2013年8月3日土曜日

アスホール ナチスに学べ

「ナチスに学べ」と提唱する人がいた。
 改憲の議論をめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が戦前ドイツのナチス
政権時代を引き合いに「あの手口を学んだらどうか」と発言した問題で、
麻生財務相は、記者団に「ナチス政権を例示としてあげたことは撤回し
たい」と語った。文書でもコメントを発表した。 

麻生太郎
・落ち着いて議論することが極めて重要。
・喧騒にまぎれて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまった
 あしき例としてあげた。
・私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だと釈明した。
・私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的に
 とらえていることは、発言全体からも明らかだ。

「喧騒にまぎれて」と言う言葉から、「十分な国民的理解及び議論のない」
と言う意味は伝わってこない。

マスメディアは、参院選で自民党から嫌がらせを受け、仕返しに騒動か。
相変わらず、世界の金融を操作すると噂されるユダヤ系ににらまれたら、
株価上昇、円安誘導等の経済活動が無意味になるとして、アスホールは、
即刻撤回したかもしれない。
Marine Le Penは、「軍事力によらないナチ占領」との表現により、議員
の免責特権剥奪だった。

最近の改憲派の合言葉
「徴兵制はありえません。」
「徴兵制が必要と言う声は聞こえてきません。」

アスホールの意図からすれば、
「憲法に興味もなく、議論もないまま、一部の学者や与党に任せれば、
必要な時がくれば、自衛隊を国防軍に変え、資金援助だけでなく、他国
同様、血の結束のため、日本国民を出兵させ、国家のために徴兵制を引く
ことができます。」と聞こえる。
だから、「ナチスの手口をまねる必要がある」と説いたのではないのだ
ろうか。

アスホールは、民主主義を選挙をすることと思っているのかも知れないが、
そうではないと思う。ののしりあい、ひどい言葉を使うこともあるが、
議論を深め、幅を広げ、周知することが目的。決定はみんなの合意による
場合や手法として、多数決を採る場合もある。西洋式の民主主義の基本と
思う。

ヒトラーの話術は、ユダヤ人を悪者にし、独国民の愛国心をあおり、
一種の集団催眠の効果があったとの説もあった。

憲法とヒトラーを結びつけるのは、自民党が野党の頃から、言っていた
と思う。

欧州の領土争いが加熱し開戦した第一次世界大戦。ドイツ皇帝ヴィルヘル
ム2世らが扇動。その後、消耗戦となり、兵士が投降や戦意喪失となり、
ドイツが敗戦。ヴェルサイユ講和条約による賠償金支払いで、ドイツの
景気が悪化。世界恐慌となり、さらにドイツの景気が悪化。
当時のヒンデンブルク大統領の独断と強引な国会運営に野党が反発。
結果、国会を解散。数年前に決まったドイツの賠償金負担減少案に、
ドイツ国民が反発。ナチ党が賠償金支払いに異議を唱え、賛同した
国民が投票し、ナチ党が躍進したのが始まりと言う説が主流。
ナチ党躍進は、権威主義への反発、ユダヤ人差別も含むようだ。
その後、ナチ党は、多数派工作にて、全権委任法を可決し、ヒトラーの
独裁政権が誕生した。
ワイマール憲法は、主権在民や男女平等の普通選挙等のおかげで、ナチ
党が躍進し、全権委任法によるヒトラーの独裁政権を生んだ一面もある
ことはよく知られた話。
全権委任法下でも、ワイマール憲法は停止おらず、終戦後停止となった
と思う。ナチス憲法と言う言葉は始めて聞く。

ヒトラー政権誕生の根本的な原因は、領土争いが始まったと思う。

字が読めないだけでなく、言葉を選ばない軽口が問題の発端か。

アスホール 非人間性政府推進
学校法人の政治家枠
アスホール 核の傘拡大要望

0 コメント: