2013年7月13日土曜日

Snowden 亡命受入表明

Edward Snowdenの亡命受入を表明した国家が現れた。
 米当局から訴追されたCIA元職員エドワード・スノーデン容疑者の亡命
受け入れを決めたベネズエラのハウア外相は、国営テレビに「連絡がない。
8日まで待つ」と述べ、期限付きで亡命申請に対応する考えを示した。

Edward Snowden亡命受入表明国
・ボリビア、ベネズエラ、ニカラグア

米国等の軍部、大使館等の内部情報を公開し、エクアドルに政治亡命した
Julian AssangeがEdward Snowdenの亡命申請をしたとされる。
最終的に、エクアドルは亡命受入拒否、中露仏も一時受入説があったが、
拒否した。6カ国に申請し、3カ国が受入を表明。反米国家だった。
ボリビアは、大統領機の運航にも影響した。

Anna Chapmanが自身の番組宣伝にSnowdenを利用したようだ。
元毎日新聞記者の沖縄密約報道の時のように、政治・外交問題が、女性
問題にすりかえられたり、Assangeの性的暴行等のように、報道工作行った
経緯がある。
Snowdenがhacktivistとの説もあるようだが、米国居住ならまだしも、
国外で自由の代償を支払うことを理解していたのだろうか。

沖縄密約証言の波及
核持込み黙認
沖縄密約開示命令
密約 今や有効ではない
米メディア 報道の倫理
露スパイ事件 報道工作か
米露 工作員交換
ウィキリークスの波紋
ウィキリークス 米外交文書公開
外交文書公開 12/22
アサンジ情報の暴露
OP Ghost Stories


Ecuador: We didn't help Snowden


Snowden's global game of hide and seek


---ベネズエラに連絡なし CIA元職員、ボリビアも受諾---
2013年7月7日 13時03分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070701001143.html

 【リオデジャネイロ共同】米当局から訴追された中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者の亡命受け入れを決めたベネズエラのハウア外相は6日、国営テレビに「連絡がない。8日まで待つ」と述べ、期限付きで亡命申請に対応する考えを示した。ロイター通信が伝えた。期限後の対応には言及しなかった。
 また、ボリビアの反米左派、モラレス大統領は6日、元職員が亡命申請すれば受け入れる考えを表明した。ベネズエラとニカラグアは5日に受け入れの方針を明らかにしており、ボリビアが追随した形。受け入れを表明したのは3カ国目となった。


---CIA元職員 ベネズエラ受け入れ表明 ニカラグアも「用意」---
2013年7月6日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013070602000241.html

 【ニューヨーク=吉枝道生】米当局がスパイ活動取締法違反容疑で訴追した米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員について、南米ベネズエラのマドゥロ大統領は五日、「人道上の亡命を受け入れることを決めた」と表明した。
 AP通信などによると、反米左派のマドゥロ大統領は国内で行った演説で「ベネズエラが亡命を受け入れることで、スノーデン氏は帝国の迫害を免れられる」と米国を批判した。具体的な手続きや条件などは明らかにしていない。
 一方、ニカラグアのオルテガ大統領もこの日、「状況が許せば」としながらも受け入れの用意があると述べた。
 ベネズエラなどが加盟する南米諸国連合(UNASUR)は、ボリビアのモラレス大統領の専用機がフランスなどから領空通過を一時拒否されたことに対し、米国の陰謀などとして激しく反発していた。
 AP通信によると、内部告発サイト「ウィキリークス」は、計二十六カ国に亡命申請を出したと明らかにしている。


---スノーデン氏、新たに亡命申請 6カ国に対し---
2013年7月6日 07時28分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070601001170.html

 【ロンドン共同】米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集を暴露し訴追された中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者(30)を支援する内部告発サイト「ウィキリークス」は5日、同職員が新たに6カ国に対し亡命申請したと発表した。
 元職員は既に、ベネズエラなど約20カ国に亡命や亡命支援を求めている。今回の6カ国についてウィキリークスは「米国が干渉する恐れがある」として国名を公表していない。元職員はモスクワの空港の乗り継ぎ区域にとどまっているとされる。


---CIA元職員に「求婚」? ロシアの美貌スパイ---
2013年7月5日 00時14分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070401001823.html

 【モスクワ共同】米国とのスパイ交換でロシアに帰国し「美貌の女スパイ」と騒がれたアンナ・チャップマンさんが、4日までに短文投稿サイトのツイッターで、モスクワ郊外の空港に滞在しているとされる米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者に「求婚」した。
 チャップマンさんは英語で「スノーデン、ウィル・ユー・マリー・ミー?」と呼び掛けた。チャップマンさんは現在、銀行取締役として実業界に身を置く一方で、芸能人としても活躍。話題づくりの冗談らしい。


---CIA元職員乗ってる!? ボリビア大統領機飛行拒否---
2013年7月3日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013070302000292.html

 【ニューヨーク=吉枝道生】南米ボリビアのモラレス大統領を乗せてロシアから飛び立った航空機が二日、フランスとポルトガルの領空を飛行する許可を得られなかったことが分かった。
 AP通信によると、米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員=米当局がスパイ活動取締法違反容疑で訴追=が同乗している疑いがあるためとみられる。しかし、ボリビアのチョケワンカ外相は「誰の作り話なのか」と、元職員の搭乗を強く否定している。
 モラレス氏は、ロシアでガス輸出国フォーラム首脳会議に出席し、専用機で帰国の途に就いていた。フランスなどの上空を通過する予定だったが、急きょ経路を変更して、給油などのためオーストリアに着陸したという。あらためて関係国の飛行許可を得て、帰国する予定。
 反米左派のモラレス氏は、モスクワ郊外シェレメチェボ空港のトランジット(乗り換え)区域にとどまっている元職員の亡命受け入れに、前向きな姿勢を示していた。


---容疑者搭乗疑われ…ボリビア大統領機、途中着陸---
2013年7月3日12時01分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130703-OYT1T00468.htm

 【リオデジャネイロ=浜砂雅一】ロイター通信などによると、南米ボリビア政府は2日、ロシアから帰国途中のモラレス大統領を乗せた政府専用機が、オーストリアの首都ウィーンの空港に着陸を余儀なくされたと発表した。
 米政府機関による情報監視を暴露したエドワード・スノーデン容疑者(30)が搭乗している可能性を疑うフランス、ポルトガル両国が上空の通過を認めなかったためという。ボリビアのチョケワンカ外相はウィーンで記者団に、同容疑者は搭乗していないと明言した上で、「誰がこんなウソを作り出したのかわからない」と不快感を強調した。
 ボリビアのモラレス大統領は反米左派で、同容疑者から亡命申請があれば検討する考えを示していた。


---元職員の亡命で米が各国に要請 受け入れ拒否を---
2013年7月3日 10時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070301001043.html

 【ワシントン、モスクワ共同】米国務省のサキ報道官は2日の記者会見で、モスクワの空港にとどまっているとみられる米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者が亡命や亡命支援を申請した各国に対して、受け入れないよう外交ルートを通じて求めていることを明らかにした。
 米当局がスパイ活動取締法違反容疑などで訴追した元職員について、米国に送還されるべきだと重ねて強調。「経由地や最終的な目的地となる可能性のある広範囲の国々と連絡を取り合っている」と語った。


---US attempts to block Edward Snowden are 'bolstering' case for asylum---
Jamie Doward   
The Observer, Sunday 7 July 2013   
http://www.guardian.co.uk/world/2013/jul/07/us-attempts-block-snowden-bolster-case-asylum

As Venezuela and Nicaragua offer help to whistleblower, experts say US actions are strengthening his case for safe haven

Attempts by the US to close down intelligence whistleblower Edward Snowden's asylum options are strengthening his case to seek a safe harbour outside of Russia, legal experts claim.

Snowden, who is believed to be in the transit area of Moscow's Sheremetyevo airport, has received provisional offers of asylum from Nicaragua and Venezuela, and last night Bolivia also offered him sanctuary. He has applied to at least six other countries, says the Wikileaks organisation providing legal support.

Michael Bochenek, director of law and policy at Amnesty International, said the American government's actions were bolstering Snowden's case. He said claims that the US had sought to reroute the plane of Bolivia's president, Evo Morales, amid reports that the fugitive former analyst for the National Security Agency was on board, and suggestions that vice-president Joe Biden had phoned the Ecuadorean leader, Rafael Correa, to block asylum for Snowden, carried serious implications.

"Interfering with the right to seek asylum is a serious problem in international law," Bochenek said. "It is further evidence that he [Snowden] has a well-founded fear of persecution. This will be relevant to any state when considering an application. International law says that somebody who fears persecution should not be returned to that country."

Venezuela's extradition treaties with the US contain clauses that allow it to reject requests if it believes they are politically motivated. The country's president, Nicolas Maduro, has praised Snowden for being a "young man who told the truth" and has criticised European countries' alleged role in the rerouting of Morales's plane last week .

"The European people have seen the cowardice and the weakness of their governments, which now look like colonies of the US," he said on Friday.

Spain said it had been warned that Snowden was on the Bolivian presidential plane, the first acknowledgement that the manhunt was linked to the plane's diversion to Austria. Foreign minister Jose Manuel Garcia-Margallo said: "They told us that the information was clear, that he was inside." He did not say who "they" were or whether he had been in contact with the US.

Speaking from Buenos Aires, Bochenek said the US actions were transforming the Snowden affair into a global saga. "In PR terms, opinion here and elsewhere in Latin America has shifted precisely because of the appearance of interference with other governments' decision-making processes," he said.

Bochenek said there was no reason why Snowden could not be granted asylum without setting foot in the country that had granted him refuge. The need to be present in the country where asylum is granted is a convention that can be ignored if nations see fit, he said.

"It's true that a lot of states have that as a rule in their own domestic requirements, but it is not required by international law," he said.

Neither did placing Snowden on an Interpol "red flag" list mean that states had to hand him over to the US. The procedure is an advisory measure that can be ignored, legal experts said.

A decision to give Snowden refuge has political consequences for Maduro, and provides his critics with ammunition.

Venezuela's opposition leader, Henrique Capriles, has accused Maduro of using Snowden to distract voters from economic woes at home. "Nicolas, you can't use asylum to cover up that you stole the election. That doesn't give you legitimacy, nor make the people forget," he said on Twitter.

Nicaragua's president, Daniel Ortega, said he was willing to offer asylum, "if circumstances allow it", although he did not say what the circumstances would be. Venezuela, though, appears a more likely host.

"Asylum for Snowden in Venezuela would be the best solution," Alexei Pushkov, chairman of the international affairs committee of Russia's lower house of parliament, said on Twitter. "That country is in a sharp conflict with the US."

However, there are no direct commercial flights between Moscow and Caracas, and the usual route involves changing planes in Havana.

It is not clear whether the Cuban authorities would grant Snowden transit. However, Cuba has expressed sympathy for Snowden's situation and accused the US of "trampling" on other states' sovereignty.

Meanwhile, spotting Snowden is becoming a popular game among people passing through Sheremetyevo airport.

"I offered my kids $200 to get a picture of him," said Simon Parry, a Briton who expressed sympathy for Snowden after spending a couple of hours in the airport.

"The wireless internet is appalling, the prices are awful, and people never smile," Parry said. "So I commend him for making it 24 hours, let alone two weeks. I might rather face trial."

0 コメント: