2013年9月26日木曜日

大津高校生 模倣犯罪

大津の高校生が犯罪を模倣した。
 社員のパスワードなどを盗むため、不動産会社のサーバーに侵入した
として、京都府警公安課などは、大津市内の高校1年の男子生徒を不正
アクセス禁止法違反の疑いで書類送検した。

大津高校生
・大津市内の高校1年の男子生徒 16才。
・不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検。
・容疑を認める。
・将来、アノニマスの活動に参加するためハッキング技術を磨いていた。
・ネット上で入手したSQL Injectionを使って東京都内の不動産会社のサー
 バーに計44回にわたり不正アクセスした疑い。
・不正アクセスして同社員数人分のIDやパスワードを抜き取り、ハッ
 カーらが集うサイトに公開。
 悪用された形跡はない。
・ツイッターや自身のブログ等で、アノニマスのメンバーを自称。

サイバー攻撃特別捜査隊による事件摘発とのこと。
小手調べに、自慢しているオバカ小僧を摘発したようだ。
Anonymousは、Hacktivistの一面もあるが、小僧には理解できなかった
ようだ。ドラマを見て憧れたとのことだが、ドラマのタイトルは何だ
ろうか。
最近のAnonymousの報道を見ると、他国の国軍を相手にしている場合が
多く、当初の頃と思想が異なり、過激派となんら変わらないと思う。

インターポール アノニマス25名逮捕
UDID 1200万件
わが民族同士 会員名簿公開


---「アノニマス」に憧れ…不正アクセスした16歳---
2013年9月21日12時22分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130921-OYT1T00410.htm

 社員のパスワードなどを盗むため、不動産会社のサーバーに侵入したとして、京都府警公安課などは20日、大津市内の高校1年の男子生徒(16)を不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検した。
 容疑を認め、「将来(国際ハッカー集団の)『アノニマス』の活動に参加するためハッキング技術を磨いていた」と供述している。
 発表では、男子生徒は5月10日、インターネット上で入手したプログラムを使い、東京都内の不動産会社のサーバーに計44回にわたり不正アクセスした疑い。
 男子生徒は不正アクセスして同社員数人分のIDやパスワードを抜き取り、ハッカーらが集うサイトに公開していた。府警は、男子生徒が他の企業にも十数回にわたって不正アクセスを繰り返していたとみている。
 男子生徒は「ドラマを見て憧れた」などと供述している。


---サイバー特捜隊が初摘発…高1男子「ハッキング技術磨いてた」---
2013.9.20 20:35
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130920/cpb1309202038005-n1.htm

 国際的なハッカー集団「アノニマス」(Anonymous)を名乗るグループ。海賊版ソフトの違法ダウンロードに刑事罰を科す改正著作権法をめぐり、同法を「ゴミ」と見立てた抗議のゴミ拾い活動を行った=2012年7月7日、東京都渋谷区【拡大】
 企業のサーバーに不正アクセスしたとして、京都府警公安課サイバー攻撃特別捜査隊などは20日、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大津市の高校1年の男子生徒(16)を書類送検した。府警によると、男子生徒は「将来、アノニマスの作戦に参加するため、ハッキング技術を磨いていた」と容疑を認めている。
 府警によると、男子生徒は、短文投稿サイト「ツイッター」や自身のブログなどで、国際的ハッカー集団「アノニマス」のメンバーを自称していた。実際にアノニマスが行った犯行には関与していないが、「アノニマスに興味があった」と供述。自身のハッキングの成果をアノニマスが犯行声明を出す際に利用した情報共有サイトなどに投稿していたという。
 書類送検容疑は5月10日、自宅のパソコンから、東京都内の不動産会社が管理運営するサーバーに計44回、「SQLインジェクション」というサイバー攻撃の手法を使って不正にアクセスしたとしている。
 府警によると、男子生徒はこの不正アクセスで、不動産会社の社員のIDやパスワードなど44種類を不正取得し、ネット公開していたが、悪用された形跡はないという。
 府警によると、今年4月1日に13都道府県警に「サイバー攻撃特別捜査隊」が設置されて以降、同隊による事件摘発は全国初めて。


---高校生ハッカー書類送検 不正アクセス容疑---
2013年9月20日 19時51分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013092001002153.html

 国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗り、企業のデータベースに侵入したとして、京都府警公安課などは20日、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大津市に住む高校1年の男子生徒(16)を書類送検した。
 インターネットを通じたサイバー攻撃を捜査するため公安課内に誕生した「サイバー攻撃特別捜査隊」が捜査。捜査隊は4月に13都道府県で発足したが、初めての摘発事例という。
 書類送検容疑は5月10日、自宅のパソコンを使って、不動産会社(東京都)が大阪市内に設置したデータベースのサーバーにサイバー攻撃を仕掛け、計44回にわたり不正アクセスした疑い。
(共同)


---Anonymous, Syrian hackers target Israel on 9/11---
By Adam Kredo - The Washington Free Beacon
Wednesday, September 11, 2013
http://www.washingtontimes.com/news/2013/sep/11/anonymous-syrian-hackers-target-israel-911/?page=all

Hackers claiming to be affiliated with Anonymous launched a widespread cyber attack on Israeli citizens, government institutions, and corporations on Wednesday, according to Internet chatter and postings from the self-described hackers.

The attack is purportedly being carried out by a nebulous group of hackers who claim affiliation with both Anonymous and the Syrian Electronic Army (SEA), which supports embattled President Bashar al Assad.

Timed to occur on the anniversary of the 9/11 terror attacks, the hackers took aim at Israeli banks and government websites over what they claimed are the Jewish state’s multiple crimes.

The hackers alternately blamed Israel for the 9/11 terror attacks, condemned its treatment of the Palestinians, and vowed to publish at least 5,000 Israeli credit card numbers.

“WAKE UP WORLD!!! Who Was Really Behind the 9/11 Attacks?” declared one Twitter user claiming to be affiliated with the cyber attack.

Many in the Middle East and around the world continue to believe that Israel had a secret hand in orchestrating and carrying out the 9/11 terror attacks.

A list detailing dozens of Israeli cyber targets was published online late Tuesday by the hackers.

Several Israeli defense websites and the government’s ministry of foreign affairs could not be accessed on Wednesday morning, as the hackers launched what are known as targeted denial of service attacks designed to overload a website and crash its server.

Hackers claiming to be from Spain, Indonesia, the Middle East, and elsewhere urged their followers to take aim at popular Israeli websites, such as the tour group Birthright Israel, which has one of its portals defaced on early Wednesday.

“Gotcha!! Dual attacker was here!!” read a message left by hackers one the website Birthright Forum.

Other Israeli sites had their content replaced with the Anonymous logo and messages such as, “Free Palestine!”

The cyber attacks first began over the weekend, when hackers infiltrated Israeli banks and other servers. They eventually published the names, credit card numbers, and personal information of thousands.

Anonymous also posted the login details of a reported 165,000 Israeli email users.

Some hackers claiming affiliation with Anonymous warned Israel of its intentions in the days leading up to the Sept. 11, 2013 attack, which they dubbed “Op Israel Reborn.”

“Israel do you Remember us, we are the same people who fucked you on April 7th,” one Twitter user wrote earlier this month.

“And we are back to punish you again There is no Israel on this map, because it is Palestine. ‘We are Hackers, we watching you.’”

The group recorded a video message revealing details of the operation on Sunday.

“Our Palestinian brothers and sisters are treated unjustly,” the group said in the video.

“Israel’s secrets, which may be military, economics, or even private, will be popularized, so long till you at least take a new course regarding the settlement policy and the treatment of Palestinian citizens.”

Anonymous has targeted Israel multiple times in the past, bringing down government websites and stealing data.

Anonymous members also claimed to be responsible for cyber attacks on Saudi Arabian and Syrian websites over the weekend.

0 コメント: