2013年3月30日土曜日

原子力委員会 プルトニウム所有量2012

原子力委員会が2012年末のプルトニウム所有量を発表した。
 電気事業連合会は、原子力委員会の定例会で、電力10社が保有する核
分裂性プルトニウム(海外保有分を含む)は昨年末時点で約26.5トンに上る
ことを報告した。一方、プルトニウム利用計画については、現時点では
作成のめどが立っていないとした。

電事連
・核分裂性プルトニウムは核兵器などに転用可能。
・将来的に16-18基の原発でプルサーマルを導入する方針。


六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用について

各社のプルトニウム所有量 (2012年12月末時点)
(核分裂性プルトニウム、kg)
北海道電力    127
東北電力     359
東京電力    8,048
中部電力    2,666
北陸電力      98
関西電力    8,787
中国電力     782
四国電力     957
九州電力    1,324
日本原子力発電 3,373
合計      26,522
2009年末    27,8??

核兵器開発
・FatMan原子爆弾は低密度デルタ相プルトニウム合金
 (Pu239 濃度94%とガリウム)6.2kg。
・Hillary Clinton発表の核兵器1個のPu239は4kg。
・ブリタニカ辞書によると、爆縮型(核)兵器では、1ktonの爆発力を
 得るには、プルトニウム1-2kg、高濃縮ウランおよそ5-10kg。
・2008年北朝鮮のプルトニウム生産37kgで核兵器5個製造との報道
・臨界質量
 U235 46.5kg
 Pu239 10.1kg
・爆縮点火による臨界質量
 U235 15kg
 Pu239 5kg(1kg程度説有り)
・MOX燃料のプルトニウム濃度 4-9%
・軍用プルトニウムの濃縮度 94%以上
・もんじゅ濃縮度 99.8%
・常陽濃縮度 99.2%

原子力委員会の発表した資料によると、2009年末より、所有量は減少した
が、FatMan相当の核兵器は4000発製造可能となる。
厳密には、国内所有量は3,245kgだから、500発となるが、核分裂している
状態では、加工できず、もんじゅ・常陽は非稼動、MOX燃料から、濃縮度を
上げるための効率により、製造数は、もっと減る。実際には、研究施設で
数発つくるのがせいぜいか。
北朝鮮のように、遠心分離機を数百台連結して、プルトニウムの濃縮度を
あげ、数ヶ月で製造可能になるのか。

東電が原発事故最終報告書を発表した。
御用学者では信頼が得られにくいため、米NRCの肩書き欲しかったのか。
地震も津波の経験もなく、断層や地質等の知識がないからずる賢い東電が
白羽の矢を立てたのだろうか。

御用学者は「痛恨の極み」と謝罪しながら、よく調査もしていないのに
原発の重要設備が「地震による深刻な損傷はないと推定される」と中間
報告。御用学者は変わっていない。

関電は、電気料金の値上げに、MOX燃料代含み、原発は、停止状態でも維持
に1.2兆円かかるとのこと。人の金だから好き放題の様子。

原子力規制委が福島事故検証を検討するとのこと。
今までは、スポンサーに応じた報告が多かった。原子力規制委も検証し
報告を出せば、スポンサーに応じた報告になるかもしれない。
原子力規制委のスポンサーが明確になることは良いことだろう。

核武装論 半世紀続く政府扇動
核ミサイル製造台数試算
MOX燃料工場の存続
Sellafield Plant Shutdown
もんじゅ 核兵器開発のための維持か
日米英プルトニウム利権
日本政府 核兵器保有否定せず
日本原電 1040億円返済にウラン換金


---東電が原発事故最終報告書 「防ぐべき事故防げず」---
2013年3月29日 13時34分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032901001800.html

 東京電力は29日、福島第1原発事故を「原因を天災と片付けてはならず、防ぐべき事故を防げなかった」と総括し、経営層の意識改革などの対策を盛り込んだ原子力部門改革の最終報告書をまとめた。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を強く意識、実施済みか実施中の設備面充実以外は具体性に欠けており、実効性は不透明だ。
 報告書は東電の原子力部門を中心とした作業チーム「原子力改革特別タスクフォース」が作成し、米原子力規制委員会(NRC)のデール・クライン元委員長ら東電内外の有識者でつくる「原子力改革監視委員会」に29日に提出。監視委の議論を踏まえ、取締役会が内容を決定する。


---原発の火山灰対策求める 規制委が評価ガイド案---
2013年3月28日 19時50分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032801001659.html

 原子力規制委員会は28日、原発の新安全基準を検討する有識者会合を開き、「活動する可能性が否定できない火山」が原発から160キロ以内にある場合、火砕流や火山灰降下、火山ガスなどの影響を評価し、必要に応じて火山灰の対策工事などを求める「火山影響評価ガイド案」を示した。
 火砕流や溶岩流は対策が取れないため、発生する可能性が「十分小さい」と評価できない場合は「立地不適」と判断され、既存原発ならば廃炉を迫られる。
 ガイド案は国際原子力機関(IAEA)や日本電気協会の指針を基に、原子力安全基盤機構などで検討した。


---福島第一原発「地震での損傷なし」…学会調査委---
2013年3月27日21時15分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130327-OYT1T01173.htm

 東京電力福島第一原子力発電所事故を調べている日本原子力学会の調査委員会(委員長=田中知(さとる)東大教授)は27日、原発の重要設備について「地震の揺れによる深刻な損傷はないと推定される」との見解を盛り込んだ中間報告を発表した。
 原子炉の冷却にかかわる重要設備の損傷を巡っては、津波のほかに、国会の事故調査委員会が地震の揺れによる損傷の可能性を言及しており、焦点となっていた。
 大阪府東大阪市の近畿大で開催中の同学会で報告した。中間報告によると、「十分な現場確認ができていない」としながらも、原子炉のデータなどから、地震の揺れで重要設備に深刻な影響を与える損傷はなかったと判断。そのうえで「(原子炉の)耐震設計は安全確保に寄与したことを示している」としている。


---原子力規制委、福島事故検証へ 検討会設置、4月初会合---
2013年3月27日 12時52分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032701001212.html

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は27日の定例会で、東京電力福島第1原発の事故原因を検証する検討会の設置を決めた。政府や国会など複数の事故調査委員会で事故原因に関する見解が分かれる点もあり、規制委として分析結果をまとめ、安全規制への反映を図る。外部専門家も加え、4月に初会合を開く。
 ただ原子炉建屋は放射線量が極めて高く、検証作業は長期化する見通し。現地調査の進め方は「放射線量の条件も踏まえ、有効な調査方法を検討した上で行う」とした。
 国会事故調が地震で損傷した可能性を指摘した1号機の重要設備「非常用復水器(IC)」の作動状況などを検討課題とする。


---学会事故調「痛恨の極み」と謝罪 福島第1原発事故で---
2013年3月27日 10時06分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032701000792.html

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、日本原子力学会の事故調査委員会(委員長・田中知東大大学院教授)は27日、「事故を防ぐことができず、痛恨の極み」と謝罪するとともに「津波のリスクを十分考慮すべきだ」とする調査報告書の骨格を示した。具体的な対策や提言は年内にまとめる最終報告書に先送りした。
 この日、近畿大(大阪府東大阪市)で開催中の同学会で公表した。
 骨格では、これまでの学会について元幹部らを対象にしたアンケート結果を一部公表。「安全性研究の予算がわずかで、電力会社も研究を歓迎しない雰囲気だった」などと反省する声などもあった。


---電力10社:プルトニウム26.5トン保有---
毎日新聞 2013年03月26日 12時00分(最終更新 03月26日 12時31分)
http://mainichi.jp/select/news/20130326k0000e020167000c.html

 電気事業連合会は26日に開かれた原子力委員会の定例会で、電力10社が保有する核分裂性プルトニウム(海外保有分を含む)は昨年末時点で約26.5トンに上ることを報告した。一方、プルトニウム利用計画については、現時点では作成のめどが立っていないとした。福島原発事故の影響で原発の再稼働の見通しが立たないうえ、原発の燃料としてプルトニウムを使用するプルサーマル計画の実施も困難な情勢のためだ。
 電事連によると、電力会社ごとの保有量の内訳は、関西電力8.7トン▽東京電力8トン▽日本原電3.3トン▽中部電力2.6トン--の順に多かった。核分裂性プルトニウムは核兵器などに転用される恐れがあり、利用目的のない余剰が発生すれば国際社会の懸念を招くため、電事連は将来的に16-18基の原発でプルサーマルを導入する方針だ。
 原子力委は03年に定めた「基本的な考え方について」で、プルトニウム利用の透明性確保を図るため「利用計画を毎年度、プルトニウムを分離する前に公表する」と義務付けているが、電事連は10年秋に公表して以降、作成できない状態が続いている。【中西拓司】


---高浜原発へのMOX燃料輸送再開へ…震災で中断---
2013年3月21日12時47分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130321-OYT1T00627.htm

 関西電力は21日、プルサーマル発電をしている高浜原子力発電所3号機(福井県高浜町)で使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料について、製造元のフランスから海上輸送することが決まったと発表した。
 東日本大震災後、国内へのMOX燃料輸送は初めて。関電は「再稼働を前提としたものではない。使用するかどうかは原発の新安全基準や地元の理解を踏まえて判断する」としている。到着日などはフランス出航後に明らかにする。
 高浜3号機用の燃料は2011年春に輸送予定だったが、震災の影響で延期され、さらに福島第一原発事故後、国のエネルギー政策の見通しが不透明になり、見合わされていた。


---U.S. Releasing Nuclear Data on Its Arsenal---
By DAVID E. SANGER
Published: May 2, 2010
http://www.nytimes.com/2010/05/03/world/03weapons.html?_r=0

WASHINGTON - The Pentagon on Monday will release long-classified statistics about the total size of America’s nuclear arsenal, part of an effort to make the case that the country is honoring its treaty commitments to shrink its inventory of weapons significantly, senior administration officials said Sunday.

The American initiative will be cast by the White House as a small but significant step toward allowing the world to measure whether President Obama makes good on his promise of reducing American reliance on nuclear defenses. The commitment to make the figures public will be included in a speech that Secretary of State Hillary Rodham Clinton will deliver at the opening of a United Nations conference reviewing progress on the Nuclear Nonproliferation Treaty. Mrs. Clinton will also announce new funds for the International Atomic Energy Agency.

For years, American intelligence officials have objected to publishing quantitative descriptions of the American nuclear arsenal, concerned that the figures might help terrorist groups calculate the minimum nuclear fuel needed for a weapon. But administration officials said reputable Web sites that track such issues have long noted that American weapons designers need an average of around 4 kilograms of plutonium, or 8.8 pounds.

“It became clear there was a way to get the transparency without revealing any state secrets,” a senior administration official said, declining to speak on the record because the numbers had not yet been declassified.

The numbers will combine three categories of weapons: deployed, in “active reserve” and in inactive storage. They exclude weapons designated for decommissioning. The United States and Russia have already revealed the number of deployed strategic weapons they possess. Britain and France have recently revealed details of their stockpiles. China has said little. India, Pakistan and Israel - which have all refused to sign the treaty - have not revealed numbers.


---nuclear weapon---
http://www.britannica.com/EBchecked/topic/421827/nuclear-weapon/275628/Gun-assembly-implosion-and-boosting

Gun assembly, implosion, and boosting

In order to produce a nuclear explosion, subcritical masses of fissionable material must be rapidly assembled into a supercritical configuration. The simplest weapon design is the pure fission gun-assembly device, in which an explosive propellant is used to fire one subcritical mass down a “gun barrel” into another subcritical mass. Plutonium cannot be used as the fissile material in a gun-assembly device, because the speed of assembly in this device is too slow to preclude the high probability that a chain reaction will “pre-initiate” by spontaneous neutron emission, thereby generating an explosive yield of only a few tens of tons. Therefore, gun-assembly weapons are made with highly enriched uranium, typically more than 80 percent uranium-235.

The other major assembly method is implosion, in which a subcritical mass of fissile material is compressed by a chemical high explosive into a denser critical mass. The fissile material is typically plutonium or highly enriched uranium or a composite of the two. In the simplest design, a spherical fissile core is surrounded by a reflector (also known as a tamper), which in turn is surrounded by the chemical high explosive. Other geometries are used where the diameter of the device must be kept small-to fit, for example, in an artillery shell or missile warhead-or where higher yields are desired. To obtain a given yield, considerably less fissile material is needed for an implosion weapon than for a gun-assembly device. An implosion fission weapon with an explosive yield of one kiloton can be constructed with as little as 1 to 2 kg (2.2 to 4.4 pounds) of plutonium or with about 5 to 10 kg (11 to 22 pounds) of highly enriched uranium.

Refinements to the basic implosion design came first through Operation Sandstone, an American series of tests conducted in the spring of 1948. Three tests used implosion designs of a second generation, which incorporated composite and levitated cores. The composite core consisted of concentric shells of both uranium-235 and plutonium-239, permitting more efficient use of these fissile materials. Higher compression of the fissile material was achieved by levitating the core-that is, introducing an air gap into the weapon in order to obtain a higher yield for the same amount of fissile material.

American tests during Operation Ranger in early 1951 included implosion devices with cores containing a fraction of a critical mass-a concept originated in 1944 during the Manhattan Project. Unlike the original Fat Man design, these “fractional crit” weapons relied on compressing the fissile core to a higher density in order to achieve a supercritical mass, thereby achieving appreciable yields with less material.

Another technique for enhancing the yield of a fission explosion is called boosting. Boosting refers to a process whereby fusion reactions are used as a source of neutrons for inducing fissions at a much higher rate than could be achieved with neutrons from fission chain reactions alone. American physicist Edward Teller invented the concept by the middle of 1943. By incorporating deuterium and tritium into the core of the fissile material, a higher yield is obtained from a given quantity of fissile material-or, alternatively, the same yield is achieved with a smaller amount. The fourth American test of Operation Greenhouse, on May 24, 1951, was the first proof test of a booster design. In subsequent decades approximately 90 percent of nuclear weapons in the American stockpile relied on boosting.

0 コメント: