2013年8月6日火曜日

英国国家元首 原爆記念日に参列するのか

英国が米国の原爆投下に同意していた。
 米国が広島に原爆を投下する約1カ月前の1945年7月、英政府が米側に
対し、日本への原爆使用に同意すると公式に表明していたことが、機密
指定を解除された米公文書で裏付けられた。原爆投下に米国の同盟国で
ある英国が深く関与し、両国の「共同決定」として対日使用された側面
が浮かび上がった。

CPC議事録
・1945年7月4日 ワシントンで開かれた原爆開発協力をめぐる会合。
・英代表のウィルソン陸軍元帥
 「英政府は日本に対する原爆使用に同意する」。

「原爆投下は、終戦のためのため、仕方なかった」と発言し、批判を
受け、結果引退した自民党議員もいた。
当時、「米国への教育方針を説明した」と言われた。
米国の一部の人も元議員と同じ内容の教育を受けたが、深く見ると、
「原爆投下はソ連への牽制が目的で軍事的に不要だった」とのこと。

オバマは、米大統領として、訪日した際、将来、原爆記念日に参列する
可能性が高いと言われる。
1919年に印軍(英国軍)が非武装の印人数千人を射殺したアムリットサル
大虐殺(Amritsar massacre)。英国家元首は1997年に訪問し、遺憾を表明
した。
2005年に天皇皇后両陛下が、サイパンのバンザイクリフやスーサイド
クリフを訪問し、戦没者を慰霊した。

今まで、原爆投下を対岸の火事としていた英国。
共同決定資料が公表され、英国国家元首は原爆記念日に参列するのだ
ろうか。
米国の献花を損壊した人もいたが、参列することで被害者の救いに
なればと思う。

ブラックストーン日本撤退か
久間に平和祈念式典欠席要求
核兵器貯蔵地 嘉手納、那覇、辺野古
核契約は紙切れ
英国人は嫌われる
日本政府 核兵器保有否定せず
放影研 「黒い雨」がんリスク増えず


 オリバー・ストーンの「語られざる米国史」前篇 cc日本語


オリバー・ストーンの「語られざる米国史」後篇 cc日本語


2005年6月天皇皇后両陛下サイパン訪問3 到着直後の車列


2005年6月天皇皇后両陛下サイパン訪問4


Queen visits India


 British PM Regrets "Deeply Shameful" Colonial Indian Massacre


---原爆が必要だったというのは幻想…ストーン監督---
2013年8月5日08時53分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130804-OYT1T00618.htm?from=ylist

 「プラトーン」「JFK」などで知られる米国の映画監督オリバー・ストーン氏(66)が4日、広島市内で読売新聞のインタビューに応じ、「原爆投下は戦争を終わらせるために必要だったというのは幻想だ。(米国人として)被爆者に謝罪したい」と語った。
 ストーン監督は昨年、第2次大戦前夜の1930年代からオバマ大統領登場までの米国の現代史について、独自の視点で描くテレビドキュメンタリーシリーズ「もうひとつのアメリカ史」を制作。その中で、原爆投下はソ連(当時)へのけん制が目的で軍事的に不要だったと主張している。今回は原爆忌に合わせ広島、長崎を初めて訪問、被爆者との対話などを予定している。
 インタビューで、ストーン監督は、原爆を投下した米国は英雄であると教わってきたと説明したうえで、「80年代までそうした幻想に疑問を差しはさむことはなかったが、歴史をもっと深く見るようになった。私は歴史に対して建設的でありたい。日本の人々も、米国の神話を受け入れず、なぜ原爆が落とされたのかを学んでほしい」と話した。


---英、原爆使用に同意 広島投下の1カ月前 公文書で裏付け---
2013.8.4 17:38
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130804/amr13080417430002-n1.htm

 米国が広島に原爆を投下する約1カ月前の1945年7月、英政府が米側に対し、日本への原爆使用に同意すると公式に表明していたことが4日、機密指定を解除された米公文書で裏付けられた。原爆投下に米国の同盟国である英国が深く関与し、両国の「共同決定」として対日使用された側面が浮かび上がった。
 日本は唯一の被爆国でありながら、こうした事実は一般にはほとんど知られていない。
 英国が政府として日本への原爆使用に公式に同意したのは、第2次大戦末期の45年7月4日にワシントンで開かれた原爆開発協力をめぐる合同政策委員会(CPC)の会合。
 議事録によると、英代表のウィルソン陸軍元帥は冒頭、原爆開発計画を監督するスティムソン米陸軍長官や計画責任者のグローブズ米少将らを前に「英政府は日本に対する原爆使用に同意する」と言明した。(共同)


---In India, Queen Bows Her Head Over a Massacre in 1919---
By JOHN F. BURNS
Published: October 15, 1997
http://www.nytimes.com/1997/10/15/world/in-india-queen-bows-her-head-over-a-massacre-in-1919.html?smid=pl-share

In an act of contrition for Britain's colonial past, Queen Elizabeth came to this Punjab city today and paid 30 seconds of silent homage at the site of the Amritsar massacre of April 13, 1919, one of the British Empire's darkest days.

The Queen removed her shoes and laid a wreath of white and gold marigolds at a pink granite memorial at Jallianwala Bagh, the walled garden where Brig. Reginald Dyer, a British officer administering martial law in Amritsar, ordered 50 soldiers to open fire on a crowd of about 10,000 unarmed Indians protesting an extension of World War I detention laws.

A British commission concluded at the time that the fusillade killed 379 people and wounded more than 1,100, while an independent Indian inquiry empaneled by Mohandas K. Gandhi, the independence leader, estimated that 1,000 had died. Reports at the time said Brigadier Dyer, after the massacre, had made Indians crawl along a street where two Englishwomen had been attacked, and ordered others to be whipped.

The incident galvanized the Indian freedom movement. After it, Gandhi's formula of nonviolent resistance caught fire, sidelining conservatives who had argued for pragmatic cooperation with the British. In later years, Indian historians came to see the Amritsar massacre as a crucial juncture in the struggle for independence from Britain, which came at midnight on Aug. 14, 1947.

At a state banquet on Monday night, the Queen, 71, said: ''It is no secret that there have been some difficult episodes in our past -- Jallianwala Bagh, which I shall visit tomorrow, is a distressing example. But history cannot be rewritten, however much we might sometimes wish otherwise. It has its moments of sadness, as well as gladness. We must learn from the sadness and build on the gladness.''

Stepping back at the ceremony today, the Queen stood stock still, then briefly bowed her head, as she did last month when the cortege carrying the body of Diana, Princess of Wales, passed before members of the royal family outside Buckingham Palace on its way to Diana's funeral. This tour of India and Pakistan, planned months ago to mark the 50th anniversary of the two nations' independence, is the Queen's first public engagement since the funeral.

Like everything touching on Britain's imperial past here, the ceremony today touched off a babel of opinions. Most of these were tinged by the larger judgments many Indians have made -- some resentful, some nostalgic, many somewhere in between -- about the 200 years in which Britain's presence expanded from a trading toehold on the coast north of Bombay to a vast domain whose riches helped Britain become the world's dominant power for the century before World War I.

Some Indians delighted in the fact that the granddaughter of King George V, Emperor of India at the time of the massacre, had acknowledged the wrong done at Jallianwala Bagh. But others were angry that the Queen, during her 15-minute tour of the site, had stopped short of the more explicit apologies that Japanese and German leaders have offered for atrocities in World War II.

Otherwise, the most telling gesture was the color of the Queen's dress. Described by British officials as pale apricot, it was, in fact, what Indians call saffron -- a color regarded as sacred by the Hindus and Sikhs who died, along with Muslims, in the Amritsar massacre, and one of three colors that make up India's flag.

0 コメント: