2013年7月10日水曜日

東電福一原発 放射能でまた死亡者

 東電福一原発事故当時の所長で、同社執行役員の吉田昌郎さん(58)が、
食道がんのため、都内の病院で亡くなった。東電が同日、発表した。

東電福一原発の放射能による直接の死亡者がまた発生した。
最近は、企業が被曝評価の管理をできなかったり、放射能による死亡者が
いないと言う議員もいる。

事故の際、最悪の被害を免れる対処を行った一人だったと思う。

ご冥福をお祈りします。

東電公害病の加担者
原発事故 功績と罪過
東電の謝罪
中部電力課長 公聴会で内部告発か
中部電力 岡本道明発言をHPで謝罪
年の瀬 中間報告


福島第1原発事故、TV会議映像=爆発に「大変」、菅氏演説も


「どの道、吹っ飛ぶ」 東電会議映像、追加公開


吉田元所長死去 海江田氏「日本の現場力の強さ象徴する人物」(13/07/09)


---吉田元所長死去:原発立国の光と影、一身に背負い---
毎日新聞 2013年07月09日 20時53分(最終更新 07月09日 21時03分)
http://mainichi.jp/select/news/20130710k0000m040065000c.html

 東京電力福島第1原発事故の収束作業を指揮した吉田昌郎元所長(58)が9日死去した。原子炉への海水注入の中断を求める東電本店の指示を無視し、独断で注入を続けるなど毅然(きぜん)とした態度が評価された一方、震災前に第1原発の津波対策の拡充を見送ったことも明らかになった。原発立国の光と影を背負ったまま、58年の生涯を閉じた。
 「事故の記録を書こうと思っているが、なかなか筆が進まないんだ」。吉田氏は一昨年、友人の医師にこう打ち明けた。回想録を出版し、印税を被災者への寄付に充てようと考えていた。しかし食道がんの治療で体調が安定せず、執筆は中断しがちだったという。
 吉田氏は1979年に東京工業大大学院を修了。旧通産省(現経済産業省)の内定を蹴って東電に入社、一貫して技術畑を歩いた。「親分肌」「面倒見が良い」と現場の信頼を集め、本店とは距離がある協力企業の作業員の人望も厚かったという。
 死去の知らせを受けた東電福島復興本社の幹部は「『豪快で快活』という評判だが、実は神経が細やかな面があった。『後輩の面倒見が良い』という評判はそのあらわれだ」と話した。
 一方、2011年12月に公表された政府の事故調査報告書(中間報告)によると、吉田氏は原子力設備管理部長だった08年、従来の想定を大幅に上回る「最大15.7メートル」の津波が原発に押し寄せるとの試算結果を独自にまとめながら、「最も厳しい仮定を置いた試算に過ぎない」として防潮堤などの津波対策を先送りしたことが明らかにされている。
 吉田氏は公の場で事故について語ることはほとんどなかったが、12年8月、公開のシンポジウムにビデオで出演し、事故を振り返った。「原子炉を安定化させることが一番重要な責務。まだ十分な体力はないが、戻ったら現場のために力を尽くしたい」。闘病の疲れをにじませながら、あくまで現場復帰に意欲を示した。
 しかし、ビデオ収録後の7月下旬、脳出血に襲われた。「事故の経過を最もよく知る人物」(政府事故調関係者)と言われながらも、真相を語り尽くさないまま生涯を終えた。東電広報部は「遺書や事故に関する手記があるかどうかは確認していない」としている。【中西拓司、神保圭作】


---福島第一原発の吉田昌郎・元所長死去…食道がん---
2013年7月9日17時50分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130709-OYT1T00914.htm?from=ylist

 2011年3月に発生した東京電力福島第一原発事故当時の所長で、同社執行役員の吉田昌郎(よしだ・まさお)さん(58)が9日、食道がんのため、都内の病院で亡くなった。東電が同日、発表した。
 吉田氏は事故当時、原子炉建屋が水素爆発などを起こす中、現場で陣頭指揮を執りつづけた。11年末に所長を退任し、食道がんを治療していた。12年7月には、脳出血で手術を受けた。


---福島第1原発:吉田元所長が死去 事故時に現場対応---
毎日新聞 2013年07月09日 16時43分(最終更新 07月09日 20時20分)
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130709k0000e040207000c.html

 東京電力福島第1原発事故の際、収束作業を指揮した元所長の吉田昌郎(よしだ・まさお)さん=執行役員=が9日、食道がんのため東京都内の病院で死去した。58歳。葬儀は未定。
 大阪府出身。東京工業大大学院で原子核工学を専攻し、1979年、東電に入社した。本店原子力設備管理部長などを歴任。一貫して原子力の技術畑を歩いた。2010年6月に第1原発所長に就任した。
 11年11月中旬、健康診断で食道がんが見つかり、12月1日付で所長職を退いた。その後、体調が回復し復帰の意向を周囲にもらしていたが、12年7月に脳出血で倒れ、自宅療養を続けていた。吉田さんの事故後からの被ばく線量は約70ミリシーベルト。東電広報部は「担当医の診断の結果、死去と被ばくとの直接的な関係はない」としている。
 吉田さんは事故直後の11年3月12日夜、本店幹部が1号機への海水注入を中断するよう指示したのに対し、独断で注入を継続。中断すれば1号機の燃料溶融がさらに進行した可能性があり、その判断が評価された。官邸から現地に乗り込んだ菅直人元首相は自著で、格納容器の圧力を下げるベント(排気)作業が難航していた際、吉田さんが「決死隊を作ってやる」と決意を述べたことを明らかにしている。
 東電の広瀬直己社長は9日、「持ち前の明るい大きな声で陣頭指揮をとる姿に出会えることを心待ちにしていたが、無念でならない」とのコメントを発表した。【神保圭作、中西拓司】


---原発緊急作業員479人の被曝線量見直し 厚労省発表---
2013.7.5 21:07
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130705/dst13070521090008-n1.htm

 厚生労働省は5日、東京電力福島第1原発事故で緊急作業に従事した約2万人のうち479人(約2・5%)について、内部被曝(ひばく)線量の評価を見直したと発表した。東電と元請け事業者から提出された作業者の内部被曝線量に違いがあり厚労省が調査していた。
 調査によると、これまでの評価結果より線量が上がったのは431人で、平均で5ミリシーベルト増え、中には48・9ミリシーベルト増えた人もいた。19人は減少した。データの入力ミスなどが29人確認された。
 内部被曝を調べるには「ホールボディーカウンター」という機器を使い、ある時点の線量を量った上で過去にさかのぼって総量を積算する。だが、東電と元請け事業者の間で、計算方法が異なっていたという。厚労省は東電と元請け事業者に、統一された方法による被曝評価を徹底するよう指導する方針。


---原発再稼働関連発言、高市氏が撤回し陳謝---
2013.6.19 14:10
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130619/stt13061914120004-n1.htm

 自民党の高市早苗政調会長は19日午後、東京電力福島第1原発事故で死者が出ていないとして原発再稼働に意欲を示した自身の発言について「撤回し、おわび申し上げる」と陳謝した。党本部で記者団に語った。
 高市氏は17日、神戸市で講演し、原発の再稼働問題に「(東京電力)福島第1原発で事故が起きたが、それによって死亡者が出ている状況ではない。最大限の安全性を確保しながら活用するしかない」と述べ、党内外から批判が出ていた。
 党福島県連は19日午前、発言撤回と謝罪を求める抗議文を党執行部に提出。同県選出の森雅子少子化担当相(参院議員)も「大変怒っている」として高市氏に直接抗議したことを党本部で記者団に明らかにした。
 県連の抗議文は発言を批判した上で、「原発事故の影響による過酷な避難で亡くなられた方、精神的に追い詰められ自殺された方など1400人を超す災害関連死が認定されている」と被災地の現状を指摘した。

0 コメント: