2013年8月16日金曜日

エジプト-イスラエル軍共同作戦

エジプト軍とイスラエル軍が共同作戦をしたようだ。
 エジプト北東部シナイ半島のイスラエル国境近くで、イスラム過激派5人
がイスラエル軍無人機の空爆を受けて死亡した。5人はイスラエルに向けて
ロケット弾を発射しようとしていたとみられる。
 エジプト治安当局者は、無人機がイスラエル領内からミサイルを発射した
と述べ、両国軍が連携した作戦だったことを明らかにした。

・2013 8月9日
 シナイ半島のイスラエル国境近くで、イスラエル軍無人機の空爆を受けて
 イスラム過激派5人が死亡した。
・2013 8月12日
 エジプト軍のヘリコプタの空爆で、12人のアルカイダ系テロリストが死亡。

過激派を擁護するムスリム同胞団。ムスリム同胞団が推薦したモルシ。
モルシ政権がクーデターで崩壊し、エジプトは、親米国からの支援が増加。
エジプト軍もイスラエルと共同作戦。
共同作戦の対象は、シナイ半島のアルカイダ系とのことだが、イスラエルへ
ロケットを打ち込む準備をしていたとのこと。ハマスへ武器を提供している
との説もある。

エジプト軍による繰り返される市民虐殺で、米国は軍事支援金を凍結する
可能性があるとのこと。

イスラム教徒は、「我が強い」とか「譲らない」との報道も増え、社会や
国家のために政治を発展するのではなく、自分の考えを押し通すために多
くの犠牲者を出し続けるようだ。

エジプト情勢がまた不安定になり、原油がまた高騰。
エジプト政権が変わり、イスラエルとのスエズ運河利権問題が持ち上がった
が、落着したのか。
ユダヤ教を批判したキリスト教。キリスト教を批判したイスラム教。
一神教で、他宗教排除が強い。
少数信者はテロに脅えるが、信者数が範囲を越えると軍に脅えるようになる。

聖地 分割所有の判決
英露 北極海開発で提携
エジプト 宗教対立再燃
IRON DOME
エジプト厳冬 クーデターにはクーデターで


With Help From Egyptian Officials, Israel Launches Drone Strikes On Sinai Peninsula


Egypt unrest: Pro-Morsi protesters speak about violence


---UPDATE 2-米政府、エジプトの強制排除を非難 欧州も自制求める---
2013年 08月 15日 06:23 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0GF3LJ20130814

 [14日 ロイター] - 米政府は14日、エジプトのモルシ前大統領支持派の強制排除を非難し、政権側の非常事態宣言に強く抗議した。
 ホワイトハウスのアーネスト報道官は記者会見で、エジプト軍幹部に対し国民の基本的人権を尊重するよう求めるとともに、関係各派が暴力をやめ、平和的に対立を解消する必要があると述べた。
 米政府による対エジプト支援を直ちに打ち切る構えは示さなかった。ただ、支援の見直しは数週間前から継続して行われているとした。
 国務省のサキ報道官はこの日の定例記者会見で、「今日発生した事態、および過去数週間の動静を踏まえ、支援を含むエジプトとの広範な関係の見直しを継続する」と述べた。
 米国は中東の要衝としてエジプトに対し毎年15億5000万ドルの支援を実施。この大部分が軍事関連費となっている。
 英仏独など欧州諸国も各派に自制を求め、危機の打開に向けた対話を促した。
 ロシア外務省も、各派による自制がエジプトの国益にとって最も重要だと訴え、カイロにあるロシア領事部の業務を2日間停止することを明らかにした。


---イスラム過激派に脅えるコプト教徒---
2013年08月12日21時48分
http://www.christiantoday.co.jp/article/6042.html

 【CJC=東京】イスラム原理主義者約1万人が、エジプト南部の古代都市アシュートで7月30日、「イスラム、イスラム、キリスト者を侮辱しろ」と叫びながらコプト教徒(キリスト者)居住地区をデモ行進した。子ども数人が、大人の監視下に、壁に「キリスト者をボイコットせよ」とスプレーで落書きした。
 アシュートはカイロ南方400キロ、人口100万人の大都市。モルシ大統領を追放した7月3日以来、連夜のデモやスプレーによる落書きを当局が規制出来ないことで、キリスト者の不安が増大している。
 カイロで7月3日に、ムハンマド・モルシ大統領を追放する軍のクーデターが行われて以来、南部ではアシュートなど各地で、「モルシ追放」が少数派キリスト者の企みだ、と訴えるイスラム原理主義者の「憎悪キャンペーン」が発生している。
 アシュートでは、「タワドロスは犬」とスプレーの落書きがあった。コプト教会の教皇タワドロス2世を非難するもの。キリスト者の住居、店舗、礼拝所には大きく十字架がペイントで描かれた例もある。
 敵意に満ちた行動の続発に、権利擁護16組織の連合体が7月31日、人口の約1割を占めながら、慢性的な差別に耐えている少数派キリスト者の保護を当局に要請するまでになった。
 米宗教専門RNS通信は、「イスラム原理主義者は責任を問われることもないから、喜んで行進を続けるだろう。いつかウチもやられるのでは」と30日にデモ隊が通過したアシュートのヨウスリ・ラヘブ通りに宝石店を構えるホッサム・ナビル氏(38)が語ったことを報じている。他の店もそうだが、ナビル氏もデモ隊が通り過ぎるまで店のシャッターを閉めた。「彼らは人差し指を立てのどを切るまねをする。わたしたちを虐殺するぞと脅し、またモルシの名をわたしたちの顔に向かって大声で叫ぶ」と言う。デモ隊が通過中に店に来た若い夫婦は、恐怖に身を固まらせた。
 アシュートでイスラム原理主義者が強硬なのは、現地当局が弱体な一方、宗教の威力が強いこと。また貧困層が多く、生活が安定しているキリスト者へのねたみもある。
 落書きは消してもすぐに描かれてしまうので、ガマル・アダム知事代行は、消去を止めた、とAP通信に語っている。市の清掃係が現場で原理主義者に捕まったら、暴行されるだろうとも言う。
 アシュートの人口の4割を占めるキリスト者の生活は激変した。集合住宅の壁に、赤くばってんを付けられた十字架が描かれていたりした。夜の外出は控えられている。教会は午後の活動を止めた。富裕層の中には転出した人もいる。
 「こんな抑圧を経験したことはない。毎日が踏んだり蹴ったりだ」とナビーネ・カマルさん(40)。薬剤師で10代の娘さんが2人いる。「怒っているし、不満一杯だが、ここに留まる」と言う。「わたしと主人が、事態はすぐに良くなる、と話しても娘たちは信じない。エジプトに失望し、脱出したがっている。しかし、個人的に、私は、全てが、わたしたちと国に良いものをもたらすと信じている。ムスリム同胞団の指導者モルシが大統領になって、同胞団統治が80年は続く、と思っていたが、ちょうど1年でダメになった。誰がこのことを信じていただろうか」。
 クーデター以来、少なくともキリスト者7人が殺害された。負傷者は多数に上っている。
 エジプトのキリスト者は政治に介入することを避けるのが常だった。しかし2011年の「アラブの春」以来、政策に発言を始めた。モルシ政権がイスラム色を強めるにつれ、発言も厳しくなった。タワドロス2世は、教皇に選任されると、大統領批判を強め、信徒に向けては、積極的に政治に参画するよう勧めるようになった。一方、イスラム教過激派は、キリスト教はイスラム教の敵であり、コプト教徒に少数派であることを忘れるな、と警告していた。


---エジプト過激派5人死亡 イスラエル軍が攻撃---
2013年8月10日 10時39分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013081001001436.html

 【カイロ共同】AP通信などによると、エジプト北東部シナイ半島のイスラエル国境近くで9日、イスラム過激派5人がイスラエル軍無人機の空爆を受けて死亡した。5人はイスラエルに向けてロケット弾を発射しようとしていたとみられる。
 エジプト治安当局者は、無人機がイスラエル領内からミサイルを発射したと述べ、両国軍が連携した作戦だったことを明らかにした。イスラム組織出身のエジプトのモルシ前大統領はイスラム過激派の取り締まりに消極的だったとされ、モルシ氏がクーデターで失脚した後、両国軍が協力を強めている可能性がある。


---Sinai 'drone strike' highlights Israel-Egypt operations---
Oren Dorell; @OrenDorell, USA TODAY 11:16 a.m. EDT August 13, 2013
http://www.usatoday.com/story/news/world/2013/08/13/did-israeli-drone-strike-egypt/2643595/

An alleged Israeli drone strike against terrorists on Egyptian territory Friday could be a sign of a new level of cooperation between the two countries' militaries.

Israel's alleged blowing up of a team of terrorists in Egypt with a missile fired from a drone indicates a new level of cooperation between the two countries' militaries since the ouster of the Muslim Brotherhood government.

But analysts warn that the alliance against terror could destabilize Egypt's new interim government if it works too closely with a Jewish state that is demonized by many Egyptians and Arab nations.

"Israel understands the sensitivity of the issue for the new government in Egypt," says Avi Melamed, a security consultant in the Middle East and former Israeli Intelligence official.

The strike near the town of Rafah on the Egyptian side of the border with Israel killed five terrorists linked to al-Qaeda who were preparing to launch a missile at Israel, according to several media reports including one by the Associated Press.

STORY: Violence erupts outside pro-Morsi sit-ins in Cairo

The reports cited unnamed Egyptian military sources as saying they assisted in the strike. An official statement from the Egyptian military denied the reports and said it launched the attack using an Apache helicopter. Egypt's helicopters killed an additional 12 al-Qaeda terrorists on Saturday, it said.

Israel has made no public comment on the attack other than to say it respects Egypt's sovereignty in Sinai. In another incident involving the Sinai on Tuesday, the Israeli military shot down a rocket fired at a Red Sea resort town near the desert region, the army said. An al-Qaeda-linked group based in the Sinai, Ansar Jerusalem, claimed responsibility for launching the rocket in an e-mail to the Associated Press.

The Sinai is a sparsely inhabited desert in northeastern Egypt that runs up to the southern border of Israel and Gaza. Israel has warned that the area is becoming a no man's land of arms traffickers and militants who are moving weapons from there to the Palestinian terror group hamas in Gaza and to other countries.

Egypt's military has increased its operations in the Sinai to crack down on the militancy. But doing so with Israel will be used as ammunition by the political adversaries of Gen. Abdel Fatah al-Sissi, who deposed Egypt's Islamist president last month, said Itzik Segev, a retired Israeli brigadier general who managed security in the Sinai from 1971 to 1976.

Ongoing intelligence sharing and strategic cooperation between Israel and Egypt has not reached the point where Israelis are operating on Egyptian soil directly, he said. Yet any collaboration is "a sensitive point," said Segev, who developed close ties with Egyptian generals since the countries signed a peace treaty in 1979.

If the idea does gain traction in Egypt, it will provide fodder to Islamists angry that their president was deposed, Segev said.

At Rabaa Square on Monday, where Muslim Brotherhood protesters continued a sit-in demanding Morsi be reinstated, the crowd's chant made clear how they felt about al-Sissi's relations with Israel and its prime minister, Benjamin Netanyahu.

"Sissi? What Sissi? Tel Aviv and Netanyahu control him," they chanted, according to a tweet by blogger Nervana Mahmoud.

Islamists protesting Morsi's ouster on Monday called for a million-man march "against the coup and Zionism," according to Ahram Online, a website for one of Egypt's state-owned newspapers. And the National Alliance to Support Legitimacy, which supports Morsi, called the alleged Egyptian-Israeli collaboration near Rafah a "traitorous operation," Ahram Online reported.

Generals set a hard line on Sinai

Egypt's generals have been trying for months to show Washington that their cooperation with Israel has reached unprecedented levels, and the drone strike story fits into that narrative, said Steven Cook, a Middle East expert at the Council on Foreign Relations.

Allowing Israelis to take action on Egyptian soil, however, is far different from mere coordination on intelligence issues, and could prove far more damaging to Egypt's military rulers, said Cook, who wrote The Struggle for Egypt: From Nasser to Tahrir Square.

Despite 34 years of peace, Israel remains very unpopular in Egypt and many Egyptians feel the peace treaty failed to fulfill expectation, Cook said.

"This is something opponents of the military could use against them," he said.

Melamed said the two countries have cooperated daily in various ways in the past, on tactical and strategic issues related to the Sinai peninsula and regional security. When Israel identified threats developing on the Israeli-Egyptian border last year, the two sides cooperated "on the ground level to make sure there was no misunderstanding" while Egypt sent troops and equipment to deal with the problem, Melamed said.

Israel wants to maintain these ties, he said.

Israel onces controlled the Sinai after its capture of the region in the 1967 war against Arab nations. The 1979 Israeli-Egyptian peace treaty established communication channels between the two countries and set caps on Egypt's military presence in the Sinai. The desert area remained quiet, inhabited largely by Bedouin tribesmen, until recent years.

Acts of militancy against Israel and Egypt's military increased following the overthrow of hosni Mubarak, Egypt's dictator for 30 years and a former military officer, and led to coordination of responses between the two countries.

* In February 2011, terrorists again bombed a natural gas pipeline that supplies Egyptian petroleum to Israel and Jordan. Egypt's military sought Israel's consent before sending tanks and soldiers to establish security.

* In August 2011, terrorists crossed into Israel from Sinai, killed eight Israelis and fled back to Egypt. Israeli forces pursued them and mistakenly shot at Egyptian soldiers, killing six of them.

* In August 2012, terrorists attacked an Egyptian military base in Gaza and killed 16 soldiers. They stole two armored personnel carriers and tried to cross into Israel but were stopped and killed. Israel said it was prepared for that attack because of intelligence sharing between the two nations, though Egyptian officials did not heed the warnings.

* In November 2012, after Egypt elected now-ousted President Mohamed Morsi, Egypt's military helped Israel enforce a blockade on the Gaza Strip while Israel send its aircraft and helicopter gunships against Palestinian rocket launchers in the Palestinian territory.

With Morsi, a Muslim Brotherhood candidate, in control of Egypt's government, however, the military took little action against the smuggling tunnels between Sinai and Gaza that supplied hamas, the Palestinian branch of the Muslim Brotherhood.

Since Morsi's ouster last month, Egyptian military has poured men and weapons into north Sinai, flooding or destroying hundreds of hamas smuggling tunnels on the Egypt-Gaza border and launching military operations against suspected radicals in other parts of the territory.

h.A. hellyer, a Cairo-based Middle East fellow at the Brookings Institution, says the alleged Egyptian role in the Israeli drone strike in El Arish has not hurt al-Sissi because it has been cast by the Egyptian military and state press as an Egyptian helicopter strike.

"None of this will be viewed as being unpatriotic," hellyer said. "Sissi is well and truly entrenched on all levels, with the state, the military and with public opinion."

0 コメント: