2013年9月21日土曜日

王超えで辞意受入か

王超えにより、辞意が受け入れられたようだ。
 プロ野球の加藤良三コミッショナーが、今季終了を待たずに辞任する
意向を固めたことが分かった。
都内で開かれるオーナー会議で正式に表明する。

加藤良三
・2008年7月 日本プロ野球コミッショナー就任
・日米ワールドシリーズ構想や野球の五輪復帰等、道のりが思うように
 進まないこと。自らの力が及ばなかったことを理由に辞任。
・統一球の導入を強く提唱。
・統一球の反発係数に調整が加えられていたことが判明し、事実の公表が
 遅れたとして陳謝。

巨人時代の王貞治が記録したシーズンホームラン記録が元MLB選手に破ら
れた。統一球の影響を大きいとされ、巨人軍関係者は辞任受入を容認か。
東日本大地震の開催時期問題やワールドカップの分配金、統一球問題で
の選手会から「不信任」確認、野球ファンからのブーイング等があっても
「辞任しない」と会見していたが、自らの名前を書いた球により、巨人
軍選手の記録が破られ、巨人軍関係者から見放されたと思う。

野球に造詣が深いとの評判だったが、野球関係品を収集するオタクに過
ぎず、野球の基本的な規則さえ知っていのかも怪しい。
加藤良三曰く「私の評価は歴史がする」とのこと。
加藤良三の評価は、巨人軍が歴史だったと言う事だろう。

在日米軍犯罪誘発はボケチンパンのせいか
俺様が日本を支援


---加藤コミッショナー:辞任表明「統一球で迷惑かけた」
毎日新聞 2013年09月19日 17時19分(最終更新 09月20日 00時59分)
http://mainichi.jp/sports/news/20130920k0000m050003000c.html

 プロ野球の加藤良三コミッショナー(72)は19日、東京都内で行われたオーナー会議で、統一球問題の責任を取ってレギュラーシーズン終了後の10月中に辞任することを正式に表明した。加藤コミッショナーは会議の冒頭、「統一球問題でファンや関係者に迷惑をかけた。責任を取って辞任したい」と出席者に伝え、各オーナーも了承した。
 加藤コミッショナーは2008年7月に第12代コミッショナーに就任し、現在3期目。来年6月末までの約8カ月の任期を残しての辞任となる。
 引責辞任の理由となった統一球は加藤コミッショナーが主導し、2011年から1軍公式戦で導入。しかし、今季、公表しないまま飛びやすく調整されていたことが今年6月に発覚。直後の記者会見で加藤コミッショナーは「不祥事とは考えていない」と発言したことで球界内からも批判を浴び、事実調査のための第三者委員会が設置されるなど、トップとしての責任が問われていた。第三者委の調査報告は27日に提出される。
 加藤コミッショナーの後任人事については、12球団のオーナーそれぞれが意中の人材を挙げて選定する方式で、日本シリーズ前日の10月25日までに決めたいとしている。オーナー会議議長のオリックス・宮内義彦オーナーは「やさしい仕事ではないし、大変難しいと思っている。今日までのところ名前は出ていないが、これはという人をリストアップして検討したい」と話した。【鈴木篤志】

◇ブーイング避けるため?
 東京都内のホテルで行われた記者会見には、約200人の報道陣が詰めかけた。プロ野球は今、セ・リーグの巨人、パ・リーグの楽天が優勝を目前にしている。統一球問題をめぐる第三者委員会の調査報告も27日に提出される。報道陣からは「なぜ、この時期に」という質問が集中した。


---プロ野球:加藤コミッショナー辞意 統一球問題で引責---
毎日新聞 2013年09月19日 10時10分(最終更新 09月19日 10時45分)
http://mainichi.jp/sports/news/20130919k0000e050176000c.html

 プロ野球の加藤良三コミッショナー(72)が辞任する意向を固めたことが19日分かった。自らが導入した統一球が公表されないまま飛びやすく調整されていた問題について責任を取る形とみられる。同日午後に東京都内のホテルで行われるオーナー会議で正式に表明する見込み。
 加藤コミッショナーは駐米大使から2008年7月に第12代コミッショナーに就任し、現在3期目。任期は来年6月末まで残っており、任期中の辞任となる。
 今年6月11日に発覚した統一球問題をめぐっては、翌12日に行われた記者会見で加藤コミッショナーは球の反発係数などの変更について関与していないとし、「不祥事とは考えていない」と発言。労組日本プロ野球選手会(楽天・嶋基宏会長)からも「不信任」を突きつけられるなど、球界内からも大きな批判を浴びた。統一球問題は事実調査のための第三者委員会が設置され、9月末までに報告を受ける予定になっている。
 加藤コミッショナーは、休止していたアジアシリーズの復活などに力を注いだが、昨年7月の再任の際には一部球団がコミッショナーの選任方法や役割の明確化を求めるなど異論が噴出した。【鈴木篤志】

【ことば】プロ野球の統一球問題
 日本野球機構(NPB)が、今年2月のプロ野球キャンプ中から、これまでより飛びやすく調整した統一球を使用しながら、12球団や選手などに知らせていなかった。労組日本プロ野球選手会からボールが変わったことなどの指摘を受け、6月に調整の事実を公表した。統一球は、国際大会への対応や飛距離を抑えるために、加藤良三コミッショナーが主導的な役割を果たし、2011年から1軍公式戦に導入。導入後の本塁打数は、10年の1605本に比べ、11年は939本、12年は881本と激減していた。今季は1209本(18日現在)に増えている。


---加藤コミッショナーが辞意表明へ 統一球問題で引責「混乱招いた」---
2013.9.19 08:32
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130919/bbl13091908330002-n1.htm

 プロ野球で使用される統一球が飛びやすく仕様変更されていた問題をめぐり、日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナー(72)は18日、産経新聞の取材に、「事態の混乱を招いた責任は自らにある」などと述べ、19日に東京都内で開かれるプロ野球オーナー会議で辞意を表明する意向を明らかにした。
 加藤氏は現在3期目で、任期は来年6月末まで。だが、オーナー会議でコミッショナー選任方法が中心議題となる一方、統一球問題への対応に一定のめどがつき、国際化を含めた日本野球の将来に向けて「一日も早く後継にバトンタッチすべきだ」との判断から任期途中で辞任を決断した。
 統一球は加藤氏が中心となり平成23年に導入されたが、より遠くに飛ぶよう、反発係数を変更したことを公表していなかったことが今年6月に発覚。加藤氏は事情を知らされていなかったとする一方、事態を調査する第三者委員会が設置され、今月末をめどに最終報告書を提出する。
 加藤氏は昭和40年に外務省入省。平成13年10月から駐米大使を務め、20年7月に第12代プロ野球コミッショナーに就任。大リーグ関係者とも親交があり、日本シリーズの覇者と大リーグのワールドシリーズ覇者が対決する「リアル・ワールドシリーズ」など、日本野球の国際的発展に向けて構想を練り実現に取り組んでいた。
 最近では、今年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本の参加問題に対応、厳しい事態を乗り切って日本球界を支えた。


---加藤コミッショナー、辞任へ…きょう表明---
2013年9月19日07時03分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20130918-OYT1T01577.htm

 プロ野球の加藤良三コミッショナー(72)が、今季終了を待たずに辞任する意向を固めたことが18日、分かった。
19日に都内で開かれるオーナー会議で正式に表明する。加藤氏は2008年7月に就任して現在3期目。14年7月まで残っている任期の途中での辞任となる。後任のコミッショナーは未定。
 加藤氏は18日、読売新聞の取材に対し、日米ワールドシリーズ構想や野球の五輪復帰など、思い描いていた野球の国際化への道のりが思うように進まないこと、また、自らの力が及ばなかったことを挙げ、「私が辞することを明確にした方が良い。新しい体制で対応した方が日本の野球のため」と決断した理由を語った。辞任の時期については、「日本シリーズの前」とした。
 外務審議官や駐米大使を歴任した加藤氏は日米の野球界に精通し、外務官僚として培った国際的交渉術やリーダーシップを買われてプロ野球の第12代コミッショナーに就任した。在任中には、国際大会で日本とは異なるボールが使われていることや、国内でも複数メーカーの公認球が使われている状況に際して、統一球の導入を強く提唱。11年シーズンから実現させるなど、改革に取り組んだ。
 今季は統一球の反発係数に調整が加えられていたことが6月に判明し、事実の公表が遅れたとして記者会見で陳謝していた。


---加藤コミ飛ぶボールとバレ因果関係否定---
2013年9月3日
http://www.daily.co.jp/baseball/2013/09/03/0006304702.shtml

 プロ野球の加藤良三コミッショナー(71)が2日、都内で取材に応じ、ヤクルト・バレンティンの本塁打数と飛ぶボールとの因果関係について強く否定。プロ野球記録のシーズン55本塁打に迫っていることに「すごいですね。打数あたりのホームラン生産率がすごくて驚いている」と笑顔で称賛した。
 だが、統一球を極秘変更していた問題との関係性を問われると表情が一変。険しい顔付きで「バレンティンには、あまり関係ないんじゃないですかね。あれだけ打つのは(統一球への)慣れもあるだろうし、バレンティンがすごいとしか言いようがない」と話した。

0 コメント: