はAFPの取材に、乱闘で25人ほどが死亡したと述べた。同議員によれば、暴徒たちはナイフやこん棒を手に路上をうろついており、地元のイスラム教徒たちはサッカースタジアムに、仏教徒たちは寺院にそれぞれ避難しているという。
 地元の警察官はAFPの取材に、3日間で少なくとも20人が死亡したことを確認したが、死者数はもっと多い可能性が高いと述べた。
 国際社会からは暴力の即時停止を求める声が相次いで上がっている。

■昨年から続く宗教間衝突、政府の頭痛の種に
 ミャンマーのイスラム教徒は主にインド、中国、バングラデシュから来た人たちの子孫。ミャンマーはこの30年ほど国勢調査を実施していないが、およそ6000万人の人口のうち多数は仏教徒で、イスラム教徒は4%程度と推定されている。
 ミャンマーには1948年までの英植民地時代にインドから契約労働者として多くのイスラム教徒が入ってきた。しかし、ミャンマー国内のイスラム教徒は完全には社会に溶け込んでおらず、宗教間対立は軍政からの迅速な民政移行を目指すミャンマー政府にとって頭の痛い問題となっている。
 ミャンマーでは昨年、西部のラカイン(Rakhine)州で仏教徒とイスラム教徒が衝突し、昨年のうちに少なくとも180人が死亡し、11万人以上が家を追われた。
 ウィン・テイン議員はメイッティーラの人口約8万人のうちイスラム教徒は約3万人だと述べつつ、「自分が生きてきた中でこんな衝突は経験がない」と指摘した。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は、ラカイン州での宗教間の緊張の高まりが波及してきたとの見方を示している。


---ミャンマー 銅山開発容認へ スー・チー氏に反発の声---
2013年3月14日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013031402000123.html

 【バンコク=寺岡秀樹】ミャンマー中部で昨年十一月、銅山開発の中止を求める僧侶や住民らを警察が強制排除した問題で、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏が委員長を務める調査委員会は十二日、「開発を続けるべきだ」との報告書を公表した。スー・チー氏は十三日、現地に出向き、住民に理解を求めたが、民主化運動指導者による開発阻止を期待していた住民から反発の声が上がった。
 現地からの情報などによると、開発は中国企業とミャンマー軍の関連企業が合弁で実施。住民は健康被害や土地の強制収用などへの不満を訴えている。
 報告書は警察が人体に危険な発煙弾を使うなどして百人以上の負傷者が出たことや、土地収用に伴う補償額が低かったことは認定。住民側の主張を一部受け入れてはいるが、「開発の中止は契約不履行で、外国投資家の信頼を損ねる。一方的に中止すべきではない」と、開発を続けるべきだと結論付けた。
 スー・チー氏はこれまでも発展には外国からの投資が不可欠としており今回の報告にも中国への配慮が感じられるとの指摘がある。
 スー・チー氏は現地で、数百人の住民らに「開発を止めればミャンマーは信用できない国と思われる。地域にも国にも利益をもたらさない」と説明したが、住民から「絶対に受け入れられない」との怒りが噴出した。一五年の総選挙でNLDが勝利するにはスー・チー人気は不可欠なだけに、今後、国民の支持をいかに保ち続けるかが課題になりそうだ。


---歴史問題で日本を批判 韓国でスー・チー氏---
2013.2.1 14:31
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130201/asi13020114410002-n1.htm

 聯合ニュースによると、韓国訪問中のミャンマーの最大野党国民民主連盟(NLD)党首、アウン・サン・スー・チー氏は1日、太平洋戦争をめぐる日本の歴史問題に絡み「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べ、日本の姿勢を批判した。
 ソウルで面会した宋永吉・仁川市長が「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない。関心を持ってほしい」と述べたのに応じた。
 スー・チー氏はまた、ミャンマー独立の英雄、父アウン・サン将軍が生前「日本人の個人を憎んではいけない。誰でも長所と短所があるから短所を理由に憎むのはだめだ」と話していたとも述べた。アウン・サン将軍は第2次大戦中に旧日本軍の軍事訓練を受けたが、後に独立のため日本軍と戦った。(共同)


---ODAは14年連続減 アジアなどに重点配分---
2013.1.29 17:14
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130129/fnc13012917140014-n1.htm

 政府開発援助(ODA)は今年度当初比0・7%減の5573億円と、14年連続で減少。成長するアジア経済圏への日本企業の進出を支援するなど、経済活性化につながる施策へ重点的に配分した。
 大半を占める外務省分は0・7%増の4212億円。インフラ輸出や日本企業の海外展開支援として無償資金協力に323億円、技術協力に463億円を充てた。
 ミャンマーの国造りを人材育成などで支援する事業にも重点を置いた。企業の進出拡大を視野に入れ、総額200億円程度の支援を想定する。
 領土保全対策では、有識者を活用した調査研究とシンポジウム開催の費用として新たに4億円を計上。在外公館では、アイスランド、南スーダン両国への大使館新設のための予算を措置した。

2013年3月28日木曜日

TPP ピンクスライム肉上陸か

TPPのおかけで、犬の餌を人間が口へ入れるかもしれない。
米マクドナルドで販売されていた「ピンクスライム肉」入りのハンバーガ
は、子供に人気だったが、食の安全の問題から、販売中止となった。
ピンクスライム肉は、牛肉の成型後のいわゆるくず肉をミンチにして、
大腸菌を含むバクテリアの繁殖を防ぐため、水酸化アンモニウムを添加し、
着色した加工品とのこと。
英国では、くず肉は、犬や鶏への餌としては許可されているが、人間が口
へ入れることは禁止されているようだ。
米国では合法だが、牛肉加工肉業界では、水酸化アンモニウムを添加した
牛肉を使用禁止の方針。
ちなみに、牛肉加工肉業界のBPIとピンクスライム肉不買キャンペーンを
したABCとは、中傷や虚偽等の問題で、BPIがABCへ損害賠償請求で係争中。
ピンクスライム肉を製造していたAFA Foodsは、このキャンペーンのため
に、ファーストフード業界やスーパーマーケット、レストラン等からの
受注が減り、破産、再建待ちのようだ。
日本では、くず肉は、プレスハムやハンバーガ、ひき肉として販売されて
いるが、水酸化アンモニウムは、未指定添加物で、使用したら、食品衛生
法違反となる。

米国内ではタバコも保険、牛肉等も受け入れられず、国外展開。
日本は、市場が比較的大きく、従順な性格な人が多いため、米国の多くの
企業が参入した。
タバコや保険同様、規制を緩和することで、国外の食品業界や医療品・
薬剤業界等が、日本へ参入することになる。
混合診療や薬剤通販等は先行しそうだ。

米国で人間が食べることを禁止されたピンクスライム肉は、規制緩和によ
り、AFA Foodsの再生条件として輸出が考慮され、安価だからと、日本でも
多くの人の口へ入るかもしれない。遺伝子組換えだけの問題ではない。
最近は、加工食品品質表示においても、遺伝子組換え材料を使っていても
法律の適用時期により、表示義務がない場合があるようだ。
加工食品品質表示基準 平成24年6月11日

民主党時代に、国際法と国内法はどちらが優先順位が高いかと問われ、
正確な答えが出せなかった総理大臣が笑いものとして報道された。
しかし、カボチャも「主権を損なうISDS条項には合意しない」と先の政府
と同様な回答をしており、法律の優先度を理解していない。
カボチャの補佐は、スラム文化好きで日本語が読めないことに変わりは無い。
コメ、麦、牛肉、豚肉のみ、減収した農家に補助金で補填との報道もある。
米産BSE牛の時も、自民党員は輸入した米産BSE牛を好んで食べた人は見な
かった。
放射性物質による影響は少ないと言いながら、官僚が食べる食材には、
被曝地域の食材の採用率が低いとの報道もある。

保守派と言いながら、構造改革を進め、日本の伝統だった雇用体系や
三ちゃん農業を破壊。保守派ではなく親米派と思う。

与党の政調会長は「(協定締結の)閣議決定直前に与党内で厳しい審査が
ある。国益を最大化できず、不利な交渉をしてきたらどうしようもない」
と、もう予防線を張っている。
結局、今まで同様、「国際会議で決定した事項は変更できない」で終わり
そうだ。
バブルに浮かれて、犬の餌を食う人が増えるのか。

谷村有美大丈夫か
非GMOの明記へ
マスメディア 広告料を支払う経済界は開国派
安全性未審査添加物輸入
GMトウモロコシとラウンドアップ
政党 類は友を呼ぶ
米国産牛肉 30か月以下に
日銀総裁辞任表明 株高傾向へ
朝鮮戦争再開 参戦と景気拡大


McDonald's Pink Slime


Jamie Oliver's Food Revolution: Pink Slime - 70% of America's Beef is Treated with Ammonia


Pink Slime For School Lunch!


---自民・塩崎氏 税制優遇で女性雇用支援---
2013.3.24 21:08
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130324/stt13032421100004-n1.htm

 自民党の塩崎恭久政調会長代理が、定年・雇用延長の開始、労働規制改革などについて語った。
--定年後、65歳までは希望者すべての継続雇用を企業に義務づける「改正高年齢者雇用安定法」が4月から施行される
 「65歳まで企業に社員を抱えさせる義務を課すのはちょっと違うのではないか。65歳になっても働ける社会をつくることが大きな目的だ。ただ、日本は結構働き過ぎの部分もある。どういう生き方をするのかも併せて考えた方がいい」--安倍政権は規制改革を進めようとしている   「新陳代謝のある社会に変えて、新しいものをつくっていくべきだ。雇用を守るのではなく、雇用をつくる。高齢者も若い人も、能力に応じて新しい雇用を得られるようにしないといけない。古いタイプの大企業に65歳まで雇用してもらうのは、潜在失業者を抱えるようなものだ。これをぶちこわして、新しい可能性やフロンティアをつくり、これからの社会保障を守る所得を生み出すべきだ」
--労働規制の緩和については
 「女性が生涯にわたって働けるようにするために(介護や育児などの)『家事』支援をもっとやるべきだ。私は税制で優遇した方がいいと考えている。それらのコストを所得控除するとか。例えば、現状ではベビーシッターを雇うための支出は所得を得るための必要経費とされていない。家事の支援はとても大事だ」


---TPPにサイバー規定 米政権が新戦略、スパイ監視---
2013年3月24日 02時15分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032301001951.html

 【ワシントン共同】オバマ米政権がサイバー空間における産業スパイ(サイバースパイ)に対抗するため、新たな規定を環太平洋連携協定(TPP)などに設け、機密保護を目指す新戦略を決めたことが23日、分かった。米国内法が定める刑事罰や制裁を多国間の枠組みに拡大する取り決めを念頭に置いているとみられる。米通商法を活用した「疑惑国」への監視のほか、外交圧力も強化する。
 米コンピューターシステムに侵入し、企業秘密などを盗んでいるとされる中国発のサイバー攻撃の増加が決定の背景にある。安倍晋三首相がTPP交渉参加を表明した日本も同様の攻撃にさらされており、米戦略に関心を寄せている。


---国内総括官に佐々木氏 TPP、関係団体と調整---
2013.3.23 22:15
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130323/plc13032322190023-n1.htm

 政府は23日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に向け、関係団体などとの調整役となる「国内調整総括官」に佐々木豊成官房副長官補を起用する方針を固めた。TPPに参加した場合の国内産業への影響に関する試算作成に携わり、適任と判断した。政府関係者が明らかにした。
 TPPをめぐって政府は関係閣僚会議の下に、甘利明TPP担当相を本部長とする約100人体制の対策本部を新設。佐々木氏は、対外交渉を担当する「首席交渉官」に内定している鶴岡公二外務審議官(経済担当)とともに事務方のトップを担う。
 国内調整総括官は、TPP交渉参加に伴い農業、医療など関係団体のほか、省庁間や与党との調整に当たる。総括官の下に「農林水産」や「厚生労働」など分野別に専門チームを編成する。
 佐々木氏は財務省出身。民主党政権下の2010年1月、財務省会計センター所長兼財務総合政策研究所長から官房副長官補に就任した。佐賀県出身。


---TPP非関税措置 保険以外も事前協議---
2013年3月23日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013032302000148.html

 外務省は二十二日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加をめぐる日米両政府間の事前協議について、明らかになっている自動車関税と保険分野に加え、保険以外の「非関税措置」に関する協議の決着も、日本政府の交渉参加に不可欠な米政府による米議会通告の前提条件であることを明らかにした。 
 日米は事前協議で、米国が乗用車やトラックの輸入にかける関税の維持で大筋合意。残る主な懸案は保険だけとみられていた。外務省は協議中を理由に具体的な品目は明かさなかったが、日本政府は議会通告後九十日を経ないと交渉に参加できない。他の非関税措置の決着も条件とすれば、通告前の協議のハードルが高まったことを意味し、長期化して日本の交渉参加が遅れたり、さらなる米側への譲歩を余儀なくされる可能性が浮上した。
 事前協議の状況は、外務省の林禎二経済連携課長が自民党の会合で説明。TPPに関する日米共同声明に自動車、保険部門に加え、さらなる作業が残されているものとして「その他の非関税措置」が盛り込まれている点を指摘し「米政府が協議に納得し、終結しないと、議会に通告するシステムになっていない」と述べた。
 日本政府は、これまで議会通告前の事前協議を終結する対象として、保険以外の非関税措置を明らかにしていない。
<非関税措置> 「非関税障壁」ともいわれ、物品流通のルールや食品安全基準など、各国が関税以外で貿易を制限する手段。米国は民主党政権時代の日本とのTPP事前協議で、かんぽ生命の学資保険の内容変更などを要求したとされる。TPPとは別に、以前から乗用車の方向指示器の色限定といった日本の自動車安全基準なども問題視。日本は食品添加物の使用や、遺伝子組み換え作物の使用表示の基準など「食の安全」分野も規制が厳しいといわれている。


---閣僚会合、交渉体制を決定 首相「政府一丸で臨む」---
2013.3.22 12:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130322/plc13032212500013-n1.htm

 政府は22日、安倍晋三首相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加表明を踏まえ、TPP関係閣僚会議の初会合を国会内で開いた。TPP担当相を兼務する甘利明経済再生担当相を本部長とする政府対策本部を設置し、本部に多国間交渉を仕切る「首席交渉官」と、農業対策や与党調整などを担う「国内調整総括官」を配置する省庁横断型の事務局体制を決定した。
 首相は初会合に出席し、「交渉参加表明はスタートライン。強い交渉を進めていくには政府一体となって交渉に臨める体制をつくることが極めて重要だ」と決意を表明。同時に「(交渉参加には)強い懸念や不安の声もある。しっかりと受け止めて交渉に入らないといけない」と述べた。
 事務局体制は発足当初50人規模で、最終的に首席交渉官をトップとする交渉チームが約70人、国内調整総括官の国内調整チームは約30人の総勢100人規模になる見通しだ。
 本部長の甘利氏は会合後の記者会見で「大変な重責を感じている。内閣の英知を結集して強い交渉力を築き上げたい」と強調。交渉参加時期について「日本の参加承認が得られるタイミングに合わせて臨時会合も開かれるよう努力したい」と語り、7月にも全体交渉会合に参加できるよう関係各国に働きかける考えを示した。
 一方、自民党の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」(会長・森山裕衆院農水委員長)は22日午前、党本部で総会を開き、TPP参加表明を受けて議連の名称を「TPP交渉における国益を守り抜く会」に改称することを決めた。森山氏は総会後、記者団に「首相が交渉参加を表明した。即時撤回は今の動きとは合わない」と説明した。


---TPP 食卓への影響 安全基準 低下の恐れ---
2013年3月18日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013031802000110.html

 環太平洋連携協定(TPP)に参加した場合、消費者の生活にも大きな変化が訪れそうだ。輸入食品の関税が下がって農産品や加工食品の値下げが進む半面、食の安全の基準が今よりも低くなる恐れもある。TPPの影響を食卓から考える。
Q TPPに入ると食料品が安くなると聞くが、なぜ。
A TPPは関税ゼロを原則とするため、高い税率がかかっている農産品ほど安くなる可能性が高い。関税率が778%のコメ、1706%のコンニャクイモなどだ。この効果は、加工食品にも波及する。牛丼は輸入米や輸入牛肉(38・5%)を使っており、さらに安くなりそうだ。輸入品のバター(360%)や小麦(252%)を使うケーキやデザートなども、値下げされるかもしれない。
Q たくさんの輸入農産物の価格が下がるなんて、お財布にやさしいね。
A そうでもないかもしれないな。花や綿などはすでに関税ゼロだ。輸入農産物全品目の中で関税が「ゼロ」の品目は24%、「0%超~20%以下」は48%を占めている。つまり、七割超の農産品がすでに関税20%以下なんだ。輸入農産物の今の平均関税率は11・7%で、値下げ余地は意外と狭い。
Q それでも値下げは家計に吉報だ。
A 価格が安くなるのは、ありがたいことだね。ただ、食の安全から考えると手放しで喜んでばかりはいられないよ。食品の安全基準は、国ごとに異なっている。これをどうそろえるか、ということもTPP交渉の重大なテーマなんだ。
 日本やTPP交渉に参加するオーストラリア、ニュージーランドは総じて食品安全基準が高いからいいが、途上国では安全への意識がそれほど高くない。米国のように大規模農場で農薬を大量に使い生産する国も、日本と安全基準は異なる。交渉を通じて、日本よりも低い安全基準に統一されれば、食の安全に対する不安は高まるだろうね。
Q 具体的にどんな違いがあるの。
A 例えば遺伝子組み換え食品の扱いだ。日本は遺伝子組み換え食品の身体への影響が読み切れないので、この技術を使った食品の表示を義務付けている。だが、遺伝子組み換え食品の生産を増やしたい米国は日本が行う表示義務廃止を求めそうだ。食品添加物でも違いはある。日本では約八百種類しか使用が認められないが、米国では三千種類も使うことができる。米国は農薬残留基準も日本の六十~八十倍も緩い。
 安全基準は、私たちの暮らしの安全に直結する大問題だ。価格が下がることもありがたいが、食品の安全もしっかり確保する交渉が必要になるね。 (石川智規)


---チェックTPP<1>ISDS条項 企業と国家の紛争解決---
2013年3月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2013031702100003.html

 安倍晋三首相が環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加を正式表明した。TPPは輸入品にかかる関税を原則なくすことを話し合うだけでなく、国境を越えた投資、食の安全、医療、知的財産権など幅広い分野を対象にする。生活に大きく影響し、交渉の結果次第で日本の仕組みが変わりかねない。投資の分野で導入の是非が争点になっている「ISDS条項」の制度を手始めに、TPP交渉の焦点をチェックする。
Q TPPって何かをまだ知らないのに、さらに別の横文字が出てきたね。
A 日本の政府や自治体、企業にも影響がある制度なんだ。ISDS(国家と投資家の間の紛争解決=図参照)条項と呼ばれる。
 外国企業(投資家)が、進出先の政府が法律や規則を不当に変更したことによって損害を受けたと考えた場合に、政府や自治体を訴え、賠償金を得ることができる制度だ。企業の立場からみると、進出した国の裁判所で訴えると、不利な判決を受ける恐れがある。ISDS条項の制度では、企業は国連や世界銀行傘下の第三者機関に訴えることになる。
Q この条項が入ることは決まったの?
A 交渉内容が公表されていないので詳細は不明だが、参加国のうち豪州は反対の立場だ。訴訟大国の米国が、訴訟を乱用するのではと警戒している。
 日本国内でも「訴訟が乱発されれば、環境規制や食品の安全規制などが脅かされる」と心配する声が上がる。米国企業が北米自由貿易協定(NAFTA)にあるISDS条項を使い、カナダ政府とメキシコ政府を訴えて多額の賠償金を得たり、米国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ韓国政府が米国企業に提訴されたことが背景にある。
 ただ、企業側は政府の差別的対応で被害を受けたことを具体的に証明する必要がある。米企業が敗訴する例も少なくない。
Q 外国企業が日本を訴える恐れがあるのかな。
A 実は日本が経済連携協定(EPA)や投資協定などを結んだシンガポールやメキシコなど計二十四カ国との間にはISDS条項がある。まだ日本政府が訴えられた例はない。
 逆に、日系企業の事例では、野村証券のオランダ子会社が二〇〇六年にISDSを使ってチェコ政府を訴え、百八十七億円の損害賠償を受け取ったことがある。チェコ政府が、この子会社の出資する銀行にだけ財政支援をしない「外国企業への差別的対応」をしたことが理由だった。
Q 政府はどう考えているのだろう。
A 安倍首相は「主権を損なうISDS条項には合意しない」との見解だ。TPP交渉では、政府が外国企業に対してどう対応した場合にISDS条項を使えるのか、協定文の細目を検討しているもようだ。訴訟乱用を防ぐ取り決めが本当に入るのかは、まだ不確かなままだ。(岸本拓也)


---「重要農産5品目の関税引き下げも」石破氏---
2013.3.16 16:02 [TPP]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130316/stt13031616020005-n1.htm

 自民党の石破茂幹事長は16日のテレビ東京の番組で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉次第では、党決議で「聖域」と位置づけたコメなど農産品5品目の関税引き下げもあり得るとの見方を示した。同時に夏の参院選では、党決議を政権公約に明記する方針も明らかにした。
 石破氏は「コメ、麦、牛肉、豚肉など大切な品目を守ることが交渉の主眼で、関税を1%たりとも下げてはダメだという議論に直結しない」と述べた。
 その上で「公約を守れず、党内がバラバラで首相の足を引っぱるような政権は必ず国民から見放される」と指摘。党決議を政権公約に盛り込み、5品目を守る姿勢を強調した。
 これに関連し、高市早苗政調会長は16日の読売テレビの番組で、交渉終了後に、与党で厳しい審査を課す方針を示した。高市氏は「(協定締結の)閣議決定直前に与党内で厳しい審査がある。国益を最大化できず、不利な交渉をしてきたらどうしようもない」と語った。


---McDonald’s Announces End to ‘Pink Slime’ in Burgers---
Matthew Rosenbaum
Feb 1, 2012 3:26pm
http://abcnews.go.com/blogs/health/2012/02/01/mcdonalds-announces-end-to-pink-slime-in-burgers/

McDonald’s has announced that it will be discontinuing the use of the controversial meat product known as boneless lean beef trimmings in its burgers.

The product was recently brought to the attention of the public by celebrity chef Jamie Oliver, who derisively referred to it as “pink slime” on an episode of Jamie Oliver’s Food Revolution,

These trimmings, which consist of what’s left of the meat after all the choice cuts of beef are taken, are banned for human consumption in the U.K, where they are instead used for dog and chicken food. They are legal for consumption in the United States, however, where they are treated with ammonium hydroxide in order to kill off bacteria such as E. coli and make it safe for human consumption.

Beef Products Incorporated, the company that had previously supplied McDonald’s with boneless lean beef trimmings, denied that Oliver’s show had anything to do with decision, saying it was made long before the show aired and was based on BPI’s inability to supply McDonald’s on a global basis. BPI also pointed to its recent placement on food safety advocate Bill Marler’s nice list and numerous food safety awards as evidence of its commitment to food safety.

McDonald’s also issued a statement confirming that this decision was long in the works.

“At McDonald’s, the quality and safety of the food we serve our customers is  a top priority,” the company wrote. “At the beginning of 2011, we made a decision to discontinue the use of ammonia-treated beef in our hamburgers.  This product has been out of our supply chain since August of last year. This decision was a result of our efforts to align our global standards for how we source beef around the world.”

Burger King and Taco Bell have also discontinued the use of boneless lean beef trimmings in their food.


---AFA Foods Files Bankruptcy Citing ‘Pink Slime’ Coverage---
By Phil Milford & Shruti Date Singh - Apr 3, 2012 4:44 AM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2012-04-02/afa-foods-files-bankruptcy-citing-pink-slime-coverage.html

AFA Foods, a ground-beef processor owned by Yucaipa Cos., sought bankruptcy court protection with a plan to sell some assets after media coverage of “pink slime” cut demand for its products.

The company, based in King of Prussia, Pennsylvania, listed assets of $219 million and debt of $197 million in Chapter 11 papers filed today in U.S. Bankruptcy Court in Wilmington, Delaware.

Celebrity chef Jamie Oliver is among food activists who have criticized the use of what they dubbed “pink slime,” a filler produced by treating finely ground beef scraps with ammonia hydroxide to kill pathogens. Beef Products Inc. last week temporarily suspended production at three plants because of consumer concerns. U.S. Agriculture Secretary Tom Vilsack said March 28 that the product, referred to in the industry as lean, finely textured beef, is safe to eat.

“Ongoing media attention has called into question the wholesomeness” of the meat, and has “dramatically reduced the demand for all ground beef products,” AFA interim Chief Executive Officer Ron Allen said in court papers.

Ground beef demand will soften in the next several months as consumers shift to meat that doesn’t contain the lean, finely textured beef, said Ann Gurkin, an analyst for Davenport & Co. Last month, the USDA said schools in the government’s lunch program can order ground beef without the product following public pressure to remove it from cafeterias.
Fast-Food Chains

Several fast-food restaurant chains stopped using the lean beef, including McDonald’s Corp. (MCD), the world’s largest restaurant chain, Burger King Holdings Inc. (BKC) and Yum! Brands Inc (YUM).’s Taco Bell. Tyson Foods Inc. (TSN), the biggest U.S. beef processor after Cargill Inc., said March 27 it is making “adjustments to accommodate our customers that no longer want” the product added to their ground beef.

Reduced use of the product will further tighten beef supplies, said Gurkin, a Richmond, Virginia-based analyst who has a “buy” rating on Tyson. U.S. beef production will drop 4.4 percent in 2012 from a year earlier, the USDA forecast March 9.

Given the issue has only come up in the past few weeks, the effect on Tyson’s sales and earnings is unclear, Gurkin said. She said she is “monitoring” it because demand usually rises with the approaching summer grilling season in the U.S.

Among AFA’s largest unsecured creditors listed in court papers are meat suppliers Orleans International Inc., owed $8.3 million, and Tyson Fresh Meats (IBP), owed $3.27 million.
Cargill Cut

“We’re in the process of seeking more information about AFA’s plans,” Gary Mickelson, a spokesman for Springdale, Arkansas-based Tyson, said in an e-mail.“The sale of beef trimmings is just a part of each of our beef processing plants’ production and we do not expect this issue to result in a plant closing.”

While Minneapolis-based Cargill has scaled back production of finely textured beef at the four plants where it is produced, “no facility closures or worker reductions are contemplated,” Mike Martin, a Cargill spokesman, said in an e-mail today.

AFA “continues discussions with potential buyers to secure the highest and best outcome for its business,” officials said in a statement. Los Angeles-based Yucaipa, which owns AFA Foods parent AFA Investment Inc., is run by billionaire Ron Burkle.

AFA has about 850 full-time employees and annual revenue of $958 million, according to the statement. The company obtained a $56 million credit line from GE Capital and Bank of America Corp. (BAC) to carry it through the bankruptcy process.

The case is In re AFA Investment Inc., 12-11127, U.S. Bankruptcy Court, District of Delaware (Wilmington).

2013年3月27日水曜日

機体組立ライン強化

機体組立ラインを強化したようだ。
 航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、
機体の組み立てを請け負う三菱重工業が小牧南工場に生産ラインを新設
することが、分かった。今夏にも新設準備を始める。投資額は数百億円
になる見通し。

日本政府
・F35を42機調達する計画
・一部は完成機輸入
・その他は、国内企業が組立や部品生産を始める。

MHI
・小牧南工場にF35の生産ラインを新設。
・広島製作所でB777とB767の機体生産を増強する方針を明らかにした。
 愛知県内にある工場から生産の一部を移管し、広島への集約も進める。
 生産増強に伴い、既存施設の隣接地に新しい工場棟を建設することも検討。
・飛島工場では、MRJの生産が始まるため、現在同工場で手掛けているB767の
 後部胴体の生産も広島に移す。

IHI
・F35のエンジン組立を担う瑞穂工場内に専用のラインを設置する方針
・最初の機体は2017年度末までに完成させる予定。

高額な維持費が必要なF35購入と武器輸出緩和の最大の利益は、航空業界
だったようだ。
米国の軍産複合体のおこぼれをもらい、自社の利益のために政府を使い、
税金を懐に入れるのかもしれない。
武器を輸出すれば、収入は増加するが、「死の商人」としての印象がまと
わりつき、離れなくなる。
紛争当事国へ武器を輸出する仏露中のようになりたいようだ。

武器輸出3原則緩和へ
露 強襲揚陸艦を北方領土周辺海域に配備か
露イスラエル 軍事協力で合意
純防衛装備品輸出へ
日本政府 戦術核装備品輸出容認へ
消費税増税 F35維持費30年で1兆ドル相当


---米ボーイングの機体生産を強化 広島の拠点で、三菱重工---
2013年3月20日 17時01分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032001001211.html

 三菱重工業は20日、広島製作所(広島市)で米ボーイングの旅客機777と767の機体生産を増強する方針を明らかにした。ボーイングの増産に対応するほか、愛知県内にある工場から生産の一部を移管し、広島への集約も進める。生産増強に伴い、既存施設の隣接地に新しい工場棟を建設することも検討する。
 世界の航空機需要の拡大を受けて、三菱重工はボーイングから生産拡大を要請されていた。
 さらに飛島工場(愛知県飛島村)では、今後、三菱重工の小型ジェット旅客機MRJの生産が始まるため、現在同工場で手掛けているボーイング767の後部胴体の生産も広島に移す。


---F35の組み立て専用ライン 三菱重工、愛知・小牧南工場に新設---
2013.3.20 05:00
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130320/bsc1303200504007-n1.htm

 航空自衛隊が次期主力戦闘機として導入する最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、機体の組み立てを担当する三菱重工業が愛知県豊山町の小牧南工場に専用の生産ラインを新設することが19日、わかった。投資額は数百億円になる見込みで、今夏にも設置の準備に入る。
 小牧南工場は県営名古屋空港に隣接しており、同社の航空事業の拠点の1つとなっている。F2戦闘機の生産を終了した後、現在は修理などを行っている。
 政府は2016年度までに取得する4機を皮切りにF35を計42機調達する方針。戦闘機の生産基盤維持などを目的に、国内メーカーにも組み立てや部品生産に参画させる。
 今月1日には、紛争当事国への兵器輸出を禁じる武器輸出三原則の例外扱いとして部品輸出を認める談話を発表した。
 一方、エンジンの生産を担当するIHIも東京都瑞穂町の瑞穂工場に専用のラインを設置する方針だ。


---三菱重工、F35組み立てライン新設 愛知の工場に---
2013.3.19 11:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130319/plc13031911540007-n1.htm

 航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、機体の組み立てを請け負う三菱重工業が小牧南工場(愛知県豊山町)に生産ラインを新設することが19日、分かった。今夏にも新設準備を始める。投資額は数百億円になる見通し。
 政府はF35を42機調達する計画で、一部の完成機輸入を除いて国内企業が組み立てや部品生産を始める。エンジンの組み立てを担うIHIも瑞穂工場(東京都瑞穂町)内に専用のラインを設置する方針で、最初の機体は2017年度末までに完成させる予定だ。
 小牧南工場は三菱重工の航空事業の拠点。11年にF2戦闘機の生産を終え、現在は機体の補修などを行っている。
 防衛省は13年度予算案でF35を国内生産する企業の支援費用として830億円を計上。政府は3月、F35を「武器輸出三原則」の例外扱いとして、国内調達分以外の機体、部品生産にも日本企業が参入できる道を開いていた。


---三菱重工がF35組み立てライン 愛知の工場に新設---
2013年3月19日 10時53分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031901001520.html

 航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、機体の組み立てを請け負う三菱重工業が小牧南工場(愛知県豊山町)に生産ラインを新設することが19日、分かった。今夏にも新設準備を始める。投資額は数百億円になる見通し。
 政府はF35を42機調達する計画で、一部の完成機輸入を除いて国内企業が組み立てや部品生産を始める。エンジンの組み立てを担うIHIも瑞穂工場(東京都瑞穂町)内に専用のラインを設置する方針で、最初の機体は2017年度末までに完成させる予定だ。
 県営名古屋空港に隣接する小牧南工場は三菱重工の航空事業の拠点。


---中国に仏企業がヘリ装置売却 日本、仏政府に懸念伝える---
2013年3月18日11時31分
http://www.asahi.com/politics/update/0317/TKY201303170098.html

  【倉重奈苗】フランスの防衛企業が中国に最新鋭のヘリコプター着艦装置を売却したことで、日本政府が仏政府に懸念を伝えた。沖縄県の尖閣諸島周辺の領海に侵入する中国公船に装備されるとみて警戒するが、仏政府は対中武器禁輸の対象外との立場だ。調整中の日仏首脳会談に影響しないよう、日本側は対応を求めている。
 この仏企業はディレクシオン・デ・コンストリュクシオン・ナバール・システム(DCNS)社。同社の公表資料によると、ヘリコプター着艦装置は小さな穴が一面に並ぶ特殊な鋼板で、船の甲板に設置する。ヘリ側から着艦時に伸びる棒が刺さることで固定され、悪天候でも船員の補助なしで離着艦が可能になる。納入先は中国のほか韓国や台湾、欧米など20カ国を超えるとしている。
 日本政府は、中国政府がこの装置を年内に海洋監視船2隻に装備するため購入した契約を把握し、「中国の不十分なヘリ着艦技術を補う」(政府関係者)と分析。尖閣周辺で領海侵入を繰り返す監視船と、監視範囲がより広いヘリを組み合わせて中国が海洋活動を強め、日本の実効支配を脅かしかねないとみている。

2013年3月26日火曜日

バチカン 穏健な改革へ

新ローマ法王の就任ミサがあった。
 新ローマ法王フランシスコの就任ミサが、バチカンのサンピエトロ広場
で行われた。

法王
・破壊や死の前兆を招いてはいけない。

宗教事業団は信用が落ち、クレジットカードも使えなかったとの報道も
あり、バチリークスは衝撃だった。
部下(?)の不祥事は解決しておらず、退位するしかなかったとの説もある。

地の果てで布教活動をする宗派もあり、布教活動による各国各地の情報を
定期的に収集。信者が多い国へ情報を売却(提供)することもあるようだ。
法王が変わっても、バチカンの信用度は取り戻せるのか。

Vatileaks
Vatileaks Guilty


Pope Francis holds his inauguration Mass


---新ローマ法王がバチカンで就任ミサ、弱者の保護など呼びかけ---
2013.3.19 19:19
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130319/erp13031919200002-n1.htm

 【ベルリン=宮下日出男】新ローマ法王フランシスコ(76)の就任ミサが19日、バチカンのサンピエトロ広場で行われた。
 法王は「破壊や死の前兆を招いてはいけない」と述べ、弱者や環境の保護を世界に呼びかけた。
 各国代表や数万人の信者らがカトリック教会最高位者の門出を祝った。


---論説副委員長・五十嵐徹 CIA凌ぐバチカンの情報力---
2013.3.19 08:17
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130319/erp13031908180000-n1.htm

 「ヨーロッパを学びたいなら、バチカン(ローマ法王庁)の機関紙ぐらいは読まないとね」
 先週の新法王選出のニュースをテレビでながめながら、二十数年前の中年留学生時代を思い出していた。欧州某国で年若い指導教授から不勉強をなじられ、身も細る思いをしていたころである。
 フランス語だけでも四苦八苦の身に、イタリア語の追加など残酷きわまりない。せっかくの愛のむちも、結局は壮麗なサンピエトロ大聖堂の見学だけで勘弁してもらった。
 バチカン市国はローマ市内のテベレ川沿いに位置し、総面積は東京ディズニーランドほどの超ミニ国家である。それがかくも耳目を集めるのは、世界で12億人ともいわれるカトリック教徒の総本山だからだ。
 情報収集力は米中央情報局(CIA)のエージェントもかなわない。聖職者は、信者たちの前日の夕食の献立だって知ることができる。これは決してジョークではない。
 バチカンの主(あるじ)の交代はキリスト教圏に限らずビッグニュースだが、とりわけ今回は、存命中の退位とあって、観測もさまざまに飛び交う。
 元外交官で作家の佐藤優氏の分析によれば、ポイントは2つ。1つは「健康な後継教皇の指導下で、カトリック教会がイスラム世界に対する巻き返しを図ろうとする世界戦略」であり、1つは「中国に対して攻勢をかけること」にあるという。
 2つ目については若干の説明が必要だ。バチカンは欧州で唯一、中国を認めず、台湾と外交関係を維持している国だという背景である。中国政府が、バチカンの承認なしに国内の司教を任命していることも対立が続く要因になっている。
 しかし、その中国でも習近平総書記が国家主席に就任し、新政権が正式にスタートした。このタイミングを偶然とばかりは言えない。新たな関係構築に向け、双方が動きだす可能性は十分にある。
 やはり、バチカン情報からは目が離せないということか。


---信頼回復急務バチカン 穏健な改革派に託す---
2013年3月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013031502000150.html

 【ローマ=野村悦芳】ローマ法王の選挙会議「コンクラーベ」で十三日、新法王に選出されたアルゼンチン人のベルゴリオ枢機卿(76)。枢機卿団がカトリック教会のかじ取りを託したのは穏健な改革派だった。「フランシスコ一世」を名乗る新法王は、中南米からの初の法王として、新風を吹き込むことが期待されるが、スキャンダルからの信頼回復など課題は重いものばかりだ。
 「バチリークス」の名で昨年、世界に衝撃をもたらした法王庁(バチカン)の情報流出問題では、資金洗浄疑惑が持たれている財政管理組織「宗教事業協会」(通称バチカン銀行)の不透明なカネの流れや聖職者らの権力闘争を示唆する文章が次々に漏れた。
 前法王ベネディクト十六世(85)は、この問題で心労を重ね、退位を決意したとの見方もある。フランシスコ一世は、前法王が命じたバチリークス関連の調査結果を引き継ぐとみられ、すぐに対策が打ち出せるかが焦点だ。
 聖職者による子どもの性的虐待問題も早急な対応が求められる。今も被害者が名乗り出たり、抗議を強めたりしておりカトリックの聖職者への不信感は拭われていない。
 ただ改革には強い抵抗も予想される。バチカンのある聖職者は「どんなに外で疑惑が指摘されても、一歩バチカンに入れば渦中の人物がいつも通りに働いている。バチリークスもゾウにアリがかみついたほどの影響しかないようだ」と明かす。
 また避妊や中絶、同性婚などを容認しないバチカンの姿勢は、欧州でのカトリック離れの一因とされる。教義には保守的なフランシスコ一世がどう対応するのか。バチカンのしがらみにとらわれていない強みを発揮できるのかも重要となる。
<お断り> 新ローマ法王の呼称を「フランチェスコ1世」としてきましたが、日本のカトリック中央協議会の呼称に従い、「フランシスコ1世」と変更します。

2013年3月25日月曜日

元米軍将校 ハニートラップで情報漏えいか

元米軍将校が、ハニートラップで情報漏えいしたようだ。
 米ハワイの連邦地検は、中国人女子学生(27)に核兵器に関する機密情報
を漏らしたとして、太平洋軍司令部に勤務する元陸軍将校の男(59)を逮捕、
訴追したと発表した。戦略核兵器の配置計画や弾道ミサイルの探知能力、
太平洋地域の早期警戒レーダー網の配置に関する情報を提供したという。

連邦地検
・Benjamin Pierce Bishop 59才 男性
・太平洋軍司令部陸軍情報部元将校、防衛関連企業に勤務
・2011年5月-2012年12月 複数回にわたり機密情報を女子学生に渡す。
・女子学生とは国際会議で知り合い、2011年6月から交際。
・情報漏えい
 戦略核兵器の配置計画
 弾道ミサイルの探知能力
 太平洋地域の早期警戒レーダー網の配置に関する情報

Birney Bervar
・Bishopの弁護士
・米国にいかなる損害も与えていない。

予審はまだ先のようだが、情報漏えいの場合はほとんどが有罪になる
ようだ。
中国も含めて、多方面から情報を収集した結果か、幹部毎に対象国出身者
との接触を調査したのか。
容疑者が既婚者とは報道されていないので、交際は自由だろうが、軍事
専門家の議論と思ったら、情報収集と言う結末か。

学術会議と言う軍事情報流出
米退役中佐 軍情報漏えい
B2情報流出 判決禁固32年
露 Bulava情報漏えい


---中国人女に軍の機密漏らす…元米陸軍将校を逮捕---
2013年3月19日17時25分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130319-OYT1T01060.htm

 【ワシントン=中島健太郎】米ハワイ州の連邦地検は18日、米軍の核兵器配置などに関する機密情報を中国人の女(27)に漏らしたとして、同州在住の元米陸軍将校の男(59)を逮捕、訴追したと発表した。
 地検の発表によると、男は2011~12年にかけ、交際中の女に対し、核兵器の配置のほか、米国の弾道ミサイル探知能力、太平洋地域の早期警戒レーダー網に関する機密情報などを漏らした。女は学生ビザで滞在し、ハワイで開かれた防衛関係の会議で男と知り合いになった。捜査当局は「女は機密情報を知る立場の人物に接近するため、会議に出席した可能性が高い」としている。
 男は09~12年までハワイの米太平洋軍司令部に陸軍将校として勤務し、機密情報に接する許可を受けていた。その後は、太平洋軍と契約がある防衛関連企業に勤務していた。


---中国人女子学生に核情報=太平洋軍勤務の男逮捕-米---
2013/03/19-14:39
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013031900524

 【ワシントン時事】米ハワイの連邦地検は18日、中国人女子学生(27)に核兵器に関する機密情報を漏らしたとして、太平洋軍司令部に勤務する元陸軍将校の男(59)を逮捕、訴追したと発表した。戦略核兵器の配置計画や弾道ミサイルの探知能力、太平洋地域の早期警戒レーダー網の配置に関する情報を提供したという。
 連邦地検によれば、男は2011年5月~12年12月、複数回にわたり機密情報を女子学生に渡した。女子学生とは国際会議で知り合い、11年6月から交際していたという。連邦当局は女子学生について「機密情報を入手できる人物を狙って会議に出席していた恐れがある」と指摘した。


---U.S.: Contractor gave nuke, other national security secrets to Chinese girlfriend---
March 18, 2013, 11:23 PM
http://www.cbsnews.com/8301-201_162-57575030/u.s-accuses-contractor-of-giving-national-security-secrets-to-chinese-girlfriend/

A defense contractor who works in intelligence at the U.S. Pacific Command has been charged with giving national security secrets to a 27-year-old Chinese woman with whom he was romantically involved, according to a criminal complaint unsealed Monday.

Benjamin Pierce Bishop, 59, is accused of sending the woman an email last May with information on existing war plans, nuclear weapons and U.S. relations with international partners, according to the complaint filed in U.S. District Court in Honolulu.

The complaint alleges Bishop told the woman over the telephone in September about the deployment of U.S. strategic nuclear systems and about the ability of the U.S. to detect other nations' low- and medium-range ballistic missiles.

CBS News correspondent Bob Orr reports that it's not clear from the court document if the woman passed the secrets on to anyone else.

The complaint says Bishop hid his relationship with the woman from his superiors. He also is accused of improperly keeping classified information at his home - an unsecured and unauthorized location, Orr reports.

Bishop originally met the woman at a conference in Hawaii on international military defense issues, the complaint says. It doesn't specify when the conference was held, but it alleges the two began an intimate, romantic relationship in June 2011.

Authorities arrested Bishop at U.S. Pacific Command headquarters at Camp H.M. Smith in Hawaii on Friday.

U.S. Magistrate Judge Richard Puglisi conditionally appointed Bishop an attorney Monday after hearing arguments that his finances weren't sufficient to cover the high costs of defending himself against an espionage charge.

Bishop's court-appointed attorney, Birney Bervar, said Bishop is a lieutenant colonel in the U.S. Army Reserve.

"Col. Bishop has served this country for 29 years. He would never do anything to harm the United States," Bervar told reporters after Bishop was formally presented with the charges.

Bishop, a resident of the Honolulu suburb of Kapolei, is scheduled to appear in court Friday for a hearing on whether he will remain in detention during the case. A preliminary hearing is scheduled for April 1.

2013年3月22日金曜日

米軍 性的暴行問題

米軍の性的暴行問題が話題。
米軍の性的暴行問題は在日米軍基地周辺だけでなく、イラク戦争やアフ
ガン戦争に派兵された女性兵士が3割、男性兵士にも発生しているようだ。
中には、派兵先でも帰国後にも受けた帰還兵がいるとのこと。
被害を訴える人も少なく、訴えても棄却される場合もあるようだ。
California's Women Veterans and Military Sexual Trauma (MST)

帰還兵の一部はPTSDにより、自宅に帰れず、ホームレスとして生活。
男性ばかりと思ったら、女性もいる。米軍の女性兵は今まで、前線に出る
ことはなかったが、最近は、前線に出すことが決まった。
前線にいた兵士がPTSDになるケースが多いが、女性が前線に行くことで
女性のPTSDもさらに増える。

連戦により、兵が減り、遠隔操作可能な兵器を駆使し、人材派遣を利用し
ても、まだ足りず、景品付きで志願兵を召集。それでもまた足りないよう
だ。
性的暴行は、一部の米兵が起こした問題だが、被害者になる確率の方が高
いと思う人は減らず、増えるばかり。
外国からの侵略を守るために、子供や男性、女性を米軍に差し出す日本人
が一部にいる。米軍ひいきは見返りがあるのだろうか。

私欲で軍用機を使った幹部やそれをかばい、政府命令を無視した幹部が、
戦闘命令をだす。米兵の親族は怒りの行き場がないだろう。

オバマの逆襲 米海兵隊の異常さ
ジョージ・ワシントン乗員 加州で殺人関与
在日米軍犯罪誘発はボケチンパンのせいか
米陸軍 戦利品は頭蓋骨
戦利品の軍法会議
USNavy Arigato Gang Tour
在日米軍の綱紀粛正強化
Benghazi No Investigation
米無人機 勲章と暗殺


---駐留部隊:米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害---
毎日新聞 2013年03月19日 02時30分
http://mainichi.jp/select/news/20130319k0000m030127000c.html

 米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で「見えない戦争」と問題視されている。連邦上院の軍事委員会で13日、「軍内性的トラウマ(MST)」と呼ばれる心的ストレスに関する公聴会が初めて開かれた。新たな被害を恐れ沈黙を余儀なくされてきた被害者は「風穴が開いた」と歓迎している。
 カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。国防総省も問題を認めている。軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9000件にのぼる。
 上院公聴会で議長を務めたバーバラ・ボクサー議員は「被害申告が出ているのは17%にすぎない」と指摘。「この問題の公聴会を開くのに10年もかかった。変革の第一歩だ」と意義を強調した。
 イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさん(39)は、公聴会をインターネットの生中継で見ながら「草の根運動で長年取り組んできたことがようやく公に明るみに出た」と興奮した。証言する予定だったが心的外傷後ストレス障害(PTSD)のため断念。議長の言葉に救われた思いがした。
 クウェート派遣前に男性上官からレイプされ、帰還後に女性上官から性的暴力を受けた。「上官を訴えても自分を助けてくれる人がいると思えなかった」。精神的なバランスを崩し、06年に退役。2人の子供がいる家には帰れず、5年近くホームレス生活を続けた。「自分が恥ずかしく、行く場所がなかった」
 05年のイラク派遣中に変死した女性米兵ラベナ・ジョンソンさんの両親が、自殺と断定した軍に「殺害された」と異議を唱えていることを知った。ジョンソンさんの遺体には、殴られ、レイプされたと見られる痕が残っていた。下士官時代のつらい記憶と重なり「彼女の無念を伝えるのが使命」と感じた。昨年夏から3カ月、全米12州の退役軍人組織を巡る行脚に出た。
 退役軍人庁の11年の統計によると、ホームレスの女性退役軍人のうち39%が軍内性暴力の被害者だ。市民団体「女性兵士行動ネットワーク」によると、10年に退役軍人庁のPTSD認定基準が緩和されたが、MSTは申請の32%しか認められていない。全体平均は53%だ。
 米国防総省は1月、直接戦闘地域への女性派遣を禁ずる規定の撤廃を発表した。ブッシュネルさんは女性の戦闘任務参加を歓迎しつつ、「今ですら性暴力の告発は難しい。最前線で公正な判断ができるのだろうか」と不安を語った。【ロサンゼルス堀山明子】


---女性自衛官:前線に検討…政府、配置制限見直し---
毎日新聞 2013年03月01日 02時31分
http://mainichi.jp/select/news/20130301k0000m010150000c.html

 心身への負担などを理由に設けている女性自衛官の配置制限を巡り、政府が見直しに向けた検討を始めた。女性自衛官が勤務できる部署を増やし、少子化による隊員不足に備えるのが狙い。火器を使って直接、前線で戦う「近接戦闘」の可能性がある部隊に、女性を配属するかが焦点となる。防衛省防衛研究所が諸外国の事例や女性の体力・精神的な課題を調査しており、1年後をめどにまとめる報告書を踏まえて、最終判断する方針だ。【鈴木泰広、青木純】
 女性自衛官は11年度末時点で、全自衛隊の5.4%に当たる1万2242人が勤務している。93年以降は、政府の男女共同参画方針を受け、配属先の部隊が順次拡大されてきた。ただ、機関銃などで近接戦闘を行う普通科中隊や戦車中隊などは「過酷な状況に女性が耐えるのは難しい」として、男性自衛官だけを配置。妊娠・出産への悪影響が懸念される化学防護隊や、男女間のプライバシー確保が困難な潜水艦など一部の部隊でも、女性配置を制限している。
 しかし、防衛省内では近接戦闘の可能性のある部隊に対する女性自衛官の配置制限について、(1)ミサイル技術の発達や海外の輸送任務の増加などにより、後方支援や輸送部隊でも攻撃を受ける可能性がある(2)女性の体格・体力が向上している--などの理由から見直し論が浮上。「制限の線引きや妥当性を再検討すべきだ」との意見が強まった。
 配置制限は法律ではなく、防衛省の決定事項。政府は配置制限全体についても、女性の参画拡大の観点から見直しを検討する。現在は禁じている戦闘機への女性搭乗などが検討対象で、防衛省関係者は「米軍では女性兵士も戦闘機のパイロットを務めている」と指摘する。女性の入隊希望者や、国連平和維持活動(PKO)への参加希望者が増えていることを踏まえ、すでに女性が配置されている部署でも、女性の比率を向上させる方策を研究する。ただし、母性保護の観点から、一定の配置制限は維持し、見直しの範囲を慎重に見定める方針だ。
 海外では、米国防総省が1月、女性兵士が地上戦の前線で戦闘任務に就くことを禁じる軍規則の撤廃を発表した。ドイツやカナダは女性兵士に対する配置制限を設けていない。


---米兵凶悪犯罪:女性暴行8割逮捕せず/沖縄---
2013年01月15日
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20130115rky00m010002000c.html

 【米ワシントン14日=松堂秀樹本紙特派員】在日米軍の兵士や軍属の法的地位を定めた日米地位協定で、米軍関係者による「強姦(ごうかん)」が起訴前の身柄引き渡しの対象とされているにもかかわらず、1996年以降に摘発された米兵35人中、8割強に当たる30人が逮捕されず、不拘束で事件処理されていたことが本紙が入手した警察庁の資料で分かった。殺人事件は摘発人員数9人中、3人が不拘束で事件処理されており、「殺人」「強姦(女性暴行)」に限って起訴前の身柄引き渡しが可能となった95年の運用改善が徹底されていない実態が明らかになった。凶悪事件の一部を公表せず、不拘束で事件処理してきた可能性もある。
 県は米軍関係者絡みの事件が相次ぐ根底に米軍に有利な日米地位協定があるとみており、日米両政府に地位協定の抜本的改定を求めている。国防総省は本紙の取材に対し「日本政府との緊密な関係の下で運用しており、日米地位協定を見直す計画はない」と回答した。
 警察庁の資料によると、96年以降に摘発した凶悪犯罪(殺人、強盗、放火、強姦)の米兵被疑者は計118人。そのうち、約半数に当たる58人が不拘束で事件処理されたことが記録されており、身柄は起訴された後に日本側に引き渡されたとみられる。
 殺人事件は、2006年に神奈川県で派遣社員の男性=当時(56)=が一等空曹の男に殴る蹴るの暴行を受けて死亡し現金が奪われた事件など、96年~11年までに9人を摘発。逮捕に至ったのはうち6人だった。2011年2月に北谷町で発生した殺人事件は被害者、加害者とも米軍人だったため、第1次裁判権が米側にあり、日本側は逮捕せずに不起訴とした。強姦事件は01年に本島中部で発生した女性暴行事件など計35人が摘発されたが、30人が不拘束のまま事件処理された。
 日米両政府は95年の少女乱暴事件を受け、同年、「殺人、強姦、その他日本政府が重要と認識するもの」について、日本側当局が起訴前に被疑者の米兵や軍属の身柄の引き渡しを要求でき、米側も好意的考慮を払うとした運用改善に合意した。96年以降、日本側は神奈川県で発生した強盗殺人事件や沖縄県で発生した強姦事件など6件について起訴前の身柄引き渡しを要求。米側は02年に本島中部で発生した強姦未遂事件を「未遂」を理由に退け、その他の5件について起訴前に身柄を引き渡した。

2013年3月21日木曜日

北朝鮮外交官 偽札数十億円換金

北朝鮮外交官が偽札数十億円を換金したようだ。
 韓国に亡命した元北朝鮮外交官の話として、北朝鮮が年間数百万~数千万
ドル(約数億-数十億円)分の精巧な偽ドル札「スーパーノート」を複数の在
外公館に送り、現地の外交官に本物の紙幣に換金させ北朝鮮に送り返させて
いたと報じた。

亡命したこの元外交官
・2011年に韓国へ亡命
・外交官の主要な業務
・スーパーノーツは、船便または航空便で特定の時刻に到着。
・大使館の担当者が隠れ家に偽札が入った箱を持参。
・大使館職員が1万ドル毎に束ねる。
・駐在国の主要都市へ換金のために送付。
・時々、偽札が摘発されるため、対策を通達。
・即時に、大金を換金しないことを教育される。
・駐在国で現地通貨に換金後、米ドルに換金。
・担当者は1週間以上滞在すると摘発されるため、短期赴任。
・資金洗浄のため、カジノを利用。
・7対3の割合で偽札と真札を混ぜると問題なかった。

北朝鮮の外交官らは、数百万ドルの生誕祝いの贈り物のために、偽札を使用
とのこと。
カリオストロ公国のゴート札の原版は、自国製だったと思うが、supernotes
の原版は20年以上過ぎても製作者が不明で、米CIA製との説もある。
偽札を刷って、核兵器や長距離ミサイルを開発し、ベンツや葉巻を購入する。
金のなる木そのもの。

弱くなった米国の核無能力化計画
CIA リビア反体制勢力へ支援
リビア軍 バイアグラで軍事作戦実行か
北朝鮮 外貨稼ぎ


---北朝鮮外交官が偽札換金 年間最大数十億円と証言---
2013年3月14日 12時58分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031401001279.html

 【ソウル共同】14日付の韓国紙・朝鮮日報は、韓国に亡命した元北朝鮮外交官の話として、北朝鮮が年間数百万~数千万ドル(約数億~数十億円)分の精巧な偽ドル札「スーパーノート」を複数の在外公館に送り、現地の外交官に本物の紙幣に換金させ北朝鮮に送り返させていたと報じた。
 2011年前後に亡命したこの元外交官によると、北朝鮮から届いた偽札は1万ドル分の束に分けられ、特別に教育を受けた外交官が駐在国の銀行で現地通貨に換金した後、別の銀行や両替所などで再び米ドルに替えていたという。
 換金したドル札のうち3割ほどは北朝鮮に送金され、残りは大使館の経費などに使われるという。


---How N.Korean Diplomats Launder Counterfeit Money---
Mar. 14, 2013 12:32 KST
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2013/03/14/2013031401253.html

One of the main duties of North Korean diplomats is to change counterfeit money into real money and send it back, according to a former North Korean diplomat who defected to South Korea in 2011.

He said one North Korean embassy in Eastern Europe generated US$30 million by exchanging counterfeit notes a year.

North Korea manufactures so-called supernotes or high-quality counterfeit $100 bills and hands them to embassies for laundering. "The supernotes are delivered at a certain time each year by ship or plane," he said. "An agent working at the embassy goes to a safe house and brings a box full of them."

When the bills arrive, embassy staff bundle them up into $10,000 units. They then travel to major cities in their host country to exchange it. Sometimes they are caught, but the North carefully studies the different types of punishment in different countries and gives the information to diplomats, the defector added.

Diplomats are taught not to exchange too much money at once. After the fakes are exchanged into the host country's currency, the money is exchanged again into real U.S. dollars. And diplomats do not stay long in the cities where they exchange the money. "You can get caught if you stay more than a week in one particular area," the defector said. Diplomats also frequently use casinos to launder their money.

North Korean diplomats also use supernotes to buy millions of dollars worth of gifts to send back to the North every year to mark nation founder Kim Il-sung's birthday on April 15 and the birthday of his son, Kim Jong-il, on Feb. 16.

"In my experience, it was safe to mix counterfeit and bona fide dollars at a ratio of 7 to 3," the defector said.


---North Korea and the Supernote Enigma---
By Gregory Elich
Global Research, May 07, 2008
Korea Policy Institute 7 May 2008
http://www.globalresearch.ca/north-korea-and-the-supernote-enigma/8919

Allegations that North Koreans are counterfeiting U.S. currency

North Korea, it is often said, is a criminal state. One of the more persistent stories supporting that allegation is that the North Koreans are counterfeiting U.S. currency. Through repetition, the claim has taken on an aura of proven fact. This in turn has been cited as justification for everything from imposing punitive measures against North Korea to suggesting that the nation cannot be trusted as a partner in nuclear negotiations.

The evidence against North Korea is widely regarded as convincing. “The North Koreans have denied that they are engaged in the distribution and manufacture of counterfeits,” says Daniel Glaser of the U.S. Treasury Department, “but the evidence is overwhelming that they are. There’s no question of North Korea’s involvement.”1 There is no denying that North Korean citizens have been caught passing counterfeit currency in Europe and Asia, and some defectors from the Democratic People’s Republic of Korea (DPRK - the formal name for North Korea) claim to have first-hand knowledge of state-run counterfeiting operations. In Western media reports the case is treated as proven. Yet the closer one examines the matter, the murkier the picture becomes.

Counterfeit currency attributed to North Korea raises deep concern due to its extremely high quality. Dubbed supernotes, their production process closely matches that of the genuine article, and the engraving is so fine it rivals that of the U.S. Bureau of Engraving and Printing.2

Unlike most of the world’s counterfeit currency, which is printed on offset presses or through digital processes, supernotes are printed on an intaglio press. The Bureau of Engraving and Printing uses Giori intaglio presses for the engraved portions of its bank notes, and an offset press for the background colors. Supernotes use the same technology. An intaglio press operates by applying ink on its plates and then wiping them clean, leaving ink only in the engraved lines. The plate is then pressed against the paper, depositing the ink in ridges. The result is raised printing that ordinary counterfeits can’t duplicate. Supernotes have the same look and feel as U.S. currency.

North Korea purchased an intaglio press from the Swiss firm Giori in the mid-1970s.3 This fact is regarded as an indication that the nation has the technology available to print supernotes. Yet there have been significant advances in the field since the time of its purchase. Because certain auxiliary equipment is lacking, the model owned by the DPRK is considered by experts to be incapable of achieving the level of quality seen on supernotes. Not long after purchasing the Giori, North Korea defaulted on its loan after having made just two payments. For that reason, as well as due to U.S. pressure, Giori ceased shipping spare parts to North Korea many years ago, and according to one expert the North Korean printing press now stands idle.4

One striking feature of supernotes is the composition of the paper. Throughout the world, currency is printed on cotton-based paper. But U.S. currency is different, being composed of a mix of 75 percent cotton pulp and 25 percent linen. Supernote counterfeits rely on the same unique combination. To produce secure paper like that used in U.S. currency requires advanced technology and the cost far surpasses that of manufacturing regular paper. The price of even a small plant can exceed $100 million. To remain profitable, a paper plant would have to produce more than four thousand metric tons of such banknote paper a year. But the quantity of supernotes seen in circulation so far has required only a tiny fraction of that total. It would seem, then, that the only option for North Korea would be to procure its paper from an existing plant outside of its borders. This would be no easy matter. The paper used in U.S. currency is produced on a Fourdrinier machine at a plant located in the state of Georgia. This machine uses longer pulp fibers than the short pulp fibers used by the rest of the world relying on cylinder mold methods.5

Former director of the Bureau of Engraving and Printing Thomas Ferguson comments on the quality of the paper in supernotes. “They’re not simulating the paper features by printing on the paper. They are not using somebody else’s paper or bleaching the ink off of genuine notes. Someone specifically made paper, which is a pretty big commitment.”6

Remarkably, supernote paper even incorporates colored microfibers, a thin security thread marked “USA 100″ in microprint, and a multi-tone watermark. These features can only be produced through the use of sophisticated technology at substantial cost. One expert who conducted a chemical and physical analysis of supernotes discovered that the cotton originated in the southern region of the U.S. - precisely where the Bureau of Engraving and Printing gets its cotton. Southern U.S. cotton is available on the world market, but this would make it traceable to some extent. The expert conducting the analysis is said to have been warned by “interested parties” not to make the results public. The implication was that these parties worked for the U.S. government.7

One of the special features of U.S. currency is the use of optically variable ink (OVI) manufactured by the Swiss firm Societe Industrielle et Commerciale de Produits Amon (SICPA). This organization is the sole source for OVI. On the U.S. $100 bill, this color shifting ink is employed on the number in the lower right hand corner. Turning the bill one way, the number appears bronze green. Turned another, it appears black. Supernotes duplicate the same color shift.8 This particular color combination is reserved for the exclusive use of the U.S. Bureau of Engraving and Printing and is manufactured at only one location in the world. A joint venture was established between SICPA and the California-based OCLI laboratory to manufacture this combination of OVI ink. Bronze-green and black OVI is mixed at the SICPA plant in Virginia, which serves only the U.S. market. The rest of the world gets its supply of OVI from SICPA’s main plant in Switzerland.9

North Korea was at one time a client of SICPA. Each nation is assigned a unique color combination. The DPRK’s combination was green and magenta, which Treasury official Daniel Glazer asserts can be manipulated to appear similar to the U.S. combination.10 Yet a forensic laboratory has found that the security ink used in supernotes is not similar. It matches U.S. currency.11 Furthermore, it is probable that North Korea has long ago exhausted its limited supply of OVI. SICPA spokeswoman Sarah Van Horn points out, “We ceased all OVI deliveries in early 2001, and later that year all security ink supplies.” Severing trade with North Korea came at the request of U.S. officials, long before the Bush Administration publicly accused North Korea of manufacturing and distributing supernotes.12

One South Korean specialist on the DPRK says that interviews with defectors convinced him of the existence of a state-run counterfeiting operation, and that the intent was to fund covert operations and wage economic warfare against the U.S.13 But the stories defectors tell do not always hold up. In some cases, defectors report hearsay - what they have heard from others. Other times, defectors appear to have first-hand knowledge, such as the two who talked to BBC News.14 Yet North Korean defectors, eager to please their new hosts, have been noted for a tendency to tell stories that turn out to be dubious. As Raphael Perle, an analyst for the Congressional Research Service, points out, “A lot of defectors or refugees give us information, but they tell us anything we want to know. You have to question the reliability of what they say.”15

A North Korean defector who claimed that he had helped design the supernote went into hiding after being accused of being paid to lie about the matter. When asked whose picture was on the $100 bill and what building was depicted on its backside, he said he did not know. A U.S.-based activist interviewed the man, intending to have him testify before Congress, but the activist came to the conclusion that his stories were implausible. “He lost credibility with me. I found him mentally unstable.” The activist said that many defectors tell stories that they think journalists and intelligence agencies want to hear. “He was expecting money.” Defectors “think the U.S. government will give them hundreds of thousands of dollars.” Another defector who initially claimed to be involved in the decision to print supernotes later admitted he had not seen the operation, nor did he learn any details of how it was being done.16

The 2004 U.S. indictment of Sean Garland, leader of the Irish Worker’s Party and Official Republican Army, on charges of distributing supernotes is considered the centerpiece of the evidence against North Korea. “In or about October 1997,” the indictment reads, Garland met North Korean officials in Poland “to arrange for the purchase of a quantity of supernotes.” Then for the next three years, Garland is said to have distributed the counterfeit currency in Ireland and Great Britain. As leader of the Irish Worker’s Party, he often travelled abroad for “ostensibly legitimate business and personal reasons.” But, the indictment reads, in his travels he met with North Koreans who were involved in the “transportation and sale of supernotes.” Garland also visited Russia, where he is alleged to have purchased more supernotes, although the transactions did not complete until a later time in Belarus. Six codefendants were indicted along with Garland, one of whom was said to have informed law enforcement officials of the location in Moscow of $70,000 in supernotes “that he had obtained from the Sean Garland supernote organization.”17

In 2002, three of Garland’s codefendants were jailed in Great Britain, as a result of an investigation into the activities of a large-scale counterfeiting ring. Garland himself was not arrested until three years later, and then only in response to the U.S. indictment. Released on bail, he eluded extradition to the U.S. by going to Ireland.

The most striking thing about the indictment is its vagueness. No North Korean is identified, and meetings with North Koreans are mentioned without any actual transaction being described. Sean Garland himself states, “I have no associate named Corcoran [one of the codefendants] nor have I any associates in jail in Britain.”18 The impression one gets is that Garland was indicted because of his political and business contacts with North Koreans, and that tying him to an actually existing counterfeiting ring would make for a persuasive sounding case against North Korea. In contrast to the lack of anything definite concerning Garland, the indictment is more detailed when describing the activities of the codefendants. Garland writes that “neither myself or my legal team have had as yet received any information from the U.S. authorities to set out the nature of the allegations against me.” As for the indictment, “No evidence is offered of any crime or wrongdoing,” and Garland “strenuously” denied the allegations.19 Having political and business contacts with North Koreans does not in itself indicate involvement in the supernote trade.

Counterfeiting allegations against North Korea provided the pretext for harsh economic measures. As the September 2005 six-party nuclear disarmament negotiations were taking place in Beijing, Stuart Levey, under secretary for terrorism and financial intelligence in the Department of the Treasury, issued a press release designating Macao-based Banco Delta Asia as a “primary money-laundering concern.” The bank, Levey reported, “has been a willing pawn for the North Korean government to engage in corrupt financial activities.” By providing financial services to the DPRK for over twenty years, it “has facilitated many of that regime’s criminal activities, including circulating counterfeit U.S. currency.” 20 In a matter of days, U.S. financial institutions were instructed to sever relations with Banco Delta Asia. By December of the same year, the Treasury Department had issued an advisory in which it warned that the DPRK “may be seeking banking services elsewhere” following the action taken against the Macao bank. U.S. financial institutions were told to “take reasonable steps to guard against the abuse of their financial services by North Korea.” Tellingly, it added, “We encourage financial institutions worldwide to take similar precautions.”21

U.S. intelligence officials knew Banco Delta Asia was one of the primary means for North Korea to conduct normal foreign commerce. The effect of the Treasury Department’s announcement was immediate. In the six-day gap between the announcement and the bank’s closing, panicked depositors had withdrawn $132 million, more than a third of the bank’s total funds.22 Banco Delta Asia was quick to deny the charge, saying that its business relations with North Korea were entirely legitimate and commercial, but the Macao Monetary Authority assumed management of the bank and froze all of North Korea’s accounts.23

The action against Banco Delta Asia deprived North Korea of a portion of its foreign trade. More importantly, it also served as a means of magnifying the effect of sanctions. By blacklisting Banco Delta Asia, the U.S. set off a chain reaction, and the campaign soon took on global significance. The U.S. Treasury Department sent warning letters to banks around the world, resulting in a wave of banks shutting down North Korean accounts. International financial institutions feared U.S. retaliation, and felt it prudent to close North Korean accounts rather than risk being blocked from access to the U.S. financial system. A blacklisting would in effect mean being driven out of business. Stuart Levey observed with satisfaction that sanctions and U.S. threats had succeeded in applying “huge pressure” on the DPRK, and that this had led to a “snowballing avalanche effect.” U.S. actions undermined the prospect of a peaceful settlement of the nuclear issue. “Squeeze them,” a senior Bush Administration official said, “but keep the negotiations going.” Talks, the official continued, would serve as nothing more than a means for accepting North Korea’s capitulation. A second U.S. official described the goal of talks as a “surrender mechanism.” Even before the signing of the September 19, 2005 nuclear disarmament agreement, the U.S. had already decided “to move toward more confrontational measures,” claimed a former Bush Administration official.24

Daedong Credit Bank, a majority foreign-owned joint venture bank operating in Pyongyang and primarily serving importers, was immediately affected by the U.S. action, as it had several million dollars in Banco Delta Asia. As general manager of Daedong Credit Bank, Nigel Cowie was in a position to witness the effect of the Treasury Department’s letters. “We have heard from foreign customers conducting legitimate business here, who have been told by their bankers overseas to stop receiving remittances from the DPRK, otherwise their accounts will be closed.” To illustrate the lengths to which U.S. officials were prepared to go, Cowie described an operation that involved his own firm, from which, he said, “you can draw your own conclusions.” An account was opened with a Mongolian bank. Arrangements were made for legal cash transactions. But when the Daedong Credit Bank’s couriers arrived in Mongolia, they were detained by Mongolian intelligence officials, and their money confiscated. Accusations were made that the couriers were transporting counterfeit currency from North Korea. A leak to the news media from an unidentified source led to reports charging that “North Korean diplomats” had been arrested for smuggling counterfeit currency. After two weeks, the Mongolian “intelligence officials in a meeting with us finally conceded that all the notes were genuine; the cash was released.” In the final meeting, Mongolian intelligence officials “appeared rather embarrassed that they had been given incorrect information.” It was the U.S. that had provided that information and set in motion what was in effect harassment by proxy.25

U.S. actions had widespread repercussions. “For our part,” Cowie explains, “we are only conducting legitimate business, but have nonetheless been seriously affected by these measures. A large amount of our and our customers’ money - not just in USD, but in all currencies - has effectively been seized, with no indication of when they’ll give it back to us.” The fate of Banco Delta Asia served as an object lesson, as did the freezing of Daedong Credit Bank’s $7 million deposits at Banco Delta Asia. “Banks with any kind of U.S. ties are just terrified to have anything to do with any North Korean bank,” Cowie said. After the majority interest in Daedong Credit Bank was purchased by British-owned Koryo Bank, the new owner, Colin McAskill, asked U.S. officials to examine the bank’s records in order to prove that its funds were legitimate and should be unfrozen. “They’ve had it much too much their own way without anyone questioning what they are putting out,” he said.26

Warning letters to banks were often followed by personal visits from U.S. officials. Bankers and American officials said that the messages contained a mix of implicit threats and explicit actions. Unsurprisingly, it was not long before nearly all of North Korea’s accounts in foreign banks were closed. The DPRK’s international trade was being choked. Quite often, no pretense was even being made that the actions were related to illegal transactions. U.S. officials were openly pressing financial institutions to sever all economic relations with the DPRK. “The U.S. government is urging financial institutions around the world to think carefully about the risks of doing any North Korea-related business,” Levey said. By September 2006, the U.S. had sent official dispatches to each UN member state, detailing plans for harsher economic sanctions. The planned measures were so strong that several European nations expressed concern, and it was said that the plans aimed at nothing less than a total blockade on all North Korean trade and financial transactions.27

Selig Harrison, director of the Asia Program at the Center for International Policy, visited the DPRK and reported on what he saw. “I found instances in North Korea authenticated by foreign businessmen and foreign embassies in which legitimate imports of industrial equipment for light industries making consumer goods have been blocked. The North Koreans understandably see this as a regime change policy designed to bring about the collapse of their regime through economic pressure.”28

The U.S. also imposed sanctions on several North Korean import-export firms, on the unsubstantiated charge that they were involved in the arms trade. Yet more sanctions were then announced, this time against several Indian and Russian firms doing business with the DPRK, along with several North Korean companies.29

Russian Ambassador to South Korea Gleb Ivashentsov called for the U.S. to offer proof to back its accusation of counterfeiting. “The side that raises the suspicions should present evidence,” he said. “Russia has not received any concrete evidence. There is rumor-level talk on the issue.”30 Chinese Foreign Ministry spokesman Liu Jianchao was equally skeptical, saying that his nation knew nothing of North Korean counterfeit currency flowing into China.31

On December 16, 2005, U.S. officials finally briefed a number of nations on the evidence against North Korea. But South Korean officials noted afterwards that all they heard was a lot of circumstantial evidence but no concrete information.32 At the request of the Bush Administration, a conference was organized by Interpol and held in Lyon, France, in July 2006. There the U.S. Secret Service presented its case to more than sixty international bankers, police officials, and banknote producers. No evidence was offered on that occasion either, and the attitude was that the audience should accept the Secret Service’s assertions on faith alone. “I can’t remember if I was laughing or asleep,” remarked one attendee afterwards.33 A survey of the participants taken at the end of the conference showed that not one person had been fully convinced of the U.S. position.34

U.S. Treasury officials also met with a North Korean delegation in New York in March 2006, but provided no information to back the charge. DPRK delegation head Ri Gun remarked afterwards, “There was no evidence. There were neither comments nor discussion” relating to evidence. During the meeting, Ri Gun proposed creating a joint U.S.-DPRK consultative body to “exchange information on financial crimes and prepare countermeasures.” The North Koreans said they would respond to evidence of counterfeiting and arrest those who were involved and seize the equipment. “Both sides can have a dialogue at the consultative body through which they can build trust. It would have a very positive impact on addressing the nuclear issue on the Korean peninsula,” Ri said. The delegation also suggested that a North Korean settlement account be opened at a U.S. financial institution and placed under U.S. supervision, so as to allay suspicions. The North Korean offers were ignored.35 In a conciliatory move, the DPRK enacted a law nearly a year later that banned transactions based on illegal activities, including counterfeiting.36

It took a year and a half, but when the U.S. Treasury Department completed its investigation into the matter, it decided to finalize the rule prohibiting U.S. financial institutions from dealing with Banco Delta Asia. The Department determined that not only were its earlier allegations accurate, but that the bank had also engaged in “additional illicit financial conduct.”37 Stanley Au, the founder of Banco Delta Asia, responded that his bank did not knowingly do wrong. “We have sent evidence to prove our innocence to the U.S. government several times.”38 Au charged that the Treasury Department had acted unfairly in punishing his bank without offering any evidence.39 Because the bank was a small family-owned firm, it lacked the most recent advanced technology for screening cash for counterfeits. Therefore, as a matter of routine the bank sent all large deposits to HSBC in New York to be analyzed before the amounts would be credited to accounts.40

In the aftermath of the Treasury Department’s initial accusations, the Macao government hired the accounting firm Ernst & Young to investigate operations at Banco Delta Asia. In its final report, Ernst & Young indicated that there was room for improvement in some procedures. But “the procedures in place at the Bank for handling large value (wholesale) deposits of U.S. currency notes ensured that, to a material degree, the Bank did not introduce counterfeit U.S. currency notes into circulation over the relevant period.” For smaller deposits, the accounting firm found that Banco Delta Asia was using a counterfeit banknote scanning machine, as well as doing manual checking. “To this end the Bank passed most U.S. currency notes to HSBC for validation. NK entities were not given value for their deposits of currency until after HSBC had confirmed the deposit to be genuine.” Ernst & Young found that in relation to the total value of U.S. currency sent to HSBC for checking, “the value of counterfeit notes detected was minor. Once detected the counterfeit notes were withdrawn from circulation.”41

It appears that the Treasury Department’s charges against Banco Delta Asia were motivated strictly by political considerations. Certainly the charges were found to have had no connection to reality. No doubt this is why U.S. officials failed to furnish any evidence to back their accusations. Banco Delta Asia was chosen to serve as an example to other financial institutions dealing with the DPRK. As former State Department official David Asher put it, “We decided to kill the chicken to scare the monkey.”42 By targeting one of North Korea’s primary external financial partners, the Bush Administration had succeeded in shutting off much of that nation’s foreign trade. That the charge lacked substance was of no import. It had served the purpose of furthering political aims, as had the Bush Administration’s earlier claims about Iraqi chemical, biological and nuclear weapons programs. In both cases, media saturation ensured that the lies would be firmly implanted as truth in the minds of the American public.

The freezing of North Korea’s funds at Banco Delta Asia violated the recently signed nuclear disarmament agreement and halted its implementation. North Korea justifiably insisted that its funds be released before it would proceed with its obligations under the agreement. In time, the issue became enough of a political embarrassment that the Bush Administration was compelled to relent. North Korea got its money back, believing that this would enable it to regain its limited toehold in the international financial system. But the damage was done. Banco Delta Asia remained blacklisted and most banks continued to be wary of doing business with the DPRK, not wanting to risk U.S. retribution.

The Banco Delta Asia story was a fabrication. But what about the main charge - that North Korea is producing supernotes? It is true that on occasion North Korean officials have passed supernotes while abroad. But then so have citizens from dozens of other countries. Indeed, U.S. Secret Service investigations have involved more than 130 countries.43

It should be noted that much of North Korea’s trade is conducted on a cash basis. The U.S. designation of the DPRK as a “terrorist nation” mandates its exclusion from contact with the U.S. financial system, and for the most part the international system follows suit. Only a handful of banks such as Banco Delta Asia have been willing to do business with North Korea. Nigel Cowie, general manager of Daedong Bank, points out that North Korea’s currency is not convertible, “so imported goods are bought and sold for hard currency.” One of the reasons Cowie gives for North Korea’s reliance on cash transactions is “the absence of the normal system of reciprocal correspondent bank accounts that exists in other countries which enables transactions to be settled by electronic book entry.” The bottom line “is that people tend to transact largely in cash, which in itself is not illegal - in this market, it is in fact often the only way.”44

That very reliance on cash transactions ensures that supernotes inevitably make their way into the local economy. For someone looking to unload a quantity of supernotes, where better to move them than by trading with North Korea? With a population reluctant to deposit money in bank accounts and with banks lacking the kind of counterfeit detection equipment that would flag a supernote as fake, North Korea makes an inviting target. And sooner or later, those same supernotes are going to find their way outside of the North Korean economy. This does not necessarily mean that North Koreans passing the notes would be aware of it, although it is possible that there may be some corrupt individuals in North Korea who are knowingly involved in the trade.

There is much that is odd about supernotes. Banknote specialist Klaus W. Bender points out that experts regard the print quality as “simply superb.” In some ways, Bender continues, “the supernotes are even better than the authentic 100-dollar bills of the Bureau of Engraving and Printing. Under the microscope, for example, the supernote shows an especially fine execution of lines on the facing side, which cannot be found on the real note. The complicated seal of the Department of the Treasury on the facing side is copied with absolute perfection, but just below it, one finds in the banknote numbering a marking compound that should not be there. And then, missing from this excellently copied supernote, of all things, are the magnetic and infrared security features that would prevent banknote examining systems from bouncing it. Every surveillance device of an American bank or the Fed recognizes the supernote immediately as a counterfeit and spits it out. Do the counterfeiters perhaps intend that the supernote be recognized immediately in the United States?”45 A report issued by the Swiss police concurs that the makers of the supernote seem to have deliberately introduced subtle errors into the process. Extra strokes have been added. When placed under ultraviolet or infrared light, stripes can be seen or numbers vanish on supernotes.46

The most perplexing aspect of supernote production is their low quantity. By 2006, the Secret Service had seized $50 million in supernotes, an average of just $2.8 million per year since the first one was discovered. And since supernotes are usually detected the moment they enter the international banking system, the total quantity produced is probably not significantly higher. Supernotes make up a small percentage of the total counterfeit dollars in circulation. “To provide a point of reference,” said Michael Merritt of the U.S. Secret Service, “during fiscal year 2005, the Secret Service seized over $113 million in counterfeit U.S. currency.” Not only is the amount of supernotes small relative to less sophisticated counterfeits, but it is insignificant compared to the $760 billion in genuine U.S. currency in circulation.47

The Swiss police observe, “What defies logic is the limited, or even controlled, amount of ‘exclusive’ fakes that have appeared over the years. The organization could easily circulate tenfold that amount without raising suspicions.” Yet a printing press “like the one in North Korea can produce $50 million worth of bills in a few hours.”48 During the 1970s, Giori replaced its standard model printers in a phased approach with its new “Super” series. The standard model was capable of printing three thousand sheets per hour. Each sheet held 32 notes. If North Korea purchased one of the older standard models, it would have taken just over five hours to produce $50 million. And $2.8 million a year would have required running the press for less than half an hour. Production would be done for the year. The newer Orlof press can spew out 12,000 sheets per hour, each sheet containing sixty notes. Only two and a half minutes would be needed to generate $2.8 million in notes.49 Clearly, supernotes are being produced for a very specific purpose.

Also difficult to explain is the speed with which supernotes have kept pace with the numerous modifications made to U.S. engraving plates since 1989. This in itself is a prohibitively expensive process. German banknote specialist Klaus W. Bender remarks, “The counterfeiters immediately implemented each and every change to the 100-dollar bill. The pace at which they put out their revised fake notes made observers even wonder whether they had access to information concerning to the speed with which the Fed replaced its old notes.”50 The microprint in U.S. currency sometimes measures only 1/42,000 of an inch. “This microprint is considered unique in the world of banknotes. It was reproduced so perfectly by the counterfeiters that even under a microscope no difference is distinguishable. The gravure of an intaglio printing plate requires many months of hard work and eats up many tens of thousands of dollars per plate. For security reasons, the craft is always taught in-house only. So where do the counterfeiters get this specialized knowledge?”51

Just who is producing supernotes? Initially, the U.S. accused Iran and Syria, even though the latter country did not have a banknote press of its own. Then North Korea was identified as the culprit. While it cannot be ruled out that North Korea is producing supernotes, that prospect raises the question of motive. By the reckoning of the U.S. Secret Service, supernotes pose a low threat, given the small amounts in circulation and the preponderant distribution outside of U.S. borders. Furthermore, supernotes are identified the moment they hit the U.S. banking system, which would seem to rule out the motivation of “economic warfare” that has been attributed to North Korea.

Nor does the production of supernotes make sense as a profit-making venture. A single new Giori printing machine now costs more than the $50 million in supernotes found so far. To give some idea of the expense, when Nigeria opened its second printing plant in Abuja, it cost more than $135 million, and that does not take into account property costs.52 A plant to produce the type of paper used in supernotes is similarly expensive and large quantities of the proper type of paper would have to be manufactured to avoid ongoing financial loss. OVI ink is also quite expensive, even more so since most of the ink is lost when the printing plates are wiped clean just before pressing the paper. Factor in the cost of keeping up with multiple changes to the engravings, and no sane individual would undertake such a daunting operation to produce limited quantities with an eye to making a profit.

U.S. officials like to point out that they have seen no evidence that any nation other than North Korea is producing supernotes. True enough, but neither is there any evidence that North Korea is doing so. By all accounts, such an operation would require the resources of a government or governmental organization. Klaus W. Bender suggests one intriguing possibility. “One notices that the supernotes always turn up in small, well-measured quantities, as though their volume were controlled.” This is not how normal counterfeiters behave. “They want to unload their hot goods as quickly as possible. Further, experts believe they have determined that the supernotes regularly crop up in those regions in which U.S. foreign policy is just encountering problems: the Near and Middle East, central African countries, and especially East Africa. Active in these places are opposition politicians, rebelling tribes, and private armies of diverse warlords doing the bidding of the CIA. Could it be that they are being paid for their services in counterfeit dollar notes?” Bender posits that such groups might use the money to purchase arms abroad, including from North Korea, and that from North Korea the money would make its way back to Western nations. “It is not clear how much the U.S. Secret Service knows itself, or is allowed to know.” The CIA is said to have a printing plant located north of Washington, DC, in which the same Giori printing presses are installed that are used in the Bureau of Engraving and Printing.53

It has also been suggested that limited quantities of counterfeit notes are being introduced into the market in such a way as to assist law enforcement agencies in tracking the movement of funds among criminal and terrorist organizations.54 Everything is speculation at this point in time, but of all the various scenarios that have been suggested, it is this last one that is the most plausible. It is the only one where all of the pieces fit together into a coherent whole.

The U.S. still insists that it has solid evidence against North Korea, even though it won’t reveal it. But U.S. officials also claimed to have proof that Banco Delta Asia was culpable in aiding North Korea in distributing supernotes. Given the Bush Administration’s proclivity for mendacity, some measure of skepticism would seem to be called for. When looking at the facts alone, the only thing that can be said with certainty is that the source of supernotes has yet to be determined. As with all stories that the public is asked to accept on blind faith, the topic should be examined with critical thinking. At a minimum, the expectation of evidence should be the norm when unsubstantiated stories with a political point are told. Too often, credulity and misplaced trust in Western leaders have led to tragic consequences.

Gregory Elich is on the Board of Directors of the Jasenovac Research Institute and on the Advisory Board of the Korea Truth Commission. He is the author of the book Strange Liberators: Militarism, Mayhem, and the Pursuit of Profit.


---Stammen die "Supernotes" von der CIA?
2006.01.2007
http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/geldfaelschung-stammen-die-supernotes-von-der-cia-1408905.html

Seit fast zwanzig Jahren kursieren perfekt nachgemachte Dollarscheine. Keiner kennt die Quelle. Washington beschuldigt Nordkorea - doch der Verdacht fallt auf die Amerikaner zuruckt: Steckt die CIA dahinter?

Der amerikanische Geheimdienst CIA konnte fur die Herstellung der perfekt gefalschten 50- und 100-Dollar-Noten verantwortlich sein, welche Washington dem nordkoreanischen Terrorregime unterstellt. Das haben umfangreiche Recherchen der Frankfurter Allgemeinen Sonntagszeitung in Europa und Asien bei Falschgeldfahndern und fuhrenden Vertretern der Hochsicherheitsdruckindustrie ergeben.

Die auch als "supernotes" bezeichneten Dollar-Falschungen, die selbst Fachleute nicht mehr von echten Noten zu unterscheiden vermogen, zirkulieren seit nahezu zwei Jahrzehnten, ohne daB die Tater ausfindig gemacht werden konnten. Wegen der auBergewohnlichen Qualitat gehen Experten davon aus, daB dahinter ein Staat stehen muss. Die Administration von George W. Bush hatte offiziell Pjongjang der Tat beschuldigt und damit im Herbst 2005 die Verhandlungen im Rahmen der Sechser-Runde uber einen Verzicht Pjongjangs auf sein Atomwaffenprogramm platzen lassen. Seither haben sich die Spannungen auf der Koreanischen Halbinsel bedrohlich verschaft. Amerika unterstellt, dass Nordkorea mit den gefalschten Dollar-Noten sein Raketen- und Atomwaffenprogramm finanziert.

Nordkorea ist eines der armsten Lander der Welt und technisch nicht zur Produktion der Dollarbluten in der Lage, schreibt die F.A.S. Es vermag derzeit nicht einmal seine eigene Wahrung Won zu drucken. Die Quellen, die nicht genannt werden wollen, unterstellen dem Bericht zufolge dem amerikanischen Geheimdienst, dass er die Dollar-Noten in einer Geheimdruckerei nahe Washington selbst falscht, um sich so Geldmittel zur Finanzierung verdeckter Operationen in Krisengebieten zu verschaffen, die keinerlei Kontrolle durch den Kongress unterworfen waren.

2013年3月20日水曜日

メタンハイドレート試験採取成功

メタンハイドレートの試験採取に成功した。
 経産省は、愛知県沖約80kmの海底地層から天然ガスの一種「メタンハイ
ドレート」の試験採取に成功したと発表した。

経済産業省資源エネルギー庁
・2018年度の商業化を目指す。
・採取地点
 渥美半島の南側約70kmの海域。
 1000m下の海底から約260~330mの深さに、メタンハイドレートが低温
 高圧の状態で閉じ込められた地層。
・JOGMECは、地球深部探査船「ちきゅう」から海底に向けてパイプを伸ば
 し、昨年3月までに掘削した試験井戸と接続。
 ポンプで水をくみ上げて試験井戸周辺の地層の圧力を下げ、メタンハイ
 ドレートの分解を促してガスを船上で回収する作業を開始。
 船上でガスが確認され、それ以後も安定的に産出。
 ガスの量は確認中。
・「ポンプで吸い上げるという、人工の手間をかけているので、その分
 コストが割高になる」が課題。

メタンハイドレートのガスは、採取できたようだ。
ガスの成分や濃度はこれからのようだ。
1週間の採取で技術データの収集と当初の算出量を上回る成果があったとのこと。
シェールガスが安価と米国便りにしているが、メタンハイドレートが資源
として安定に供給できる場合、リスクが高いシェールガスよりも総合的に
安価になる可能性もあり、結果、資源大国になり、1000兆円の国の借金や
消費税増額等に対して、国民から徴収する必要がなくなる。
省エネや原発の必要性も検討することになるかもしれない。
貿易黒字の問題が発生し、また必要がないものを買わされるのか。

シェールガス リスク高か
パイプラインの新規構築案
表層型メタンハイドレート回収


---産出ガス1万3000立方メートル以上 メタンハイドレート試験 カナダ上回る---
2013.3.19 13:04
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130319/scn13031913070001-n1.htm

 政府が、愛知県沖の東部南海トラフ海域で1週間実施した次世代資源「メタンハイドレート」からのガス産出試験で、取り出したメタンガスの量が1万3千立方メートル以上に達したことが19日、関係者の話で分かった。カナダの陸上で2008年に成功した試験のときの産出量(約1万3千立方メートル)を上回る。
 試験実施の委託を受けた独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は合計産出量について「精査中」としており、量はさらに増えるとみられる。茂木敏充経済産業相は19日の閣議後記者会見で「想定していたより出た。一日でも早い商用化に向けて技術確立を目指したい」と述べた。
 メタンハイドレートは「燃える氷」ともいわれ、水とメタンガスが高圧下で結合している。08年に日本やカナダ政府などが行った陸上産出試験では、約6日間に約1万3千立方メートルが連続生産された。
 今回の試験は海洋では世界初。約2週間としていた試験期間は、ポンプの不調や天候悪化が理由で短縮された。茂木経産相は「技術データの収集ができ、1週間で相当の成果があった」と話した。


---世界初 次世代ガス採取 海底メタンハイドレート 愛知沖---
2013年3月12日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013031202000259.html

 経済産業省資源エネルギー庁は十二日、愛知県渥美半島・三重県志摩半島沖の海底に埋まる次世代資源のメタンハイドレートを分解し、メタンガスを採取することに成功したと発表した。ガス採取は陸上では成功例があるが、海洋では世界初。 
 経産省は二〇一八年度を目標にメタンハイドレートを天然ガス資源として利用する技術の開発を目指しており、実現に向けて弾みがつきそうだ。
 採取地点は、渥美半島の南側約七十キロの海域。千メートル下の海底から約二百六十~三百三十メートルの深さに、メタンハイドレートが低温高圧の状態で閉じ込められた地層がある。
 経産省の委託を受けた実施主体の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、地球深部探査船「ちきゅう」から海底に向けてパイプを伸ばし、昨年三月までに掘削した試験井戸と接続。十二日早朝からポンプで水をくみ上げて試験井戸周辺の地層の圧力を下げ、メタンハイドレートの分解を促してガスを船上で回収する作業を始めた。
 資源エネルギー庁によると、午前九時半ごろに船上でガスが確認され、それ以後も安定的に産出している。ガスの量は確認中という。採取したガスは船上で焼却処理する。
 今回は、海底からメタンハイドレートをガスとして回収できるかを試すのが狙い。JOGMECは今年一月末から試験海域で準備を進めていた。今後二週間程度採取を続け、ガスの温度や圧力、量などのデータを取る。
 茂木敏充経産相は十二日の閣議後の記者会見で「今回の生産試験の結果を踏まえて、商業化に向けた技術の確立を目指していきたい」と述べた。


---愛知沖でメタンハイドレート生産に成功、実用化には課題も---
2013年 03月 12日 16:34 JST
ロイターニュース、浜田健太郎
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE92B04L20130312

 [東京 12日 ロイター] 経済産業省資源エネルギー庁は12日、愛知県と三重県の沖合の深海で天然ガスの一種であるメタンハイドレートの産出に成功したと発表した。
 同庁によると海洋でのメタンハイドレートの生産成功は世界初。日本近海に豊富な埋蔵が見込まれるため、国産資源としての期待は高いが、商業ベースでの本格的な実用化には採掘技術やコストなどで課題があるという。
 今回の地点は、愛知県の渥美半島から約80キロ、三重県の志摩半島から約50キロの沖合。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(独立行政法人)が事業主体となり、操業を担当した石油資源開発(1662.T: 株価, ニュース, レポート)が地球深部探査船「ちきゅう」を用いて、メタンハイドレートを分解し天然ガスの成分を取り出す試験の準備を1月下旬に開始。深度約1000メートル海底面からさらに270─330メートル下にあるメタンハイドレート層まで掘削装置を貫通させ、12日に生産実験を始め天然ガスの生産を確認した。この試験は約2週間実施し、生産されたガス量の集計や実験結果の解析を行う。
 エネ庁によると、過去の探査で今回の海域(東部南海トラフ)には、日本の天然ガス消費量の約11年分に相当する1.1兆立方メートルのメタンハードレートの埋蔵が推定されている。政府の計画では2018年までに取り出す技術を完成させることを目標に置いている。エネ庁の担当者は実用化までに「10年以上かかると見込んでいる。(克服すべき課題は)まだまだある」との見通しを示す。
 メタンハイドレートは天然ガスの主成分であるメタンが低温、高圧の状態で結晶化した物質。主に海底に分布するが、陸地では永久凍土の中に存在することもある。石油や天然ガスだと生産井から自噴するように取り出せるが、メタンハイドレートの場合、シャーベット状という形状のため簡単に取り出せないことが難点だ。今回の試験でも、「ポンプで吸い上げるという、人工の手間をかけているので、その分コストが割高になる」(同)と課題が指摘される。


---メタンハイドレートの試験採取成功…愛知沖---
2013年3月12日13時24分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130312-OYT1T00555.htm?from=top

 経済産業省は12日、愛知県沖約80キロ・メートルの海底地層から天然ガスの一種「メタンハイドレート」の試験採取に成功したと発表した。
 海底からのガス採取は世界で初めてという。日本近海には、国内の天然ガス消費量の約100年分に当たるメタンハイドレートがあるとの推計もある。政府は2018年度の商業化を目指しており、安定的な生産の道筋がつけば、豊富な国産エネルギーとして活用することが期待できる。
 地球深部探査船「ちきゅう」が同日午前6時前、水深約1000メートルの海底までおろした掘削機を使って、固形状のメタンハイドレートを水と天然ガスに分解し、ガスを取り出して海上まで引き揚げる作業を開始。約4時間後の同10時頃、船尾に設置したバーナーから、ガスの産出を示す炎(フレア)が上がった。

2013年3月19日火曜日

消費税増税 F35維持費30年で1兆ドル相当

米国でのF35の維持費は、30年で1兆ドルとのこと。
 米政府監査院(GAO)は、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持
費が必要と懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれ
ない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。

報告書
F-35 Joint Strike Fighter Current Outlook Is Improved, but Long-Term Affordability Is a Major Concern GAO-13-309, Mar 11, 2013
・米DODは予定通り、2037年まで開発製造した場合、毎年4000億ドルが必要。
 購入に毎年126億ドルが必要。当初の計画より20億ドル超過。
 ステルス性能の開発維持に、毎年3160億ドルが必要。
・米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は
 1兆ドルを超えると試算。

F15など現役の戦闘機の維持費に比べ60%割高。

飛行試験中ながら、金属疲労による部品劣化の報告があり、「特殊な飛行
環境下」との説明があった。実用配備では、運動制限をしそうだ。

F35は、F22よりお勧めと米国防長官がトップセールスをし、防衛省は検討
後、F35を発注。2009年より、維持は1兆ドル以上と報道されていたが、
それでも防衛省は購入を決めた。
「F22は、雨で、塗料が流れる」問題があり、その対策のために、
「ステレス性能の開発維持に毎年3160億ドルが必要」なのだろうか。

日米安保を無視した米国防長官だから、トップセールスの意味も理解で
きなかったのだろう。
機体、維持費が割高で飛行性能が悪い戦闘機のために、国民から徴収し
た消費税を投入するのは、税金をどぶに捨てるのと変わらないと思う。

F-35 米国防省トップセールス
エンジン損傷のF35 維持費1兆ドル以上
F35選定 決着
F35開発 日本参加へ
F35 飛行性能下方修正へ
F35 Engine Crack


---米監査院、F35維持費に警鐘 日本も問題化不可避---
2013年3月12日 12時30分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031201001590.html

 【ワシントン共同】米政府監査院(GAO)は11日、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持費が必要と懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。
 F35は日本の航空自衛隊の次期主力戦闘機で、計42機を導入する計画。日本にとっても導入後の維持予算捻出が問題として浮上するのは避けられない。
 報告書は、米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は1兆ドル(約96兆5千億円)を超えると試算。F15など現役の戦闘機に比べ60%も割高となる。


---F35維持費に米国防総省、悲鳴 「負担しきれない」---
2013.3.12 12:01
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130312/amr13031212030004-n1.htm

 米政府監査院(GAO)は11日、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持費が必要との懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。
 F35は日本の航空自衛隊の次期主力戦闘機で、計42機を導入する計画。日本にとっても導入後の維持予算捻出が問題として浮上するのは避けられない。
 報告書は、米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は1兆ドル(約96兆5千億円)を超えると試算。F15など現役の戦闘機に比べ60%も割高となる。
 関係者によると、敵のレーダーに捕捉されにくい高度なステルス性能の維持に巨額の費用がかかるという。(共同)


---米国防総省がF35の飛行再開を発表、設計上の問題なし---
2013年 03月 1日 14:24 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92002I20130301

 [ワシントン 28日 ロイター] 米国防総省は28日、エンジン部分に亀裂が見つかったため1週間前から飛行停止しているステルス戦闘機F35の飛行を再開することを明らかにした。
 国防総省の報道官は、他のF35のエンジンやスペアのエンジンを調査したところ新たな亀裂は見つからなかった、とし「F35の飛行を再開することになった」と述べた。
 エンジンを供給している米ユナイテッド・テクノロジーズ傘下のプラットニー・アンド・ホイットニーの広報担当者によると、問題のエンジン部分を試験した結果、亀裂は「特殊な飛行環境」下で生じたもので、設計上の欠陥ではないことが判明、国防総省の関係当局は2月22日に発動した一時飛行停止措置の解除を決定したという。


---Pentagon Needs $12.6 Bln Per Year Through 2037 For F-35: Report---
By Reuters
March 12, 2013
http://www.aviationweek.com/Article.aspx?id=/article-xml/awx_03_12_2013_p0-557982.xml

The Pentagon needs to budget $12.6 billion each year through 2037 to finish developing and paying for all the Lockheed Martin Corp F-35 fighters it plans to buy, according to a report released by a congressional watchdog agency on Monday.

This amounts to $2 billion per year more the Pentagon would need for this program than the Government Accountability Office (GAO) had projected in a draft report obtained and published by Reuters on Saturday.

The draft report excluded the cost of the fighter’s single engine, which is built by Pratt & Whitney, a unit of United Technologies Corp, said Joe DellaVedova, a spokesman for the Pentagon’s F-35 program office.

The report said the Pentagon was expected to spend a total of $316 billion each year through 2037 on procurement and development of the radar-evading warplane.

“Overall, the F-35 Joint Strike Fighter program is now moving in the right direction after a long, expensive, and arduous learning process. It still has tremendous challenges ahead,” GAO concluded in its annual report to Congress on the F-35, the Pentagon’s costliest weapons program.

The F-35 is an advanced fighter meant to serve the U.S. Air Force, Navy and Marines for decades to come. The program, which has seen costs rise 70 percent from initial projections and numerous technical complications, is facing a critical phase in which any new setbacks or reductions in orders from the U.S. military and its allies would further boost the cost per plane.

The program is slated to cost nearly $400 billion overall, plus over $1 trillion for so-called “sustainment” costs that cover operating and maintaining the warplanes over an estimated 30-year service life. The Pentagon and F-35 program office are working to reduce those costs, which the GAO report said were 60 percent higher than those applicable to aircraft the F-35 is slated to replace.

The GAO report said the Pentagon’s Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) office recently forecast annual operations and maintenance costs of $18.2 billion for all three models of the F-35, compared to $11.1 billion spent in 2010 to operate and sustain the legacy aircraft.

The “(Department of Defense) and the contractor now need to demonstrate that the F-35 program can effectively perform against cost and schedule targets in the new baseline and deliver on promises,” the report said.

“Achieving affordability in annual funding requirements, aircraft unit prices, and life-cycle operating and support costs will in large part determine how many aircraft” the U.S. military can ultimately acquire, it said.