2013年7月30日火曜日

参院選2013

参院選が終了し、与党が大勝した。
 警視庁の選挙違反取締本部は、参院選の違反取締り状況をまとめた。
同日午後6時現在、ポスター破りや候補者にペットボトルのお茶をかける
等した自由妨害で2件2人(前回2件2人)、他人になりすまして投票しようと
した詐偽投票で1件1人(同なし)を逮捕した。

公選法違反容疑
・自民党    西辻頼数 世耕弘成のため、買収
        目黒寿典 世耕弘成のため、買収
・民主党    戸崎博司 民主党運動員らよる買収
・民主党推薦  神  剛 工藤信当選のため、未成年者使用・法定外文書頒布
・民主党    谷博之  谷博之当選のため、法定外文書頒布
・日本維新の会 田中直澄 川口浩当選のため、買収、事前運動
        小阪賀造 川口浩当選のため、買収、事前運動
・       麦倉右子 鈴木寛への自由妨害と傷害

ネット選挙解禁ではなく、ネット選挙運動解禁の方が、意味がわかりやすか
ったと思う。
当選した新人議員の一部には、選挙違反になるとの報道もあるが、当選した
ため、摘発しない可能性が高い。

前回の衆院選で、維新の違反容疑者が多かったが、今回も違反容疑者が見つ
かった。
落選が集まった維新との報道もあったが、違反容疑者も集まったか。
党の選挙公約も理解せず、選挙に立候補し、当選した議員もいるようだ。
議員は儲かるのか。

一票の格差の提訴がまたあった。
投票先なしも増加し、野党には入れたくないとの分析もあった。
小泉政権以降自民党が右に進んだため、民主党が左に修正。さらに右に
進むと、もっと左に揺れる。将来どうなるのか。

衆院選の恥
衆院選2012 公選法違反容疑


池上彰 vs 公明党・創価学会 【池上彰の参院選ライブ 2013】


参院選 - 池上彰 VS アントニオ猪木


---民主党運動員、公職選挙法違反の疑いで逮捕---
2013.7.27 03:07
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130727/shg13072703070003-n1.htm

 参議院選挙で、支援している候補者への投票のとりまとめなどを呼びかけ、食事などを振る舞ったとして、県警選挙違反取締本部は25日、公職選挙法違反(買収)の疑いで、民主党運動員の無職、戸崎博司容疑者(70)=彦根市外町=を逮捕した。県警によると、容疑を大筋で認めている。
 逮捕容疑は、公示日翌日の5日午後8時ごろから9時半ごろまでに、彦根市内の飲食店で、70~80歳代の知人の有権者男女5人に、選挙区から立候補した民主党の徳永久志参院議員への投票や投票のとりまとめを依頼し、1人約3千円、接待したとしている。


---「一票の格差」で参院選無効求め提訴---
2013.7.26 18:40
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130726/trl13072618420005-n1.htm

 「一票の格差」が是正されないまま行われた参院選は憲法違反として、山口邦明弁護士らのグループが26日、東京、神奈川選挙区について選挙無効を求める訴えを東京高裁に起こした。
 今月21日の参院選をめぐっては、升永英俊弁護士らのグループが47都道府県の全選挙区を対象に無効を求める訴訟を起こしている。
 最高裁は昨年10月、格差が最大5倍だった平成22年参院選を「違憲状態」と判断。選挙無効の請求は退けたが「都道府県単位で選挙区の定数を設定する現行の方式を改めるなどの立法的措置を講じ、できるだけ速やかに不平等状態を解消する必要がある」と選挙制度の抜本改正を求めていた。
 今回の選挙では、定数を「4増4減」する改正公選法が適用されたが、投票当日の議員1人あたりの有権者数が最少の鳥取と最多の北海道で、4・77倍の格差が生じた。
 原告側は「現行制度では人口に比例した議員定数配分が不可能なことは、明らか。是正のための合理的期間はすでに過ぎており、選挙は無効」としている。
 また、比例代表についても「直接選挙という憲法の要請に反する」として無効とするよう求めている。


---公選法違反:選挙コンサルタント会社役員を逮捕 大阪府警---
毎日新聞 2013年07月25日 20時24分
http://mainichi.jp/select/news/20130726k0000m040072000c.html

 参院選比例代表で日本維新の会から立候補した川口浩氏(58)=落選=を当選させるため事前運動を依頼し、約200万円の報酬を支払ったとして、大阪府警は25日、東京都豊島区、選挙コンサルタント会社役員、田中直澄容疑者(54)を公職選挙法違反(買収、事前運動)の疑いで逮捕した。川口氏の関連での逮捕者は2人目。
 逮捕容疑は公示前の今年4月ごろ、無職の小阪賀造容疑者(64)=公選法違反容疑で逮捕=に、川口氏への投票を呼びかけるビラなどの配布を依頼し、5-6月、約200万円を支払ったとしている。府警は、認否を明らかにしていない。
 府警捜査2課は、田中容疑者が支払った報酬の出所や、田中容疑者の会社と川口氏の陣営との関係を調べている。【後藤豪、遠藤浩二】


---公選法違反:未成年者使って法定外ビラ配布 容疑の男逮捕 /青森---
毎日新聞 2013年07月25日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20130725ddlk02040027000c.html

 参院選の際、未成年者に法定外のビラを配布させたとして青森署は23日、青森市金浜、会社員、神剛容疑者(39)を公職選挙法違反(未成年者使用・法定外文書頒布)容疑で逮捕した。
 容疑は、公示後の7月上旬に未成年者数人を使い、外ケ浜町内の住宅数十カ所の郵便受けに、法定外のビラを投函(とうかん)させたとしている。公選法では未成年者の選挙運動や、選挙管理委員会に届け出たもの以外のビラの配布が禁じられている。
 県警捜査2課によると、ビラには落選した無所属新人の工藤信氏の名前や顔写真のほか、投票を呼びかける趣旨の内容が書かれていたという。
 一方、工藤氏の陣営幹部は驚いている。工藤氏本人は毎日新聞の取材に「その人の名前は聞いたことがないし、文書を配るよう指示したこともない」と話した。工藤氏を推薦した民主党の山内崇県連幹事長は「党員ではないし、党として指示やお願いもしていない。証紙を貼った文書しか配ってはいけないと厳しく言っている」と話した。【宮城裕也、酒造唯】


---自民・世耕議員支援の2町議逮捕 買収容疑、和歌山県警---
2013.7.24 23:18
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130724/waf13072423190030-n1.htm

 和歌山県警捜査2課と和歌山東署は24日、公選法違反(買収)の疑いで、21日投開票の参院選和歌山選挙区で当選した自民党の世耕弘成議員の選挙運動をしていた、ともに同県高野町議の西辻頼数容疑者(78)と目黒寿典容疑者(51)を逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。
 県警によると、2人の逮捕容疑は、いずれも高野町に住む43~74歳の女性3人に、合わせて現金数万円を報酬として支払い、電話での投票呼び掛けなどの選挙運動をさせた疑い。 逮捕された2人は当選が無効となる連座制の適用対象の選対幹部ではない。世耕議員の事務所によると、西辻容疑者は自民党和歌山県連高野町支部の支部長で、目黒容疑者は同支部の会計責任者。
 同事務所は「違反があったことは遺憾で、大変申し訳ない。二度とこのようなことがないように努めたい」としている。


---維新比例候補の運動員、買収・事前運動の疑いで逮捕---
2013年7月24日0時17分
http://www.asahi.com/national/update/0724/OSK201307230180.html

 参院選の公示前に選挙運動を依頼し、見返りに報酬を支払ったとして、大阪府警は23日、比例区で落選した日本維新の会の川口浩氏(58)陣営の運動員で、無職小阪賀造(よしぞう)容疑者(64)=兵庫県尼崎市西昆陽1丁目=を公職選挙法違反(買収、事前運動)容疑で逮捕、送検したと発表した。容疑を認めているという。
 捜査2課と平野署によると、小阪容疑者は公示前の4~5月、20代と30代の男性2人に、川口氏への投票を呼びかけるビラの配布などを依頼。6月中旬、報酬としてそれぞれに十数万円支払った疑いがある。
 ビラは6月中に大阪府内などの有権者に渡ったという。報酬を受け取った2人についても同法違反(被買収)容疑で調べている。
 府警は22日、小阪容疑者の自宅などを家宅捜索。今後、川口氏との関係や、小阪容疑者に対する指示の有無などについて調べる。
 川口氏は、2009年の衆院選で民主党から比例北関東ブロックに立候補し、初当選。12年11月に離党届を提出して除名となった。同年の衆院選で日本維新の会公認で東京13区に出馬したが、落選した。
 日本維新の会の松井一郎幹事長は記者団に対し、「状況を確認し、川口氏の関与があれば処分する」と話した。維新をめぐっては、昨年の衆院選でも公認候補4陣営の運動員らが公職選挙法違反(買収)容疑などで逮捕された。


---「投票先なし」反映か 参院選で無効票増加---
2013年7月23日
http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW1307230100003.html

 道選挙管理委員会によると、今回の参院選道選挙区の無効票数は10万5066票で、投票総数の4・2%。2004年、07年、10年の参院選は3%以下で、1ポイント以上上昇した。過去3回の道選挙区の投票率が6割を超え、今回が54・41%と低下したのとは逆の動きとなった。自治体に聞くと、「投票はしたいが投票先がない」という有権者の意識が浮かび上がる。
 道内の市町村では、羅臼町の無効票の割合が7・98%と最も高かった。町選管によると、無効215票の内訳は「単に雑事を記載したもの」(雑事記載)が137、白票70など。鈴木日出男副町長は「羅臼には新党大地の支持者がかなりいるが、選挙区で政党名を書く間違いも多かったようだ。選挙に参加する意思表示はしているのに、もったいない」と話す。
 無効票率が3番目に高かった標茶町。前回の参院選で137票だった無効票数は316票へと2・3倍に増えた。担当者は「過去10年のすべての選挙を見ても一番の高さだ」と驚く。
 内訳は雑事記載が207票、白票59票、候補者以外の氏名の記載42票など。雑事記載は前回参院選では60票だった。選挙区に候補者を立てなかった「公明」などの政党名を記した例が目立ち、「回答なし」「だめ」というのもあった。
 町選管は「選挙が盛り上がっていなかったのも事実。選択肢がない場合に白票にせず、何かしら書いてしまうのは町民の気質かもしれません」と話す。
 都市部は白票が少なくない。無効が5334票あった旭川市(無効票率3・72%)は、そのうち白票が全体の50・8%で、前回より9・6ポイント増えた。26・3%を占める雑事記載も「誰にも入れない」「該当者なし」が比較的多いという。無効票率が6・13%に達した岩見沢市でも、2460票の無効票のうち約900票が白票だったという。
 北海学園大の木寺元・准教授は「都道府県別の投票率を見ても、自民が圧勝した1人区でかなり下がっていて、自民にも民主にも投票したくない人が棄権したり無効票を投じたりしたとみられる。野党が争点形成に失敗したことが大きく、野党再編を含めて考える必要がある」と話している。


---県警、谷氏選挙事務所を捜索 法定外文書頒布の疑い---
2013年7月23日
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130722/1093929

 21日に投開票が行われた参院選で、県警は22日、公示後に特定の候補者への投票を呼び掛ける法定外の文書などを送ったとして、公選法違反(法定外文書頒布)容疑で栃木選挙区(改選数1)から立候補し落選した民主党現職の谷博之氏(70)の選挙事務所を家宅捜索した。県警は今後、押収した資料の分析や関係者の事情聴取などを進め、立件の可否を判断するとみられる。
 捜査関係者などによると、参院選公示の4日以降、谷陣営の関係者が谷氏らへの投票を呼び掛ける文書などを支持者などに送ったという。公選法では、法律で規定されたもの以外の文書を頒布することを禁止しており、違反した者は2年以下の禁錮または50万円以下の罰金が科され、選挙権と被選挙権が停止される。
 宇都宮市鶴田町の谷氏の選挙事務所には22日午前、県警の捜査員が捜索に入り、正午過ぎに資料などが入った段ボール箱を捜査車両に運び込んだ。


---共産候補への票、他候補の束に紛れ込む 確定9時間遅れ---
2013年7月22日13時33分
http://www.asahi.com/politics/update/0722/TKY201307220158.html

 21日に投開票された参院選東京選挙区の板橋区開票所で、共産党候補に投じられた2票が、仕分けの終わった他候補の票の束に交ざっているのが開票作業中に相次いでわかり、区選挙管理委員会は作業をやり直した。当初見込みでは比例区を含め22日午前3時に確定予定だったが、約9時間遅れの同日午後0時3分までずれ込んだ。
 区選管によると、開票作業は21日午後8時50分から始まった。吉良佳子候補(共産党)の2票が、大河原雅子候補(無所属)と小倉淳候補(日本維新の会)の票の束に交じっていることが、22日午前0時ごろまでに相次いでわかった。立会人の一人が点検の際に気づいた。票は自動読み取り機(OCR)を通過後、区職員による点検班のチェックも通り抜けていた。区選管は「あってはならないことで、何が起きたのか検証する」としている。
 埼玉選挙区のふじみ野市開票所では、300票ずつにまとめた束のうちの一つが、282票しかないことがわかり、確認のため、確定が予定より5時間余り遅れた。長野県飯田市選管では、比例区の開票結果が印刷できなくなるシステム障害が起き、予定より3時間半遅れて確定した。


--- 参院選選挙違反、全国で18人逮捕 事務所など11ヵ所家宅捜索---
2013/7/22 13:40
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22029_S3A720C1CC0000/

 警察庁は22日、参院選の選挙違反取り締まり状況を公表した。同日午前10時までに、警視庁と12府県警が公選法違反容疑で、計18人を逮捕、送検したほか、選挙事務所など計11カ所を家宅捜索した。
 逮捕者の内訳は、ポスターを破るなどの自由妨害が15人、詐偽投票と投票所で暴れたケース、係員への暴行容疑が各1人。ネット利用の選挙運動の摘発はなかった。〔共同〕


---ネットの警告は1件 都内の選挙違反取り締まり状況---
2013.7.21 22:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130721/crm13072122010010-n1.htm

 警視庁の選挙違反取締本部は21日、参院選の違反取り締まり状況をまとめた。同日午後6時現在、ポスター破りや候補者にペットボトルのお茶をかけるなどした自由妨害で2件2人(前回2件2人)、他人になりすまして投票しようとした詐偽投票で1件1人(同なし)を逮捕した。
 今回から解禁されたインターネットを使った選挙運動では、知人から特定候補者への支援を依頼され、140人に対して投票を呼びかける内容のメールを送った都内の自営業の50代男性を文書頒布で警告したケースが1件あった。男性自身が「違反になるのか」と警視庁に相談、発覚したという。
 警告の総件数は125件で、前回に比べて146件減少。内訳は文書掲示が105件(同229件)、政治活動制限が9件(同26件)など。


---候補者なりすましHP開設なし…参院選選挙違反---
2013年7月21日05時05分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news2/national/20130720-OYT1T01126.htm?from=ylist

 警察庁は20日、参院選の選挙違反取り締まり状況を発表した。
 19日現在、今回の参院選から解禁された「ネット選挙」に関連する摘発はなく、警告は23件だった。懸念されていた候補者になりすましたホームページの開設や改ざんといった違反はなかった。
 23件の内訳は、候補者の人気投票を呼びかけるなどホームページやブログへの書き込みが10件、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への書き込みが5件、候補者以外の人物によるメール送信が8件だった。
 選挙違反全体では同日現在、ポスターを破った妨害などの容疑で14人を逮捕した。
 全国の警察本部は21日夜の投票終了後、買収などの疑いで約100件について本格捜査に乗り出し、運動員ら約190人を取り調べる予定だ。


---山本太郎氏陣営、同意なしに選挙運動メール送信---
2013年7月19日23時43分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news2/20130719-OYT1T01474.htm

 参院選東京選挙区(改選定数5)に無所属で立候補している山本太郎氏(38)の陣営は19日、受信者の意思確認をせずに、選挙運動用のメールを送信したとして、山本氏のホームページにおわびを掲載した。
 山本氏の陣営によると、支援者から紹介されたメールアドレスの名簿などをもとに、19日朝から「一人でも多くの友人を紹介して欲しい」といった内容のメールの送信を開始。しかし外部から「公職選挙法に抵触するのでは」との問い合わせがあり、総務省に確認したところ「受信者の同意が必要」と指摘されたという。
 木村芳正・選対事務局長は「大変申し訳ない。今後このようなことが起こらないようにしたい」と話した。


---ワタミ、系列老人ホームに---
2013年7月19日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-19/2013071915_01_1.html

有権者名簿提出を要求
創業者・渡辺自民候補の選挙支援 半ば強制
 自民党の参院比例候補、渡辺美樹氏が創業した大手居酒屋チェーン「ワタミ」のグループ会社「ワタミの介護」(清水邦晃社長)が、系列の老人ホームに有権者名簿の提出を求め、従業員に渡辺氏への選挙支援を半ば強制していることが18日、関係者の証言でわかりました。
 ワタミの関係者の男性によると、東日本にある系列の老人ホームでは、先週から従業員に「わたなべ美樹サポーターのご案内」などの文書とともに、有権者の名前や住所、電話番号、紹介者名を書き込むカードが配られました。関係者の男性は「ホームの管理職が『強制ではないよ』と説明するが、書かずにいると『なんで書かないの?』と説明を求められる。ほぼ強制だ」といいます。
 さらに今週に入ると、会社から「この日までに名前を出すように」と指示があり、「どこのホームは●百件、こっちのホームは▲百件」などと、有権者の紹介件数を各ホーム間で競わされているといいます。
 男性は「休日であっても研修や職員会議に出なければならず、2週間連続勤務はざらにある。立候補表明後の渡辺氏からのビデオメッセージで感想文を義務付けられたり、研修で幹部が支持を訴えたり、会社全体が参院選でぴりぴりしている。こんなことは、やめて、働きやすい職場づくりを考えてほしい」と批判します。


過労自殺遺族自民党本部へ 自民党はワタミ前会長を立候補させるな!


---鈴木寛氏殴った大トラ女を送検---
2013年7月17日8時28分
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20130717-1158656.html

 警視庁は16日、参院選東京選挙区に出馬した民主党現職、鈴木寛氏(49)の頭を殴るなどしたとして公選法違反(自由妨害)と傷害の疑いで、東京都杉並区の職業不詳麦倉右子容疑者(39)を送検した。警視庁によると、当時麦倉容疑者は酒を飲んでおり「演説の音がうるさかった」と供述している。送検容疑は14日、東京都武蔵野市で選挙活動していた鈴木氏にお茶をかけたり、ペットボトルで殴りつけて頭に軽いけがをさせたりした疑い。

0 コメント: