2013年4月10日水曜日

鉄の女死去

鉄の女が死去した。
 「鉄の女」として知られた英国初の女性首相、マーガレット・サッチャー
氏が、脳卒中のため死去した。87歳だった。故レーガン元米大統領ととも
に自由化と規制緩和を柱にした新自由主義経済を推進し、旧ソ連には断固
とした姿勢で臨み、冷戦終結の立役者の一人となった。

マーガレット・サッチャー
・首相在任11年半(1979年5月-1990年11月)。
・サッチャリズムを旗印に緊縮財政政策や規制緩和などを推進。
 英国病克服に取り組む。
・石油やガス、電信電話等巨大国営企業を民営化。
・炭労ストでも妥協を拒否、労組が敗退。
・強い英国外交を主張。
 1982年のフォークランド紛争の勝利。

悪名高い新自由主義を導入し、ちいさな政府を進めた。
財政赤字は減少したが、失業率増加、病院は機能せず、階層社会の中、
格差がさらに拡大。
その後、多くの国がちいさな政府政策を見習い、導入したが、結局同様の
結末となった。
国威発揚とガス抜きのために、フォークランド紛争を開始、少し前に発生
した英国暴動の根本的な原因を作った政策との評価もある。
採択されたヘルシンキ宣言(全欧安全保障協力会議)を批判、ドイツ統一
は時期尚早と持論を展開。人頭税導入とEU不参加で退任となった。
鉄の女の評価は二極化のようだ。

お悔やみ申し上げます。

経財相暴言 新自由主義導入は失敗
社会保障も新自由主義か
IMS イングランド暴動拡大へ
英国暴動収束
選挙は消費か


Britain's Margaret Thatcher, the 'Iron Lady', dead at 87


Margaret Thatcher Dies - First Female British Prime Minister and 'Iron Lady' Was 87


---国を救った「鉄の女」、死してなお国を二分する議論残す---
2013.4.9 12:07
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130409/erp13040912100007-n1.htm

 【ロンドン=内藤泰朗】英国では8日、87歳で死去したサッチャー元首相について、「国を救った偉大な指導者だ」(キャメロン英首相)とする高い評価が多かったが、左派や野党勢力からは批判が早くも挙がっており、その評価は英国を二分している。「サッチャリズム」と呼ばれた妥協しない政治姿勢を貫いた“鉄の女”は、死してなお議論を巻き起こしている。
 訪問先のマドリードから急ぎ帰国したキャメロン首相は8日夕、首相官邸前で会見し、サッチャー氏が「英国病」と呼ばれた経済を大改革して発展への道筋をつけたことや、東西冷戦でソ連の全体主義に勝利し、フォークランド諸島をアルゼンチンから奪還したことなどを挙げ、「国を救った偉大な指導者」の死を悼んだ。
 さらに、サッチャー氏の改革に反対する勢力も「サッチャー氏が国を愛し、全力で国のために尽くしたことでは賛成するはずだ」と強調し、「彼女は母であり、祖母でもある。今夜は遺族のことを心にとめたい」と呼びかけた。
 しかし、英スカイテレビによると、英スコットランド南西部の最大都市グラスゴーでは8日、反サッチャー派の若者たちがシャンパンを開けて「鉄の女」の死を祝った。サッチャー氏によって解体させられた労働組合の出身者らは強い反感を隠さない。
 英タイムズ紙は9日付1面で「ファーストレディーは死んだが、遺産は生きている」と伝え、その功績を高く評価した。だが、その一方で、「サッチャー氏は死亡したが、国はまだ分断されたままだ」と指摘し、約11年半に及ぶサッチャリズムがもたらした英国の大変革による反対派の“傷”はまだ癒えていないとの見方を示した。


---「鉄の女」サッチャー元英首相死去、民営化などで国内外に影響---
2013年 04月 9日 07:59 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE93700D20130408

 [ロンドン 8日 ロイター] 「鉄の女」と呼ばれ、国営企業の民営化などで内外の保守派に影響を与えたマーガレット・サッチャー元英首相が8日午前、脳卒中で死去した。87歳だった。
 キャメロン首相は「偉大な指導者、偉大な首相、偉大な英国人を失った」と指摘。「彼女はよく国のために働き、われわれの国を救い、実行に当たって多大な勇気を示したという事実は遺産となるだろう。人々は向こう数十年、恐らくは数世紀にわたって、彼女の成果、功績を学ぶことになる」と語った。
 首相は元首相死去の報を受けて、欧州訪問の日程を切り上げて帰国する。
 政府によると、ロンドンのセント・ポール大聖堂で軍葬の礼をもって告別式が執り行われる。遺族の意向を踏まえ、完全な形での国葬は行わないという。
 エリザベス女王は、元首相死去の知らせは悲しいとし、遺族にお悔やみのメッセージを送ったと明らかにした。
 サッチャー氏は英国で唯一の女性首相。妥協を許さず、歯に衣を着せぬ発言で知られた。保守党を選挙で3回の勝利に導き、1979─1990年、首相を務めた。19世紀初め以来最も長期にわたる連続政権を運営した。
 経済改革では、ガスや石油、鋼鉄、電話、空港、航空など国営独占企業の民営化を強力に推し進めた。競争、民間事業、倹約、自立が信条で「サッチャーリズム」で知られる政治哲学を生んだ。
 ただ、多くの失業者を生み出したほか、鉱業などの産業も大きく衰退、欧州の同盟国を敵に回した。
 また、アルゼンチンとのフォークランド紛争で自国を率いた。


---サッチャー元英首相が死去、87歳-妥協知らずの「鉄の女」---
更新日時: 2013/04/09 07:44 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MKXRGB6S972D01.html

 4月8日(ブルームバーグ):東西冷戦の終結に貢献し、妥協を知らない政治姿勢を貫き「鉄の女」の異名を取ったマーガレット・サッチャー元英首相が8日、死去した。87歳だった。
 スポークスマンのティム・ベル氏はスカイ・ニュースTVで、サッチャー氏が同日朝、脳卒中を起こし、安らかに息を引き取ったと述べた。
 サッチャー元首相は1979年に初めて首相に就任。当時の英国では労働組合の力が強く、公益企業など重要産業の多くが国有だった。11年後に退任した時には、自由市場経済と低い税負担、金融市場の規制緩和という元首相の主張が英国のすべての政治勢力によって受け入れられるまでになっていた。
 改革は痛みを伴った。失業者数 は80年代半ばに300万人余りにまで膨らみ、世界の製造業の中心だった英国北部の多くの地域は新しいサービス主導経済への移行に苦しんだ。
 97年に保守党から政権を奪った労働党のトニー・ブレア元首相は「自国の政治的勢力図ばかりか世界を変える政治家は極めて数少ない」とした上で、サッチャー元首相は「そういうリーダーだった。サッチャー氏が世界に与えた影響は大きく、元首相が英国にもたらした変化の少なくとも一部は労働党政権にも引き継がれ、全世界の政府にも採用された」とコメントした。

「闘い」
 サッチャー元首相の葬儀はロンドンのセントポール大聖堂で執り行われると英首相府が発表した。日程は未定。
 マドリードを訪問中のキャメロン首相は8日、「英国を率いたばかりでなく英国を救った。平時の英首相としては最も偉大な人物と称されるだろう」とコメントした。
 サッチャー元首相を象徴する言葉は「闘い」だ。フォークランド諸島を守るためアルゼンチンと戦端を開き、ストを展開する鉱山労働者と衝突、他の首脳らと対立しながら欧州連合(EU)の前身への英資金拠出を減らした。1984年にはアイルランド共和国軍(IRA)が元首相のホテルに爆弾を仕掛け、5人の死者を出すという暗殺未遂まであった。
 3回の総選挙で保守党を勝利に導いたが、欧州問題と不動産税への国民の反発で自党の反乱に遭い首相の座を降りた。
 クイーン・メアリー大学の政治学教授、ティム・ベール氏は「いつも、癒す人ではなく闘う人だった。その意思の強さが、対立よりも合意を大切にする人たちを怒らせた。しかしその政策と人格は社会や経済、政治、外交、さらに軍にまで深い変化をもたらした。その影響は何十年も何百年も続くだろう」と語った。

親友
 ロナルド・レーガン元米大統領とはイデオロギーを共有し、非常に親密な絆を築いた。レーガン元大統領が死去した2004年6月、何度も脳卒中を患った後にもかかわらず、サッチャー元首相はワシントンに赴き、国葬に出席。事前に収録したビデオメッセージで、「われわれは偉大な大統領を失った。また私は親友を失った」と述べた。
 旧ソ連との関係では、1979年西欧諸国からの抗議にもかかわらず米国の中距離核ミサイルを英国に配備することに合意。こうした強硬路線を受けて、旧ソ連のメディアはサッチャー元首相を「鉄の女」と評した。ただ、その後はレーガン元大統領とともに、ゴルバチョフ元ソ連共産党書記長と交流を深めた。
 ゴルバチョフ氏は8日、自身のファンドのウェブサイトでサッチャー元首相との関係について、「最初は困難な関係だったが、次第に人間的なものに変わり、親密さを増した。最終的にわれわれはお互いを理解し、わが国と西側との雰囲気を変え、冷戦終結につながった」と振り返った。
 英国初の女性首相となったサッチャー元首相だが、70年代初めには、生涯、同国を女性が率いる姿を見ることはないだろうと予想していた。
 旧姓マーガレット・ヒルダ・ロバーツ氏は25年10月13日に英国東部グランサムで小売店主の娘として生まれた。サッチャー元首相は、自身の人生観や慎重な経済運営の姿勢に大きく影響を与えたのは父親の小規模事業経営だったと、常に言及していた。第二次世界大戦中に、オックスフォード大学(化学専攻)を卒業した後、化学研究員として就職。51年にデニス・サッチャー氏と結婚。59年に下院議員に初当選。夫のデニス氏は2003年に88歳で死去。2人の間には双子の子供がいる。


---訃報:サッチャー氏死去 英国初の女性首相---
毎日新聞 2013年04月08日 21時37分(最終更新 04月09日 02時09分)
http://mainichi.jp/select/news/20130409k0000m030075000c.html

◇「鉄の女」 冷戦終結の立役者
 【ロンドン小倉孝保】「鉄の女」として知られた英国初の女性首相、マーガレット・サッチャー氏が8日朝(日本時間同日午後)、脳卒中のため死去した。87歳だった。故レーガン元米大統領とともに自由化と規制緩和を柱にした新自由主義経済を推進し、旧ソ連には断固とした姿勢で臨み、冷戦終結の立役者の一人となった。
 サッチャー氏の家族が明らかにした。英政府によると、葬儀はロンドンのセントポール大聖堂で行われ、エリザベス女王も出席する。日時は未定。
 79年5月、保守党党首として臨んだ総選挙でキャラハン首相の率いる労働党を破り、首相に就任。83年、87年総選挙にも勝って、当時としては初めて3期連続で政権を担当した。首相在任11年半(79年5月-90年11月)は戦後の英国政治史で最長記録となった。
 経済政策では、インフレと相次ぐストで疲弊した70年代の英国経済を立て直すため、自由放任主義的な「サッチャリズム」を旗印に緊縮財政政策や規制緩和などを推進。「ゆりかごから墓場まで」と言われた伝統的な福祉国家の枠組みにメスを入れ、「英国病」克服に取り組んだ。また、石油やガス、電信電話といった巨大国営企業を次々に民営化。労組とも徹底対決し、84年から1年にわたった炭労ストでも妥協を拒否し、労組を敗退に追い込んだ。
 外交では、「強い英国」の復活を主張。82年のアルゼンチンとのフォークランド紛争の勝利は国民の「大国」意識とナショナリズムを刺激し、世論の支持を急上昇させた。
 ただ、力を背景にした外交姿勢や「弱肉強食」的な経済政策による貧富の差の拡大など、その政治手法には批判も強かった。
 当時の欧州共同体(EC)の為替相場メカニズムへの参加を拒否するなど欧州統合には極めて懐疑的態度をとり、英国の孤立を招いた。
 25年10月、英国中東部リンカーンシャー州グランサム生まれ。オックスフォード大学で化学を専攻。2度の落選を経て、59年に保守党から下院議員に初当選。75年党首選で現職を破り保守党党首に就任した。
 石油会社重役のデニス氏(死去)との間に双子の息子マークさんと娘キャロルさんがいる。92年に一代限り貴族(バロネス、女男爵)に叙せられた。01年に軽い脳梗塞(こうそく)で倒れて以来、発作を繰り返していた。


---Margaret Thatcher, Britain's first female PM, dead at 87---
By Richard Allen Greene, CNN
April 8, 2013 -- Updated 1740 GMT (0140 HKT)
http://edition.cnn.com/2013/04/08/world/europe/uk-margaret-thatcher-dead/

London (CNN) -- Former British Prime Minister Margaret Thatcher, a towering figure in postwar British and world politics and the only woman to become British prime minister, has died at the age of 87.

She suffered a stroke Monday, her spokeswoman said. A British government source said she died at the Ritz Hotel in London.

Thatcher's funeral will be at St. Paul's Cathedral, with full military honors, followed by a private cremation, the British prime minister's office announced.

Thatcher served from 1975 to 1990 as leader of the Conservative Party. She was called the "Iron Lady" for her personal and political toughness.

She retired from public life after a stroke in 2002 and suffered several strokes after that.

She made few public appearances in her final months, missing a reception marking her 85th birthday hosted by Prime Minister David Cameron in October 2010. She also skipped the July 2011 unveiling of a statue honoring her old friend Ronald Reagan in London.

In December 2012, she was hospitalized after a procedure to remove a growth in her bladder.

Thatcher made history

Thatcher won the nation's top job only six years after declaring in a television interview, "I don't think there will be a woman prime minister in my lifetime."

During her time at the helm of the British government, she emphasized moral absolutism, nationalism, and the rights of the individual versus those of the state -- famously declaring "There is no such thing as society" in 1987.

Nicknamed the "Iron Lady" by the Soviet press after a 1976 speech declaring that "the Russians are bent on world dominance," Thatcher later enjoyed a close working relationship with U.S. President Reagan, with whom she shared similar conservative views.

But the British cold warrior played a key role in ending the conflict by giving her stamp of approval to Soviet Communist reformer Mikhail Gorbachev shortly before he came to power.

"I like Mr. Gorbachev. We can do business together," she declared in December 1984, three months before he became Soviet leader.

Having been right about Gorbachev, Thatcher came down on the wrong side of history after the Berlin Wall fell in 1989, arguing against the reunification of East and West Germany.

Allowing the countries created in the aftermath of World War II to merge would be destabilizing to the European status quo, and East Germany was not ready to become part of Western Europe, she insisted in January 1990.

"East Germany has been under Nazism or Communism since 1930. You are not going to go overnight to democratic structures and a freer market economy," Thatcher insisted in a key interview, arguing that peace, security and stability "can only be achieved through our existing alliances negotiating with others internationally."

West German leader Helmut Kohl was furious about the interview, seeing Thatcher as a "protector of Gobachev," according to notes made that day by his close aide Horst Teltschik.

The two Germanies reunited by the end of that year.

A grocer's daughter

Thatcher -- born in October 1925 in the small eastern England market town of Grantham -- came from a modest background, taking pride in being known as a grocer's daughter. She studied chemistry at Oxford, but was involved in politics from a young age, giving her first political speech at 20, according to her official biography.

She was elected leader of the Conservative Party in 1975, when the party was in opposition.

She made history four years later, becoming prime minister when the Conservatives won the elections of 1979, the first of three election victories to which she led her party.

As British leader, Thatcher took a firm stance with the European Community -- the forerunner of the European Union -- demanding a rebate of money London contributed to Brussels.

Her positions on other issues, both domestic and foreign, were just as firm, and in one of her most famous phrases, she declared at a Conservative Party conference that she had no intention of changing her mind.

"To those waiting with bated breath for that favorite media catchphrase, the U-turn, I have only one thing to say: 'You turn if you want to. The lady's not for turning,'" she declared, to cheers from party members.

The United Kingdom fought a short, sharp war against Argentina over the Falklands Islands under Thatcher in 1982, responding with force when Buenos Aires laid claim to the islands.

Announcing that Britain had recaptured South Georgia Island from Argentina, Thatcher appealed to nationalist sentiments, advising the press: "Just rejoice at the news and congratulate our forces."

A journalist shouted a question at her as she turned to go back into 10 Downing Street: "Are we going to war with Argentina, Mrs. Thatcher?"

She paused for an instant, then offered a single word: "Rejoice."

Controversy over Falklands war

The conflict was not without controversy, even in Britain.

A British submarine sank Argentina's only cruiser, the General Belgrano, in an encounter that left 358 Argentines dead. The sinking took place outside of Britain's declared exclusion zone.

In her first term, Thatcher reduced or eliminated many government subsidies to business, a move that led to a sharp rise in unemployment. By 1986, unemployment had reached 3 million.

But Thatcher won landslide re-election in 1983 on the heels of the Falklands victory, her Conservative Party taking a majority of seats in parliament with 42% of the vote. Second-place Labour took nearly 28%, while the alliance that became the Liberal Democrats took just over 25%.

A year later, she escaped an IRA terrorist bombing at her hotel at the Conservative Party conference in Brighton.

She was re-elected in 1987 with a slightly reduced majority.

She was ultimately brought down, not by British voters, but by her own Conservative party.

Brought down by the poll tax

She was forced to resign in 1990 during an internal leadership struggle after she introduced a poll tax levied on community residents rather than property.

The unpopular tax led to rioting in the streets.

She married her husband, Denis Thatcher, a local businessman who ran his family's firm before becoming an executive in the oil industry, in 1951 -- a year after an unsuccessful run for Parliament. The couple had twins, Mark and Carol, in 1953.

She was elected to Parliament in 1959 and served in various positions, including education secretary, until her terms as prime minister.

Thatcher was awarded the U.S. Medal of Freedom by President George H. W. Bush in 1991, a year after she stepped down as prime minister. She was named Baroness Thatcher of Kesteven after leaving office.

She retired from public life after a stroke in 2002 and suffered several smaller strokes after that. Her husband died in June 2003.

Though her doctors advised against public speaking, a frail Thatcher attended Reagan's 2004 funeral, saying in a prerecorded video that Reagan was "a great president, a great American, and a great man."

"And I have lost a dear friend," she said.

In the years that followed she encountered additional turmoil. In 2004, her son Mark was arrested in an investigation of an alleged plot by mercenaries to overthrow the president of Equatorial Guinea in west Africa. He pleaded guilty in a South African court in 2005 to unwittingly bankrolling the plot.

0 コメント: