2013年7月9日火曜日

仏 表現の自由の範囲

仏は、表現の自由の範囲を明らかにした。
 欧州議会は、仏でイスラム系移民らに対するヘイトスピーチが問題と
されている極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の不逮捕などの
免責特権をはく奪することを決めた。

Marine Le Pen
・欧州議会議員 弁護士 女性。
・国民戦線 初代党首。
・2010年 ヘイトスピーチ
 「(イスラム教徒の路上での祈りについて)軍事力によらないナチ占領」
 と表現。
・仏司法当局から事情聴取
 「宗教上の理由で特定集団への憎悪などを扇動した罪」に当たるとして
 任意の出頭要請に応じなかった。

Marine Le Penは、イスラム教儀式を見て、「軍事力によらないナチ占領」と
表現した。
Marine Le Penの言う占領が、ナチ思想やイスラム教布教活動を指すのか、
宗教差別を指すのか、その他なのかは不明だが、免責特権の剥奪となった。

東電福一原発事故が発生してから、仏のテレビ番組で、原爆投下と原発事故
を同等と扱ったり、原発事故処理を嘲笑した等の報道があり、日本大使館
が抗議した。
この時、テレビ局の対応は「表現の自由」と回答した。

仏では、宗教差別は犯罪だが、人種差別は犯罪ではないようだ。
宗教シンボル禁止法に加え、ブルカやニブカ着用の禁止で、宗教や人権、
表現の自由を規制したのに、憎悪に満ちた(?)表現は犯罪になるらしい。
仏では、人権や表現の自由も政治の道具なのだろうか。
報道では、人種的な憎悪の刺激は犯罪になるようだ。

人種差別と表現の自由
右翼東京会議開催
仏 偽人権尊重派
仏 表現の自由
ノルウェー殺戮 湾岸戦争が原因か
French Cops killed the monster
Google 邪悪深刻化

---仏極右党首の免責特権はく奪 ヘイトスピーチで欧州議会---
2013年7月3日 03時32分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070201002552.html

 【パリ共同】欧州連合(EU)欧州議会は2日、フランスでイスラム系移民らに対するヘイトスピーチ(憎悪発言)が問題とされている極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の不逮捕などの免責特権をはく奪することを決めた。ルペン氏は04年から欧州議会議員。
 ルペン氏は2010年に、イスラム教徒が路上で祈りをささげることを「軍事力によらない占領」と表現。「宗教上の理由で特定集団への憎悪などを扇動した罪」に当たるとしてフランスの司法当局から事情聴取に応じるよう求められていたが、応じていなかった。
 今後、フランス国内で司法手続きが進む見通し。


---フランス極右党首の免責剥奪 ヘイトスピーチで欧州議会---
2013.7.3 00:56
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130703/erp13070300590001-n1.htm

 欧州連合(EU)欧州議会は2日、フランスでイスラム系移民らに対するヘイトスピーチ(憎悪発言)が問題とされている極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の不逮捕などの免責特権を剥奪することを決めた。
 ルペン氏は2010年、イスラム教徒が路上で祈りをささげることを「軍事力によらない占領」と表現。「宗教上の理由で特定集団への憎悪などを扇動した罪」に当たるとしてフランスの司法当局から事情聴取に応じるよう求められていたが、応じていなかった。
 フランス国内で司法手続きが進む見通し。ルペン氏はフランスのテレビ局に、「私はこの決定を無視する。何も恐れない」と述べた。欧州議会は5月までに関連委員会でルペン氏に意見陳述の機会を用意したが、ルペン氏は出席しなかった。ルペン氏は04年から欧州議会議員。(共同)


---欧州議員の免責特権剥奪 仏のルペン氏---
2013年7月3日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013070302000131.html

 【パリ=野村悦芳】欧州議会は二日、イスラム教徒による路上での礼拝をナチスの占領に例えたフランス極右政党、国民戦線の女性党首マリーヌ・ルペン欧州議員の免責特権剥奪を賛成多数で可決した。ルペン氏は人種的な憎悪を扇動した容疑で、仏検察当局から容疑者として取り調べを受ける可能性が出てきた。
 反移民で知られるルペン氏は二〇一〇年の演説で、当時問題になっていた都市部路上でのイスラム教の礼拝に関し、第二次世界大戦期のドイツのフランス占領に関連づけて「領土の占領だ」と述べた。人権団体が告発していた。


---Marine Le Pen expected to face charges for incitement to racial hatred---
Angelique Chrisafis in Paris
guardian.co.uk, Tuesday 2 July 2013 12.56 BST   
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jul/02/marine-le-pen-immunity-lifted

French far-right leader's immunity is lifted after vote by European parliament

Marine Le Pen, the leader of France's far-right Front National, is expected to face charges of incitement to racial hatred in France after the European parliament voted to lift her parliamentary immunity.

The French state prosecutor in Lyon had asked the European parliament to lift Le Pen's protection from prosecution as an MEP so she could face charges over a speech in 2010 in which she likened Muslim street prayers to the Nazi occupation of France.

The case threatens to upset Le Pen's careful public relations strategy since taking over the party from her father, Jean-Marie Le Pen. She had sought to project a modern, more palatable face of the far-right in France, free from the type of comments about the second world war and Holocaust denial that resulted in her father being convicted of contesting crimes against humanity.

Marine Le Pen, who has been an MEP since 2004, this week called herself a dissident who was being pursued for political reasons for a "crime of opinion" and said she stood by her comments.

In December 2010 during her party's internal leadership campaign she made a speech in Lyon that denounced Muslims holding prayers in the streets, at a time when a lack of mosques in France had forced many to pray outside.

She likened the outside prayers to an occupation and added: "For those who like to talk about world war two, to talk about occupation, we could talk about, for once, the occupation of our territory. There are no armoured vehicles, no soldiers, but it is an occupation all the same, and it weighs on people."

Previously she had said of street prayers: "Very clearly, like in 1940, some think that they can behave in France in 2010 like an occupying army in a conquered country."

On Monday on French TV she repeated her comments about occupation, saying she was being targeted "for having dared to say what all French people think, that street prayers - which I must add continue to happen on French territory - are an occupation". But she did not explicitly evoke the second world war parallel.

The Front National is currently at a high in the opinion polls, after a strong score in a byelection in Villeneuve-sur-Lot in south-west France, where the party knocked out the Socialists and scored 46% of the vote in the final round.

A recent poll for YouGov about voting intentions in the European parliament elections next year put the Front National on 18%, one point behind the traditional rightwing UMP and ahead of the Socialist party. The party is hoping for gains in the French local elections next year.

After the European parliament stripped Le Pen's immunity with a show of hands by members, the Front National said it was a sign of the "growing fear of the oligarchy" faced with "the irresistible rise in power" of the far-right party in France.

Members of the European parliament have immunity from criminal and civil liability for opinions expressed as part of their duty, although immunity had been lifted in a number of cases previously.

Le Pen said she had been targeted because she was a "political adversary" and vowed to defend herself. She suggested she was proud of losing immunity, which was like getting a "medal pinned to my jacket".

If found guilty of inciting racial hatred, Le Pen would face a maximum penalty of a year in prison and a E45,000 fine.

0 コメント: