2013年7月3日水曜日

BSE全頭検査一斉廃止

BSE全頭検査が一斉廃止になった。
 厚労省は、BSEの全頭検査を実施してきた都道府県や政令市など全75
自治体が、6月末で一斉に廃止することを決めたと明らかにした。
75自治体のうち最後に残っていた千葉県が廃止を決め、足並みがそろった。
以降は月齢48カ月超に限って検査が実施される。

BSE検査は、結局全て廃止することになった。
無駄な検査費用とみるか、安全の確認のための検査費用と見るか、意味
付けが異なると思うが、自治体は検査を廃止にした。
厚労省による指導(?)があったかもしれない。

岐阜県は検査を廃止しないと思っていたら、千葉県が最後に廃止を決めた。
自治体にも選択の自由はあると思うが、お上の締付けは厳しかったのか。

BSE 全頭検査廃止方向


---BSE全頭検査、一斉廃止 今後「48カ月超」に限定---
2013.6.29 10:31
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130629/plc13062910320021-n1.htm

 厚生労働省は28日、牛海綿状脳症(BSE)の全頭検査を実施してきた都道府県や政令市など全75自治体が、6月末で一斉に廃止することを決めたと明らかにした。75自治体のうち最後に残っていた千葉県が同日、廃止を決め、足並みがそろった。7月1日以降は月齢48カ月超に限って検査が実施される。


---BSEの全頭検査、一斉廃止 7月から「48カ月超」---
2013年6月28日 11時40分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013062801001480.html

 千葉県は28日、牛海綿状脳症(BSE)の全頭検査廃止を決めた。厚労省によると、全頭検査を実施してきた全75自治体が6月末の一斉廃止でそろった。食の安全・安心確保のため2001年に導入された全頭検査は12年で役割を終え、7月1日以降は月齢48カ月超の牛に限って検査が実施される。
 田村厚労相は28日の閣議後の記者会見で、全頭検査について「国民の不安を払拭するのに意味はあった。日本が(BSE発生リスクの観点から)最も安全な国に入り、『必要ない』という流れになった」と述べた。
(共同)

0 コメント: