2013年8月22日木曜日

Gmail Users Have No Expectation of Privacy

Gmailは、プライバシーの保護は少ないようだ。
現地の法律に従うとしたGoogleは、中国本土から、香港にサーバを移動した
ことがあったが、米国では、Gmailの出し入れについて、プライバシーを尊重
しないと発表。
そもそもGmailは、機械がメールの内容を読込み、記述された単語を元に、
広告を表示すると発表しており、Webmailでは広告が表示される。
米治安当局への情報提供の問題もあり、Googleはプライバシー保護について
開き直ったようだ。
2776件のNSAによる違法な情報収集に関与しなかったのだろうか。

主要なISPによるメールは平文が当たり前、重要情報をメールやり取りするに
は、最低限、相互に暗号方式を取決め、暗号化しておく必要があると思う。

英GCHQや米NSAの基幹ネットワークの盗聴に関しては、IPsecは有効のはずだ
が、有効性を主張する報道を見たことがない。

通信販売で注文した際、登録した氏名、住所、電話番号等は、平文で返信され
るが、気分が良いものではない。

Google 北京から香港へ
Google 邪悪深刻化
Lenovo Computer Refuse
Manning Guilty
XKeyScore


Google Says Gmail Users Have No Expectation Of Privacy


Inside Scoop: Why Gmail's lack of privacy shouldn't be a surprise


---プライバシーの規則逸脱 米情報収集、新たな批判も---
2013年8月16日 12時51分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013081601001384.html

 【ワシントン共同】米国の個人情報収集問題でワシントン・ポスト紙(電子版)は15日、国家安全保障局(NSA)による情報収集の過程で、プライバシー保護に関する規則や権限からの逸脱などの違反行為が多数行われていたことが内部監査資料などから判明したと報じた。
 NSAは情報収集活動について、裁判所や議会の承認を得た合法的な行為で、プライバシーを守るために万全を期していると強調してきただけに、今回明らかになった違反はNSAに対する新たな批判を呼びそうだ。
 同紙によると、2012年5月までの1年間に、裁判所の許可などがない形で行われた情報収集などの違反が2776件確認された。


---Gmailにもプライバシーはある(ただし, こんだけ)---
Gregory Ferenstein
2013年8月15日
http://jp.techcrunch.com/2013/08/15/20130814yes-gmail-users-have-some-privacy-heres-what-you-can-expect/

 Googleは、裁判所に提出した書類で、Gmailのユーザには彼らが正当と想定するようなプライバシーはない、と述べていたことがばれたので、今轟轟たる非難の矢面に立たされている。しかし、いちばん簡単に言うと、Gmailユーザにもある程度のプライバシー保護はあるし、また同社は最近の1年間でプライバシーポリシーを大きく変えたことはない。でも今はメディアが騒ぎ立てているから、Gmailユーザのプライバシーの、「アリ」と「ナシ」について、あらためて復習してみよう。

まず、法的背景…
 集団訴訟を抱えているGoogleは、同社がユーザデータを不法に利用しているという告発を、なんとか回避しようとしている。この検索巨人は1979年の最高裁判例(Smith v. Maryland)という骨董品を持ち出して、同社のデジタル業務はすべて法的許容範囲内にある、と主張したいようだ。その主張には、こんな驚くべき一節もある:
 “会社の同僚に手紙を送った者が、受信者のアシスタントがその手紙を開封しても驚かないように、今日のWebベースのeメールを利用する者は、彼らのメールが配布途上において受信者のメールプロバイダによって処理されても、驚くことはできない。むしろ、‘人は、彼が意図的にサードパーティに手渡した情報のプライバシーを法的権利として期待することはできない’”。
 でも実際にはGoogleは、少なくとも一部のプライバシーに配慮することが会社の利益にかなう、と考えている。以下が、その概要だ。
 Googleのロボットはコンテンツをスキャンしてユーザに広告を提示する
 結婚式場の案内がたくさん来るようなら、たぶんあなたは最近、イベントプランナーやドレスのメーカーや、カップルセラピーや、あるいは離婚弁護士などの広告を見たことがあるはずだ。Googleはメールのコンテンツを自動的にスキャンして広告のターゲティングを最適化する。Googleによると、人間がユーザのメッセージを読んでいることはない。
 GoogleはMapsやDocsなど複数のサービスに亙りユーザのデータを共有する
 Googleの新任エンジニアリング部長で未来学者のRay Kurzweilがかつてぼくに、ユーザが検索語を入力しなくても彼/彼女の欲しいものが分かるような検索エンジンを作りたい、と言ったことがある。たとえばあなたの住所、勤務先、過去の検索履歴などが分かっていたら、自動的に今日の道路交通情報や、おすすめショッピング、今知りたいことに合わせた検索結果、などを黙っていても提供できるだろう。あなたがKanye Westの熱烈なファンなら、”west”という検索語は方角の西ではなく、人名と解釈するだろう。
 そこで昨年Googleは、プライバシーポリシーを大幅に変えて、サービスA(たとえばGoogle Maps)の上にあるユーザデータを、別のサービスB(たとえばGoogle Docs)から参照してもよい、とした。
 実は、これこそが集団訴訟の訴件になっている。原告は、それはGoogleにあまりにも多くの情報を与え、ユーザのプライバシーの権利を侵す、と主張している。
 原告はまだ被害を確証できていないが、GoogleがあなたのMaps利用履歴とGmailの検索を勝手に組み合わせて使っていることを、けしからん!と思うなら、あなたも原告たちのお仲間だ。ぼく自身は、被害は何もないと思うから、今でもGmailを使っている。
 Googleは政府の諜報活動に協力しなければならない
 正式の裁判所命令がある場合なら、Googleがメールの内容を政府機関に手渡しても違法ではない。たとえばこの前は、WikiLeaksに情報を提供したHerbert Snorrasonのメールを政府はリクエストした。あなたが合衆国政府に敵対していて、政府もそのことを知っているなら、メールの使い方を再検討すべきだ。
 Edward Snowdenのおかげで、世界各国の諜報機関が多くの大手メールプロバイダの記録やコンテンツをスキャンしていることが分かった。まだ分からないのは、そのそれぞれに裁判所命令があったのか、そしてどこの機関と情報を共有しているのかだ。今のところわれわれの側には、疑心暗鬼というものしかない。
 政府の監視行為に対抗できる代替手段はない
 政府のスパイ行為が気にくわなくても、安全なメールプロバイダというものは存在しない。昨年は、安全と称するメールサービス2社が、ユーザの情報を政府の介入から保護することはできない、としてサービスを停止した。
 メールを自前で高度に(複雑に)暗号化する方法はあるが、それには受信者の協力が必要だし、Gmailをはじめ、メジャーなメールサービスプロバイダでは使えない。
 結論: あなたには法的に保護されるプライバシーがある(ただし人間から、の場合)


--- Google under fire over Gmail privacy policy---
Published Thursday, Aug 15 2013, 11:28 BST  |  By Mark Langshaw 
http://www.digitalspy.co.uk/tech/news/a506972/google-under-fire-over-gmail-privacy-policy.html

Google has come under fire after admitting that it scans the content of incoming Gmail messages from users on third-party service providers, and cannot promise confidentiality.

The web giant has filed a motion to dismiss a US lawsuit that claims the firm has violated privacy laws by serving tailored adverts based on the contents of emails, The Guardian reports. The firm has also moved to assure users that it takes their security seriously.

"While the non-Gmail plaintiffs are not bound to Google's contractual terms, they nonetheless impliedly consent to Google's practices by virtue of the fact that all users of email must necessarily expect that their emails will be subject to automated processing," argued Google in its defence.

"Just as a sender of a letter to a business colleague cannot be surprised that the recipient's assistant opens the letter, people who use web-based email today cannot be surprised if their emails are processed by the recipient's [email provider] in the course of delivery.

"Indeed, 'a person has no legitimate expectation of privacy in information he voluntarily turns over to third parties'."

The "no legitimate expectation of privacy" quote is a reference to a 1979 lawsuit in which a US court ruled that the user relinquishes their right to privacy when they turn their communications over to a third-party source.

Google details its privacy policy in its terms and conditions, but advocacy group Consumer Watchdog has hit out at the company over its recent admissions.

"Google has finally admitted they don't respect privacy," claimed privacy project director John Simpson. "People should take them at their word. If you care about your email correspondents' privacy, don't use Gmail."

Google rejects the notion that it does not respect users' privacy, branding allegations to the contrary "untrue".

"We take our users' privacy and security very seriously; recent reports claiming otherwise are simply untrue," said a company spokesperson.

"We have built industry-leading security and privacy features into Gmail - and no matter who sends an email to a Gmail user, those protections apply."

Google's defence has dismissed the lawsuit as "an attempt to criminalise ordinary business practices".


---Google: don't expect privacy when sending to Gmail---
Dominic Rushe in New York
The Guardian, Thursday 15 August 2013
http://www.theguardian.com/technology/2013/aug/14/google-gmail-users-privacy-email-lawsuit

Critics call revelation 'a stunning admission' as Google makes claim in court filing in attempt to head off class action lawsuit

People sending email to any of Google's 425 million Gmail users have no "reasonable expectation" that their communications are confidential, the internet giant has said in a court filing.

Consumer Watchdog, the advocacy group that uncovered the filing, called the revelation a "stunning admission." It comes as Google and its peers are under pressure to explain their role in the National Security Agency's (NSA) mass surveillance of US citizens and foreign nationals.

"Google has finally admitted they don't respect privacy," said John Simpson, Consumer Watchdog's privacy project director. "People should take them at their word; if you care about your email correspondents' privacy, don't use Gmail."

Google set out its case last month in an attempt to dismiss a class action lawsuit that accuses the tech giant of breaking wire tap laws when it scans emails sent from non-Google accounts in order to target ads to Gmail users.

That suit, filed in May, claims Google "unlawfully opens up, reads, and acquires the content of people's private email messages". It quotes Eric Schmidt, Google's executive chairman: "Google policy is to get right up to the creepy line and not cross it."

The suit claims: "Unbeknown to millions of people, on a daily basis and for years, Google has systematically and intentionally crossed the 'creepy line' to read private email messages containing information you don't want anyone to know, and to acquire, collect, or mine valuable information from that mail."

In its motion to dismiss the case, Google said the plaintiffs were making "an attempt to criminalise ordinary business practices" that have been part of Gmail's service since its introduction. Google said "all users of email must necessarily expect that their emails will be subject to automated processing."

According to Google: "Just as a sender of a letter to a business colleague cannot be surprised that the recipient's assistant opens the letter, people who use web-based email today cannot be surprised if their communications are processed by the recipient's ECS [electronic communications service] provider in the course of delivery."

Citing another privacy case, Google's lawyers said "too little is asserted in the complaint about the particular relationship between the parties, and the particular circumstances of the [communications at issue], to lead to the plausible conclusion that an objectively reasonable expectation of confidentiality would have attended such a communication."

A Google spokesperson said on Wednesday evening: "We take our users' privacy and security very seriously; recent reports claiming otherwise are simply untrue.

"We have built industry-leading security and privacy features into Gmail - and no matter who sends an email to a Gmail user, those protections apply."

Simpson, a long-term Google critic, said: "Google's brief uses a wrong-headed analogy; sending an email is like giving a letter to the Post Office. I expect the Post Office to deliver the letter based on the address written on the envelope. I don't expect the mail carrier to open my letter and read it.

"Similarly, when I send an email, I expect it to be delivered to the intended recipient with a Gmail account based on the email address; why would I expect its content will be intercepted by Google and read?"

* This story was corrected on 14 August to make clear that Google's court filing was referring to users of other email providers who email Gmail users - and not to the Gmail users themselves.

0 コメント: