2013年6月3日月曜日

衆院議員資産公開2013

衆院議員の資産が公開された。
 衆院は、2012年12月の衆院選で当選した480人の「資産等報告書」を公開
した。

資産
・議員平均 約3228万円。(480人)
・ゼロ資産 60人。
・新人平均 2290万円。(184人)
・政党別平均
 01 みどりの風  10921万円
 02 自民党     4108万円
 03 みんなの党   3435万円
 04 生活の党    3371万円
 05 社民党     2571万円
 06 日本維新の会 1949万円
 07 民主党    1322万円
 08 公明党    1068万円
 09 共産党     719万円
・上位30名
 議員名    所属政党 当選回数 資産額
 01 鳩山邦夫  自民   12    19億9884
 02 神山佐市  自民   1     9億7445
 03 麻生太郎  自民   11     4億3623
 04 新藤義孝  自民   5     3億9382
 05 田中良生  自民   2     3億3022
 06 鴨下一郎  自民   7     3億2023
 07 白須賀貴樹 自民   1     2億5671
 08 左藤章   自民   3     2億1373
 09 田所嘉徳  自民   1     2億0536
 10 小沢一郎  生活   15     1億9364
 11 佐藤正夫  みんな  1     1億9352
 12 保利耕輔  自民   12     1億8581
 13 河野正美  維新   1     1億8166
 14 石原慎太郎 維新   9     1億7040
 15 泉原保二  自民   2     1億7010
 16 桜田義孝  自民   5     1億6979
 17 大熊利昭  みんな  1     1億5840
 18 岡本三成  公明   1     1億4804
 19 山内康一  みんな  3     1億4068
 20 土屋品子  自民   5     1億3335
 21 寺田稔   自民   5     1億3130
 22 船田元   自民   1     1億1520
 23 亀井静香  ミドリ  6     1億0921
 24 町村信孝  自民   5     1億0913
 25 安倍晋三  自民   4     1億0794
 26 松野頼久  維新   1     1億0445
 27 江渡聡徳  自民   2       9888
 28 平井卓也  自民   1       9348
 29 赤枝恒雄  自民   1       9184
 30 井上信治  自民   25      8832
 (東京新聞衆院議員の資産総額上位30人より)

上位30人でも、ほとんどが自民党または元自民党議員。
土地と株式保有で、資産は増加。
米国同様、与党の政策を野党の一部が恩恵に預かることは変わらない。
野党として、与党を正当に評価できるのだろうか。
注目を浴びる議員の報道はなかった。
2010年少額公表だった議員がいたが、2013年には増額したのだろうか。

思想伝道師 商い上手で今年1億2千万円増収
資産公開 正直者はバカをみる
米共和党議員 オバマを支援


---資産公開 衆院議員平均3228万円 初の微増「資産家」新人押し上げ---
2013年5月27日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013052702000227.html

 昨年十二月の衆院選で当選した衆院議員の資産報告書が二十七日午前、国会議員資産公開法に基づき公開された。共同通信の集計では、株式を除く預貯金などの金融資産と土地、建物を合わせた資産総額の平均は三千二百二十八万円。過去最低だった前回二〇一〇年二月公開時の三千百五十二万円から微増となった。公開制度が始まった一九九三年以来、衆院で増加に転じたのは初めて。トップは自民党の鳩山邦夫元総務相で十九億九千八百八十四万円だった。
 参院からのくら替えを含む新人議員百八十四人の平均は二千二百九十万円。前回の千二百五十三万円からほぼ倍増した。裕福なベテラン議員の引退や資産の少ない若手増加を背景に減少が続いていた衆院議員の平均資産が増加に転じたのは「資産家」の新人が多かったことも一因とみられる。
 鳩山氏に続く資産総額二位は自民党初当選組の神山佐市氏で九億七千四百四十五万円。三位は麻生太郎副総理兼財務相の四億三千六百二十三万円だった。
 一億円を超える資産を保有する議員は二十六人おり前回の二十五人から一人増えた。一方、株式を除く金融資産や不動産を持っていないと報告した「資産ゼロ」の議員は六十人で前回の七十人から減少した。
 政党別の一人当たり平均資産は、公開対象が亀井静香元金融担当相だけのみどりの風が一億九百二十一万円で首位。二位が自民党の四千百八万円、三位がみんなの党の三千四百三十五万円。以下は生活の党(三千三百七十一万円)、社民党(二千五百七十一万円)、日本維新の会(千九百四十九万円)、民主党(千三百二十二万円)、公明党(千百六十八万円)、共産党(七百十九万円)の順。二十一日に議員辞職した石川知裕氏も今回公開された。

◆35%が株保有 価格上昇で含み利益も
 二十七日の衆院議員資産公開によると、株式を保有する議員は全体の35%に当たる百七十人だった。保有株式総数の上位二十人では自民党が十七人、民主党が三人。今回報告された昨年十二月十六日の任期開始時に比べ、日経平均株価は安倍政権の経済政策による景気回復への期待感から大幅上昇しており、売却していなければ含み資産は増えている計算だ。
 保有する株式が最も多いのは自民党の鳩山邦夫元総務相(福岡6区)で四百八十一万六千五百六十株。七銘柄を持ち、うち創業者一族であるブリヂストン株は四百十五万株に上る。同社株は任期開始後、最大約千七百円上げており、この際には七十億円余り増えたことになる。
 株式銘柄数が最多だったのは自民党の塩崎恭久政調会長代理(愛媛1区)。新日鉄住金や帝人、パナソニックなど二十五銘柄で、事務所は「譲り受けなどで取得しており、長期保有が基本だ」と説明した。安倍晋三首相(山口4区)は森永製菓など五銘柄の計約五万八千株を保有する。
 自社や親族企業の株式を大量保有しているケースも多い。自民党の穴見陽一氏(大分1区)は代表取締役を務める企業の株式九十五万五千三百株を持つ。父親が経営するケーブルテレビ局の株式を保有する自民党の田村憲久厚生労働相(三重4区)の事務所は「株を手放す予定はない」と強調した。
<国会議員の資産公開> 衆参両院議員の資産状況を国民の監視下に置くため公開する制度。1993年施行の国会議員資産公開法に基づき、任期開始日の所有資産を100日以内に議長に報告しなければならない。報告から60日経過した日の翌日以降に公開される。今回の対象は昨年12月16日に任期が始まった衆院議員で、27日から都内の衆院第1議員会館で閲覧可能。

---自民新人、小沢チルドレンより倍増---
2013.5.27 16:09
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130527/plc13052716100017-n1.htm

 昨年12月の衆院選で初当選した新人議員184人の平均資産額は2290万円で、うち自民党119人の平均は2532万円で、平成21年の衆院選で初当選し「小沢チルドレン」と呼ばれた民主党新人143人の平均1284万円と比べ倍増した。17年初当選の「小泉チルドレン」と称された自民党新人83人の平均3367万円は下回った。
 自民党新人のトップは県議から転身した神山佐市氏(埼玉7区)。ボウリング場などレクリエーション施設を幅広く手掛け、埼玉県に8億円の土地や建物を所有。神山氏は「事業なので特に感想はない」とコメントした。これ以外に1億円を超えた議員は2人いた。
 一方、土地や建物、預貯金を持たない「資産ゼロ」の議員は21人。うち半数以上は自民党の公募に応じて当選した。最年少の今枝宗一郎氏(愛知14区)は借入金1千万円も報告した。


---女性は自民が上位独占 土屋品子氏トップ---
2013.5.27 14:26
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130527/plc13052714290016-n1.htm

 女性衆院議員38人の資産状況をみると、上位5人を自民党が独占した。トップは土屋品子氏で1億3335万円。2位は野田聖子総務会長の6552万円、3位は松島みどり氏の4253万円だった。
 故中川昭一元財務相の妻の中川郁子氏(3660万円)が4位、稲田朋美行政改革担当相(3561万円)が5位で続いた。
 1千万円を超えたのは12人。自民党の小渕優子財務副大臣が1666万円で10位、同党の高市早苗政調会長が1487万円で11位だった。
 土屋氏は平成20年に死去した父親で元埼玉県知事の土屋義彦氏から同県内の約9100万円の土地を相続した。


---アベノミクスに期待? 株保有大幅増の35%---
2013.5.27 13:24
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130527/plc13052713260015-n1.htm

 27日の衆院議員資産公開によると、株式を保有する議員は全体の35%に当たる170人だった。保有株式総数の上位20人では自民党が17人、民主党が3人。今回報告された昨年12月16日の任期開始時に比べ、日経平均株価は安倍政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復への期待感から大幅上昇しており、売却していなければ含み資産は増えている計算だ。
 保有する株式が最も多いのは自民党の鳩山邦夫元総務相(福岡6区)で481万6560株。7銘柄を持ち、このうち創業者一族であるブリヂストン株は415万株に上る。同社株は任期開始後、最大約1700円上げており、この際には70億円余り増えたことになる。鳩山氏の事務所は「アベノミクスの恩恵を受けているのは確かだ」と話す。
 野党では民主党の中川正春元文部科学相(三重2区)が28万7465株を所有し8位。株式銘柄数が最多だったのは自民党の塩崎恭久政調会長代理(愛媛1区)。新日鉄住金や帝人、パナソニックなど25銘柄。


---衆院議員の資産公開、トップは鳩山邦夫氏---
2013年5月27日  読売新聞
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130527-OYS1T00726.htm

 衆院は27日、2012年12月の衆院選で当選した480人の「資産等報告書」を公開した。読売新聞社の集計では1人当たり平均資産は約3228万円で、前回09年衆院選後の公開時から83万円の微増となった。
 資産は昨年12月16日の任期開始時の土地や建物の課税標準額、預貯金などの合計で、現金や普通預金、当座預金は対象外だ。1993年の制度導入以来、地価下落などで減少が続いてきたが、初めて下げ止まった。前回当選した民主党新人の額を、今回当選した自民党の新人が上回ったことも全体を押し上げた。
 トップは自民党の鳩山邦夫氏の約19億9900万円で、前回より11億8300万円増えた。「母親からの贈与が理由」(事務所)という。2位は初当選したばかりの同党の神山佐市氏で、上位20人中7人が当選1回だった。1億円超は26人、「ゼロ」は60人だった。

議員名    所属政党 当選回数 資産額
01 鳩山邦夫  自民   12    19億9884
02 神山佐市  自民   1     9億7445
03 麻生太郎  自民   11     4億3623
04 新藤義孝  自民   5     3億9382
05 田中良生  自民   2     3億3022
06 鴨下一郎  自民   7     3億2023
07 白須賀貴樹 自民   1     2億5671
08 左藤章   自民   3     2億1373
09 田所嘉徳  自民   1     2億0536
10 小沢一郎  生活   15     1億9364
11 佐藤正夫  みんな  1     1億9352
12 保利耕輔  自民   12     1億8581
13 河野正美  維新   1     1億8166
14 石原慎太郎 維新   9     1億7040
15 泉原保二  自民   2     1億7010
16 桜田義孝  自民   5     1億6979
17 大熊利昭  みんな  1     1億5840
18 岡本三成  公明   1     1億4804
19 山内康一  みんな  3     1億4068
20 土屋品子  自民   5     1億3335
資産額は、土地・建物の固定資産税課税標準額と預貯金等総額(当座預金、普通預金を除いた預貯金、金銭信託、有価証券額面)の合計。株式は含まない。万円未満は四捨五入。


---安倍内閣平均は1億円超 野田前政権から倍増---
2013.2.15 22:08
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130215/plc13021522100020-n1.htm

 安倍晋三首相と閣僚の計19人が15日、昨年12月の内閣発足時の保有資産を公開した。配偶者ら家族分を含めた総資産の平均は1億193万円。野田前内閣の5067万円から倍増した。民主党政権では例外的に資産額が突出していた鳩山内閣の1億4044万円には及ばないものの、政権に戻った自民党の閣僚の資産の多さが際立つ形となった。
 1億円を超えるのは、4億7138万円の麻生太郎財務相を筆頭に6人。家族を含めて11人が総資産額としては計上されない株式を保有しており、実際の資産は公開額を大きく上回るとみられる。
 首相は第6位の1億793万円。山口県下関市や同県長門市などに所有する不動産が大部分。資産額には含まれないが夫妻で10カ所のゴルフクラブの会員権も持っている。
 麻生氏は東京都渋谷区の自宅のほか、福岡県飯塚市、長野県軽井沢町などに不動産を保有。親族が代表を務める麻生グループなどの株式も大量保有している。第2位は3億9381万円の新藤義孝総務相。埼玉県川口市に不動産を所有し、預貯金などの金融資産も1億2661万円に上る。
 公明党の太田昭宏国土交通相は2201万円。最下位は、2129万円の岸田文雄外相だった。
 副大臣、政務官の資産も同時に公開。事務の官房副長官を含む副大臣28人の総資産は平均4868万円、政務官27人は平均4557万円だった。
 閣僚らの総資産平均は、平成13年の額面株式廃止を受け現行の公開制度になって以降、最高が麻生内閣の1億4128万円。最低は菅内閣の3286万円。
 18年発足の第1次安倍内閣の総資産平均は9136万円。首相の当時の資産は1億4790万円だった。

0 コメント: