2013年6月7日金曜日

サウジ大使暗殺計画 禁錮25年

駐米サウジ大使暗殺計画をした容疑者が禁錮25年の判決だった。
 米NY連邦地裁は、イランの工作員と共に駐米サウジアラビア大使の暗殺
を企てたとして、イラン系米国人のマンソール・アルバブジア被告(58)に
禁錮25年の判決を言い渡した。

米司法省
・Manssor Arbabsiar 58才 男性 イラン系米国人
 テキサス州 元中古車セールスマン
・2011年
 メキシコで麻薬組織要員を装った米治安当局の協力者と接触。
 協力者に大使殺害を依頼し、報酬の前渡し金約10万ドルを送金。
 逮捕され、国際テロ共謀罪などで起訴。
・2013年 5月
 判決 禁固25年
・2012年 10月
 イラン革命防衛隊精鋭部隊員 Gholam Shakuriから、暗殺のため、メキシ
 コマフィアへの委託を指示されたと証言。

イラン外務省
・Manssor Arbabsiarは無罪。ばかげている。

おとり捜査で、駐米サウジ大使暗殺事件を防いだとのこと。
イラン革命防衛隊は、対外工作もしているようだ。
ペルシャ湾で行われた40カ国が参加したの掃海訓練も終わり、本来の訓練
だけでなく、イランへの脅威としたようだ。

ホルムズ海峡封鎖で、イランやクウェート、イラク、カタール等は、
生産・輸送が停止。UAEは少量ながら輸送となるようだが、イランも40カ国
以上を相手に戦うのだろうか。
物流で敗北が見えているし、ホルムズ海峡は狭い海域だから、機雷を設置
しても、通行路確保に一週間を要し、その後、一部の部隊が先導しながら、
オイルタンカーが後を航行。海峡全体が開通するまでには1ヶ月との説もある。
米海軍が数艦駐留している状態で、イラン軍がどこまで機雷を設置できる
のだろうか。

参考
ホルムズ海峡における機雷戦の考察
ホルムズ海峡における機雷の除去に関して

OPERATION IRAN PROXY
米財務省 アスコテックジャパン制裁へ
The plot name Chevrolet
イラン ホルムズ海峡封鎖か
イラン RQ170複製へ


Anti-Iran Scenario Arbabsiar case gets a new trial date


'US drills in Persian Gulf region, a provocation against Iran'


 UK to step up military presence in the Persian Gulf


---サウジ大使暗殺計画、イラン系米国人禁錮25年---
2013年5月31日19時08分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130531-OYT1T01103.htm

 【ニューヨーク=加藤賢治】米ニューヨーク連邦地裁は5月30日、イランの工作員と共に駐米サウジアラビア大使の暗殺を企てたとして、イラン系米国人のマンソール・アルバブジア被告(58)に禁錮25年の判決を言い渡した。
 米司法省によると、同被告は2011年、メキシコで麻薬組織要員を装った米治安当局の協力者と接触。協力者と知らずに大使殺害を依頼し、報酬の前渡し金約10万ドルを送金した。同年9月に逮捕され、国際テロ共謀罪などで起訴されていた。


---アラブ首長国連邦、ホルモズ海峡を迂回するためのパイプライン計画を始動---
2012年07月17日付 Mardomsalari紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20120728_183758.html

 【経済部:シェハーブ・カーシェフィー】アラブ首長国連邦(UAE)は昨日、「ハブシャーン=ファジャイラ」パイプライン計画を始動した。この計画は、UAEが自国の輸出用原油を輸送する際に、ホルモズ海峡を迂回し、同海峡を通過する必要性を取り除くことを目的としたものだが、しかしこの計画によって石油タンカーが同海峡を通過する必要性がなくなるのはUAEだけで、その他の国にとっては、同海峡を通過して原油を輸出することに変わりはない。
 UAEの石油当局者やシェル、トタール、エクソン・モービルといった欧米の巨大石油企業の幹部らが見守る中で開通式が行われたこのパイプラインは、総延長370キロメートルで、一日に150万バレルの原油を輸送することができる。このパイプラインは、中国企業によって4年間かけて敷設されたもので、イラン産原油に対する禁輸措置が正式に始まり、ホルモズ海峡の封鎖に対するイラン・イスラーム共和国の脅威が高まりつつあるなかで開通した。
 UAE石油相は「ハブシャーン=ファジャイラ」パイプラインの開通式で、このパイプラインの戦略的重要性を強調し、同石油パイプラインは〔‥‥〕UAEに、ホルモズ海峡とパイプラインの二つの選択肢のいずれかを選ぶ力を与えるものであると指摘した。しかし、このパイプラインはありうべき〔イランによる〕ホルモズ海峡封鎖の影響を、目に見えて減殺するだけの能力はない、というのが実際のところである。
 現在、一日に1700万バレルの原油がホルモズ海峡を通過しており、これは世界の全石油の20%が、戦略的重要性を有するこの水路を通っていることを意味している。よって、1700万バレルのうち150万バレルが減ったとしても、それはホルモズ海峡を通過する原油量が10%弱減ったにすぎない。
 世界は依然としてホルモズ海峡を通過する石油を必要としており、もしUAEがホルモズ海峡を迂回したとしても、イランやクウェート、イラク、カタールなど、その他の地域諸国が生産・輸送する石油のほぼすべて、そしてサウジアラビアが生産する石油の大部分、さらにはUAEが生産する石油のほぼ半分が、ホルモズ海峡を通過することに変わりはないのである。UAEのプロジェクトが始動しても、ホルモズ海峡の封鎖による影響を減殺する能力はごく限られているということだ。
 もちろん、UAEが計画している同パイプラインの拡充が実現した暁には、地域諸国のホルモズ海峡への依存度は下がるであろう。しかしそれでも、ホルモズ海峡は自らの戦略的位置を保つであろう。


---Iran denounces U.S. sentencing for Saudi envoy plot---
4:33 p.m. EDT May 31, 2013
http://www.usatoday.com/story/news/world/2013/05/31/iran-sentencing-arbabsiar-saudi-envoy/2377933/

Iran's foreign ministry is condemning the U.S. for the sentencing of an Iranian-American in a death plot involving the Saudi envoy to Washington.

 TEHRAN, Iran (AP) - Iran's foreign ministry has denounced the U.S. for sentencing an Iranian-American to 25 years in prison over a plot to kill the Saudi envoy to Washington.

The reaction came a day after a New York court sentenced Iranian-born Manssor Arbabsiar, a former used car salesman from Texas, for plotting to kill the Saudi Arabian ambassador by bombing a Washington restaurant.

Arbabsiar had pleaded guilty to two conspiracy charges and a murder-for-hire count, saying he was directed by Iranian military officials to go to Mexico on multiple occasions in 2011 to arrange the assassination, which never occurred.

Iran's semi-official ISNA news agency on Friday quoted Foreign Ministry spokesman Abbas Araghchi as saying the charges against Arbabsiar were "ridiculous" and more like something out of a movie.

Araghchi claims Arbabsiar is "innocent."


---Iranian-American gets 25 years in prison over plot to kill Saudi ambassador---
Last Update: Thursday, 30 May 2013 KSA 20:11 - GMT 17:11
Thursday, 30 May 2013 Al Arabiya
http://english.alarabiya.net/en/News/middle-east/2013/05/30/Iranian-American-gets-25-years-in-prison-over-plot-to-kill-Saudi-ambassador.html

A U.S. court sentenced on Thursday an Iranian-American man to 25 years in prison over a plot to assassinate Saudi Ambassador Adel al-Jubeir.

 Manssor Arbabsiar, 58, pleaded guilty last October to conspiring with Iranian military elements to hire assassins from the Mexican drug mafia to kill the Saudi envoy.

New York federal Judge John Keenan told the court that Arbabsiar “fully realized his act. He must learn the lesson. That cannot be tolerated.”

Arbabsiar pleaded guilty in October 2012 to charges related to his seeking to hire Mexican drug traffickers to kill the ambassador in a plot that was vehemently denied by Tehran.

The supposed member of the international drug trafficking cartel who Arbabsiar offered to pay $1.5 million to carry out the plot was in reality a confidential informant of the U.S. Drug Enforcement Administration.

No weapons were ever obtained and the scheme to kill Saudi Ambassador Adel al-Jubeir was not fulfilled.

“I can’t change what I did,” Arbabsiar said in a brief statement in court.

U.S. authorities also brought charges against Gholam Shakuri, who prosecutors say was a member of the Quds Force, the covert unit of Iran’s Revolutionary Guards. Shakuri has not been arrested.

U.S. prosecutors sought the statutory maximum sentence of 25years for Arbabsiar, saying in a court filing May 2 that the “seriousness of this offense and importance of deterrence in this context cannot be overstated.”

Manhattan U.S. Attorney Preet Bharara in a statement called Arbabsiar “an enemy among us” and a “key conduit for, and facilitator of, a nefarious international plot” to kill the ambassador and as many innocent bystanders needed to finish the job.

Lawyers for Arbabsiar had sought a lower sentence of 10years, contending he had provided assistance to U.S. authorities after his arrest and citing purported mental health issues.

But Keenan emphasized the need to send a message to those who might consider future crimes like Arbabsiar’s “will not be tolerated” in the United States.

“In a case like this, deterrence is of extreme importance,” Keenan said.


---US Navy and 40 Allied Nations Arrive in Bahrain for Anti-Mine Exercise---
Posted May 7th, 2013 by US Navy SEALs
http://blog.usnavyseals.com/2013/05/us-navy-and-40-allied-nations-arrive-in-bahrain-for-anti-mine-exercise.html

More than 40 countries, including the United States, are taking part in this year’s International Mine Countermeasures Exercise (IMCMEX) which runs May 6-30 in the Gulf Region.

Dubbed as the largest exercise of its kind in the Persian Gulf, IMCMEX-13 will carry out a wide spectrum of defensive operations designed to protect international commerce and trade; mine countermeasures, maritime security operations (MSO) and maritime infrastructure protection (MIP).

The exercise is hosted by U.S. Naval Forces Central Command (NAVCENT)/U.S. 5th Fleet and will be conducted in three phases: a three-day symposium on maritime infrastructure protection, an afloat operations phase, and a re-integration phase where participants discuss best practices and lessons learned for future exercises. It will showcase the participation of 35 ships, 18 Unmanned Underwater Vehicles (UUVs), and over 100 100 explosive ordinance disposal (EOD) divers.

“We are very pleased to see that more than 40 nations have joined us here to take part in this opportunity to enhance international naval capability to preserve freedom of navigation in international waterways,” said Vice Admiral John W. Miller, commander, U.S. Naval Forces Central Command/commander, U.S. 5th Fleet. “If 41 nations are willing to come here and practice MCM, just imagine how effective the global mine response would be if someone actually put mines in the water.”

New to IMCMEX-13 is the introduction of shipping escort and visit, board, search and seizure operations which will include representatives from maritime shipping industry who were involved in exercise planning and will play a significant role in shipping escort events. In addition, industry representatives will lead an oil spill response table-top discussion.

0 コメント: