2013年3月19日火曜日

消費税増税 F35維持費30年で1兆ドル相当

米国でのF35の維持費は、30年で1兆ドルとのこと。
 米政府監査院(GAO)は、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持
費が必要と懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれ
ない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。

報告書
F-35 Joint Strike Fighter Current Outlook Is Improved, but Long-Term Affordability Is a Major Concern GAO-13-309, Mar 11, 2013
・米DODは予定通り、2037年まで開発製造した場合、毎年4000億ドルが必要。
 購入に毎年126億ドルが必要。当初の計画より20億ドル超過。
 ステルス性能の開発維持に、毎年3160億ドルが必要。
・米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は
 1兆ドルを超えると試算。

F15など現役の戦闘機の維持費に比べ60%割高。

飛行試験中ながら、金属疲労による部品劣化の報告があり、「特殊な飛行
環境下」との説明があった。実用配備では、運動制限をしそうだ。

F35は、F22よりお勧めと米国防長官がトップセールスをし、防衛省は検討
後、F35を発注。2009年より、維持は1兆ドル以上と報道されていたが、
それでも防衛省は購入を決めた。
「F22は、雨で、塗料が流れる」問題があり、その対策のために、
「ステレス性能の開発維持に毎年3160億ドルが必要」なのだろうか。

日米安保を無視した米国防長官だから、トップセールスの意味も理解で
きなかったのだろう。
機体、維持費が割高で飛行性能が悪い戦闘機のために、国民から徴収し
た消費税を投入するのは、税金をどぶに捨てるのと変わらないと思う。

F-35 米国防省トップセールス
エンジン損傷のF35 維持費1兆ドル以上
F35選定 決着
F35開発 日本参加へ
F35 飛行性能下方修正へ
F35 Engine Crack


---米監査院、F35維持費に警鐘 日本も問題化不可避---
2013年3月12日 12時30分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031201001590.html

 【ワシントン共同】米政府監査院(GAO)は11日、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持費が必要と懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。
 F35は日本の航空自衛隊の次期主力戦闘機で、計42機を導入する計画。日本にとっても導入後の維持予算捻出が問題として浮上するのは避けられない。
 報告書は、米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は1兆ドル(約96兆5千億円)を超えると試算。F15など現役の戦闘機に比べ60%も割高となる。


---F35維持費に米国防総省、悲鳴 「負担しきれない」---
2013.3.12 12:01
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130312/amr13031212030004-n1.htm

 米政府監査院(GAO)は11日、最新鋭ステルス戦闘機F35の運用には高額の維持費が必要との懸念を示すとともに、国防総省も現状のままでは「負担しきれない」と判断し、維持費の削減策検討を急いでいるとした報告書を発表した。
 F35は日本の航空自衛隊の次期主力戦闘機で、計42機を導入する計画。日本にとっても導入後の維持予算捻出が問題として浮上するのは避けられない。
 報告書は、米軍が取得する2443機全てを30年使用すると仮定した場合、維持費は1兆ドル(約96兆5千億円)を超えると試算。F15など現役の戦闘機に比べ60%も割高となる。
 関係者によると、敵のレーダーに捕捉されにくい高度なステルス性能の維持に巨額の費用がかかるという。(共同)


---米国防総省がF35の飛行再開を発表、設計上の問題なし---
2013年 03月 1日 14:24 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92002I20130301

 [ワシントン 28日 ロイター] 米国防総省は28日、エンジン部分に亀裂が見つかったため1週間前から飛行停止しているステルス戦闘機F35の飛行を再開することを明らかにした。
 国防総省の報道官は、他のF35のエンジンやスペアのエンジンを調査したところ新たな亀裂は見つからなかった、とし「F35の飛行を再開することになった」と述べた。
 エンジンを供給している米ユナイテッド・テクノロジーズ傘下のプラットニー・アンド・ホイットニーの広報担当者によると、問題のエンジン部分を試験した結果、亀裂は「特殊な飛行環境」下で生じたもので、設計上の欠陥ではないことが判明、国防総省の関係当局は2月22日に発動した一時飛行停止措置の解除を決定したという。


---Pentagon Needs $12.6 Bln Per Year Through 2037 For F-35: Report---
By Reuters
March 12, 2013
http://www.aviationweek.com/Article.aspx?id=/article-xml/awx_03_12_2013_p0-557982.xml

The Pentagon needs to budget $12.6 billion each year through 2037 to finish developing and paying for all the Lockheed Martin Corp F-35 fighters it plans to buy, according to a report released by a congressional watchdog agency on Monday.

This amounts to $2 billion per year more the Pentagon would need for this program than the Government Accountability Office (GAO) had projected in a draft report obtained and published by Reuters on Saturday.

The draft report excluded the cost of the fighter’s single engine, which is built by Pratt & Whitney, a unit of United Technologies Corp, said Joe DellaVedova, a spokesman for the Pentagon’s F-35 program office.

The report said the Pentagon was expected to spend a total of $316 billion each year through 2037 on procurement and development of the radar-evading warplane.

“Overall, the F-35 Joint Strike Fighter program is now moving in the right direction after a long, expensive, and arduous learning process. It still has tremendous challenges ahead,” GAO concluded in its annual report to Congress on the F-35, the Pentagon’s costliest weapons program.

The F-35 is an advanced fighter meant to serve the U.S. Air Force, Navy and Marines for decades to come. The program, which has seen costs rise 70 percent from initial projections and numerous technical complications, is facing a critical phase in which any new setbacks or reductions in orders from the U.S. military and its allies would further boost the cost per plane.

The program is slated to cost nearly $400 billion overall, plus over $1 trillion for so-called “sustainment” costs that cover operating and maintaining the warplanes over an estimated 30-year service life. The Pentagon and F-35 program office are working to reduce those costs, which the GAO report said were 60 percent higher than those applicable to aircraft the F-35 is slated to replace.

The GAO report said the Pentagon’s Cost Assessment and Program Evaluation (CAPE) office recently forecast annual operations and maintenance costs of $18.2 billion for all three models of the F-35, compared to $11.1 billion spent in 2010 to operate and sustain the legacy aircraft.

The “(Department of Defense) and the contractor now need to demonstrate that the F-35 program can effectively perform against cost and schedule targets in the new baseline and deliver on promises,” the report said.

“Achieving affordability in annual funding requirements, aircraft unit prices, and life-cycle operating and support costs will in large part determine how many aircraft” the U.S. military can ultimately acquire, it said.

0 コメント: