2013年9月17日火曜日

武富士 不当配当訴訟和解へ

武富士が2件の訴訟について和解するようだ。
 経営破綻した大手消費者金融「武富士」の管財人が、創業家一族の3人と
関連会社6社を相手に、不当に配当金を受け取ったなどとして計約129億円
の返還を求めた訴訟の控訴審は、東京高裁で和解が成立した。

管財人側(控訴審和解)
・創業家一族の3人が解決金計17億5千万円を支払う。
・解決金は「過払い利息」の返還などを求めている債権者への弁済の原資
 になる。
・管財人側が、元役員を相手に計約20億2千万円の支払い訴訟(別1件)を
 取下げる。
・他の訴訟1件は継続(?)。
・債権者への弁済は訴訟全ての終結後。

東京地裁判決
・違法な配当ではなかった。

武富士不当配当訴訟が和解した。
ぼろ儲けだった武富士も現在は破綻し、国を相手取った贈与税の返却によ
り、管財人を経由し債権者へ弁済となるようだ。
弁護士等による過払金返還詐欺の発生もあり、さらに似た詐欺の犯罪が
増加したと思う。
債権者は弁済待ち。全ての訴訟が早く終わることを期待しているだろう。

武富士破綻へ
武富士 旧経営陣責任追及へ
武富士元会長贈与訴訟判決見直しか
武富士損害賠償集団提訴へ
武富士 負債1.5兆円
武富士創業家 集団提訴
武富士 Jトラストが新スポンサ


---武富士創業家、解決金17億円支払い 管財人と和解成立---
2013年9月11日21時54分
http://www.asahi.com/national/update/0911/TKY201309110568.html

 経営破綻(はたん)した大手消費者金融「武富士」の管財人が、創業家一族の3人と関連会社6社を相手に、不当に配当金を受け取ったなどとして計約129億円の返還を求めた訴訟の控訴審は11日、東京高裁(滝沢泉裁判長)で和解が成立した。管財人側によると、創業家一族の3人が解決金計17億5千万円を支払う内容。
 解決金は「過払い利息」の返還などを求めている債権者への弁済の原資になるという。3月の一審・東京地裁判決は「違法な配当ではなかった」として管財人側の請求を退けていた。
 今回の和解内容には、管財人側が、元役員を相手に計約20億2千万円の支払いを求めている別の1件の訴訟を取り下げることも盛り込まれた。


---「武富士」創業家側が解決金、不当配当訴訟和解---
2013年9月11日20時21分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130911-OYT1T01069.htm

 会社更生手続き中の「武富士」(現TFK)が破綻前に不当な株主配当をしたとして、管財人が株主の創業家3人などに約129億円の返還を求めた訴訟は11日、2審・東京高裁(滝沢泉裁判長)で和解が成立した。
 管財人によると、創業家側が解決金として17億5000万円を支払うという。
 訴訟で、管財人は「原資のない違法な配当だ」と主張したが、今年3月の東京地裁判決は「会計処理に問題はない」として請求を棄却、管財人が控訴していた。和解について管財人は、「1審敗訴が維持されれば、上告審で覆すのは困難。訴訟の長期化を考慮し、和解を受け入れるのが合理的だと判断した」としている。
 武富士の管財人が起こしている訴訟は他に2件あり、債権者への弁済は訴訟全ての終結後になるという。

0 コメント: